死に た がり。 死を使用した俳句

小学2年生の娘が「死」を怖がります

死に た がり

概要 [ ] 6月26日、同年春に時津風部屋に新弟子として入門した時太山(当時17歳)が時間中に状態となり、搬送先ので約1時間後に死亡が確認された。 で時太山を搬送したは、巡業先を管轄するに「の可能性あり。 の疑い」と連絡していたが、病院の医師は死因をと診断、犬山署はに変更して発表した。 遺体に残された外傷や「死亡した新弟子はを使っていた」という、新弟子に死因の責任を転嫁する当時の師匠・15代(元小結、本名・山本順一)の発言などから時太山の両親が死因を不審に思い、地元のに遺体を搬送し同月28日にで公費承諾解剖を実施したことから、暴行の事実が発覚した。 検察側の主張によると、時太山が稽古や人間関係の厳しさから部屋を脱走したことに15代時津風が憤慨して6月25日にで額を殴り、さらに数人の力士に「」と暴行を指示したとされる。 翌26日も通常は5分程度のぶつかり稽古を30分ほど行い、彼が倒れた後も蹴りを入れたりで殴打するなど集団暴行した。 警察の任意取調べに対して15代時津風や数人の兄弟子が容疑を認めた。 こうした事態を受け、は2007年10月5日に15代時津風をした。 日本相撲協会が年寄を解雇したのは1997年1月の16代(元小結・)以来2例目、部屋持ち親方としては史上初のことであった。 なおその後、2010年のにより、部屋持ちであったが解雇されている。 2007年10月9日、解雇された15代時津風の後継として部屋を継承するためにが急遽現役を引退し、16代時津風を襲名した。 時津海の引退と年寄襲名により、日本相撲協会は2007年11月場所番付に於いて引退した時津海が位置する予定であった西前頭11枚目を空位にするという措置を取った。 これは、時津海が年寄「時津風」として番付に掲載されることにより番付上の重複を避けるためである。 幕内の番付で空位が発生したのは一部年寄の専横に抗議の声を上げ、(明治6年)11月場所番付で力士名を墨で塗り潰された当時の東京相撲西関脇・、前頭筆頭・以来134年ぶりの珍事となった。 愛知県警は死因特定の遺体の組織検査の結果、長時間にわたる殴打や圧迫を受けてした筋細胞から血液に漏出したやが通常よりも高い値で検出され、これによりの症状を示したことが死亡の原因になったと判断した。 火の点いた煙草を押しつけたと思われる火傷の跡などもあり、暴行と死亡との因果関係が立証されたため、2月7日、元15代時津風と少年の兄弟子3人をおよび容疑でした。 また、に無断で遺体を火葬しようとしたことも発覚しており、暴行の事実を隠蔽しようとした疑いがもたれた。 また同年2月29日に、元十両らこれとは別の兄弟子3人(うち1人はこの時点で引退済)が愛知県警にされた いずれも不起訴処分。 現役の2名は3月場所の出場停止処分を受けた。 兄弟子の1人は、自身のにおいて脱走した新弟子を連れ戻した父親が部屋にとどまることを懇願した2007年6月20日、新弟子は部屋の屋上で喫煙し吸い殻を階段から投げ捨てており、日頃から近隣の苦情を受けていた15代時津風の妻がこれに憤慨し暴行を指示したと証言している。 なお、この暴行の際に十両以上の力士は不在であったとされている。 逮捕に際し、日本相撲協会は一定の反応は示したものの協会として反省・総括を一切示すことなくのちに平常通り活動を行っている。 なお、力士への稽古指導が刑事事件へ発展したのは協会が発足して以来初めてのことである。 マスメディアが日本相撲協会による事情聴取について取材しようと時津風部屋に駆け付けた際に時津風部屋所属力士が憤慨し、カメラマンに暴行する事態も発生している。 刑事訴追 [ ] 12月8日、暴行に関わった兄弟子3人はにて付きの有罪(うち2人は3年・執行猶予5年、1人は懲役2年6月・執行猶予5年)が確定し、これを理由として相撲協会を解雇されている。 