まぶた の 脂肪 を 減らす。 まぶたの脂肪の落とし方!燃焼法や除去する方法!

片目のまぶただけが厚い場合、どうすれば薄くなる?

まぶた の 脂肪 を 減らす

まぶたが厚くなる、厚く見える原因 BNLS注射の解説をする前に、まぶたが厚くなる、厚く見える原因を知っておきましょう。 原因によってはBNLS注射を打っても効果が現れないこともあるので、 自分がどの原因でまぶたが厚く見えるのかを把握することは大切です。 まぶたが厚くなる、厚く見える原因は以下の3つになります。 1.脂肪 2.皮膚の厚み 3.むくみ BNLS注射はまぶたに悩みを持つ方にもおすすめ! 腫れぼったいまぶたは、、顔の印象としてはマイナスになることが多いです。 人の第一印象は顔がとても重要ですが、まぶたが腫れぼったいと、目つきが悪く見えてしまったり、眠そうだったり不機嫌そうに見えてしまったりとあまり良い印象にはなりません。 また、単純に目が小さく見えてしまうので、ぱっちりした目に憧れているという方にとっては大きな悩みでしょう。 このように、まぶたが腫れぼったいということで悩んでいる方にもBNLS注射がおすすめされています。 皮下脂肪が原因ならBNLS注射が最適! まぶたが腫れぼったくなってしまう原因はいろいろと考えられています。 皮膚、眼輪筋、眼窩脂肪、皮下脂肪といった原因が挙げられますが、その中でもBNLS注射で主に対応できるのは皮下脂肪による腫れぼったさです。 まぶたの皮下脂肪が多いことで腫れぼったくなっている場合、脂肪を減らす効果のあるBNLS注射は最適でしょう。 逆に、他の原因の場合はあまり大きな効果を期待できないので、そういった複合的な要因の場合には複数の治療を組み合わせて行う場合もあるようです。 その点については医師の判断に任せたほうが安心できますね。 BNLS注射の特徴と効果について BNLS注射で使用する薬剤(BNLS)は、植物由来の成分を主成分とした脂肪溶解注射です。 BNLSに含まれる植物由来の有効成分を以下にまとめました。 ヒバマタ(海藻)抽出物・・・脂肪分解作用 セイヨウトチノキ(マロニエ)・・・抗炎症作用、浮腫の減少作用、毛細血管の弾力性向上作用 ペアシアグルミ(クルミ)・・・血管保護作用、血管循環促進作用 オキナグサ(アネモネプルサティア)・・・抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用 カラクサケマン・・・抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用 それぞれの相互作用により、短期間で高い脂肪分解効果を得ることができます。 さらに、血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に溜まっている老廃物の排出を促します。 まぶたへのBNLS注射の効果とメリット BNLS注射をまぶたに打つことで、まぶたに余分についた脂肪を分解することが可能です。 上記でまぶたにつく脂肪は2種類あると言いました。 BNLS注射で分解できる脂肪は皮下脂肪なので、まぶたの脂肪でいえばROOF(ルーフ)にあたります。 眼窩脂肪はまぶたの皮下脂肪よりも奥にあるので、BNLS注射はあまり効果が期待できません。 もし、眼窩脂肪を除去したいのであれば、BNLS注射ではなくて手術をする方が効果的です。 BNLS注射を打つことで、まぶたの脂肪(ROOF)を減らし、血流やリンパの流れを良くすることができます。 そのため、 上まぶたをスッキリさせる効果が期待できます。 さらに、まぶたの脂肪が原因でできてしまった皮膚のたるみも引き締まります。 まぶたへのBNLS注射の本数と量 まぶたは頬や顎下といった部位よりも脂肪量が少なく、さらに皮膚の表面積が狭いです。 そのため、 注射の本数、薬剤の量はあまり必要としません。 基本、BNLS注射を打つ本数は片方のまぶた1本、量は0. 5~1cc程度になります。 ですから、両方のまぶたにBNLS注射を打つのであれば、注射の本数は2本になります。 両側で1ccなのか、それとも2ccなのかは、カウンセリング時に医師と相談して決めると良いです。 まぶたへのBNLS注射の受ける回数 まぶたはもともとの脂肪量が少ないため、脂肪量が多い頬や顎下に比べると効果を実感しにくい部位になります。 そのため1回の施術では、「効果が感じられない」「何も変化が現れない」ということもありえます。 効果を実感するためには、3回から4回の施術を必要とします。 そして、1回目の施術を終えて2回目までの間隔は、最低でも一週間以上あける必要があります。 ですから、3回から4回の施術を受けようと思ったら、約1ヶ月はかかることを覚えておきましょう。 もちろん、1回で効果を感じる人もいますから、効果には個人差があるわけです。 その理由は脂肪の量や硬さというのは、人それぞれで異なるからです。 まぶたにBNLS注射をする際の安全性 まぶたは顔の範囲の中でも小さな部位ですし、BNLS注射の注入量は少なく済み、とても経済的です。 頬や顎といった他の部位と比較して、皮膚が薄くデリケートな部分ですので、そんな部分に注射と考えると心配な方も多いかと思います。 実は目元の施術を希望する方は多いですから、医師のほうも多たくさんの経験を積んでいる場合が多く、信頼して大丈夫でしょう。 小顔注射だけでは対応が難しい場合、どのような施術を組み合わせると効果が出やすいのか、どのくらいの量をどこに打てば効果がわかりやすいかなど、クリニックで聞いてみて初めてわかることもたくさんあるはずです。 小顔注射について効果があるのか、どの程度変化するのか、自分の悩みに合っているかどうか、気になっているなら躊躇せずにまずは質問してみてから考えてみてもいいかもしれません。 まとめ 皮下脂肪でまぶたが腫れぼっく見えるのであれば、BNLS注射はオススメできる治療方法です。 まぶたの治療を受けている人は意外と多いので、美容外科クリニックを選ぶ際には実績が豊富なところを選ぶと安心です。

