東宝 年収。 東宝 年収:877万円

東映の給料年収や手取り、インターンシップや出身大学を解説!

東宝 年収

映画、演劇の製作配給、興行や不動産賃貸を行う会社、それが『東宝株式会社』です。 1932年8月に阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)の小林一三によって、演劇、映画の興行を主たる目的として設立されました。 経営理念として『健全な娯楽を広く大衆に提供すること』を使命として、映画・演劇を中心に、幅広い層の人々に数多くのエンタテインメント作品を提供しています。 最近の動向としては、『アニメ事業室』の新設や、自社音楽レーベルの立ち上げ、自社企画でのアニメ事業の強化、直近では2018年4月に新たな中期経営戦略『TOHO VISION 2021』を策定するなど活発な事業展開をみせています。 このページでは、東宝の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。 東宝の中途採用求人の傾向 現在、東宝は新卒社員の募集を中心に採用活動をおこなっており、中途採用は確認できません。 しかし、過去に中途採用が実施されていますので、転職希望の方は公式ページまたは転職エージェントをこまめにチェックするようにしてください。 東宝本社以外のグループ会社で契約社員や出向社員から採用される場合もありますので、グループ全体での募集も視野に入れることをオススメします。 求人情報の入手方法 東宝の公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、そちらのページから、求人情報を入手することが出来ます。 また、東宝は、転職エージェント経由での募集をかける場合がありますので、その際は、転職エージェントに問い合わせることでも、求人情報を入手することが可能です。 どちらのルートでも、入手出来る情報は一緒ですが、転職エージェントの場合、様々な企業の求人情報を押さえているので、東宝を含めた、複数の企業の求人を見比べてみたいといった時には、まとめて紹介してもらえるので、便利です。 また、一度、転職エージェントに登録しておけば、自分が希望する条件に合う求人が発生するたびに、メールで通知してもらえるので、募集頻度が少ない職種での転職を狙う時には、情報源として活用することをオススメします。 求人情報を入手する際には、転職エージェントは何かと役立つ貴重な存在なので、うまく活用してください。 このページの最後に、東宝などの映画会社に関連した中途採用求人を扱っている代表的な転職エージェントをリストアップしておきます。 東宝の社員の年収・給与制度について 東宝に勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。 東宝の社員年収• 宣伝部 25歳 年収500万円• 宣伝部 28歳 年収430万円• 宣伝部 30歳 年収500万円• 宣伝部 36歳 年収800万円• 宣伝部 40歳 年収900万円• 新規事業部門 係長 30歳 年収600万円• 映像事業部 32歳 年収650万円• 法人営業 24歳 年収500万円• 法人営業 30歳 年収600万円• 財務 36歳 年収400万円• 経理 28歳 年収450万円• 販売・接客・ホールサービス 23歳 年収300万円 東宝の給与体制は、毎月の給与にプラスして年2回の賞与と年1回の昇給からなります。 給与の中には住宅手当2万5000円が含まれており、諸手当として通勤費が支給されます。 昇進以外での大幅な昇給は、例えば、映画のヒットなどで賞与の額が上がったりしますが、インセンティブなどはありません。 総じて、安定して昇給する年功序列型の企業です。 他業種と比較しても給与額は多く、手厚いといった感じです。 社会保険は、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険等が完備され、福利厚生に関しては、社内預金、企業年金、財形貯蓄、住宅資金融資ほか 独身寮の利用や、診療所、保養所、契約旅館制度で各地の施設を利用することができます。 中途採用で入社する時の注意点 中途採用後の給与は、どこの会社でも面接によって決められます。 つまりは交渉次第ということです。 そこで、いかに前職の経歴や実績をアピールするかによって印象が変わってきます。 もし、そういった交渉事が苦手で、お金のことで話をするのは気が引けるということであれば、前述した転職エージェントに交渉を代行してもらってください。 彼らはプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。 何らかの上積みを勝ち取ってくれるケースが多いので、安心して任せてみてください。 東宝の評価制度・教育制度・成長環境について 東宝での仕事はとにかく話題性の高いスケールの大きい仕事が多いため、個人の評価というよりはチームとして一つの仕事を完遂させることを重視しています。 よって個人は絶対的評価かつ指標がないと言えます。 東宝の職場環境は、他の業種に比べても特殊であり、仕事を覚えてきたら個人の裁量で仕事の自由が効くので、達成感や満足感は高くなります。 