うし みつ 一門。 焼肉 うしみつ一門 目黒店(目黒 焼肉)のグルメ情報

東照宮

うし みつ 一門

定説では河原田盛光が1189年の奥州合戦での戦功により会津郡の伊南を賜ったのが始まりとされるが、『吾妻鏡』に奥州合戦において同族の小山三兄弟が出てくるにもかかわらず河原田盛光は登場しない。 ただ、小山一門の長沼氏の例から見て会津郡の南山は小山氏一門が賜った可能性が高く、伊南もこの中に含まれていたと考えられる。 おそらく、小山朝政か結城朝光の子が下野国河原田郷に住んで河原田氏を称し、後に子孫が下向して土着したのが始まりと考えるのが自然と思われる。 結局は伊南最後の領主である河原田盛次しかその事跡は明確ではなく、豊臣秀吉に所領を没収された後は嫡流は帰農し、庶流が葦名義広(義勝)に従って秋田に赴き角館河原田氏となったという。 歴代当主 【河原田長広】 かわらだ ながひろ 河原田氏初代?結城朝光、又は白戸朝村の庶子とされる。 『会津四家合考』では長広が下野国の河原田郷に隠居して河原田氏を称したのが河原田氏の始まりとされている。 河原田長広が会津に下向したという言い伝えもあれば、長広の子孫が下向したという説もあって定かではないが、恐らく河原田氏の初代であれば下野国の河原田郷から動くことは無かったと思われる。 【河原田盛光】 かわらだ もりみつ 伊南河原田氏初代?系図によって出自が異なり、小山政光、小山朝政、結城朝光、河原田長光と父親とされる人物は多い。 ただ、少なくとも小山氏一門の出身であることだけは確かなようである。 『会津四家合全』などでは盛光が源頼朝から会津郡の伊南を賜って下向したことになっている。 【河原田盛次】 かわらだ もりつぐ (~1591) 伊南河原田氏最後の当主。 河原田盛頼の嫡男。 治部少輔を称する。 1589年に河原田盛次は会津制圧を目指す伊達政宗の降伏勧告を断り、徹底抗戦のために久川城を築城して戦いに備えた。 同年秋に長沼盛秀を先鋒として伊達軍が伊南に攻め込み、久川城周辺にて合戦となったが、結局伊達軍は城を攻略できずに撤退することになった。 伊達軍を追い払うことには成功したものの、結局河原田盛次は1590年の豊臣秀吉の奥州仕置きによって所領を没収され、その後は越後国に落ち延びたという。 居城 城名 概略 河原田長広、または盛光によって築かれた河原田氏最初の居館。 河原田盛光、または朝次によって築かれた河原田氏の居館の一つ。 河原田盛光によって築かれた山城で河原田氏代々の居城。 河原田氏が葦名盛氏と戦うために篭城した山城で、激戦の末に葦名軍を撃退している。 河原田盛次が伊達軍の侵攻に備えて築いた山城で、激戦の末に伊達軍を撃退している。 一門衆・家臣団 姓 居城 概略 芳賀氏 小沼館 一門衆。 小沼の領主。 下野国の芳賀氏の一族が、同じ下野国の河原田氏(もしくは結城氏か?)の元に身を寄せたのが始まりと思われる。 芳賀大膳の代に河原田秀光次男の勝房が養子入りして一門となった。 子孫には後に山ノ内氏や長沼氏の家臣となった者もいる。 濱野氏 濱野館 一門衆。 河原田秀光の三男の保房が濱野に移り住んだのが始まり。 馬場氏 小塩館 一門衆。 河原田秀光の六男の光房が始まりとも、光房が家臣の馬場氏の養子となったとも伝わり定かではない。 光房が始まりなら河原田氏の居城の馬場に屋敷を構えたことからか馬場氏を称したか? 青柳氏 青柳館 一門衆。 河原田重房の次男の盛俊が青柳に移り住んだのが始まり。 和泉氏 (五十嵐氏) 和泉田城 河原田氏家臣。 和泉田の領主。 1493年に五十嵐惟良が伊南に落ち延びてきて河原田氏の家臣となったのが始まりという。 和泉掃部(五十嵐正道)は1589年の伊南合戦の「和泉田城の戦い」において攻め寄せる伊達軍に篭城戦を挑み、伊達軍に800名の死者が出るほどの壮絶な戦いの末に玉砕した。 宮床氏 宮床館 河原田氏家臣。 宮床の領主。 1589年の「久川城の戦い」では宮床兵庫又は宮床四郎左衛門の妻が旗指物を沢山作って城内に立て、城中に大勢の兵が居るように見せかけたと言う。 山口氏 山口館 河原田氏家臣。 山口の領主。 山口左馬介は1589年の伊南合戦において立岩方面での戦いに参加している。 木伏氏 (菊池氏) 木伏城 河原田氏家臣。 木伏の領主。 木伏紀伊は1589年の伊南合戦において河原田氏を見限って長沼氏の元へ走り、伊達軍の傘下に入ったが伊南の戦場で討死したとも、辛うじて落ち延びたとも伝わる。 木沢氏 多々石館 河原田氏家臣。 多々石の領主。 木沢玄蕃は1598年の伊南合戦において久川城へ迫る伊達軍を言葉巧みに騙して足止めし、河原田盛次が出陣中で女子供老人しか居なかった久川城に事を知らせて城中に大勢の兵が居る様に見せるために旗を立てて備えさせた。

次の

東照宮

うし みつ 一門

立ち葵• ・(ふたはあおい・かもあおい)-• 花付き二葉葵(はなつきふたはあおい)• 裏葵(うらあおい)• 葵の丸(あおいのまる)• (まるにみつあおい)- - - (寺紋)• 徳川葵(とくがわあおい)• 紀州三つ葵(きしゅうみつあおい)-• 尾州三つ葵(びしゅうみつあおい)-• 水戸三つ葵(みとみつあおい)-• 松平三つ葵(まつだいらみつあおい)• 会津三つ葵(あいづみつあおい)-• 丸に三つ裏葵(まるにみつうらあおい)• 立ち葵(たちあおい)-• 原立ち葵(はらたちあおい)• 本多立ち葵(ほんだたちあおい)-• 本多束ね葵(ほんだたばねあおい)- 麻(あさ) [ ]• 三つ楓• 一つ楓(ひとつかえで)• 三つ楓(みつかえで)-• 四つ楓(よつもみじ)- (歌舞伎)• 陰楓(かげかえで)• 古木楓丸(こぼくかえでのまる) 柿(かき) [ ]• 柿の花(かきのはな)• 抱き柿の葉(だきかきのは) 杜若(かきつばた) [ ]• 花杜若(はなかきつばた)- - -• 杜若菱(かきつばたびし)-• 中山杜若(なかやまかきつばた)- 梶(かじ) [ ]• (かじのは)• 立ち梶の葉・梶葉(たちかじのは・かじのは)• 抱き梶の葉(だきかじのは)• 細輪に覗き梶の葉(ほそわにのぞきかじのは)• 安部梶の葉(あべかじのは)-• 諏訪梶の葉(すわかじのは)-• 平戸梶の葉(ひらとかじのは)- 柏(かしわ) [ ] 結び柏(三つ柏の変形) のひとつ。 