アンリイッシュ・ビースト。 厳選した最高峰宇治抹茶を使用。アンリ・シャルパンティエの「天峰」

コスモウム

アンリイッシュ・ビースト

俺は誰とも つるむつもりはねえ。 CV: 概要 学年 1年B組11番 誕生日 10月11日 天秤座 年齢 16歳 身長 192cm 利き手 右 出身 輝石の国 部活 陸上部 得意科目 防衛魔法 趣味 サボテン栽培 嫌いなこと 無駄な喧嘩 好きな食べ物 洋ナシのコンポート 嫌いな食べ物 ねぎ 特技 スノーボード 寮の新入生。 個人のロゴはオオカミの顔。 人物 己を磨く事に余念が無いストイックな性格。 群れで順位制度を形成するというオオカミの風貌に違わず序列を重んじているが、自身より力の劣る相手であれば従うつもりはないという実力重視の一面もある。 正々堂々と勝負する事を好み、卑怯な手段を用いるような相手には怒りを見せる事も。 また、勉強にも真面目に取り組んでおりテストには実力で高得点を取っている。 また当人によると十時には寝る生活をしている。 (エースなどからは真面目と驚かれた) 本編やホームボイスでの事を「危なっかしいから」等と言って気に掛ける面倒見の良いところもある。 しかし真面目故に天然気味な行動もしでかす事があるようでとあるパーソナルストーリーではのキクラゲの台木を台無しにしたお詫びにモストロ・ラウンジで一時期働く事になった時は「清潔感のある服を持って来てくれ」と言われて 実験着の白衣を着て仕事に臨んでいた。 流石に驚きを隠せなかったの寮生達だったが彼の優秀な仕事ぶりと実直さには感心した。 尚、真面目ではあるが「他人の為に動く奴は信用ならねぇ」と言っているので正義感があるワケではない。 あくまでも「自分が許せるか許せないか」という自分の感情で動いている。 そうした性格故か問題児が多い当作品のキャラの中では比較的に入るキャラである。 そんな貴重な人材ではあるが周りからは「 自意識高くてメンドくさい」という辛辣な評価を受けている。 陸上部に在籍し運動を得意とするサバナクロー寮生らしい人物。 同じ寮生であるやと比べてもかなり筋肉質な体躯をしている。 野性的な外見ではあるが夕焼けの草原出身のレオナたちとは違い、のやのと同じ輝石の国出身。 ヴィルとは面識がある様子。 マジフトも上手いがラギー曰く「個人プレイが目立つ」らしい。 ちなみに狼の獣人族は生涯ただ一人を愛するらしく、祖父母に両親も食事や散歩など常に一緒に行動をしており不特定多数に好意を持たれるというのには興味がない。 (現実の狼もそういう生態である) 容姿 褐色の肌、少し前髪を垂らしつつ逆立てた銀の髪、琥珀色をした三白眼。 大柄な体格で三白眼という事もあり、一見すると近付き難い雰囲気をしている。 余談だが監督生が初めて彼を見た時「 マッチョが犬耳カチューシャとは斬新な」という強烈な第一印象の選択肢がある。 本編・イベントでの動向 本編 初登場は姿だけだが第1章「深紅の暴君」。 第2章「荒野の反逆者」で本格的に登場。 自分の所の寮の黒い疑惑には目を瞑り 自分の寮を裏切る事になるので 、事件の調査をする達に監督生達も突っぱねていたが最終的には監督生達に協力した。 本編第3章「深海の商人」では学園長から押し付けられた頼みを引き受け、とある契約を結んだ監督生に同行する事に。 一時期オンボロ寮を追い出された監督生とを自分の寮に匿うなど積極的にサポートした から「優しい」などとからかわれたが本人は否定。 因みにこの章でから「ツンツンしててウニみたい」と「ウニちゃん」と名付けられた。 第4章「熱砂の策謀家」のホリデーでは育てているサボテンをもって帰路へとついていた。 休み明けではスキーをしていたせいでスキー焼けをしていた。 ハッピービーンズデー 怪物チームに所属。 優れた身体能力に目を付けたアズールに共闘を持ち掛けられ成り行きで共闘する。 高い身体能力とアズールが見つけ出していたアイテムから文字通り怪物となった。 (アズールのような参謀がいなかった場合、良くも悪くも真正面からの勝負を好むので策略で捕まっていた可能性はある) ゴーストマリッジ 高身長組の第一陣に任命。 呼ばれた当初は事情が分からずに戸惑っていた。 作戦とはいえ偽りで愛をささやくということには乗り気ではなかったがレオナやヴィルの被害もあり対応する。 が、剣を使えるか? と、言う質問に拳一つと答えたためにビンタを受けた。 なお、レオナが一番に失格を受けたことに関してこの中で本物の王子なのにと嘆いた。 ユニーク魔法 魔法名 【 月夜を破る遠吠え アンリイッシュ・ビースト 】 効果 自身を銀色の巨大な狼へと変身させる レオナから禁術である変身薬を使ったのかと思われたがれっきとした自分自身の魔法。 余談だがジャックは他の一年生達 内は未判明だが と違い唯一ユニーク魔法を習得している。 披露したのは一瞬だったが、狼の様に吠えていた為この姿になると人語は話せなくなるのかもしれない ヒトの姿でも狼の様な唸り声を上げる事もあるが。 