環境としてもとても働きやすく、法令遵守、人材教育もしっかりしています。 平均勤続年数が長く、社員同士が長年の知り合いといった雰囲気を持っています。 ジョブローテーションを重視しており、同じ部署、職種を長期間行うのではなく、営業、経理、宣伝、映画企画など様々な部署を経験することが出来、様々な観点からの経験値を持った社員が多く、同じ目標に進むことができる環境です。 それとやはり東宝に勤務する方は映画に携われることが好きな人が多く、大きな遣り甲斐に繋がっています。 好きなことを出来ることが長く続けられる1つの条件と言っても良いでしょう。 教育に関しては、東宝は各社員の独自性に任せているところがあり、本人の自覚とヤル気を尊重しています。 例えば管理部門に配属になったとしても、資格を取ることで実力を発揮している人もいれば、本を書いて勉強している人もいます。 企画部でなくても小説を書いている人もいて、表現活動に貪欲で有ればあるほど、とても満足のいく社会生活を送れる環境です。 ワークライフバランスについて 東宝では、働き方改革により過度な残業はワークバランスを見直されるため、上司や同僚、先輩からも残業を強要されることはありません。 会社としてもノー残業デイなど社員の働く環境を常に考えています。 有給や振り替え休日も取りやすく、プライベートの調整はしやすい環境で、月間の平均残業時間は、25. 4時間と他社と比較しても少ない時間数です。 しかし、どこの会社もそうですが、一人前になると、一人で任せられるようになるので、資料作り、企画、運営、人の配置、警備なの全て自分で手配しなければならないので、それだけ大変になり、必然的に遅くまで残ることはあります。 休日に関しては、土曜日、日曜日、国民の祝日および休日、会社創立記念日 11月10日 、労働祭 5月1日 、年末年始など年間休日数119日あります。 ただし劇場部門は別に定められています。 休暇は、年次有給休暇(初年度10日、2年目18日、3年目以降20日)、夏期休暇、結婚休暇、忌引休暇、子女出生休暇、積立休暇制度等があります。 ちなみに、年間の有給休暇消化率は、41. 女性の働きやすさについて ただ映画や演劇が好きという女性ばかりでなく、キャリア志向の女性も多く、女性でも能力のある人はきちんと評価されます。 特に宣伝部では現場を多くの女性が担当しているため、業務への遣り甲斐に続いて非常に居心地の良い環境を作っています。 しかし、管理職に関しては、ポストが少ないため限界はあります。 これは今後の課題と言えるでしょう。 育児支援制度に関しては、産後、育児休暇後の復帰も積極的に行われ、ほとんどの方が復帰しています。 総じて、女性が長く働くことが可能な会社と言えるでしょう。 東宝の転職先としての価値 東宝は芸能界にありながら堅実な経営をしている企業といえます。 コスト管理に厳しく、また映画、演劇の企画も常にお客のことを考えて検討している企業です。 また、社員の特徴として、『東宝愛』を持つ人が多く、それだけに本当に東宝が好きな人や映画に携わっていきたいと思う人が向いている会社だと感じられます。 しかし、東宝は、良い意味でも悪い意味でも縦社会の古い体質を持つ会社ということは否めません。 そういった環境でもやはり映画や演劇が好きという人は生き残っていける環境ですが、キャリアアップや自己で成果を上げたいという人にとっては、少しベクトルが違うかもしれません。 このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、東宝への転職の判断を下すようにしてください。 東宝の中途採用求人を扱っている転職エージェント 最後に、東宝の中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。 プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。 また、転職エージェントは、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。 東宝以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。 東宝の中途採用求人を扱っている転職エージェント• JACは海外移住、海外転職を支援するサービスではありません。 海外勤務、海外駐在などの求人を紹介してもらえます。 年収600万円~2,000万円の方にオススメのサービスです。 【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。 現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。 (年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。 ) 業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。 職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。 なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。 年収1000万越えの案件が揃っています。

