ラプンツェル 原作。 塔の上のラプンツェルの原作とアニメはストーリーの違いは?あらすじを比較して相違を一覧紹介!

塔の上のラプンツェル

ラプンツェル 原作

『塔の上のラプンツェル』とは? 原作は? 『塔の上のラプンツェル』の原作は、グリム童話の『ラプンツェル』です。 このラプンツェルは 髪長姫とされることもあり、そのことからも髪の毛の長いイメージができますね。 ラプンツェルは原作ではプリンセスではない? ディズニーの 『塔の上のラプンツェル』では、主人公ラプンツェルは王さまとお妃さまの間に産まれた 『プリンセス』となっています。 いなくなってしまったラプンツェルを探すために、姫の誕生日には毎年ランタンを飛ばしていましたね。 一方、原作のグリム童話では、子どもに恵まれない普通の夫婦がやっと授かった一人娘です。 やはりディズニーでは、『プリンセス』シリーズにしたかったのでしょうか。 ラプンツェルの育ての親は誰? ディズニーの 『塔の上のラプンツェル』では、 『ゴーテル』という、普通のおばあさんです。 ただし、黄金の花の魔力で長生きしているおばあさんです。 ラプンツェルの髪の魔力でもあります。 一方のグリム童話では、すごい力を持っている『ゴーテル』という名の 『魔女』です。 名前は一緒ですが、全く違いますね。 そしてこの『ゴーテル』というのは、ドイツ語で『名付け親』という意味があるのだそうです。 どちらも本当の親が育ててないところは同じ。 名付け親というよりは、育ての親というところでしょうか。 外出自粛ランキング Lv. 1 インフル (数日) Lv. 2 コロナ (数ヶ月) Lv. そして、塔から出て、外の世界へ行こうとした18歳の誕生日まで18年間塔にいました。 閉じ込められているというと、監禁されて窮屈な暮らしをさせられているのかと思いきや、結構快適にくらしているようですよね。 一方グリム童話では、12歳までは魔女によって普通の女の子として育てられています。 物心つくまでは一般的な暮らしをしていたようですが、12歳になった頃にはとても美しい少女になり、その後魔女によって塔に閉じ込められてしまいます。 さらにその2、3年後に王子が塔の傍を通りかかっていますので、14、5歳頃に王子と出会ってます。 その後仲良くなるにはどのくらいになるのでしょうか。 15、6歳の頃には塔から出ていることになりますね。 共通する出来事といえば、 ラプンツェルが歌を歌っているということくらいでしょう。 グリム童話では、この歌で王子を引き寄せています。 これは前代未聞です。 普通に考えてもおかしいです。 一方グリム童話では、王子さまと結ばれます。 一般的によくある話です。 このディズニー版では ラプンツェルがプリンセスで 結婚相手が元盗賊 グリム童話では、 ラプンツェルが一般人で 結婚相手が王子さまとなっていて、設定がまるで逆なんです。 逆玉ですね。 ディズニーで言うところの悪役、しかも盗賊。 親がいない孤児で、これまでも一人で数々の困難を乗り越えて生きてきて、行きついた先が盗賊だった。 でも、やさしい心を持つラプンツェルと一緒にいるうちに、改心していくのです。 悪役がいい子になる。 そんな話他にもありますよね。 そうです、スティッチ!この子も元は悪い子だった。 今改心の途中かもね。 あなたといると、何もかも違って見える。 公開からはや、2010年の映画公開からはや10年。 『塔の上のラプンツェル』の主人公ラプンツェルが住んでいるところが、なんと 『コロナ王国』なのです。 さらに、ラプンツェルは 18年間塔の中に閉じ込められていました。 現在私たちが新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言が出され、外出自粛とかぶるのです。 私たちは閉じ込められているわけではありませんが。。。 2020年5月1日の金曜ロードショー!で放送されます。 ただ単に、子供向けに放送されているのではないのかも。 来週の金曜ロードショーが「塔の上のラプンツェル」なのは一番好きなプリンセスだからめちゃくちゃ嬉しいけど、塔の外に出ることが許されなかった物語をこのコロナ外出自粛期間に放送するのすごいな — わたし 🇯🇵 gngnkzn そもそも、 コロナってギリシャ語では 王冠という意味ですし 太陽大気の最外層で、皆既日食の時、太陽のまわりに真珠色の淡い冠状の光として見えるもの。 ということで、全く悪いイメージはない、というか 良いイメージの意味しかないんだけどね。 ディズニー好きならU-NEXTがおすすめ! 『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルと『アナと雪の女王』のエルサ、アナは従妹? 同じディズニー作品なので、さらに女の子なので似てても仕方ないと思っていましたが、調べてみると色々なことが分かってきました。 ラプンツェルはとアナ雪は時代設定や場所が近い? 『ラプンツェル』は、前の項目で書いた コロナ王国これは現在の ドイツに位置しています。 そして 『アナ雪』は アレンデール王国、ここは現在の ノルウェーに位置しているのだそうです。 ドイツとノルウェーは海を挟んでかなり近い場所になっています。 さらに、移動手段として馬や船を使っているところが時代背景が近いと言われています。 アナとエルサ、ラプンツェルが従妹? エルサとラプンツェルの顔が似ているのでイトコでは?という噂があります。 『アナ雪』では両親の海の事故から、 3年後エルサが女王として即位することになり 戴冠式を行うことになります。 『塔の上のラプンツェル』の公開されたのが 2010年。 そして 『アナ雪』は、 2013年に公開されていて、この 『3年後』という年月につじつまがあっているのです。 エルサの戴冠式にラプンツェルが出席している? その3年後に開催されている戴冠式。 『』生まれてはじめて この 0:42 あたりで一瞬でてきます。 「アナと雪の女王」に一瞬ラプンツェル&フリンが映ってます。 ラプンツェルは黒髪のショートなのでわかりずらいのかもしれません。 でも一瞬横顔がみれます。 横顔はまぎれもなくラプンツェル。 イトコだったら戴冠式に出席していてもおかしくありません。 さらに、『アナ雪』での両親の海の事故、これはラプンツェルとユージーンの結婚式に出席するためにコロナ王国に向かっていた時に起きたという説や、ラプンツェルがお城に戻ったお祝いに出席するために、コロナ王国に向かっていたとも言われています。 ラプンツェル風髪型のやり方は?.

