トヨタ ヘルプ ネット。 【楽天市場】メーカーから探す > 日本 > トヨタ:グーネットモール

遮光断熱効果抜群 エコネット 220 トヨタ ハイエース200系(H17.8〜)用 虫よけ トラック用網戸 :ekonextuto

トヨタ ヘルプ ネット

トヨタのプリウス50系 Aの装備・オプション解説 電子キーのリモコン操作で、 離れた場所から全ドアの解錠・施錠が行えます。 また、キーを携帯した状態であれば、ドアハンドルを握って解錠、 ドアハンドルのセンサー部分を触って施錠が可能です。 パワースイッチは運転席の右側にあります。 キーを携帯してブレーキペダルを踏み、 スイッチを押すとエンジンが始動。 併せてメーター類も起動します。 ステアリングの左側には、 オドメーターの表示を切り替えるTRIPスイッチと、 オーディオや音声機能を操作するスイッチが配置されています。 ステアリングの右側には、 コンビネーションメーターの表示を切り替えるスイッチと、 LDA(レーンディパーチャーアラート)を設定するスイッチ、 そしてクルーズコントロールの使用中に、 前方車両との車間距離を設定するスイッチがあります。 マルチインフォメーションディスプレイは、 コンビネーションメーターの中央に配置。 画面を切り替えることで、オーディオやエアコンの設定状況、 警報メッセージ、エネルギーモニターなど 様々な情報を確認可能です。 また、安全装備の設定変更もできます。 ステアリングの右下に、 クルーズコントロールのスイッチレバーがあります。 先端のスイッチを押すとシステムが作動。 アクセルペダルを踏まなくても、 自動で走行させることができます。 ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。 その反対側に、方向指示器・ライトスイッチがあります。 パワースイッチの右側に、 運転をサポートする機能のスイッチが並びます。 ハンドルを自動操作し、縦列駐車や車庫入れ、縦列出庫を アシストする機能のスイッチです。 ONにするとマルチインフォメーションディスプレイに ガイド画面が表示され、 安全に駐車や出庫を行うことができます。 滑りやすい路面で横滑りを抑える VSC(ビークルスタビリティコントロール)の機能と、 タイヤの空転を抑えるTRC(トラクションコントロール)の 機能を停止するスイッチ。 短く押すとTRCがOFFになり、 3秒以上長押しするとVSCとTRCがOFFになります。 ONにすると、運転席正面のフロントガラスに、 ヘッドアップディスプレイが表示されます。 車両前方の明るさを判定し、 自動的にハイビームとロービームを切り替える機能のスイッチ。 ハイビームを点灯させてからスイッチを押すことで、 機能が作動します。 販売店オプションで、 メーカー純正のエントリーナビを装着可能。 トヨタ独自のコネクティッドサービスの利用が可能になります。 外気や室温などを感知し、快適な室内環境を保つオートエアコン。 設定状況はマルチインフォメーションディスプレイでも 確認可能です。 また、燃費性能を優先したエコ空調モードや、 エアコンの送風をフロント席に優先させるS-FLOWを設定できます。 シフトレバーは手を伸ばしやすい位置にあり、 軽やかな操作性がポイント。 シフトポジションをPに切り替えるときは、 レバーの右隣にあるPポジションスイッチを押します。 シフトポジションをRに入れると、 ナビの画面が車両後方の映像に切り替わります。 ガイドライン表示で、車庫入れや縦列駐車をサポートします。 シフトレバーの左側に、3種類のスイッチが配置されています。 電気モーターのみを使って走行するモードに切り替えるスイッチ。 騒音や排気ガスを気にせず走行できます。 走行状況に応じて、3種類の走行モードを選べるスイッチ。 ノーマルモードのほか、 きびきびとした走りを楽しめるパワーモード、 燃費の向上に適したエコドライブモードが設定可能です。 走行モードの変更はマルチインフォメーションディスプレイの 表示とスピードメーター左上の表示灯で確認できます。 ガソリンエンジンが停止した状態で走行している時に、 周囲へ車両の接近を知らせる音をストップさせるスイッチです。 トヨタのプリウス50系 Aの内装解説 広い範囲を照らせるようにデザインされたマップランプ。 交通事故などの緊急時に、 ヘルプネットセンターに接続することができるボタンです。 マップランプの下には、 サングラスの収納に便利なオーバーヘッドコンソールがあります。 後続車のヘッドランプのまぶしさに応じて、 反射光を自動的にやわらげる機能を持つインナーミラー。 中央のスイッチを押すと、システムが作動します。 運転席と助手席のサンバイザーは、 バニティミラーと天井照明をセットで装着。 身だしなみのチェックに便利です。 左右のフロントドアには上下2つのポケットを用意。 下のポケットはボトルホルダーが付いています。 ETC車載器は運転席の下部に装着されます。 シフトレバーの下には、大型のトレイを設置。 その下には2個のカップホルダーと小物入れ、 そしてアクセサリーソケットを用意しています。 アームレストにも使える大型のコンソールボックス。 中は取り外しができるトレイとの二段構造になっており、 車内の整理整頓に重宝します。 助手席の正面にはグローブボックス。 車検証などの収納に適した大きさです。 左右のリヤドアには、小さなポケットとボトルホルダーを用意。 運転席と助手席の裏側に、大きなポケットを用意。 助手席のポケットはファスナー付きのポケットも装着しています。 リヤシートの中央には収納式のアームレストが。 先端には2個のカップホルダーが付いています。 ラゲージルームは、小型化したハイブリッドバッテリーを リヤシート下に配置したことで、 450リットルオーバーの容量を確保。 プライバシーの保護に欠かせないトノカバーを装備。 ラゲージを広く使いたい時には取り外しも可能です。 ラゲージの左側に、スイッチ式のランプを用意。 その上には4kgまで対応可能のフックを装備しています。 フックは右側にもあります。 デッキボードを外すと、 工具類を整理して格納できるトレイがあります。 トレイを取り外すと、 もしもの備えに欠かせないスペアタイヤが格納されています。 ラゲージルームは、シートアレンジをすることで、 スペース拡張が可能です。 はじめに、トノカバーを取り外します。 そして、リヤシートの肩口にあるレバーを引き起こし、 背もたれを前に倒します。 シートは左右分割で、フラットに倒すことが可能。 簡単な操作で、荷室を大きく広げることができます。 運転席は前後の位置やシートの高さなどを電動で調節可能。 より最適なシートポジションを設定できます。 シャープな目つきで精悍な表情を持つヘッドランプ。 1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えができ、 高い省エネ性も併せ持っています。 リヤコンビネーションランプはサイドからバックドアへ伸び、 ボリューム感を強調。 夜間の被視認性をしっかりと確保しています。 メーカーではバラエティに富んだアクセサリーパーツを用意。 自分好みのビジュアルにカスタムする楽しさも生まれています。 以上、トヨタ・プリウスのご紹介でした。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

