デッド ドント ダイ。 デッド・ドント・ダイはファンでも見なくていい!感想とネタバレ

【ネタバレ考察】『デッド・ドント・ダイ』とっちらかったストーリーにジャームッシュが隠したゾンビ哲学とは?チェ・ブンブンのティーマ

デッド ドント ダイ

C 2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved. 6月に入って映画館が全国的に再開し、それとともに徐々に新作映画の公開も始まってきました。 その先陣を切る話題作の1本が、ジム・ジャームッシュ監督の『デッド・ドント・ダイ』です。 タイトルから想像つくように、これは死なない死者=ゾンビを題材にしたホラー・コメディです。 単にゾンビもののホラー・コメディと言われても、今更さほど新鮮味を覚えないかもしれません。 しかし、この映画はジム・ジャームッシュ監督作品なのです。 映画ファンならもうそれだけで、タダですむはずはないと、事前に肌で察知することができるはず…… 《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街474》 はい、察知できた方、大正解です! これは今まで見たことないような、でもどこか懐かしく、そしてジム・ジャームッシュ作品特有のおとぼけ&シュールな笑いもふんだんな、それでいて意外に怖いところもある実にユニークな作品なのでした! のどかな田舎町に なぜかゾンビが現れた! 『デッド・ドント・ダイ』の舞台となるのは、アメリカの田舎町センターヴィル。 地元の警察は署長のクリフ・ロバートソン(ビル・マーレイ)と巡査のロニー・ピーターソン(アダム・ドライバー)、そして婦警のミンディ(クロエ・セヴィニー)の3人だけで十分まかないきれるほど平和が保たれています。 しかし、最近、地球全体が何やらおかしくなってきていたのでした。 夜になってもなかなか陽が沈まず、時計やスマホが突然動かなくなったり、無線の調子もイマイチだったり……。 こうした異常事態に対していろいろ説はあるようですが、それはそれとして、町ではペットの凶暴化やら家畜の失踪など動物の異常行動が目立ち始めています。 そんな折、ダイナーの経営者とウエイトレスが無残に内臓を食いちぎられた死体で発見されます。 まるでゾンビが現れたかのような……。 はい、その通り。 ゾンビが墓地から這い出して今まさに町の人々に襲いかかろうとしていたのです。 一方で、変死事件を知った町の人々は噂話でもちきりとなり、たまたま都会から町を訪れた若者たちはモーテルから出ないよう警察から忠告。 少年拘置所に収容されている3人のティーンエイジャーたちは「ゾンビ黙示録が始まった」などと真顔で話しあっています。 雑貨店を営むホラー・オタクのボビー(ケイレヴ・ランドリー・ジョーンズ)は喜々として金物屋のハンク(ダニー・グローヴァー)とともに立てこもりの準備を始めます。 そんなこんなで夜となり、墓地から多数のゾンビが現れて人々を襲い始めていくのですが……。 増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。 映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。 近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

