西武園競輪 ガールズ。 西武園競輪場の特徴とバンクデータを分析!【最新情報や歴史も紹介】|競輪タイムズ

開設69周年記念 西武園競輪(GⅢ) 8/1(木).2(金).3(土).4(日)

西武園競輪 ガールズ

西武園競輪場は1950年に開設された。 開設当初は 村山競輪場であったが、施設所有者の西武鉄道が一体の開発を進め、 西武園遊園地を建設し整備を行った。 それに伴い1954年に 西武園競輪場へ名称が変更された。 1992年に大規模改修工事が行われ、1997年に歓声した。 その際客席が屋根で覆われるように改修された。 記念競輪は4月下旬に ゴールド・ウイング賞が開催されている。 2011年は東日本大震災の計画停電の影響で中止となる予定だったが、計画停電が終了したので、急遽 がんばろう日本in西武園として開催された。 過去、1998年に 日本選手権競輪、2004年に オールスター競輪、2008年は 読売新聞社杯全日本選抜競輪が開催された。 2017年には、照明設備が整ったことでミッドナイト競輪が開催されるようになった。 漫画家の 田中誠作の ギャンブルレーサーの主人公 関優勝のホームバンクが西武園競輪場だった。 そのため、記念競輪の2日目優秀競走を ギャンブルレーサー関優勝牌として開催している。 かつて、 埼玉西武ライオンズの新人トレーニングで、自転車タイムトライアルを2002年から2011年まで行っていた。 3,西武園競輪場のクセや特徴 1周400m。 元々は500mバンクだった。 1994年に400mバンクに改修されている。 500mバンクの名残でカントが緩い。 1周は400mだが、カントの緩さと直線の短さから333mバンクと似た感じに仕上がっている。 そのため、逃げ先行の選手が有利とされている。 建物全体が高い位置から全周囲でバンクを包む一体型建築構造となっているため、風が内側に落ち込みやすい。 また走路の全周外側にポリカーボネート(透明板)が設置されているものの走路内側が数mほど大きく窪んでいる。 モデルは動物のサイ。 日本茶が好物で狭山茶しか飲まない。 好きなタイプは 松浦亜弥。 大宮競輪のマスコット、 昇竜くんと仲がいいぞ。 二人で 埼玉ラインと呼ばれている。 西武園競輪場はまとめ 西武園遊園地と併設している競輪場。 ここ数年の売り上げ低下が影響しているのか、ブームだった時代に比べ活気が弱くなっている。 記念競輪ではイベントも開催しているので、活気は溢れているがF2やF1では少し寂しい状態。 他の競輪場に比べ西武園競輪の施設は競輪場内に限定されているので行動範囲が限られており若い層のファンからすると窮屈に感じるようだ。 場内レストランやフードメニューはその分安く19年にレストランがリニューアルしているようで、おいしいと噂。 配当の傾向としては、比較的万車券が多いと感じる。 重賞も同じく万車券が多いので、うまく予想できれば稼ぐことができる。 その分配当数倍のガチガチレースも勿論あるので出場選手とライン読みは注意が必要。

