うなぎの美味しい温め方 ためしてガッテン。 スーパーで買ったうなぎの美味しい食べ方【実演】

ためしてがってんのガッテンうなぎ ためしてがってんのガッテン情報局

うなぎの美味しい温め方 ためしてガッテン

テレビでお紹介された市販のうなぎを美味しく食べる方法 土用の丑の日が近づくと、恒例のようにうなぎを食べる日本。 うなぎ屋さんの混雑ぶりは当たり前ですが、夕食に市販のうなぎを用意する主婦たちももちろんたくさんです。 市販のうなぎもそれなりにいいお値段がするものの、やはりうなぎ屋さんのふっくらと香ばしい味には叶わない。 いいえ!ちょっと待ってください!市販のうなぎもちょっとしたコツで美味しく食べる方法があるんですよ。 テレビでも紹介されていたので、すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。 市販のうなぎを美味しく食べる方法はテレビでもいくつか紹介されています。 放送を見落としてしまった方のためにテレビ番組で紹介された市販のうなぎを美味しく食べる方法をご紹介します。 こんな方法で温めると市販のうなぎを専門店と引けをとらない味わいで味わうことができます。 どのテレビ番組でも共通に言われているポイント テレビの情報番組で紹介された市販のうなぎを美味しく食べるいくつかの方法で共通していたポイントは、市販の うなぎを温める前に、熱湯もしくは水でウナギについているタレを洗い流すことです。 市販のうなぎの 表面に付いているタレは、見た目を美味しそうに見せるためについているだけで、身の中まで味が染み込んでいるわけではないとのことです。 そのためそのまま再加熱すると、焦げができやすくなってしまうそうです。 どの方法で温めるにしても、温める前にザルなどの上にうなぎをおいて熱湯をかけながら丁寧に表面のタレを取り除くか、流水でタレを洗い流し、キッチンペーパーなどで優しく水気をふき取っておきます。 表面のタレを取ったうなぎを温めてタレを付けの直すのが、どの方法でも市販のうなぎを美味しく食べる最初のポイントだと紹介されています。 市販のうなぎを緑茶で美味しく食べる方法は緑茶で煮るだけ 日本テレビの情報番組「あのニュースで得する人損する人」坂上忍の得ワザでは、市販のうなぎを緑茶を使い美味しく食べる方法が紹介されました。 テレビではフライパンを使用していましたが、うなぎが入る浅い鍋でも構いません。 そこにうなぎを入れてうなぎと同じくらいの高さまで緑茶を注ぎ緑茶がなくなるまで煮ます(3~4分程度)。 仕上げに付属のタレをかけたら出来上がりです。 市販のうなぎを緑茶を使って温めるとうなぎを柔らかくふんわり温めることができるそうです。 うなぎにはコラーゲンが含まれているので時間が経つと硬くなっていきます。 緑茶に含まれているタンニンはコラーゲンを溶かす作用があるので、うなぎの身や皮を柔らかく戻してくれます。 緑茶を使って温めるときのポイント 緑茶を使って市販のうなぎを美味しく温めるときのポイントは2つ。 1つは急須から入れた緑茶を使うのではなく ペットボトルの緑茶を使うことです。 その理由は茶葉から淹れたお茶を使うとタンニンの渋みが残ることがあるためです。 ペットボトルの緑茶は成分が安定していてタンニンが少ないので、うなぎを程よく柔らかくして渋みが残りにくいのです。 2つ目のポイントは なるべく小さいフライパンなどの鍋を使うこと。 そうすることで少量の緑茶でうなぎをしっかり浸けることができ、煮込む時間を短縮することができます。 市販のうなぎをフライパンで美味しく食べる方法はタレに酒を加えて煮るだけ TBSの情報番組「ジョブチューン」超一流職人スペシャルという番組ではフライパンを使って、市販のうなぎをタレと酒で煮る方法が紹介されました。 番組では千葉県の成田山にある老舗のうなぎ店「川豊」の店主が紹介者でした。 紹介されていた内容は 付属のタレに酒を加えてフライパンで煮るだけのごく簡単な内容です。 時間のない方におすすめです。 ポイントは 表面のタレを取ってから煮ること、うなぎは皮目を下にフライパンに入れることです。 ちなみに酒の量はタレ1袋に対して大さじ6杯くらいと言われますが好みで構いません。 フライパンを使いタレと酒で煮ることで、身にしっかりとタレの味を染み込ませることができ、お酒を加えて煮ることで仕上がりはふっくらした食感になります。 NHK「ためしてガッテン」流の温め方は酒で蒸すまたはフライパンで焼く HNKの生活情報番組「ためしてガッテン」でも市販のうなぎの美味しい温め方が紹介されました。 「ためしてガッテン」からは関東風と関西風の温め方が紹介されました。 関東風のうなぎは白焼きにした後に蒸してタレを付けて再び焼くのが特徴で、味わいはふっくらと柔らかな食感のうなぎなのに対して、関西風のうなぎは蒸さずにそのままタレをつけて焼くのが特徴です。 関西風のうなぎの味わいの特徴は、蒸らさず焼くので脂がのっていて、外側がパリッとしていて香ばしい味わいです。 タレも関西風は濃くて甘いタレです。 関西風のうなぎは頭が付いているうなぎもあります。 関東風の温め方は魚焼きグリルを使い酒で蒸す まず市販のうなぎをバットに入れて熱湯をかけ、うなぎに付いているタレを洗い流します。 