電子マネー チャージ jalマイル。 ショッピングマイルの積算対象外となるご利用分の追加について(一部の電子マネーへのチャージ)

JALマイラーのセブン

電子マネー チャージ jalマイル

おサイフケータイに楽天Edyアプリをインストールをして、13のポイントサービスの中から1つお好きなポイントサービスを選んで登録すると、全国の楽天Edy加盟店での 支払い200円(税込)につき1ポイント貯めることができます。 13のポイントサービスとは、楽天スーパーポイント/ ANAマイル/Pontaポイント/GREEコイン/WALLETポイント/Tポイント/ヨドバシゴールドポイント/ヤマダポイント/エポスポイント/ベルメゾンポイント/ビックポイント/プレミアムドライバーズカード「ショッピングポイント」/マツキヨポイント/エディオンポイント。 13のポイントサービスの中に 「ANAマイル」は入っています。 電子マネーの楽天Edyで支払うとANAマイルを貯めることができる・・・それならば、 楽天Edyへのチャージ時にもANAマイルを貯めたい! こう考えるのが自然だと思います。 楽天EdyチャージでANAマイルを貯めることができるクレジットカードを一枚持っていれば、• 楽天Edyチャージした時のANAマイル• 楽天Edyで支払いをした時のANAマイル の 「ANAマイルの二重取り」が可能になります。 楽天EdyへのクレジットチャージでANAマイルを貯めることができるクレジットカードは大きく2つに分けることができます。 直接ANAマイルが貯まるANAカードと、 間接的にANAマイルが貯まるクレジットカードの2つです。 ANA JCBワイドゴールドカード、ANAダイナースカード、ANAカードプレミアムは楽天Edyチャージで直接ANAマイルが貯まる ANAカードには、「一般カード」「ワイドカード」「ワイドゴールドカード」「プレミアムカード」「学生専用カード」という5つの種別があります。 「ワイドゴールドカード」、 「プレミアムカード」に分類されるカードの中で、下表に掲載している 対象のカードは楽天Edyチャージで直接ANAマイルが積算されます。 積算率は200円=1マイルです。 ANAマイル還元率に直せば、0. 5%ですね。 直接ANAマイルが積算されるため、例えば、で楽天EdyチャージをしてもOki Dokiポイントは貯まりません。 同様に、で楽天Edyチャージしてもワールドポイントは貯まりませんし、ANAダイナースカードで楽天Edyチャージをしてもダイナースクラブ リワードポイントは貯まりません。 ただ、これらのカードは全て年会費が高額です。 付帯保険の手厚さや空港ラウンジサービスなどワイドゴールドカード、プレミアムカードならではの特典に魅力を感じて入会した方が、(付随する特典として)楽天Edyチャージマイルを楽しむのなら「アリ」ですが、楽天Edyチャージ目的でワイドゴールドカードやプレミアムカードを作成するのは本末転倒で「ナシ」でしょう。 そこで紹介したいのが、以下の年会費無料カードです。 楽天Edyチャージで間接的にANAマイルを貯められるクレジットカード ANAカードの「ワイドゴールドカード」や「プレミアムカード」などの高額年会費のクレジットカードを作らなくても、楽天EdyチャージでANAマイルを貯める方法はあります。 楽天Edyチャージで間接的にANAマイルを貯められるクレジットカードは数多く存在するからです。 例えば、で楽天Edyチャージすると、(通常のポイント付与率の半分の) 200円=1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。 楽天スーパーポイントは2ポイントで1マイルのANAマイルに移行することができます。 つまり、楽天カードで楽天Edyチャージすれば、間接的にANAマイルを貯めることができるわけです。 楽天カードのようなカードは他にも存在します。 25% 200円=1ポイント 永年無料 楽天スーパーポイント 50:25 0. 3% 200円=1ポイント 永久無料 100円=1ポイント 2,000:500 0. 25% 永久無料 100円=1ポイント 2,000:500 0. 25% 永久無料 LIFEサンクスプレゼント 300:900 0. 