蕨錦町ヨーカドー 跡地。 イトーヨーカドー錦町店 閉店のうわさ→5/31閉店決定!

【朗報】イトーヨーカドー蕨錦町店の跡地早くも決まる。ビバモールとヤオコーが中核店舗に!

蕨錦町ヨーカドー 跡地

イトーヨーカドー錦町店って? 埼玉県蕨市錦町にあるイトーヨーカドーです。 蕨市ではありますが、戸田市との境に(一部戸田市かも?)というエリアにあります。 最寄り駅はJR埼京線戸田駅で徒歩12分くらいだと思います。 公式サイトでは10分と書いてありますが… JR京浜東北線蕨駅からは20分です。 2階建て、駐車場無料、わりと静かなエリアにあるイトーヨーカドーです。 公式サイトはこちら。 情報1:歯医者さんの移転 イトーヨーカドーの中の歯医者さんが 2020年6月頃移転とのことです。 わらびスマイル歯科クリニックという歯医者さんで、 日曜祝日も対応されているので、子どもの定期健診でお世話になっているのですが 2019年の10月に行ったときに移転のお知らせを受けました。 イトーヨーカドー錦町店での診察は5月31日までとなっています。 情報2:口コミ情報 タクシーの運転手さん 2019年の年末に蕨駅からタクシーに乗った時 運転手さんから「あのイトーヨーカドー閉店しちゃうんでしょ?」と言われました。 時期はよくわからないけど…という感じです 近隣に住んでいるママ友さん&保育士さん イトーヨーカドー錦町店のすぐそばに保育園があり そこに通うお子さんがいるママ友さんから聞いた話では 2020年の10月に閉店みたいとのことです その方は保育園の先生から聞いたとのことでした。 送迎に車を使う保護者が多く、イトーヨーカドーの無料駐車場にお世話になっている方も多いので、閉店はちょっと困るな~という様子です。 ネットでのウワサ 私の記事もうわさでしかありませんが、ネットでは2020年5月閉店かも!?という情報を見かけました。 情報3:アルバイトスタッフ募集の紙 写真はありませんが、 2カ月の期間限定スタッフ募集というのを見かけました。 所属部門は多岐にわたるという内容の募集内容でした。 長期パート・アルバイトではない という様子がしっかり醸し出されていました。 まとめ 歯医者さんが診察を続ける2020年5月までは イトーヨーカドー錦町店は営業を続けそう というのが、現時点での確実な情報です。 残念ながら2020年内での閉店はありそうです。 ちょくちょく子どもと行っているので寂しい限りですが、イトーヨーカドーさんの経営も大変そうなので仕方がないですね…。 また情報あれば更新します。

次の

イトーヨーカドー 蕨錦町店が、5月に閉店するそうですが、本当ですか?

