江戸川レースライブ。 ボートレースライブ配信 江戸川競艇 オールレディース江戸川女王決定戦

【ライブ情報あり】江戸川競艇場の今日のレース予想と特徴!ボートレース前に要チェック

江戸川レースライブ

1 桐生競艇ライブ(群馬県みどり市) 最北端にある桐生競艇(ボートレース桐生)、冬~春にかけて赤城おろしと呼ばれる風が吹くため水面が荒れることも。 地元選手にも着目しよう。 2 戸田競艇ライブ(埼玉県戸田市) 水面の横幅が全国で1番狭い戸田競艇(ボートレース戸田)。 インが弱くセンター勢中心での組み立てがおすすめ。 水質は硬く、モーターの差が出やすい。 3 江戸川競艇(東京都江戸川区) 江戸川競艇(ボートレース江戸川)は淡水と海水が混じり合い、風も吹き水面が荒れるので日本一の難水面と呼ばれています。 走りなれていない選手は選ばない方が吉。 インも弱い。 4 平和島競艇ライブ(東京都大田区) 平和島競艇(ボートレース平和島)は1コースの勝率が非常に低く、6コースの勝率が全国の中で1番高い。 バックストレッチ側での斜行が禁止されているため内側を狙う刺しに要注意。 5 多摩川競艇ライブ(東京都府中市) 多摩川競艇(ボートレース多摩川)の水面は淡水の人工プールで暴風設備も充実しているため、全国一の静水面になっています。 スタート展示は必見で、伸び加減をチェックしましょう。 6 浜名湖競艇ライブ(静岡県湖西市) 浜名湖競艇場の水面は全国で1番広いのでスピード戦が多くなります。 また、レースでは風の影響が大きいので風向き、風の強さに注目です。 7 蒲郡競艇ライブ(愛知県蒲郡市) 蒲郡競艇場は風の影響が少なく静水面。 おまけに1マーク側のバックが広いため全艇が全速で攻めるスピード戦が多い。 インコース有利。 また、すべてナイターレースとなっている。 8 常滑競艇ライブ(愛知県常滑市) 伊勢湾からの向かい風のためスタートが難しくフライングが多い常滑競艇場。 また、海水水面ですが干満差の影響が少ないという特徴があります。 バックストレッチ側が広いのでインコース有利。 9 津競艇ライブ(三重県津市) 風の影響で荒れるレース展開の津競艇場、回収率の高い万舟券狙いならここ。 1ターンマークのホーム側の幅が全国でも2番目に広くセンター、アウト勢の積極的なレース展開も見所。 10 三国競艇ライブ(福井県坂井市) 三国競艇場(ボートレース三国)は水面が広く、オールシーズンでホーム側追い風となる場合が多いため、インコースが有利。 また、夏や冬に吹く強い季節風には要注意。 11 琵琶湖競艇ライブ(滋賀県大津市) 琵琶湖競艇場(ボートレース琵琶湖)は桐生競艇場に次いで高い海抜85mの位置に作られているので気圧が低く、さらには出力の低いモーターのため出足が遅くなります。 そのため助走距離が短いインコースが不利。 風向きが変わりやすい、うねりが発生するなど予想しづらい競艇場です。 12 住之江競艇ライブ(大阪府大阪市住之江区) 住之江競艇場(ボートレース住之江)の水質は淡水のため浮力がなく体重が軽い選手有利。 水面は硬くモーターの差が出やすい。 13 尼崎競艇ライブ(兵庫県尼崎市) 尼崎競艇場(ボートレース尼崎)はインコース勝率が高い。 ただし風の影響が大きい時はアウトコースが優位になるので要注意。 また、1マークから2マークにかけて一直線とインコースが旋回しやすいコースになっている。 14 鳴門競艇ライブ(徳島県鳴門市) 鳴門競艇場の水面は海水で柔らかく浮力があり体重が重い選手が有利。 干満差による影響が強く、満潮時はインコース、干潮時はアウトコースが有利。 基本はインコースが強い競艇場。 15 丸亀競艇ライブ(香川県丸亀市) 丸亀競艇場(ボートレース丸亀)では、向かい風が吹くのが特徴。 スタート勘が取りづらいため地元選手やスタート巧者が有利。 海に面しているため干満差と風の影響も大きいので要チェック。 16 児島競艇ライブ(岡山県倉敷市) 児島競艇場(ボートレース児島)は広い水面を持ち、バックストレッチ側の広さは全国1番となっている。 1コースの強さは全国2番目の競艇場。 セオリー通り1コースを軸にするとよいが、海水を利用しているために予想には潮汐表の確認は絶対。 17 宮島競艇ライブ(広島県廿日市市) 宮島競艇場(ボートレース宮島)は、干満差が大きく風向きも変わるためスタート勘が掴みづらいのが特徴。 高配当となるレースが多い。 18 徳山競艇ライブ(山口県周南市) 徳山競艇(ボートレース徳山)は立地条件から追い風しか吹かないため、インコースがめっぽう強い。 19 下関競艇ライブ(山口県下関市) 下関競艇(ボートレース下関)は瀬戸内海に面しておりほぼ静水面。 