5月29日、名古屋地方裁判所は元15代時津風に対し懲役6年の判決を言い渡した。 15代時津風は即日しを申請した。 この申請が認められ、同日、を出所した。 は1,000万円。 4月5日、にて控訴審の判決が言い渡された。 名古屋高裁は一審終了後に元15代時津風がを被害弁済に充当したことなどを情状として酌量し、一審判決を破棄し新たに懲役5年の実刑判決を下した。 元15代時津風は即日したが、8月29日付では上告を、二審の懲役5年の実刑判決が確定した。 8月、仮釈放中に都内の病院でのため64歳で死去した。 末期がんのため刑の執行が停止された状態であったといわれる。 2015年2月12日にが発表したところによると、全国の警察が2014年に取り扱った死体総数16万6353体(交通事故・関連を除く)のうち、事件性の有無を判断するために検視官が現場に立ち会った「臨場率」が、前年比9. 6ポイント増の72. 3%で過去最高であった。 これは時津風部屋力士暴行死事件をきっかけに、上のポイントとされる検視官が増員された結果であるとされる。 脚注 [ ] []• 2007年11月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年9月27日閲覧。 2009年7月29日閲覧。 おかみも暴行指示「やれ」 2008年 10月11日 閲覧• 2009年7月29日閲覧。 2012年2月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年8月30日閲覧。 毎日新聞. 2014年8月12日. の2014年8月13日時点におけるアーカイブ。 2015年11月11日閲覧。 毎日新聞 2015年2月12日 22時40分 2015年2月24日, at the. 関連項目 [ ] ウィキニュースに 序ノ口力士集団暴行致死事件に関するニュースがあります。

次の

死に た がり

小学2年生の娘がほぼ毎日「死ぬってことを考えちゃって怖いよ〜」といいます。 私は子供たち(子供は二人います)が寝るころ仕事に行くのですが、私が仕事でいなくて子供たちだけで寝るときやお風呂で一人になったりすると頭に浮かんできてしまうそうです。 主人は寝相がとても悪くて一緒に寝られないので別室です。 楽しいことを考えたりすれば?と言っているのですがどうしても怖くなってしまうようで…。 「死」のどういうことが怖いの?と聞いてみたところ、どうやら「死にたくない」という気持ちみたいです。 特に不幸があった訳でもないし、なぜそんなことを考えるようになったのか…判りません。 それを強烈に感じさせる対象が「死」というフレーズな気がします。 娘さんはいまの生活がかけがえのないくらい充実しているのでしょう。 幸せだからこそ、そこから自分の存在がパッと消えたら どうしよう…と怖くなるのかもしれません。 私はそれくらいの年頃のお子さんが死を恐れるようになることはいい事だと思います。 そういえば、私は小さい頃自分が死ぬとは微塵にも思わない代わりに お母さんや弟が死んじゃったらどうしようと怖がっていました… お父さんとお母さんがちゃんと見てるし守ってるから〇〇ちゃんは死なないよ。 1人の時は危ないと思ったり怖いと思う場所に近付かないようにすれば大丈夫。 それと〇〇ちゃんと同じくらい周りの人や動物も死にたいとは思っていないのだから 自分だけでなく周りの命も大事に考えてごらん。 とりとめないけど、もし言うとするならこんな事くらいでしょうか。 ユーザーID: 3378930927• 感受性の豊かなお嬢さんですね。 私は小学生の頃、自分が死ぬわけないと思ってました(笑)。 成長している最中で生命力に溢れているし、死を身近に感じたことが無かったからでしょうね。 人はいくつになっても、死にたくないものですよ。 