鼻血 続く。 鼻の症状:耳鼻咽喉科・頭頸部外科が扱う代表的な病気【症状から調べる】:一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

鼻の症状:耳鼻咽喉科・頭頸部外科が扱う代表的な病気【症状から調べる】:一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

鼻血 続く

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 子供が熱を出すと、「悪い病気だったら…」と心配になることもありますよね。 そんなときは、熱と一緒にどんな症状が現れているのかに着目しましょう。 今回は、熱と一緒に鼻血が出たときや、発疹、痙攣、頭痛、下痢・嘔吐が現れた場合にどんな病気の可能性が考えられるかを、症状別に分けてご説明します。 子供は熱を出しやすいもの 子供の体温は、大人に比べて高いのが特徴です。 子供の平熱に個人差はありますが、一般的には37. 5度以上あるか、普段の平熱よりも1度以上高い場合には熱が出ていると考えましょう。 子供のうちは免疫力がまだ低いので、風邪を引きやすく、熱を出すことは良くあります。 熱が出ていても子供が元気そうだと油断してしまうかもしれませんが、発熱以外の症状が現れていないかどうかを注意深く見ることが大切です。 子供が熱と鼻血を出したときに考えられる病気は? 子供は鼻腔内の粘膜が薄く、敏感なので、ちょっとした衝撃で鼻血が出ます。 特に発熱して体温が上がると血管が拡張するので、出血しやすいといえます。 発熱とともに鼻血を出しただけでは、特定の重い病気である可能性は低いので、過度に心配する必要はありません。 それ以外の症状が一緒に出ていないかどうかは、注意深く見てあげましょう。 普段からちょっとしたケガで出血が止まりにくい、何のきっかけもないのに自然に鼻血だけが出やすい、歯磨きで出血が多い、あざが多いといった場合は、何らかの血液疾患がある可能性もあります。 念のため病院を受診して、医師に相談するようにしましょう。 突発性発疹など発熱が3~4日続くウイルス感染症にかかったときなど、生後6ヶ月~3歳の赤ちゃんや幼児に起こりやすい病気です。 熱性けいれんは、ほとんどの場合5~10分程度で収まり、後遺症の心配もありません。 しかし、本当に熱性けいれんなのか確認した方が良いため、はじめて子供が痙攣を起こしたときは病院を受診し、痙攣の様子を医師に報告しましょう。 痙攣が10分以上続いた、1日に2回以上起こった、熱がないのに痙攣した、意識がない、顔色が悪いといった症状がある場合、てんかんや、次に紹介する髄膜炎や脳炎など脳の病気である可能性もあるので、すぐに病院で診察と検査を受けましょう。 関連記事 子供が夜間に熱を出したときの対処法は? 夜間に子供が発熱した場合は、すぐに病院に行くべきか、しばらく様子を見て翌朝病院に連れて行くかを判断する必要があります。 基本的に、動き回る元気がある、食欲がある、通常どおりコミュニケーションがとれる、顔色がいつもと変わらないといった状態であれば、急いで病院を受診しなくても問題ないでしょう。 逆に、元気がなくてぐったりしている、何かを口に入れることができない、意識がもうろうとしていてコミュニケーションが取れないなどの様子が見られるときはすぐに夜間の緊急外来を受診してください。 どう対処すればいいのか、病院に連れて行くべきか判断に迷ったときは、まず「小児救急電話相談」を利用するのも一つの方法です。 都道府県によって対応時間が異なりますが、基本的に、病院の診療受付が終わった夜から朝方にかけて対応してくれますよ。 子供が熱を出したらほかの症状もよく見ましょう 子供が急に熱を出すと、どうしても慌ててしまうこともありますよね。 しかし、そんなときこそ落ち着いて、発熱以外の症状がないか確認するようにしましょう。 機嫌が良く、食欲があれば、熱があってもそれほど心配はありませんが、痙攣や嘔吐などが見られる場合、油断は禁物です。 すぐに病院へ連れていってあげてくださいね。

次の

鼻血が止まらない!1時間は出血中。これって白血病!?病院に行くべき?

