クリーニング 開業。 ハウスクリーニング【開業方法】成功するにはコレ!

クリーニング店(取次店)での開業について pl.metrostav.cz

クリーニング 開業

開業資金も少なく安定した収入が見込めるハウスクリーニングですが、実際に開業するにあたり、「向いている人・向いていない人」が存在するようです。 ハウスクリーニング開業を考えているのなら、知っておきたい「向いている人・向いていない人」の特徴についてご紹介します。 ハウスクリーニングに向いている人の特徴 ハウスクリーニングの開業は男性だけではなく女性にもおすすめといわれていますが、その理由はハウスクリーニングに向いている人の特徴を見てみるとよくわかります。 ハウスクリーニングが向いている人の特徴について詳しく見ていきましょう。 真面目に仕事に取り組める ハウスクリーニングは手抜きのできない仕事です。 徹底的にお部屋を綺麗にし、誰が見ても汚れがないという状態に仕上げなければいけません。 「このぐらいでいい」という妥協はできない仕事ですので、 まじめに仕事に取り組める人はハウスクリーニングにとても向いています。 明るい性格である 一般家庭へ赴くハウスクリーニングでは、お客様のいる状態でハウスクリーニングを行います。 初めの挨拶、仕事中、最後の挨拶、いつでも明るく元気に 「お客様に不快感を与えない」接客ができる人はハウスクリーニングに向いているといえるでしょう。 体力がある ハウスクリーニングは体が資本の仕事です。 予約が入っていたのに体調を崩してしまい、仕事ができなかったとなれば信用にかかわります。 かといって、人にうつる病気、例えば風邪やインフルエンザにもかかわらず客先に出向くことは絶対にあってはいけません。 元々体が丈夫で健康な方は、この仕事を長く続けることができるでしょう。 細やかな気遣いができる 個人宅での清掃は、特に細やかな気遣いを求められます。 綺麗に掃除をするだけではなく、家具や壁紙を傷つけないように、細心の注意を払いながら仕事をしなければいけません。 さらにリピーターを獲得するためには、他社のハウスクリーニングと差をつける必要があります。 仕事が丁寧、細かな部分まで気を遣う、時には依頼主の世間話に付き合い、仲を深めることも大切です。 こういった能力は、一般的に 女性のほうが長けています。 特に子どもがいる家庭やハウスクリーニングが入る時間帯に女性しかいない家庭では、女性のハウスクリーニング業者のほうが安心という家庭が多くなっています。 開業ならフランチャイズ加盟がおすすめ 独立をサポート ハウスクリーニング業に向いている性格だけど、開業・独立は少し不安…という方にはフランチャイズがおすすめです。 今まで店舗を持ったことがない方が営業・経営の知識なしに独立すると、赤字になってしまうことも。 フランチャイズには開業前に研修があり、清掃のスキルはもちろんのこと、営業や店舗の経営方法までしっかりと学べます。 オーナー初心者でも、不安を最小限にした状態で開業ができるのです。 大手のネームバリューが使える お客様の家に伺って清掃をするハウスクリーニング。 営業をするうえで、「信頼できそうな会社かどうか」は見落とせないところです。 フランチャイズはネームバリューがあるため、個人経営のハウスクリーニング店舗より信頼されやすいメリットがあります。 名前を使う分ロイヤリティとして毎月支払いが生じますが、個人で広告を出す費用を考えるとお得になるでしょう。 自分にあったフランチャイズを選ぶのがポイント メリットの多いフランチャイズですが、会社によって経営の考え方や営業方法が異なります。 開業で成功するためには、自分の考え方にフィットするフランチャイザーを選ぶのがポイントです。 またロイヤリティも、フランチャイザーによって違うもの。 ネームバリューとロイヤリティのバランスを見て選びましょう。 ハウスクリーニングに向いていない人 ハウスクリーニングは誰にでもできる仕事だと思われがちですが、実は向かない人もいるようです。 どのような人に向いていないのか細かく見ていきましょう。 スケジュール管理が苦手 ハウスクリーニングはお客様と自分の仕事状況を照らし合わせ、上手にスケジュール管理をしなければいけません。 スケジュール管理をせずに 感覚だけで仕事を受けてしまう、安請け合いをしてしまうという方は向かないでしょう。 「1件目が長引いて2件目が遅れ、お客様からの信用がなくなってしまった」ということがないようにゆとりを持ったスケジュールを立てる必要があります。 集中力が持続しない人 ハウスクリーニングという仕事は集中力を必要とします。 汚れのある箇所に集中し、綺麗になるまで同じ場所に取り組まなければいけません。 普段から注意力が散漫で、 同じ物事に取り組むことができないという方は、ハウスクリーニングの仕事には向きません。 楽観的過ぎる 何事もマイナスに捉え、考えすぎる人も開業に向きませんが、あまりにも 楽観的で物事を軽く考えてしまう人もハウスクリーニングの開業には向きません。 開業後は個人事業主となるので、しっかりと事業計画を立てて数年先のことまで考える必要があります。 「今月は目標の収入があったからいい」と、目先のお金のことしか考えられないのであれば、開業しても資金繰りがうまくいかなくなる可能性が高いでしょう。 ハウスクリーニング開店は誰でもできる ハウスクリーニングは、男性だけではなく女性にもおすすめの仕事です。 個人事業主という響きから大げさに考えてしまう人もいますが、性別に関係なく誰でも個人事業主になれます。 ハウスクリーニングは資格を必要としない職業です。 さらにフランチャイズ開業なら、研修やしっかりとしたサポートがあるため安心して開業できます。 主婦業の合間にできるのもこの仕事の魅力ですから、なかなか良い仕事が見つからないという方はハウスクリーニングの独立開業はいかがでしょうか。