還暦を過ぎた母もそう言っていますし、80歳で他界した祖母も、死の間際まで自分の死にあらがっていました。 私は30代半ばですが、最近、死ぬのがとても恐くなる時があります。 たぶん、他にストレスや悩みがないからだと思います。 ストレスがたくさんあったときは、そんなこと考えもしなかったので。 私はこう考えました。 たぶん、死ぬということは、この世からあの世に魂が移動するだけなのでしょう。 肉体は滅びますが、魂はあの世に行って、先に行っていた祖父母や両親に再会できるのではないでしょうか? そう考えると、そんなに恐くなくなりました。 ユーザーID: 5600254175• オカルトチックな話は好きではありませんが… 私の場合は中学の時に同様な時期が有りました。 目を閉じると明日が来ないかもしれない。 と、思ってた時期が有りましたから。 だって死んじゃった後には語れませんから。 チョット早い思春期不安症候群だと思います。 ユーザーID: 1153354909• 逆に >特に不幸があった訳でもないし 逆に、だからって事も無いですか? 何かのアニメやドキュメントやら、もちろん世の中でも死は嫌だと言う方向性が大半です。 イメージとして嫌悪感や恐怖があるという意味では、実害が無いのに親や大人が嫌がるから虫が嫌い、闇が嫌い、お化けや幽霊が嫌い、と同じ理屈にも思えます。 乗り越えかたとしては、 例えばそうじゃ無い全うしたような人生の話しを伝記などで読み聞かせる。 こういう生き方もあるんだと。 でも誰かのためになってるんだよと。 悲しいだけではないんだと。 精神論というか。 もう一つは、怖いは怖い論、ママだって怖い、だからこそ生きてるうちに貴女達と一緒の幸せな時間を過ごすのに一生懸命なの。 有限でだからこそって説明です。 ネイティブアメリカンの「うまれた時は貴方が泣いて周りが笑っていた、だから死ぬときは貴方が笑って周りが泣いてくれるような人生を」って感じで。 現実的論調というか。 しかし小学生低学年で死についてとは感受性強いですね。 この才能をプラスにするかマイナスにするか導くのは親の頑張りどころかもしれませんね ユーザーID: 2389570358• 妊娠・出産・育児ランキング• パパと一緒に寝る 私も小学校二年生の時、「はだしのゲン」の絵本を読んでからしばらくの間、寝ているあいだに頭の上に原爆が落ちてくるんじゃないか、みんな死んじゃうんじゃないかと、不安で不安でたまらなかった時期がありました。 娘さんも、何か本を読んだのではないでしょうか? 私の場合は、母に「戦争じゃないんだから、爆弾が落ちてくるわけないでしょ」「死ぬわけないでしょ」といくら言われても、夜に暗くなるとどうしても怖くなってしまってしょうがなかったです。 恐怖が薄らぐまでの間、旦那様に一緒に寝てもらったらいいのではないでしょうか。 「パパ寝相が悪いから、一緒に寝たくなーい」なんて言えるようになったら、もう大丈夫です。 恐怖を取り除くのに一番効果があるのは、言葉より何より、信頼できる人の肌のぬくもりです。 トピ主様が無理なら、お父さんと添い寝をさせてあげたら娘さんは安心すると思いますよ。 ユーザーID: 4099349184• 普通ですよ 小学生くらいの子は、寝る時に「死んだらどうなるんだろう。 」と考えることが多いと聞きます。 寝ている間は意識がない。 自分という存在が無くなってしまっている。 寝てしまって起きる事が無かったら、それは死んでいる、ということなのか。 永久に「自分」という意識が復活して来なかったら、自分はどこに行くのか、どこにいるのか。 というループで怖くなるそうです。 不幸があったわけではない、との事ですが、小学校2年生だとまだまだ「自分が寝る時にお母さんがいない」という状況は不安要素です。 何かを言って安心させることは難しいと思います。 事情が許せばお仕事を検討されてはいかがでしょうか。 