エビデンス 意味。 エビデンス

「エビデンスはない」が意味する解釈を読み違えてはいけない

エビデンス 意味

英語: エビデンスの意味エビデンス(英: )とは、「」「」「」あるいは「」といった意味で用いられる語。 をはじめ、や、など、において用いられている。 エビデンスは英語の をしたである。 英語でも は「」「」を意味する語であり、の「エビデンス」の意味とする。 ビジネスシーンにおけるエビデンス、のや、などをて「エビデンス」とする。 これは話のが生じることを防ぐために残される・・というが強い。 のをした際にをたりをしたりといっ動は「エビデンスを残す」とされる。 こののエビデンスは「」というよりも、がしたという「」のが強い。 IT業界におけるエビデンスIT、のにおいてエビデンスという語がよく用いられる。 ここでのエビデンスも「」のが強いが、特にが中のをした()や、した、などを指すことが多い。 行政分野におけるエビデンスの、エビデンスをする「EBPM( )」というがある。 EBPMはでされ、ではでもがつつある。 医療におけるエビデンスの、あるやが・にがあるとからづけられたやのことをエビデンスという。 のでは、「」()とがされている。 はでは「」と訳されている。 では、の的なに頼らず、ののやによってされたを(エビデンス)としてすることをする。 これに、の望む状態やにかやなどもした、のをするというもではされる。 のにおいても、と同様「エビデンスに基づく」というがあり、EBN( )といる。 ので用いられるなどでは、などを際に、のを表した「エビデンス・レベル(エビデンス・ヒエラルキー)」が使われる。 、エビデンス・レベルでが最も高い(が高い)のは、などがに選ばれて(英: , )で、のやのはが最も低い(が低い)が、エビデンス・レベルだけをにせず、エビデンスのや度などもしてにがことも多い。 エビデンスの類義語エビデンスのとしては、「」「」「」などが挙げられる。 エビデンスとよくされる語としては「」「」が挙げられる。 「」はエビデンス同様「」の意味を持つが、「」「」といったは持たない点がエビデンスとはる。 「」は「」「」などのを表す語であり、明確なを表す「」の意味は持たない。 「」は「」「確実」を意味し、エビデンスが持つ「」「」などの意味はない。 エビデンスを用いた例文• のエビデンスは、にてしておく。 このではエビデンスに基づいたをとしている。 、エビデンスとしてとをにする。

次の

「エビデンス」とは?意味と使い方について解説!

エビデンス 意味

医学・保健医療の用語 [ ] 一般には、およびの分野では、ある法がある・・症状に対して、効果があることを示すや結果・結果を指す。 エビデンスは、医療行為において治療法を選択する際「確率的な情報」として、少しでも多くの患者にとって安全で効果のある治療方法を選ぶ際に指針として利用される。 言いかえれば、患者の治療に際して、効果の確率(効果量effect size を知るための手段がエビデンスであり、この効果量がどの程度の確率で正しいかを知るための手段の客観的な基準がエビデンスである。 高いエビデンスを求める方法として、ランダム化比較試験、コホート研究、症例対照研究が挙げられる。 ただし、生物にはによるゆらぎがあるため、これらの一般的な確率は個々の患者の状態によって適切に修正されなければならない。 この分野において、「エビデンスがある」と言えば、一般的には「的根拠」という意味であり 、「エビデンス・」は、個々の修正が適切であれば、確率の「度」と言い換えることができる。 詳細は「」を参照 食品・サプリメントの用語 [ ] また、保健医療に通じるものとしての維持・向上・回復等を謳うやの分野や、それを主題として発信される情報でも、肯定的と否定的の両面で用いられることがある。 つまりそれは、「エビデンスがある」という意味での使用のほか、それが認められない、すなわち、謳っている健康効果が疑問視されているだけなら偽薬の効果の説明でまだ認められる部分があるところを、安全性まで危惧されるものとして問題視される場合に、「欠けているもの」として挙げられることも少なくない、ということである。 IT用語 [ ] IT の専門用語としては、の開発分野において、作成した、サブシステムが想定どおりに動く(動いた)ことを示す証拠や検証結果を指す。 このエビデンスに基づいて、1763年に発表されたを用いてプログラム、サブシステムを改変する前に、その改変が必要なものであるかを確率的なデータに基づいて結果を推測する方法で注目されている。 一般的用法 [ ] 一般的には、発言の証拠や提案の根拠を指す用語として使われる。 ただ、広く普及しているというわけではない。 また、処理のための、証憑性を担保するやを指す場合がある。 文化用語 [ ] の登録審査に際しては、その学術的価値を証明する必要があり、「真正性(オーセンティシティ)」と呼ばれるが 、その検証過程においてはエビデンスという表現がしばしば用いられる。 に登録されたの提案に際しても、(ユネスコ)へ提出した書類では、和食の健康性について科学的見地に基づいて報告している [ ]。 脚注・出典 [ ].

次の

エビデンスの意味とは?使い方(医療/IT/銀行)の違いを例文で解説!

エビデンス 意味

使用頻度の多いビジネスカタカナ語を三つ教えてください」という設問の登場です。 結果、ここでのトップ3は「アジェンダ(計画・予定表)」、「タスク(課された仕事・職務)」、「収容能力・容量」となりました。 その他、「エビデンス(言った言わないの証拠・言質)」、「アサイン(割り当てる・任命する)」といった用語も、使用頻度の高いワードとしてランクインしています。 とは言え、使えばいいってもんじゃない。 そこで、こんな質問を。 「ビジネスシーンにおいて、カタカナビジネス用語を聞いた際に困惑したことはありますか?」。 ……やっぱりですか。 回答者の54. 5%が、「困惑経験あり」と回答しています。 でも、困惑にも種類がある。 続いては「困惑経験あり」回答者に限定し、「カタカナビジネス用語の意味がわからなく、ビジネスシーンで失敗に至った経験はありますか?」と聞いてみました。 結果、19. さらに、深く突っ込んでいきます。 今度は具体的に、「あなたが 困惑したことがあるカタカナビジネス用語を教えてください」と質問。 結果、判明しましたよ。

次の