おへその下。 【男性の尿トラブル】残尿感や夜間頻尿、チョイ漏れが「へそ下のツボ刺激」で改善|カラダネ

ぽっこりしたへそ下のお腹が気になる……。原因と改善策は?

おへその下

おへその下あたりが痛い! このあたりが痛い時は、どういう病名が考えられるのでしょうか。 おへそというと体の中心。 腸が近いですが胃も近いしその他臓器もありますから判断が難しい面がありますが、よく言われるのが• 尿膜管遺残症• 腸閉塞• 急性虫垂炎• 大腸炎腸炎• 過敏性腸症候群 などの症状( まれに尿路結石や膀胱炎なども)。 それぞれどんな症状か、追ってご紹介します。 尿膜管遺残症とは• 受診…消化器外科や泌尿器科• 症状… へそ周りが激しく痛みます。 また おへそから膿のようなものが出て悪臭がしたり、発熱といった症状も見られます。 原因…膀胱から腹部の正中を通ってへそに向う管があるのですが、尿膜管と呼ばれています。 お腹の赤ちゃんは母体からへその緒を通じ、尿膜管を経て栄養や酸素を吸収しますが、この尿膜管は生まれた時に自然に閉じるのがほとんど。 ですがまれに残る事があり、 尿膜管が炎症を起こすなどし、腹痛やへそから膿が出たりします。 対処法…症状がある場合は、外科手術で尿膜管を取り除きます。 再発や癌の原因になる事もあるので、症状が出たら早急に対処が必要です。 以前、 フュギュアスケートの羽生結弦選手がこの症状で手術を受けた事で、話題になりましたね。 youtube. 受診…消化器内科• 症状…突然激しい腹痛や吐き気、嘔吐が起こり、おなかが張って腸の動きが見える事も。 腸が詰まった瞬間に突然発症し、 キリキリ強い腹痛が起こり、しばらくすると収まるといった流れを繰り返す事もあります。 原因…腸の外側にある場合と、内側にある場合があります。 外側は、 外部から圧迫されたりねじれたりする場合の他、開腹手術を受けた事のある人は、手術時の癒着が原因な事も。 内側は、 食べ物や消化液の流れが滞り、それらが腸に詰まった状態で発症。 また大腸がんの腫瘍や、 便秘で便が固まりそれが原因にもなります。 対処法…一般的には鼻から腸にチューブを入れ、閉塞部分より上にたまった物質を抜き取ります。 その後、嘔吐や下痢で失われた水分と電解質を補充するために、水分とナトリウムなど電解質を静脈に点滴します。 腫瘍や癒着が原因の場合は手術で原因物質を取り除きます。 急性虫垂炎とは• 受診…消化器科、内科• 症状…いわゆる「盲腸」で、 へその部分やみぞおちあたりが痛みだし、次第に右下腹部へと移っていく急性な腹痛で、軽い発熱がある事も。 吐き気や嘔吐、便通はない事が多いです。 原因…不明な事が多いですが、 寄生虫やねじれなどが原因で虫垂の入口が詰まり、血行障害から細菌が侵入、感染症を起こし急性の炎症が発生するという説も。 対処法…手術で切除と投薬療法があります。 昔は切除が一般的でしたが、現在では切除せず投薬で温存する方法が増えています。 大腸炎腸炎とは• 受診…消化器科、内科• 症状… へその周囲に差しこむようなような痛みが起きるのが特徴で、鈍痛であり、お腹がゴロゴロ鳴る事も。 下腹が張った状態や痛みや、お粥のようなゆるい便が頻繁に起きることも。 原因…感染性とそうでないものがあり、感染性は細菌やウイルス感染が原因。 感染性でないものは、食べ物や薬物アレルギーや食中毒が主な原因。 対処法…感染性のものが多く、 軽症の場合は数日安静にして観察。 重症の場合は、抗生物質など点滴で回復を図ります。 過敏性腸症候群とは• 受診…消化器科、内科、または心療内科• 症状… 慢性的に下痢や便秘、下痢と便秘を繰り返すなどが続く便通異常。 症状はしつこいものの、腸に異常がない事がほとんどです。 原因…不規則な食生活や睡眠不足など 生活習慣の他、ストレスや精神的負担などで自律神経が乱れ、腸の運動機能に異常が出るのが原因で、多くの場合はっきりとした病変がありません。 対処法…規則正しく、なるべくストレスを感じない生活を心がけます。 症状が重く、日常生活に支障をきたす場合は、整腸剤など投薬治療も。 精神的ストレスが強い場合は、抗不安薬、抗うつ薬が有効なこともあります。 さまざまな症状があるけれど… 取り上げた症状は一例で、比較的原因がはっきりしているものから、ストレスが原因でなかなか原因物質が除去しづらい場合などさまざま。 女性の場合は、子宮筋腫など婦人科系の疾患が隠れている事もあります。 私も 病院で過敏性腸症候群と診断され、投薬で快適な生活が送れるようになりましたので、腹痛が続くようなら、自己判断せず病院を受診される事をオススメします。 腹痛の不安から解放されましょう!.