15% 1,000円=0. 女性なら、デザインがピンクで、お好みに合わせて付帯サービスをカスタマイズできるもいいでしょう。 楽天Edyチャージ時のANAマイル還元率が最も高いのと、 ポイント最低交換単位が50ポイントという低さが魅力です。 通常のポイント還元率は1. 0%ありますので、メインカードとしても十分使うことができます。 も楽天カードと同様のANAマイル還元率が期待できます。 ただし、楽天カードと比較すると、ポイント最低交換単位のハードルが少し高くなります。 通常のポイント還元率が0. 5%と低いのでメインカードとしては不向きです。 ただ、ロイヤルホストやシダックスなど約5,000店舗で優待(割引など)が受けられるので、優待用のカードとしてはおすすめです。 年会費永久無料ですから保有コストもかかりませんしね。 なお、エポスゴールドカードになると、楽天Edyチャージ時のANAマイル還元率が0. 3%と最も高くなります。 通常年会費は5,000円ですが、エポスカードからのインビテーションを受けて入会した場合は年会費が永年無料となります。 エポスゴールドカードを年会費無料で使えるのならかなりお得です。 「Edyマイルプラス」「ANAマイレージクラブモバイルプラス」で最大「200円=5ANAマイル」 最初に紹介したように、おサイフケータイに楽天Edyアプリをインストールし、ポイントサービスの中から「ANAマイル」を選んで登録すると、全国の楽天Edy加盟店での楽天Edyでの支払いで200円=1ANAマイル獲得できます。 楽天Edy加盟店の中でも右のマークが目印の 「Edyマイルプラス」対象店で楽天Edyで支払いをすると、通常200円=1ANAマイルのところ、 2倍の200円=2ANAマイル貯まります。 Edyマイルプラス対象店一覧 ANA FESTA、ニッポンレンタカー、紀伊國屋書店、ユニバーサル・シティウォーク大阪、大丸・福岡天神店、沖縄ファミリーマート、ゴルフパートナー、Aloha Table、ビッグエコー、コロプラ、エスカ地下街(名古屋駅新幹線口)、アネックス(名古屋栄キタ)、マツモトキヨシ、はるやま、にぎりの徳兵衛、千歳アウトレットモール・レラ、ホテルリブマックス また、年会費はかかるのですが、楽天Edy払いでさらにANAマイルを貯める方法があります。 それが 「ANAマイレージクラブモバイルプラス(AMCモバイルプラス)」です。 スマートフォンサイトもしくはフィーチャーホンから「ANA SKY MOBILE」にアクセスし、ANAマイレージクラブモバイルプラス(月額300円[税別])に入会すると、楽天Edyの利用で通常の3倍のANAマイルが貯まるようになります。 つまり、 200円=3ANAマイルです。 ANAマイレージクラブモバイルプラスに入会した会員が、前述の「Edyマイルプラス」対象店で楽天Edyで買い物をすれば、 200円=4ANAマイルも貯まります。 やで楽天Edyにクレジットチャージしていれば、「ANAマイル二重取り」で合計 「200円=5ANAマイル」にもなります。 ちょっと夢が膨らむANAマイル還元率ですよね。 楽天EdyチャージでJALマイルを貯められるクレジットカード JALマイラーの中に、楽天Edyを利用されている方がどれくらいいるかわかりませんが、一応、楽天EdyチャージでJALマイルを貯める方法についても紹介しておきましょう。 もちろん、楽天Edyチャージで直接JALマイルが貯まるカード、つまり、JALカードは存在しません。 ANAマイル同様、楽天Edyチャージで間接的にJALマイルを貯められるカードはいくつかあります。 それが以下のクレジットカードです。 年会費 ポイントサービス ポイント:JALマイル JALマイル還元率 Edyチャージポイント還元率 永年無料 リクルートポイント 50:25 0. 6% 100円=1. 5% 200円=2ポイント 永久無料 Pontaポイント 2:1 0. 25% 200円=1ポイント 永久無料 m'z PLUSポイント 4,000:1,000 0. 25% 1,000円=10ポイント 楽天Edyチャージに関しては、ANAマイルよりもJALマイルのほうが還元率が高くなるのが解せませんね。 サイドバー.

