テンセグリティ 構造 と は。 セリア×学研のコラボ企画「テンセグリティ」の詳しい作り方

可動テンセグリティ

テンセグリティ 構造 と は

2017年2月26日 【テンセグリティ構造は弾力性があるから柔軟であり、適応力を持つ】 コンディショニング・トレーナーの大森です。 今回は、あらためて【テンセグリティ構造】を考えます。 分かりやすくするために、その他の立体と比べて、実際に作って動画に撮ってみました。 笑 テンセグリティ構造、立方体、正四面体を比べます。 【テンセグリティ構造】 特徴は、ゴムの張力によって柱が支えられ、柱とゴムのバランスによって立体を保っています。 その特徴は、弾力性。 固さという意味では弱いですが、その弾力性により、 多少形を変えてもバランスを維持できたり、 外の力に対する復元力を持ちます。 【立方体】 日常で最も目にするこの構造は、全ての柱の両端が固定されているため強度は強いですが、変形すると強度は崩れます。 動画のように、柱の接着部分が(セロテープなので)弾力性があったたしても、テンセグリティほどの柔軟性や復元力を持ちません。 【正四面体】 強度としては最も強い構造です。 最も少ない材料で最も強い強度を持ちます。 「テンセグリティ」を名付けたバックミンスター・フラー曰く、 「宇宙を形成する最も基本的な構造」だそうです。 (ここは難しくてよく分かりません。 「ただひたすら強く」であるのなら【正四面体】が、最も適しています。 最も少ない材料でありながら、あらゆる方向に対しての強度を持つ構造になってます。 しかしながら、それでは動けません。 日常で最も目にする【立方体】は、実は中途半端だったりします。 角度により脆くなり、かつ、崩れたら戻すのが難しくなります。 難し過ぎて分かりません。 環境に適応する柔軟性を持ち、• 成長して大きくなれたり、• 動物は独立した構造体で移動(歩く、走る)、 などが可能になります。 このように、人間の身体も【テンセグリティ構造】と考えて、あらためて姿勢や動作、筋力発揮や柔軟性を考えると、 「代償動作」や「連動動作(キネティック・チェーン)」も、本質的な理解ができると思います。 これは、動きの効率化、パフォーマンスアップ、怪我の予防や改善にもつながると思っています。 この辺りはまた書きます。 皆様がより健康で快適にいられますように。 大森 剛 / OMORI TAKESHI.

次の

テンセグリティにちょうせん|工作|自由研究プロジェクト|学研キッズネット

テンセグリティ 構造 と は

テンセグリティ構造とは? 人体の構造について考えるときに、別々なパーツ が重なって成り立っていると捉えてしまう人もいる と思います。 私も以前は、そのように考えていたと 思います。 専門学校では、解剖学や生理学は習いますが 構造学は習わないからです。 左写真がテンセグリティ構造の模型です。 自作 で作ってみました。 テンセグリティーとは、張力(tension と統合 inte grate が一緒になった造語です。 アメリカの手技療法の分野では、この見方が 主流になってきています。 右写真が多重圧縮構造の「だるま落とし」です。 解剖学を順番に勉強していくとなぜか、人体を このような見方(考え方)になってしまいます。 知識を順番に積み重ねていくからですかね。 そこで考え方を整理する為に、左写真の筋肉と 骨格を頭の中で足してみてください。 テンセグリティー構造の模型のヒモの部分が筋 肉で、棒の部分が骨と考えることができます。 骨だけ考えると「だるま落とし」のように思って しまいますが、2つを同時に一緒のモノとして 考えるとテンセグリティー構造になると思います。 この構造は、ヒモ(筋肉)の張力が統合してなり たっています。 棒(骨)は、スペーサーとしての 働きをしています。 テンセグリティー構造は、非常に軽い構造です。 簡単な例としてキャンプで使うテントなどもこの 構造ですね。 右写真は、テンセグリティー構造の途中にティッ シュを入れてテントのようにしたところです。 当院の筋膜リリースのセミナーでは、人体の横方向の 隔膜の説明で使っていました。 一般的には、横隔膜が知られていますね。 人体には、他に骨盤隔膜と上胸部にも隔膜が あります。 全体の歪みが横方向の隔膜にも影響するという ことです。 そして、精神的な緊張が横隔膜など にかかると、体全体にも影響してしまうというこ とです。 このように身体をテンセグリティ構造として捉えて、人体を一つのユニットとして捉えることは、整体などで身体の 歪みと整えるのにも、自分でストレッチなどを行うにのも大切なことです。

次の

テンセグリティ・タワー

テンセグリティ 構造 と は

テンセグリティは、一見、かたい棒(ぼう)がういていて、くずれてしまいそうなふしぎな形をしている。 かたい棒をひものような材料で引っぱってささえることで、くずれないしっかりしたつくりになっているんだ。 テンセグリティは、かたい材料と引っぱる材料を組み合わせたケネス・スネルソンの、ふしぎな形の彫刻作品(ちょうこくさくひん)を見たバックミンスター・フラーというアメリカの構造学者が、Tensional〔張力(ちょうりょく)による〕とIntegrity〔統合(とうごう)〕をくっつけて(tensegrity)という言葉を作ってよんだのが始まりだよ。 監修:秀明大学/大山光晴 ケネス・スネルソン「T-Zone Flight」 まとめ方 作ったテンセグリティを写真にとってはる。 くふうしたところはどこか、作ってみてどうだったか感想を書こう。 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。 実験前に、このレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。 はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。 無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。 輪ゴムやペンの先を、ぜったいに口に入れたり、なめたりしないこと。 輪ゴムを手や指に、きつくまきつけたりして遊ばないこと。 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

次の