次の

【男性の尿トラブル】残尿感や夜間頻尿、チョイ漏れが「へそ下のツボ刺激」で改善|カラダネ

おへその下

へその上の腹痛の症状・原因・対処法 へその上は、みぞおちを中心とした不調などがあります。 急性胃炎 急性胃炎は、胃の内部の粘膜が炎症を起こす病気です。 食欲が減退したり吐き気、場合によっては吐血などの症状を起こす患者さんもいます。 副腎皮質ステロイド剤、非ステロイド性抗炎症剤、アスピリンや抗生物質などの薬を飲んでいる方は、副作用として急性胃炎を発症することもあります。 青魚や卵、牛乳など食品アレルギー、インフルエンザやかぜなどの感染症、さらに近年の傾向としてピロリ菌の感染も発症原因となっています。 市販薬を2日~3日程度服用することでたいていは症状の改善が見込め、病院に行くほどではありません。 急性胃炎の可能性がある場合に病院で診てもらう場合は、消化器科や内科になります。 慢性胃炎の場合は繰り返さないように医師から処方された薬を自覚症状がおさまってからも飲み続けるなどの必要がありますので、急性胃炎とは別と考えてください。 逆流性食道炎 逆流性食道炎を発症する方の傾向として、油っこいメニューが好きな人、腰が曲がっている年配の方、ぽっちゃり体型の方、ストレスが溜まっている方、過食気味の方などがあげられます。 健康な食道は一定の圧力が下の方にかけられていますので、胃酸は下に流れていくものですが、逆流性食道炎になると食道から胃へと胃酸が逆流します。 これら全ての症状がでるわけではなく、いくつかが組み合わされて生じます。 多くのストレスを抱えること、喫煙、飲酒などの習慣も食道の機能低下を招き逆流性食道炎を引き起こしやすくなります。 症状を感じなくなったからといって服用をやめていいわけではなく、 医師から指示された期間は飲み続けなければ食道の粘膜に生じた炎症は完治されていませんので気を付けてください。 胃潰瘍 胃潰瘍は、特に40歳代を過ぎると発症リスクが高くなる病気です。 口に入れた食べ物を消化しておかゆのような状態にする 胃酸が、なにかの要因により胃の壁がただれたり胃の粘膜を消化して発症します。 精神的なストレスや過労などの原因から自律神経の機能が崩れることで、胃粘膜や胃酸のバランスが乱れて胃粘膜が傷つけられやすくなります。 ただ、検査で胃に穴が確認された患者さんは手術が行われます。 へそのあたりの腹痛の症状・原因・対処法 へそのあたりは、腸などの不調です。 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎といえば、安倍晋三首相が発症した病気ということで知ったという方も多いのではないでしょうか。 20歳代でかかる患者さんが多いという特徴があり、難病だと厚生労働省が定めている特定難治性疾患の中で最も多くの方が発症している病気です。 患者さんによっては、粘液状のものを伴います。 症状が進行した場合、発熱や腹痛を発症するケースもでています。 肌の発疹が生じたり、関節痛などの症状もあります。 過剰な免疫反応や免疫機能の不調から引き起こされることもわかっています。 遺伝的な原因(人種や遺伝など)や環境因子(過剰に清潔な環境や食の欧米化など)などが複合的に作用し合い病気に発展しているといわれています。 また、精神的または身体的なストレスから症状が進行することも解明されています。 長期経過は良好で、研究が世界的に進められている病気で、すでに多くの治療法が確立されている状況です。 従来の診察では内視鏡検査をして腸の炎症を見える状態で抑制したり症状を抑制することが目指されてきました。 今は顕微鏡レベルの微細な部分に至るまで、腸の炎症を抑制する治療が実現しています。 炎症が改善しないまま長引いた場合、炎症からがんを招く可能性も考えられることから、継続的な治療が必要な疾患です。 尿路結石 尿路結石の尿路とは腎臓からの尿の通り道のことで、尿道、膀胱(ぼうこう)、尿管、腎盂(じんう)、腎杯(じんぱい)の総称です。 結石が尿路の中に生成された疾患が、尿路結石となります。 尿が排泄されようとするときに尿路結石が邪魔するので、血尿と激痛の症状が現れます。 尿路結石で病院を受診する場合は、泌尿器科となります。 国内の患者の割合は女性よりも男性の方が2倍~3倍と多く、男性は30歳代~50歳代が中心です。 患者さんによっては嘔吐、冷や汗などの症状が現れることもあります。 