三つ柏紋の場合、葉脈三本 計21本 ・葉脈四本 計27本 の2種類がある。 (みつかしわ)- 、、• (まるにみつかしわ)- -• 丸に蔓柏(まるにつるかしわ)-• 丸に片手蔓柏(まるにかたてつるかしわ)• 丸に剣三つ柏(まるにけんみつかしわ)• 丸に鬼三つ柏(まるにおにみつかしわ)• 結び三つ柏(むすびみつかしわ)- 、、• 三つ柏巴(みつかしわどもえ)• 三つ柏に六の剣• 抱き柏(だきかしわ)-• 丸に抱き柏(まるにだきかしわ)• 違い柏(ちがいかしわ)• 丸に違い柏(まるにちがいかしわ)- 、大倉氏• 結び柏(むすびかしわ)• 牧野柏(まきのかしわ)-• 土佐柏(とさかしわ)-• 中川柏(なかがわかしわ)- 中川氏(豊後岡藩主家) 片喰(かたばみ) [ ] 詳細は「」を参照• 桔梗(ききょう)- - - - - -• 丸に桔梗(まるにききょう)- - -• 細桔梗(ほそききょう)-• 丸に細桔梗(まるにほそききょう)• 八重桔梗(やえききょう)• 丸に八重桔梗(まるにやえききょう)• 剣桔梗(けんききょう)• 丸に剣桔梗(まるにけんききょう)• 捻じ桔梗(ねじききょう)• 井桁に桔梗(いげたにききょう)• 組み合い角に桔梗(くみあいかくにききょう)・組み合わせ枡に桔梗(くみあわせますにききょう)-• (ときぎきょう)- - -• 水色桔梗(みずいろききょう)-• 太田桔梗・丸に細桔梗(おおたききょう・まるにほそききょう)- 菊(きく) [ ] 詳細は「」を参照• 十六菊(じゅうろくぎく)• 十六八重菊(じゅうろくやえぎく)- - (神紋)• 陰十六菊(かげじゅうろくぎく)• 十六菊に一文字(じゅうろくぎくにいちもんじ)-• 石持ち地抜き十六菊(いしもちじぬきじゅうろくぎく)• 十六裏菊(じゅうろくうらぎく)- -• 十六重ね菊(じゅうろくかさねぎく)• 十六鬼菊(じゅうろくおにぎく)• 十六剣菊(じゅうろくけんぎく)• 八つ菊(やつきく)• 十菊(じゅうきく)• 十二菊(じゅうにきく)• 割り菊(わりぎく)• 三つ割り菊(みつわりきく)• 菊菱(きくびし)• 裏菊菱(うらきくびし)• 三つ盛菊菱(みつもりきくびし)• 四つ割り菊菱(よつわりきくびし)• 饅頭菊(まんじゅうぎく)• 菊浮線綾(きくふせんりょう)• 菊水(きくすい)-• 葉付き菊水(はつききくすい)• 有栖川十六八重裏菊(ありすがわじゅうろくやえうらきく)-• 有栖川抱き葉菊(ありすがわだきはぎく)-• 青山菊(あおやまぎく) 桐(きり) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 五三桐(ごさんのきり)• 五七桐(ごしちのきり)- - - - - - (青地に金色の徽章)• 丸に五三桐(まるにごさんのきり)-• 丸に五七桐(まるにごしちのきり)• 丸に頭合わせ三つ五三桐(まるにかしらあわせみつごさんのきり)-• 五七桐竹(ごしちのきりたけ)- (神紋)• 乱れ桐(みだれぎり)• 光琳桐(こうりんぎり)• 光琳唐桐(こうりんからぎり)• 桐車(きりぐるま)• 佐竹桐(さたけぎり)-• 新田桐(しんでんぎり)• 仙石桐(せんごくきり)• 太閤桐(たいこうぎり)- (定紋)• 対州桐(つしまぎり)• 多度桐(たどぎり)• 土佐桐(とさぎり)- 、• 有馬桐(ありまぎり)-• 文晁桐(ぶんちょうぎり)• 利休桐(りきゅうぎり)• 桐蝶(きりちょう)- (歌舞伎)• 組み合い角に五三桐(くみあいかくにごさんのきり)- 河骨(こうほね) [ ] 三つ河骨• 丸に一つ河骨(まるにひとつこうほね)• 三つ河骨(みつこうほね)• 丸に頭合わせ三つ河骨(まるにかしらあわせみつこうほね) 桜(さくら) [ ]• 桜(さくら)- -• 丸に桜(まるにさくら)• 丸に細桜(まるにほそさくら)• 向こう桜(むこうざくら)• 捻じ桜(ねじざくら)• 山桜(やまざくら)• 丸に山桜(まるにやまざくら)• 向こう山桜(むこうやまざくら)• 捻じ山桜(ねじやまざくら)• 八重桜(やえざくら)• 八重山桜(やえやまざくら)• 細桜(ほそさくら)• 丸に細桜(まるにほそさくら)• 江戸桜(えどざくら)• 大和桜(やまとざくら)• (しおがまざくら)- (神紋)• 外環桜(そとかんざくら)• 桜浮線綾(さくらふせんりょう)• 蟹桜(かにざくら)• 小山蟹桜(こやまかにざくら)- 杉(すぎ) [ ]• 一本杉(いっぽんすぎ)• 丸に一本杉(まるにいっぽんすぎ)• 二本杉(にほんすぎ)- 篠田氏• 三本杉(さんぼんすぎ)• 本田一本杉(ほんだいっほんすぎ)- 大根・蕪(だいこん・かぶら) [ ]• 違い大根(ちがいだいこん)• 割り大根(わりだいこん)• 二股大根(ふたまただいこん)- 竹・笹・筍(たけ・ささ・たけのこ) [ ] 竹に雀(仙台笹)• 三枚笹(さんまいざさ)• 五枚笹(ごまいざさ)- 一門• 九枚笹(くまいざさ)• 丸に九枚笹(まるにくまいざさ)-• 稲葉九枚笹(いなばくまいざさ)-• 丸に根笹(まるにねざさ)-• 十枚笹(じゅうまいざさ)• 切り竹に笹(きりたけにささ)• 五枚笹竹の丸(ごまいささたけのまる)• 長谷川筍(はせがわたけのこ)-• 三つ竹輪違い(みつたけわちがい)• 竹に雀(たけにすずめ)• 鳥居笹 -• 勧修寺笹(かじゅうじささ)-• 上杉笹(うえすぎささ)-• 米沢笹(よねざわざさ)- 上杉氏• 仙台笹(せんだいざさ)-• 宇和島笹(うわじまざさ)- 伊予宇和島伊達氏• 吉田笹(よしだささ)- 伊予吉田伊達氏• 山口笹(やまぐちささ)- 牛久山口氏• 最上笹(もがみささ)- 最上氏 橘(たちばな) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 