次の

クリーニング店を開業するには?必要な資格や費用など開業までの手引き

クリーニング 開業

アシストーン株式会社 墓石クリーニング「アシストーン」では、風雨やコケ、カビなどの影響により、汚れてしまった墓石を、特殊な洗浄方法とコーティング技術により、墓石としての風合いを損なうことなく、新品同様に蘇らせます。 取り壊して建て替えるしかなかった墓石の劣化に対する、新しいサービスとして注目されており、墓石以外の石材全般にも施行可能です。 開業資金• 総額:98万円• 加盟金:60万円• 研修費:20万円(2名まで)• 初期仕入れ:18万円• 開業後もステップアップ研修やフォローを随時実施。 契約期間 1年 加盟条件 代理店契約 収益モデル 1ヶ月間で週末各1基=計8基、メンテナンス施工した場合• お墓洗浄・コート:6万5000円• 透水性舗装:4万円• 免震施工:3万円• 売上:13万5000円• 経費:3万2000円• しかし、近年では、核家族化や少子高齢化などの影響により、そうしたことが困難というケースもどんどん増えています。 たとえば、お墓参りに行きたいけど、遠方のため時間がなかなか作れない、あるいは、自身が高齢となり、墓所まで出かけてお手入れをすることが、体力的に困難といった場合などです。 時代の変化に着目し生まれたのが、これまでありそうでなかった墓石のクリーニングという新サービス。 そして、このビジネスにおいて注目すべきは、提供するサービスは墓石の洗浄だけにとどまらないという点です。 墓石クリーニングとはどんな仕事なのか? 石材は、風雨や紫外線の影響などによるシミ、カビ、苔やエフロと呼ばれる汚れの結晶などの付着により、汚れやダメージが進行してしまいます。 水とブラシの洗浄だけでは、なかなか落とすことは難しくなります。 さらには侵食などの影響で、一部が欠落するということも。 そうした問題をすべて、ワンストップで解決するというのが、他ならぬ墓石クリーニング業なのです。 これまでは難しいとされてきた 石材洗浄を独自の洗浄技術を用いて、高圧洗浄機などの機械は使わず手作業にて、天然の石材を新品同様の状態に洗浄。 その上で欠損部分の修復も必要に応じて行い、その上で、自然の石の風合いを損なわない、 専用のコーティング材で新たな汚れの付着をブロックする手法です。 墓石クリーニング業界の将来的展開 このサービスは墓石にとどまらず、石材を用いたすべての建造物や石像、庭石などにも対応できるメリットもあります。 たとえば、神社仏閣などに設置している石像や石碑、石の灯篭、石畳の道や、石材を用いた階段。 さらには外壁材として石材を用いている建物や、石材を骨格とする建物など、枚挙にいとまがありません。 墓石クリーニングというのは、これまでになかった、 新しいスタイルのビジネスモデルと言え、 これからの市場拡大が大いに期待できると言っても過言ではありません。 