結石になる成分はどれも同じというわけではなく、シスチン、尿酸、リン酸マグネシウムアンモニウムなどさまざまです。 特に多いのはシュウ酸カルシウムが主成分で、これだけでなくリン酸カルシウムと2種類の結石が作られる患者さんも多くいます。 尿から固体結晶が作られないように抑える因子が減ったり、シュウ酸やカルシウムといった結石を作っている成分を多く排泄するなど、体質的なものが尿路結石の大きな原因となります。 他にも摂取している薬の影響や、尿路の通過障害などの原因が考えられます。 排出されるまではたくさんの水分補給を心掛け、病院では石が尿管を通過しやすいよう促す薬が用いられます。 こうした方法で自然に結石が排出されないときには、結石に対して体の外側から衝撃波をあてることで砕きます。 細かくなったことで石がスムーズに排出されやすくなります。 尿路のどこに石があるかはさまざまですので、部位や症状によっては内視鏡を尿管へ膀胱より入れて石を除去します。 へその下の腹痛の症状・原因・対処法 へそ下も、腸などから生じる症状がでやすい箇所となります。 過敏性腸症候群(IBS) 過敏性腸症候群は、Irritable Bowel Syndromeという英語表記の頭文字からIBSとも呼ばれています。 ストレスからの影響が大きい病気であり、腸は健康であるにもかかわらず、便秘や下痢などの症状を繰り返します。 毎日排便が何度もある、緊張するとトイレが近くなる、下痢と便秘の症状が繰り返される、スッキリしないなどの症状があります。 人間の腸は自律神経によって機能しており、本人の指示で動いているわけではありません。 自律神経の調節はストレスの影響を受けるという性質があり、さらに腸と脳は深いかかわりがあります。 ストレスを受けることによって過剰に腸が機能することから下痢が発症し、症状が進行することで便秘を引き起こすとされています。 実践してみてもまだ症状が改善されないようでしたら、薬物療法を受けるという手段もあります。 運動療法を行うことはストレス解消に有効ですし、腸機能を整えることにもつながります。 運動といっても決して過酷なスポーツを行わなければいけないということではなく、 むしろ軽く体を動かす程度のものが適しています。 腸の蠕動運動に適度な運動が有効だとされていますし、ウォーキングや体操などで体を動かせばストレス発散にもなります。 食事療法では、食生活の見直しを行っていきます。 具体的には食物繊維を意識的に摂取する、水分補給を行う、脂質・カフェイン・アルコール・香辛料などを控えるなど行います。 膀胱炎 膀胱炎は、主に慢性膀胱炎と急性膀胱炎の2種類に分類されます。 どちらの種類も膀胱の内部に細菌(腸球菌や大腸菌など)が入ったことで炎症が発症します。 慢性膀胱炎は、尿道や膀胱に病気を抱えている状態で膀胱の内部に細菌が居続け、膀胱炎を慢性的に発症する病気です。 慢性膀胱炎はさらに2種類に分けられ、他の病原体から発症する 再感染と、同じ病原体で習慣化される 再燃とがあります。 急性膀胱炎は、若い世代の女性の患者さんが多い傾向が見られます。 尿道や膀胱が健康でありながら、大腸菌などの細菌の侵入によって発症します。 尿が白く濁るのは、増えた細菌をやっつけようとした白血球の死骸が尿内に出てくることが原因です。 トイレに行きたいと思ったら先延ばしにせず、早めに用を足しに行きましょう。 本来清潔にするはずの温水洗浄便座(シャワートイレやウォシュレットなど)ですが、ノズルが汚染されているなどの原因から発症します。 排泄時に症状が現れますので水分補給を躊躇しそうになるかもしれませんが、むしろ十分な量の水分補給をすることが膀胱炎の改善に効果的です。 腹痛の部位だけでなく症状も伝えよう 医療機関を受診される場合にはただのへそ周りの腹痛のなどと曖昧な表現をするより、具体的に伝えることでより確実な回復につなげることができます。 チクチク痛い、激痛が走る、押すと痛い、キリキリ痛む、ガスが溜まったような感じがする、下痢の症状がある、鈍痛があるなど、同じ腹痛を訴えるにしてもさまざまな症状があるものです。 伝え方が具体的であればあるほど、医師の的確な対応を引き出すことにつながり、より早く改善させられるでしょう。 子供の腹痛の場合でしたら、自宅にいるときから訴えている症状を親御さんがメモするなどし、小児科の先生に伝えてあげてください。