ただ、時間をずらして「子供が寝てから仕事に行く」は、夜に子供さんが目覚めた時、更に大きな不安を感じさせてしまうと思います。 ユーザーID: 4558812338• 私もそうでした1 原因 私も小さい頃、死ぬことが怖くてたまりませんでした。 毎晩母の耳元で「明日の朝、私死んでないよね?」と 確認してから寝ていました。 今年48になる今でも 人よりは死に怯えた気持ちを持っているかもしれません。 今、トピを拝見して改めて考えながら書いています。 私の母は自宅で開業しており、 いつも忙しく、愛情表現もあまりせず、そっけない人でした。 恐らく、人より繊細だった私は常に「安心」を求めていたのに、 そっけない母に甘えられず、 母は何かというと不安がる私を面倒に思っている様子でした。 小さい不安をその都度潰していれば、心は安定し、 そんな壮大な恐怖に気づかないままでいられたのかもしれません。 私は一人っ子で、一人で過ごす時間が多く 一人遊びをしながら小さい不安が次の不安を呼び、 究極の不安、死の恐怖にとらわれてしまったのだと思います。 また、私は父が55歳の時の子で、父には心臓に持病があったため いつも「死」が隣合わせにあった事も、ひとつの要因だと思います。 続きます) ユーザーID: 0123583846• 私もそうでした2 続きです) 自分を振り返った時、 お嬢さんが漠然とした不安を抱えていて、 それを解消できていないのかな? と感じました。 お嬢さん自身も、何が原因で 死が怖くなったのかまだわからないでしょうね。 以前どこかで読んだのですが 「死ぬのは今じゃなくて、もっとずっと先。 もっと大人になれば、色々たくさんのことを経験して たくさんのことを知って、怖い気持ちは薄まるよ。 だから子供の今はあまり考えないこと。 」 この理屈は成程、と思いました。 でもちょっと大人向けかな? または 「じゃあ、出来るだけ死から遠ざかるように 健康的な生活をしようか。 事故に遭わないように気をつけて、 病気にかからないように、早く寝て沢山笑おう! まず出来ることからやってみて、怖い心と戦おう!」 とかはどうでしょうか? 私だったら、ひたすら 「大丈夫!死ぬわけないよ。 明日も元気だし、あさっても元気! ママが保証する!」 と言って欲しかったかなぁ? あまりいい案じゃなくてごめんなさい。 ユーザーID: 0123583846• トピ主さんは? トピ主さんはそんな時期はなかったですか。 私はありましたよ。 自分が死んだら世界はどうなるのか。 いやいやもっと即物的に、お棺で焼かれて熱くて 苦しかったらどうしようとか 笑 なので私なら 「ママもおんなじこと考えた」と話してあげると思います。 そうすると普段しないような親子の会話がもてますから、 それだけで心がすっきり「私だけじゃない」と 安心できるんじゃないでしょうか。 実際人が死んだらどうなるか、この世の誰にもわからないです。 ですが「死にたくない」と思えるのは、 生きているのが楽しいということ。 家族やこの世界が大切だということです。 死にたくないと思えるあなたは幸せ。 いじめられたりして元気がなくなる人は 自分からしにたいなんていうんだよ。 だから死ねとか人に言ったり言われたりするのは嫌だよね。 そんなふうに死から広がっていく話を沢山してあげてください。 ちなみに私は親に死の話をした所 「人は土になって終わり」で終了されてしまったので ギャグ漫画 「がきデカ」! を読み死の恐怖を忘れました 爆 死はタブーではありません。 会話を楽しむつもりで。 ユーザーID: 8462602757• 少し難しい話ですが 私自身、同じ年頃のときに死について考えた時期がありました。 毎晩、布団に入ると考えてました。 『死ぬってどういうこと?』 『死ぬ時は苦しいかな?どれくらい苦しいのか。 耐えきれないほど苦しいから死ぬんだな。 』 『私が死んだらどうなる?