高潮時には1マーク側からうねりが発生するのでさらにインコース有利。 1コース勝率は全国上位だが2~4コースの勝率や連対率にはそれほど差が見られない。 20 若松競艇ライブ(福岡県北九州市若松区) 若松競艇場(ボートレース若松)は湾内に作られているために風の影響が大きく干満差も大きい。 風の強い日はインコースに有利な追い風も、風速が強すぎて勝率が下がる。 21 芦屋競艇ライブ(福岡県遠賀郡芦屋町) 芦屋競艇(ボートレース芦屋)のコースは癖のないレイアウトで全国2位のインコースの強さ。 ただしこれはサンライズレースと呼ばれる1号艇にA1レーサーを配置して予想難易度を意図的に落としているレースが開催されるため。 通常レースは1号艇の信頼度が落ちるので安易に1号艇を信頼すると痛い目に会うかも。 22 福岡競艇ライブ(福岡県福岡市中央区) 福岡競艇場(ボートレース福岡)は、波、うねりが発生する、風が強いなどクセが強い競艇場です。 そのため非常に予想が難しくなっています。 スロー勢全体の勝率が高い。 23 唐津競艇ライブ(佐賀県唐津市) 唐津競艇場(ボートレース唐津)の水面は広く走り易いため選手の精神状態は安定する。 季節によってインコースの優位性が大きく変わる。 インコースに格上選手を配置したシード番組は初心者におすすめ。 24 大村競艇ライブ(長崎県大村市) 宇宙戦艦ヤマトキャラクターで盛り上がる大村競艇公式サイト。 競艇に必勝法は回収率に注目 パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。 競艇にしても同じことが言えます。 回収率100%を超える買い方 以下の回収率をご覧ください。 一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率 75%• 1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率 85・1%• 回収率100%を超えるには 方法は2つ。 鉄板レースの3連単 1つ目は1-2-3が確実に来そうな 鉄板レースの3連単を買うこと。 1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。 インコースが凹むレースの3連単 もう一つは 万舟券のレースを見極める方法。 それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。 インコース勢が凹むパターンとしては 4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。 先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで 554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。 4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。 結果、3号艇服部選手が犠牲になります。 2号艇もバランスを崩して外に。 5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。 4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。 競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ 実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。 選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。 つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。 こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。 予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。 大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。 以下は私が競艇予想サイト で購入した買い目(見事的中!)です。 徳山競艇 12月17日 (初日)10R 競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

