ダイナー ティナ。 ウエイトレスの決定版!『Diner ダイナー』玉城ティナが可愛すぎる

映画「ダイナー」がつまらないし面白くない!駄作だと感じる理由や評価・感想についても

ダイナー ティナ

思った以上に原作に忠実で笑った 笑 えーと、ちゃうねん。 この作品の演出がやたらチープなのもストーリーがムッチャクチャなのも設定がアホほど頭おかしいのも 蜷川実花監督のせいでも藤原竜也氏や玉城ティナ氏のせいでもなく、『原作』のせいやねん。 『原作』がもうそもそもこういう雰囲気やねん。 『DINER』…作家・平山夢明の長編小説。 彼の作品としては『「超」怖い話』という実話を元にした怪談集が多分一番有名だけど、この作者が本当に「ヤバい」のは創作小説。 とにかく、奇天烈で奇っ怪、不愉快で不可解、現実にありそうで冷静に考えると絶対ないような話を、さもこの目で見てきたことかのように書きたてる…そういうのが得意な作家でございます。 邪悪で醜悪極まりない話なのに、どこかコミカルで劇掛かっているのも平山作品の特徴。 この『DINER』は設定が漫画やアニメみたいで平山作品としては比較的読みやすい部類だが、それでもこの特徴はきっちり受け継いでいる。 本作を視聴した方の中には「これってみんな名前が洋風だから本当は外国が舞台の話じゃないの?それを無理矢理日本の俳優にやらせるからおかしなことになってる」なんて誤解してる方がいらっしゃるかもしれません。 残念ながら ? 、原作でも思いっきり日本が舞台です。 明らかに日本が舞台なのに、登場人物の名前は何故かみんな洋風…平山作品にはよくあること。 「無国籍な小説」と言えば聞こえはいい・・・しかし個人的には、ある種の『胡散臭さ』と表現したい。 この『胡散臭さ』が読んでると結構クセになる。 さて、原作はいいから映画の話。 冒頭でも述べた通り、個人的には結構原作の雰囲気に忠実に作られてると思う。 てか、よくここまでやったなぁ…という印象。 ……誰ひとり得しないだろうに… 笑 もういっそ、平山夢明臭を完全に消して普通に作ったほうが一般ウケは良かったんじゃね?とか思わなくもない 笑 舞台となるダイナーのセットも登場人物のメイクや衣装も演技も、気持ち悪いくらいコテコテで実に『胡散くさ』かった。 個人的には、ボンベロがもう少し壮年で低い声のイメージだったので、藤原竜也版ボンベロは最初違和感バリバリだったが中盤には割と慣れてたかな。 そして、スキンとブロにはマジで称賛を送りたい。 特にスキンは演技がヤバすぎですわ…。 よくもまぁ、あのワケ分からんややこしいキャラクターをあそこまで演じれるもんだと…。 あの情緒不安定な感じがもうね、最高に気持ち悪かった! 褒め言葉 ブロはメイクや衣装も凄かったわ。 ああ…蜷川監督のこういう使い方… 笑 「ガンギマリ」感がパない。 演技ももう完全に「マトモじゃない人」だった…。 まあ、映像化するということでかなり表現はライトになっているとはいえ、原作者のファンは割と満足いく出来なのではないかと…。 ただ『DINER』だけ読んだ人や『DINER』の漫画版だけ読んだ人にはちょっとどうか分からん…。 あと一般ウケは絶対しない。 そもそもな、あの小説を「映画にしましょう!」とか言い出したヤツは頭おかし… たぶん監督や俳優のファンと、あと一部の偏屈で趣味の悪い変態だけがニヤニヤしてる…そんな映画。 わりと好き嫌いがある映画なのかなと思いましたが、奇怪な世界観がめちゃくちゃ好きなので私は好きでした。 原作はわかりませんが、内容が内容だけに発展が早く、人物に対してのストーリーが薄いとは感じましたが、クレイジーさが出ていて見てて飽きませんでした。 そもそも藤原竜也が好きなので、ボンベロのキャラはものすごく好みで、終始拝ませてもらった感じです。 豪華俳優陣を惜しみなく使ってるのが笑ってしまいました。 最後のところは後日談がほしいと気になってしまうくらいには好きでした。 多分、キャスト陣が好きな人や、世界観が好きな人にはおすすめだと思います。 じっくり内容を見たいという人には少し物足りないかもしれません。