橘(たちばな)- -• 丸に橘(まるにたちばな)- -• 三つ組橘(みつくみたちばな)-• 三つ橘(みつたちばな)-• 黒田橘(くろだたちばな)-• 利休橘(りきゅうたちばな)• 平安橘(へいあんたちばな)• 日蓮宗橘・平井筒に橘(にちれんしゅうたちばな・ひらいづつにたちばな)• 薬師寺橘(やくしじたちばな)• 根上り橘(ねあがりたちばな)- (歌舞伎)• 久世橘(くせたちばな)• 彦根橘(ひこねたちばな• 菊座橘(きくざたちばな• 三つ割り橘 みつわりたちばな• 花橘(はなたちばな• 総陰丸に橘(そうかげまるにたちばな -• 丸に抱き橘(まるにいだきたちばな• 丸に葉折れ枝橘(まるにはおれえだたちばな• 丸に三つ足橘(まるにみつあしたちばな• 丸に向かい橘(まるにむかいたちばな• 丸に三つ橘(まるにみつたちばな• 花橘(はなたちばな 丁子(ちょうじ) [ ]• 一つ丁子(ひとつちょうじ)• 並び丁子(ならびちょうじ)• 違い丁子(違いちょうじ)• 丸に違丁子(まるにちがいちょうじ)• 三つ丁子(みつちょうじ)• 三つ並び丁子(三つならびちょうじ)• 丸に右三つ丁子巴(まるに みぎ みつちょうじ ともえ)• 六つ丁子(むつちょうじ)• 七つ丁子(ななつちょうじ)• 八つ丁子(やっつちょうじ)• 九つ丁子(ここのつちょうじ)• 花園丁子(はなぞのちょうじ) 蔦(つた) [ ] 蔦 のひとつ• 蔦(つた)-• 鬼蔦(おにづた)• 陰蔦(かげつた)• 丸に蔦(まるにつた)-• 昭和蔦(しょうわつた)• 石州蔦(せきしゅうつた)• 藤堂蔦(とうどうつた)- 藤堂氏• 利休蔦(りきゅうつた) 撫子(なでしこ) [ ]• 撫子(なでしこ)- -• 丸に撫子(まるになでしこ)-• 三つ割り撫子(みつわりなでしこ)• 江戸撫子(えどなでしこ) 柊(ひいらぎ) [ ]• 一つ柊(ひとつひいらぎ)• 丸に一つ柊(まるにひとつひいらぎ)• 十六角に抱き柊(じゅうろくかくにだきひいらぎ)-• 丸に抱き柊(まるにだきひいらぎ)• 並び柊(ならびひいらぎ)• 丸に並び柊(まるにならびひいらぎ)• 三つ柊(みつひいらぎ)• 子持ち割り柊(こもちわりひいらぎ)• 三つ追い柊(みつおいひいらぎ)• 三つ葉柊(みつはひいらぎ)• 江原柊(えばらひいらぎ) 藤(ふじ) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 下り藤(さがりふじ)-• 上り藤(のぼりふじ)• 大久保藤(おおくぼふじ)• 丸に下り藤(まるにさがりふじ)- (寺紋)-• 丸に上り藤(まるにのぼりふじ)• 陰下り藤(かげさがりふじ)• 片手藤(かたてふじ)• 右回り片手藤(みぎまわりかたてふじ)• 片手下り藤(かたてさがりふじ)• 二つ藤(ふたつふじ)• 一つ藤巴(ひとつふじどもえ)• 二つ藤巴(ふたつふじどもえ)• 三つ藤巴(ふじどもえ)• 軸付き藤輪(じくつきふじわ)• 装飾藤(そうしょくふじ)• 内藤藤(ないとうふじ)-• 柴田藤(しばたふじ)-• 黒田藤・黒田藤巴(くろだふじ・くろだふじどもえ)-• 藤橘巴(ふじたちばなどもえ)- -• 尼が崎藤(あまがさきふじ)• 伊藤藤(いとうふじ)-• 伊藤藤に土(いとうふじにつち)• 加藤藤(かとうふじ)-• 九条藤(くじょうふじ)-• 九条六つ藤(くじょうむつふじ)-• 遠山藤(とおやまふじ)-• 内藤藤(ないとうふじ)• 内藤藤崩し(ないとうけふじくずし)• 二条藤(にじょうふじ)-• 利休藤(りきゅうふじ)• 妙心寺八つ藤(みょうしんじやつふじ)花園(はなぞの)- (寺紋)• 下り藤に佐の字 - 社章 牡丹(ぼたん) [ ] 大割り牡丹• 落ち牡丹(おちぼたん)• 大割り牡丹(おおわりぼたん)• 抱き牡丹(だきぼたん)• 立ち牡丹(たちぼたん)• 杏葉牡丹(ぎょうようぼたん)- - - -• 花陰杏葉牡丹(はなかげぎょうようぼたん)• 秋田牡丹(あきたぼたん)• 石橋牡丹(いしばしぼたん)-• 上野牡丹(うえのぼたん)-• 熊谷牡丹 -• 近衛牡丹(このえぼたん)-• 薩摩牡丹(さつまぼたん)• 島津牡丹(しまづぼたん)-• 仙台牡丹(せんだいぼたん)• 鹿島牡丹(かしまぼたん)• 津軽牡丹(つがるぼたん)-• 鍋島牡丹(なべしまぼたん)-• 利休牡丹(りきゅうぼたん) 松(まつ) [ ] 丸に左三階松• 一つ松(ひとつまつ)• 櫛松(くしまつ)- 西尾氏• 三本松(さんぼんまつ)• 三つ笠松(みつかさまつ)• 二階松(にかいまつ)• 三階松(さんがいまつ)- (菅原氏流)• 右三階松(みぎさんがいまつ)• 左三階松(ひだりさんがいまつ)• 右荒枝付き三階松(みぎあらえだつきさんがいまつ)• 左荒枝付き三階松(ひだりあらえだつきさんがいまつ)• 丸に三階松(まるにさんがいまつ)• 丸に左三階松(まるにひだりさんがいまつ)-• 松毬(まつかさ)- 永井氏• 中村松毬(なかむらまつかさ)-• 松葉(まつば)• 松葉加茂葵(まつばかもあおい)• 高砂松(たかさごまつ)-• 細川向かい松(ほそかわむかいまつ)-• 松蓋菱(まつかさびし)- 細川氏 茗荷(みょうが) [ ] 笹竜胆• 笹竜胆(ささりんどう)- - - 岩倉家• 丸に笹竜胆(まるにささりんどう)-• 二つ葉竜胆(ふたつばりんどう)• 三つ葉竜胆(みつばりんどう)• 四つ葉竜胆(よつばりんどう)• 竜胆車(りんどうぐるま)-• 枝竜胆(えだりんどう)• 池田竜胆(いけだりんどう)-• 池田三つ竜胆(いけだみつりんどう)- 池田氏• 石川竜胆(いしかわりんどう)- 石川氏• 亀山竜胆・隅切り角に三つ葉竜胆(かめやまりんどう・すみきりかくにみつばりんどう)-• 久我竜胆・久我山竜胆・久我竜胆車(くがりんどう・くがやまりんどう・くがりんどうぐるま)- 久我家• 栖鳳竜胆(せいほうりんどう)• 遠雁に竜胆 - その他 [ ] 丸に梨の切り口• 青木() - 系・の 2系統の青木氏。 