この世界は私がいなくなっても続いていくのか?私が生まれる前にも世界は本当に存在したのか?』などなど、毎晩毎晩考えて怯えていたように思います。 なんて言葉を掛けたらいいのかはわかりませんが、成長の過程と捉えて見守るしかないように思います。 人はいつか必ず死ぬのだし、死は怖くて当然だし、お子さん自身がその答えに辿り着くしかないかと。 一通り考えたら、ひとつ大人になると思います。 ユーザーID: 1202415921• そういう時期 私も主さんのお子さんと同じ年齢の頃「死ぬのが恐い」と泣いた事があります。 TVや本などで見る『死』の描写や道で死んでいた動物の『死』の映像。 無意識に目にしていたものが溜まって「死ぬってなんだろう」という考えになり 気がつけば頭を過り突然恐くなり泣いたりしていました。 その時、祖母に言われた言葉は 「何いってるの(笑)死ぬと体が無くなるだけでみんな天国に行くんだよー。 動物も人もみんな天国で暮らすの!」 「天国はとっても良い所で辛い事も悲しい事も無い所だよ楽しい事が沢山ある」 「ひまわりは絶対に婆や家族より先きに死なないしひまわりが死んだら 婆が天国の入り口で待っているからまた一緒に暮らせば良い。 」 「ね?寂しくないでしょ?(笑)」 と抱きしめて背中をとんとんしてくれました。 そして最期に 「神様が「おつかれさまよく頑張ったね」とお迎えにきてくれるまで 一生懸命に頑張って生きようね。 婆も頑張るよ!長生きするよ」 と言ってくれました。 その時に死ぬのは恐くないかもと思った事を今でも覚えています。 婆の魔法の言葉でした(笑) ユーザーID: 4762057774• 私も似たような経験をしたことがあります 私も子供の頃に似たような経験をしたことがあるので書き込みをさせていただきました。 ちなみにトピ主様の娘さん同様、特に不幸な経験もない一般的な家庭で育っています。 私の場合は、小学4年生の頃だったと思います。 ベッドに入って目をつぶったとき、ふと「もし死んだらどうなるんだろうか。 」と考えた時がありました。 「いま目を閉じたときのように、真っ暗な世界が広がっているのだろうか。 それとも真っ暗だということを感じることすらできないものなのだろうか。 」 と考えました。 そう思った瞬間、死というものがとてつもなく怖くなった記憶があります。 私の場合は、ならば「死ななければいい、不老不死の薬を作ろう!」などと、子供らしい?安易な考えに至ったわけですが… 逆にその経験があったからこそ、命に関して考えるようになり、今の道に進んでいるような気がいたします。 要はなにを申し上げたいかといいますと、特に心配することはございません! ただ、娘さんのお話をよく聞いてあげてください。 そこから何か、私のように将来の目標ができるかもしれませんよ? ユーザーID: 7683188359• だいじょうぶ 生きている人は死を経験したことがありません。 なので死というものがよく分かりません。 誰だって知らないものは怖いですよね。 まして人生経験豊富なお年を召した方ならともかく、 先が長い子供なら想像するしかないし、 いくら想像しても怖いと思ったものは怖いでしょう。 娘さんはそもそも死ぬことがどういうことかが分かってないはず。 世の中には色んな病気や事故や事件があるので、今この瞬間は生きているけど 明日は誰にも分かりません。 死ななくても何らかの障害を負って寝たきりになる可能性もありますし。 死に対する恐れに対して簡単に答えは出ません。 親として子供のあなたを守るし、充実した人生を送って欲しいと 心から願っているので、死を恐れてばかりいるより 勉強も遊びも頑張って楽しく毎日を過ごして欲しいと 言ってあげてはどうでしょうか。 死を考え始めると自分の命が永遠でないことに気づき、 命の素晴らしさや尊さを考えるきっかけになるはずです。 ユーザーID: 0841114125• 大丈夫だよと言い切る。 