次の

JALマイレージバンク

電子マネー チャージ jalマイル

電子マネーはキャッシュレス決済の手段の一つとして便利なだけでなく、 利用やチャージでマイルを貯めことができるという特徴がある。 電子マネーを使ってマイルを貯める方法は、 陸でマイルを貯める手段のひとつとしておすすめだ。 日常的に電子マネーを活用してマイルを貯めておけば、旅行や帰省などで飛行機を使う際に利用できるので便利だ。 ただ単に電子マネーを利用するだけでなく、お得にマイルを貯めるコツも存在する。 中でも、 クレジットカードとの併用によるマイルの二重取りは、非常に有効な貯め方のためぜひ活用したい。 通常よりも遥かに効率的にマイルを貯められる方法として、 特定加盟店やキャンペーンの活用もおすすめだ。 本記事では電子マネーの利用とチャージによるマイルの貯め方、そして対応する電子マネーを一挙に紹介する。 飛行機の搭乗以外でも賢くマイルを貯める「陸マイラー」にも、ぜひ参考にしてほしい。 ・ 電子マネーでマイルを貯めるコツ 加盟店・キャンペーンを活用 ANAカードマイルプラス加盟店を始めとする特定の加盟店で、電子マネーを利用して買い物をすると、通常よりもマイルが貯まる。 時期によってはチャージやサービス利用などで、 マイルがプレゼントされるキャンペーンなども行われている。 加盟店の数は多くないが、ENEOSやセブンイレブンなどの日常的に利用する店舗もあるため、使いやすいはずだ。 ANAカードマイルプラス加盟店には、以下のような店舗がある。 ENEOS• セブンイレブン• 紳士服 コナカ• 大和自動車交通• 東京無線タクシー これらの店舗では、 Apple Pay、 iD 、QUICPayのいずれかの方法で、対象のANAカードから決済を行うことでポイントが貯まる。 ポイントは、利用日から 約1~2ヶ月後に積算される。 ANAカードマイルプラス加盟店で貯まるマイルは、クレジットカード会社や契約内容によって異なるので、あらかじめ確認しておこう。 二重取り 効率的にマイルを貯めるうえで欠かせない方法が、ポイントの二重取りだ。 WAONをはじめ、 電子マネーとクレジットカードの併用によって、ポイントの二重取りができることは多い。 クレジットカードから電子マネーにチャージする際にマイルを貯め、さらに電子マネーの利用でもマイルを貯めるといった二重取りは、 非常に効率的なマイルの貯め方だ。 利用したい電子マネーでのポイントの二重取りが可能か、日常生活のなかで二重取りができる機会は多いかなど、事前に調べておくことをおすすめする。 二重取りができる例として、前述の、WAONにおけるJALマイルの二重取りがある。 電子マネーやクレジットカードの利用で貯まったポイントをマイルに交換する方法でも良いが、やはりチャージと利用どちらのシーンでもマイルが貯まるのがおすすめだ。 コストをかけずに電子マネーを利用する 電子マネーの中でも、貯まったポイントをマイルに移行できたり、直接マイルが貯まったりするタイプは限られている。 クレジットカードの発行には入会費や年会費がかかるものも多いが、ポイントやマイルを貯めるために、わざわざ年会費の高いカードに申し込むのは得策とは言えない。 できる限りコストをかけず、効率的に電子マネーとクレジットカードを利用してマイルを貯めるべきだ。 例えば、iDとQUICPayがダブルで搭載された年会費無料の 「オリコカード・ザ・ポイント」など、発行手数料や年会費がかからないカードで電子マネーを利用するなど、工夫したい。 5~1. Edyを利用してANAマイルを貯めるには、以下の方法がある。 Edy一体型カードでEdy利用 Edy機能が搭載されたANAマイレージクラブカード、およびANAカードに搭載されたEdyで支払いを行うと、200円につき1マイルが直接貯まる。 カードの利用から約2~3週間後、対象分のマイルがANAマイレージクラブのマイル口座に自動的に積算される。 なお、Edy マイルプラス対象店舗では、Edyでの支払いで、200円につき1マイルのところ、200円につき2マイルが貯まる。 おサイフケータイでEdy利用 おサイフケータイを利用して、Edyで支払いを行うと、200円につき1マイルが直接貯まる。 ただし、利用できる端末は、Android端末のみ。 手持ちのスマートフォンに「楽天Edyアプリ」を設定し、「ケータイ de Edyマイル」のサービス登録を行うことで、利用できる。 Edyチャージ ANA JCBワイドゴールドカード、ANA ダイナースカード、ANAカード プレミアムのいずれかのANAカードからEdyにチャージを行うことで、200円につき1マイルが自動的に積算される。 iD 株式会社NTTドコモが運営する電子マネー。 後払い方式のためチャージ不要なのが特徴。 モバイル版も利用できる。 