次の

へそ周りの腹痛の原因 へその上・へその下の痛みから考えられる病気は?

おへその下

概要 [ ] 意味はののこと。 気から成る丹を耕す田。 体を上下に走るであるの直線と腰回りを一周するが、下丹田の存在する臍の辺りで交叉して田に見えることから、これを丹田と称するとも言う。 内丹術では、を材料として、下丹田を鼎炉とみなしとをふいごとして、丹を煉成する。 尚、女性の場合は乳房の間のを鼎炉とする。 丹田は、古くは『素問』遺篇本病論篇第七十三 に「神游上丹田」、邊韶の書『老子銘』に「存想丹田」、張仲景の『 』にも「丹田」の語が見える。 これらは(3世紀前半)の書として伝来するが、文献学的には代以降に校訂されており、校訂前の資料にこの語が存在していたかは明確となっていない。 現在確認できる最古の資料では、4世紀のの『』「地真篇」 や東晋の『』などに丹田の語を見ることが出来る。 三丹田説 [ ] 伝統的に、上中下の「三丹田」説である。 眉間奥の 上丹田、胸の中央にある 中丹田、ヘソ下3寸()にある 下丹田を指す。 上丹田は(しん)を蔵し、中丹田はを蔵し、下丹田はを蔵す、とされている。 「上丹田、蔵神之府、中丹田、蔵気之府。 下丹田、蔵精之府」。 狭義には精と気と神は区別されるが、広義には全て同じ「気」である。 精・気・神は、「三宝」とも呼ばれて「性命之根本」であり、性はこころ、命はからだの意味で、「心身の根本」の意味である。 的には該当臓器などはないが、の領域では、の働きと機構の関係が注目されて、が丹田に相当すると考えられている。 丹田の概念を、インドののとの類似からその模倣とする考えがあるが、丹田はの構造と繋がりが深く、中国医学思想史研究ではインドの身体論とのかなりの相違から、その考えは認められていない。 近代までという概念の存在しなかったインドと、中国との間における文献学的な身体論の交流史は今後の研究課題とされている。 上丹田 上丹田は、泥丸 、天谷、内院、印堂などの別名がある。 中丹田 中丹田は、絳宮、黄堂、土府、とも呼称される。 下丹田 下丹田は、鼎、臍下丹田(せいかたんでん)、気海丹田(きかいたんでん)、神炉とも呼ぶことがある。 それ以外にも、丹田には多くの名前が付されている。 単に「丹田」と言う場合は、「下丹田」を指すことが多い。 丹田の中でも、特に「下丹田」はの中心に位置し、五臓は人体の生命活動と密接に関係しているので、実際には最も重視 されて 正丹田 とも呼ばれる。 日本のや、などにおいても丹田、特に「下丹田」を重視している。 別名を、腹、肚、と書いて、はら と呼び、身心一如の境地に至るための大切なポイントとなっている。 その他の丹田説 [ ] その他に上にある頭頂の一点を「頂丹田」、正中線上にあるにある一点を「底丹田」と呼び丹田とする説も存在する。 脚注 [ ]• 2013年3月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年5月4日閲覧。 張仲景. 泥丸という名称について、はのニルヴァーナ()の音訳とするがその根拠は明確ではない。 泥のようで、かつ丸い脳の形態とか、その色が黄での土を象徴する為などの伝統的解釈に従う人も多い。 ( 野口鐵郎、坂出祥伸、福井文雅、山田利明『道教事典』平河出版社、1994年。 ) 関連項目 [ ]•

次の