コ ス ドラマ。 コ・スのプロフィール ・インスタグラム・出演ドラマ・映画

マネーゲーム|コ・ス シム・ウンギョン イ・ソンミン ユ・テオ

コ ス ドラマ

日本に来て欲しい、会いたいです。 それでコ・スさんのことを知りました オクニョは、私の中で3番目に好きなドラマです。 個人的に大好きなシーンにまた泣いてます。 迫真の演技に涙が止まらないです。 コ・スさん演じるユン・テウォン本当に良かったです。 家でオクニョ観たいと思います。 コ・スさんの出演している作品をたくさん見て これからもずっと応援していきたいです。 私はオクニョでコス様を知り、韓国ドラマにハマり、遅過ぎますが人生今まで損したって思います。 韓国ドラマはどれも素晴らしいですがコス様は特別です。 ファイティン! 天然でマイペースなどこも 笑えるけどステキです。 ここでもかっこよかったです。 頑張ってください。 また、インスタグラムはじめてください。 胸部外科見終わりました。 子供時代のメンバーも豪華で目が離せません。 数日前に消防士役の映画をみて初めてコ・スさんをしりました。 他のドラマも気になるし楽しみが増えました。 目力もはんぱないです。 なんて微笑ましい…。 私自身は、この方の魅力がまだわからず、コメント読めば何かわかるかも?と思い、立ち寄ってみました。 残念ながら、オクニョも後もう一つ(題名すら忘れた)も完走できず、途中でリタイアしました。 しばらくして、「前に夜中やってた韓国ドラマのー」と母に言われるもドラマのタイトルもわからずこの俳優さんの名前もわからず…。 仕方ないから当時やっていたモバゲの質問広場でドラマ内容をざっくり しかも母のうろ覚え と、短い名前、というワードだけですぐ「グリーンローズのコ・スです」と答えが!! 笑 そんな思い出のある人です 笑 母は韓ドラデビューがコ・スだったので、彼の出ているドラマは制覇したはず。 また来てくださいね。 かっこ良かったです。 実物はもっと素敵ですよね?特にファンではありませんが写真が気になりました。 更なるご活躍をお祈り致しております。 不快通報が一定数を超えたコメントは削除致します。 不快通報により削除されたコメントが一定数を超えたユーザーはしばらくの間コメント投稿ができなくなります。

次の

コ・ス プロフィール&出演ドラマ

コ ス ドラマ

コ・スのデビューのキッカケは路上スカウトでしたが、それよりも前から俳優を志しオーディションを受けては落選の連続だったため、デビューしてからもおごることなく撮影スタッフの機材運びの手伝いをしたり、撮影仲間の俳優たちに対して義理堅い性格が信頼の輪を広げた結果、結婚式の参列者も豪華で大スターのイ・ビョンホンも司会者を引き受けてくれたようです。 コ・スとキム・ヘヨンの出会いは知人からの紹介で、知り合った時キム・ヘヨンは彫刻の勉強をしていた美術大学生でした、11歳の年齢差がありながら約5年間の交際を経て結婚となりました。 結婚の翌年、2013年1月の長男出産時にコ・スは映画の撮影中でしたが撮影を抜けて出産に立ち会い、2015年4月の長女出産までには定期検診に同行するなど妻に対する優しさと配慮が伺えまます、そして2017年9月13日に次男が誕生。 コ・ス自身は3人目の子供が誕生した時に「並々ならぬ責任を感じている」とコメントしています。 「コ・ス」の兵役とファンミーティング コ・スは2006年3月2日に論山訓練所に入所、この土地はコ・スの出身地でもあります。 論山訓練所で4週間の軍事基礎訓練を受けたあと公益勤務としてソウルの江南(カンナム)区役所で服務しますが、日本人ファンが多数訪れた為「ほかの勤務者の迷惑になる」と訪問自粛をファンに依頼しています。 その代わりに除隊日2008年4月25日には、江南区役所前に日本人ファン200人を招待し近くの小劇場に移動しファンミーティング&日本ファンクラブの設立行事を行いファンに感謝の意を表しています。 こんな配慮をするところからもコ・スの人柄が垣間見えます。 「コ・ス」についての感想 コ・スは正統派のイケメンなので整形疑惑は当然ありますが、過去の写真と比較しても全く変わりないようです。 こんなに整った顔が生まれつきなんて奇跡に近いのでは?写真だけでもオーラが凄いのに、デビュー前はオーディションに落ちてばかりだったなんて信じられません。 しかも年齢を重ねても全く劣化していないのも凄い!と感心することばかりです、奥さまが若いと年を取らないのかしらと思ってしまいます。 イケメンで性格もよく家族も大切にしているという非の打ちどころのないコ・スは、今後益々活躍が期待できます。