棕櫚(しゅろ)-• 抱き棕櫚(だきしゅろ)-• 菫(すみれ)• 榊(さかき)• 歯朶(しだ)• 水仙(すいせん)• 唐辛子(とうがらし)• 梔子(くちなし)• 葛(くず)• 椿(つばき)• 鉄線・鉄仙()-• 田字草()-• 蓮の花(はすのはな)• 蓮の葉(はすのは)• 萩の丸(はぎのまる)• 芭蕉(ばしょう)• 瓢(ひさご)• 瓢箪(ひょうたん)• 菱の葉(のは)-• 葡萄(ぶどう)• 寄生(ほや)• 梛(なぎ)• 梨の切り口()-• 茄子(なす)• 薺(なずな)• 南天(なんてん)• 桃(もも)• 山吹()- -• 百合()• 交譲木・譲葉()• 松竹梅 -• 蘭(らん)• 蕨(わらび) 器財 [ ] 銭(ぜに) [ ] 長谷部銭• 永楽銭(えいらくせん)- - - -• 文久銭(ぶんきゅうせん)• 寛永銭・寛永通宝(かんえいせん・かんえいつうほう)-• 天保銭・天保通宝(てんぽうせん・てんぽうつうほう)• 地抜き寛永銭(じぬきかんえいせん)• 裏銭(うらせん)• 裏波銭(うらなみせん)• 裏表文久銭(うらおもてぶんきゅうせん)• 青山銭(あおやまぜに)-• 三連銭(さんれんせん)-• 六連銭(ろくれんせん)-• 竪六連永楽銭(たてろくれんえいらくせん)• 真田六連銭・真田銭(さなだろくれんせん・さなだぜに)-• 丸に真田銭(まるにさなだぜに)- 家• 安部六連銭・安部銭(あんべろくれんせん・あんべぜに)-• 中村六連銭(なかむらろくれんせん)• 長谷部銭・銭九曜・九つ裏銭(はせべぜに・ぜにくよう・ここのつうらせん)- 扇(おうぎ) [ ] 重ね扇に抱き柏• 五本骨扇(ごほんぼねおうぎ)-• 丸に五本骨扇(まるにごほんぼねおうぎ)• 日の丸扇(ひのまるおうぎ)-• 丸に日の丸扇(まるにひのまるおうぎ)-• 七本骨扇(ななほんぼねおうぎ)• 丸に七本骨扇(まるに ななほんぼねおうぎ)• 三つ扇(みつおうぎ)- 大河内氏()の替紋• 丸に三つ扇(まるにみつおうぎ)• 重ね扇に抱き柏(かさねおうぎにだきかしわ)- (歌舞伎)• 反り扇(そりおうぎ)• 佐竹扇・五本骨扇に月丸(さたけおうぎ・ごほんほねおうぎにつきまる)- 佐竹氏• 島原扇・二階扇(しまばらおうぎ・にかいおうぎ)• 高崎扇・三つ雁木扇(たかさきおうぎ・みつがんぎおうぎ)- 大河内氏(長沢松平家)の替紋• 立花扇・七本骨扇に祇園守(たちばなおうぎ・しちほんほねおうぎにぎおんまもり)-• 屋島扇・波に日の丸扇(やしまおうぎ・なみにひのまるおうぎ)• 源氏扇(げんじおうぎ)• 浅野扇(あさのおうぎ)-• 渡辺扇(わたなべおうぎ)- 檜扇(ひおうぎ) [ ] 詳細は「」を参照• 蛇の目(じゃのめ)-• 三つ盛蛇の目(みつもりじゃのめ)• 蛇の目九曜(じゃのめくよう)• 蛇の目に二つ引両(じゃのにふたつひきりょう)- 金輪(かなわ) [ ]• 金輪(かなわ)• 金輪崩し(かなわくずし)• 三つ金輪(みつかなわ) 折敷(おしき) [ ]• 折敷に三文字(おしきにさんもじ)- - - - - -• 折敷に縮み三文字(おしきにちぢみさんもじ)• 折敷に二文字(おしきににもじ)- 打板・提盤(ちょうばん) [ ]• 打板(ちょうばん)• 打板菱(ちょうばんびし)• 小菅打板(こすがちょうばん)-• 団扇打板・団仙打板(うちわちょうばん・だんせんちょうばん) 州浜・洲浜(すはま) [ ]• 州浜 (すはま)- -• 丸に州浜(まるにすはま)-• 秋津州浜(あきつすはま)-• 鬼州浜(おにすはま)- その他 [ ] 鞠挟• 鍬形(くわがた)• 紀州鍬形(きしゅうくわがた)• 烏帽子(えぼし)• 冠(かんむり)• 網・ 網目(あみ・あみめ)• 采配(さいはい)• 笏(しゃく)• 錨・碇(いかり)• 餅(もち)• 団子(だんご)• 四つ錨・四つ碇(よついかり)• 櫂(かい)• 舵・楫(かじ)• 鎌(かま)• 三方(さんぼう・さんぽう)• 中輪に違い鎌(ちゅうわにちがいかま)• 結び文(むすびふみ)• 恋文(こいぶみ)• 額(がく)- (本家流)• 二八額(にはちがく)・額に二八(がくににはち)・小出額(こいでがく)- (分家流)• 丸に一つ杵(まるにひとつきね)• 違い杵(ちがいきね)• 熨斗(のし)• 一つ束熨斗(ひとつたばねのし)• 篭目・籠目(かごめ)• 丸に篭目(まるにかごめ)• 笄(こうがい)• 瓶・瓶子(へい・ へいし)• 宝珠(ほうじゅ)• 注連縄(しめなわ)• 糸巻(いとまき)• 筏(いかだ)• 鈴(すず)• 神楽鈴(かぐらすず)• 釣り鐘 (つりがね)・半鐘(はんしょう)-• 丸に三つ鏡(まるにみつかがみ)• 三種神器(さんしゅじんき)• 琴柱(ことじ)• 独楽(こま)• 駒(こま)• 的(まと)• 鞠(まり)• 絵馬(えま)• 鞠挟(まりばさみ)-• 袋・砂金袋(ふくろ・さきんふくろ)• 水車(すいしゃ)• 六つ水車(むつすいしゃ)-• 羽子板(はごいた)• 挟、鋏(はさみ)• 日向釜敷き(ひゅうがかまじき)• 帆掛け船(ほかけぶね)- -• 牧野梯子(まきのばしご)-• 今川赤鳥(いまがわあかとり)-。 「赤鳥」とはのを落とす道具、もしくは、馬用の櫛のこと。 蝋燭(ろうそく)• 中啓(ちゅうけい)• 三開中啓丸(さんかいちゅうけいまる)• 地紙(じがみ)• 重ね地紙(かさねじがみ) 建造物 [ ] 庵(いおり) [ ] 対い蝶• 揚羽蝶(あげはちょう)- - - - ()• 丸に揚羽蝶(まるにあげはちょう)- - - - -• 臥せ蝶(ふせちょう)• 対い蝶(むかいちょう)• 源氏蝶(げんじちょう)• 臥せ蝶に十六菊・伊豆蝶(ふせちょうにじゅうろくきく・いずちょう)- ()の正紋• 因州蝶(いんしゅうちょう)-• 備前蝶(びぜんちょう)• 備前蝶菱(びぜんちょうびし)• 池田三つ蝶(いけだみつちょう)- 池田氏• 保倉蝶(ほくらちょう)-• 吉田蝶(よしだちょう)-• 織田蝶(おだちょう)-• 北条対い蝶(北条対い蝶)- (後北条氏)• 松平因州蝶(まつだいらいんしゅうちょう)-• 松平大覚頭蝶(まつだいらだいがくのかみちょう)- の定紋• 胡蝶(こちょう)- 胡蝶は蝶紋のバリエーションであり、「- 胡蝶」のように使用する。 