筋肉 書き方。 上半身の筋肉の描き方!主要な筋肉だけを覚えよう!

男性の下半身の筋肉の描き方講座 〜上半身に続いて下半身もマスター〜|お絵かき講座パルミー

筋肉 書き方

1|基本となる「美人眉毛」の描き方 最初に、基本となる「美人眉毛の描き方」をご紹介します。 「美人眉毛」とは、顔の黄金比バランスに合わせた基本の描き方のことです。 まずは基本をおさえましょう! 美しい眉毛メイクを成功させるためには、メイク前にしっかりと眉毛を整えておくことが大切です。 眉毛の整え方から知りたい方はをご覧ください。 これによって理想的な美人眉毛を作ることができるそうです。 眉毛のゴールデンプロポーションとは 「眉頭・眉山・眉尻」の、正確な位置のことです。 ノーズライン(鼻筋)の延長線上にあることが理想的です。 美しい眉毛メイクを自然に見せるためにも重要なポイントです。 角度を耳の付け根に向けて下ろすよう描くことで、綺麗な眉尻を演出します。 眉尻の位置は、眉頭よりも下げないことがポイントです。 眉山の位置を決めるうえで大切なことは顔の骨格に合わせることです。 自分の頬骨を触ったときに、一番高さを感じる部分の真上が理想的な眉山の位置とされています。 1-2.女っぷりが上がる!基本となる「美人眉毛」の描き方 どんなシーンでも好印象を与えるゴールデンプロポーションを活かした「美人眉毛」。 今回は、嶋田ちあきメイクアップアカデミー講師である大塚先生監修の元、を用いて仕上げます。 ここから眉毛のゴールデンプロポーションを活かし、「美人眉毛」をつくります。 全体を見て眉毛の形を更にシャープに見せたい時には、を眉毛の下部分にのせて整えましょう。 眉の下部分が整っていると、よりすっきりとした印象になります。 こちらが完成した眉毛です。 眉毛は顔の印象を決める最も大切な部分なので、しっかりと描くことで顔つきも変わったように見えます。 左右をバランスよく描く決め手は、眉毛を描く際に片方ずつ描くのではなく両方同時に少しずつ描くこと。 これによってバランスのとれた左右対称の目元を作ることができるそうです。 また、を使用する際は、量をなるべく少なめに調節しながらのせましょう。 地肌に付かないよう少し浮かせながら毛流れと同じ向きにのせ、スクリューブラシで量や毛並みの調節をすると自然に仕上がります。 1-3.アイブロウアイテムの選び方 今回は、アイブロウパウダーを使用して眉毛を仕上げましたが、アイブロウを描くのには様々なアイテムがあります。 それぞれ長所と選び方のポイントをまとめたので、ぜひアイテム選びの参考にしてみてくださいね。 選ぶ際は、自眉と馴染む描きやすいものがおすすめです。 選ぶ際は、ペンシルと同じく自眉と馴染む描きやすいものを選ぶのが大切です! アイブロウブラシは、柄の長いものの方が安定してより美しい眉毛を描くことができますよ。 を行っている方・自眉の濃さを和らげたい方は、眉マスカラを使うことをおすすめします。 選ぶ際は、髪色や目の色に合わせると自然に仕上がります。 眉頭~眉山までまっすぐ同じ太さかつ、やや平行気味に描くのがポイント。 また、並行眉では眉毛に毛並感をだすことがマストなので、アイブロウパウダーをメインで使用することをおすすめします。 