次の

東宝の年収は高いのか?低いのか?【実際に働いている社員に聞いてみた】

東宝 年収

株主名 持株数 千株 持株比率 % 阪急阪神ホールディングス株式会社 22807000 12. 06 阪急不動産株式会社 15150000 8. 01 エイチ・ツー・オーリテイリング株式会社 13664000 7. 23 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 5788000 3. 06 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 信託口 5516000 2. 91 株式会社フジ・メディア・ホールディングス 4940000 2. 61 株式会社TBSテレビ 4521000 2. 39 株式会社竹中工務店 2885000 1. 52 株式会社丸井グループ 2578000 1. 36 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(管理信託口・79203) 2000000 1. 05 役員の状況 氏名 役名 職名 所有株式 島谷能成 昭和27年3月5日生 代表取締役取締役社長 映像本部長内部監査室直轄 10. 2 千株 千田諭 昭和24年11月20日生 代表取締役取締役副社長 映像本部統括兼映画興行管掌 20. 1 千株 太古伸幸 昭和40年12月4日生 専務取締役 経営企画担当兼不動産経営管掌兼人事管掌兼総務管掌 10. 1 千株 浦井敏之 昭和32年12月17日生 常務取締役 経理財務担当兼情報システム担当兼特定取締役 32. 7 千株 市川南 昭和41年7月22日生 常務取締役 映像本部映画調整担当兼同映画企画担当兼同映画調整部長 3. 5 千株 石塚泰 昭和30年7月15日生 取締役 人事担当兼総務担当 7. 7 千株 山下誠 昭和31年5月4日生 取締役 不動産経営担当 8. 3 千株 瀬田一彦 昭和34年10月25日生 取締役 3. 3 千株 池田篤郎 昭和35年3月10日生 取締役 演劇担当 3. 2 千株 大田圭二 昭和40年9月7日生 取締役 映像本部映像事業担当兼同映像事業部長 3. 8 千株 松岡宏泰 昭和41年4月18日生 取締役 映像本部映画営業担当兼同国際担当兼西日本映画営業担当 10. 0 千株 池田隆之 昭和38年4月2日生 取締役 映像本部宣伝担当 1. 4 千株 枇榔浩史 昭和40年12月1日生 取締役 人事担当補佐兼人事部長 1. 6 千株 沖本友保 昭和31年12月16日生 取締役監査等委員 常勤 特定監査等委員 7. 7 千株 島田達也 昭和27年7月30日生 取締役監査等委員 常勤 6. 0 千株 角和夫 昭和24年4月19日生 取締役監査等委員 12.