余談 厳つく不良っぽい見た目をしているが、本当に不良である。 彼の元ネタについてははっきりとこれだと言えるキャラがライオンキング内ではいない。 強いて言えばスピンオフ作品『ライオン・ガード』に登場するジャッカルのヴィランズ、レイレイが考えられる。 しかしこれ以上に可能性があるキャラが直接関係のない作品で予想されている。 それは実写のディズニー映画『ホワイトファング』に登場するウルフドッグ「ホワイトファング」。 こちらのストーリーは彼の性格に通じるものがある。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

大阪限定☆『アンリ・シャルパンティエ』の「えびすフィナンシェ」

アンリイッシュ・ビースト

俺は誰とも つるむつもりはねえ。 CV: 概要 学年 1年B組11番 誕生日 10月11日 天秤座 年齢 16歳 身長 192cm 利き手 右 出身 輝石の国 部活 陸上部 得意科目 防衛魔法 趣味 サボテン栽培 嫌いなこと 無駄な喧嘩 好きな食べ物 洋ナシのコンポート 嫌いな食べ物 ねぎ 特技 スノーボード 寮の新入生。 個人のロゴはオオカミの顔。 人物 己を磨く事に余念が無いストイックな性格。 群れで順位制度を形成するというオオカミの風貌に違わず序列を重んじているが、自身より力の劣る相手であれば従うつもりはないという実力重視の一面もある。 正々堂々と勝負する事を好み、卑怯な手段を用いるような相手には怒りを見せる事も。 また、勉強にも真面目に取り組んでおりテストには実力で高得点を取っている。 また当人によると十時には寝る生活をしている。 (エースなどからは真面目と驚かれた) 本編やホームボイスでの事を「危なっかしいから」等と言って気に掛ける面倒見の良いところもある。 しかし真面目故に天然気味な行動もしでかす事があるようでとあるパーソナルストーリーではのキクラゲの台木を台無しにしたお詫びにモストロ・ラウンジで一時期働く事になった時は「清潔感のある服を持って来てくれ」と言われて 実験着の白衣を着て仕事に臨んでいた。 流石に驚きを隠せなかったの寮生達だったが彼の優秀な仕事ぶりと実直さには感心した。 尚、真面目ではあるが「他人の為に動く奴は信用ならねぇ」と言っているので正義感があるワケではない。 あくまでも「自分が許せるか許せないか」という自分の感情で動いている。 そうした性格故か問題児が多い当作品のキャラの中では比較的に入るキャラである。 そんな貴重な人材ではあるが周りからは「 自意識高くてメンドくさい」という辛辣な評価を受けている。 陸上部に在籍し運動を得意とするサバナクロー寮生らしい人物。 同じ寮生であるやと比べてもかなり筋肉質な体躯をしている。 野性的な外見ではあるが夕焼けの草原出身のレオナたちとは違い、のやのと同じ輝石の国出身。 ヴィルとは面識がある様子。 マジフトも上手いがラギー曰く「個人プレイが目立つ」らしい。 ちなみに狼の獣人族は生涯ただ一人を愛するらしく、祖父母に両親も食事や散歩など常に一緒に行動をしており不特定多数に好意を持たれるというのには興味がない。 (現実の狼もそういう生態である) 容姿 褐色の肌、少し前髪を垂らしつつ逆立てた銀の髪、琥珀色をした三白眼。 大柄な体格で三白眼という事もあり、一見すると近付き難い雰囲気をしている。 余談だが監督生が初めて彼を見た時「 マッチョが犬耳カチューシャとは斬新な」という強烈な第一印象の選択肢がある。 本編・イベントでの動向 本編 初登場は姿だけだが第1章「深紅の暴君」。 第2章「荒野の反逆者」で本格的に登場。 自分の所の寮の黒い疑惑には目を瞑り 自分の寮を裏切る事になるので 、事件の調査をする達に監督生達も突っぱねていたが最終的には監督生達に協力した。 本編第3章「深海の商人」では学園長から押し付けられた頼みを引き受け、とある契約を結んだ監督生に同行する事に。 一時期オンボロ寮を追い出された監督生とを自分の寮に匿うなど積極的にサポートした から「優しい」などとからかわれたが本人は否定。 因みにこの章でから「ツンツンしててウニみたい」と「ウニちゃん」と名付けられた。 第4章「熱砂の策謀家」のホリデーでは育てているサボテンをもって帰路へとついていた。 休み明けではスキーをしていたせいでスキー焼けをしていた。 ハッピービーンズデー 怪物チームに所属。 優れた身体能力に目を付けたアズールに共闘を持ち掛けられ成り行きで共闘する。 高い身体能力とアズールが見つけ出していたアイテムから文字通り怪物となった。 (アズールのような参謀がいなかった場合、良くも悪くも真正面からの勝負を好むので策略で捕まっていた可能性はある) ゴーストマリッジ 高身長組の第一陣に任命。 呼ばれた当初は事情が分からずに戸惑っていた。 