ありそうでなかった、あったらいいのにというニーズを切り開いていくという意味で、今後の伸長が大いに期待できるでしょう。 墓石クリーニングとは 墓石クリーニングならではの特徴は、クリーニング作業にお客が立ち会うケースはきわめて少ないということ。 墓石クリーニング前後の写真を送り、仕上がりを確認してもらうのが一般的です。 また、ハウスクリーニング以上に、仕事が集中する時期が決まっているのも、墓石クリーニング業の特徴。 ハウスクリーニングは、秋ごろから年末に向けての数ヵ月が忙しくなりますが、墓石クリーニングは、 お盆前・お彼岸前の時期という、より限定的な時期に依頼が集中する傾向があります。 この時期になるべく依頼を受けきれるよう、スケジュールの調整やじゅうぶんな清掃器材の準備などをしておくのが大切です。 あえてこの時期を狙って多くの依頼を獲得したいなら、お盆やお彼岸が近づいた時期に広告を打つ、というのもひとつの手です。 墓石クリーニングの経営にかかる費用 墓石クリーニング業の経営にかかる費用は、開業資金だけではありません。 毎月、経営にまつわる費用がかかってきます。 墓石クリーニング業は自宅開業ができるので店舗を持つ必要がない分、賃料などはかかりませんが、 機材にかかる経費、フランチャイズ会費、営業や施工に使う車の経費がかかります。 この金額にはもちろん幅がありますが、おおむね月10万円前後を見込んでおくといいでしょう。 また、広告宣伝はやればやるほど、費用がかかります。 とくに開業後しばらくの間は、墓石クリーニング業の存在認知のための広告をうつ必要があり、 広告宣伝に関する出費がかさみがちです。 墓石クリーニング業のフランチャイズ開業を考えるなら、こうした費用についてもしっかり事前に考えておく必要があります。 墓石クリーニングを開業するメリット メリットとしてまず挙げられるのが、「今のところ、技術で対抗できる 競合他社の数がまだまだ少ない」ということです。 墓石クリーニングは、ハウスクリーニング業者や便利屋などでも取り扱っていますが、墓石クリーニングを本業としているわけではなく、ほとんどが「丁寧に墓石を掃除する」レベルです。 その点、墓石クリーニングは、 墓石のための専用溶剤と技術を用いてクリーニングするため、単に丁寧な掃除をするだけの業者とは仕上がりが違うという強みを持っています。 他業種でライバルになりえるのは、同じく墓石の性質に精通している石材店の墓石クリーニングぐらいでしょう。 また、ハウスクリーニング業などと比べて、開業資金を安く抑えることが可能なのも、墓石クリーニング業の大きなメリットです。 幅広い清掃器材などを揃える必要があるハウスクリーニング業だと、安くとも数百万の開業資金が必要。 しかし、特化した墓石クリーニング業なら、最低100万円前後での開業も可能です。

