松浦プロデュース。 松浦がプロデュースしたアーティスト、黒い噂とは?|yuyu自適

愛され起業プロデュース

松浦プロデュース

松浦会長 矢作萌夏を!面談の心境を語る! エイベックスの松浦勝人会長が、元AKB48の矢作萌夏をプロデュースすることが分かり話題を呼んでいます。 松浦勝人会長は、6月の株主総会でCEOを退任する予定で、それからはクリエイティブ活動を行うことをコメントしていました。 そしてその活動の1弾として、元AKB48の卒業したての矢作萌夏さんのプロデュースをすることになったようです。 松浦氏はインスタグラムで「僕がネットで見た時からこの子はすでに人気者だった」と面談相手の特徴を説明。 「ここに来たから成功したのだと、あとでやはり自分は思ってもらえるようにしなければならない」「そのために出来ることをしてあげよう。 そして、たくさんの議論もしよう。 自己主張とわがままのはざまで大いに話し合おう。 今日話した君の夢をかなえるためにね」と、矢作のソロデビューを念頭に置いた話し合いだったことをうかがわせた。 yahoo. そんな松浦勝人会長がまた矢作萌夏さんをどのようにプロデュースしていくのかが見所ですね。 松浦会長 矢作萌夏をプロデュース!プロフィールが気になる 今回、松浦会長により、AKB48卒業以来、衝撃的な新たなデビューを果たすことになった矢作萌夏さん。 そんな矢作萌夏さんのプロフィールについてご紹介させていただきます。 矢作 萌夏は、日本の女性アイドルグループAKB48チームの元メンバー。 埼玉県出身。 姉は矢作有紀奈。 wikipedia. 2020年の2月に開催された「第2回AKB48グループ歌唱力No. 1決定戦 ファイナリストLIVE」を最後の活動として、惜しまれつつもAKB48から卒業しました。 (可愛い矢作萌夏の名場面集) 卒業後まもなくの今回の松浦会長の電撃プロデュース宣言は、新生矢作萌夏さんのブレイクを予感させるニュースでファンの間で騒然としているのです! 松浦会長 矢作萌夏を!世間の反応は? 松浦会長の矢作萌夏さんプロデュースの話題について、世間の反応を見てみたいと思います。 こちらです。 「「愛くるしいルックス」と「天然キャラ」が、松浦の手にかかると失われるよ 親や周りが止めないと、悪い方向にいく可能性あるよ」 「話題はあるかも知れないが、あくまで話題だけ。 何だか矢作さんも最初は良いかもしれないが、長くは続かなそう」 「エイベックスって川栄がたまたまうまくいったからって、話題になりそうな秋元系グループから辞めた人を引っ張ってくることに味をしめた?。 」 「別にいいんじゃないの? そもそもセンター経験があるっていってもAKB時代の知名度なんてたかが知れてるし、当たればラッキーなのはプロデュースする方もされる方もだし」 「松浦って曲作ったり詞を書いたり楽器ひけたりするの? まあジャニーみたいにそういうプロデューサーももちろんいるけどつんくや小室みたく全部自分でできる現場のミュージシャンプロデューサーと違うよね。 商才はあるのかもしれないが、ただ現場に口だしてるだけの人に思えてしまう。 やっぱり織田哲郎やつんく、小室などのプロデュース曲は説得力があるんだよなあ。 」 「やっぱりまだ芸能界に未練が… あの写真撮られた彼とお付き合いが かわいらしい感じだったから、一般人にもどるのが真っ当で平和だと思ったが… ぽちゃぽちゃしててあか抜けない芋くささが むしろ魅力的だったけどavex系だとまた雰囲気変わるのかな?」 「相手がエイベックスであり、松浦氏ですからね。 矢作さんがダークな世界に巻き込まれないことを切に祈ります。 」 (ヤフーコメントより引用) まとめ:松浦会長 矢作萌夏を!面談の心境を語る!プロフィールが気になる 松浦会長の矢作萌夏プロデュースの話題と世間の反応、そして矢作萌夏の貴重な動画も交えて、お届けさせていただきました。 松浦会長はいろんな噂が絶えませんが、矢作萌夏さんが化ける可能性もあるので、これからの動きに注目したいと思います。