iD利用では、三井住友カードのポイントプログラムである Vポイントが貯まり、このポイントをANAマイルに交換することでマイルを貯めることができる。 Vポイントは200円の利用ごとに1ポイント貯まり、 1ポイント=2マイルでの移行となる。 さらに、 「ANAカードマイルプラス加盟店」で、対象のANAカードからiDを利用すると、 100円または200円の利用ごとに1マイルが直接貯まる。 ANAカードマイルプラスの対象となるANAカードは、以下の通り。 ANAカード一般• ANAワイドカード• ANAゴールドカード• ANAカードプレミアム• ANAカード(法人用) nanaco nanacoは、 プリペイド型の電子マネー。 モバイル版の「nanacoモバイル」は入会無料で、スマホで利用状況などをチェックできる。 nanacoでは、100円(税抜)の利用につき1ポイントが貯まり、 nanacoポイント500ポイントをANAマイル250マイルに交換できる。 また、nanacoポイント500ポイントを ANA SKYコイン500コインに交換できる。 ANASKYコインは航空券や旅行商品などのほか、ANASKYコインで購入した航空券でもマイルを貯めることができる。 5~1. WAONを利用してJALマイルを貯めるためには、JMB WAONカードに入会する必要がある。 なお、JMB WAON以外のWAONカードでは、JALマイルは貯められない。 JMB WAONカードにはクレジットカード機能付きとクレジットカード機能なしのものがある。 クレジットカード機能付きのカードでは、WAON利用200円(税込)につき1マイルが直接貯まる。 また、毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」ではWAON利用200円(税込)につき通常の2倍の2マイルが貯まる。 この他、WAONを利用しない場合も、カードショッピング利用200円(税込)につき1マイルを貯めることができる。 クレジットカード機能なしのカードは、JALマイルが貯まるJALカードと紐づけることで、電子マネーでの支払い200円(税込)で、1マイルが貯まる。 さらに、見逃せないのが、JALカードを使ったクレジットチャージ、オートチャージによるマイルの 二重取りだ。 以下のJALカードを使ってJMB WAONにチャージをすると、チャージ金額200円(税込)につき1マイルが貯まる。 JAL・JCBカード• JAL・Visaカード• JAL・Mastercard、JALカード• TOKYU POINT ClubQ 上記のクレジットカードからWAONへのチャージ登録をインターネット経由で行うと、JALカードを使ってWAONのチャージおよびオートチャージができるようになる。 なお、 JALカードを使ったチャージ方法には、以下の2つがある。 WAONカードを利用する場合 JMB WAONカードと対象のJALカードを準備する。 パソコンまたはスマートフォンから、WAON公式ホームページのJMB WAONクレジットチャージの設定ページにアクセスし、2枚それぞれのカードの必要事項を入力する。 イオンなどに設置されているWAONステーションまたは全国のイオン銀行ATMで、JALカードからWAONにチャージを行うことができるようになる。 利用規約に同意し、クレジットカード情報を登録する。 オートチャージを希望する場合はオートチャージ設定を「希望する」を選び、金額を入力し、登録を行う。 Suicaの電子マネー利用で マイルが貯まるのはクレジットカード機能付きのSuicaのみ。 カードの種類も限られているため、その点には注意したい。 以下のカードでチャージを行うと、マイルが貯まる。 ANA VISA Suicaカード(年会費8000円):チャージ100円につき1マイル• JALカードSuica(年会費5000円):チャージ100円につき1マイル これらのカードはモバイルSuicaにも登録できるため、iphoneやスマートフォンからの利用も可能だ。 QUICPay 貯まるマイル ANAマイル(JCB、アメックス) JALマイル、デルタ航空スカイマイル(JCB) モバイル版 あり マイル還元率 カードにより異なる QUICPay(クイックペイ)は、JCBが提供する 後払い形式の電子マネー。 カード版、モバイル版の2種類がある。 マイルが貯まる国際ブランドは、JCB、アメックス(モバイルのみ)となる。 JCBとアメックスで移行できるマイルの種類が異なるため、注意したい。 さらに、QUICPayの利用で直接マイルが貯まるわけではなく、JCB、アメックスの ポイントをマイルに移行する必要がある。 JCBブランドのカード ANAマイル Oki Dokiポイント1ポイントを、ANAマイル3マイルに移行できる。 