糸輪に変り胡蝶(いとわにかわりこちょう)• 石竹胡蝶(せきちくこちょう) 鷹・鷹の羽(たか・たかのは) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 丸に一つ鷹の羽(まるにひとつたかのは)-• 並び鷹の羽(ならびたかのは)-• 丸に並び鷹の羽(ちゅうわにならびたかのは)• 違い鷹の羽(ちがいたかのは)- - -• 丸に違い鷹の羽(まるにちがいたかのは)- - - - -• 阿部鷹の羽(あべたかのは)- 阿部氏(備後国福山藩主家)• 久世鷹の羽(くぜたかのは)-• 高木鷹の羽(たかぎたかのは)-• 井上鷹の羽(いのうえたかのは)-• 浅野鷹の羽(あさのたかのは)-• 柳井鷹の羽(やないたかのは)-• 白川鷹の羽(しらかわたかのは)- 阿部氏(白河藩主家) 鶴(つる) [ ]• 鶴の丸・鶴丸(つるのまる・つるまる)- - - - - - - (豊後佐伯藩主家) -• 比翼鶴(ひよくづる)-• 丸に地抜き長の字鶴(まるにじぬきながのじづる)• 丸に飛び舞鶴(まるにとびまいづる)• 対い鶴(むかいづる)- -• 南部鶴(なんぶつる)- 南部氏 千鳥(ちどり) [ ]• 丸に千鳥(まるにちどり)• 五つ千鳥(いつつちどり)• 陰三つ千鳥(かげみつちどり)• 変り千鳥(かわりちどり)• 波輪に陰千鳥(なみわにかげちどり) 雁金(かりがね) [ ]• 雁金(かりがね)- -• 結び雁金(むすびかりがね)- 真田氏• 丸に二つ雁金(まるにふたつかりがね)-• 三つ雁金(みつかりがね)- - 柴田氏• 三つ斜め雁金(みつななめかりがね)• 増山雁金(ますやまかりがね)-• 向かい嘴合い雁金 - 白鳥氏• 丸に覗き菊に雁金(まるにのぞききくにかりがね)- - 北海道山海氏• 丸に結び雁金(まるにむすびかりがね)- 鳩(はと) [ ]• 鳩(はと)• 対い鳩(むかいばと)- -• 朽木鳩(くちきばと)- 鸚鵡(おうむ) [ ]• 鸚鵡(おうむ)• 鸚鵡の丸(おうむのまる)-• 抱き鸚鵡(たきおうむ) 鳳凰(ほうおう) [ ]• 鳳凰(ほうおう)• 鳳凰に桐(ほうおうにきり)-• 鳳凰の丸(ほうおうのまる) 龍(りゅう) [ ]• 龍の丸(りゅうのまる)• 天竜の丸(てんりゅうのまる)• 日蓮宗竜の丸(にちれんしゅうりゅうのまる)• 雨竜の丸(うりゅうのまる)• 龍の爪(りゅうのつめ)• 丸に龍剣に一文字(まるにりゅうけんにいちもんじ) その他 [ ]• 板屋貝(いたやがい)• 兎(うさぎ)• 蜻蛉(とんぼ)-• 相馬繋ぎ馬(そうまつなぎうま)• 海老(えび)• 獅子(しし)• 亀(かめ)• 蛤(はまぐり)• 蟹(かに)-• 鷲尾向かい鷲(わしおむかいわし)-• 三つ足烏()-• 法螺貝(ほらがい)• 百足(むかで)• 鹿角(かづの)---- 文様 [ ] 巴(ともえ) [ ] 右二つ巴• 左三つ巴(ひだりみどもえ)- - - - - - - -• 右三つ巴(みぎみつどもえ)- - 宇都宮氏 -• 丸に一つ巴(まるにひとつどもえ)• 丸に左三つ巴(まるにひだりみつどもえ)• 丸に右三つ巴(まるにみぎみつどもえ)-• 左二つ巴(ひだりふたつどもえ)- (神紋)• 右二つ巴(みぎふたつどもえ)-• 丸に左二つ巴(まるにひだりふたつどもえ)• 丸に右二つ巴(まるにみぎふたつどもえ)• 丸に三つ盛り三つ巴(まるにみつもりみつどもえ)• 左一つ巴(ひだりひとつどもえ)• 右一つ巴(みぎひとつどもえ)• 丸に左一つ巴(まるにひだりひとつどもえ)• 丸に右一つ巴(まるにみぎひとつどもえ)• 丸に違い巴(まるにちがいどもえ)• 中陰三つ巴(ちゅうかげみつどもえ)• 尾長巴(おながどもえ)• 有馬巴(ありまどもえ)-• 九曜巴・板倉巴(くようともえ・いたくらともえ)- - - 鱗(うろこ) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 木瓜・横木瓜(もっこう・よこもっこう)- - - - (見聞諸家紋)• 丸に木瓜・丸に横木瓜(まるにもっこう・まるによこもっこう)-• 丸に四方木瓜(まるにしほうもっこう)• 丸に竪木瓜(まるにたてもっこう)-• 唐木瓜(からもっこう)- 半田氏• 三つ盛木瓜(みつもりもっこう) - 朝倉氏• 木瓜花菱浮線綾・徳大寺木瓜(もっこうはなびしふせんりょう・とくだいじもっこう)-• 五瓜(ごうり・ごか)- - - - -• 大村瓜(おおむらか)-• 有馬瓜(ありまか)- 肥前有馬氏• 織田瓜(おだか)- 織田氏• 織田細瓜(おだほそか)• 相良六瓜(さがらろっか) -• 堀田木瓜(ほったもっこう)-• 中津木瓜(なかつもっこう) 唐花(からはな) [ ] 詳細は「」を参照• 菱持(ひしもち)• 割り菱(わりびし)-• 丸に割り菱(まるにわりびし)• 二階菱(にかいびし)• 丸に二階菱(まるににかいびし)• 三階菱(さんがいびし)-• 変り三階菱(かわりさんがいびし)- 章(に由来)• 重ね三階菱(かさねさんがいびし)- 家• 丸に三階菱(まるにさんがいびし)- 笠井氏(旧臣)• 丸に変り三階菱(まるにかわりさんがいびし)• 松皮菱(まつかわびし)- - 武田氏• 丸に松皮菱(まるにまつかわびし)• 四つ松皮菱(よつまつかわびし)• 松皮菱に梅鉢(まつかわびしにうめばち)• 違い菱(ちがいびし)• 違い菱に六つ星(ちがいびしにむつぼし)• 溝口菱・五階菱(みぞぐちびし・ごかいびし)• 武田菱(たけだびし)- 武田氏• 一つ引両(ひとつひきりょう)• 丸に一つ引(まるにひとつびき)- -• 丸に竪一つ引(たてひとつびき)- -• 新田一つ引・大中黒(にったひとつびき・おおなかぐろ)- 新田氏・• 二つ引・揃い二つ引(ふたつびき・そろいふたつびき)-• 丸に二つ引(まるにふたつびき)- - - - - -• 