平行になるよう眉下部分をメインに書き足し、眉頭も抜かずに上方向にしっかりめに描きましょう! 2-2.ナチュラル眉の描き方 眉毛は、ふんわりとやわらかく描くことで、やさしくおだやかな印象になります。 ナチュラル眉はその名前通り眉毛を描きすぎないことが大切ですが、眉毛が薄い人や眉毛が濃い人だと自然な眉に仕上げるのも難しいですよね。 ここでは、眉毛の薄い方・眉毛の濃い方が、ナチュラル眉を上手に描くためのポイントをご紹介します。 1本1本眉毛を描き足すイメージで丁寧に描きましょう。 で眉毛の穴を埋めるように輪郭を整えたら、アイブロウパウダーを全体にふわっとのせます。 これによって眉が自然と立体的に仕上がります。 眉尻は軽くすると、ほどよい抜け感がでますよ。 眉マスカラは、髪色よりも1トーン明るいタイプを使用すると眉毛の存在感を薄めることができます。 2-3.黒髪に似合う眉毛の描き方 黒髪は、凛としたシャープな印象を人に与えます。 そのため、眉山をはっきり、しっかり描いてしまうとキツイ印象になってしまうことも。 黒髪の方は、先ほどご紹介したナチュラル眉を意識して描くことがおすすめです。 また、黒髪の方は眉アイテムのカラー選びがとても重要。 黄味でも赤味でもないダークブラウンを選ぶと、黒髪とも相性よく馴染みます。 2-5.顔の形別!眉毛を描くときのポイント 眉毛を描くうえで重要なのは、 眉毛のゴールデンプロポーションを守ること。 どんな顔の形でも、基本的にはゴールデンプロポーションに合わせることで美しい眉毛に仕上がりますが、ここではさらに顔の全体バランスが整って見えるポイントを顔の形別にご紹介します。 顔立ちをしっかりと引き立ててくれます。 下膨れがちの方の場合は、眉山をやや外側に設定すると顔のバランスが整って見えます。 顔の縦長の印象をやわらげ、バランスが整って見えます。 より顔のバランスが整って見えます。 より顔のバランスが整って見えます。 3|「美人眉毛」の整え方 バランスの良い綺麗な「美人眉毛」は、50%が眉毛の下準備で完成するともいわれています。 メイク方法だけでなく、眉毛の整え方もぜひ実践してみてくださいね。 本当にいらないと思う部分を除き、眉毛を整える際は基本的にはさみを使うのがおすすめです。 できるだけスクリューブラシで整えることをおすすめします。 4|苦手な方はプロに相談! 眉毛の形がどうしても自分のイメージ通りにできなかったり、左右のバランスが取れないなどの悩みがある方は、1度プロの手を借りてみてはいかがでしょうか? 現在は、眉毛の描き方や眉毛のお手入れの提案をしてくれる専門のサロンやスクールが存在します。 サロンやスクールの魅力は、専門のプロに相談して自分のなりたいイメージの眉毛を整え方から描き方までしっかりとレクチャーしてくれるところ。 眉毛のお手入れに自信がない方や、自分の眉毛の形に悩みがある方はぜひ1度行ってみることをおすすめします。 今回ご協力をいただきました嶋田ちあきメイクアップアカデミーも、眉のレッスンをはじめとした様々なメイクレッスンを不定期で開催しています。 直接自分で習ってみたい!という方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。 眉毛は、顔全体の印象を決める重要なパーツです。

