皇室暴露ブログ。 「小室圭さんが暴露するなら…」 紀子さま、雅子さまの「暴露本」をご執筆 謎の報復に関係者「困惑」|菊ノ紋ニュース

小室圭さん「眞子さまの恥ずかしい秘密」暴露に怯える皇室? 「女性宮家」にまで影響及ぼす

皇室暴露ブログ

『サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 眞子さま 佳子さま 悠仁さま 秋篠宮家の育み』 秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご結婚に関して、秋篠宮ご夫妻が「今のままでは婚約にあたる納采の儀(のうさいのぎ)をおこなえない」と明言なさったことから、この婚約問題に再び大きな注目が集まっている。 この問題は最終局面を迎えていると言っていいだろう。 秋篠宮さまは53歳の誕生日を迎えられるに際して開かれた11月22日の記者会見で、眞子さまと小室さんの結婚について、詳しく語られた。 秋篠宮さまは眞子さまと小室さんにも「やはり今いろんなところで話題になっていること、これについてはきちんと整理をして問題をクリアするということ」が必要だとお伝えになっている。 「多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況」にすべく、小室さんに行動を求めているのだ。 だが小室さんは問題を解決せぬまま米国留学。 このことも皇室サイドの不信感を煽ったことは想像に難くない。 しかし眞子さまはそれでもご結婚を望んでいるとされ、小室さんに会うべく渡米する可能性も報じられた。 さらに「女性セブン」1月3・10日号(小学館)は、皇室にとっての最悪のシナリオを伝えている。 婚約破棄の慰謝料が発生すること自体はそれほど異例ではないとしても、「皇族のお金の原資は税金」であるから、公に慰謝料を支払うことはできない。 だから内密にやりとりすることとなるだろうが、それが皇室側の弱みとなり、仮に小室家側から「金銭的解決で幕引きを図った」と暴露会見でもされれば、皇室が世間からバッシングされるだろう……「セブン」はそう危惧している。