丸の内に二つ引(まるのうちにふたつびき)- - -• 丸に竪二つ引(たてふたつびき)- -• 足利二つ引(あしかがふたつびき)- 足利氏• 七つ割丸に二引(ななつわり まるににひき)- ・()• 三つ引両(みつひきりょう)• 丸に三つ引(まるにみつびき)- - - - 章• 丸の内に三つ引(まるのうちにみつびき)- -• 丸に竪三つ引(たてみつびき)• 丸の内に竪三つ引(まるのうちにたてみつびき) -• 三浦三つ引・中白(みうらみつびき・なかじろ)- 三浦氏 -• 分部三つ引(わけべみつひき) -• 丸の内に五つ引(まるのうちにいつつびき)• 食い違い七つ引(くいちがいななつびき) - 亀甲(きっこう) [ ] 三つ盛亀甲に剣花角• 亀甲・子持ち亀甲(きっこう・こもちきっこう)- - - - -• 一重亀甲(ひとえきっこう)• 亀甲に花菱(きっこうにはなびし)-• 亀甲に剣花角(こもちきっこうにけんはなかく)• 一重亀甲に剣花角(こもちきっこうにけんはなかく)- (神紋)• 二重亀甲剣花菱(にじゅうきっこうけんはなびし)- (神紋)。 丸に三つ盛り亀甲(まるにみつもりきっこう)• 三つ盛亀甲に花菱(みつもりきっこうにはなびし)- -• 三つ盛亀甲に剣花菱(みつもりきっこうにはなびし)• 三つ盛亀甲に三つ葉(みつもりきっこうにみつば)-• 毘沙門亀甲(びしゃもんきっこう)• 亀甲に卍(きっこうにまんじ)-• 亀甲に小の字(きっこうにこのじ)- (替紋)• 重ね亀甲に五三桐(かさねきっこうにごさんのきり)- の定紋• 相馬亀甲(そうまきっこう) 目結(めゆい) [ ] 細川九曜• 星(ほし)• 三つ星(みつぼし)-• 銀星(ぎんせい)• (いちもんじみつぼし)- - - - - - -• 長門三つ星 - 大江姓• 徳山三つ星 - 大江姓毛利氏()• 渡辺星・三つ星に一の字(わたなべぼし・みつぼしにいちのじ)- 渡辺氏• 松浦星(まつうらぼし)-• 六つ星・六曜 (ろくつぼし・りくつぼし・ ろくよう・りくよう)• (くよう)- - - -• 細川九曜・離れ九曜(ほそかわくよう・はなれくよう)- 細川氏• 陰九曜(かげくよう)• 角九曜(かくくよう)- - (家中)• 丸に九曜(まるにくよう)-• 七つ星・七曜(ななつぼし・しちよう)- (定紋)• 丸に七曜(まるにしちよう)- 月(つき) [ ]• 三日月(みかづき)- -• 月に水(つきにみず)-• 朧月(おぼろづき)- -• 月に星(つきにほし)-• 連子に月(れんじにつき)- 日(ひ) [ ] 児文字• 有文字(ありもじ)• 吉文字(きちもじ)- -• 児文字(じもんじ・こもじ)- -• 本文字(ほんもじ)- - (本田定紋)• 上文字(うえもじ)-• 上の字菱(うえのじびし)• 大文字(だいもんじ)• 丸に大の字(まるにだいのじ)- 下村氏• 三つ大の字(みつだいのじ)- (歌舞伎)• 三文字(さんもじ)• 八文字(はちもじ)• 丸に八の字(まるにはちのじ)-• 大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち)- 山内首藤氏 - 五味氏 -• 大吉大一大万(だいきちだいいちだいまん)- 石田氏• 日の字崩し(ひのじくずし)• 丸に伊の字(まるにいのじ)- 小菅氏• 丸に高の字(まるにたかのじ)- 飯田氏• 丸に堂の字崩し(まるにどうのじくずし)• 丸に東の字(まるにひがしのじ)• 丸に紅の字(まるにべにのじ)• 丸に利の字(まるにりのじ)-• 丸に越の字(まるにえつのじ)-• イの字菱(いのじびし)• イ菱(いびし)- 成駒屋(歌舞伎)• 丸にいの字(まるにいのじ)- (歌舞伎)• 川の字丸(かわのじまる)- 松方氏• 曲尺に辰の字(さしがねにたつのじ)- (・家) 分類不詳 [ ]• 団仙(だんせん) ギャラリー [ ] 植物 [ ]•

次の

焼肉 うしみつ一門 目黒店

うし みつ 一門

に納め、御法会を江戸、靈牌は三州、御周忌終て下野国へ小堂を營造、京都にはに小堂をいとなみ所司代はじめ武家の輩進拜せしむべし。 — 台徳院殿御実紀四十二巻 元和2年4月17日(6月1日)、家康はで死去。 柩は久能山に運ばれ、遺言に従っては同年12月(翌1月)に久能山に を創建した。 これに伴い、は翌元和3年2月21日(1617年3月28日)、神社としての東照社に「東照大権現」のを宣下するとともにを贈位、さらに、神格化された家康本人に対しても同年3月9日(4月14日)正一位を贈位している。 幕府はにも建設を進め、家康死去から1にあたる同年4月17日(5月21日)に遷座祭を挙行し、2つの 東照大権現が並立した。 しかしその後も各地の・一門大名家、また3代将軍による諸大名への造営の進言もあってや徳川家と縁戚関係がある家も競って建立し、全国で500社を超える東照宮が造られた(廃絶されたものを含めると約700社が確認されている )。 (正保2年)に宮号の宣下があり、東照大権現は 東照宮と称するようになった。 しかし以後のと相まって廃社や合祀が相次ぎ、現存するのは約130社とされる。 これらの東照宮のうち本宮である日光東照宮、御遺体を祀る久能山東照宮に、自社を加えて「日本三大東照宮」とする東照宮は多いが、規模・華麗さで劣る塔頭が幕府の正史に遺言が残り家康の遺髪及び持念佛を祀っている。 