次の

【エイベックス】A子は何者?顔画像や名前、音声入手?Facebookで特定か?|sonicブログ

松浦プロデュース

Contents• 松浦勝人のプロフィール 名前 松浦 勝人(まつうら まさと) 通称 Max Matsuura(マックス・マツウラ) 生年月日 1964年10月1日(55歳) 出身地 神奈川県横浜市港南区 職業 音楽プロデューサー、実業家 趣味はカメラや撮影とのことで、ツイッターにもご自身が撮影された写真がよくでてきます。 どれもとても綺麗な写真でプロが撮られたもののようです。 ミニマックスでは、ダンスミュージックの専業店として差別化を図るが、「レコード自体はどこで借りても同じもの。 さらなる付加価値を付けなければビジネスとしては成り立たない」との考えから、仕入れてきたレコードにライナーノーツ(音楽の紹介文)を付けてレンタルをはじめた。 このライナーノーツが会員の支持を得て、松浦氏のお店は大繁盛。 当時の人気について松浦氏は「店舗は13坪と非常に狭いうえに2階にあった。 オープン前はお客さんが来るか心配だったが、オープンして間もなく人でいっぱいになった。 あるとき、利用客が途絶えたと思ったら、階段下で大家さんが入場制限していた」と振り返ります。 その後他店舗からレコードの仕入れも頼まれ、1枚500円のライナーノーツを付けて卸すようになり、大きなビジネスになっていった。 松浦がプロデュースしたアーティスト 松浦氏は1997年から自身でもアーティストのプロデュースを始める。 プロデュースしたアーティストには、浜崎あゆみさんの他ELT、 EXILEのHIROさんがいる。 プロデュースした際の秘話について以下のように語られています。 小室さんや織田哲郎さんには採用してもらえなかったが、いけるかもと思い、自分でプロデュースすることにした」と説明。 浜崎あゆみについては、「元々は、かわいいと評判だったベルファーレの店員。 芸能事務所にも所属していたが、エイベックスでやりたいと言い、事務所をやめた。 当時すでにドラマやグラビアにも出ていたので、1年間ニューヨークに行かせて、昔のイメージを断ち切り、アイドルっぽさが表に出ないようにした」と明かした。 ZOOの解散後にプロデュースのお願いに来たので、『最終的にものにできるかどうかは自分次第』と忠告した上で、チャンスをあげた。 TRFでダンサーとボーカルの仲が悪くなっていくのを見ていたので、ダンサー中心でユニットを組まないと、将来的に後ろに追いやられる可能性があるというアドバイスもした 笑 」と、デビューのきっかけを振り返った。 沢尻エリカは松浦の愛人?松浦も常習疑惑? 沢尻エリカさんがドラッグで逮捕され「10年以上前から使用していた」と供述されました。 かなりの常習犯ですね。。。 沢尻エリカさんと言えば「別に」事件で、大バッシングの嵐でしたね。 もう芸能界に復帰するのは難しいのかな〜と思っていたら、エイベックスと業務提携を結び、その後は 「ヘルタースケルター」に主演で復帰! 芸能界に復帰できたのは、まさにエイベックス様様というところでしょうか。 その当時の業務提携について各記事で下記のように報じられています。 沢尻は『高城と離婚すれば、エイベックスの後ろ盾で女優復帰できる』と 松浦社長から持ちかけられ事務所を移籍したといいます。 nicovideo. 解雇された背景を知った上での業務提携ということですが、どうやら松浦勝人社長自身も常習疑惑があると、2013年8月21日発売の『週刊文春』で特集が組まれていました。 その中で以下のような記載がされています。 松浦氏は、2002年に引っ越すまで、東京・南青山の自宅で社員や連れてきた女性らとパーティを開いていた。 このほか、渋谷のプライベートバーで、全裸になった女性タレントを指して性行為をしたと明かすなど、女性関係が派手だったという。 j-cast. html? 真実かはわかりませんが、かなりの内容ですね。。。。 まとめ 良い噂も悪い噂もありますが、人が妬みで言っているだけかもしれませんので、真実かはわかりません。 ただ、言えるのは浜崎さんやELTをプロデュースし大成功を収めた成功者ということです。 本日から始まる『M 愛すべき人がいて』では松浦氏が登場するのか、またどのように描かれるのか楽しみです。