次の

マネーゲーム|コ・ス シム・ウンギョン イ・ソンミン ユ・テオ

コ ス ドラマ

NHKで毎週日曜日夜に放映されている韓国時代劇ドラマ『オクニョ 運命の女 ひと 』で主人公オクニョを支えるユン・テウォンを演じている俳優コ・ス。 1998年に芸能界デビューし、ドラマでは『グリーンローズ』 2005年 や『クリスマスに雪は降るの? 』 2009年 、映画では『白夜行』 2009年 や『高地戦』 2011年 、『マルティニークからの祈り』 2013年 などの印象が強かった彼が、『オクニョ』への出演を決めたと聞いたとき、ちょっぴり意外だった。 というのも、『オクニョ』は時代劇であり、全51話の長編ドラマだ。 慣れないジャンルであり、半年以上の制作期間を余儀なくされるだけに躊躇してもおかしくはなかったはずだが、コ・スは出演オファーをもらった時点で迷いはなかったという。 「普段からイ・ビョンフン監督の作品がとても好きで、一度お仕事をご一緒したいと思っていたんです。 脚本をチェ・ワンギュ作家が担当されるということも大きかった。 一方のチェ・ワンギュ作家も、『オールイン』や『朱蒙 チュモン 』を手掛けた人気作家。 『オクニョ』のヒロイン・オクニョを演じたチン・セヨンも、韓国メディアのインタビューでふたりの巨匠の存在が大きかったと語っていたが、コ・スも同じだったわけだ。 参考記事: 「そうせいでしょうか。 『オクニョ』の思い出について尋ねられると、真っ先に浮かぶのは台本読みのときのことです。 会場には数十名を超える俳優たちがいたのですが、イ・ビョンフン監督はひとりひとりに助言をくださるんです。 キャラクターの細かい部分に関してまで行き届いたディレクションをしてくださる監督の情熱的な姿は、とても強烈で印象的でした。 『オクニョ』はクランクインから撮影が終了するまで7か月の歳月を費やしましたが、その長い時間を耐え抜き最後までやりきることができたのも、そうした監督の情熱があったからだと思います。 監督の情熱に僕たち役者たちが引っ張られたという感じでしょうか」 そうして作られた『オクニョ』が現在は日本でも好評を博している。 主人公を演じたチン・セヨンなどは日本でも一躍人気物となり、10月には東京でファンミーティングも開催した。 会場には下は10代、上は80代までと幅広い年齢層のファンが駆け付け、チン・セヨンはTWICEの『TT』をダンス・パフォーマンス付きで披露したという。 参考記事: コ・スも12月21日に東京のめぐろパーシモンホールで、日本では9年ぶりとなるファンミーティングを開催するという。 『オクニョ』人気効果であることは間違いないだろうが、実は日本にはさまざまな思い出があるという。 「過去の来日経験で印象的だったことは?」と尋ねると、こんな意外な答えが返ってきた。 「仕事やプライベートで何度か日本を訪問していますが、もっとも忘れられないのは、リュックサックを背負って一人旅をしたことです。 今から10年ちょっとぐらい前に、ジャパンレールパスを買って10日間ほど日本全国を旅行したんです。 東京から仙台、青森に行き、一度戻って夜行列車に乗って立山にも行きました。 本当にたくさんの場所を訪ねました。 そこで感じたのは、日本も韓国と同じように山に囲まれた国だということ。 また、どこに行っても街並みが綺麗で、とても穏やかな国だという印象も持ちました。 食べ物や地域の特産品なども地域ごとに特徴があり、可愛らしく美しいものがとても多いですよね」 韓国のトップスターがバックパッカー姿で日本各地を一人旅していたというのだから驚きだ。 今なら『オクニョ』人気もあって各地で人だかりが出来てパニックになってしまうだろうが、12月21日のファンミーティングではきっと、そんな盛り上がりがあるはずだ。 コ・スも語る。 「日本ファンたち会えると思うとワクワクしますし、どんな出会いになるか気になりますし期待が膨らみます。 日本でのファンミーティングは8年ぶりになりますが、あの頃よりも成長した姿をお見せできればと思います」 今年で40歳。 私生活では2012年に結婚し、一男一女の父でもある。 今年はドラマ『胸部外科:心臓を盗んだ医師』に主演。 医師としての信念と家族の命の間で悩み葛藤する外科医を演じた。 俳優としてもひとりの人間としても、成熟した大人の責任感を漂わす。 「日本の是枝裕和監督の作品が好きです。 監督のデビュー作である『幻の光』がとても印象的で…。 そのほかにも、『誰も知らない』、『そして父になる』など、とても感銘深く鑑賞しました。 是枝監督の作品から感じるのは、ヒューマニズムにあふれているということ。 人に対する配慮と深くて温かいまなざしを感じます」 『オクニョ』で日本のお茶の間でも知られるようになったコ・ス。 いつの日か日本のドラマや映画に出演する姿も観てみたい。

次の