次の

株式会社ベアーズ ハウスクリーニング加盟店 で独立・開業・起業

クリーニング 開業

クリーニング師 クリーニング所を開業するには、1人以上のクリーニング師を置く必要があります。 開業する店舗が取次店である場合には クリーニング師は不要です。 クリーニング師になるには都道府県知事が実施している試験に合格し、免許申請をしてクリーニング師原簿に登録される必要があります。 クリーニング屋の開業予定者の多くはフランチャイズに加盟し取次店として開業する方が多いと思いますので、FCのサポートを借りながら開店まで手続きを行っていきます。 クリーニング屋の種類は? クリーニング屋と一言に言っても、幾つかの種類に分類されます。 ここでは クリーニング屋の種類について幾つか説明していきます。 一般クリーニング店 お店の中でクリーニング処理を行っている形態です。 自宅兼店舗になっていたり工場とユニットになっている形態が当てはまります。 開業者にとっては設備投資額が大きいのが難点でもあります。 取次店 店舗内では衣類の受け渡しのみを行い、クリーニング処理は別の工場で行っている形態の店舗を指します。 チェーン店等に多く、クリーニング屋開業ではこのタイプが多いでしょう。 無店舗取次店 ネット宅配サービスなど、クリーニング屋の店舗自体がなく、車両を店舗化して衣服の受け渡しをし工場へ取次をする形態です。 私達が消費者としてクリーニング店を利用する際には、どの店舗も同じように考えてしまいがちですが、以下のような点にも注意が必要です。 カウンター• 整理カウンター• 商品棚• ポール• ハンガー• ワゴン• ユニホーム• ネット• ボステッチ• 持ち帰り袋• ゴム印 etc… 上記はクリーニング店で必要な設備の一例ですが、一般クリーニング店となると上記のような設備等を自社で用意する必要があります。 例えば機械一基であっても 100万円~200万円を超える物も多くあり、機械設備の他に内装工事や物件取得費を含めると、開業資金として1000~2000万円を超える事も珍しくないでしょう。 そのため多くの開業者はフランチャイズ加盟をして 取次店から始める人が多く、クリーニング処理は自店で行わず衣類の受け渡しや保管のみを行います。 もちろん一般クリーニング店として開業する事もできますが、クリーニング技術を持つ 職人が必要であったり、コストを抑えるために 居抜きや中古設備を調達する等の工夫が必要となってきます。 クリーニング屋の開業資金は? クリーニング屋の開業資金はどれくらいかかるのでしょうか。 ここではクリーニング屋開業として一般的でもある 取次店を例に挙げてみます。 取次店とは言っても加盟するフランチャイズによって開業資金は大幅に異なりますが、例として シュミレーションを考えてみます。 開業資金条件• 店舗面積:8坪• 備品類:70万円• 開業前広告費:30万円• 内装費・看板設置:200万円• FC加盟金:20万円• 保健所申請料金:2万円• 雑費:諸経費:5万円 開業資金項目 金額 備品類 700000円 開業前広告費 300000円 内装工事・看板 2000000円 加盟金 200000円 保健所申請料金 20000円 雑費・諸経費 50000円 合計 3270000円 シュミレーション上では、 327万円の開業資金が必要という計算になりました (加盟するフランチャイズや店舗の規模等によって開業資金は異なります)。 加盟するフランチャイズによって 広告費を一部負担してくれたり、 看板設置を行ってくれる等、フォロー体制は各社で異なりますのでじっくりと時間をかけて会社を選択するようにしましょう。 また開業前にはクリーニング 工場を視察したり、 売上予測を説明されるケースも多いですが、実際の開業後の収支とは異なる場合もあります。 そのため全てを本部任せにはせず、自分でも集客数や売上シュミレーションを立てて慎重に見極めるようにしましょう。 クリーニング屋は儲かる?売上は? クリーニング屋ではどれくらいの売上が見込めるのでしょうか。 ここでも取次店を例にして シュミレーションとして売上を考えてみたいと思います。 売上条件• 客単価:1000円• 客数:45人• 取次店手数料(マージン):25%• 定休日:木曜(月26日営業)• 諸経費(広告費・消耗品・光熱費等):-70000円 売上項目 金額 粗利(マージン手数料) 292500円 諸経費 -70000円 合計 222500円 シュミレーション上では、 222500円の営業利益が見込める可能性があります。 クリーニング店開業後の売上はやはり 立地に大きく左右されます。 多くのクリーニング店は商業地区や住宅街に位置しているケースが多く、集客には 利便性の良さや人通りの多さ・視認性なども大きな要素です。 またフランチャイズ加盟をしても本部によってサポート体制が異なる事から、各社をよく調べて自分に合った会社を選択します。 取次店と言うと楽なイメージをする方も多いかもしれませんが、肉体労働が多い業態でもあるので開業前には慎重に検討する必要があります。 