次の

ローランドが筋肉ムキムキを目指す衝撃的な考え方とは?大暴露してみたw

筋肉 書き方

男性のイラストをより「らしく」見栄え良く描くためにはどうしたらいいのだろう? そんな悩みをお持ちの方は、まずは「男性の身体を理解する!上半身の 筋肉の 描き方講座」をみて、筋肉の構造や実践的な描き方を理解しましょう! 筋肉の場所と各名称を理解する! まずは筋肉の名称を説明していきます。 上から順に、まずは「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」です。 これは首筋の筋肉で、耳の後ろからVの字のように配置しているもので鎖骨に繋がっています。 次に「僧帽筋(そうぼうきん)」です。 肩から背中の中心にかけて配置している筋肉です。 発達するほど首回りが盛り上がり、たくましい印象を与えます。 続いて「三角筋(さんかくきん)」です。 肩の先端に肩パーツのように配置されている筋肉で、発達するとがっしりとした大きく丸い肩となります。 「大胸筋(だいきょうきん)」です。 胸の筋肉です。 発達すればするほど、肥大して厚みが増し盛り上がります。 次は「広背筋(こうはいきん)」です。 背中の中心から腰にかけて配置している筋肉です。 水泳選手等が発達している筋肉で、腕を広げると脇下の部分に前面からでも見えるようになります。 「上腕二頭筋(じょうわんさんとうきん)」と「上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)」です。 腕の筋肉で力こぶを作ったときに盛り上がるのが上腕二頭筋で、腕の後ろあたりに位置する上腕三頭筋は「二の腕」と呼ばれる部分のことです。 次は「前鋸筋(ぜんきょきん)」です。 広背筋と繋がっている筋肉で、腕を上げた時にわずかに見えるものです。 発達している人はポコポコっと盛り上がっているのが見て取れます。 お腹の側面にあるのが「腹斜筋(ふくしゃきん)」です。 お腹の横側の筋肉です。 よく聞く「シックスパック」にあたる「腹直筋(ふくちょくきん)」です。 いわゆる「腹筋」のことです。 シックスパックより下の部分は流すように描くと自然になります。 最後に、お尻部分に位置する「大臀筋(だいでんきん)」があります。 筋肉質な体の描き方のコツ 男性の筋肉の付き方について説明していきます。 筋肉を付ける際に、下のように描き込んでいればそれらしく見えるだろうと思って描くと、ムキムキに見えるかというとそうではありません。 どうすれば筋肉質に見えるかというと、筋肉が発達する箇所にボリュームを付けることが大事です。 例えば、下の写真のように大胸筋を盛り上げ、三角巾や僧帽筋にボリュームを出します。 さらに、上腕二頭筋・上腕三頭筋・広背筋・お腹の横の筋肉も少し付け、ボディラインを大きくします。 下書きを消して、描き込んだだけのもと見比べてみると、これだけでもかなりムキムキな人だとわかると思います。 つまり、筋肉質な体に見せるにはシルエットでメリハリを利かせることが大事だということが覚えておきましょう。 シャープに見せる!カッコいい筋肉のコツ ここではかっこよく見える筋肉やシャープに細マッチョに見える描き方について解説します。 シャープな体を描く上で最も大事なことは、下の写真のように逆三角形のシルエットです。 逆三角形に見えるためには、まず肩周りの筋肉をしっかり付けます。 さらに、腕の筋肉をがっしりと付け、ウエストのラインを細くかつ腰はやや太くなるように描くとシャープに。 細マッチョに見せることができます。 筋肉を描く!各筋肉パーツの描き方のコツ 上半身の正面の筋肉 まずは正面の胴体の筋肉から解説していきます。 1つ目の胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)は、耳の後ろから鎖骨へと繋がっていて、この筋肉を強調するとたくましく、セクシーに見えます。 ただ、後ろ過ぎたり前過ぎたりしないように位置を注意しましょう。 2つ目の肩峰(けんぽう)ですが、肩の付け根から背中側に折り返すように位置しています。 そして、背中側にある肩甲骨へと繋がっています。 肩峰というのは、鎖骨の折り返している部分だと理解すると良いでしょう。 3つ目の大胸筋(だいきょうきん)は、顔と同じ程度の大きさで描くとよいでしょう。 大胸筋を四角く描くのではなく、逆五角形を意識しながら丸みを持たせることを心がけましょう。 また、大胸筋の端は三角筋の下に入り込むように持ち上げます。 加えて、肩の付け根のところで三角筋の境目を描くとそれらしく見えるでしょう。 