次の

【ボートレースライブ】超絶ターン!激アツ!万バリ!カジュアル舟券

江戸川レースライブ

舟足一変の前沢丈史が選抜戦を勝利! 「G3第29回アサヒビールカップ」は、微風の吹く絶好の水面コンディションにてシリーズの幕が開けた。 なお、昨日の初日から本場レース開催日の入場が再開され、多くのファンで賑わう、活気溢れるボートレース江戸川の日常光景が戻った。 その初日は、1号艇(7勝)+2号艇(3勝)で計「10勝」と内コースが主導権を握った。 静水面での戦いで「捲り」も利く条件ではあったものの、内枠勢がスタートで先手を奪うレースが多く、結果的に「内有利」の流れとなった。 なお、本日の2日目は、緩やかなホーム「向かい風」が終日吹く見込み。 それに対して、潮回りは逆目となる「上げ」基調の一日だが、水面に優しいスタンド側右斜め前方からの「北東風」が吹く予報で、本日も波が出る可能性は低そうだ。 さて、4名の「SGウィナー」が集結して注目された初日メインの「江戸川選抜戦」は、5コースから「全速ターン」で攻めた松田祐季が、旋回中期で振り込み気味になったことで、インの前沢丈史が先マイから押し切って勝利した。 なお、続く2Mも豪快に握り切った松田が、差した坪井康晴(4枠)を振り切って2着。 そして、坪井は2M小回りから浮上した市川哲也(6枠)に競り勝って3着に入線した。 さて、前検日の時点では「(足は)全体にイケてませんね…」と泣きが入っていた前沢だったが、「前回のV戦で感じが良かったチルト0.5度で行ったら、足も体感も凄く良くなった。 上位級あると思いますよ!」と前日とは別人とも思えるコメントで、その表情も実に晴れやかだった。 実際、インで伸びられることなく、握り気味に回った1周1Mもしっかりボートが返ってきた前沢。 よって、初日の舟足をキープできれば、本日の2走(5R2枠&10R5枠)も好勝負は確約だろう!そして、選抜2着の松田は、初戦(昨5R)を「2コース差し」で制して、初日を2連対スタート。 中でも、坪井は「もう少し伸びると思ったけど、回転不足でしたね…」と調整途上を口にしていたが、この先「伸び足」が上向きそうな雰囲気はある。 従って、本日の中外戦(3R3枠&9R5枠)の直前気配には、今一度注目しておきたい。 残る平尾崇典と市川哲也の両者だが、現時点では「伸び系統」が少し劣勢に映った。 なお、早々と本体の整備に着手した市川は、凌げる程度の「回り足」が付いた感じだが、「本体がちょっと弱そうやね…」と漏らした平尾にとって、今後は「調整力」の見せ所となりそうだ。 ちなみに、本日の平尾は、注目のカド&イン戦(7R4枠&12R1枠)の2回乗りだが、前半のカド戦は、お得意の「伸び仕様」で挑む可能性が高く、前記した坪井と同様、レース直前の「展示気配」を注視したいところだ。 また、選抜組以外では、伏兵の池田剛規が「連勝発進」を決めた他、山下流心(2着・2着)が2連対の滑り出し。 握ればいいけど、落とすと掛からない…」と色良いコメントではなかったが、レースを見ている限り、機のパワーは十分に感じられた。 さらに、初日の1回乗りで「1着」だった金子貴志(6R3枠&10R4枠)と三苫晃幸(3R1枠&12R4枠)の2者も、舟足の気配は上々。 「やっぱりエンジン本体が良さそうですね!」と笑顔を見せたのは金子で、相棒の「51号機」は当地の「看板機」らしく、展示航走の時点から力強さが漲っていた。 その他では、寺本重宣&岡部大輝の地元両者も、非力感のあった前検日からパワーアップに成功。 特に「伸びはまだ良くないけど、3パターン目の調整で出足が良くなった」と言う寺本(4R3枠&12R6枠)は、「F持ち」がハンデになるものの、しっかり捌ける状態になっている。 そして、本日注目しておきたい「伏兵」は、酒井陽祐&前田健太郎の2人。 まず、酒井は「出足はいい部類。 そろそろ江戸川の水面を克服したいですね!」と気合十分。 自身は「S力」が持ち味なだけに、本日のスロー枠2走(2R1枠&11R3枠)が予選の勝負処になってくる…。 一方の前田は「もう少し波が出た方がいいな」と言う荒波巧者だが、相棒の「56号機」は機歴通りで力を感じる。 加えて、典型的な「自力タイプ」なだけに、本日のカド&イン戦(1R4枠&6R1枠)は、メイチのS攻勢で「連勝」を狙ってくるはずだ!.

次の

BOATRACE江戸川 GⅢオールレディース 江戸川女王決定戦 KIRIN CUP|トップページ

江戸川レースライブ

ボートレース場• 関東地区• 東海地区• 近畿地区• 四国地区• 中国地区• 九州地区• ボートレースチケットショップ• 北海道・東北地区• 関東甲信越地区• 北陸地区• 東海地区• 近畿地区• 中国地区• 四国地区• 九州・沖縄地区•

次の