流水でタレを洗い流すのではなく熱湯を使うことで冷えて固まったうなぎのコラーゲンが柔らかくなるため流水ではなく、あえて 熱湯でタレを洗い流すことがすすめられています。 湯をかけたらさっと引き上げてキッチンペーパーで水分をふき取ります。 関東流に温めるときは魚焼きグリルを利用します。 まずアルミホイルに油を塗ってその上にうなぎをのせます。 ホイルに油を塗るのはうなぎがホイルにくっつかないようにするためです。 そしてうなぎの上に酒をふります。 長うなぎで小さじ2杯が目安です。 ホイルでうなぎを包み、包んだうなぎを魚焼きグリルに入れ3分ほどホイル蒸しします。 IHのグリルを使用の方はあらかじめ強火で余熱を入れておいてください。 3分経ったらホイルの上部を開いて身にタレを塗り、ホイルを開いたまま再び1分くらいグリルで焼きます。 こうすると市販のうなぎもふっくら柔らかい食感になり関東風に美味しく味わえます。 関西風の温め方はフライパンで焼く 市販のうなぎに初めから塗られているタレを洗い流すところまでは関東風と同じです。 関西風の温め方はフライパンを使って温めるのがポイントです。 まずフライパンに大さじ3のサラダ油をひき強火で約1分余熱を入れます。 余熱を入れたフライパンにうなぎの身を下にして入れ、1分ほど焼きます。 焼き加減は身の表面が薄く色付く程度が目安です。 この時焦げやすいので火加減を見ながら注意して焼いてください。 裏返して30秒くらい皮側を焼きます。 焼きあがったら、キッチンペーパーを引いたバットにとり、余分な脂をふき取ります。 こうして市販のうなぎを温めると関西風の味わいが出ます。 食べるときに付属のタレをうなぎに塗って食べます。 市販のうなぎをレンジで温める方法 テレビでは市販のうなぎを電子レンジで温めると水分が失われてパサパサになってしまうのでおすすめできないといっていましたが、電子レンジはたいていの家庭にある簡単に食べ物を温めることができる調理機器です。 そこでどうにか電子レンジで市販のうなぎを美味しく温める方法はないものかと探してみました。 ありましたよ!電子レンジでも市販のうなぎを美味しく食べる方法が!ちょっとしたコツで電子レンジでも美味しく市販のうなぎを温めることができます。 うなぎの身にお酒をふりかけてチンしよう! 電子レンジで市販のうなぎを温めるときは、うなぎの身に少しだけお酒をふりかけて加熱します。 皿にうなぎの皮目を下にしてのせ、大さじ1~2杯くらいのお酒を身にまんべんなくふりかけます。 お酒の量が多すぎるとべチャっとしてしまいますので、お酒の量は身の大きさを見て加減してください。 まんべんなくお酒をふりかけたらふんわりラップをして電子レンジで1~1分30秒くらい加熱します。 加熱時間もうなぎの大きさや使用の電子レンジの性格がありますので、1分を目安に様子を見ながら加熱しましょう。 酒臭さが残るのではと心配であるなら、少し深めの皿にお酒を入れ、皿にラップをピンと張り付け、ラップに数か所穴をあけて、その上にうなぎをのせ、さらにうなぎの上に軽くラップをかけて加熱します。 直接お酒をうなぎの身にふりかけたくない場合はこんな方法もおすすめです。 どちらにしても温めるうなぎは表面に付いているタレを洗いながし、水気をしっかり取り除いた身の状態にしてから温めましょう。 トースターでも簡単にパリッと温められる テレビで紹介された緑茶やフライパンを使う温め方は、ふっくらした食感に仕上がりますが、トースターで温めたものはふっくらというよりパリッとした食感になります。 パリッとした感じが好きな方はトースターで温めるのがおすすめです。 トースターで温める場合は超簡単!ホイルさえあれば洗い物も出ません。 忙しい方にもおすすめの温め方です。 トースターで温めるときはアルミホイルを活用しよう まず市販のうなぎの表面に付いているタレは熱湯もしくは水できれいに洗い落してキッチンペーパーなどで水気をしっかりふき取ります。 うなぎをすっぽりと包めるくらいに大きさにアルミホイルをカットしうなぎをのせます。 大さじ1程度のお酒をうなぎにふりかけてホイルで包みトースターで5~10分程度焼きます。 焼き時間はうなぎの大きさやトースターの個性によって差がありますので、加減して焼いてください。 焼きあがったら最後の仕上げに、ホイルを開き付属のタレをウナギにかけて、ホイルを開いたまま2~3分焼いたら完成です。 ホイルにうなぎの皮がくっついてしまうこともあるので、ホイルの内側に油を塗っておくと皮が剥がれることがなく綺麗に仕上がります。 市販のうなぎを美味しく味わおう うなぎ屋さんの前を通ると美味しそうな香りがたまりませんよね。 市販のうなぎも安いわけではありません。 そして見た目は美味しそうでもただチンして温めるだけでは、やはりお店の味には叶いません。 でもご紹介してきたちょっとした工夫で市販のうなぎも美味しく食べることができます。 市販のうなぎを美味しく食べるには、どのような方法で温めるにしても、見た目を美味しそうに見せている表面のタレはきれいに取ってしまうのがポイントです。 市販のうなぎ、上手に温めて美味しくご堪能ください。