次の

アイクリームでまぶたの脂肪燃焼は本当にできる?

まぶた の 脂肪 を 減らす

まずまぶた痩せしていくにあたって、なぜまぶたに脂肪がついてしまい、腫れぼったくなってしまうかを紹介していきます。 まぶた痩せのエクササイズを始める前に、まぶたについて知っていきましょう。 まぶたの筋肉の衰え まぶたが腫れぼったくなってしまう大きな原因としてあるのが、まぶたの筋肉の衰えです。 筋肉というと腕や腹筋などを思い浮かべると思いますが、動かす場所にはどこにでも筋肉はあるので、まぶたにも筋肉があります。 普段生活しているだけでは、まばたきくらいでしかまぶたは動かさず、それだけでは年齢などで筋肉が衰えてしまうということもあるでしょう。 そういったまぶたの筋肉の衰えが、脂肪がついてしまったり、まぶたの皮膚や脂肪の重みに耐えきれず、腫れぼったくなる原因になります。 意識してまぶた痩せのエクササイズをしていかないと、自然となってしまうことなので注意が必要でしょう。 むくんでいる お酒を飲んだ次の日に顔がパンパンになってしまうなど、顔もむくみやすく、まぶたもむくんでしまって腫れぼったくなってしまうということもあるでしょう。 むくみであれば数時間で解消しますが、むくみやすい生活をしてしまっていると、腫れぼったい印象になってしまったり、脂肪がつきやすくなってしまったりします。 むくみもしょうがないと諦めるのではなく、むくみを解消してまぶた痩せしていける方法もあるので、しっかり対策していきましょう。 体脂肪率が高い そもそも脂肪が多いといった人は、まぶたにも脂肪や肉がついてしまいます。 運動をあまりしなかったり、食事をとりすぎていたりして、消費カロリーより摂取カロリーが上回ってしまうと、まぶたも太っていってしまうでしょう。 ある程度脂肪がある人はあえてまぶたを痩せようとエクササイズをするより、まず脂肪を減らしていくことが効果的かもしれません。 後でまぶた痩せの方法はしっかり紹介していきますが、脂肪がかなりついてしまっている人は、まず全体的に脂肪を減らしていくことも必要です。 日本人はまぶたに脂肪がつきやすい体質 日本人はまぶたに脂肪がつきやすい体質と言われています。 もともと脂肪がついてしまいやすいので、年と共にたるんでいってしまいますし、欧米人のような目に憧れても難しいところはあるでしょう。 ただ脂肪がつきやすい体質でも、ここで紹介した方法をしっかりやっていくことで、より良くまぶた痩せをしていくこともできるので、諦めずにやっていきましょう。 まぶたの脂肪を落としてまぶた痩せする方法8選 費用は掛かりますが、安心してまぶた痩せをしていける方法として、効果が高いのは顔痩せエステです。 顔痩せエステでは、顔のリンパを流したり、血流を良くしていったりすることができるので、効率よくまぶた痩せをしていけるようになります。 まぶた痩せはもちろん、顔全体痩せていく効果が期待でき、小顔になっていくこともできるので、より綺麗になっていくことができるでしょう。 またリンパを流したり、血流を良くしていくことで、顔色を良くしていくこともできるので、かなり見た目の印象が良くなります。 マッサージなど自分でしていっても効果は見込めますが、プロにもやってもらった方が効果は高いですし、リンパの流れを良くしていけるので、自分でやるマッサージの効果も高めることができるでしょう。 体験でかなりお得に利用することもできますし、「体験だけでも効果があった」という人も多いので、ぜひ試してみてください。 塗るとまぶた痩せに効果のあるクリームもあります。 中でもおすすめなのが、「ナイトアイボーテ」というクリームで、「ナイトアイボーテ」は寝るときにつけて寝ることで、寝ている間に腫れぼったいまぶたを解消し、二重を作ってくれると、話題のクセ付けクリームです。 「ナイトアイボーテ」には、アイプチの要領で寝る前につけるだけで、自然な二重幅のクセを作ってくれ、ぱっちり目が手に入れられると言われています。 また目の周りは敏感ですが、糊などと違い肌に優しい成分を使っているので、肌荒れを起こす心配も少ないでしょう。 まぶたの肉を落としていくのはなかなか難しいので、こういったグッズも使って、効果的にまぶた痩せをしていってください。 価格は、公式サイトからの購入で、毎回2980円になります。 まぶたの筋トレをしていくことも、脂肪の燃焼や引き締め効果が期待でき、まぶた痩せにおすすめです。 