鼻血 続く

Sponsored Link 鼻血はどこで起こる? 大抵の鼻血は キーゼルバッハ部位と呼ばれる所で起こります。 場所としては小鼻のあたりですね。 鼻血が起こる原因は? 鼻血が起こる原因にはいくつかあります。 ・アレルギー性鼻炎 ハウスダストやダニによる 通年アレルギー性鼻炎と、 花粉症の様な 季節性アレルギー性鼻炎にかかると鼻の粘膜が弱ってきます。 鼻炎の時は痒みなんかで鼻をいじる機会が多なり、 少し鼻をいじるだけで鼻血が出やすくなります。 ・病気によるもの 糖尿病や動脈硬化、高血圧、などの血管が弱って鼻血が出る場合や、 白血病、血小板減少病など血液の病気、 悪性腫瘍 ガン である場合もあります。 大人になって鼻血がでる場合は、 血管が弱くなって鼻血がでるケースが多いようです。 ・血管運動性鼻炎 温度変化に鼻が敏感になってスポーツや勉強、仕事で頭を使ったり、 お風呂に入る、季節の変わり目、くしゃみなどで血管に負担がかかると鼻血が出ます。 年齢によって鼻血が起こる原因は違う ・子供の鼻血 子供はもともと 粘膜が弱く、鼻をいじっただけですぐに鼻血が出てしまいます。 子供の鼻血は 季節の変わり目や アレルギー性鼻炎や 副鼻腔炎によって 鼻が敏感になっている時に、指でいじって鼻血がでるケースが多いです。 また体温調節機能が未熟な子供は、 風邪で熱が出た時にも 体が温まって血管が広がり、切れてしまうことがあります。 いじるなと言ってもいじってしまうのが子供で、 なかなかいじらないように我慢させるのは難しいですよね。 ・大人の鼻血 今まであまり鼻血を出したことがなくて、急に出てきたという場合は、 高血圧や糖尿病、動脈硬化によって弱った血管が切れやすい状況にあるかもしれません。 心あたりがあるという方や心配という方は、 次の危険な鼻血との見分け方を読みましょう。 危険な鼻血の見分け方 鼻血が起こる時の原因がアレルギー性だったら問題無いですが、 病気が原因だったらたまったものではありませんよね。 病気が原因と思わる鼻血かどうか見分けるには、 次のポイントに注意してみましょう。 ・鼻をいじったわけではなく、心当たりの無い鼻血 鼻をぶつけた、指でいじった、くしゃみをした、おもいっきり鼻をかんだ、 などのように自分で何もしていない状態で鼻血が出てきた。 ・鼻の奥から鼻血が出てきた 通常はキーゼルバッハ部位と呼ばれる比較的鼻の穴に近いところから鼻血が出ますが、 病気が原因で鼻血が起きている場合は鼻の奥の鼻腔の粘膜から鼻血が出てきます。 ・鼻血が止まらない 鼻の奥 鼻腔の粘膜 からの出血の場合は、 加齢による高血圧や動脈硬化で動脈が弱って出血した場合が考えられます。 動脈からの出血なのでぽた、ぽたと垂れるような鼻血ではなく、 ずっと落ちているような勢いで鼻血が出るのが特徴です。 ・全身でも出血が起こる、血が止まりにくい 白血病のような血液の病気は鼻だけでなく、体の様々なところで出血がおこります。 鼻血が出たら? 私は春先から夏にかけてよく鼻血がよく出ます。 もし鼻血の頻度が多いようならいつ出てもすぐに止められるようにしておきましょう!.

次の

鼻血が止まらない!考えられる病気とは?30分以上続く場合は要注意!