作戦とはいえ偽りで愛をささやくということには乗り気ではなかったがレオナやヴィルの被害もあり対応する。 が、剣を使えるか? と、言う質問に拳一つと答えたためにビンタを受けた。 なお、レオナが一番に失格を受けたことに関してこの中で本物の王子なのにと嘆いた。 ユニーク魔法 魔法名 【 月夜を破る遠吠え アンリイッシュ・ビースト 】 効果 自身を銀色の巨大な狼へと変身させる レオナから禁術である変身薬を使ったのかと思われたがれっきとした自分自身の魔法。 余談だがジャックは他の一年生達 内は未判明だが と違い唯一ユニーク魔法を習得している。 披露したのは一瞬だったが、狼の様に吠えていた為この姿になると人語は話せなくなるのかもしれない ヒトの姿でも狼の様な唸り声を上げる事もあるが。 余談 厳つく不良っぽい見た目をしているが、本当に不良である。 彼の元ネタについてははっきりとこれだと言えるキャラがライオンキング内ではいない。 強いて言えばスピンオフ作品『ライオン・ガード』に登場するジャッカルのヴィランズ、レイレイが考えられる。 しかしこれ以上に可能性があるキャラが直接関係のない作品で予想されている。 それは実写のディズニー映画『ホワイトファング』に登場するウルフドッグ「ホワイトファング」。 こちらのストーリーは彼の性格に通じるものがある。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

HENRI NORDOC Merlotアンリ・ノルドック メルロー|WINE CATALOG|overseas

アンリイッシュ・ビースト

概要 [ ] 2013年9月に、「」の新作として化が発表され、全5部作予定である。 2015年11月4日に邦題が『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に決定した。 この作品で、原作者の自身が初めて脚本を手掛けることとなった。 では同名となる著書『』 Fantastic Beasts and Where to Find Them に触発された作品であり、ハリー・ポッターの1作目から約70年前、のが舞台となる。 が監督し、により配給された。 のである。 がニュート・スキャマンダーを演じ、、、、、、、、、が助演した。 「ファンタスティック・ビースト」シリーズの1作目であり、「」の9作目となる。 撮影は2015年8月17日ににあるので始まった。 2016年11月10日にでプレミア上映が行われ、2016年11月18日に、4Kレーザーその他のフォーマットで劇場公開された。 世界中で8億200万ドルの収益をあげ、2016年で8番目に興行収入が多い映画となった。 「ファンタビ」と略される場合もある。 あらすじ [ ] 、ので魔法生物学者であるニュート・スキャマンダーが、・へ向かうルートの経由地に船で到着する。 ニュートは非魔法使い(で「ノー・マジ」"No-Maj"、で「」"Muggle")の女性であるメアリー・ルー・ベアボーンに出会うが、メアリー・ルーはやは実在し、危険であるという主張をしている新セーレム慈善協会を率いていた。 ニュートがメアリー・ルーのスピーチを聞いている間に、で拡張されて複数の魔法生物のすみかになっているニュートのからニフラーが逃げ出してしまう。 ニフラーをつかまえようとするうちに、ニュートはノー・マジの工場職員で志望のジェイコブ・コワルスキーと出会い、ひょんなことから2人が持っていたスーツケースが入れ替わってしまう。 降格させられた闇祓い(闇の魔法使いを追う専門家)であるティナ(ポーペンティナ)・ゴールドスタインはニュートを未登録の魔法使いとして逮捕し、かつての地位を取り戻したいとの思いを秘めながらアメリカ合衆国魔法議会 MACUSA の本部に連れて行く。 しかしながらニュートが持っていたのはジェイコブのスーツケースで、や焼き菓子が入っていただけであったので、ニュートは釈放される。 ジェイコブが借りていたでは、ニュートのスーツケースから逃げ出した生きものたちが部屋で大暴れ、ジェイコブは噛まれてしまう。 ティナとニュートがジェイコブとスーツケースを見つけ、その後ティナは2人を数日間見張るため自分のアパートに連れて行く。 ティナは妹でレジリメンス(人の心を読める力を持つ人物)であるを2人に紹介する。 アメリカらの魔法使いはノー・マジと結婚したり、社交をしたりすることすら禁じられているが、クイニーとジェイコブは互いに惹かれあうようになる。 ニュートはジェイコブを自分の魔法で拡張したスーツケースの中へ連れて行き、そこでジェイコブは魔力をコントロールすることができない魔法使いの子どもの内に潜む暗く破壊的な寄生物であるオブスキュラスが格納されているのを見つける。 オブスキュラスに苦しむ者が10歳を越えて生きられることはめったになく、ニュートはこれを亡くなってしまった少女から引き抜いてきたのであった。 