500ポイント以上1ポイントから移行が可能で、移行登録後、約1週間後に移行が完了する。 ANAスカイコイン Oki Dokiポイント1ポイントを、ANAスカイコイン3コインに移行できる。 500ポイント以上1ポイントから移行が可能で、移行登録後、約1週間後に移行が完了する。 JALマイル Oki Dokiポイント1ポイントを、JALマイル3マイルに移行できる。 500ポイント以上1ポイントから移行が可能で、移行登録後、約2~3週間後に移行が完了する。 デルタ航空スカイマイル Oki Dokiポイント1ポイントを、デルタ航空スカイマイル3マイルに移行できる。 500ポイント以上1ポイントから移行が可能で、移行登録後、約1~4週間後に移行が完了する。 アメックスブランドのカード ANAマイル ANAマイルに移行するためには、 「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録が必要。 登録の手順は以下の通りだ。 オンラインサービスにログインし、メンバーシップ・リワード カタログサイトの「ポイントプログラムについて」より「ポイント移行 提携先プログラムのご登録/メンバーシップ・リワード・プラスへのご登録」を選ぶ。 フォームに必要事項を入力すると、「メンバーシップ・リワードANA コース」の登録が完了。 移行するポイント数を入力すると、ポイント移行の手続きができるようになる。 メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの場合は1,000ポイントごとに1,000マイル、未登録の場合は2,000ポイントごとに1,000マイルの移行レートとなる。 国際ブランドがJCBの場合、 ANAカードマイルプラス加盟店でのクイックペイ利用で、マイルに移行できるOki Dokiポイントと別でマイルも貯まる。 ポイントの 2重取りが可能なため、効率的にマイルを貯められる。 なお、QUICPay で貯まったポイントもnanacoと同様、ANASKYコインとの交換も可能だ。 どの電子マネーが最もマイルを貯めやすい? 結論から言うと、電子マネーを使う場所やおサイフケータイの利用の有無など、 ライフスタイルに合わせて使う電子マネーを決めるのがもっとも効率的にマイルを貯められるといえる。 また、貯めたいマイルの種類がANAか、JALかによっても異なる。 電子マネーの利用でJALマイルを貯めたい場合、JMB WAON、またはJALカードSuicaでなければマイルを貯めることができないため、選択肢は限られる。 JMB WAONでJALマイルを貯める場合には、JALカードとの併用が圧倒的にお得なため、一緒に申し込むことをおすすめする。 ANAマイルは電子マネーの利用でマイルを貯めやすく、選べる電子マネーの種類も豊富だ。 マイルが貯まること以外のメリットや利便性なども加味して決めることをおすすめする。 電子マネーで賢く陸マイルを貯めよう 現金を所持する必要がなく、支払いがスムーズにできる 電子マネーはマイルを貯めるのにもおすすめの方法だ。 日常の買い物がラクにできて陸マイルが貯められるとなれば、利用するメリットは大きい。 従来の電子マネーというと「チャージが面倒」という印象があるが、オートチャージやクレジットカードからのチャージを利用すれば、 店舗などでのチャージも必要ない。 また、モバイル版がある電子マネーがほとんどだ。 iphoneやスマホから電子マネーを使うことができるため、 カードを持ち歩いたり取り出したりせずに済む点もメリットである。 ポイントをマイルに移行できるタイプのカードも多いため、 電子マネーとクレジットカード一体型のカードを持ち、両方を活用していく方法が非常におすすめだ。 現在では有名チェーン店などをはじめ、 電子マネーが使える店舗も続々と拡大しているため、「店頭で電子マネーが使えなくて困る」ということも減ってきている。 さらに、カード利用でもマイルが貯まるクレジットカード一体型ならば、電子マネーが使えない店舗でもカードで支払いができ、 マイルを貯める機会を損なわずに済むだろう。 電子マネーを賢く使って、上手に陸でマイルを貯めていこう。

次の

JALマイレージバンク

電子マネー チャージ jalマイル