本部の機材・薬品等を使用できる• 低資本で開業できる• 経営ノウハウを享受できる• 衣類の引き渡し・保管のみなど、肉体的な疲労も少ない• ブランド名・知名度の利用• 工場研修など、様々な研修制度がある• 高度な洗濯技術が不要• クレームも本部が中心になって対応してくれる事も フランチャイズでは開業前のサポートも充実しており、高額な設備も不要で 低資本で開業できるのが利点です。 また衣類の受け渡しのみという事であれば 極小物件でも候補に入ってくるので、好立地を確保できる可能性もあります。 クリーニング業は地域密着のビジネスを希望する開業者にとっては適性のあるビジネスですが、主には立地によっても売上に変動があり中には早期に撤退する店舗もあります。 フランチャイズとして加盟する場合には実際の収支を想定した上で、メリット・デメリットをよく考えて自分に合った会社を選択するようにしましょう。 クリーニング屋は潰れない? 中には クリーニング屋は潰れにくいというイメージを持っている人もいるようです。 ですが実際には多くのクリーニング屋が廃業しており、厚生労働省のデータによると20年前は 16万店ほどの店舗があったのに対し、現在では 10万店前後の店舗数となっているようです。 理由として考えられるのは、一般家庭でも利用できる 最新の洗濯機器が購入できるようになった事や、 ファストファッション等の安価な洋服を使い捨てたり着まわす人が増えた事・コンビニを含む コインランドリーの増加・クリーニング店へ持ち運ぶような 高価が衣類を着用する機会が少なくなった事などが考えられます。 ですが実際に街中ではいつまでも 潰れないクリーニング店が存在する事も事実です。 傍から見ていてどう見ても利用客が少ないような店舗であっても、何年も経営をしている店舗もあります。 このようなクリーニング店はどのように収益を得ているのか、以下のような理由も考えられます。 地主や家族経営でテナント賃料や人件費がいらない• 店頭ではなく集配・宅配に注力している• 早朝や夜間にも対応している• 飲食店・病院等との大口契約がある• 価値の高い溶剤・クリーニング技術がある• 他店では扱わない特殊な商品まで取り扱う 潰れないクリーニング店にはそれだけの理由や 付加価値がありそうです。 上記は一例ですが今後のクリーニング店の生き残りには、他店との差別化や新たなアピールポイントが必要なのかもしれません。 クリーニング屋の客数は? クリーニング屋の 客数はどれくらいを見込めるものでしょうか。 客単価が大幅に増減しないとすれば、客数によって売上は大きく左右されます。 参考として以下のグラフは 厚生労働省の統計で、一般クリーニング所の 1日の平均客数を示しています。 出典: 厚生労働省 クリーニング業(一般クリーニング所)結果の概要 先ほどの売上シュミレーション上では来店客数を45人で試算しましたが、上記の統計では1施設当たりの平均客数は 35. 2人という結果になっています。 この数値が実体を表しているものとすれば月商としても100万を下回る事も十分に考えられます。 また上記のグラフでは 50人以上の客数がある店舗が15%以上もある一方で、 10~19人といった店舗も30%近くある事から、店舗によって集客力に大幅な開きがある事も分かります。 今後クリーニング店を開業する際には、客単価アップやリピーターの確保・他店にないクリーニングサービス等、集客を軸にした対策を考える必要があるのかもしれません。 クリーニング店の後継者不足 クリーニング店では 後継者がいない事により廃業をする店舗もあると言います。 多くを見ていると、やはり撤退する店舗は売上が立たない店舗か、後継者不在を理由とした廃業が多いようにも思います。 以下は先ほどと同じく厚労省の統計によるデータです。 出典: 厚生労働省 クリーニング業(一般クリーニング所)結果の概要 上の「図13」を見ると常時雇用者(正社員)のほとんどが 40~50歳以上であることが分かります。 また「図6」では店舗の10~13時間の営業時間を設定している店舗が多い事も分かり、特に店舗だけでなく処理工場は 過酷な労働であるケースもあります。 クリーニング店だけでなく今後は本格的な高齢化社会を迎えるにあたり、いかに後継者を育てていくか・若年層にクリーニング業の魅力を伝えていくか等にも課題が残りそうです。 クリーニング店の開業まとめ クリーニング店の開業について幾つか挙げてみました。 昔と比べるとクリーニング店のニーズは低くなっているイメージはあるものの、クリーニングは衣食住を占める職種としてまだまだ根強い仕事ではあります。 特に小さな店舗でも地域密着で経営していきたい方々にとってはクリーニング店も候補に入るのかもしれません。 ですが多くのクリーニング屋が撤退しているように、今後多くの競合店の中で生き残るには明確な他店との違いや差別化が求められます。 今後は厳しい状況が予想されるクリーニング業ですが、工夫次第で新しい試みも生まれてきそうな気もしますね。 それでは今日はこの辺で。

次の