次の

うなぎの温め方、家事えもんで紹介された方法が話題に!フライパンやレンジでも温めることは可能?

うなぎの美味しい温め方 ためしてガッテン

突然、なぜだか急に「うなぎが食べたい・・・」って思うこと、ありますよね。 土用の丑の日でもないし、夏バテ中で食欲も落ち気味とかでもないのだけれど、無性に食べたくなる時が。 あの、うなぎのフワッとした食感、口に広がる脂が乗ったうなぎの旨みがなんとも幸せな気持ちにさせてくれるんです。 お店で食べる絶品うなぎを家庭でも再現できたら、私の幸福度はかなり上昇するんですけれど。 「お店のうなぎは無理でも、家でならまだお安く食べれるんじゃない?!」 そう思ってスーパーで購入したパックに入ったうなぎなんですケド。 私にしてみればそこそこ高かったけれど、硬そうだし、お世辞にもあまり美味しそうでもないし。 このまま普通に温めても、絶対あのフワフワは味わえないんですよね~。 何かいい方法はないかしら?と探してみたら、 とっておきの方法がありましたよ。 このスーパーで買ったうなぎを、見事「高級店のうな重」に変身させてみせます! 1. うなぎが入る大きめのお皿を用意します。 お皿にうなぎの 「皮を下」に、「身を上」に向けて置きます。 うなぎに 大さじ1~2杯の料理酒をまんべんなくふりかけます。 温める時にアルコールは飛びますので、匂いなど気になりませんよ。 ふんわりとラップを (うなぎに当たらないように)かけます。 電子レンジで1分ぐらいを目安に温めます(800Wの場合) 加熱時間は少し足りないかなと思う程度にして、様子を見ながら調節した方が失敗が少なくすみます! さらにもう「ひと手間」かけてもいいよという方は、フライパンを併用しましょう。 うなぎの硬い皮がイヤ!皮を柔らかく温めるならフライパン 温める時には、うなぎの皮がくせ者なんですよね。 硬くてゴムのように噛み切れないですし。 そんな時はフライパンで蒸し焼きにすると皮も柔らかくなるんですよ。 【フライパンで温める方法】 1. うなぎにお酒を軽くふりかけ、ふんわりラップをして 約20秒ほど電子レンジで温めます。 (800Wの場合) 2. その間にフライパンを火にかけて、 2枚重ねのアルミホイルを敷きます。 アルミホイルは敷く前に一度、くしゃっと丸めてから広げ直してください。 うなぎの皮を下にしてアルミホイルを引いたフライパンに置き、うなぎの硬さを少しチェックします。 (少し乾いてるなと感じたら、お酒をもう少しかけます) 4. うなぎの上に穴を数個あけたアルミホイルを被せるか、フライパンの蓋をして 弱火で約1分ぐらい蒸し焼きにします。 蓋をとり、タレをうなぎの上にかけます。 フライパンを少し揺らしながら、皮にもタレがまわりこむようにしてもう少しだけ加熱します。 うなぎの皮がパリッとして、身はふんわりとしたうなぎになりますよ。 うなぎの 皮を下にしてフライパンに入れます。 うなぎがひたひたに浸かるぐらいまで 緑茶を注ぎ入れます。 (ペットボトルの緑茶がお勧めです) 3. フライパンに蓋をして加熱します。 中火で3分~5分ぐらいが目安です。 蓋をとり、中火のままで煮汁を飛ばしますが、少し煮汁が残っているところににタレを投入します。 (煮汁とタレを混ぜ合わせる感じです) 5. もう少し加熱を続け、少し煮汁が残るぐらいが止め時です。 温め直す前は皮がゴムのようにゴワゴワだったのに、食べたらふんわりしていて、とても美味しくいただけました。 なぜうなぎは硬くなるの?なぜ緑茶がいいの? そもそも、どうしてうなぎは調理時間が経つと硬くなってしまうんでしょうね? そして、なぜか緑茶で煮込んだら、すごくフワフワになりました。 不思議なことに、緑茶でうなぎを煮たのに、お茶の味はしないんですよ。 これには うなぎと緑茶の成分に秘密がありました。 成分の秘密となぜうなぎは冷めると硬くなるのかも合わせてご説明しますね。 でも、柔らかくして食べたいですよね。 そこで、緑茶成分の登場なんです! 緑茶には「タンニン」という成分が含まれており、コラーゲンを溶かしてうなぎの身を柔らかくする作用があります。 