特にまぶたのたるみに効いてきて、まぶたを引き締めて痩せていくことができるでしょう。 まぶた筋トレのやり方• 1、ウインクを交互に20回やる• 2、目を上下に30回動かす• 3、目を左右に30回動かす• 4、あごを上げて目を開き5秒キープ このまぶた痩せの方法は、パソコンなどで目を酷使した後にやっていくことで、気持ちよくすっきりさせていくこともできるので、目をよく使った後にやっていくことをおすすめします。 目の周りの筋肉を使っていくことで、よりまぶた痩せをしていけるようになるので、できるだけ毎日やっていきましょう。 眼輪筋 がんりんきん とは、その名の通り目の周りの筋肉のことで、このエクササイズをしていくことで、まぶたのたるみを解消し、まぶた痩せしていけるようになります。 眼輪筋エクササイズのやり方• 1、目じりを外側に引っ張る• 2、5秒目を閉じてキープ• 3、目じりより少し上を押さえ外側上方向に引っ張る• 4、5秒目を閉じてキープ• 5、今度は目じりより少し下を押さえ外側下方向に引っ張る• 6、5秒目を閉じてキープ 眼輪筋エクササイズならたるみを無くしていけるので、特に太っているわけではないのにまぶたが腫れぼったくなってしまっている人は、このエクササイズをすることで、まぶた痩せの効果が期待できるでしょう。 リンパの流れが悪くなってしまうと、老廃物が流れなくなり、むくみやすくなったり脂肪が燃焼しにくくなったりしてしまいます。 まぶた痩せをしていくためにも、小顔になっていくためにも、リンパマッサージをしていくのが良いでしょう。 まぶた痩せに効果のあるリンパマッサージのやり方• 1、中指と薬指の腹でこめかみを円を描くようにほぐす• 2、次に中指の腹を目じりの外側のくぼみにセットする• 3、目の中心に向けて左右交互に圧をかける• 4、次に中指を目がしらに置く• まぶた痩せの注意点 まぶた痩せをしていく際に、注意しないと逆効果になったり、目に負担をかけてしまったりすることもあります。 ここからは、まぶた痩せをしていくにあたって注意しなくてはならないことを紹介していくので、始める前にしっかりチェックしていきましょう。 眼球に圧をかけないようにする 眼球はデリケートなので、圧をかけてしまうと視力が低下してしまったり、目に異常が起こってしまったりすることもあります。 まぶた痩せをしていこうとすると、目の周りを押したりしていくことになり、眼球にも圧がかかってしまうことがあるので、気をつけていきましょう。 基本的に目のマッサージやエクササイズはそこまで力を入れなくても、まぶた痩せの効果は期待できるので、優しくやっていくのが成功のポイントです。 気持ちいいくらいの力加減でやっていくことで、まぶた痩せしていくことができるでしょう。 全体的に脂肪を落としていかないと難しい 脂肪は部分的に減っていかないと言われているので、脂肪が結構ついている人は、いくらまぶたのエクササイズをしても、まぶた痩せしていくことは難しいでしょう。 まぶたのマッサージやエクササイズで、むくみが取れたり、たるんだ筋肉が引き締まってまぶた痩せをしていくことはできますが、脂肪は減らせないと言われています。 脂肪がついてしまっている人は、有酸素運動などをして全身の脂肪を燃焼させていくことで、より効果的にまぶた痩せをしていけるようになるでしょう。 むしろただダイエットをしているだけで結果的にまぶたも痩せて、二重になったという人もいます。 色々な方法でまぶた痩せをしていき、リバウンドもなく効果的に痩せていきましょう。 どうしても痩せない場合は脂肪を取るのもあり なるべく避けたいという方も多いと思いますが、人工的に脂肪を切り取っていくことで、簡単にまぶた痩せをしていくこともできます。 今そういった脂肪を切り取るといったこともかなり安全になっていますし、傷も目立たないようにできるところもあるので、どうしてもという人は考えてみても良いでしょう。 もちろん簡単にやることでもありませんが、まぶた痩せができずに、どうしても気になってしまうという人は検討してみてもいいかもしれません。 正直まぶた痩せで効果を一番実感できるのが、この方法なので、一気にコンプレックスを無くしていける可能性もあります。 まぶたの脂肪をなくすためにこの方法を実践する人も増えているので、一度検討してみても良いでしょう。 まぶたの脂肪を落としてぱっちり目を手に入れよう!.