「各電子マネーチャージでお得なクレジットカードが知りたい!」 「どうやって選べば良いの?」 2019年に到来するキャッシュレス社会の中心になる決済手段はもちろんクレジットカードですが、他にも電子マネーも有力です。 事前チャージ型なら決済するのにクレジット会社の承認が必要ありませんので、誰でも気軽に利用出来ますし、利用ポイントだけじゃなくてチャージポイントも貯められて2重取りも出来るのでとてもお得です。 チャージでお得なクレジットカードは電子マネーによって変わりますので、知らずに使っていると損をする事になってしまいます。 そこで今回は、各社の電子マネーチャージでポイントが貯まるおすすめクレジットカードと選ぶ条件、を解説します。 これを読めば、各社の電子マネーチャージでお得なクレジットカードが見つかりますよ! メジャーなプリペイド式の電子マネー 楽天Edy、nanaco、Suica、PASMO、WAON、au WALLET 今回は上記のプリペイド式電子マネーにチャージが可能で、なおかつチャージ分のポイント付与もあるクレジットカードが対象です。 どんなクレジットカードでもチャージが可能なわけじゃありませんし、チャージが出来てもポイント付与が無い場合や極端にポイントが少ない設定になっている場合もあります。 また、ポイントが貯まったとしても使いにくいポイントだったら微妙ですね。 そう考えるとチャージポイントも重要ですが、そこだけを見てその他がおろそかになるのも微妙です。 ですのでトータルで考えてメリットの多いクレジットカードを選択するのがベストです。 メリットの多いクレジットカードの条件は以下の通りです。 電子マネーチャージでお得なクレジットカードの条件• チャージ還元率が1%以上• ポイント利便性が高い(使い道が豊富)• クレジットカード年会費(無料または格安) この3つが揃っているクレジットカードがチャージをするのにはベストです。 さっそく条件を満たしたおすすめクレジットカードを見て行きましょう。 電子マネーチャージでお得なおすすめクレジットカード 電子マネーによっておすすめなクレジットカードは異なりますので、楽天Edy、nanaco、Suica、PASMO、WAON、au WALLETそれぞれをひとつづつ紹介していきます。 (複数に該当する優秀なクレジットカードもあります) 楽天Edyチャージにおすすめ 楽天Edyの基本情報 利用時のポイント還元率 還元率0. 楽天スーパーポイント以外にも、貯まるポイントが選べますので、使い勝手は抜群ですね。 まずは楽天Edyチャージ還元率ナンバーワンのこのカードです。 「入会キャンペーンがお得なのはいつ?」 「獲得条件は簡単なの?」 リクルートカードはお得に入会出来る... ただし条件があって、月に30000円チャージ分までしかポイント付与の対象になりません。 単純に360ポイント(360円分)までしか稼げないという事になります。 もし月に30000円以上をチャージするようでしたら、30000円以上からはポイントは付かなくなりますので、違うカードを選択するようにしましょう。 利用分で貯まるポイントはPontaポイントを選択しよう! 楽天Edy利用分で貯まるポイントにPontaポイントを選択すれば、チャージで貯まるポイントと同じ種類のポイントに出来ますので利便性を高く出来ます。 リクルートカードの申込はコチラ 楽天Edyは、楽天って名前が付いているくらいなので、やっぱりこのカードですよね。 「入会キャンペーンはいつがお得なの?」 「8000ポイントはいつ?」 楽天カードは常に入会キャンペー... という事は最もチャージでメリットがありそうですが、実はそんなわけでも無くて0. 楽天カードの還元率と同じになるように設定されている 理由は、まず楽天カード自体の還元率が1%です。 楽天Edy利用時の還元率が0. そうなると単純に還元率負担が増えます。 それと楽天カードを使うよりもチャージして楽天Edyを使おうという人が増えますので、楽天カードがチャージ専用になってしまうなんて事もあり得ます。 こんな事にならないように、チャージ還元率は0. ポイントの利便性は抜群 チャージ還元率だけで考えるとリクルートカードには及びませんが、その分は普段のクレジットカードの利便性で勝負です。 通常の利用で貯まるポイントが楽天ポイントなので、日々の決済を利便性の高い楽天ポイントに変えられるのは大きなメリットと言えます。 楽天カードの申込はコチラ 楽天Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードはコチラの記事で更に詳しく解説していますのでご覧ください。 「楽天Edyチャージはクレジットカードがお得なの?」 「チャージポイントが貯まるクレジットカードが知... 他には公共料金、税金、健康保険料の支払いが出来るので、チャージポイントを稼いでから支払う事で税金や健康保険料を割引価格で支払う事が出来ます。 公共料金・税金のnanaco支払いについてはコチラの記事をご覧ください。 「nanaco払いで税金が割引出来るって本当?」 「どんな税金が払えるの?高額でも可能?」 nana... nanacoチャージでお得なクレジットカードはコチラです。 5%(100円で0. 「セブンカードプラスでチャージすると本当にお得?」 「一体型はnanaco発行手数料無料なの?」 