ニュートはジェイコブを説得し、いなくなった生物を探す手助けをしてもらう。 逃げた動物3匹のうち2匹をつかまえた後、全員でスーツケースに再び入ったが、これをティナはMACUSAに持って行ってしまう。 当局はニュートの動物が議員であるヘンリー・ショー・ジュニア殺しを行ったと信じて皆を逮捕する。 当局はニュートのスーツケースを壊してジェイコブの最近の記憶をオブリビエイト(魔法で忘却させること)すると決める。 魔法保安局長官パーシバル・グレイブスはニュートを悪名高い闇の魔法使いと共謀していると断罪する。 ニュートとティナは即刻死刑を宣告されるが、クイニーとジェイコブが2人を救出する。 4人組は逃げた生き物の最後の1匹を見つけ、つかまえる。 一方、パーシバル・グレイブズはメアリー・ルーの養子であるの少年に接近し、虐待を行う母親から逃がしてやると持ちかける。 かわりにパーシバルはクリーデンスにオブスキュラスを見つけさせようとする。 グレイブスは町中で起こっている謎の破壊活動はオブスキュラスが起こしたと信じていた。 クリーデンスは同じく養子である妹モデスティのベッドで魔法の杖を見つける。 メアリー・ルーはクリーデンスの杖だと思い込むが、モデスティは自分のものだと主張する。 モデスティが罰を受けそうになるとオブスキュラスが放たれ、モデスティとクリーデンス以外全員を殺した。 グレイブズが到着して、スクイブ(魔法使いの家系に属するノー・マジ)だとしてクリーデンスを突き放し、魔法を教えることを拒む。 ここでクリーデンス自身がオブスキュラスのホストだということがわかる。 クリーデンスの魔力が強すぎるため、他のホストよりも長く生き延びていたのであった。 怒りにかられてクリーデンスはオブスキュラスを街に放つ。 ニュートはクリーデンスがのトンネルに隠れているのを見つけるが、グレイブズに襲撃される。 ティナはクリーデンスと知り合いであり、到着してクリーデンスを落ち着かせようとするが、一方でグレイブズは自分の言うことを聞くようクリーデンスを説得する。 クリーデンスは落ち着いて人間の姿になりそうになるが、MACUSAのピッカリー議長と闇祓いたちが到着する。 ピッカリーはクリーデンスは魔法界を守るため処刑されねばならないと決める。 闇祓いは一見したところクリーデンスを分解したように見えるが、オブスキュラスの小さなかけらが逃げおおせる。 グレイブズは魔法使いの共同体をノー・マジに暴露するためオブスキュラスを放とうとしたと認め、怒りながらMACUSAは自分たちよりももっとノー・マジのほうを保護していると主張する。 グレイブズは変装したゲラート・グリンデルバルドであることがわかり、MACUSAの闇祓いたちの監視下におかれる。 MACUSAは自分たちの秘密の世界が暴露されることを怖れるが、ニュートは自分のサンダーバードを放ってニューヨークの人々全員の最近の記憶を消せる薬を町中に雨として降らせ、MACUSAの魔法使いたちは破壊されたものを修復する。 クイニーは雨がジェイコブの記憶を消してしまうので、ジェイコブにキスして別れを告げる。 ニュートはに出発するが、本が書き終わったらまた戻ってきてティナを再訪すると約束する。 ニュートはジェイコブがパン屋を開く資金を得られるよう、オカミーの銀でできた卵の殻を匿名で残しておく。 無意識のうちにニュートの動物に触発された幻想的な形のパンやのおかけでジェイコブのパン屋は大成功する。 クイニーがパン屋を訪問し、ジェイコブはクイニーを見て顔中に大きな微笑みを浮かべた。 - ()• - ()• - ()• クイニー・ゴールドスタイン - ()• パーシバル・グレイブス - ()• - ()• クリーデンス・ベアボーン - ()• - ()• ナーラク - ()• ヘンリー・ショー・シニア - ()• ヘンリー・ショー・ジュニア - ()()• ラングドン・ショー - ()()• モデスティ・ベアボーン - フェイス・ウッド=ブラグローブ()• チャスティティ・ベアボーン - ()()• ギルバート・ビングリー - ピーター・ブライトメイヤー()• レッド - ()• アバナシー - ()()• エスポジト夫人 - ()()• ハインリヒ・エバーシュタット - マーティン・オーエルベーマン()• マダム・ヤ・ジョウ - ()• サム - マシュー・ウィルソン()• リタ・レストレンジ -• - () スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 -• 製作 - J・K・ローリング、、、• 製作総指揮 - ティム・ルイス、ニール・ブレア、リック・セナ• 撮影 -• 美術 -• 衣装 -• 編集 -• 音楽 -• 視覚効果監修 - ティム・バーク、クリスチャン・マンズ• 日本語吹替版スタッフ• 演出 -• 翻訳 - 岸田恵子• 歌唱演出 -• 録音 - 阿部直子• 制作 - プロダクション [ ] 企画 [ ] 『』は、ハリー・ポッターシリーズで何度か魔法学校の教科書として言及されるが、スキャマンダー自身は小説に登場しない。 