次の

まぶたの脂肪は運動でなくせる!?即効性のある5つの対策

まぶた の 脂肪 を 減らす

3.むくみを減らしてスッキリ見せる方法 朝はまぶたが腫れぼったく、夕方になるとスッキリしてくる事は多いでしょう。 このようにまぶたは非常にむくみやすい場所ですので、常にむくみ気味の人がいます。 このような方にはマッサージでむくみを取ってあげる事は有効で、多少ではありますがスッキリ見えます。 以下の3つを行ってください。 40度位のシャワーを5秒ほど当てて5秒離す。 これを毎日10回繰り返します。 眉毛の下の骨が窪んでいるところを1分間ほど押して血行を良くします。 目頭から目尻にかけてアイクリームでなぞるようにマッサージします。 これは、脂肪を減らしているわけでも燃焼しているわけでもありません。 体の水分を移動させているだけです。 まぶたのトレーニングは意味があるのか? 「まぶたのトレーニングで脂肪燃焼」のような記事を見かけますが、結論から言ってまぶたの脂肪のみを燃焼させるのは難しいです。 下っ腹や二の腕は筋肉が引き締まれば細くなったように見えますが、それでも二の腕や下っ腹の脂肪 だけが燃焼したわけではありません。 まして、まぶたの筋肉の様に非常に薄っぺらい筋肉を鍛えたところで見た目の変化はほとんどないです。 むくみは減る可能性があります。 自力でまぶたの脂肪を落とす方法は痩せるしかありません(全身の脂肪が落ちます) まぶたの脂肪を落とすクリーム まず効きません!まぶたの構造は皮膚、筋肉、ROOFと言う脂肪…となっています。 皮膚の上から塗ったものが皮膚に入るのでも大変なのに脂肪にまで届くわけがありません。 4.ROOFを取る手術 ROOFを取る手術があります。 これは切って行う手術なので、傷跡やダウンタイム(内出血や腫れ)が出ます。 切る部位としては、二重のラインと一致した場所を切ってROOFを切除する方法と眉毛の下を切ってROOFを切除する方法の2通りです。 ROOF単独で切除する事は少なく、組み合わせて行う手術によって切る位置も変わってきます。 ROOF切除は二重まぶた手術やまぶたのたるみ取り手術と合わせて行う事がほとんどなのです。 ROOF切除の効果 まぶたをスッキリさせるには、1番効果がある方法ですが、まぶたの厚みには「皮膚の厚み」や「筋肉の厚み」もありますのでROOF切除をすれば誰でもスッキリパッチリ目と言う訳ではありません。 ROOF切除のダウンタイム 組み合わせて行う手術によって変わってきます。 全切開二重手術(切る二重手術)と同時に行った場合は、1-2週間は腫れが強く出ます。 ROOF切除のリスク あまりリスクのない手術です。 しかし、脂肪を取ってしまうので効果が出過ぎる場合があり、まぶたがシワっぽくハリがなくなってしまう場合があります。 また、ROOF切除だけでは、腫れぼったい状態を解決できず、効果の乏しい場合があります。 