私も4〜5歳頃からずーっと考えていて、今も考え続けています。 生まれた以上、誰もが避けては通れない永遠のテーマですよね。 ここで、真摯に向き合うか、適当にいいかげんな答えをするか否かで、親の真価が問われるといっても過言ではないでしょう。。 お母さんが夜いなくて淋しいとか、そういう事情は関係ないと思いますよ。 というか、不思議なのは娘さんがもっと幼い頃に、絵本の読み聞かせなどはなさらなかったのでしょうか? 小さい子どもの絵本には、「葉っぱのフレディ」を筆頭に死にどう向き合うか、そして愛や生きる意味といった深いテーマを扱うものが多いですよ。 お休みの日に一緒に図書館に行って、そういう絵本を探してみられては?司書さんに聞いてみてもいいですし。 谷川俊太郎さんが、そういった絵本を数多く手掛けていらっしゃいます。 ユーザーID: 2271424262• トピ主です みなさんありがとうござます。 まっきーさんまで読ませていただきました。 確かに寝るときに私がいないことが一番の原因かもしれません。 仕事を辞められればいいのですが経済的な理由もあってすぐには辞められないので、今の状況でなんとか子供を安心させてあげたいですが…。 主人と一緒に寝てくれればいいのですが、主人は「添い寝」のようなことはしてくれないので娘が一緒に寝たがりません。 トピ主は怖いことがなかったか?というレスがありましたが…実は私も小学生の時から怖いものがあります。 それは「宇宙」です。 「地球が無くなったらどうなるんだろう」「宇宙が無くなったらどうなるんだろう」と考えると怖くなって今でも冷や汗が出ることがあります。 普段は忙しくて忘れていますが、ふと思い出してとても怖くなります(苦笑) 小さい時は誰に相談しても「大丈夫」「その時はみんな死ぬから心配ない」としか返ってこなくて、それに対して私は「みんな死んじゃうのになにが大丈夫なの…」と思っていたので、今回娘に掛ける言葉が見つかりませんでした。 娘にはみなさんのアドバイスの声かけをしてみます。 ユーザーID: 0631931772• あなた自身はどうお考えに? 子供に限らず、死というものは恐怖感がありますね。 子供は深く考えすぎて眠れなくなってしまったり色々あるんでしょうが、大人はじゃぁ死に対して何か考えを持っているかといえば そうでもなく、ごまかしごまかし日々を適当に過ごすことでやり過ごしているひとが多いのではないでしょうか? 人によっては毛嫌いするかもしれませんが、私はあくまで一つの「考え」として魂というものが存在していると思っています。 即ち人は肉体は死んでも魂は残りいわゆる「あの世」の世界に行くという考えですね。 「この世」からおさらばするのは寂しいことですが、まったく無になるという考えより 魂は永遠に生きながらえるという考えを持てば恐怖はなくなると思います。 私自身霊感というものがあるわけではありませんので、 あくまで一つの考えとして子供には教えていこうと思っています。 ユーザーID: 5999879774• 私もそうでした! 私も「死」がとても気になる子供でした。 なぜなのか…わかりません。 母は専業主婦で、世話焼き?妹思い?な姉がいつも一緒でしたから さみしい思いをしたわけではありません。 でも、なぜか…「死」が怖かった。 母に「死ぬってどうなるの?痛い?怖い?真っ暗?」など質問攻めした記憶があります。 母は「怖いとか痛いとかは感じる、考えること。 死んだ後は何も感じないし考えない痛くもない。 何もない。 だからおびえなくていい。 」というような説明を受けました。 そして、同時に「おばけ・霊」も怖がっていたら 母は「幽霊?いないよ。 いるならお母さんのお父さん 母が8歳で戦死)に幽霊でいいから来てほしい。 幽霊になれるなら、きっと会いに来てくれるはず。 でも、来てくれたことはないから、幽霊はいない。 