【交通事故に加え、急病、あおり運転から身を守ってくれる】ヘルプネットのサービス

トヨタ ヘルプ ネット

自社媒体をスタート トヨタ自動車が、自社で運営する新メディア媒体「トヨタイムズ」を1月1日にスタートさせた。 「モリゾウ」とは、豊田章男社長がレーシングドライバー名などに使っている名称。 豊田社長は、この名前でトヨタイムズ設立の趣旨を自ら語った。 ウェブサイトを開くと、一瞬「トヨタイズム」のようにも見えることを狙った真っ赤な太文字で書かれた「トヨタイムズ」のロゴが目に入ってくる。 目玉は社長の「つぶやき」 コンテンツは大きく分けると二つ。 豊田社長が思っていることを書きつづる「モリゾウのつぶやき」と、企業としてのトヨタを深掘りする「INSIDE TOYOTA」だ。 伝える手段は、記事と動画の形式をとっている。 年始には、目玉として豊田社長が大リーグのイチロー選手らと語り合う動画が発信された。 人気の動画サイト「ユーチューブ」にもチャンネルを開いて、より多くの人に見てもらえるように工夫を凝らしている。 チャンネル登録者数は2月28日時点で1万4407人にのぼっている。

次の

ヘルプネットとはどのようなものですか?

トヨタ ヘルプ ネット

2010年11月30日 トヨタ自動車、スマートフォン向けテレマティクス *1サービス 「スマートG-BOOK」を開発 トヨタ自動車 株 (以下、トヨタ)は、これまで同社の純正ナビゲーションで利用可能のテレマティクスサービス「G-BOOK」を、一般のスマートフォンで利用できるよう開発し、「スマートG-BOOK」として本年12月1日よりサービス提供を開始する。 「スマートG-BOOK」は、専用のアプリケーションをネットワークからダウンロードすることにより、iPhoneやAndroid搭載のスマートフォンで利用できる。 主なサービス内容は、「音声ガイド付通信ナビ(目的地までのルート案内)」に加えて、オペレーターに口頭で目的地の設定を依頼できる「オペレーターサービス」、事故や急病時に、現在位置を自動送信して、緊急車両を要請できる緊急通報サービス「ヘルプネット」、自宅のパソコンで作成したドライブ計画を共有できる「ドライブプラン」など、純正ナビゲーションと同等のG-BOOKサービスが利用できる。 特に、オペレーターサービスでは、オペレーターに会話で希望の施設や地名の検索を依頼でき、目的地がスマートフォンに送信されるので、あいまいなリクエストにも対応でき、かつ、手入力による検索の手間や、音声入力による誤認識がなく、スマートフォンによるナビをより簡単に利用できる。 また、緊急通報サービスヘルプネットでは、スマートフォンが衝撃を検知すると緊急通報ボタンが自動的に表示され、お客様が動揺した際でも確実に通報できる「通報支援機能」も提供する *2。 「スマートG-BOOK」の利用料金については、「ヘルプネット」は、安心安全サービスを広く普及させたいとの観点から無料で提供する。 音声ガイド付き通信ナビとオペレーターサービスは、セットで6カ月間900円にて提供する。 トヨタは、「スマートG-BOOK」により、純正ナビゲーション以外のお客様に対しても、緊急通報サービスや、オペレーターサービス等を、幅広く普及させることを通じて、安心・安全・快適なカーライフの実現に貢献したいと考えている。 *1 テレマティクス:テレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)から生まれた造語。 クルマなどの移動体に情報通信端末を搭載し、無線ネットワークとデータセンターを通じたサービス *2 Android搭載のスマートフォン向け機能 【smart G-BOOKの概要】 (1)主なサービス内容.

次の