「... クレジットカード年会費無料 オートチャージも設定できる セブンカードプラスは唯一、nanacoにオートチャージ設定が出来る機能があります。 オートチャージなら残高不足になる事がありませんので、気にしずに利用する事が出来ます。 チャージ還元率の高さならリクルートカード 実はリクルートカードでもnanacoチャージが出来て、ポイント満額付与なので還元率で考えたら倍以上です。 しかし、やはりリクルートカードは月に30000円分までしかポイントが付きませんし、チャージ分と利用分で貯まるポイントの種類も違います。 その点、セブンカードプラスは同じnanacoポイントが貯まりますのでシンプルだし、お得分が分かり易いです。 セブンカードプラスの申込はコチラ nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードはコチラの記事で更に詳しく解説していますのでご覧ください。 「nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードが知りたい」 「nanacoで税金を割引出来... しかしSuicaはコンビニなどで利用しても利用ポイントは付きません。 利用ポイントが付くのはJREポイント加盟店で利用した時のみです。 JREポイント加盟店はそんなに多くありませんし、駅構内のキオスクなどがメインです。 多くの人が日常的に利用しているようなコンビニなどのメジャーなお店はありませんので、利用分でポイントを貯めるのは中々難しくなります。 となるとSuicaでポイントを稼ぐには「チャージポイント」が重要となります。 Suicaチャージでポイントを貯める事が出来るのはビューカードが発行しているクレジットカードになります。 その中でもおすすめはこれです。 5~2. 「ビックカメラSuicaカードが選ばれている理由は?」 「Suicaチャージがお得って本当?」 ビッ... 普段の利用でJREポイントと別にビックカメラのポイントも貯まる Suicaチャージクレジットカードの中で唯一年会費無料 Suicaチャージが出来るクレジットカードはビューカードシリーズだけですが、ビックカメラSuicaカードはその中で唯一年会費無料(実質無料)で持つ事が出来るクレジットカードです。 還元率11. そしてSuica支払いは現金支払いと同じ扱いになりますので、まずビックカメラSuicaカードでSuicaチャージしてJREポイント1. ビックカメラは家電以外にも食品やおもちゃ、ゲームなどもありますので、もし同じものを買うなら絶対にビックカメラで買った方がお得です。 ビックカメラSuicaカードの申込はコチラ Suicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードはコチラの記事で更に詳しく解説していますのでご覧ください。 「Suicaチャージはクレジットカードがお得なの?」 「チャージポイントが良く貯まるクレジットカード... PASMOチャージにおすすめ PASMOの基本情報 利用時のポイント還元率 無し ポイントプログラム 無し 利用可能店舗数 25万箇所以上 PASMOはSuicaと並んで関東ではかなりメジャーな交通系電子マネーで、Suicaと相互利用が可能となっていますのでSuica利用可能店で利用が出来ます。 しかしPASMOはSuicaのように提携店舗でポイントが貯まるようなサービスはありません。 PASMOの利用でポイントを貯めるにはPASMOにクレジットチャージをしてチャージポイントを稼ぐかしかありません。 PASMOの機能を持ったクレジットカードがいくつか発行されていますので、そのPASMOを使う事でクレジットカードの発行元のポイントを貯める事も出来ます。 PASMOチャージ還元率が1番高いのはこのカードです。 またTOKYUストアでは5日と15日は5%offになります。 年会費が1000円(税別)かかりますが、東急のお店をどれだけ利用するかが年会費の元を取るポインtになるかと思います。 JALマイルを貯めるサブカードにも使える TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはTOKYUポイントをJALマイルに交換する事も出来ます。 2000ポイント1000マイルなので還元率は0. 1マイルの価値は1円以上はありますので還元率はもう少し高くなると考える事が出来ます。 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの申込はコチラから PASMOチャージでポイントが貯まるクレジットカードはコチラの記事で更に詳しく解説していますのでご覧ください。 「PASMOチャージでお得なクレジットカードってどれなの!」 