2001年にローリングはイギリスのであるコミックリリーフの資金集めとして、この「教科書」を刊行・販売した。 この本は著者ニュート・スキャマンダーの序文がついた魔法生物の事典であり、物語は無い。 文学的には、小説のナラティヴに組み込まれない長い作品は"false document"と呼ばれることもある。 2013年9月に最初にこの企画についてのアナウンスが行われ、ローリングの映画脚本家としてのデビュー作になるということであった。 ともにハリー・ポッター映画フランチャイズのベテランであるプロデューサーのと脚本家のが再任されることになった。 監督がオファーを断った後、ワーナー・ブラザースはが少なくとも計画されている三部作の最初の一作を監督すると公表した。 が作曲者として契約した。 プリプロダクション [ ] 2015年6月、が魔法界屈指の魔法生物学者である主役のニュート・スキャマンダーを演じることになった。 とも候補であった。 長編映画デビューとなるとが魔女の姉妹クイニーとティナの役に選ばれた。 とが魔法使いクリーデンスとグレイブズ役でキャストに加わった。 のがニュートの友人になるノー・マジの人間ジェイコブ役をつとめることになった。 公募によるを多数行い、10歳のフェイス・ウッド=ブラグローヴがモデスティ役に選ばれた。 がチャスティティ役で契約し、がメアリー・ルー役に決まった。 、ジェマ・チャン、、が名前未定の役でキャストされた。 ハリー・ポッター映画シリーズ8作中6作でを演じたは新シリーズへの興奮を語った。 「もちろん出たいですよ」と語っており、ダンブルドアの父親の役で出てみたいと述べた。 撮影 [ ] 撮影は2015年8月17日にので始まった。 でロケ撮影された場面もあった。 2ヶ月後、プロダクションはの聖ジョージホールに移動し、この建物が1920年代のニューヨークとして使われた。 ロンドンのが映画のためのを担当した。 音楽 [ ] 2016年4月9日に、が映画音楽を作曲すると発表された。 同年10月24日にはハワードが作曲した映画のメインテーマ曲について最初の公式発表を行った。 メインテーマはヘドウィグのテーマなど、がシリーズ前作に作った音楽を組み込んだものであった。 は2016年11月18日にウォータータワー・ミュージックから発売された。 公開 [ ] 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は2016年11月10日、ニューヨークのアリス・タリー・ホールでプレミア上映され、11月18日に2D、3D、新しいIMAX 4Kレーザーシステムを用いて世界各地で一般公開された。 1日早く公開がはじまった地域もある。 マーケティング [ ] 2015年12月10日に「告知トレイラー」の公開が予告され、5日後である12月15日に公開された。 1分間のトレイラーとともにティーザーポスターも発表された。 2016年2月にで行われた「ハリー・ポッター記念の日」にさまざまなキャストやクルーメンバーのインタビューをおさめた短編が公開された。 2016年4月10日にはで最初のティーザートレイラーが公開された。 2016年4月26日には11月19日に映画台本が書籍として刊行されるという発表があった。 評価 [ ] 興行収入 [ ] 2017年1月2日 2017-01-02 現在 、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はとで約2億2560万ドル、その他の国で約5億5140万ドルの興収をあげ、全世界では約7億7700万ドルの興行収入を達成した。 この映画は1億8000万ドルの予算で作られ、マーケティングにはさらに1億5000万ドルほどがかかった。 本作は公開直後の週末に世界中の64地域、24,200スクリーンで約2億1990万ドルを稼ぎ出し、ローリングの魔法もの映画で5番目、2016年で5番目、11月としては11番目の興収をあげた。 では605スクリーンで総額1500万ドルを稼いだ。 2016年11月18日に及びで一般公開され、666館で1533万ポンド 1915万ドル の収益をあげたが、これはこの年最高の公開時興行成績であり、その前にこの年の記録を持っていた『』 1447万ドル と『』 1462万ドル を上回る興行成績をあげた。 多くはで売り切れが出たことで高収益となっており、ワーナーによると666館、約1900スクリーンで上映されていた。 『ハリー・ポッター』シリーズの映画に比べると初動は明らかに低いが、のせいで比較が困難になっている。 