次の

東宝の平均年収・給料 900.1万円|【年収ハッカー】

東宝 年収

年 従業員数 平均年齢 勤続年数 年収 2018年 385人 39. 4歳 15. 8年 874万3415円 2017年 353人 39. 2歳 16. 0年 900万1149円 2016年 360人 39. 2歳 16. 0年 890万9152円 2015年 363人 39. 1歳 16. 0年 877万5142円 2014年 378人 38. 9歳 15. 8年 874万2739円 2013年 379人 39. 0歳 16. 0年 870万5301円 2012年 377人 39. 1歳 16. 0年 871万2242円 2011年 388人 39. 2歳 16. 4年 861万2748円 2010年 368人 39. 0歳 16. 2年 841万7419円 2009年 343人 39. 4歳 15. 9年 837万9717円 東宝の年収偏差値 3000社以上の上場企業における東宝の年収偏差値を算出いたしました。 このデータによって、東宝の年収が上場企業内、業界内、都道府県内においてどれほどの位置にあるのか相対的な状況を知ることができます。 都道府県別での 年収偏差値 62. 6 1895社中 東宝の年収偏差値は65. 7でした。 平均よりもかなり良い収入状況です。 偏差値60以上は全体の16%程度。 上位2割に相当する優良企業といえます。 全国を対象とする上場企業全体の年収偏差値よりも、業種内や都道府県別の年収偏差値に注目した方が良いケースもあります。 全企業を含めてしまうとコンサル系や銀行業など高収入体質の業界も含めて対比することになり、その企業の実態を把握しにくくなるためです。 サービス業や小売り系は総じて低収入だったり、東京や大阪には年収2000万円に近い企業があったりと企業を取り巻く状況は様々であることを加味して判断すると適切な企業状況を知ることができます。 東宝の全上場企業中の年収ランキング 3000社以上ある上場企業の中での東宝のデータを上場企業別・業種別・都道府県別にランク付けしました。 東宝の平均年収 874万3415円、生涯年収 3億3254万3960円のランキングは以下の結果となりました。 年齢 月額給与 給与 年間 ボーナス 年間 年収 30歳 45万9959円 551万9513円 122万5317円 674万4831円 31歳 47万4685円 569万6231円 129万7275円 699万3507円 32歳 48万9412円 587万2949円 136万9232円 724万2183円 33歳 50万2879円 603万4556円 143万3921円 746万8477円 34歳 51万4457円 617万3492円 148万7708円 766万1200円 35歳 52万6035円 631万2428円 154万1495円 785万3924円 36歳 53万7613円 645万1364円 159万5283円 804万6647円 37歳 54万9191円 659万301円 164万9070円 823万9371円 38歳 56万1082円 673万2986円 170万8389円 844万1375円 39歳 57万3441円 688万1295円 177万6005円 865万7303円 40歳 58万5800円 702万9605円 184万3623円 887万3228円 41歳 59万8159円 717万7915円 191万1239円 908万9156円 42歳 61万518円 732万6225円 197万8857円 930万5082円 43歳 62万3408円 748万901円 204万7233円 952万8134円 44歳 63万6828円 764万1942円 211万6370円 975万8312円 45歳 65万248円 780万2985円 218万5506円 998万8491円 46歳 66万3668円 796万4026円 225万4643円 1021万8669円 47歳 67万7089円 812万5068円 232万3779円 1044万8847円 48歳 68万9589円 827万5072円 239万8275円 1067万3347円 49歳 70万1476円 841万7718円 247万6342円 1089万4060円 50歳 71万3363円 856万363円 255万4409円 1111万4773円 51歳 72万5250円 870万3009円 263万2477円 1133万5486円 52歳 73万7137円 884万5655円 271万544円 1155万6199円 53歳 74万2770円 891万3251円 273万4394円 1164万7646円 54歳 74万4234円 893万815円 272万2100円 1165万2915円 55歳 74万5698円 894万8379円 270万9805円 1165万8184円 56歳 74万7161円 896万5943円 269万7510円 1166万3454円 57歳 74万8625円 898万3506円 268万5216円 1166万8723円 58歳 70万1179円 841万4151円 242万6902円 1084万1054円 59歳 64万1505円 769万8066円 210万7085円 980万5151円 生涯賃金・生涯年収:3億3254万3960円 30歳から55歳の年収推移を今一度確認してみましょう。 30歳の年収は674万4831円 35歳の年収は785万3924円 40歳の年収は887万3228円 45歳の年収は998万8491円 50歳の年収は1111万4773円 55歳の年収は1165万8184円 30歳から順調に伸びて50代前半で最高年収に達した後は定年に向けてゆるやかに減少していきます。

次の