次の

玉城ティナ 「ダイナー」で足が綺麗すぎ!?惡の華でも衝撃の演技に期待!|ブログと育つ

ダイナー ティナ

スポンサーリンク ダイナーDiner【映画】の評価は? \ 究極のコラボ実現!! 公開🔻 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie 映画「 ダイナーDIner」は、 平山夢明さんの書いた小説「 ダイナー」(ポプラ文庫)が原作で、映画「 さくらん」や「 ヘルタースケルター」で監督を務めた 蜷川実花さんの手で映画化されました。 原作の「 ダイナー」(ポプラ文庫)は、 2009年10月ポプラ社から刊行され、 第31回吉川英治文学新人賞の最終候補にノミネートされ、 第28回日本冒険小説協会大賞を受賞し、 第13回大藪春彦賞も受賞しています。 そして、2017年8月より「 週刊ヤングジャンプ」にてマンガの連載が開始され、現在も大人気連載中で 現在6巻まで刊行されています。 監督を務めた 蜷川実花さんは、 カラフルで極彩色豊かなデザインが特徴の写真家でもあり、奇抜なキャラクターとストーリーの映画「 ダイナーDiner」と、とても相性の良い監督だと思います。 5公開! — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie そして、荒々しいセリフや激しいアクションのある主人公 ・シェフの ボンペロに抜擢されたのは 藤原竜也さんです。 藤原達也さんの舞台のような激しい演技とセリフ廻しは、映画「 ダイナーDiner」と相性が良いかもしれませんね^^ 映画「 バトルロワイヤル」や「 デスノート」「 カイジ」「 るろうに剣心」などで見せた迫真の演技が楽しみです。 その他の出演者も、 窪田正孝、 本郷奏多、 武田真治、 斎藤工、 佐藤江梨子、 金子ノブアキ、 小栗旬、 土屋アンナ、 真矢ミキ、 奥田瑛二といった誰もが主役級の豪華な面々なの で、期待が高まりますね^^. 。oO(カナコは…メイドさんではなくウェイトレスですがそっと…つ🍔 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie そして、もう一人の主人公 オオバカナコ役を演じる 玉城ティナさんを起用した理由について、監督の 蜷川実花さんは「ティナとなら心中できる」と話していたそうで、プロデューサーを自ら説得したそうですよ。 そこまで言わせた 玉城ティナさんの演技も期待できそうですね^^ ダイナーDiner【映画】の評判は? 映画『Diner ダイナー』 主演させていただきます。 監督は、蜷川実花さん。 ようやく、ご一緒できました。 乞うご期待です。 派手な映画なのは勿論なんだけど、それ以上にセリフが痺れます。 最初から最後までずっと面白いです。 本物のインスタ映えと飯テロを見せてやるぜと言わんばかりに画面に狂い咲く蜷川実花ワールド。 ダイナー観たけど予告とはちょっと違う内容ぽかった。 とりあえずめっちゃ豪華キャストで出てくる人みんなかっこよくてキュンキュンの嵐であのダイナーに結婚式場を建てたくなった。 もう一回観たいな。 次の展開どうなるの?!っていうハラハラするストーリーでめちゃめちゃ翻弄されました。 とにかく映像が美しい…。 ダイナー めちゃくちゃかっこいい!ずっと室内で繰り広げられてるんだけどダイナーの内装も飾られてる花も食材も素敵だった。 蜷川実花ワールドの美しさ、さすがでした!!それぞれのキャラクターも美しいかわいいかっこいい。 そして最後は感動して泣けた。 おもしろかったです!! ダイナー、ひたすら玉置ティナかわいいなぁって感じだった。 ボンベロと対峙した時のカナコの表情とか言葉がすごくいい。 スキンがとても素敵です。 あの優しさが堪らんです。 「とてつもなく綺麗だった」 です。 