左右の大胸筋の間に少し隙間をつくることもポイントです。 4つ目の腹直筋(ふくちょくきん)は、四角く割る方が多いのですがこれはあまりオススメできません。 大胸筋の下から逆ハの字のように一番上の腹筋を描きます。 そこから真っすぐ下すようにアタリを取るのですが、2つ目からは一つ一つセパレートさせるようなイメージで描いていきます。 その際は六角形をイメージすると良いでしょう。 最後に「前鋸筋(ぜんきょきん)」「腹斜筋(ふくしゃきん)」です。 前鋸筋は広背筋から出ていますが、やや小さめに描きます。 そして、前鋸筋から腹斜筋が交互に重なるように描いていきます。 この腹斜筋は、腹筋の端に繋がるようなイメージで描くと良いでしょう。 腕の筋肉の構造と描き方 次は腕の筋肉について解説します。 まずは、力こぶです。 力こぶを作った時、上に現れるのが上腕二頭筋、下に現れるのが上腕三頭筋です。 この二つの筋肉の位置が把握できれば、「下腕」の位置が定まります。 下腕の筋肉は、下のように二つに分かれているものと考えると良いでしょう。 上腕と下腕が互い違いに並んでいることも理解しておきましょう。 さらに下腕の筋肉で気をつけるべきことは、肘から手首にかけて尺骨(しゃくこつ)と呼ばれるものがあり、ここには筋肉がつきません。 したがって、ここを境に筋肉を分けるのが良いでしょう。 背中の筋肉の描き方のコツ 続いて、背中の筋肉について解説します。 背中の筋肉で重要なのは、「僧帽筋(そうぼうきん)」「三角筋」「広背筋(こうはいきん)」の三つです。 一番気をつけたいのは広背筋で、背中の面積の大部分を占める筋肉になっています。 腰の真ん中から体の側面を通り体の前に回り込んでいます。 したがって、前面からも見えることになります。 これら三つの筋肉を意識して書いた線画が、下のようになります。 これで背中に十分に筋肉が付いていることが表現できます。 上半身の筋肉の描き方:実践編 筋肉イラストのラフから陰影まで 人物の立ち絵を実際に描きながら筋肉に陰影をつけていきます。 まずは筋肉の無い状態を、下のように描きました。 気をつけるべきことは、必ず肋骨の形を取るということです。 肋骨に被せるようにして、大胸筋を描いていきます。 骨盤の上あたりの腹斜筋が、下のようにポコッと出ているマッチョを見たことがあるかもしれませんが、これはインナーマッスルの大腰筋の発達により腹斜筋が押し出されることによって起こります。 腹筋を描いていきます。 上から六つ以降は流すように、おヘソは下から三段目の腹筋に隣接させるように描きました。 さらに細部を描きラフの完成です。 清書をしていきます。 腹筋はあまりくっきりとは描かずに、陰影を意識してペン入れするのが良いでしょう。 三角筋は、背中の方にも回り込んでいることを忘れないように清書しましょう。 下書きを消すと下のように清書が完成しました。 それでは、陰影をつけていきます。 陰影を付ける際には、筋肉のふくらみや厚みを意識するようにしましょう。 腹筋は、サイドと中心の溝を中心に陰影をつけます。 上腕二頭筋の力こぶの部分や、三角筋、下腕の筋肉の境目、大胸筋と三角筋の境目にも陰影をつけていきます。 前鋸筋(ぜんきょきん)の立体感を出す時は、消しゴムを用いながら消して光を入れると良いでしょう。 ざっと陰影をつけ終えました。 手を挙げたポーズでの筋肉の描き方 最後に、手を挙げた時の筋肉を描きながら解説していきます。 脇の下には様々な筋肉が集まっています。 まず、僧帽筋をつけます。 その際、腕を上げたことによって鎖骨も上がることに注意しましょう。 大胸筋に関しては、腕を上げるとそれに伴って大胸筋の下の部分の厚みが薄くなります。 したがって、線を薄くしたり消したりすると良いでしょう。 上腕三頭筋は、下のように描きます。 桜の花びらのようなイメージで描くと良いでしょう。 いよいよ脇の筋肉ですが、まずは下の写真の薄ピンクで塗ってある「大円筋」です。 大円筋は腕をあげると前から少しだけ見えます。 大円筋の下には「広背筋」があります。 大胸筋の下の端の方から背中の腰中心部へと伸びているように描きます。 そして、上腕三頭筋の横にあるのが「三角筋」です。 肩の前後に覆うように付いているのが特徴です。 残りの筋肉を描いて、ラフが完成しました。 さらに清書をし、陰影をつけると完成です! まとめ 「男性の身体を理解する!上半身の筋肉の描き方講座」はいかがでしたか? パルミーでは上半身に続き「男性の下半身の筋肉の描き方講座」を公開しています。 こちらもぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