プレビューを差し引くと、チケット代の補正なしで『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は『』第1部 1832万ポンド 及び第2部 2377万ドル に次ぐ3番目の収益であった。 とでは最初の週末に6800-8500万ドル程度稼ぐと推定されており、1億ドルもの収益を予測する向きすらあった。 11月18日に4143館で公開され、そのうち388館はで、3600館以上は3D上映であった。 初日に2970万ドルを稼いだが、これはローリングの作品の翻案の中では『』が金曜に2960万ドルを稼いだのに継いて二番目に低い収益であった。 これには3700館で午後6時からはじまった木曜日の夜のブレビューであげた875万ドルの収益も含まれており、この前に公開された『ハリー・ポッター』シリーズ数本の深夜プレビューでの収益より低かった。 最初の週末で総額7440万ドルを稼ぎ、興行成績は推定の範囲内におさまって興行収入1位を獲得したが、ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズの中では最も低い収益額であった。 北アメリカの外では63カ国で公開された。 11月16日に9カ国で公開され、5070スクリーンから690万ドルを稼いだ。 11月18日にさらに38カ国で公開され、1660万ドルを稼いだ。 最初の3日間では5360万ドルの収益をあげたことになる。 中国では11月25日に公開され、11600スクリーンから1120万ドルの収益をあげ、これはローリング原作の映画で最高の初動であった。 最初の週末に総額で4千万ドル前後の収益をあげ、これだけで最終作をのぞくハリー・ポッター・シリーズの映画すべてを一本あたりの収益で上回った。 日本は過去のハリー・ポッター映画の収益においては極めて大きなマーケットであり、『』及び『ハリー・ポッターと死の秘宝』第2部をのぞく全作品の一本あたり収益を上回った。 日本での興行収入 [ ] 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』動員数・興行収入の推移 週末動員数 累計動員数 週末興行収入 累計興行収入 備考 1週目の週末 11月26日・27日 1位 54. 6万人 119. 0万人 8. 2億円 17. 2億円 公開日は11月23日。 2週目の週末 12月3日・4日 44. 5万人 217. 8万人 6. 8億円 31. 4億円 3週目の週末 12月10日・11日 2位 38. 0万人 289. 3万人 5. 7億円 41. 9億円 週末興行収入では、本作が『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』を抜いて1位。 4週目の週末 12月17日・18日 3位 339. 1万人 49. 0億円 5週目の週末 12月24日・25日 4位 384. 5万人 55. 2億円 6週目の週末 12月31日・1月1日 7週目の週末 1月7日・8日 5位 489. 1万人 68. 5億円 累計動員数、累計興行収入は、1月9日までのもの。 8週目の週末 1月14日・15日 7位 502. 4万人 70. 2億円 最終 73. 0億円 批評 [ ] 映画批評サイトであるでは261人の批評家のレビューから73%の評価を受けた。 平均スコアは6. サイトの一般的評価としては、本作は「ハリー・ポッターの豊かな神話体系を用いて自らのフランチャイズを作り上げる魔法を放つスピンオフを生みだした 」と評されている。 別のレビュー集計サイトであるではレビューを用いて加重平均値を出しており、50人の批評家のレビューから100点中66点という採点をしており、「おおむね好意的な評価」としている。 『』のピーター・ブラッドショーは5つ星満点で星5つの評価をつけている。 受賞 [ ] 年 映画賞 賞 対象 結果 出典 2017 第21回(ADC賞) ファンタジー映画部門 未決定 第70回 未決定 第15回賞 長編実写映画・視覚効果賞 未決定 続編 [ ] 当初は三部作とされていたが、2016年10月にローリングはこのシリーズが5本の映画から構成されることになると述べた。 2016年11月にが1作目にし、続編にも出演すると発表され、一週間後に役名も発表された。 2作目となる『』は、2018年11月23日より上映開始。 テレビ放送 [ ] 回 放送年月日 放送枠 放送局 放送時間 備考 出典 1 19:56 - 22:54 地上波初 ゲスト: 脚注 [ ]• British Board of Film Classification 2016年10月28日. 2016年11月28日閲覧。 2016年11月28日閲覧。 2014年5月13日. 2014年5月19日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月4日. 2015年11月4日閲覧。 