無知を利用していうなら 何杯でもいける そのような感じでしょうか また観たいです。 美しいものしか画面に映ってなくて素晴らしかった。 綺麗なセットがド派手に壊されていくのも最高!!メイキングとか裏側も見たくなる世界観やったな〜。 個人的には菊千代とウェイトレスちゃんたちがお気に入り。 最初の方は、あれ?全然おもろないやん って思ってたけど終盤がバチクソ面白かった。 原作とは全然違うって言ってた。 あと、本郷奏多の演技上手いって感じた。 はじめの方はちょっとやばいのかと思ったけど後半に行くにつれて激しくなっていってとても面白かった!! とにかくスキン様がボンベロ様が、もう皆さまが、かっこよかったからもっかいみたい。 世界観が最高。 ダイナーくっっっっそ面白かったんだけどおおおおおお!!!!!!!スキンまじかっこよかったボンベロもまじやばい 観ててゾクゾクしたし面白かった 1人の女の子が変わっていく様子だったり 殺し屋達の個性強いし見飽きない内容だったそれにしても出演者豪華やった 今ダイナー見てきたけど最高すぎた 普通に泣いてしまったあれは見なきゃ自分的人生損してました、、 蜷川実花さんの世界観といいキャストさんも最高でした…また見たい とにかく美しく面白かったです。 本能極限まで刺激されました…!!!大満足です生きててよかった 原作ファンとしてはちょっと違うと思ったとこもあったけどでも面白かった!! ぜひ観るべき! カナコがアラサーのバツイチではなく孤独な少女という設定の為、ストーリーは大幅に変更。 蜷川監督オリジナルの作品として観るのが良いかと思います。 グロさは控えめで映像も美しく、役者もいいのでオススメは出来るかと。 面白くないという意見 映像作品て冒頭5分でいかに観客の心を掴めるかで決まると思う。 何が言いたいとダイナーくそだった。 近年稀に見るくそさだった。 レンタルだった止めてる。 演出ってのは頭では理解してるんだけど・・・。 映画「ダイナー」の、殺し屋がお互いを跳びながら撃ち合ってるシーンさぁ。 その至近距離で凄腕の殺し屋が銃当てれないって致命的にダメじゃね?って思っちゃうの。 何だかイメージしてた作品と違ってた…原作については全く調べずに観たけど原作もあんな感じなのか、とりあえず小説1巻だけ購入して帰った。 楽しみにしてたダイナー観てきた。 もっと…グロが良かったな…わかってたけど…r15くらいはやっぱり欲しかった 固めに固めて来たなという印象……。 とにかく赤の暴力。 個人的にはなかなかのズッコケ映画だった。 この映画は好き嫌いが分かれる作品かも。 ダイナーの藤原竜也はちょっとモノマネに寄せすぎだろってくらい藤原竜也があまりにも藤原竜也しすぎていて笑える。 ビジュアルに全フリしてるために、極彩色の悪趣味な美が楽しめる作品 ストーリーは無視しておく 出来ればもっと食べ物が見たかった。 ダイナーらしく?ハンバーガー ナイフぶっ刺し ばかりってのはなぁ。 予告で散々観させられた「俺はここの王だ!」がこんなに虚しく感じるとは・・・ 見たけどなんかあれだった ストーリーは勢いもあったからそこを重視する人には合わないかも。 引用:twitter といった意見がありました。 出演者について、 藤原竜也さんと 窪田正孝さんに関しての評価がとにかく高く、その他 出演者全員がビジュアル的にも役柄的にも高評価でした。 男女別で見ると、本編に関して、 女性も男性も高評価 の傾向にありました。 これは、 蜷川実花監督の色彩や映像美や豪華な俳優陣が好きな女性と、激しいアクションが好きな男性の双方が興味を持ったためなのかなと思います。 また、原作を好きな人は基本的には映画化に低評価を示す傾向な気がしますが、映画「 ダイナーDiner」の場合は、 原作が好きな人にも高評価な印象でした。 