メガルカリオ ライバロリ。 【因縁の対決】ライバロリvs夢咲楓 !メガルカリオとメガガルーラ!【ポケモンUSUM/ウルトラサン・ウルトラムーン】

【ポケモンUSUM】実況者「ライバロリ」氏の第4回公式バトル講座が公開! 今回は「ゴウカザルを活躍させてあげたい!」

メガルカリオ ライバロリ

CR7です。 シーズン1で使用した信用可能の調整をシーズン3の環境に合わせて調整し直した記事になります。 シーズン1で使用したの調整はこちら。 【調整の見直しについて】 シーズン1以降で私に信用可能使っていますと報告してくださる方がチラホラいました。 こういったことを言われるのは素直に嬉しく、その時は感謝の気持ちのみ述べて終わっているのですが、同時に現環境ではもっと良い調整案があるとも思っていました。 の調整を見直そうと思った部分としてシーズン1とシーズン3ではいくつか環境が変わった点があります。 ・カプコケコへの役割 ・の増加 ・の増加 この3点に注目しました。 カプコケコについてはの仮想敵にするには電気Zやを考慮すると仮想敵から外し、地面タイプに引くことが安定択となるため仮想敵から外しました。 この3点を踏まえ信用可能 改の調整を考えました。 このはドンボルチェンや死に出しによって2体目から投げることで相手のに高火力で負荷を与える動きが最も強いからである。 現環境において今回の信用可能改の仮想敵にあげた、、(呪い以外の型)はあまり初手に投げる動きをしないし、が誘うスカーフカプテテフも基本的には裏から出てくるである。 裏から投げて有利対面ラスターカノンを打ち、後出しされるやカプテテフを倒し対戦を有利に進めたい。 シーズン3において150戦ほど今回紹介した型で使っていましたががいないパーティにはがいてもカプテテフがいても積極的に動かすことが出来て使いやすかったです。 に興味を持っておられる方は一度使ってみてはどうでしょうか。 【雑談コーナー】 ここからは完全に余談になります。 本日でが強くなるための記事をいくつか目にしました。 その記事のほとんどが強者と絡むことによって強くなったというものであり、私自身その考えを否定する訳ではありませんがを始めたばかりの方や現在あまりが強くない方などは所謂強者と呼ばれる方に少し絡みにくい印象があるかもしれません。 ですが私はそんなに深く考えなくてもいいと思っています。 これからは自分の実際の体験談の紹介です。 まず私がを始めたのは時代のシーズン11?が終わった頃でした。 当時の私は最高レート2080程度で弱くはない数字ですが強者と呼ぶには程遠い数字でした。 ちょうどその頃でからりん杯という複数人によるチーム戦の大会があり、面白そうだと思った私は参加しようと思いました。 ですが始めたての私には仲の良い方がおらず、当時数少ないFF20人程度からメンバーを探していたところワジャイナ氏という強者の方に声をかけてみました。 彼からすれば私と絡んだ経緯も無かったのですが大会に参加しましょうと声を掛けると快くOKしてくれました。 また、先日実況者のライバロリ氏と2人で遊ぶ機会がありました。 ライバロリ氏との経緯は長くなるので省きますが、ライバロリ氏も遊びに誘ったところ快くOKしてくれました。 2人に共通して言える点は2人とも絡んできた人間を蔑ろにはしないということです。 例に出した2人以外にも私が知る限りで絡んできた方を蔑ろにする人は少ないと思っています。 皆さん現実世界で友達を作るときに難しいことを考えたり、狙って行動してますか?でも難しいことを考えずに気軽に色んな方に絡んでみてはいかがでしょうか。 当然絡む側の人間が敬語を使うのは当たり前ですし、常識持ってマナーよく使えばは距離の近い良いだと思います。 たまにこれが出来てない方が見受けられますがその場合は冷たい対応されても文句は言えませんし、私自身絡みのない方にいきなりタメ口で話されるとイラっとします。 私は礼儀正しい方は来るもの拒まずの精神なんでドシドシ気軽に絡んでくださると嬉しいです。 皆で界をもっと盛り上げていきたいですね。 【最後に】 私生活に少し余裕が出来たためシーズン3は頑張ります。 xxCR7xx.