次の

小室圭さんの母・佳代さんは今! 眞子さま結婚問題のウラで「余裕が出てきた?」皇室ウォッチャー考察(2020/06/29 16:16)|サイゾーウーマン

皇室暴露ブログ

こんにちは。 『暴露板』管理人の石橋です。 今回はFXトレードでは考えられないような 利益率を謳っている無料オファーについて 検証していきたいと思います。 それも、たった3回のトレードのみで 資金を10倍にするトレード手法ということです。 普段の私でしたら、無視してしまうようなオファーですが、 フォワード実績もちゃんと公開されており、 書かれていることも非常にまともでしたので、 こうして検証させていただいた形になります。 ちなみにすでに読者様の中からも登録されている方も 数多くいらっしゃるようで、当ブログの掲示板の方にも 多数のコメントが寄せられており、 多くの方の興味を引いていることが分かります。 【】 それでは、さっそく検証を進めていきます。 概要 億単位を運用する、FXトレーダー通称Captain(キャプテン) エリート街道を歩み続け、 世界中を飛び回り悠々自適にクラス謎多き男が遂に明かす... まるでギャンブルかのよう。。 三天法(たった3回のトレードで資金を10倍にするトレード手法) まず最初に取り上げるべき点としては、 こちらの"約束"の部分になります。 本来無料オファーというのは 後で商品を販売するために行うもので 基本的にバックエンド商品が用意され 販売されることが一般的です。 こうした無料オファーに登録したことがあれば すでにご存知だと思いますが、 4~5万円という価格のものから、20~60万といった 高額な商品を販売されるケースもあります。 しかし、このオファーでは冒頭で 商売目的ではなく、高額商品を販売しない ということが約束されています。 もしこれが本当であれば、 もはや何のためにこの無料オファーをやっているのか 分からないお人好しなオファーです。 ここまで明確に約束しているわけですから 実際に高額商品を販売してきたときの 失望から購入には至らないと思いますので、 約束を反故にするような可能性は低いとは考えられます。 一方で登録する側としては、金銭的なリスクなく このFXトレード手法が分かるということで メリットの大きなオファーになっています。 まず、簡単に今回の無料オファーの講師である Captain(キャプテン)氏について触れておきます。 と言っても、ネット上にも情報がない人物ですので、 あまり取り上げるポイントがないのですが、 経歴はかなり特殊な人物です。 残念ながらオプトインページではCaptain(キャプテン)氏の トレード実績は公開されておらず、どれほどの実力の持ち主なのかは 分かりませんでした。 では、Captain(キャプテン)氏トレード手法についてですが、 まず特徴としては大きく3つあります。 まず、3回のトレードで資金を10倍に出来るということですが、 残念ながらランディングページの方ではロジックについては 一切公開されておりませんので、メールアドレスを登録し 中身を確認する以外は方法はありませんでした。 私も、メールアドレスの登録はしてみましたので、 ロジックが分かり次第共有したいと思っています。 この実績についてはすべてのエントリーポイントが チェックできますので、実際にいくつか確認してみましたが 特に矛盾点はなく、信頼できるフォワード実績のようです。 さらに驚くべき点としては、このフォワード実績を見ると たった2日で資金を増やしているものもあるということです。 このトレード手法の場合、短い場合で1日 長くても1週間ほどで資金を10倍にできるということで、 月利どころではない実績になっています。 続いて資金が1万円からできるという点については、 細かく説明はされていないのですが、 恐らく、取引数量をその分少なくするのだと思われます。 1万円からできるのであれば、まずはデモ口座でテストした後、 1万円の少額からスタートしてみることも可能です。 無料オファーのランディングページだから 当然ではあるのですが、すべてのロジックや根拠が 示されているわけではありません。 しかし、それにも増して得られる利益が大きいこと そして何より、金銭的なリスクが参加者側にないことが 今回このオファーを取り上げた理由でもあります。 また、Captain(キャプテン)氏のFXトレード手法ですが ギャンブルから考案した手法ということで 確率論がベースになっているようです。 実際にカジノなどで数学者が確率論を使って 出禁になるまで稼いだという事実もあります。 確率論をトレード手法に応用しているのか それとも資金管理に応用しているのかは 記載されておりませんが、いずれにしても 一般的なトレード手法ではなさそうであることは確かです。 まずは登録して、中身の手法を確認して 使えない手法であれば、無視してしまえばいいので 知っておいて損はないかと思います。 直接メールでのお問い合わせも受け付けておりますので、 質問やご相談などがあればお気軽にお問合せください。 メルマガの購読は、こちらから無料でご利用頂けます。 ブログには書けない裏情報を随時配信。 ・ ボラの拡大を伴った時は大きな利益が狙える。 「インジケーター:CK11」は著名プロトレーダーが 自身のトレードのために開発したインジケーターです。 レンジ相場では手出しをせず、トレンド相場でうまく利益を狙う トレンドフォロー型インジケーターとなっており 一目均衡表と併用して利用します。 時間足を問わず有効ですが、特に1時間足でのトレードに効果を発揮します。 「インジケーター:CK11」は本来であれば 10万円以上の高額で販売されていても おかしくないレベルのインジケーターとなっています。 実際に利用してみると一般に発売されているインジケーターとの レベルの違いに驚かれることでしょう。