宣命 [ ] 贈東照大権現 [ ] 天皇我詔旨良萬止、故柳營大相國源朝臣爾詔倍止、敕命乎聞食止宣、振威風於異邦之域比、施寬仁於率土之閒須、行善敦而德顯留、身既沒而名存勢利、崇其靈氐、東關乃奧域爾大宮柱廣敷立氐、吉日良辰乎撰定氐、東照乃大權現止上給比治賜布、此狀乎平介久安介久聞食氐、靈驗新爾天皇朝廷乎寳位無動久、常磐堅磐爾夜守日守爾、護幸給比氐、天下昇平爾、海内靜謐爾、護恤賜倍度、恐美恐美毛申賜閇久止申 元和三年二月廿一日 — 日光東照宮文書 天皇(すめら=)が詔旨(おほみこと)らまと、故柳営大相国(もとのりうえいだいそうこく)源朝臣に詔(のら)へと、勅命(おほみこと)を聞食(きこしめせ)と宣(のたま)ふ、威風を異邦(とつくに)の域(さかひ)に振(ふる)ひ、寛仁を率土の間に施す、善を行ふこと敦(あつ)くして徳顕(あらは)る、身既に没(みまか)りて名存せり、其の霊(みたま)を崇(たふと)びて東関(あづまのくに)の奥域(おくつき)に大宮柱(おほみやはしら)広敷立(ひろしきた)て、吉日良辰(よきひのよきとき)を択(えら)び定めて、東照の大権現と上(のぼ)せ給ひ治め賜ふ、此の状(さま)を平(たいら)けく安(やすら)けく聞食(きこしめ)して、霊験(みしるし)新たに天皇(すめら)が朝廷(みかど)を宝位(あまつひつぎ)動くこと無く、常磐(ときは)に堅磐(かきは)に夜守日守(よのまもりひのまもり)に、護(まもり)幸(さきは)ひ給ひて、天下昇平(あめがしたむくさか)に、海内静謐(くぬちおだひ)に、護(まもり)恤(めぐみ)賜へと、恐(かしこ)み恐みも申し賜はくと申す 元和三年(1617年)二月二十一日 贈正一位 [ ] 東照大權現贈正一位敕宣、仰太政大臣御諱、幼少之從昔敵之囲陣仁閒連、其囲於遁禮、若年之從時心武久、長年志而古代之名將爾越而、武威於日本爾輝志、逆亂於治、庶民安閑之思乎成、是彼朝臣我忠功多利、依而在世之忠義尾感志、神靈登仰、東之守護神多羅旡事尾敕命有而、宣旨尾宣給布 元和三年二月廿一日 — 日光東照宮文書 東照大権現に正一位(おほいひとつのくらゐ)を贈る勅(おほみこと)宣(のたま)ふ、仰(そも)太政大臣(おほいまつりことのおほいまちきみ)御諱(おんいみな)、幼少(おさな)き昔より敵の陣に囲まれ、その囲(かこみ)を遁(のが)れ、若年(わかきよはひ)の時より心武(たけ)く、長年(ながきとし)にして古代の名将に越えて、武威(たけきいかしきさま)を日本(ひのもと)に輝(かがやか)し、逆乱(あらがひみだるるよ)を治め、庶民(あをひとぐさ)安閑(うらやすし)の思(おもひ)を成す、是(これ)彼の朝臣が忠功(まめなるいさをし)たり、依って在世(うつしよ)の忠義(まめなるつかへ)を感じ、神霊(みたま)と仰ぎ、東の守護神(まもりのかみ)たらむ事を勅命(おほみこと)有りて宣旨を宣給(のりたま)ふ 元和三年(1617年)二月二十一日 宮号宣下 [ ] 天皇我詔旨度、掛畏岐日光乃東照大權現乃廣前爾恐美恐美毛申賜閇久止申左久、元和三年勸請世留良辰爾奉授正一位禮留以降、海内安全爾之氐、年序毛積禮利、殊朕以薄德氐天之日嗣尾承傳給布、又武運毛延長爾之氐、子孫相續之、公武繁榮奈留者、偏是權現之廣御惠美、厚御助奈利、故是有所念行事氐、今改社氐宮止崇奉留、吉日良辰乎撰定氐、正二位行前大納言兼前右近衞大將藤原朝臣經季乎差使氐、古御位記乎改氐、令捧持氐、奉出給布、權現此狀乎平久安久聞食氐、天皇朝廷乎寳祚無動久、常磐堅磐爾、夜守日守爾、護幸賜比氐、一天安穏爾萬國豐稔爾、護恤賜倍度、恐美恐美毛申賜閇久止申 正保二年十一月三日 — 日光東照宮文書 天皇(すめら=)が詔旨(おほみこと)らまと、掛けまくも畏(かしこ)き日光の東照大権現の広前(ひろまへ)に恐(かしこ)み恐みも申し賜はくと申さく、元和三年勧請(くわんじやう)せる良辰(よきとき)に正一位(おほいひとつのくらゐ)を授げ奉(たてまつ)れるより以降(このかた)、海内安全(くぬちおだひ)にして年序(としつき)も積もれり、殊(こと)に朕薄徳を以(も)て天之日嗣(あまつひつぎ)を承(う)け伝へ給ふ、又武運も延長にして、子孫相続(うみのこのつづき)し、公武繁栄なるは、偏(ひとへ)に是(これ)権現の広き御恵(おんめぐみ)、厚き御助(おんあなない)なり、故是(かれここ)に所念行(おもほす)の事有りて、今、社を改めて宮と崇(たふと)み奉(まつ)る、吉日良辰(よきひのよきとき)を択び定めて、正二位(おほいふたつのくらゐ)行(ぎやう)前大納言(さきのおほいものまうすつかさ)兼(かねて)前右近衛大将(さきのみぎのちかきまもりのつかさのかみ)藤原朝臣経季(=)を差し使はして、古き御位記を改めて捧げ持たしめて、出(いだ)し奉(たてまつ)り給ふ、権現此の状(さま)を平(たひらけ)く安(やすらけ)く聞食(きこしめし)て、天皇(すめら)が朝廷(みかど)を宝祚(あまつひつぎ)動き無く、常磐堅磐(ときはかきは)に夜守日守(よのまもりひのまもり)に護幸(まもりさきは)に賜ひて一天安穏(あめのしたおだひ)に万国豊稔(よろづみのりゆたか)に護(まも)り恤(めぐ)み給へと、恐(かしこ)み恐みも申し賜はくと申す 正保二年(1645年)十一月三日 東照宮の一覧 [ ] 北海道・東北地方 [ ]• - 北海道函館市。 - 青森県弘前市。 本殿は国の重要文化財だが、宗教法人の破産により祭神はに遷座されている。 弘前二代目藩主が、を通じて東照権現の勧請し創建したもので、全国に先駆けて設けられた東照宮の一つ。 - 仙台市青葉区。 本殿や唐門は国の重要文化財。 仙台を統治した伊達家は徳川家と縁があり、また大火や水害などによって疲弊した経済を幕府によって救済された恩義から、が幕府への衷心の証左として東照宮を徳川家光に勧請したもの。 - 福島県会津若松市。 二の丸、三の丸南方にあったがで焼失する。 関東地方 [ ]• - 総本宮 - 栃木県日光市。 境内は世界文化遺産「日光の社寺」の一つ。 詳細はを参照。 - 群馬県太田市。 三大東照宮を名乗っていたことがある。 本殿は日光東照宮から移築であり、拝殿などを含め国の重要文化財。 明治時代の神仏分離令によってから移築された。 当地に東照宮が鎮座するようになったのは、徳川家が世良田氏の末裔であると見なしていたため。 - 群馬県太田市。 世良田宮が建てられたのを機に地元郷士が私邸に建てたもの。 - 群馬県前橋市。 徳川家康の二男であるの、五男にあたるゆかりの東照宮。 松平は転封を繰り返していたために念願の前橋に社殿が設けられるのは明治4年(1871年)となっている。 - 茨城県水戸市。 水戸徳川家の藩祖、によって創建された東照宮。 戦災で焼失し、現在は戦後の再建。 - 埼玉県川越市。 