脂肪太りと筋肉太りの見分け方と対処法とは?脚痩せはやり方が大事!|簡単な脚やせの方法を紹介するブログ~美脚生活~

筋肉 書き方

マッチョを描くときに重要なのはバランスとシルエットです。 どれだけ筋肉を描き込んでも、 シルエットでマッチョだとわからなければ細マッチョからは脱却できません。 まずは筋肉を意識せず、普段通りにポーズや頭身を決めるための骨組み(アタリ)を描いてみましょう。 筋肉を鍛えると横幅は増えても、縦幅(縦の比率)は一般的な人体とほぼ変わりません。 細身体型でもマッチョでも骨格は変わらないからです。 この骨組みを、筋肉を前提とした骨組み(アタリ)に変えていきます。 まず顎の下から肋骨を丸で大きく囲み、僧帽筋と広背筋のアタリを取ります。 ついでに骨盤も丸で囲んで、アタリにします。 次に頭、肩(三角筋)と股関節を描き込みます。 頭は長方形で、肩や股関節は関節を囲むように円でアタリを取りました。 最後に胸鎖乳突筋と腹筋、腕と脚をイメージした線を描きます。 この時点で手足の太さを決めてしまうと、あとから筋肉を描き込みにくくなったり、筋肉を描く際にポーズに微妙な変更が生じたりするので、いまはポーズと関節の目安だけに留めておきます。 腕や脚は、肩や足の付け根から開き気味に線を下ろすとシルエットがイメージしやすいです。 さらに、この丸や胸筋の大きさを変えるとバランスの調節もできます。 それではアタリに肉を付けていきましょう。 イラストのイメージがきっちりと固まるまではこのくらい簡略化した状態で十分です。 筋肉の名前も大切ですが、鍛え方や構図次第で見える筋肉が変わってくるので、 最初は深く考えずにそれぞれの部位の基本的な形を覚えましょう。 余裕が出てきたら細かい筋肉を調べてみてください。 僧帽筋と広背筋を大きく描くとそれだけでマッチョらしくなります。 僧帽筋は首の後ろから肩・背中につながる筋肉です。 広背筋は背中の筋肉ですが、 鍛えると前からも少し見えるようになります。 また 広背筋が大きいとウエスト部分がくびれているように見えます。 胸板は分厚く描くことでマッチョらしくなる代表的な箇所です。 筋肉で盛り上がった胸板は女性の乳房とは別物ですので、重力を意識し過ぎないようにしましょう。 丸く盛り上がっている場合でも、風船ではなく、 革張りのヘッドレストのようなイメージで描きます。 女性もボディービルダーのように鍛えると乳房が減っていき、男性と同様に胸板が現れますよ。 マッチョを描く際、 腕・脚の関節を細く、メリハリを強調するとボディービルダー風に。 関節を太く、手足を大きくすると格闘家風に見せることができます。 手脚のシルエットを描く際、筋肉がついた手脚はカーブしているように見えますが、これは輪郭の凹凸が非対称だからです。 筋肉質な手脚は輪郭が非対称であることが多いので、 「内側の方が高い位置にふくらみがある」「外側の方は凹凸がない」など、細部まで注意して観察してみましょう。 より細かい部分は筋肉解剖図や理想の筋肉の写真を参考にしながら描きこみます。 テクニックとして、 線を適度に途切れさせたり薄くしたりすると皮膚の柔らかさを演出できます。 バキバキの筋肉は詳細に描き込み、むっちりさせる場合は輪郭の小さな凹凸をなめらかにして内部はあまり描かないようにしましょう。 普通体型(中肉中背)を描き慣れていると、 筋肉で太くなった人体を描くとき、太さに惑わされて長さ(縦の比率)を間違えやすくなります。 そうならないように縦の比率をしっかりと確認しながら描くのコツです。 さらに 筋肉の形は個人差が大きく、状態やポーズによっても変化することを覚えておきましょう。 また、実際の人体は筋肉解剖図のようにすべての筋肉の境界線が見えるわけではありません。 あまり細かくハッキリ描き込み過ぎると人体模型のようになってしまうので、注意が必要です。 解剖図だけでなく、実際のボディービルダーやスポーツ選手、格闘家の写真などを参考に、 描きたい体型に必要な線を取捨選択しましょう。 著・画 山羊ヤマ WEB: 筋肉と獣人と少女が好きなフリーのイラストレーター。 PBWやソーシャルゲームでモンスター・人外・筋肉・男性を中心に描かせていただいております。

次の