次の

変なゾンビがいっぱい!ジム・ジャームッシュ『デッド・ドント・ダイ』個性派ゾンビキャスト【まとめ】

デッド ドント ダイ

公開延期となっていたジム・ジャームッシュ監督最新作『デッド・ドント・ダイ』が、6月5日より全国公開されることが決定。 公開を祝し、ジャームッシュ・ファミリーである俳優の永瀬正敏から、本作への熱い感想&応援コメントが到着した。 永瀬は1989年公開のジャームッシュ監督作『ミステリー・トレイン』でメンフィスを訪れる日本人カップルを演じ、前作『パターソン』では27年ぶりにジャームッシュ作品に出演、監督の当て書きによる重要な役柄を演じている。 そんな永瀬が、ジャームッシュ作品史上最強ともいえるファミリーが集結した『デッド・ドント・ダイ』をいち早く鑑賞し大興奮。 まず、ジャームッシュ監督がゾンビ・コメディーを撮ったことについて、「ジムに話を聞いたのは『パターソン』の撮影前だったか? 撮影後だったか?…忘れちゃいましたけど、予想外で驚いたのは確かです。 でも同時に期待感を抑えられない自分がいました。 とても興奮しましたね。 ただのゾンビ映画、ゾンビ・コメディ映画で終わるわけがないので」と明かす。 『パターソン』で共演したアダム・ドライバーについては「アダムさんは普段もとてもいい方です。 彼はシリアスからコメディまで役の振り幅がとても広い役者さん。 それでいて彼のオリジナリティが毎回感じられる。 今回も本当に素晴らしかったです」と絶賛。 さらに、イギー・ポップ、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツ、サラ・ドライバー、ビル・マーレイ、ティルダ・スウィントンなどジャームッシュ監督作の常連俳優が多数集結したことに、「主要キャストを聞いた時は大興奮でした! 知り合いも多数出演されますし、大好きな方ばかりなので。 その興奮は作品を拝見した後にさらに大きくなりました。 皆さん、ジムとの信頼関係はバッチリですし、何より役を楽しんで演じていたのがこちらに伝わってきました」と語った。 前作で自身が「現場から帰りたくなかった」と吐露するほど居心地の良いジャームッシュ組の雰囲気について、永瀬は「ジムさんの現場はいつもそういう雰囲気をキチンと作ってもらえます。 今回もキャストの皆さんから『ジャームッシュ愛』をジムさんからは『キャストandスタッフ皆さんへの愛』を感じました」と話し、懐かしのファミリーとのスクリーンでの再会を喜んだ。 永瀬からは本作の公開を記念して「深い! 恐ろしい! 楽しい! 全てにおいて、最高過ぎる!! また何とも形容出来ない新しいジャンルの作品をジム・ジャームッシュ監督は創り上げてしまった!」との応援コメントも寄せられた。 映画『デッド・ドント・ダイ』は6月5日より全国公開。 この記事の写真を見る•

