ロー テンション 意味。 ローテンションとは (ローテンションとは) [単語記事]

「ローテーション」の意味とは?意味や使い方を解説!

ロー テンション 意味

プレテンション方式とポストテンション方式の違い プレテンション方式とポストテンション方式の大きな違いは、PC鋼材の引張力をかけるタイミングです。 それでは、プレテンション方式とポストテンション方式の違いを詳しく説明していきます。 プレテンション方式 プレテンション方式は、 省略して「プレテン」と呼ばれます。 英語で表記するとpre tensionとなり、preは「予め」という意味があるように、コンクリートを打設する前に予め引張ったPC鋼材を設置するものです。 プレテンション方式を図で表すと以下の通りです。 上の図をもとに、プレテンション方式の施工手順を説明すると以下のとおりです。 1.型枠を設置し、PC鋼材に引張力をかける。 2.コンクリートを打設し、硬化後にPC鋼材の引張力を解く。 PC鋼材の引張力を解くと元に戻ろうとする力がかかるため、コンクリートが圧縮力がかかります。 プレテンション方式は、工場製作の際に施工されることが一般的です。 ポストテンション方式 ポストテンション方式は、 省略して「ポステン」と呼ばれます。 英語で表記するとpost tensionとなり、postは「後の」という意味があるように、コンクリートを打設した後にPC鋼材に引張力をかけるものです。 上記の図をもとに、ポストテンション方式の場合の施工手順を説明すると以下のとおりです。 1.型枠とシースと呼ばれる筒状のものを設置する。 2.コンクリートを打設し硬化させる。 3.硬化後、PC鋼材を設置し引張力をもたせる。 4.シース内にモルタルを充填し、モルタルが硬化したらPC鋼材の引張力を解く プレテンション方式と同じく、PC鋼材の引張力を解くと元に戻ろうとする力がかかるため、コンクリートが圧縮力がかかります。 プレンション方式が工場施工であるのに対して、このポストテンション方式は現場施工に用いられることが多いです。 ここで注意したいのが、「PC」と省略されているときです。 実は同じPCという表記で「プレキャストコンクリート」を示すこともあります。 プレキャストコンクリートとは、側溝やL型擁壁のように、工場であらかじめ製作されたコンクリート製品のことです。 図面に「PC」と表示されているときは、「プレストレストコンクリート」なのか「プレキャストコンクリート」なのかを間違えないようにしましょう。 間違えると性能や強度などは当然異なりますし、金額も大きく違います。 まとめ プレストレストコンクリートの「プレテンション方式」と「ポストテンション方式」の違いがわかったでしょうか。 これらは、引張力をかけるタイミングが違うことがわかりましたね。 プレテンション方式は「プレ」と付くだけあって、コンクリートを打設する前に引張力をかけます。 ポストテンション方式は「ポスト」と付くだけあって、コンクリートを打設したあとに引張力をかけます。 以下のページでは、このような分かりにくい土木用語などをご紹介していますのであわせてご覧ください。

次の

ローテンションはポリの専売特許じゃなかったのか・・・?

ロー テンション 意味

この記事の目次• tensionの使い方 英語のテンションはstress(ストレス)のような緊張感の意味で使われるため、あまり良い意味がありません。 北朝鮮情勢などを扱うニュースなどでよく登場します。 張り詰めるような緊張感のことです。 excitement(興奮していること)の意味がないのがカタカナのテンションとの違いです。 使い方としては以下のようになります。 Meditation is good for my tension. 瞑想は私の緊張感(を和らげるのに)良い。 The Olympics helped ease tensions between the nations. オリンピックは国々の間にある緊張を和らげるのを助けた。 He has a lot of tension. 彼は多くの緊張を抱えている。 There is a lot of tension between us. 私達の間には高い緊張感がある。 上の例文は私たちはあまりうまくいっていない関係で、ピリピリしている状態を指しています。 伸長・ピンと張る tensionはロープや弦などがピンっとはている状態などをあらわすことができます。 The rope broke because there was too much tension. ロープがちぎれた。 なぜなら張り詰めつぎたからだ。 Electrical wires lose tension now and then, and need to be tightened. 電線はときどき緩む。 なので、引き締める必要がある。 The tension of strings in a guitar determine the pitch. ギーターの弦の張り詰めがピッチ(音の高さ)を決める。 ハイテンション(high tension) したがってhigh tension(ハイテンション)は言葉としては存在していますが、一触即発のような高い緊張感、張り詰める空気感を表しています。 基本的には良い意味で使われることがなく、極度にストレスを感じて緊張感が高まっているネガティブな状態を表しています。 日本語の「感情が高ぶってゴキゲンになっている」とは明らかに意味が異なります。 There is high tension between North Korea and South Korea. 北朝鮮と韓国の間に高い緊張感がある。 Tensions are high around the world after Trump was elected. トランプの当選後に世界中で緊張感が高くなっている。 Tensions are high in France after the attack. その攻撃の後で、フランスでの緊張感が高くなっている。 tense またtenseで「緊張をはらんだ、緊迫した」「ピンと張っている」といった意味の形容詞でも使われます。 これもストレス、プレッシャーなどを感じている状態を表しています。 He looks tense. 彼は緊迫しているように見える。 He is very tense. 彼はとても張り詰めている。 The rope is too tense. There is too much tension in the rope. ロープが張りすぎている。 時制 tenseには名詞で「時制」の意味もあるため、英語の勉強をしていると「past tense(過去形)」や「present tense(現在形)」のような言葉が海外の文法書などには登場します。 しかし、これは語源からして別の言葉なので、たまたま一緒になってしまった別の単語と思ったほうが良いです。 Her use of past tense suggests that the person died. 彼女が過去形を使ったことは、その人が亡くなったことを示唆している。 Second language speakers have trouble with present tense and future tense sentences. 第二言語の話者は過去形と未来形に苦労する。 私はとても興奮している。 宝くじのジャックポット(高額当選)で大きな興奮があった。 これ以外にも英語で「興奮している」を表すならば無数に候補があげられますが、それは別途ご紹介する予定です。 記事カテゴリー• 1,372• 131• 113•

次の

ローテンションはポリの専売特許じゃなかったのか・・・?

ロー テンション 意味

「ローテーション」の意味とは? 最初に「ローテーション」の英語表記と正しい意味から見ていきましょう。 「ローテーション」は英語の「rotation」 「ローテーション」は英語の「rotation」のことで、動詞「rotate」の名詞形となります。 場合によっては「ローテ」と省略形で示すこともありますが、意味は同じです。 「ローテーション」の意味は「回転」「循環」 「ローテーション」には、ものごとの中心や軸を周る「回転」、季節や景気などが順に訪れる「循環」「交代」、複数が交代で順番に回っていく「輪番」「持ち回り」などの意味があります。 「ローテーション」のビジネスでの使い方 「ローテーション」のビジネスにおける使い方に着目し、併せて熟語表現を紹介していきます。 ローテーションを組む 「ローテーションを組む」は企業や組織内のグループや部署において、メンバーそれぞれが順序を決めて業務を行うことを指します。 シフト制を取り入れている工場やホテルや旅行会社などのカウンター業務、コンビニエンスストアやショップでの販売業務など、さまざまな規模のあらゆる業種の「勤務体制」に使われる言葉です。 来月のシフトのローテーションを組んだ。 ローテーションを組んで、業務の効率化を図る予定である。 コールセンターで昼休みのローテーションを組み、顧客の対応にあたる。 ローテーションを組みながら、後輩の指導を担当していこう。 ローテーションで回す 「ローテーションで回す」は業務や担当を順番に回していくという意味です。 ビジネスにおいては、繰り返し行われる業務に対し、多忙な部署などに採用される稼働手法の一つです。 新規店舗での業務はローテーションで回していこう。 ローテーションで回せば、均等に業務時間の配分ができる。 警備会社では夜間勤務をローテーションで回すところが多い。 ローテーションで回すことは、企業にとっても効率的である。 ローテーションする 「ローテーションする」は言葉通り「業務や担当を循環・回転させる」という意味で使われます。 複数の業務を扱う場合は、一つだけのタスクにとどまらないように「ローテーションする」ことで、全体の業務を把握することができるでしょう。 新規業務に対し、ローテーションしながら内容を覚えていくようにした。 営業手法をローテーションすることで、取引先にバラエティ豊かなアプローチをかける。 休日出勤の出番をローテーションするようにした。 業務ローテーションを繰り返すことで、包括的な視野を持つ社員を育てる考えだ。 6人制のバレーボールでは、試合でサーブ権をとったチームが「選手のポジションを時計回りに一つずつ変えていくこと」を指します。 また、競馬においては「当該競走馬の出走予定」や「競走馬が出走した数や出走レースの日にち的な間隔」、さらに、ビリヤードでは「落としたボールに刻まれた数字の合計を総合得点として計算するゲームの種類」のことを「ローテーション」と呼んでいます。 数学の「ローテーション」はベクトル解析での概念 数学における「ローテーション」は「ベクトル解析」で登場する「回転」という概念を指します。 回転の軸(直線)を「axis of rotation」、回転の面(平面)を「plane of rotation」と呼び、お互いが垂直に交わるのが特徴です。 ローテーションの関連語「ジョブローテーション」とは? 最後にビジネスにおける「ジョブローテーション」の概要について、メリットやデメリットを含めて解説します。 「ジョブローテーション」とは「人材育成を目的とする施策」 「ジョブローテーション」は企業や組織内で「人事異動」や「配置替え」を行う「人材育成」を目的とした施策の一つです。 同部署や同グループ内で、別の業務を担当させることを含め、営業、企画、人事、総務、工場勤務など、定められた期間において新しい経験をさせていく制度です。 「ジョブローテション」のメリットは「人脈の構築」と「業務知識の向上」 「ジョブローテーション」の大きな2つのメリットは、別の部署や部門で仕事をすることにより、今まで距離のあった人たちと「人脈の構築」ができること、また、新しい業務を体験することで「企業が構成している要素」を知識として吸収できることが挙げられます。 企業全体の視野で見れば、「ジョブローテーション」で業務のマンネリ化を防ぎ、人材のバックアップ体制を築くこともできることが期待されます。 「ジョブローテション」のデメリットは「専門分野への派遣は難しい」 一方「ジョブローテーション」でのデメリットは、技術的・知識的な面においてスキル性の高い部署への派遣は難しいということです。 たとえば、エンジニアリングの部署へ営業部からジョブローテーション」で派遣されたとしても、熟練を極めた部署での技術や知識の習得はミニマムに過ぎないことがほとんどです。 さらに、仕事の割り当ても難易度の低いものとなる場合が多いでしょう。 さらに、キャリア志向の人は他部署での業務をプラスと捉えることができず、結果的に離職してしまうケースも考えられます。 人事側は 「ジョブローテーション」を行う際、社員の意見や将来の方向性を確認した上で実践に移すことが大切です。 まとめ 「ローテーション」は「循環」「回転」「輪番」などの意味があるカタカナ語で、スポーツに限らず、職場でも用いられるビジネス用語の一つです。 勤務や業務体制で「ローテーション」という言葉は多く活用され、「ローテーションを組む」「ローテーションで回す」などの熟語表現を使います。 また、「ジョブローテーション」は企業にとってメリットの方が多いですが、社員の考えを踏まえた上で配置転換や業務変更をするようにしましょう。

次の