次の

小室圭さんの母・佳代さんは今! 眞子さま結婚問題のウラで「余裕が出てきた?」皇室ウォッチャー考察(2020/06/29 16:16)|サイゾーウーマン

皇室暴露ブログ

雅子さま秘密祭祀「ご遥拝・お慎み」を暴露した宮内庁関係者(女性セブン) 週刊誌「女性セブン」は、 東宮妃の秘密祭祀 (雅子さまが人知れず行う祭祀) 「ご遥拝」と「お慎み」 の存在を紙面を通じて公に暴露してしまいました。 週刊誌「女性セブン」 は、どのような経緯で皇室伝統の秘密祭祀を積極的に暴露してしまったのでしょうか? 週刊誌「女性セブン」の紙面に登場し、隠匿性の高い儀式の存在を証言した宮内庁関係者は、雅子さまが18年ぶりに祭祀にご出席されたことを説明する際に、 「東宮妃 (雅子さま)のご遥拝やお慎みの実態は秘密」としておきながら、 「ご病気で一般公開される祭祀に参加できない時はおひとりでご遥拝やお慎みをしていた」と証言してしまったのです。 この宮内庁関係者は、きっと悪気があったわけではないでしょう。 むしろ、雅子さまが人知れず「国の安泰」を祈願していたことを「ちゃんと一般の人にも理解してもらおう」と思っていたはずです。 しかし、結果として皇室伝統の秘密祭祀の一つを明らかにしてしまいました。 関係者の間では、「今までの伝統が壊された」と憤る声が続出。 事情を詳しく知る神社本庁関係者は次のように語っています。 神社本庁関係者 「皇室伝統文化と霊的な力が軽視された」 「神仏へ祈りを捧げる際には、様々な『儀礼』があります。 それは粛々と守り抜くことそのものに価値があることで、国民の『知る権利』や経済的な『合理性』などとは関係ない世界に存在します。 そして、先人からの脈々と受け継がれてきた 『儀礼』 を守ることによって『霊的な力』を実際に感じる人がいることも事実です。 また、そのような 『 霊的な力』を感じなかったとしても、古来から継承された文化を守ることが『皇室の存在価値』であり、天皇陛下が『 国民の象徴 』とされる根拠の一つではないか思います。 」(神社本庁関係者 ) この関係者は、 東宮妃の秘密祭祀 「ご遥拝」「お慎み」の存在そのものを公開しないこと自体が一つの文化であり、「霊的な力」を宿す「儀式」となっていたと主張しています。 このように一般社会の「価値観」とは全く異なる「価値観」に重きを置くことが皇室の伝統で、「守るべき文化」であったにも関わらず、宮内庁関係者は「不特定多数の一般人」に公開してしまったのです。 大手出版社幹部「隠匿性が高い皇室情報は高額報酬で売買されている」厳重処罰を要請中 大手出版社幹部は、このように、皇室内部の隠匿性が高い情報を簡単に外部に「売り渡している」関係者が存在することに憤っています。 「皇室の動向は、多くの国民の注目を集めるため、スクープできれば販売部数を大きく伸ばすことができます。 そのため、新聞・出版社も、皇室絡みのスクープをとることに必死になり、専門の皇室担当者記者・皇室ジャーナリストを配置しています。 そして、このような人物達が、宮内庁内部の人間に水面下で常にコンタクトをとり、スクープネタを収集しています。 もちろん、皇族は「公人」ですので、一般国民に対して、広く情報を公開すること自体は大きな問題はありません。 しかし、私が問題視しているのは、皇族のプライベートまでもが赤裸々に週刊誌に掲載されていることです。 「公人」だからという理由で公開することは許されない、本来は保護されるべき情報までもが週刊誌販売の「ネタ」とされてしまっています。 このような保護されるべき「ネタ」を、なぜ、公務員である宮内庁職員によって、週刊誌にリークし続けているのでしょうか? もし、発覚したら内部で問題となることは明らかなのにも関わらずリークされ続けている背景として、出版社から「高額報酬」がでている疑いがあります。 宮内庁職員は「公務員」ですので原則的に「副業禁止」のはず。 しかし、「お車代」として現金を受け取るのであれば、誰にもバレません・・・。 つまり、宮内庁職員は、本来は公開されるべきではないような皇室情報を、出版社から「高額報酬」もらって、匿名で公開し続けているのです。 私は、このような問題行為がいつまでも続くとは思っていません。 今回、 東宮妃の秘密祭祀の存在を暴露してしまった宮内庁関係者を特定し「厳重注意」する予定です。 また、秘密であることを知りながら、記事掲載した週刊誌「女性セブン」に対して、厳重処罰することを関係省庁に要請しています。 この出版社大手幹部は、「業界健全化」のために、独自の動きを続けていますが、このような行為は、「皇室スクープ」狙っている出版社と「情報リーク」で高額報酬もらっている匿名の宮内庁職員の利害関係を破壊することになりかねません。 この幹部に「相当な圧力」がかかってくるのは容易に推測できます。 この圧力に屈することなく、本当に「業界健全化」 させて宮内庁・出版社の癒着関係を断ち切ることができるのでしょうか・・・。

次の