次の

デッド・ドント・ダイの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

デッド ドント ダイ

デッド・ドント・ダイ あらすじ アメリカの田舎町センターヴィルにある警察署に勤務するロバートソン署長とピーターソン巡査、モリソン巡査は、他愛のない住人のトラブルの対応に日々追われていた。 しかし、ダイナーで起こった異様な変死事件から事態は一変。 なぜだか墓場から死者が次々とよみがえり、ゾンビが町にあふれかえってしまう。 もはや収拾のつかない状況になってしまい、警官たちがとった行動は…。 『デッド・ドント・ダイ』感想(ネタバレなし) ジム・ジャームッシュがゾンビに手を出すと…世界中でパンデミックが広がり、日本にも確実にその魔の手が伸びていた時期、日本のSNS界隈では 「100日後に死ぬワニ」の結末で大盛り上がりしていました。 覚えていますか。 なんでしょうか、あのカオス。 すごく世紀末感があるというか、人間のマヌケっぽさが出ていて…。 何としてでも後世に語り継いでいきたい光景だった…。 まあ、未来の人は今の私たちに 「なにやってんだか」と冷たい視線を投げかけるとは思いますが…。 私はというと 「なぜこんなにもワニに注目が集まるのにワニ映画は人気が出ないんだ…」と歯がゆい思いでいました(お前も何やってんだ)。 いや、わかります。 別にワニだから人気が出たというコンテンツじゃないことくらい。 「100日後に死ぬ」というクリフハンガーがネタになるということも、SNSだからくだらないことにこそ盛り上がれるということも。 でも、ワニ、私はリアルなワニが好きなんだ…。 そんなことはさておき、この「100日後に死ぬワニ」もコラボした映画が公開です。 逆にこのコラボレーションのせいで何かを暗示しているのかと考察を呼んだりもしたとかしないとか。 ただ、完全に公開延期のせいでコラボ損していますよね…。 それが本作 『デッド・ドント・ダイ』です。 誰が見てもわかるとおり ゾンビ映画なのですが、大事なのは監督。 最近だと 『パターソン』でおなじみのこの監督はゾンビ映画?と困惑する人もいるかもしれませんが、確かになんとなくアート系の作風のような印象を世間に植え付けていますが、実際は 『デッドマン』(1995年)、 『ゴースト・ドッグ』(1999年)、 『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(2013年)などジャンル系の作品も手がけており、案外と守備範囲は広め。 しかし、そのフィルモグラフィーの中でも今作の『デッド・ドント・ダイ』はひときわ意表を突く一作になったのではないでしょうか。 本作はカンヌ国際映画祭でもプレミア上映されたのですけど、正直、どう考えても場違いだったような…。 まずゾンビ映画といっても昨今のトレンドな エンタメに特化したゾンビ映画では全くないわけです。 『ゾンビランド ダブルタップ』みたいなコメディ全開でもなく、かといって『新感染 ファイナル・エクスプレス』みたいな社会派と娯楽作を器用に両立したものでもない。 『デッド・ドント・ダイ』は紛れもなく ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画の古典『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を下地にした、シネフィル的なこだわりを詰め込んだ一作です。 そのへんをじゅうぶんに理解をしたうえで観に行かないと、変に失望するだけになります。 でも俳優陣がやたらに豪華です。 こっちも同窓会に寄ってみる気分で映画鑑賞してみてください。 お邪魔する感覚ですね。 こんなオリンピックが延期になるほどにパンデミックな事態が起きてしまった後にゾンビ映画を観るなんて滅多にない経験ですよ。 不謹慎? いや、ゾンビ映画自体が不謹慎の塊だしね…。 パトカーを降りる 二人の警官。 ひとりはライフルを持っており、森に入っていきます。 そこはのどかな林道で、木漏れ日の中、なんとも森林浴でもできそうな環境です。 すぐにキャンプしていたような跡を見つけ、火を焚いていたのか、そこにいた形跡が生々しいです。 すると突然、 謎の髭もじゃ男が草むらから顔を出し、いきなり銃を一発撃ってきます。 冷静な年配警官は反撃しようとするもう片方の仲間をなだめ、少し会話した後、立ち去ることにしました。 例の髭男は「fuck you」と罵声を一言浴びせ、警官たちがの後ろ姿を 双眼鏡で見ています。 変わり者の髭男に対処した警官の クリフ・ロバートソンと ロニー・ピーターソン。 パトカーに戻り、署に帰ろうとします。 車内ではロニーの時計が止まっていることに気づき、無線の調子が少しおかしいです。 スマホもダメだと気づくロニー。 でもたいしてそこまで問題だとも思っていません。 ここは田舎町。 滅多に大事は起きないのです。 車のラジオから曲が流れ、 「The Dead Don't Die」という曲だとロニーは説明。 車はそんな他愛のない会話をする二人を乗せつつ、 「センタービルへようこそ」という看板の前を通り過ぎ、ダイナーや葬儀場、モーテルを通過していくのでした。 その風景からもこの町がとにかく小さい場所だというのがわかります。 ダイナーではたいして客はいませんが、 いつもの常連たちがこれまたなんてことはないトークをしていました。 ウェイトレスはどことなくいつもと違う雰囲気を感じ取ったような感じ取っていないような…。 また、少年更生施設では、 ジェロニモがオリビアとステラという仲間とテレビを見ています。 地球の自転に関する何かしらの情報が流れていましたが、スタッフに呼ばれて3人とも部屋を立ち去ります。 テレビが映らなくなったことに誰も気づいておらず…。 