青楼 オペラ ネタバレ 50。 【青楼オペラ】6巻ネタバレ感想 惣右助の真心と紫の恋心・7巻発売日予想

漫画「【完結】青楼オペラ」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

青楼 オペラ ネタバレ 50

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク ピーチガールNEXT50話のネタバレ 消えたさえを訪ねて 「すみません、この人見たことありませんか…?」 さえを探しに糸間島までやってきたももは島民にさえの写真を見せて、もしさえを見かけたら連絡がほしいと1人1人尋ねていきます。 すると…尋ねた内の1人がさえを見かけたと言います。 この島の 看板犬・さしにゃんと一緒に海岸にいるさえ…相変わらず元気もなくかなり落ち込んでいる様子…。 そして、さえを見かけた男の人に連れられてももはさえの元へ向かいます。 「やっと見つけた!!」 ももに声をかけられたさえはももの姿を見ると顔が青ざめます…。 ももから、あの日海結と何があったのか聞かれ、話す様に説得されると、あの日起きた出来事について話し始めます。 「…海結はまだ赤ちゃんなのに…きれいでまっさらなのに…私が汚しちゃった…。 最低だ…とーじの大切な宝物を。 」 そして 死ねばよかったのは自分自身だと下を向いて呟くさえ…。 さえの話を聞いたももは、さえに帰ろうと言います。 海結は今まで新しいことを覚えるたびにさえに褒められてきたのに、あの日さえに急に大声出されてビックリしたのです。 海結には初めのこと… ショックで混乱してしまったと考えるもも。 「帰って海結ちゃんは悪くないって言ってあげて!」 ももの提案には 怖いから無理だとのらないさえ。 さえはさえなりに海結のことを考えています。 「もし会って、海結に拒絶されたらもう私立ち直れない。 」 そううなだれるさえを見て、これ以上は何も言わないもも…。 帰る代わりに気晴らしをしようとさえの手を引きます。 海結が喋らなくなった理由 「こんにちは。 ダイビングのツアーお願いできますか?」 ダイビング未経験のさえはあまり乗り気ではなさそうですが、こんなにキレイな海があるのに潜らないのはもったいないと強引にさえを誘うもも。 スタッフも ここの海に潜れば人生観が変わると太鼓判です。 するとさえは看板犬・さにしゃんと一緒にダイビングツアーへ行くと言います。 さにしゃんは船上でもさえにべったりです。 そんな様子を見ていたももが口を開きます。 「正直さ、ここに来るまであんたが海結ちゃんのことでそこまで心を痛めてると思わなかった。 でも、あんたとさにしゃん見てたらわかるわ。 」 さえは本当に海結を大切にしていたのです。 きっとそれは海結も同じで 、海結もさえのことが大好きだったからこそショックを受けたのかもしれないと考えるもも。 「ああ…そうか…そうだよ!さえ、海結ちゃんが喋らなくなったのは怒られたからじゃない。 あんたがいなくなったからよ!さえが帰ってこないから喋らないのよ!」 さえが帰ったらきっと海結の言葉も戻る。 いなくなって言葉を失うくらい海結にとってさえは大事な存在だったのです。 「帰ろうさえ。 あんたの家に。 」 人生観の変わる海 帰る前にダイビングを初体験するさえ。 乗り気じゃなかった海も入ってしまえば海のキレイさに心が洗われます。 「すごい…なんて綺麗。 知らなかった、こんな世界。 」 あまりにもキレイな海の中を見てさえが1番に浮かんだのは海結のことでした。 ここに来てから海結のことばかり考えています。 とーじより思い出すのは海結のことばかり…。 「すごいよ海結…海結にも見せてあげたい。 海結に会いたい。 会いたいよ。 帰りたい。 」 糸間島にいるさえは知りませんが、この時 海結もさえを求めて部屋の高いところによじ登りさえを探していたのです。 そして、楽しかったダイビングもお終いにしようと海面に上がった時…ももたちの乗ってきた船が荒れた海によって流されてしまっていたのです…。 どんどん天候も荒れ、船もスタッフも見えなくなり焦るさえ…。 「どうしようももちゃん。 これって遭難だよね?ねぇ!私たちどうなっちゃうの!?」 そして同じ時…ももたちを待つとーじの家には操が訪れていました。 カイリはカイリで急にお皿が割れたことで何かを察した様子…。 された事を思い返せばさえにヒドイ言葉の1つでも…なんて思っちゃう私ですが、ももは本当に優しいですよね~。 さえの話を頑なに否定はしないんですから。 一方で操がとーじの元を訪れていましたね。 今さらとーじに何を言う気なんでしょうか…?そもそもカイリとももが上手くいかなくなった理由は操なのに…。