次の

【ポケモン剣盾】ルカリオの育成論と対策【正義の鉄拳!強力な上級者向けポケモン】

メガルカリオ ライバロリ

皆さん、どうもです。 今回の記事はが大活躍したS9においてレート2000以上を突破した方々が使っていたの技構成及び特性、またその手持ちについてまとめようと思います。 1.の技構成及び性格 それでは最初にで発表されているS9ののデータを見てみましょう。 なお、補足として陽気が52. それでは次に2000入りのの技構成についてみてみましょう。 こちらはレート2000以上を記録した使い22人の方からの情報を参考に作りました 1. ラスターカノン 64 % 1. しんくうは 64 % 3. わるだくみ 59 % 4. 59 % 5. 41 % 6. コメットパンチ 27 % 7. 23 % 8. れいとうパンチ 18 % 8. 18 % 10. 14 % 11. じしん 9 % 12. 5 % そんなわけで技ランキング1位は同率で ラスターカノンと しんくうはで 64%になりました。 なお性格は 1.臆病 59% 2.陽気 36% 3.無邪気 4%(実質1人) となっており、特殊型が半分以上を占める結果になりました。 調べる前は特殊型が8割くらい行くと思ってましたが6割くらいなのに驚きですね。 この結果からみてものデータは上位勢のの型を判別するのに役には立たないということが分かりますね。 それでも物理型もかなりいるためなかなか判断するのは難しいですね。 余談ですが臆病が多いですが、中にはのF込みサイキネを耐えるなどの耐久に振った臆病が2~3人いたのでが紙耐久だと断定せずに立ち回る必要性も出始めてるのも面白いですね。 結論.S9は気合い玉をあてる自覚のあるが多かった。 そして愛しの身代わりさようならw 2.入り 2000構築23個 手持ちまとめ では次にと一緒に入っていたについてみていきましょう。 (人によっては2つのロムで全然違う構築を使ってたため1.の人数よりも多い) 1位・・・ 16人 2位・・・ 15人 3位・・・ 11人 4位・・・ 9人 5位・・・ 8人 6位・・・ 5人 7位・・・ 4人 8位・・・ ウオッシュ 3人 このような結果になりました。 やはりメガ枠で多かったのはでした。 特殊型との並びは有名なのですが、Xも少なからずいました。 また最近は有名実況者のライバロリも使ってたようにマンダの並びも確立されている感じがしますのでの構築がより深いものになっていくと思いました。 結論.メガ枠は工夫がまだできる。 そしてカバボルトは相変わらずと相性がいい。 そして環境の煽りを受けたよ、さようならw 参考文献 yishiguizhi.

次の

イケメンすぎるポケモン実況者ライバロリに注目!オワオワリって何?

メガルカリオ ライバロリ

ライバロリバトル講座 第4回「ゴウカザルを活躍させてあげたい!」 「バシャーモにできないゴウカザルの戦い方について」 のような相談がちらほらと。 同じ、ほのお・かくとうタイプのポケモンであり、バシャーモもゴウカザルも攻撃性能の高いポケモンです。 ただ、使用率だけ見るとバシャーモのほうが圧倒的に高く、その理由はやはり「特性:かそく」の存在でしょう。 ターン終了時に素早さを上げるといった効果なのですが、「まもる」を使用することで安全に素早さを上げることができ、素早さをあげることで多くのポケモンより先に行動できるようになり、有利不利が一気に逆転します。 この差を埋めるだけの性能がゴウカザルにあるのか…? というお話ですが…、 あるんです! ステータス面に関してはバシャーモの方が高いので、ゴウカザルのみが覚える技でおすすめなものをピックアップしていきましょう。 ・ちょうはつ ・アンコール ・がむしゃら ・ステルスロック ・ダストシュート ・とんぼがえり 辺りでしょうか。 ~~省略~~ こちらが育成したゴウカザルですね。 5倍になる) 夢特性 てつのこぶし(パンチ系の技の威力が1. 2倍になる) シンオウ御三家のほのおタイプのポケモン「ゴウカザル」。 こうげき、とくこう、すばやさに特化した種族値で、覚える技が非常に多彩。 第四世代では両刀型として使われることが多く、ちょうはつやステルスロックなどの優秀な補助技も搭載できる。 しかし、かそくバシャーモが解禁されてからは使用率が下がり、メガバシャーモが解禁されてからはほとんど姿を見せなくなってしまった。 さらに火力のインフレが起こりつつある現在では、こうげきととくこうの種族値104というものは頼りないかもしれない。 そのために現在では補助技を活かした型が目立つ。 しかしバシャーモではなくゴウカザルを使っている時点で補助技による行動をするとバレてしまうのが難点か。 ライバロリ氏のミミッキュ育成記事に対する反応.

次の