次の

塔の上のラプンツェルの原作とアニメはストーリーの違いは?あらすじを比較して相違を一覧紹介!

ラプンツェル 原作

髪長姫と訳されることもある。 が童話集から性的な要素を省くプロセスが明確である例としてよくあげられる。 初版では主人公が夜ごと王子を部屋に招き入れて逢瀬を重ね、結果として。 それがばれてしまったため放逐されたプロセスを詳細に書いているが、後の版では逢瀬シーンが最小限に、さらにの暗示は全てカットされ、放逐の理由も外部の人間である王子を招き入れ、恋仲にまでなっていることをうっかり言ってしまったためとされ、後に自分が生んだ子供と暮らしている描写が挿入されることにより「妊娠」が発覚、という版に改変された。 ラプンツェルは「ちしゃ」と訳されることがあるが、本来はキク科の(ちしゃ)ではない。 ラプンツェルと呼ばれる野菜はの、の など複数存在する。 妊婦が食べるのによいとされる植物である。 あらすじ [ ] あるところに夫婦がいた。 長年子供がいなかった2人だが、ある時やっと子供を授かる。 妊娠した妻は隣に住む ゴーテルという魔法使いの庭のラプンツェルを食べたくてたまらなくなる。 食が細ってやつれた妻に「ラプンツェルが食べられなければ死んでしまう」と懇願された夫は、妻と生まれる子のために魔法使いの敷地に忍び込むとラプンツェルを摘み取りにかかるが、魔法使いに見つかってしまう。 しかし夫から事情を聞いた魔法使いは、好きなだけラプンツェルを摘んでもいいが、子供が生まれたら自分に渡せと言う。 やがて妻が生んだ女の子は、即座に魔女に連れて行かれる。 ラプンツェルと名付けられた娘は、森の中に築かれた入り口のない高い塔に閉じ込められる。 魔法使いはラプンツェルの見事な長い金髪をはしご代わりに、窓から出入りしていた。 そんなある日、森の中を歩いていた 王子が美しい歌声に引かれ、塔の中に閉じこめられたラプンツェルを発見。 魔法使いと同じ方法を使って塔に登る。 はじめて男性との性交渉を知ったラプンツェルは驚くが、やがて愛し合い、魔法使いに隠れて夜ごと王子を部屋に招き入れて頻繁に性交を行う。 その結果ラプンツェルは妊娠する。 (初版) その事実を知って激怒した魔法使いはラプンツェルの髪を切り落とし、荒野に放逐する。 一方、何も知らずラプンツェルを訪ねてきた王子は待ち受けていた魔法使いから罵られる中で全ての顛末を知って絶望し、塔から身を投げて失明する。 7年後、盲目のまま森をさまよっていた王子は、男女の双子と暮らしているラプンツェルとめぐり会う。 うれし泣きするラプンツェルの涙が王子の目に落ち、王子は視力を回復する。 王子はラプンツェルと子供たちを伴って国に帰り、皆で幸せに暮らす。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ドイツ語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。