映画を観た人の意見は、全体的に評価が高い傾向でしたが、 蜷川実花さんの世界観が苦手な人やストーリー重視の人は低評価という印象でした。 また、 映像美やキャストに関して高評価が多いのに対して、 ストーリーは低評価が多かったです。 気になる方はぜひ映画「 ダイナーDiner」を観てみてくださいね^^ 映画を観る前に予習として、また、観た後に原作と比べて楽しむのに、 原作や漫画もオススメですよ。 いつか竜也と一緒に仕事をするなら、大きな作品で魂をかけた仕事をしたいと思っていました。 この作品のお話をいただいた時これだと確信しました。 (続く)」 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie 三作目、初めての男性主演、藤原竜也くんと一緒に出来るなんて運命を感じます。 いつか竜也と一緒に仕事をするなら、大きな作品で魂をかけた仕事をしたいと思っていました。 この作品のお話をいただいた時これだと確信しました。 竜也はさすがです。 圧倒的な安心感と新しい驚きを同時に与えてくれます。 まだ誰も見たことがない、新しいエンターテイメント作品が出来ると日々実感しています。 気合い入れて頑張ります! 引用:映画ナタリー とコメントしています。 実花さんは不思議な魅力をもっている監督さんです。 全てをさらけ出し監督と対峙して1カット1カット作り上げております。 僕の中でも異質な映画であり、キャラクターも独特なので、模索しながら、役に向き合っています。 料理については、中々難しいですが、上手く監督が撮ってくれれば嬉しいです(笑)。 代表作の1本になるよう、スタッフと一緒に乗り切りたいと思います。 引用:映画ナタリー と語っていました。 いつでも体当たりの演技をするイメージのある 藤原竜也さん。 主人公 ボンペロは、 藤原竜也さんにピッタリの役だと思うし、正直言ってとても安心感があります。 まさか自分の小説を原作に蜷川実花さんが監督をし、藤原竜也さんが主演してくださるとは未だに信じられない。 まさか自分の小説を原作に蜷川実花さんが監督をし、藤原竜也さんが主演してくださるとは未だに信じられない。 これは同時に蜷川幸雄先生の愛娘、愛弟子による真剣勝負の舞台に本作が選ばれたことも意味しているのだ。 ヤングジャンプで連載中のコミック版もそうだが、私は「原作原理主義者」ではない。 それぞれがそれぞれの舞台で最高のものを提供することが使命と考え、その為の改変は大いに望むところだ。 蜷川版「ダイナー」が、どんな心の料理を出してくれるのか、今から待ちきれずにいる。 引用:映画ナタリー とコメント。 原作者の方は、実写映画化するにあたって、ストーリーやキャラクターが変わったりすることが多いため我関せずの人が多い印象ですが、コメントから 平山夢明さんがとても嬉しそうなのが伝わってきます。 原作者が後押しする映画は面白くなる傾向にあるので楽しみですね^^ 映画「 ダイナーDiner」は、 平山夢明さんの異質な原作小説を、独特の感性の 蜷川実花監督が作り上げ、激しい演技の 藤原竜也さんをはじめとする豪華な出演者が演じる極上のエンターテイメント作品です。 主人公ボンペロを演じる 藤原竜也さんや、オオバカナコを演じる 玉城ティナさんだけでなく、出演者全員の評価が高く、 蜷川実花さんの世界観の評価がとても高いので、演出や演技に関して何の心配もなく安心して見ることができそうです^^ ストーリーに関しては、低評価の意見が多かったですが、勢いに押されて楽しめるという意見も多かったので、見に行って損は無いと思います。 蜷川実花さんのカラフルで極彩色豊かなデザインの世界観やキャラクター、独特のミステリアスな雰囲気と激しいアクションを、ぜひ劇場で楽しんでみてください。 映画「 ダイナーDiner」は、 2019年7月5日(金)から絶賛公開中です。