次の

青楼オペラ【最終回】ネタバレ!幸せそうな二人…娘にデレデレの惣右助もかわいい│シロカミエンタ

青楼 オペラ ネタバレ 50

漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ちなみに1301話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これからはじめの一歩 のネタバレを含む内容をご紹介します。 はじめの一歩【第1302話】は読めませんが、 U-NEXTで今すぐに週刊少年マガジンの2020年28号が無料で読めます。 *はじめの一歩が電子書籍で配信をしていないため。 はじめの一歩【第1302話】のネタバレ 前回のあらすじ 千堂とゴンザレスの戦いを見ていた観客の熱狂が最高潮に達し、ララパルーザが起きる。 地鳴りに続き、千堂とゴンザレスの名を叫ぶ観客たち。 その熱狂に当てられるように激しさを増す試合。 リング中央で足を止めて殴り合う千堂とゴンザレス。 どれだけ殴られようとも果敢に立ち向かう千堂の姿は、正しく勇敢と言える。 その光景をモニターで見ていたリカルドたち。 勇敢とはメキシコでは「マチスモ」という。 その言葉はメキシカンとって最も重要な言葉。 それを体現する千堂を見て、絶対王者のリカルドまでもが熱にあてられる。 一方で試合は終始、ゴンザレスが優勢。 地力の差は歴然であり、誰もが千堂の敗北を感じ取る。 しかし、一歩には死力を尽くして戦う千堂が、躍動しているように見えた。 同時に自らもかつては同じように戦っていたと思い出し、羨ましいと思ってしまう。 このような中、遂に千堂のスマッシュがゴンザレスの腹部に命中するのだった。 【恋人・リサの想い】 千堂とゴンザレスの熾烈な戦いが続く中、ゴンザレスの恋人、リサは試合中継を観ていなかった。 そこへゴンザレスを慕う子供たちが一緒に応援しようと呼びにくる。 だが、リサはやんわりとだが明確に拒否する。 リサは 毎回ゴンザレスの試合を観ない。 心配するが故の行動であり、子供たちはゴンザレスが絶対勝つと励ます。 それだけゴンザレスを信頼している子供たち。 子供たちはゴンザレスと同じストリートチルドレンだったが、ゴンザレスが引き取りボクシングを教えている。 それはかつて ゴンザレスがリカルドにして貰ったこと。 ゴンザレスは、恩返ししたくてリカルドと戦うことに固執している。 しかし、既に 2度も本気で戦っており、恩返しは済んでいると思うリサ。 【リカルドを忘れるゴンザレス】 同時刻、会場内は静まり返っていた。 観客たちもララパルーザの代償に声も出ない。 一方で千堂は、 疲労とダメージで満身創痍。 対してゴンザレスも千堂よりはマシだが、 3Rの最後に食らった腹部へのスマッシュが効いている。 そんな中、ゴンザレスのセコンドが戦意をあげようとリカルドの名を出す。 この試合の勝者とリカルドが戦うことは決定している。 なのだが、ゴンザレスは リカルドのことなど一切忘れていた。 それほど 千堂との戦いが楽しかった。 【被弾覚悟のゴンザレス】 インターバルが終わり、4R目の開始を告げるゴングが鳴り響く。 千堂が自らの膝を軽く叩いて立ち上がる中、ゴンザレスも同様に立ち上がる。 そして示し合わせたように両者が飛び出す。 まるで約束されていたかのように リング中央で足を止めて拳を交わす千堂とゴンザレス。 観客たちもそれに応えようと地鳴りとコールで応援する。 4R目はこれまでと違い、千堂の拳がゴンザレスを捉える。 これまでの安全地帯が無くなったと知ったゴンザレスが、 更に踏み込んだことによる被弾。 しかし、 逆に言えばゴンザレスには長引かせる気はないということ。 ゴンザレスの変化を見た一歩は 「決着をつけに来ている」と感じ取る。 一歩が感じたとおり、ゴンザレスが咆哮をあげながら強烈なパンチを繰り出す。 その拳を 顔面に食らって吹き飛ぶ千堂だった。 漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2020年28号もそうですが好きな漫画を1巻分電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 好きな漫画を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! はじめの一歩【第1302話】の感想と考察 愛する者を心配するからこそ試合が観れないリサは、正しく久美と同じですね。 久美も一歩を心配するが故に試合を殆ど観戦しませんでしたし、今もボクシング復帰に否定的です。 彼女たちの想いを知っていて尚、戦うことをやめない男たち。 ゴンザレスへリサの想いが届くのか、そして反対に千堂が敗北してしまうのか、次回も楽しみです! 次回のはじめの一歩【第1303話】掲載の週刊少年マガジン発売日は6月17日になります! まとめ 以上、はじめの一歩【第1302話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