次の

ラプンツェル

ラプンツェル 原作

ディスニー映画『塔の上のラプンツェル』あらすじ ラプンツェル 「夢が叶ったら、その後はどうすればいいの?」 フリン・ライダー 「それからが 楽しいんじゃないか。 新しい夢を探せばいい。 ラプンツェルは18年間、育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられていた。 それでも彼女は、自分の誕生日の夜に遠くの空に現れる無数の灯りを不思議に思い、外の世界への憧れを強くしていった。 18歳の誕生日を翌日に控えたラプンツェルは思い切って「今年こそあの灯りを見に行きたい」とゴーテルに伝えるが、例の如くに「外は危ないから」と説き伏せられてしまう。 その日の朝早くに城からティアラを盗み出した大泥棒フリン・ライダーは、衛兵に追われて森へと逃げ込んでいた。 追っ手を振り切った先で塔を見つけたフリンは壁をよじ登って侵入するが、油断したところをラプンツェルに気絶させられてしまう。 得意の口説き顔も通じない相手に、フリンはしぶしぶ条件を受け入れる。 ゴーテルの言いつけに背いて塔の外に出たラプンツェルは、母への後ろめたさを感じながらも、初めて見る世界に胸を躍らせる。 一方、森の中に衛兵の馬がいるのを見て塔に引き返してきたゴーテルは、ラプンツェルがいなくなったことを知り、部屋でフリンの手配書を見つける。 事態を察したゴーテルは、ラプンツェルを捜し始めるのだった。 引用元:Wikipedia マザー・ゴーテルは育ての親 ラプンツェルは、本当は王国の姫として生まれたのですが、魔法の力欲しさに生まれてすぐにゴーテルに誘拐されてしまうのです。 魔法の力を独り占めするため、ラプンツェルには自分が本当の母であると言って塔に閉じ込めてしまったのです。 ラプンツェルとフリンその後 その後ラプンツェルは、約束通り「灯り」を見ることができました。 ラプンツェルは自分が王女であることに気づくのですが、ゴーテルに塔に連れ戻されてしまいます。 そして一緒にいたフリンも牢屋に閉じ込められてしまうのです。 フリンはなんとか牢屋を抜け出しラプンツェルを助けに行きますが、ゴーテルの罠にはまり刺されてしまいます。 ラプンツェルは自分の一生と引き換えにフリンを助けようとしますが、フリンもまた、意を決してラプンツェルの髪を切ってしまいます。 すると、ラプンツェルの髪の魔法で若い姿で生きていたゴーテルは、魔法が消えて消滅します。 ラプンツェルはなんとかフリンを救えないかと歌い、ラプンツェルの涙がフリンに落ちると、フリンは生き返るのでした。 その後二人はお城に戻り、結婚して幸せに暮らす…というお話です。 原作のグリム童話とは? ラプンツェルの物語を最初に読んだのは小学校低学年のころ買ってもらった岩波書店のグリム童話集だったと思うんですけども、これがまたなんていうか「あなたの性癖はどこから?私は岩波のグリム童話集から!」っていう感じの業が深い書(全力で讃えています)なんですよね… — 西條冴子 vitafragilis1 映画『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話が元になっているようです。 グリム童話とは、ドイツのグリム兄弟がドイツ周辺の古い民話を元ネタに、修正や加筆を加え出版した子供向けの童話集です。 2000年あたりに、『本当は怖いグリム童話』というのが流行しましたが、グリム童話の初版はかなり過激な内容が含まれているため、子供向けではないとされています。 子どもや家族で楽しめるように、と初版に修正を重ねたものが、現代で私たちが目にするグリム童話というわけです。 『塔の上のラプンツェル』の原作も、かなり残酷な描写があります。 グリム童話のタイトルは『ラプンツェル』『髪長姫』とも言われています。 原作グリム童話のあらすじ グリム童話って ラプンツェルとか白雪姫とかシンデレラとか、ディズニーで可愛く感動的に描かれてて大好きだからそう言うイメージ強いけど。 