死後の世界もない。 」と言いました。 お子さんが何で納得するかわかりませんが、「大丈夫」であること 守れる限りパパママがいつも全力で守っていると 抱きしめて行ってあげてください。 お嬢ちゃんにもきっと私のように自分なりの理解できるポイントがあると思いますよ。 ユーザーID: 8541040319• 娘さんに 私もちょうどお嬢さんと同じくらいの時期「死」というものを考えました。 夜布団に入るまでは楽しく過ごしていたと思うのですが、真っ暗になると 「人は死んだらどうなるのかな」「燃やされて骸骨になるなんて怖い」 同じく身内に不幸があったわけではないのですが、ちょうど死ぬってことが分かってきた時期だったと思います。 その時の私に言ってあげたいのは、皆さんとかぶりますが 「あなたがこれから長いこと充分生きて、いつかもう死んでもいい、怖くないと思えるときが来る。 それは何十年も先のことだから今は絶対死ぬことは無いし大丈夫だよ。 」こんな感じでしょうか。 ちなみに私は自分のこんな気持ちをお母さんに言えませんでした。 一緒に添い寝しなくていいと思います。 お布団に入る前に抱きしめてあげて下さい。 ユーザーID: 5215938368• 私も同じ頃死を認識しました。 はじめまして、 私も娘さんと同じ年代の頃、 死を認識しました。 娘さんと同じ小学2年生の時、母の父親が亡くなり葬式に参加して、火葬場で、 祖父がだびにふされるのを見て、遺骨を壷に収めるシーンを見た時、親戚の人に 『死ぬと、二度と、目が覚めなくなり、こう言う所で焼かれて骨になって、壷に収められ、お墓に埋められ、二度と 帰って来る事出来なくなるんだよ』と教えられ 骨を壷に収めるシーンを見て、ショックを受け、死の恐怖をしりました。 その日の夜、火葬場での事を思い出し恐ろしくなり、眠る事出来なくて、泣き出してしまった記憶があります。 それまでも、元気がなくなって食事もとらない私を母が心配をして、事情を聞いた母が『病気や事故に気をつけて毎日楽しい事を考えていれば大丈夫よ』言ってくれて 一緒に 寝てくれた事覚えています。 でも、その後も中学生になるまで、死に関するものには近寄れないで、いました。 もちろんテレビでその関連の番組もさけてました。 ユーザーID: 3995442224.

次の

NHKスペシャル 老衰死 穏やかな最期を迎えるには

死に た がり

「今まで積み上げてきたから」自然との声 最終話では、喜美子と武志が陶芸工房で抱き合う場面が、武志が登場する最後のシーンとなった。 喜美子がおもむろに「ギューしたろか?」と声をかけ、戸惑う武志を抱きしめる。 武志は抱きしめられながら「幸せや」とつぶやき、喜美子も幸せを胸に刻む。 そして場面は2年後へと切り替わり、ナレーションが入る。 「武志は26歳の誕生日を前にして旅立ちました」 続けて映し出されたのは武志の作品。 登場人物たちと生前の武志をしのびながらも、穏やかに生きる喜美子の日常が再び描かれた。 主人公の息子が「ナレ死」となったことは、ネット上で反響を呼んだ。 ツイッターでは、「まさかのナレ死」「あっけなくナレ死とは」と驚く声がある一方、 「怒られるかもしれないけど、武志のナレ死のシーン好きだな... なんか最期まで幸せに日常を生きたんだろうなって感じがして」 「批判されがちなナレ死なのに、無理なくこんなに自然なのは、今まで積み上げてきたからなんだよね」 「ナレ死だからこそ、喪失の後に続く生活、生き続ける尊さがすごく丁寧に描けてると思うの」 といった好意的な意見も多くみられる。 スカーレットに対しては「死よりも生を描く作品」といった声もあがっている。 それは武志の死後に、「武志の作品は生きています」というナレーションが入っていることからも伺える。 多くの視聴者は「ナレ死」も含め、日常を丁寧に描いた「スカーレットらしい」最終話と受け止めたようだ。

次の