青楼オペラ2巻ネタバレと感想。最新刊を無料で読む。

青楼 オペラ ネタバレ 50

青楼オペラ2巻 ネタバレ 真っ先に疑われたのは同じ日に新造出しをした紫でした。 しかし、朱音は「紫ちゃんではありんせん!」と仲間である紫をかばい、これ以上の犯人探しをしないよう頼みました。 騒ぎが収まると、利一は朱音にある話をしました。 「私は近江屋惣右助殿とある取引をしました」と利一。 その取引とは、惣右助がある女郎を探しているのを手伝うというものでした。 これまで1人で探してきたけれど、朱音を敵娼にすると決めたため他の見世に出入りするのが難しくなってしまった惣右助。 利一は代わりに女郎の情報を集めることになりました。 「お嬢にもそれができる立場でいてもらうためには、どんな支援もいとわないと」と告げる利一。 新造出しで自分を助けてくれた惣右助・・・。 しかし、それは自分を好いてのことでなかったと理解した朱音は1人涙を流しました・・・。 後日、店に惣右助がやってきました。 名代として相手をすることになった朱音。 惣右助は「お前帯を切ったやつを捜すなと言ったそうだな」と尋ねました。 理由を聞かれ、自分がねたまれて当然だと答える朱音。 それに犯人が見つかれば折檻では済まないかもと考えての行動でした。 朱音の考えに「さすがお武家のお姫様ですな」と微笑む惣右助。 そんな惣右助に、つい顔が赤くなってしまう朱音。 別の日、今度は三橋という客の名代として相手をすることになった朱音。 三橋は他の見世で振袖新造に手を出したと噂がある男性です! 利一は朱音の危険を感じ、惣右助を呼びました。 雨の中、びしょ濡れで登場した惣右助。 他人の座敷に勝手に上がり込み、お咎めを受けると思いきや、なんと2人は知り合いでした!? 利一の気遣いで事無きを得た朱音。 利一は朱音に「お嬢の肌に誰の指一本触れさせるものか」と告げました。 物陰から2人のやりとりを聞いていた紫・・・。 毎月27日は、吉原の髪洗いの日。 洗髪をすませると、紫が朱音に告げました。 「わっちは朱音ちゃんとも対等だとは思っておりんせん。 傷があってもいい男じゃ」と、顔に傷のある利一の事をほのめかし、 「わっちの口が滑らないようせいぜい励む事じゃ」と紫。 これまで仲間だと思っていた紫が、自分をよく思っていないような口ぶりにショックを受けると同時に、利一とのことがバレてしまい焦る朱音・・・。 その後、使いから見世へと戻る道中、惣右助と逢った朱音。 どうやら自分の家を襲った賊の情報を得ようと、三橋との名代に忙しくしていた朱音を惣右助は待ち伏せていたようです。 「・・やっと会えた」と惣右助。 朱音はそっけない態度を取ってしまいますが、すると、2人の侍がやってきました。 惣右助に対し悪態をつく侍。 どうやら依然からの知り合いのようです。 「実の姉を売った金で食う飯は美味かったか?」と尋ねる侍。 朱音は喧嘩にならないよう、間に入って気分が悪いふりをしました。 怒りが収まらない惣右助。 「姉上を侮辱した事を後悔させてやる」と伝えす。 惣右助の大切な尋ね人が誰なのかを知ってしまった朱音。 惣右助は「こんな苦界に落ちていい気味だ」と言うと、朱音にキスをしました。 「いつか、その身も心も俺のものにしてやる」と言う惣右助・・・。 二度目の新造出しの日。 朝明野の美しさを一目見ようと人々が集まる中、顔を隠し刀を構えた3人の男が現れました!! 「曙楼 茜(朱音の事) 覚悟!」と叫ぶ男。 すると、惣右助と利一が朱音を助けようと男たちの前に現れました。 男たちの狙いはどうやら惣右助のようです。 「やはり現れたな、近江屋惣右助」と斬りかかる男たち。 朱音は薙刀を手にすると、共に戦いました。 なんとか撃退した朱音たち。 惣右助に優しく肩を抱かれ、朱音は自分の気持ちに気がつきました・・・。

次の