さらには、タンニンには「渋み」があるのですが、うなぎのたんぱく質と結合してくれるので、渋みは残らずに美味しくうなぎを温め直すことができるんですね。 ちなみに、急須でお茶を入れるよりも、ペットボトルの緑茶の方が成分が安定しており、タンニンの分量も抑え 緑茶以外にも、タンニン成分が含まれている「ウーロン茶」や、「紅茶」でもうなぎを柔らかくできますので、お好きなものを選んで試してみてくださいね! 『ためしてガッテン』流の「うなぎの温め方」がすごい! もうひとつ、とても効果的にうなぎを美味しくする画期的な方法がありました。 うなぎをバットに入れ、熱湯を注ぎ入れて 湯洗いをします。 (うなぎがひたひたになるぐらいの分量の熱湯を入れる) 2. 湯をかけたらすぐにうなぎをバットから取り出し、余分な水分を優しくふき取ります。 (ここまでは関東風と同じです) 3. フライパンに大さじ3強のサラダ油を入れて、 強火で予熱をします(1分間ほど) 4. 水気をとったうなぎを身を下にしてフライパンで 1分ほど揚げます。 (身の表面が薄く色づく程度に) 5. 裏返して、 皮を30秒ほど加熱します。 余分な油をキッチンペーパーでふき取って完成です! 油で揚げてギトギトにならない?と心配になりますが、どうやら油は油に溶けだす性質があるようで、うなぎ自身の脂も外に流れ出し、思ったよりもさっぱり頂けますよ! うなぎに合うご飯の硬さ、お好みはどっち? さて、うなぎを上手に温める方法がわかったところで気になるのは、もうひとつの主役、ご飯について。 うなぎの濃厚な味わいに、ベストマッチするご飯のことについて少しだけ触れさせてください。 うな重・うな丼など、タレをかけるご飯は硬めの炊き加減が好きですか? それとも、ふわふわの柔らかいご飯が好みですか? こればかりは人によるといえばそれまでですが、若干、タレが絡んでも ベチャっとならない硬めのご飯を好まれる方が多いように思われます。 ご家庭でうなぎを食べようとして、ご飯の硬さに悩んだ場合は、基本は普通の水分量で炊き上げるのがいいと思います。 硬めの方が好きな方は、少しコツがあるのでご紹介しますね。 うなぎに合う硬めご飯の炊き方• 水加減は炊飯器の目盛り通りにします。 お米を浸ける時間を普段よりも短めに(目安は30分ぐらいにする)• 急速炊飯コース(快速コース)など呼び名は炊飯器で違うと思いますが、早く炊けるコースを選びます。 炊きあがってから10分ぐらいは蓋を開けずにきっちり蒸らします。 蒸らし終えたら、蓋をあけご飯をしゃもじで優しく底から持ち上げるようにしてかき混ぜて完成! これでしっかり歯ごたえがあるアルデンテ風の硬めご飯が炊きあがりますよ。 土用の丑の日は夏だけじゃないの? お恥ずかしい話、私は土用の丑の日って、夏の暑い時にあるものだと思っていました。 そうじゃなかったんですね。 土用の丑の日とは「土用の中で十二支の丑にあたる日」だそうです。 土用とはなに?ってことになると思うんですが、立春、立夏、立秋、立冬の直前の約18日間のことを土用と言います。 そして その18日間の中の丑の日が「土用の丑の日」になるんですって。 季節の変わり目は体調を崩しやすいこともありますから、栄養価の高いものを食べようという習慣ができたのでしょうね。 うなぎの旬は冬ということですから、なにも夏だけに食べなくてもよかったんですね。 電子レンジで温める場合は、加熱しすぎないこと!(目安は500Wで1分から1分30秒) お酒をまんべんなくふりかけ、ラップはふんわりかけましょう。 フライパンでひと手間かけるならアルミホイルで! くしゃっと丸めてからうなぎを置くと引っ付きにくいです。 加熱のし過ぎに気を付けて蒸し焼きしてから、タレを絡めましょう。 緑茶で煮るとさらにふんわり仕上がります! うなぎをフライパンに入れてひたひたになるまで緑茶を入れて煮ます。 煮汁が少なくなったらタレを入れて少し煮たら完成。 皮までふわふわに仕上がります。 ためしてガッテンの温め方、コツは湯洗いをする! 市販のうなぎについているタレを洗い流すことで焦げを防ぎ、再調理しやすくなっています。 どれもそんなに難しい工程はなく、試してみようと思えるものばかり。 ぜひお試しください!

