霹靂 意味は。 「青天の霹靂」の意味は?使い方・類語を解説 | 言葉手帳

「青天の霹靂」を英語で言うと?霹靂の由来は?

霹靂 意味は

注目すべきなのは「 青天の霹靂」をかなりいい意味で使っていることです。 長い間眠っていた龍が、突如として立ち昇り雷を轟かす、よく映画や漫画にある「 閃いた!」に近いです。 これと同じニュアンスの言葉は インスピレーション 直感、第六感 があげられます。 現在は何かショッキングな出来事に対して使われる言葉ですが、元を正せば 素晴らしい芸術を閃いた時の喜びを意味しているのは中々面白いですよね。 ここで代表的な類語とその違いを説明していきます。 似た意味の言葉は多いですが微妙に意味が違います。 「空前絶後」 読んで字のごとく、後に先にもありえない、もしくは珍しいこと。 「青天の霹靂」のように突然沸き起こる、という意味は含まれてないのが注意点です。 「驚天動地」 天を驚かして地を動かす。 それほど世の中を騒がせることを意味します。 これも「空前絶後」と同じで急に起きた出来事を表しません。 「未曾有」 サンスクリット語を語源とする言葉で、本来は奇跡を意味します。 これが仏教経由で漢訳され日本に入ってきました。 しかし、いつの頃か 「未曾有の大災害」など悪い意味に転じています。 「空前絶後」に近いニュアンスです。 「寝耳に水」 寝ている時に耳に水が入るような、不意の出来事に驚くこと。 恐らく現在使われている「青天の霹靂」の意味と一番似ていると思います。 ただし、言葉のスケールは段違いに小さいでしょう。

次の

「青天の霹靂」とは?意味や使い方を由来を含めてご紹介

霹靂 意味は

「晴天の霹靂」は誤用なので注意 まれに「【青】天の霹靂」を「【晴】天の霹靂」と表現する人がいます。 確かに意味的な部分を考えると、「【青】天」を「【晴】天」としたいところなのですが、「【晴】天の霹靂」は誤用表現になるので注意しましょう。 もし間違えて覚えている人がいるならば、あなたが大事なシチュエーションで恥をかかないよう、この機会にぜひ「【青】天の霹靂」で覚えてください。 「青天の霹靂」の基本的な使い方(文例) 具体的な文例についても見てみましょう。 「青天の霹靂」を用いた具体的な文例• 今回の大震災は 「青天の霹靂」であった。 (ネガティブな意味)• A社からの提携の誘いは、わが社にとって 「青天の霹靂」であった。 (ポジティブな意味)• 今回の大阪支店長への異動は、私にとってまさに 「青天の霹靂」の出来事であった。 (ポジティブな意味)• 脇役として生きていくことを決めていた私にとって、今回の主役のオファーは 「青天の霹靂」のようなものだ。 (ポジティブな意味) このように「青天の霹靂」は、突然の出来事(や事件)に驚いた様子を表す際に用いられる言葉です。 出来事や事件の内容は、ポジティブなものネガティブなもの、どちらにも用いられています。 「青天の霹靂」の同義語・類義語 「青天の霹靂」に似た表現には「突然の出来事(や事件)に驚く」や「突然の出来事(や事件)にびっくりする」、「予想外の出来事」、「寝耳に水」などといった言葉があります。 「青天の霹靂」の同義語・類義語• 「突然の出来事(や事件)に驚く」• 「突然の出来事(や事件)にびっくりする」• 「予想外の出来事」• 「寝耳に水」 ビジネスパーソンとしては、スピーチやコメントを求められた際に単に「驚いた」「びっくりした」と表現するよりも、 「青天の霹靂」という言葉を用いたほうが知的な感じがしますね。 いずれにせよ、「青天の霹靂」という言葉はビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。 また、くれぐれも「【晴】天の霹靂」と表現しないよう注意してください。 以上、「青天の霹靂」の意味と使い方についての説明でした。 参考になれば幸いです。

次の

「青天の霹靂」を英語で言うと?霹靂の由来は?

霹靂 意味は

読み方: 別表記:、晴天の霹靂、、、、 生じてに人をようなな、という意味で用いられる。 なくとして、人を(あるいはを)させるような、、あるいはを受けた際ののこと。 青天の霹靂の「」は青く渡った空のことであり、「」はのことである。 すなわち、としてが生じるというが、突然のに驚くのに用いられている。 を耳にしたときなどに「青天の霹靂だ」というを用いる。 としては、もしていなかったが起こることを意味する「根耳に」が挙げられる。 「」を「」にて「晴天の霹靂」とするが用いられるもある。 「」も「」も、ともにやにはない。 ただし、は「晴天の霹靂」のは・語・の類とが多い。 「青天の霹靂」はであり、()の・が詠んだ「放翁病過秋、忽起作醉墨。 正如久、飛」というをとする。 としてに扱う、という、「」が、「」はである、としうる。 ただしのにおいて必ずしも「青天の霹靂」が「晴天の霹靂」はとされているか、。 青くた空に突然起こる。 空がだんだんに曇って、今に降るかとしていても、のはのを容易に動かない。 いし間のをあたえて、それからポツポツて来るというで、昔のような不意撃ちをない。 などはである。 (『むかし』(、(• するや大。 の奇答に ( )としていただったので、と熊城にとると、それがまさに だった。 知るはずのないあのを、この人のみはどうしての。 (『』) 由来• の「夜雞未鳴起作(鳴かず起きて)」中の句「放翁病過秋 忽起作醉墨 正如久 飛」による。 「」は、。 青くた空に、突然が出すこと。 から、「」であり「 晴」はとする、の類は多いが、もともと、「」も「」も「青くた空」を意味する近音(はる)のであり、のから元末にした禅書「続」などには、「」「」のが、、「」をとし。 「」においても、「」のにおいて、「晴天の霹靂」をしている。 英語:• : 청천벽력• : kirkkaalta taivaalta• : grom z jasnego nieba• : imprevisto• : senin•

次の