蕨錦町ヨーカドー 跡地

川口市西川口の西口にあるザ・プライス西川口店(旧ヨーカドー)が2019年5月20日をもって閉店しました。 なぜ閉店したのか、また跡地の次の店舗計画など、わかったことをシェアしていきたいと思います。 新しい情報が入りましたら、随時このページに追記していきます。 2016年4月以降に閉店した店舗(一部) 東京 ザ・プライス千住店 2016年閉店 神奈川 食品館本牧店 2016年閉店 東京 ヨーカドー戸越店 2016年閉店 岡山 アリオ食品館倉敷店 2016年閉店 埼玉 ヨーカドー坂戸店 2016年閉店 千葉 ヨーカドー東習志野店 2017年閉店 愛知 ヨーカドー豊橋店 2017年閉店 愛知 ヨーカドー犬山店 2017年閉店 京都 ヨーカドー六地蔵店 2017年閉店 岡山 ヨーカドー岡山店 2017年閉店 千葉 ヨーカドー新浦安店 2018年閉店 そして2016年8月時点で、 「今後閉店が予想される店舗(埼玉27店舗)」の中に、プライス川口店・西川口店も入っていました。 この段階ではまだ 専門家や関係者の間での噂レベルだったのですが、 実現してしまいました。 ロフトもアカチャンホンポもタワーレコードもニッセンも事実上傘下。 日本を代表するとんでもない巨大な企業です。 収益が上がらないヨーカドーグループをばっさりやるのは当然ともいえる経営判断だったというわけです。 建物の老朽化 2017年3月に川口市都市計画部建築安全課から公表された「 要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果」という資料に、対処が必要な公共施設や商業施設の名前と進捗状況が記されています。 「プライス西川口」もこのリストに入っていました。 2017年、川口のプライスはすでに「再開発事業予定(建て替え)」となっていますが、西川口店は「未定」となっているので、資料公表の段階ではどうなるかは決まっていなかったのだと思われます。 なお、この資料は、2019年のたたら祭りの会場がオートレース場から変更になったいきさつを調べているときに偶然見つけました。 ソース元はこちら。 要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果の公表について(川口市都市計画部建築安全課) 資料PDFは当サイトにも保存してあります。 上記リンク先がきれていたら、こちらよりご覧いただけます。 プライス西川口店閉店セールは2019年5月20日まで 閉店のお知らせは4月13日 土 でした。 店頭に張り紙、店内で閉店のご案内アナウンス。 そしてその日から閉店セールを行っています。 1階 食料品 1Fの一部で「売りつくしセール」が始まっていました。 閉店まであと約1ヵ月ありますが、生鮮食料品以外の階はすべての在庫を売り尽くす勢い。 店員さんたちは、赤のハッピで特別体制で対応に追われています。 この状況だと、早々に2階の商品は売り尽くされてしまってセールも終了になるのでは・・・と思っています。 カウントダウン始まりました。 切ないなあ・・・ 閉店を惜しむメッセージがボードにたくさん。 開店当初の貴重な写真も。 3階 西松屋・保険相談サービス テナントは閉店お祭りムードはなく、普通に営業しているようです。 セールもなし。 手前の空きスペースに、プライスの特設セールコーナーがあります。 4階 100円ショップCando 100円ショップ「キャンドゥ」。 閉店に向けて入荷はストップしているようです。 隣の川口駅、 川口銀座商店街にある「イトーヨーカドー ザ・プライス川口店」も2019年5月19日をもって閉店です。 (西川口店閉店の1日前) 近隣に系列のヨーカドーの大型ショッピングモールアリオができたことで、廉価版ディスカウント店「プライス」に名を変えて再スタートしたのが 2008年11月。 しかし数年前から川口駅前再開発が進んでおり、プライスを含む周辺のお店は解体されることになっているそうです。 (こちらも現在閉店セール中) 解体したあとは、タワーマンションの建設が予定されているそうです。 店舗跡地を含む約1. 1haには、地上28階地下2階建、高さ約100m、約481戸規模のタワーマンションが建設される。 新施設には商業施設も併設される計画であるが、現在出店している店舗が再出店するかどうかは、イトーヨーカドーを含め未定となっている。 決して経営が悪化しているようには見えませんでした。 (雑貨や衣類は厳しかったかも?) しかし巨大親会社が決定した以上、プライス西川口店に拒否権はありません。 こんなに地元に愛されているのに、本当に残念です。 次は「島忠」という計画があるそうです。 物件を管理する不動産会社で確認されたお話とのこと。 詳細はコメント欄をご覧ください。 私も掲示されていた建築計画の連絡先の田中コーポレーションさんに問い合わせてみました。 5月にいただいたコメントどおり、 次のディベロッパーさんは「島忠」で決定だそうです。 また、食料品スーパーがテナントとして入る方向で動いており、完成・開店は2020年の年末頃になるのでは?とのこと(詳細未定)です。 (kaze様、コメントありがとうございます!) 告示の該当書類PDFはに出ていますが、念のため当ブログにも保存しておきます。 7月下旬に複数回に分けてスタッフ募集説明会が行われるとのこと。 kaze様、あ様、情報お寄せくださりありがとうございます! 付近にはドンキやマツキヨがありますが、生鮮食料品といえばプライスでした。 (またはちょっと先にあるビックA) 新しいお店がどうなるのかまだ未定ですが、できるまでは買い物難民が増えそうです。 店じまいセールで、通常よりも多くの来店客でにぎわっていますが、あるのが当たり前だった庶民の店の閉店に地元民は驚きを隠せません。 長らくお世話になった私もなんとも言えない寂しい気持ちです。 毎朝開店前にクーポンを求める人たちの行列が店の外にできていましたが、それもなくなるのか・・・ しばらくプライスロス(あれ?なんかビミョーな言葉になったぞ)になりそうです。 店長さんの挨拶。 シャッターが閉まるのを見守る人々。 シャッターが閉まります。 どんなに疲れて夜遅く帰ってきても、ここはいつも明るい照明で、ああ帰ってきた〜とほっとしました。 どんなにつらく苦しいときも、フラフラ店内を歩いていたら気分が軽くなったものです。 本当によいお店でした。 ありがとうございました。 解体工事が進むプライス西川口。 4階鉄骨がL字型に造られている。 鉄骨が建ち始めましたね。 青木のケーズと戸田のロイヤルホームセンターのほうが先にできますが、こっちのほうもわくわくしてきました。 ヨーカドーの件ですが、もう少ししたら、食品館とプライスがