ダン まち 春 姫 死ぬ。 「ダンまち」以来! 第11回GA文庫大賞、7年ぶりの大賞が誕生 コミカライズも決定

ダンまちカフェ in キュアメイドカフェ秋葉原 4.5

ダン まち 春 姫 死ぬ

で、のが多発しています。 閲覧の際は、くれぐれもご注意ください。 『 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』とは、による作品である。 はが担当。 よりから刊行されている(既刊15巻)。 には累計万部を突破し、 時点で電子版も累計部を突破した。 は『 ダンまち』。 本作品のや作品も刊行中。 詳しくは参照。 また、本作品はである「」並びに「」にてされていた経緯がある。 (当該作品は済) 主な受賞歴• 「第4回大賞」 大賞• 「4」 新作部門第、総合部門第4位• 「 3」• 「第3回好き書大賞」 第• そこに住む は、を探索し、そこから得た収入で生計を立てる「冒険者」を志していた。 そんな彼が、数多のが闊歩し、命さえ落としかねない危険なに挑戦する理由は「との出会い」をめて…という不純な動機であった。 ある時と名乗ると出会い、と【】のを結んで、いよいよに挑むこととなった。 登場人物 (:) 本作品の。 が特徴で、しばしばに例えられる。 駆け出しの冒険者で、【・】の一の団員。 での出会いをめてオラにやってきた。 性格は素直でひたむきだが、に対してはやや手。 ある時でのに陥っていたところ、同業者であるに助けられ、一惚れをする。 (:) 地上に舞い降りてきた。 は「」。 との界線を揺れ動いているような幼い容姿をしているが、胸は大きいので他のからは「」「」と呼ばれている。 構成員がベル一人という細である為、【・】を支えるためにを行っている。 ベルに強い好意を抱いており、彼にの影が近づくとをらせ、中でもベルの憧れであるには強にしている。 (:) まで長いと色の瞳を持つの。 年齢は。 【・】に所属する第一級冒険者で、【】のを持つと名高い女士。 ベルの命の恩人であり、憧れの相手。 本作のである「ソード・オラトリア」ではとして活躍している。 ナ・ル(:) を統括する『』の受付嬢。 ほっそりとったと淡いの瞳を持つ、(との)の。 年齢は19歳。 ベルののアドザーであり、駆け出し冒険者である彼の安否を常に気にかけている。 ベルのことは分のような存在だと思っているようだが、好きなを考えている時にベルを想像して動揺するなど、彼を異性として意識している節もある。 (:) 【・】所属ので小人族の。 年齢はで、称は「」。 のからを受けており、者扱いされた挙句から解除させられてしまった。 その後駆け出し冒険者であるベルに自分を売り込み、となる。 (:) 【ヘストス・】に所属している師での。 年齢は。 の商店区画で武具を探していたベルと出会い、彼の専属師と仮のを取り交わした。 を打てるクロッゾの血筋を受け継いでいるが、とある理由から作ろうとはしない。 快活で気の良い肌な性格。 シル・ヴァ(:) 場「豊饒の女人」で働いているの。 年齢は。 薄鈍色のをおヘアーとにまとめている。 ある日、ベルが落とした魔石を拾ったことで彼と親交を持つようになる。 ベルに好意を抱いており、に通う彼の為に毎回を作って手渡している。 (範囲外のが含まれる可性がある為、 ) 用語集 地上関連 界に住まう越存在。 界での時を過ごすことに退屈を覚えた々が、地上で様々な文化を育み、とを削り合う人類(たち)にを持ち、彼らに娯楽を見出して地上に降り立った。 その後【】を作り、人類に『の恩恵』を授けを与える代わりに、彼らを自らの属として養わせている。 基本的にに忠実な者が多く、自らの娯楽の為にや他の達を困らせることもしばしば。 『』と『の属』であるによって構成される組織。 基本的に冒険者と呼ばれるは、『の恩恵』を受ける為にいずれかのに所属することになる。 の活動内容は様々で、探索を専門とする閥、を営む「商業系」の閥、や防具を製造する「師」の閥などもある。 冒険者 探索を生業とする。 後述の『魔石』を売って生計を立てている。 自らの命を対価にしているだけあって肝の据わった者や荒くれ者が多い。 の探索時における要員。 からした魔石やを拾い集めたり、予備のや回復を携行したりと、冒険者のをし彼らの負担を減らすことがな役。 内においては縁の下の持ちともいえる重要な役回りではあるが、自分では戦えないがな為、冒険者からは蔑みの対となることが多い。 種族 【】 他の種族に見られるような特別な長所がなく、良くも悪くも均的な種族。 【亜人(デミ・)】 一見と似ているが、それぞれ身体的特徴やが異なる。 『』、『』、『小人族(パム)』、『』、『ピープル』、『人(プ)』、『人()』、『人(ボアズ)』、『虎人(ワー)』といった種族が存在する。 秘的なを使うことができる。 他の種族とべ個体数が極めて少なく、同様繁殖がい。 では『』や『ム』の名前が登場している。 ダンジョン関連 が地上に降り立つ前から存在しているの地下。 地上とは全く異なった別が広がっており、そこに潜む数多のが冒険者を付け狙っている。 階層ごとにの構造は異なり、下層に行くにつれフのが増えるという特徴がある。 をする怪物の総称。 のから這い出るように生まれてくる為、その階層からがことはい。 階層ごとに生まれてくるは決まっており、より深い階層に潜るにつれのも強くなる。 よって階層は冒険者がに挑む標にもなるが、が階層を移動するというが起こることもある。 また、の一定の階層に赴くと、『階層』と呼ばれる非常に強なが出現することがある。 ちなみににしか生息しないというわけではなく、にはの地上流出はであった。 そしてそれら地上に進出したの子孫と呼ばれる存在が各地で散見されている為、繁殖行動を行えることも分かっている。 しかし、地上のは子孫を残す為に核である魔石を削りつつ繁殖してきた為、に潜む同種のよりもが著しくしている。 魔石 から獲得できる魔のこもった結晶。 に持っていくことで換してもらうことができ、それが冒険者のにおける稼ぎとなる。 結晶には不思議なが宿っており、の技術で加工することで発火装置や冷凍器等様々な製品としてできる。 魔石はの核でもあり、取られたはとなって崩れる。 ステイタス関連 タス 『 の恩恵(ナ)』によって強化された者の器。 が属のに『』を刻むことによって発現する。 を積むことによって身体を引き上げることができ、場合によっては『』や『』といった特殊なが発現することもある。 【タス】に含まれる具体的な。 基本と 発展の2種類から成る。 基本は『』『』『器用』『敏捷』『魔』の五つに分かれ、さらにS~Iの階での高低が示される。 を貯めることによって熟練度が上昇する。 発展は『』することにより発現する。 に身体をる基本とは別に、より特殊で専門的なをる。 例として、の攻撃を防ぐ『耐』などがある。 冒険者ののようなもの。 【タス】の欄に三つまで登録することができる。 となるをすることで発動し、時間が長いものほど高威になると言われている。 発動には術者の精(ド)を消費する為、濫りに使うと精疲弊(ド)を起こして気絶することもある。 やとは別の特殊な。 発現者に特殊な効果をもたらす。 タスの段階が一つ上がること。 前よりもが飛躍的に上昇する。 されることにより基本と熟練度は一旦され、新たな段階でのとなる。 が上がった者には 娯楽好きの達から素敵なが付与され、冒険者たちから注の的となる。 (エク) 個人が経験してきた事。 と戦ったり知識を得たりすることでタスが上昇する。 には上質なが必要となり、自分よりかに格上のを撃破するなど、何らかの偉業を達成する必要がある。 (既刊5巻) はらきよたかが担当。 () に登場するをに据え、【・】のでる作品。 がから放送。 コミカライズ 『』()より連載中。 は九二枝。 (既刊5巻) 『』()号より連載中。 (既刊4巻) 『』においてより連載中。 (既刊1巻) を中心にが展開され、内容も可らしくなものとなっている。 のがされて描かれており、の性格も変更されている。 『』()号より連載中。 ベルとを中心とした。 『の』同様寄りの内容となっている。 関連チャンネル テレビアニメ ダンまち ににてとしてが発表された。 からまで他にて放送された。 全13話。 では第1話常設、最新話は配信日より1週間配信。 スタッフ• 原案:• 美術:利(ムーンフラワー)• 設計:• 撮影:福世• 編集:坪根郎(-T)• :井内啓二• 同年より毎週にされていた。 全13回。 :、 テレビアニメ ソード・オラトリア 、「 S. 6 SPG」にて本作の化が発表された。 からまで他にて放送された。 スタッフ• 原案:らきよたか/• 美術:利(ムーンフラワー)• 設計:• 撮影:福世• 編集:坪根郎(-T)• :明 仁• :井内啓二• 協: FM• :珠里 レフィーヤ・ウィリディス 役 、 ネ・ヒリュテ 役 配信:、 テレビアニメ ダンまちII は『 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII(ツー)』。 で行われたの祭典『8[]』のの部のにてダンまち5周年を記念して、「ダンまち新規始動!」と題し、と第2期決定である事が発表された。 に「 9 ダンまち」にて第2期の発表と、、から放送される事と、他にて放送される事が決定した。 は第1期とほぼ同じだが、とが変わっている。 スタッフ• 原案:• :井内啓二• 二期直後に告知され放送予定。 、の影により当初の放送・配信予定を 劇場アニメ は『 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -の矢-』。 より全規模で開(その後追加がされ最終的には)。 は、者であるが脚本を書き下ろしたにはないとなっている。 として、・のを務める(:)が登場。 スタッフ• 原案:• 美術:泰浩• 設計:• :井内啓二• :ダンまち 主題歌 「おなじの下で」 歌: : ・:拓也 挿入歌「鑑」 歌:( no ) :陽万葉 ・:井内啓二 ゲーム 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ・ト』 でと用により。 は「(ベル)と駆け抜ける」。 にはが開設。 番組『ダンまち局オZ』と番組『とのk Up s! 』がそれぞれ週1回ずつ配信された。 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか フィ・コンテ』 発売の、、、用。 は「探索」。 関連動画 PV 特番 関連商品 原作小説 本編 外伝『ソード・オラトリア』 『クロニクル・シリーズ』 コミック 本編コミック 1巻・最新巻 外伝『ソード・オラトリア』コミック 1巻・最新巻 『クロニクル・シリーズ』コミック スピンオフコミック アニメ Blu-ray CD ゲーム 関連項目• (本作が最初に投降された)• (ダンまち)• (ソード・オラトリア)• (ダンまちII)• ( )• 外部リンク• ここで負け惜しみのになるのだけど、疑問がいくつか沸いた。 一つは・が存在していたのは15年前であったのだから、いくらオッがでであったとしても、記憶に新しい8や9にべたらまだまだ…って引き合いに出されないのはでは?と感じた。 二つはズの存在で、0年ほど生きてきた(生きていたとは言ってない)のだから、8や9の存在を論知っているはず、だが切り札のを倒された時に(6が)に向かって化け物とつぶやいたのはやはりではないのかと感じる。 の状況も含めて、8・9の属が活躍したであろう跡が少なすぎる。 実は暗期からのデノミネーションが行われたのでは?という説を勝手に推したい。 が階に居るのは、オラリ 省略しています。

次の

【ダンまち】シリーズ累計発行部数1200万部突破!神様見てくれましたか!?

ダン まち 春 姫 死ぬ

キャラ名 特徴と評価ポイント 汎用性が高く攻防両面のサポートが可能なアシスト• ・汎用性の高く扱いやすいスキル• ・耐久強化や高い敏捷ステータスでPvPで活躍しやすい ダメージ軽減でパーティを安定させられる• ・高難易度バトルでも活躍できる• ・物攻が高く物理キャラとの相性がいい 光パーティのダメージ上昇を支援• ・物理・魔法問わず使えるスキル• ・トップクラスの器用ステータス MP回復とダメージ増加底上げができるアシスト• ・汎用性が高く扱いやすい• ・敏捷ステータスがトップクラス 汎用性が高い強力なアシスト• ・組み合わせるキャラを選ばないスキル• ・汎用性が高く扱いやすい• ・雷パーティで真価を発揮 優秀なMP回復効果• ・最大で毎ターン80MPを回復• ・クリティカルやカウンター率を上昇 どの編成でも活躍が可能• ・味方全体の力と魔力を上昇• ・味方全体のHPを毎ターン回復 鈍足付与が狙えるアシスト• ・敵全体に確率で鈍足付与• ・味方全体の耐久、敏捷、器用を上昇• ・PvPで鈍足対策していない相手に有利を取りやすい 物理と魔法両方で活躍できるアシスト• ・味方全体の力と魔力を上昇• ・敵全体の耐久や敏捷減少がPvPで活躍しやすい 物理パーティの火力を上げられるアシストキャラ• ・味方全体の力を上げられる• ・水、風属性耐性を下げられる 敵全体の耐性とクリティカルなどを下げられるアシストキャラ• ・ペネトレーションとクリティカル率を下げられる• ・敏捷と力が高くアタッカーと相性が良い 敵の耐性や敏捷を下げられるスキル持ち• ・敵の物理耐性、魔法耐性、敏捷を減少• ・味方全体の毒耐性を上げる 火・光の物理パーティには欠かせないアシストキャラ• ・光・火属性耐性を下げられる• ・力を上昇できるため物理ダメージを伸ばせる 全体敵との相性が良い• ・全体攻撃被ダメ増加でダメージを底上げ• ・ガード率減少で安定してダメージを与えやすい どの攻撃タイプでも編成できる万能アシストキャラ• ・敵全体の物理と魔法耐性を減少• ・自分のカウンターとガード率を上昇 状態異常無効と対魔法に対して強力なデバフを所持• ・味方全体に状態異常無効付与• ・敵全体の魔力と耐久を減少 状態異常無効と強力なデバフを持つアシストキャラクター• ・味方全体に状態異常無効付与• ・敵全体の力と耐久を減少 物理攻撃を無効にできる強力なアシストスキル持ち• ・味方全体に物理攻撃無効付与• ・戦争遊戯で対物理パーティに非常に有利となる どの編成にも組み込める優秀なアシスト• ・状態異常耐性上昇が優秀• ・トップクラスの物攻ステータス 味方のダメージを軽減• ・味方全体の全体攻撃ダメージを軽減• ・物理耐性も上昇 対魔法パーティの時に活躍する• ・味方全体に魔法攻撃無効を付与• ・魔力が高くなるので魔法攻撃のキャラと相性がいい 属性耐性やガード率を上昇できる守りに特化したアシストキャラ• ・全属性の耐性とガード率を上昇• ・効果対象が味方全体のため汎用性が高い 物理攻撃型パーティで相性が良いアシストキャラクター• ・物理耐性を下げられる• ・敵全体の敏捷を下げられる• ・敏捷が下がることでPVPを有利に進められる 全体攻撃スキル持ちと相性が良いキャラ• ・敵全体の全体攻撃被ダメージを15%増加• ・味方全体の敏捷を上昇できる 戦闘を優位に運べるサポート役• ・敵に確率で鈍足付与• ・味方全体のクリティカル率を上昇• ・PvPなどで活躍できる 生存率を上げられる強力なスキル持ち• ・味方全体のHPを毎ターン回復• ・味方全体の回復量とカウンター率を上昇 対火属性で大きく活躍できる• ・味方全体の全体攻撃ダメージと単体攻撃ダメージを軽減• ・火属性耐性を上げられる 敵の強化ステータスのターン数を減少できるスキル持ち• ・セットした冒険者の攻守両方を補強できる• ・敵全体のステイタス上昇効果の持続ターン数を減らせる 与ダメージを上げることに特化したアシストキャラクター• ・敵全体の全体&単体攻撃被ダメージを増加• ・自分の力と敏捷を上昇 最強Aランク キャラ名 特徴と評価ポイント PVBで活躍しやすいスキル• ・ガード率とカウンター率を上昇• ・鈍足対策が可能なアシスト 火・水属性の魔法パーティで大きく活躍• ・魔力、火属性ダメ、水属性ダメを上昇• ・魔攻ステータスが高い 闇と雷属性を支援• ・敵全体の力、魔力、闇属性耐性を減少• ・味方全体の雷属性攻撃ダメージを上昇• ・混合パーティで真価を発揮する 安定した運用がしやすくなるアシスト• ・大ダメージを受けるリスクを軽減• ・魔法キャラやパーティーとの相性が良い デバフ処理ができるアシスト• ・味方全体のステイタス減少効果を減少• ・デバフ軽減や解除対策としても使用できる ダメージリスクを抑えつつ味方を回復できる• ・ペネトレーション率を大幅に下げるスキル持ち• ・パーティの生存率を上げられる 魔法耐性と力を上げられるアシストキャラクター• ・自身の力と魔法耐性を上げられる• ・自分以外の味方に力上昇効果を付与できる 火、光属性のダメージをサポート• ・火、光属性のダメージを上昇できる• ・クリティカル率が上がるため高いダメージを狙いやすい• ・属性ダメージを上げるため物理、魔法パ両方で編成できる 魔法パーティやアタッカーを大きく支援• ・敵全体のクリティカル率と魔法耐性を減少• ・トップクラスの魔攻ステータス 光魔法パーティの火力を補えるスキルを所持• ・味方全体の魔力を上昇できる• ・敵全体の光属性耐性を減少できる 敵のステイタスを複数下げるスキル• ・力、魔力+カウンター率、回復量を減少• ・魔攻ステータスが高い 地・光属性パーティの火力をサポート• ・光と地属性の耐性を下げられる• ・属性ダメージ上昇なので柔軟に編成できる 水属性と闇属性のダメージをサポート• ・敵全体の水と闇属性の耐性減少、味方全体の水と闇属性攻撃ダメージを上昇• ・敏捷ステータスが高い 必殺ゲージを上昇できるスキル持ち• ・アシストスキルで必殺技ゲージを上げられる• ・栄光挑戦での適正が高い 高いダメージを狙えるスキル• ・味方全体のクリティカル率とペネトレーション率を上昇• ・魔攻のステータスが高い 魔法パーティで活躍するアシスト• ・味方全体の魔力とクリティカル率を上昇• ・魔攻ステータスが高い 雷属性のダメージをサポート• ・雷耐性減少でダメージ増加に貢献• ・確率で睡眠付与• ・物攻ステータスが高い 睡眠対策として活躍できる• ・魔法キャラとの相性が良い カウンターの発生率を上昇できる• ・味方全体のカウンター率を上昇• ・敵全体のクリティカル率を減少 闇・地属性魔法パーティの火力を上げるアシストキャラ• ・味方全体の魔力が上がるため魔法パーティと相性がいい• ・味方全体の闇属性、地属性攻撃ダメージを上昇 汎用性の高いスキル持ち• ・味方全体のステイタスを上げられる• ・気絶耐性を最大100%まで上げられる 雷魔法パーティで活躍できるアシスト• ・敵全体の雷属性耐性を減少• ・味方全体のHPを毎ターン回復 最強アシストキャラランキング(PvB) 最強Sランク キャラ名 特徴と評価ポイント 汎用性が高く攻防両面のサポートが可能なアシスト• ・汎用性の高く扱いやすいスキル• ・耐久強化や高い敏捷ステータスでPvPで活躍しやすい 光パーティのダメージ上昇を支援• ・物理・魔法問わず使えるスキル• ・トップクラスの器用ステータス MP回復とダメージ増加底上げができるアシスト• ・汎用性が高く扱いやすい• ・敏捷ステータスがトップクラス 汎用性が高い強力なアシスト• ・組み合わせるキャラを選ばないスキル• ・ガード率とカウンター率を上昇• ・鈍足対策が可能なアシスト 火・水属性の魔法パーティで大きく活躍• ・魔力、火属性ダメ、水属性ダメを上昇• ・魔攻ステータスが高い 優秀なMP回復効果• ・最大で毎ターン80MPを回復• ・クリティカルやカウンター率を上昇 どの編成でも活躍が可能• ・味方全体の力と魔力を上昇• ・味方全体のHPを毎ターン回復 敵全体の耐性とクリティカルなどを下げられるアシストキャラ• ・ペネトレーションとクリティカル率を下げられる• ・敏捷と力が高くアタッカーと相性が良い 火・光の物理パーティには欠かせないアシストキャラ• ・光・火属性耐性を下げられる• ・力を上昇できるため物理ダメージを伸ばせる どの攻撃タイプでも編成できる万能アシストキャラ• ・敵全体の物理と魔法耐性を減少• ・自分のカウンターとガード率を上昇 状態異常無効と対魔法に対して強力なデバフを所持• ・味方全体に状態異常無効付与• ・敵全体の魔力と耐久を減少 状態異常無効と強力なデバフを持つアシストキャラクター• ・味方全体に状態異常無効付与• ・敵全体の力と耐久を減少 魔法耐性と力を上げられるアシストキャラクター• ・自身の力と魔法耐性を上げられる• ・自分以外の味方に力上昇効果を付与できる 魔法パーティやアタッカーを大きく支援• ・敵全体のクリティカル率と魔法耐性を減少• ・トップクラスの魔攻ステータス 必殺ゲージを上昇できるスキル持ち• ・アシストスキルで必殺技ゲージを上げられる• ・栄光挑戦での適正が高い 属性耐性やガード率を上昇できる守りに特化したアシストキャラ• ・全属性の耐性とガード率を上昇• ・効果対象が味方全体のため汎用性が高い ダメージ上昇量がトップクラスのアシストキャラクター• ・栄光挑戦でダメージを伸ばすためには必須級• ・敵全体の単体攻撃被ダメージを増加• ・味方全体の器用を上昇 カウンターの発生率を上昇できる• ・味方全体のカウンター率を上昇• ・敵全体のクリティカル率を減少 闇・地属性魔法パーティの火力を上げるアシストキャラ• ・味方全体の魔力が上がるため魔法パーティと相性がいい• ・味方全体の闇属性、地属性攻撃ダメージを上昇 生存率を上げられる強力なスキル持ち• ・味方全体のHPを毎ターン回復• ・味方全体の回復量とカウンター率を上昇 最強Aランク キャラ名 特徴と評価ポイント ダメージ軽減でパーティを安定させられる• ・高難易度バトルでも活躍できる• ・物攻が高く物理キャラとの相性がいい PVPで優秀なスキル• ・汎用性が高く扱いやすい• ・雷パーティで真価を発揮 闇と雷属性を支援• ・敵全体の力、魔力、闇属性耐性を減少• ・味方全体の雷属性攻撃ダメージを上昇• ・混合パーティで真価を発揮する 物理と魔法両方で活躍できるアシスト• ・味方全体の力と魔力を上昇• ・敵全体の耐久や敏捷減少がPvPで活躍しやすい 安定した運用がしやすくなるアシスト• ・大ダメージを受けるリスクを軽減• ・魔法キャラやパーティーとの相性が良い 物理パーティの火力を上げられるアシストキャラ• ・味方全体の力を上げられる• ・水、風属性耐性を下げられる 火・地・物理キャラをサポート• ・火、地属性ダメージを上昇• ・物理キャラと相性が良い ダメージリスクを抑えつつ味方を回復できる• ・ペネトレーション率を大幅に下げるスキル持ち• ・パーティの生存率を上げられる 全体敵との相性が良い• ・全体攻撃被ダメ増加でダメージを底上げ• ・ガード率減少で安定してダメージを与えやすい 火、光属性のダメージをサポート• ・火、光属性のダメージを上昇できる• ・クリティカル率が上がるため高いダメージを狙いやすい• ・属性ダメージを上げるため物理、魔法パ両方で編成できる 光魔法パーティの火力を補えるスキルを所持• ・味方全体の魔力を上昇できる• ・敵全体の光属性耐性を減少できる 敵のステイタスを複数下げるスキル• ・力、魔力+カウンター率、回復量を減少• ・魔攻ステータスが高い 味方のダメージを軽減• ・味方全体の全体攻撃ダメージを軽減• ・物理耐性も上昇 地・光属性パーティの火力をサポート• ・光と地属性の耐性を下げられる• ・属性ダメージ上昇なので柔軟に編成できる 対魔法パーティの時に活躍する• ・味方全体に魔法攻撃無効を付与• ・魔力が高くなるので魔法攻撃のキャラと相性がいい 水属性と闇属性のダメージをサポート• ・敵全体の水と闇属性の耐性減少、味方全体の水と闇属性攻撃ダメージを上昇• ・敏捷ステータスが高い 水と地属性のダメージを増加• ・水と地属性攻撃ダメージを上昇• ・ガード率とカウンター率を上昇 魔法パーティで活躍するアシスト• ・味方全体の魔力とクリティカル率を上昇• ・魔攻ステータスが高い 耐久をサポートするアシスト• ・物理耐性と魔法耐性を上昇• ・防御ステータスが高い 敵全体の力を減少できる• ・魔法キャラクターとの相性が良い• ・MPの値が高い 睡眠対策として活躍できる• ・魔法キャラとの相性が良い 敵の力を減少できるアシスト• ・物攻ステータスが高い 対火属性で大きく活躍できる• ・味方全体の全体攻撃ダメージと単体攻撃ダメージを軽減• ・火属性耐性を上げられる 汎用性の高いスキル持ち• ・味方全体のステイタスを上げられる• ・気絶耐性を最大100%まで上げられる 雷魔法パーティで活躍できるアシスト• ・敵全体の雷属性耐性を減少• ・味方全体のHPを毎ターン回復 最強Sランクのアシストキャラ解説 【牧歌幼神】ヘスティア.

次の

ソード・オラトリア 2期の可能性、アニメの続き、発行部数、円盤売上情報まとめ

ダン まち 春 姫 死ぬ

ダンまち最終話は、ラスボスバケモンとの最終決戦エピソード。 突如現れたラスボスとのベルくんと仲間たちの壮絶な最終決戦エピソードで締めれられる最終回の今回です。 そのラスボスですが、まさかの階層ボスとは比べ物にならない、レベル5級のヤバすぎる奴だということが判明します。 そんなバケモンに、凄腕のリューさんや冒険者たちがチームを組んで挑みます。 ヴェルフも魔剣をついに解禁! そして、次世代を担うベルくんが、英雄志望の力を解放して決着をつけるというベルくん大活躍展開になります。 というわけで、ベルくんの英雄への道筋が描かれて、みんな笑顔のハッピーエンドでついに完結した本作でした。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第12話。 ダンまち第12話は、18階層での水浴びサービスエピソード。 ピンチを乗り切って辿り着いた18階層での、女子キャラたちの水浴びサービス回が登場の今回です。 ロキ・ファミリアの褐色姉妹や、神様やリリ、そしてアイズたんまで水浴び裸体を披露するサービス回が登場! そんな水浴び中の女子キャラたちの中に、ヘルメスに連れて来られたベルくんが突っ込んで、ラッキースケベを満喫します。 さらに、リューさんの水浴び現場にも遭遇して、最終回前にサービスたっぷりとなっている今回です。 そして、水浴び後は、ヘルメスの悪意で神様がさらわれてしまい、ベルくんが冒険者と決闘させられる展開に。 そこで、さらなる強さを見せたベルくんでしたが、そこに謎のバケモノが降ってくる展開となって、次回最終回に続く本作です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第11話。 ダンまち第11話は、ベルくんチームのダンジョン中層救出エピソード。 はじめてのダンジョン中層で大ピンチに陥ったベルくんチームの救出模様が描かれる今回です。 そんな救出劇ですが、ベルくんチーム救出隊が出陣したものの、結局ベルくんが自力で危機を脱する展開になります。 気絶したヴェルフとリリを抱えて、17階層のボスから逃げ切るというベルくんの熱い姿が描かれます。 そして、辿り着いた18階層の迷宮の楽園では、アイズたんが待ち受けていて、アイズたんの大勝利展開となりました。 そんな迷宮の楽園では、アイズたんとのラッキースケベがあったり、ヒリュテ姉妹にモテるハーレム展開が登場! そして、負け組の神様も到着して、迷宮の楽園でのクライマックスの残り2話に続く本作です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第10話。 ダンまち第10話は、ベルくんのダンジョン中層挑戦エピソード。 レベル2にランクアップしたベルくんのチームが、はじめてのダンジョン中層の挑むお話の今回です。 しかし、次から次へと現れるモンスターに襲われて、中層の厳しさを知ることになります。 さらに、そこにモンスターから逃げてきたタケミカヅチ・ファミリアのパーティにモンスターをなすりつけられるという大ピンチ展開に! というわけで、いきなりはじめての中層挑戦で、パーティ全滅もある絶体絶命のピンチになってしまいます。 そして、そんなベルくんたちを救出しようと、ヘスティアが神様仲間に声をかけて救出チームを結成します。 そんな救出チームに、まさかの酒場もリューさんもついに参戦という展開で、次回に続く本作です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第9話。 ダンまち第9話は、鍛冶師のヴェルフ・クロッゾ登場エピソード。 OP&EDにも登場している細谷佳正キャラのヴェルフ・クロッゾがついに登場の今回です。 そんなわけで、OP&EDでバレバレですが、そんなヴェルフ・クロッゾとベルくんが仲間になるという展開が描かれることに。 そこで、ベルくんが気に入っていた防具の制作者がヴェルフ・クロッゾだったということが明かされます。 また、そんな中、前回の冒険でレベル2になって、新たなスキルを覚えたベルくんの新必殺技も披露されます。 そして、魔剣を作る有名鍛冶師だと判明のヴェルフとベルくんに熱い友情が結ばれて、ついにリリを加えた3人組パーティが誕生する今回です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第8話。 ダンまち第8話は、ベルくんVS. ミノタウロスのバトルエピソード。 フレイヤの仕掛けてきたミノタウロスとベルくんが、ついにガチンコで戦うお話の今回です。 そんなバトル回の今回ですが、紺野直幸絵コンテ演出で、ベルくんがカッコよく戦う本気回となっています。 そして、バトルでは、アイズたんが駆けつけたにもかかわらず、ベルくんがミノタウロスと一人で対峙する展開に! そこでリスクを冒して危険と向き合うベルくんのはじめて冒険する激闘の姿が描かれます。 というわけで、第1話でアイズたんに助けられたベルくんが、自分で暴走ミノタウロスを倒すという熱いリベンジ回となっている今回です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第7話。 ダンまち第7話は、剣姫のアイズ・ヴァレンシュタインエピソード。 ベルくんの憧れの人のアイズ・ヴァレンシュタインがベルくんに戦い方を教えてくれるお話の今回です。 そんなわけで、ついにベルくんがアイズたんとまともに会話するという急接近展開に! 一方、前回のお話で改心したリリルカは、ついに神様ヘスティアと対峙することになります。 そこでベルくんのお目付け役を任されたリリルカが、神様とベルくんを取り合う修羅場を早速引き起こしちゃいますw そんな中、ベルくんは、お昼寝の練習中にアイズたんの唇を奪おうとする浮気に走っちゃっておりました。 そんなわけで、フレイヤの次なるベルくんを狙う計画が進む中、アイズたん、神様、リリルカとのハーレム展開が描かれる今回です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第6話。 ダンまち第6話は、リリルカ・アーデ号泣エピソード。 生い立ちの悪さで盗人サポーターになってしまっていたリリルカが、ベルくんに救われるお話の今回です。 そんなリリルカですが、今回もベルくんのナイフを奪っておさらばしようとする悪さをやっちゃいます。 しかし、その悪さの報いなのか、ソーマ・ファミリアの冒険者に財産を奪われてフルボッコにされてしまうリリルカです。 酷いやられっぷりw そして、そんな人生バッドエンドとなろうとしたリリルカを助けるために、イケメンのベルくんが駆けつけてくれます! そんなベルくんに、とことん自分の罪を告白したリリルカが大号泣して、ついにベルくんのお人好し愛に落ちてしまいました。 というわけで、シリアスすぎる悲しい人生を送ってきたリリルカが、ついに救われることになるリリルカ号泣完結編の今回でした。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第5話。 ダンまち第5話は、神様ヘスティアとのデートエピソード。 前回のリリルカとの浮気がバレたベルくんが、神様をデートに誘うお話の今回です。 そんなデートの誘いでコロッと機嫌を良くした神様のデートのために身支度するセクシー入浴シーンが登場! というわけで、最近はヒモのベルくんのために働きっぱなしだった神様にようやくターンが帰ってきます。 そんな中、魔導書で魔法を覚えたベルくんが、再びアイズたんとダンジョンで出会ってしまうという、神様の負け組展開も描かれますw そして、ベルくんと一緒にダンジョンに行くリリルカの闇がまだまだ深いことも描かれて、いい感じにお話が展開する今回です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第4話。 ダンまち第4話は、サポーターのリリルカ・アーデ登場エピソード。 ベルくんと一緒にダンジョンに行くサポーターのリリルカ・アーデが本格登場するお話の今回です。 そんなリリルカでしたが、ソーマ・ファミリアでの扱いが悪かったのか、盗みを狙う素行不良のキャラクターになっています。 そして、ベルくんのヘスティアナイフに目をつけたリリルカが、盗んで売っぱらうことを企んで近づいてきます。 というわけで、小人族(パルゥム)の少女が、純粋なベルくんと出会って人生を変えるという出会いのストーリーが描かれます。 また、ギルドのハーフエルフのエイナ・チュールともラブラブデートしたりして、神様が負け組すぎるベルくんのハーレムが描かれる今回です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第3話。 ダンまち第3話は、神様の刃(ヘスティア・ナイフ)編の完結エピソード。 ベルくんのためにヘスティアが武器を用意する神様の刃(ヘスティア・ナイフ)編完結エピソードの今回です。 前回のナイフ完成から引っ張っておりましたが、ついにベルくんにヘスティア・ナイフが渡される時が来ます。 そして、そのナイフでベルくんがモンスターを見事に撃破して、ヘスティア・ファミリアの絆の物語がいいお話で完結します。 また、そんなヘスティアとベルくんの活躍を、アイズ・ヴァレンシュタインが目撃する気になる姿も描かれます。 そして最後に、新たなヘスティア・ファミリアの仲間候補?の謎の少女が現れて、次回からの新展開に続く本作です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第2話。 ダンまち第2話は、神様ヘスティアの武器作りエピソード。 駆け出し冒険者のベルくんのために、紐神様のヘスティアが武器を用意するため奔走するお話の今回です。 そんなわけで、ドレスも買えない貧乏神様のヘスティアが神様たちの宴にお出かけします。 そこで、土下座土下座で、ヘファイストスになんとか武器を作って貰うことが出来た紐神様のヘスティアでした。 そんなヘスティアですが、今回も明るくてかわええキャラクターがいい感じに描かれます。 おっぱい強調の神の紐も効いてますw そして、武器を持ち帰ったヘスティアとベルくんを日笠陽子演じるエロキャラの美の女神フレイヤが狙うという展開になる今回でした。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第1話。 GA文庫刊の大森藤ノによるライトノベル原作TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」。 監督は、「キルミーベイベー」「リトルバスターズ!」の山川吉樹が担当。 作品内容は、地上に降りた神様のファミリアに所属する冒険者たちがダンジョン攻略をするファンタジー作品になっています。 そんなダンまち第1話は、ダンジョンで出会いを求める主人公ベルと少女剣士アイズ・ヴァレンシュタインと出会いエピソード。 松岡禎丞演じる主人公ベルが、ダンジョンで強さを求めながらヒロインたちと絡んでいくというベタなラノベ内容になっていますw そんな第1話ですが、ベルくんのファミリアの神様ヘスティアがエロかわええことになっていたわけで、神様おっぱいアニメとなっている本作です。 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」 GA文庫刊の大森藤ノによるライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のTVアニメ化が決定! 放送は、4月3日(金)25:05~よりTOKYO MXほかにてスタート! スタッフは、監督を山川吉樹、キャラクターデザインを木本茂樹、シリーズ構成を白根秀樹、アニメーション制作をJ. STAFFが担当!「キルミーベイベー」、「リトルバスターズ!」のJ. STAFF作品。 キャストは、ベル・クラネル役を松岡禎丞 、ヘスティア役を水瀬いのり 、アイズ・ヴァレンシュタイン役を大西沙織 、リリルカ・アーデ役を内田真礼が担当!OP主題歌は井口裕香の4thシングル!ソロアーティストとして初のTVアニメーションOPテーマを担当。 未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。 人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、 少年は一人の小さな「神様」に出会った。 どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。 jp).

次の