次の

浜崎あゆみと長瀬智也の交際 松浦勝人氏が語る「ある日突然…」

松浦プロデュース

から続く 【画像】浜崎と松浦氏のLINE「マサ大好きだよー!!!!!」 (前編はこちら) 2020年6月13日から6週間ぶりに放送が再開する。 ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)。 コロナ禍で収録がストップしていたが、緊急事態宣言解除を受けて収録を再開した。 同ドラマの原作はとエイベックスの代表取締役会長との恋模様を描いた同名小説だ。 小説「M」にはマサ(松浦氏)とあゆ(浜崎)の出会いから、交際までの経緯、公私のすれ違いを経て別れに至るまでが浜崎の視点からセンチメンタルに描かれている。 しかしエイベックス元社員でライターのA子さんが、松浦氏の大麻使用疑惑や幻冬舎の編集者である箕輪厚介氏によるセクハラや原稿料未払いについて告発する際に提供した資料のなかに、松浦氏が自ら浜崎との恋愛について赤裸々に言及する音声が含まれていたのだ。 小説「M」では松浦氏から浜崎に別れを告げるのだが、松浦氏はA子さんのインタビューで、実際には浜崎から別れを告げられたと明かしている。 そして破局後、松浦氏は《俺も結構本気で好きになっちゃってたからさ、女々しかったわけよ。 ダメだなあと思って》《俺はすっごい後引きずって……そのあとハワイ行ってもずうっと引きずったし》と、浜崎への未練を長い間吹っ切れずにいたというのだ。 別れてから10年以上が経った2016年当時も浜崎の気持ちを試すような言動をし、そのたびに一喜一憂している。 松浦氏は浜崎とのLINEメッセージのスクリーンショットをA子さんに自慢げに送ることもあった。 あゆと松浦のLINE 浜崎《マサ大好きだよー!!!!! 世界一大好き 死ぬまでずっとマサが一番だよー!》 松浦《ほんとかなぁ。 信じられないけどね》 浜崎《知ってるくせに》 松浦《知らない。 》 浜崎《とか言ってー》 松浦《だって、呼んで来てくれたこと一度もないし》 浜崎《いくよっ》 松浦《嘘つき嫌い》 A子さんがエイベックス社員だった頃には、浜崎と破局した直後の松浦氏の噂も耳にしている。 Aさんはこう語っていた。 浜崎への未練から松浦氏が起こしたある行動 「浜崎さんとの別れで精神的に病んでしまい、ハワイへ気分転換に行ったようです。 当時、社内では『あゆと別れたあと毛布にくるまって起きれずに、仕事がままならない時期が1年くらいあった』という噂もありました。 別れたことはかなり引きずっていたようです。 恋をすると没頭してしまい、何も見えなくなってしまうようです」 松浦氏にとって浜崎はよほど大きな存在だったのだろう。 破局直後には、浜崎への未練から松浦氏はこんな行動にも出ている。 そんくらい女々しかったよ》(2015年12月のインタビュー音声より) 松浦氏《俺がぐずぐずしてたけど、俺ぐずぐずすると結局自分があとですごいかわいそうな人間になるの(自分自身で)知ってるから》(2015年12月のインタビュー音声より) 浮気をしていたのも、浜崎とは会えない寂しさからだったようだ。 A子さん《そこまで大好きな相手でも、浮気はするんだね》 松浦氏《それは別。 だって忙しくて会えないんだもん》(2015年12月のインタビュー音声より) 松浦氏の口から語られた、浜崎とTOKIO長瀬の恋愛 しかし「女々しい」松浦氏を浜崎が顧みることはなかった。 浜崎は破局直後からある男性と交際を始める。 それがTOKIOの(41)だ。 松浦氏は長瀬智也とのエピソードについても語っている。 「ある日突然長瀬と付き合ってますって言われて」 松浦氏《しょうがねえもうハワイ行こうっていってハワイ行って、Dreamのプロデュースしてたけど全然面白くなくて。 で、ハワイ1年半行って戻ってきたってまだあゆの呪縛が抜けないから、いろいろやってたけどある日突然長瀬と付き合ってますって言われて。 まあそりゃそうだよなってそこに対しては別に何とも思わなかったんだけど。 それで今度(長瀬と)別れるって話になって。 別れるってなったらこっちが別れた風に(先に公表)しなきゃいけないから、こっちが先に新聞仕込んで別れたって出したらジャニーズが怒る怒る》(2015年12月のインタビュー音声より) 松浦氏は「あゆの呪縛が抜けない」状態で浜崎に振り回されていたようだ。 しかしプロデューサーとしての責任感からか、元恋人としての愛情からか、松浦氏は浜崎の世話を焼いていた。 そうした辛い過去を冷静に語っていた松浦氏だが、声に喜色が混じることもあった。 松浦氏《(あゆが長瀬と)一緒のタトゥーを『変えたい』って言うから、でも落ちねえから、増やせって言ってあいつ本当に増やしたよ。 松浦氏は浜崎の他にも人気グループのX子とデビュー直後の2005年頃から10年間交際していたこともインタビューで明かしているのだ。 松浦氏《10年間、今までに至るに(会社が)すごい保守的な体制を敷くなかにいた女がX子じゃん。 もうどうでもいいやと。 どうにでもなるだろ、どうにもなんないし。 といいながらその間になんだかんだDVDつくったり一応プロジェクトやったり、なんかいろいろやってはいるんだよ。 でもヒットっていうのは生まれてなくて、それで家帰ったらX子がいたから。 はい、セックスセックスセックスセックス、でハマっていって、悪いことも話して》(2015年12月のインタビュー音声より) エイベックス関係者が語る。 「松浦さんが愛人をデビューさせたり、担当アーティストと恋愛関係になったりすることはよくありました。 2005年頃から、別の事務所からエイベックスに移籍した人気歌手Y子と肉体関係になっています。 Y子とはラスベガスに旅行へ行ったことで、当時の妻にバレたこともあったようです。 今から数年前には、エイベックスからデビューしたあるガールズグループのリーダーZ子が松浦さんの彼女だった。 付き合っていた期間は数カ月だったようですが、松浦さんと交際した後に突如リーダーに抜擢されたんです。 結局そのグループは1年足らずで解散してしまいましたが……」 エイベックスに事実関係について文書で確認をしたところ、期日までに回答はなかった。 A子さんからの提供資料で明らかになったのは、「愛ほど強いプロデュースの方法を知らない」と豪語する売れっ子プロデューサーの虚しい現実であり、上場企業トップによる会社の私物化だった。 【音声動画】「あゆの呪縛が抜けない」 6月13日(土)22時から放送の「文春オンラインTV」では、本件について取材担当記者が詳しく解説する。 (「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)) 外部サイト.

次の