「選び方が知りたい」 PASMOはSu... WAONチャージにおすすめ WAONの基本情報 利用時のポイント還元率 還元率0. その代わり1つだけポイントを貯める方法があって、それはイオンカードセレクトでWAONにオートチャージをした時です。 ですのでWAONチャージでポイントを貯める方法があるのはイオンカードセレクトだけとなります。 5%(100円で0. 「入会キャンペーン最新情報が知りたい」 「イオンカードセレクトのキャンペーンはお得なの?」 2020... イオン特約店でポイント2倍 イオン、マックスバリュ、ミニストップ、ダイエー、コスモ石油などの特約店ではポイントが2倍になります。 イオンカードセレクトの申込はコチラ WAONチャージでポイントが貯まるクレジットカードはコチラの記事で更に詳しく解説していますのでご覧ください。 「WAONチャージでポイントが貯まるクレジットカードが知りたい!」 「WAONチャージはクレジットカ... au WALLETチャージにおすすめ au WALLETの基本情報 利用時のポイント還元率 還元率0. (一部はMastercardじゃなくても可能) また、チャージポイントも基本的にそのカードのポイントが満額付与となりますので、という事はいかに還元率が高いクレジットカードを選択するかがカギとなります。 チャージ分&利用分の合計還元率は1. 「auWALLETチャージでお得なクレジットカードってどれなの!」 「選び方が知りたい」 auWAL... 改悪リスクが少ないクレジットカードがおすすめ 電子マネーへのクレジットチャージ分に対して付与されるポイントは、おそらくですがクレジットカード会社からするとほぼ赤字になるポイントなんだと思われます。 電子マネーのクレジットチャージポイントは減少傾向 それは何故かというと、これまでに電子マネーへのチャージでポイント付与があったクレジットカードは沢山ありましたが、ポイント付与が無くなったりポイント還元率が低くなったりと、ここ最近はいわゆる「改悪」が多くなってきているからです。 改悪をするという事は、収支の面で問題があるからに他なりません。 改悪があると、当初の予定が崩れるので設定を変えるのがメンドクサイです。 例えばここ最近では、人気の電子マネーnanacoへのクレジットチャージ還元率で大きな改悪があり、チャージ還元率が1%だった楽天カードはnanacoチャージでポイント付与が無くなりました。 それまで楽天カードでチャージをしていた方は、他のカードを考えなければなりません。 新しく作ったりするのはメンドクサイです。 電子マネーと同じ系統のクレジットカードがおすすめ このように、電子マネーチャージで高還元率のクレジットカードは「いつポイント付与が無くなってもおかしくない」とうリスクがあります。 しかし、同じ系列の電子マネーとクレジットカードであれば、最初からある程度収支を計算してチャージ還元率が設定されていますので、よほどの事が無いかぎり後から変わる事は考えにくいです。 例えば楽天Edyなら楽天カードと言う感じです。 このように同じ系列だと楽天カードで払っても、楽天カードでチャージした楽天Edyで払っても還元率は同じになるようにしてあります。 クレジットカードで払えない場所で楽天Edyを使うというイメージです。 これならバランスが崩れませんので改悪の心配もありませんね。 現金チャージは1円も得しない! 電子マネーにチャージするとなると、現金チャージをする人が結構多いですが、現金チャージでは1円の還元もありません。 クレジットチャージならポイントの2重取りが可能 さらにチャージした電子マネーを利用して買い物をすれば利用分のポイントを稼ぐ事が出来ますので、クレジットチャージ分のポイントと合わせてダブルでポイントが獲得出来ます。 クレジットチャージをしても手数料を取られる事はありませんので、別に現金チャージをしたのと何ら変わりません。 それならクレジットチャージをしてポイントを稼いだ方が絶対にお得ですよね。 ただし、クレジットチャージをした利用分は1括支払いにしなければ意味がありません。 もしリボ払いなどにした場合は手数料がかかりますので稼いだポイントの意味が無くなってしまいます。 まとめ 電子マネーチャージに利用するクレジットカードを選ぶ際は以下の条件があるかどうかを基準に考えて選ぶと失敗しません。 電子マネーチャージでお得なクレジットカードの条件• チャージ還元率が1%以上• ポイント利便性が高い(使い道が豊富)• クレジットカード年会費(無料または格安) 上記の中から自分に合った条件をより多く持っているクレジットカードを選択するのがおすすめです。 今回は中でもおすすめな7枚を紹介しました。 各クレジットカードの特徴をまとめておきます。 トータル的に見てバランスの取れているクレジットカードがおすすめです。 カテゴリー• 304•

次の