次の

NHKためしてガッテン流! うなぎの美味しい温め方はこれ♪

うなぎの美味しい温め方 ためしてガッテン

関東風の食感に仕上げる焼き方 ためしてガッテンで紹介されていた市販のうなぎの焼き方には、関東風と関西風があります。 まずは関東風のうなぎの焼き方の説明です。 うなぎをバットの中に入れます。 やかんで沸かしたお湯をうなぎが浸るくらいまでかけて洗い、タレを取ってしまいます。 お湯をかけた後はうなぎを引き上げて、キッチンペーパーを使って丁寧に水気を取り除いてください。 適度な大きさのホイルを広げ、薄く油を塗っておきましょう。 その上にうなぎを置き、小さじ2の酒を振りかけたら包んでください。 事前に火をつけて温めておいたコンロの魚焼きグリルの中に入れて、約3分蒸し焼きにします。 3分経過したらホイルを開けてタレを塗り、開けた状態で1分程度焼きましょう。 その後に取り出します。 ホイルの上で4等分に切ったら、続いてうな丼用のご飯を用意します。 器に適度な量のご飯をよそいますが、やや固めに炊くことで食感が良くなるのがポイントです。 よそった後に少量のタレをかけたら、先程焼いたうなぎをご飯の上に敷きましょう。 箸だけよりもフライ返しを使うと、身が崩れずに綺麗に並べることができます。 うなぎの上にタレを好みでかけたなら、仕上げに粉山椒を振れば完成です。 サクサク感が楽しめる関西風の焼き方 関西風のうなぎの焼き方ですが、ためしてガッテン流に行うことで、関東風とは違って自宅で簡単にサクサクした皮の食感を楽しむことができます。 最初の処理は関東風と同じ流れです。 バットにうなぎを入れて、お湯をかけてタレを取り除いておきましょう。 うなぎを引き上げたら水気をキッチンペーパーで拭き取ります。 ここからが関東風とは異なってきます。 コンロの魚焼きグリルではなく、フライパンで焼くのがコツです。 フライパンに通販で購入したうなぎをそのまま入れると焼きにくいので、半分に切っておきましょう。 フライパンをコンロに置き、大さじ3強の油を入れたら1分程度強火で温めます。 うなぎの皮が上に、身が下になるようにフライパンに入れてください。 確認して、薄く焼き目がついていれば裏返して皮の方も焼きましょう。 焦げやすいですから、火加減を見ながらこまめに焼き目を確認します。 身が1分くらい、皮が30秒くらいです。 うなぎを取り出してバットに入れ、キッチンペーパーで余分な油を取り除いて、半分に切っておきます。 ご飯を器によそったら少しタレをかけますが、関西風のタレは甘味が強いため自分でタレを作っても良いでしょう。 うなぎを乗せ、タレを塗って粉山椒を振れば完成です。

次の