実際はとっても残酷で最後にはなんだか復讐劇なものが多いくて、小学校の頃の私にはなかなか刺激的だったなぁ• — 松木わかは wakaha510 ある夫婦に子どもが出来たのですが、妊娠中の妻は隣に住んでいる妖精 魔女 が育てている野菜を食べたがります。 夫はその野菜を盗み妻に食べさせたところ、妻はその美味しさに夢中になり、「食べないと死んでしまう!」と夫に話します。 盗んだ事がバレてしまい、夫は妖精に頼み込むのですが、「好きなだけ摘んでも良いが、その代わり生まれた子どもをよこせ」と言われます。 その野菜が『ラプンツェル』という名前なのです。 ラプンツェルは妖精の手に… そうして、生まれた子どもは『ラプンツェル』と名付けられ、妖精の手で育てられることになります。 ラプンツェルは、金色の長い髪が美しい女の子でした。 ラプンツェルが12歳になった頃、森の中の塔に閉じ込められてしまいます。 ラプンツェルと王子の出会い ある日、森の中を歩いていた王子がラプンツェルを見つけます。 王子は、妖精がラプンツェルの長い髪を伝って塔に入って行くのを真似して、自分も塔の中に入ることに成功します。 ラプンツェルは初めて見る男性の姿に驚きながらも、王子のことが気に入り、それから二人は逢瀬を重ねるようになるのです。 ラプンツェルが妊娠!? そのうちラプンツェルは王子の子どもを妊娠します。 ラプンツェルの妊娠を知った妖精は激怒し、ラプンツェルの髪を切り落として塔から追い出してしまいます。 ラプンツェルは厳しい環境の中で、男女の双子を出産します。 王子への罰 ラプンツェルが追い出されたと知らない王子は、いつものように長い髪を伝って塔に入って行くのですが、そこに待っていたのは切り取った長い髪を持った妖精でした。 激怒した妖精は王子を塔から突き落とし、その衝撃で王子は目を失ってしまいます。 ラプンツェルと王子その後 奇跡的に再会できたラプンツェルと王子。 するとラプンツェルの喜びの涙が王子の目に落ち、王子の視力は回復するのです。 その後二人と子どもたちは、王子の国で幸せに暮らしました。 『塔の上のラプンツェル』元の話との違いは? ラプンツェルでいうと幼少期に新グリム名作劇場のラプンツェルが何故かめちゃくちゃ好きだったんですけど知ってる人いますかね…… ラプンツェルがおいしそうでおいしそうで…… ラプンツェルが食べたいって何度もお母さんがいうやつ — かだ。 pnpnp0n 映画版ラプンツェルと、グリム童話版ラプンツェルのあらすじについて紹介してきましたが、違うところがいくつかありましたね。 ラプンツェルとお相手の身分が違う まず映画版ではラプンツェルは姫の設定ですが、グリム版では一般市民の娘です。 映画版でのラプンツェルの相手役は、指名手配をされている王国一の泥棒であるのに対し、グリム版では普通の王子。 グリム童話の過激な描写がある そしてグリム版にはラプンツェルの妊娠という性的な描写や、王子の目がつぶれるという残酷なシーンがあります。 これは子どもを含む大衆向けのストーリーとしては適していないですよね。 目がつぶれるなんて、トラウマものですよ…。 ディズニー映画らしさが追加されている? その代わり、映画版では灯りや魔法のストーリーが加えられています。 ファンタジー要素を盛り込むことで、残酷だったグリム童話があら不思議、子どもも大人も大好きなディズニー映画になりました。 ちなみに映画版もグリム版も、最後は二人が幸せになるハッピーエンドでした。 めでたしめでたし。 ラプンツェル原作のグリム童話のあらすじをご紹介!元の話と違いはある?まとめ 今日図書館でラプンツェルのグリム童話、初めて見た。 過激な部分をカットし、ファンタジーなストーリーを加えて脚色したものが『塔の上のラプンツェル』というわけです。 映画を見たことがある方も、原作のグリム童話を見てから再び見てみると、また違った見方で楽しめるかもしれませんね。 それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次の