内側から崩れる社会は外から見るとシュール 『デッド・ドント・ダイ』は先にも言ったとおり、ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画の古典『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を下地にしている作品であり、 いたるところでオマージュがあります。 ただ、超有名作である『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』、どれくらいの人が観たことがあるのでしょうかね。 シネフィルならまだしも、若い人はもちろん一般の人々は「ゾンビ」という言葉とそれが示す姿や挙動は認知していても、ゾンビのパブリックイメージを固定化した『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』は未見という場合が大多数なのではないでしょうか。 パブリックドメイン扱いになっているのか、Wikipedia(英語版)で普通に本編をフル鑑賞できるのですけどね。 まず舞台になっている あの町が『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の田舎町にそっくりで、墓地の雰囲気もそのまんま。 スマホが普通に出てくるので『デッド・ドント・ダイ』は現代が舞台だと推測できますが、妙にあの町は時間が止まっています(だから時計が動いていないという序盤シーンの意味もあるのかもですが)。 そしてゾーイたち若者組がやってくるのですが、 彼女たちの乗っている車もまさに『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のやつ(組み合わせ的に縁起が悪いだろうに…)。 ついにゾンビ出現!となっても、今作のゾンビは奇想天外なことはしません。 ヨロヨロと歩き回るのみ。 オーソドックスな『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』スタイル。 ちゃんと 背後からのそっと襲いかかっていましたね(あらためて見ると警戒心を持てよ、人間…)。 外にいた者たちは無残に襲われ、中にいて初撃を防いだ者たちは 籠城することに。 籠城戦というゾンビに対する定番の対処の仕方を定着させたのも『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の功績。 それは 人間社会が内側から壊れていく恐怖。 エイリアンの侵略でも核ミサイルでも怪獣でもない。 自分たちの平凡な社会が、平凡な空気のまま、いつのまにか崩壊している。 それこそがゾンビの恐怖。 舞台となった町もほぼ無抵抗なままに壊滅しています。 皮肉にも今の私たちはそれを感染症という存在でこの瞬間に体験しているわけで、その怖さも痛感できますし、嘘ではないと理解できます。 確かに パニックになる暇もなく、無力に社会が機能しなくなっていくというのは恐ろしいものです。 そしてそれは傍から見ればすごくシュールに見えるものなのかもしれません。 全然関係ないものを買い占めたり、突拍子もないもので騒いでみたり…。 私たちは当事者になるとわからなくなりますが、『デッド・ドント・ダイ』のあの住人達と今の私たちはそんなに違いはないのではないでしょうか。 そのスクリプトは誰のもの?『デッド・ドント・ダイ』の主役はたくさん登場する町の住人達です。 まず町唯一の警官3人であるクリフ、ロニー、ミンディ。 おそらくこの町で一番警察に向いていないこの3人。 なんでお前たちが治安を任せられてしまったのか…。 それくらい、この3人は頼りなさすぎます。 あの3人が揃ったときの、狂気の事態を目の前にしてもなすすべなしで茫然としている姿のなんと滑稽なことか。 まあ、実際これがリアルなのかもですけど。 『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』でも思いましたけど、本当にコメディが上手い。 いや、上手いというか、 ただ立っているだけでなんか笑えてくる。 あの最初の犠牲者が発生したダイナーに駆け付ける際、ロニーが乗ってくるのが 小さい赤いスマートカーなのがもうシュールすぎて…。 私もあのスマートカー、ちょっと欲しくなったですよ。 ここまでくると自虐ネタにするために「スター・ウォーズ」出演を決めたんじゃないかと勘繰りたくなるくらいノリノリじゃないですか。 そんな無能警官トリオとは真逆に存在しているのが、葬儀屋(?)のゼルダ。 むしろオーラを放っている。 今回もあんなに刀が似合う人は日本人でもそうそういなかったくらいに、ハマってましたね。 物語自体は非常にシニカルなユーモアのまま、エンディングも放置プレイです。 まあ、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のラストの方がよっぽど冷酷ですけど、さすがにあれは今の時代はとくに勇気がいりますしね。 今の社会はあっけなく内部から陥落しているんだという警鐘というよりは、毒舌に近いような。 一方で 若い世代への期待も感じさせます。 作中でもジェロニモたちは何かしらの未来を感じさせる扱われ方です。 ただ厳しい言い方をすればそういう中高年世代からの若い世代への期待というのは、若い世代側からしてみれば鬱陶しい以外の何者でもないケースも多いです。 なにせ若い世代にしてみれば、自分たちが苦しくなる元凶を作ったのが中高年世代なわけですから。 勝手にそっちが達観して、私たちに期待を託すんじゃないよ、まずは自分たちで何とかしてくれよ…そういう考えも普通にあるわけで、若い世代は別に中高年世代の理想の「良い子」ではないのです。 この『デッド・ドント・ダイ』が若い世代に全然ウケそうにないあたりも、また皮肉なものですが、すでに世の中はこういう 「シニカルなおっさん目線」を求めていないのかなとも思います。

次の