次の

映画「Diner(ダイナー)」無料でフル動画を見る!玉城ティナが可愛すぎ!|インドアイロハ

ダイナー ティナ

元殺し屋ですが、天才的な料理の腕を持っており、お客さんの好みを覚えていて、完璧な料理を提供していきます。 しかし、お客さんは殺し屋なので、気性が激しく、殺すか、殺されるかの日々 オオバカナコは、ほんの出来心で怪しいサイトのバイトに手を出し、一瞬で普通の生活から転落、ボンベロに買われて、キャンティーンのウェイトレスになります。 ダイナーで、店主のボンベロに出会い、「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。 皿の置き方一つで消されることもある」の言葉通り、次々と凶悪な殺し屋たちが現れます。 キャンティーンに訪れる殺し屋たちのとの怖いエピソードやボンベロとのやり取り、そして、極限状態の日常に放り込まれてしまったカナコが命を懸けていく衝撃のサスペンスストーリーです。 ダイナーのオオバカナコ役は誰? オオバカナコはどこにでもいるごく普通の一般人、事務用品会社に勤める25歳のOLで、月給14万円、セレブ生活に憧れるも、平凡な日々を過ごしていました。 そして、仕事が長続きせず、自堕落な生活を送っていた。 ある日、ネットを見ていたら、高額なアルバイト募集を目にします。 その仕事とは、なんと運転するだけで1日30万円もらえるというもの。 普通は怪しんで応募しないわけですが、カナコはこれに応募してしまいます。 そして、その瞬間から、彼女の悪夢は始まります。 1日30万円の雇い主はある事件を起こし、組織に捕まり、カナコも同様に捕まってしまいます。 捕まった後、壮絶な拷問があり、人身売買にかけられます。 そして、カナコは、ボンベロがシェフをしているキャンティーンのオーナー・コフィに買い取られます。 カナコは働くか死ぬかを選ぶしかない状態となり、キャンティーンで働くこととなります。 キャンティーンでの仕事は、普通のウェイトレスとは少し違い、あくまでボンベロの命令に従うだけで自分の考えや意見を言うことは許されません。 お客さんは殺し屋のみなので、お客さんに殺される可能性もあるというわけです。 もし、お客さんに殺されそうになっても、「ボンベロは助けない」という約束となっています。 過去にも何人かウェイトレスがいましたが、客に殺されるか、ボンベロに殺されるか、そのどちらかだったと言います。 店内には死体たちがゴロゴロと転がっていた。 カナコの命がけのウェイトレス生活が始まります。 25 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie カナコは、組織に捕まったとき、DDとともに裸にされています。 裸にされるということから、カナコのキャストに注目が集まっていました。 「ダイナー」は蜷川実花監督の作品で、蜷川実花監督のといえば、過去に沢尻エリカさんが過激なシーンをして、話題を集めたこともあり、今回も過激なシーンがあるのではと話題になっています。 カナコ役を演じるのは、女優の玉城ティナさん。 部活着で友達と家の近くを歩いていた時に事務所の社長にスカウトされ、芸能界デビューします。 2012年7月、「ミスiD(アイドル)2013」で「ミスiD2013グランプリ」を受賞し、雑誌「ViVi」2012年10月号から専属モデルとなり、2014年8月号で初の単独表紙を飾りました。 女優としては、ドラマデビューは、2014年1月スタートの「ダークシステム 恋の王座決定戦」で、映画デビューは、2015年6月27日公開の「天の茶助」でした。 「ViVi」の専属モデルは、2018年で卒業し、2019年2月号のviviで専属モデルとして最後の表紙を飾りました。 玉城ティナさんは、グリコや資生堂、リクナビNEXTなどのCMにも出演しています。 玉城ティナさんのCM動画を集めて見ました。 ・オフィススイーツ大作戦/グリコDororich(ドロリッチ)のCM.

次の