次の

西武園競輪場 バンクデータと車券攻略

西武園競輪 ガールズ

西武園競輪場のアクセス・基礎情報• 西武鉄道西武園線西武園駅下車、徒歩1分。 多摩湖線西武遊園地駅からは徒歩10分ほど。 東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線新秋津駅より無料送迎バスを運行。 西武園競輪場の施設紹介 1950年(昭和25年)5月22日に開設。 開設当初は村山競輪場であったが、1954年(昭和29年)5月から西武園競輪場に名称を変更した。 記念競輪( GIII)は毎年4月下旬に「 ゴールド・ウイング賞」が開催されるのが恒例となっている。 駐車場: 隣接有料1195台(1000円/日)、周辺無料48台 入場料 :一般入場料100円 メインスタンド特観席1000円(場外開催時300円) ロイヤルルーム5000円 西武園競輪場は、市街地から著しく離れており、マイカー利用でないと 非常に厳しい立地である。 最寄駅の津軽新城駅から約3. 5kmあり、徒歩で行くことは厳しい。 なお、建物全体が高い位置から全周囲でバンクを包む一体型建築構造となっており、また走路の全周外側にポリカーボネート(透明板)が設置されているものの走路内側が数mほど大きく窪んでいるため風が内側に落ち込みやすい。 西武園競輪場のバンク・コース特徴 見なし直線距離 47. 0m バック幅員 10. 0m センター幅員 7. 5m 西武園競輪場 は コース周長は一周 400m。 比較的カントが浅く直線が短い。 333mバンクに近い性格のバンクと言える競輪場である。 西武園競輪場の 決まり手 1着決まり手:【逃げ29%】・【擦り31%】・【差し40%】 2着決まり手:【逃げ19%】・【擦り14%】・【差し25%】・【マーク42%】 主な 開催レースとしては、• ゴールド・ウイング賞• がんばろう日本(GIII)in 西武園 西武園競輪場 地元選手 S級2班 小橋 明紀選手 (73期) S級2班 佐々木 孝司選手 (84期) S級2班 伊藤 大志選手 (86期) ガールズ 佐藤 友香選手 (110期) ガールズ 奈良岡 彩子選手 (104期) 西武園競輪場まとめ 元々500mバンクで始まってから、 400mへと改修され現在に至っている。 旧バンクを基にしてあるためカントが緩くなっている。 このため1周400mの標準的なバンクだが、カントの緩さと直線の短さからか333mバンクのような性格を持っている。 また、 逃げ・先行タイプの選手が有利といわれている。 一緒に読まれている記事•

次の

WINTICKET

西武園競輪 ガールズ

二日目のガールズケイリンは やはり2レースとも固いレースで 強者が圧倒するレース結果だった。 注目されている選手の中では 太田りゆ選手なんかは初日の様子見から一転。 一気に先行逃げ切る作戦に出るなど 工夫もみられるレースだった。 唯一強者である 奥井迪選手が不調気味であることが心配だ。 気温が安定しない状態が続いているのでもしかして バテなのかもしれないが しっかりと逃げ切って2着取れているのは流石であると言える。 それでは最終日の関東カップ・サンケイスポーツ杯の ガールズケイリンを予想していこう。 まだバック回数がある 7 関口美穂選手が前団前受けをする 可能性があるがここぞとばかりに勝利を取っておきたい 選手達からするとレースは低スピードの展開になる可能性が高い。 成績的には 1 青木美優選手と 2 荒川ひかり選手の二人が中心。 この二人はマークからの入着がうまいので 他選手を専攻させることが出来れば 上位入賞は固い。 6月は地区内あっせんになっているからこそ ならでは決勝レースと言える。 ナショナルチーム所属の 1 太田りゆ選手すら負かす 5佐藤水菜選手が1着は固いか。 他にも 7 鈴木美教選手も絶好調とあって混戦は必至だ。 1太田りゆ選手は二日目でバンク慣れしたようで 一気に逃げ切る大胆な戦法に出てている。 2着にはなっていたが調整を含めていることを含めれば 決勝レースに向けた意気込みと言える。 5 佐藤水菜選手の元々のポテンシャルもあるが 仕上がりは完璧と言える。 7 鈴木美教選手も完全優勝に王手をかけているので 一騎打ちのレースになるだろう。 固いレースとは言い難い難しいレース展開になることは間違いない。 デビュー戦1着を取ったが 最終日は失格してしまい苦いデビューになってしまった。 1年後の前橋競輪で初優勝を飾り また翌年の弥彦競輪で2度目の優勝を果たす。 年々勝ち数も増えてきている。 学校成績が5位での卒業だったので 遅めの開花ではあるが 23歳と身体的な成長も勿論あるので どのように選手として進化するのかが気になる選手だ。 戦法もバックを踏みに行く前姿勢や 後方から捲りや差しといった幅広い戦法を駆使している。 そのため競輪学校で徹底先行を教え込まれて それだけに視野を狭めてしまった 選手達とは毛色が違う。 2着3着率は悪くなく頻度で車券に 絡むことが出来る選手なので 出場した際は出走メンツによっては 期待してもいいはずだ。

次の