2017年9月20日閲覧。 映画ドットコム• ふきカエル大作戦!! 2016年11月28日. 2016年11月28日閲覧。 2017年1月5日閲覧。 Nancy Tartagloine 2013年9月12日. 2013年9月12日閲覧。 Page to Premiere. 2013年10月19日時点のよりアーカイブ。 2013年10月18日閲覧。 Chitwood, Adam 2014年5月25日. The Daily Beast. 2014年5月25日閲覧。 The Mary Sue 2015年1月20日. 2015年1月20日閲覧。 deadline. com. Film Music Reporter 2016年4月7日. 2016年5月3日閲覧。 2015年6月2日閲覧。 Kroll, Justin 2015年4月10日. Variety. 2015年4月11日閲覧。 Hawkes, Rebecca 2015年3月25日. The Daily Telegraph. 2015年5月25日閲覧。 Kroll, Justin 2015年6月15日. Variety. 2015年6月16日閲覧。 Kroll, Justin 2015年7月9日. Variety. 2015年7月9日閲覧。 Ford, Rebecca 2015年8月5日. The Hollywood Reporter. 2015年8月5日閲覧。 Kroll, Justin 2015年6月24日. Variety. 2015年6月25日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2015年7月10日. Deadline. com. 2015年7月11日閲覧。 BBC. 2015年8月5日. 2015年8月7日閲覧。 Sneider, Jeff 2015年8月6日. TheWrap. 2015年8月7日閲覧。 Deadline. com. 2015年8月17日. 2015年8月17日閲覧。 Kit, Borys 2015年10月8日. The Hollywood Reporter. 2015年10月9日閲覧。 Kit, Borys 2015年10月5日. The Hollywood Reporter. 2015年10月5日閲覧。 Withers, Laura; Kitchener, Shaun 2016年1月26日. Express. 2016年12月22日閲覧。 Osorio, Paulette 2015年8月17日 , プレスリリース , Warner Bros. Pictures ,• Dan Fogler [ mrdanfogler] 2015年8月16日. ツイート. より 2015年8月17日閲覧。 FantasticBeastsMovies. com. 2015年8月12日. 2015年8月17日閲覧。 Steven Weintraub [ colliderfrosty] 2015年8月11日. ツイート. より 2015年8月17日閲覧。 Miles, Tina 2015年10月20日. Liverpool Echo. 2015年10月21日閲覧。 Kollewe, Julia 2016年11月3日. The Guardian. 2017年1月12日閲覧。 2016年1月12日閲覧。 Szalai, Georg 2016年10月7日. The Hollywood Reporter. 2016年10月27日閲覧。 Bacardi, Francesca 2016年10月7日. News. 2016年11月22日閲覧。 Derschowitz, Jessica 2016年10月7日. Entertainment Weekly. 2016年10月27日閲覧。 Kilday, Gregg 2014年5月13日. The Hollywood Reporter. 2014年5月13日閲覧。 Fantastic Beasts [ FantasticBeasts] 2015年12月10日. ツイート. より 2015年12月15日閲覧。 Fantastic Beasts [ FantasticBeasts] 2015年12月15日. ツイート. より 2015年12月15日閲覧。 Fantastic Beasts [ FantasticBeasts] 2015年12月15日. ツイート. より 2015年12月15日閲覧。 Adam McCabe 2016年2月2日. 2016年12月12日閲覧。 Sullivan, Kevin P.. Entertainment Weekly. 2016年4月11日閲覧。 Maloney, Jennifer. The Wall Street Journal. 2016年4月26日閲覧。 2017年1月11日閲覧。 