鼻血 続く

もっと見る 多くの人が、鼻血を出した経験があるのではないでしょうか。 通常であれば、鼻血が出ても止血をすれば自然と止まります。 しかし、稀に止血をしても長時間鼻血が止まらなかったり、一旦止まってもすぐにまた出たりすることがあります。 そんなときは、何か病気が潜んでいる可能性があります。 この記事では、鼻血が止まらないときに考えられる病気や鼻血の原因について解説します。 鼻血が出るケース 鼻血は、医学的には『鼻出血』と呼ばれています。 そのほとんどが、 『キーゼルバッハ部位』と呼ばれる、鼻の穴を仕切る壁の前方からの出血です。 どんなときに鼻血がでるのか、その原因について解説します。 鼻の内部が傷つく 鼻粘膜に傷がつき、出血することで鼻血が出ます。 鼻そうじをしているときの力の入れすぎや、乾燥などが原因です。 また、花粉症等のアレルギー症状が悪化して、鼻粘膜に炎症が起こっていると、鼻をかんだだけで傷がつくこともあります。 自律神経の乱れや血流の増加 疲労や寝不足によって自律神経が乱れると、アドレナリンが大量に発生し、毛細血管が破壊されて鼻血が出やすくなります。 また、高血圧症の人は、首より上の血流量が増加し鼻血が出やすくなります。 生まれつきの鼻の形や病気 生まれつき、鼻の穴の真ん中の壁が曲がっている『鼻中隔彎曲症 びちゅうかくわんきょくしょう 』の人は、鼻が詰まりやすく、鼻血が出やすいです。 また、鼻の毛細血管が弱い体質の人も、鼻血が出やすい傾向にあります。 『オスラー病(遺伝性末しょう血管拡張症)』の人は、特殊な遺伝子により鼻血がくり返し出ます。 鼻血が出やすくなる・止まらなくなる病気とは? 1. 30分以上の鼻血は病気の可能性も 通常の鼻血であれば、止血をすればほぼ 30分以内に止まります。 いくら止血をしても止まらなかったり、頻繁に鼻血が出たりする場合は、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。 鼻血にかかわる病気 鼻血を出やすくする病気や、とまらなくなる病気について解説します。 上顎洞がん 上の歯と鼻の間にある空洞に、がんが発生します。 がんが成長して大きくなると、鼻血や眼の症状などが出現します。 通常は、片方の鼻から鼻血が出ます。 上咽頭がん 鼻から喉の上部までの空気の通り道に、がんが発生します。 鼻水・鼻詰まりなど鼻の症状や、耳が聞こえづらく閉塞感が出るといった耳の症状が起こります。 血管腫 血管が異常に増えることで発生する『良性腫瘍』です。 血管が増えることで出血しやすい状態になり、鼻血も出やすくなります。 乳頭腫 鼻の粘膜表面にある『扁平(へんぺい)上皮組織』が異常に繁殖することで発生します。 乳頭腫そのものは良性疾患ですが、再発しやすく、がんと合併することもあります。 鼻血や鼻詰まりなどの症状が起こります。 血友病 血液を固める『血液凝固因子』が少ないため、出血すると止血が困難になる病気です。 基本的に、男性のみが発症します。 白血病 白血病は、血球をつくる細胞に異常が起こり、血液を正常につくれなくなる病気です。 そのため、貧血、出血、免疫力の低下などの症状が起こりやすくなります。 肝炎、肝硬変 ウイルス感染などにより、肝臓が炎症を起こす病気です。 慢性化すると『肝硬変』、『肝がん』のリスクが高まります。 肝硬変になると、肝臓の細胞が減少し機能が低下するので、鼻血、歯茎からの出血、黄だんなどの症状が現れます。 動脈硬化 加齢などにより、動脈が硬くなる病気です。 動脈の血が流れにくくなることで全身に支障が出ます。 動脈硬化になると、血管が弾力性を失い、もろくなるため出血しやすくなります。 高血圧症 高血圧症により、血圧が高い状態が続くと、鼻の血管にかかる圧力が高まり血管がもろくなります。 その結果として、鼻血が出やすくなります。 鼻血が出たら、病院へ行くべき? 1. まずは自宅で止血する 焦らず落ち着いて、止血を試みる 鼻血が出ると「なかなか止まらない」、「出血多量になったらどうしよう」など、不安になりがちですが、ほとんどの場合は家庭で止血、治療できます。 まずは落ち着いて止血を試みましょう。 鼻をつまんで下を向き、10分キープする 止血する際は、指で鼻の両側をつまんで圧迫し、10分くらいその状態をキープしてください。 その間、指を離さないことがポイントです。 顔は下向きにして、前かがみで座りましょう。 もし喉に血が流れてきたら、飲み込まずに出してください。 この方法で出血が止まらなければ病院で治療を受けましょう。 30分以上鼻血が止まらないときは耳鼻咽喉科へ 先に解説した止血法を実践しても 30分以上鼻血が止まらないときは、 耳鼻咽喉科へ行きましょう。 また、一旦は止まっても繰り返し鼻血が出るときも、医師に相談してください。 血液疾患があるかたの場合、鼻血が止まりにくいことがあります。 その場合も注意が必要です。 鼻の奥からの出血は、特に注意! 鼻の奥から出血している場合は、特に注意する必要があります。 どこからの出血?見分けかた キーゼルバッハ部位から出血している場合は、ポタポタとした雫のような鼻血です。 鼻の奥から出血している場合は、キーゼルバッハ部位よりも、比較的流動的な鼻血です。 鼻の奥からの出血は、止血が困難なことも! まれですが、鼻の奥にある『蝶口蓋動脈(ちょうこうがいどうみゃく)』から出血している場合は、止血がとても困難です。 早めに病院を受診しましょう。 鼻の奥から出血する主な原因は『腫瘍』、『頭蓋底骨折』、『外傷』です。 まとめ 「鼻血がいつもと違う」と思ったら病院へ! 注意が必要な鼻血の多くは、通常の鼻血とは異なる症状も同時に出現します。 鼻血とともに他の部位からも出血するなど、いつもと違うと感じたときは、迷わず病院を受診しましょう。

次の