手術前に医師の診察でROOF切除が効果的かどうかをしっかり見ておらう必要があります。 ROOF切除の費用 ROOF切除は行っていないクリニックもありますので、当院の費用ですが以下を参考にして下さい。 眼窩脂肪の方がROOFよりも奥にあるのですが、性質上取るのは簡単です。 一部だけ取るのであれば数㎜の穴から取れます。 まぶたの脂肪吸引(眼窩脂肪の切除)の効果 よほど多くついている人でない限り見た目にスッキリしたなと言う印象は与えません。 二重まぶた埋没法と同時に行う場合がほとんどですが、二重のラインが若干スッキリ見えるかなと言う程度です。 まぶたの脂肪吸引を単独で行っても見た目の効果がない場合が多いです。 脂肪の量が減るのでむくみにくくはなります。 まぶたの脂肪吸引と二重まぶた埋没法を同時に行った方の写真です。 多少効果が出たかな、と言う感じですね。 これをやればスッキリ悩みが解決すると言う訳ではなさそうなのが分ると思います。 まぶたの脂肪吸引(眼窩脂肪の切除)のダウンタイム 二重まぶた埋没法と同時に行う事がほとんどですが、まぶたの脂肪吸引を行う事により、より内出血や腫れが長引く場合があります。 簡単に脂肪が取れた場合は3-4日で落ち着きますが、時間がかかった場合や出血が多かった場合は1週間程度落ち着くまでに必要です。 まぶたの脂肪吸引(眼窩脂肪の切除)のリスク 短期的には腫れや内出血のようないずれ無くなるもの位です。 しかし、上まぶたの眼窩脂肪はいずれ老化とともに減ってきます。 将来的に目の上の窪みを早めるリスクがありますので、腫れぼったくよほど脂肪が付いている人以外はお勧めしません。 基本的には切開法の二重手術の際に行い、脂肪の量を見極めて、多ければ切除すると言うものだと考えます。 まぶたの脂肪取りについて詳しくご覧になりたい方は「」をお読みください。 より詳しく理解が深まり手術を受けるべきかどうかの判断材料になります。 まぶたの脂肪吸引(眼窩脂肪の切除)の費用 まぶたの脂肪吸引(眼窩脂肪切除)は埋没法と行うことが多く、当院の費用ですが参考にしてみて下さい。 目の上の脂肪除去(二重埋没法と同時に施術):49,000円 6.まぶたの表面に出来る塊 まぶたに出来る脂肪の塊の様なブツブツは悪いものである可能性はかなり低いです。 稗粒腫 1㎜ほどの白い塊がプツプツと出て来ます。 稗粒腫(ひりゅうしゅ)と言います。 針で穴を開けたり、レーザーで穴を開けて中の角質を出してしまえば治りますが、再発する事はよくあります。 皮膚科や形成外科で処置で来ます。 汗管腫 汗腺が何らかの原因で増殖した状態です。 1-5㎜ほどに盛り上がって見えます。 レーザーで治療する事が出来ますが、稗粒種と違い奥まで焼くのでしばらく跡が見えます。 眼瞼黄色腫 目の周りに黄色い膨らみが出来ます。 コレステロール値が高い人に出来やすいとも言われます。 こちらもレーザーで焼くことが出来ますが、まずは内科で健康状態をチェックしてもよいでしょう。

次の