Barnes, Brooks 2016年11月7日. の2016年11月9日時点におけるアーカイブ。 2016年11月11日閲覧。 Brooks Barnes 2016年11月20日. 2016年11月22日閲覧。 ' '. 2016年11月20日閲覧。 2016年11月22日閲覧。 ' '. 2016年11月21日閲覧。 2016年11月23日閲覧。 Anthony D'Alessandro 2016年10月27日. ' '. 2016年10月30日時点のよりアーカイブ。 2016年10月31日閲覧。 Brent Lang 2016年10月27日. 2016年10月31日閲覧。 2016年11月8日. 2016年11月11日閲覧。 Simon Thompson 2016年11月12日. 2016年11月13日閲覧。 Pamela McClintock 2016年11月17日. 2016年11月17日閲覧。 Brad Brevet 2016年11月17日. 2016年11月18日閲覧。 Scott Mendelson 2016年11月19日. 2016年11月19日閲覧。 Scott Mendelson 2016年11月18日. 2016年11月19日閲覧。 2016年11月21日. 2016年11月22日閲覧。 Nancy Tartaglione 2016年11月13日. ' '. 2016年11月14日閲覧。 Anthony D'Alessandro and Nancy Tartaglione 2016年11月15日. ' '. 2016年11月16日閲覧。 ' '. 2016年11月18日閲覧。 Scott Mendelson 2016年11月17日. 2016年11月18日閲覧。 Pamela McClintock and Rebecca Ford 2016年11月18日. 2016年11月20日閲覧。 Nancy Tartaglione 2016年11月26日. ' '. 2016年11月27日閲覧。 Patrick Frater 2016年11月24日. 2016年11月27日閲覧。 ' '. 2016年11月28日閲覧。 Patrick Frater 2016年11月28日. 2016年11月28日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年11月29日. 2016年11月29日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年12月6日. 2016年12月6日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年12月13日. 2016年12月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年12月20日. 2016年12月20日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年12月27日. 2016年12月27日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年1月5日. 2017年1月5日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年1月11日. 2017年1月11日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年1月17日. 2016年1月17日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年3月21日. 2017年3月21日閲覧。 2016年12月26日閲覧。 2016年11月18日閲覧。 Peter Bradshaw 2016年11月13日. 2016年11月13日閲覧。 Eric Kohn 2016年11月13日. IndieWire. 2016年11月13日閲覧。 com. 2017年1月10日. 2017年1月10日閲覧。 com. 2017年1月11日. 2017年1月11日閲覧。 com. 2017年1月12日. 2017年1月12日閲覧。 Khatchatourian, Maane; McNary, Dave 2016年10月13日. Variety. 2016年11月9日閲覧。 McNary, Dave 2016年11月1日. Variety. 2016年11月9日閲覧。 Chitwood, Adam 2016年11月8日. Collider. com. 2016年11月9日閲覧。 『・関東版』2018年24号、、 P. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - プレイリスト.

次の