三大東照宮を名乗る。 本殿など6件の建築は国の重要文化財。 天海による創建で、久能山から日光への改葬に際し、後水尾天皇から東照大権現の勅額を下賜している。 - 埼玉県行田市。 家康の長女であったが家康像を受領し、姫の死後に安置したのに始まるとされる。 また、川崎東照宮に置かれていた御神体が安置されているが、これは鳥羽・伏見の戦いで被災を免れるため持ち運ばれ、合祀したものである。 - 千葉県船橋市、日本一小さい東照宮を自認する• - 東京都台東区。 徳川家康の命によって藤堂高虎の敷地に設けられた。 1627年創建、1651年に徳川家光により造営替えした社殿が現存する。 関東大震災、戦災を免れており、社殿、唐門、透塀、銅灯篭、大石鳥居が国の重要文化財に指定されている。 三大東照宮を名乗っていないが、その絢爛豪華さから芝東照宮が「日光・久能山・上野に並ぶ四大東照宮の一つ」としている。 池の端参道にある石製の不忍口鳥居は、かつて内のにあった東照宮から6年に移築したもの。 元はの管轄であったが、神仏分離令により明治6年に独立の神社となる。 「日光・久能山・上野に並ぶ四大東照宮の一つ」と名乗る。 御神体の家康像は、家康が還暦になった時に作らせた物で、戦災からの罹災を免れ、都指定有形文化財になっている。 本殿は戦災で焼失し、昭和44年に再建。 中部地方 [ ]• 東照宮 - 新潟県佐渡市。 国登録有形文化財。 金沢東照宮 - 石川県金沢市。 北の丸に建立され、「 北陸の日光」と称されるが明治時代に現在地に移される。 現在の。 本殿・拝殿及び幣殿等は重要文化財。 - 長野県塩尻市。 9年(1780年)日光東照宮を勧請。 - 岐阜県高山市。 越前東照宮 - 福井県福井市、現・• - 総本宮 静岡市駿河区。 久能山はもともと武田氏が要害の地として城を築いており、武田氏滅亡後に徳川家康が領有、没前に遺命によって埋葬地となった。 後に秀忠の命によって、日光東照宮と並行して造営される。 本殿、拝殿、石の間は国宝。 また、唐門、玉垣、神楽殿などは国の重要文化財。 の発祥• - 浜松市中区。 内のかつての跡に明治になり旧浜松藩幕臣が建てたもの。 - 愛知県岡崎市。 三大東照宮を名乗る。 本殿、拝殿、中門、鳥居などは国の重要文化財。 岡崎は祭神、徳川家康の生誕地であり、岡崎城近辺に東照宮勧請を願った徳川家光によって、滝山寺境内に創建された。 明治の神仏分離によって滝山寺から独立したが、境内は同じ場所にある。 - 愛知県岡崎市。 松平家。 東照宮は現存せず不明。 - 愛知県豊田市• 岡崎東照宮 - 愛知県岡崎市。 かつて内にあった。 現在の。 岡崎本宿東照宮 - 愛知県岡崎市。 - 愛知県新城市。 三大東照宮を名乗る。 本殿や拝殿などは国の重要文化財で、境内は国の名勝及び天然記念物。 鳳来寺が徳川家康を儲けた於大の方が参籠したことを知り、感銘を受けた徳川家光と遺志を継いだ徳川家綱の命によって創建された東照宮。 - 名古屋市中区。 元々三之丸にあった為、かつて 三之丸東照宮とも呼ばれていた。 が、父家康の三回忌の翌年の元和5年に創祀したのが始まりとされる。 明治8年に現在の場所に移築される。 かつてにも指定されていたが、の戦災により焼失した為、昭和29年ににある義直の正室春姫(高原院)の御霊屋を移築して代わりに社殿としている。 近畿地方 [ ]• - 滋賀県大津市。 本殿、拝殿は国の重要文化財。 「 関西の日光」とも呼ばれている。 東照宮が派手に装飾されるようになったのは天海上人が1623年に行った日吉東照宮が初めてで、日光東照宮のひな形に成ったと言われている。 また、日吉大社は権現信仰のモデルになった日吉信仰の総本社。 東照宮 - 京都市左京区。 臨済宗南禅寺派の名刹、金地院境内に設けられる。 本殿、拝殿は国の重要文化財。 幕府の公式記録に残る家康の遺言により建てられた3社の内の一社。 家康の遺髪を祀る。 - 京都市下京区境内にあったが焼失し現存しない。 - 大阪府堺市堺区。 の戦災により焼失し、以降に再建された「東照宮 徳川家康墓」が残る。 - 和歌山県和歌山市。 本殿、唐門、楼門、廻廊などは国の重要文化財。 元和7年に家康の十男であるによりの総鎮護として、景勝地の和歌浦に創建されたのが始まりとされ「和歌の浦には名所がござる、一に権現…」などと謳われた。 「 関西の日光」(まれに「西の日光」)とも称され、日光東照宮と同じく唐様権現造の社殿や左甚五郎作と伝えられる装飾、侍坂と呼ばれる急峻な108段の石段などが知られる。 また、例大祭(明治以降和歌祭と名乗る)は江戸屈指の荘厳さを誇り、全国から見物客が訪れる規模だったという。 - 大阪市北区。 1617年造営と他の東照宮より歴史は古かったが、豊臣色が強い地に造営したなど政治的思惑が強かった。 明治6年に廃絶となり、跡地はなどに転用された。 中国地方 [ ]• - 岡山市中区、玉井宮と東照宮と同じ山に二社別々に鎮座していたが明治になり合祀された神社岡山城並びに岡山城下町の総鎮守と創建された。 全国で最初に地方に勧請された東照宮である。 本殿並びに石垣は、東照宮の建物であり、県指定の重要文化財である。 - 鳥取県鳥取市、別名 因幡東照宮、以前は樗谿 おうちだに 神社という名称であったが、2011年に改称。 本殿、唐門、拝殿などは国の重要文化財。 初代鳥取藩主、により造営。 光仲は家康の曾孫にあたり、また池田家は豊臣系大名でもあったため、幕府への恭順を示して勧進している。 慶安3年に落慶。 - 広島市東区。 広島は直接徳川家と関係しているわけではないが、広島を統治していた浅野家のの母親が、家康の三女であり、東照宮勧請に熱心であったことから。 本殿は戦災で焼失するが忠実に再建されている。 石見銀山東照宮 島根県大田市、境内。 銀山があり天領であった大森に設けられた。 脚注 [ ] []• 産経新聞、2015. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の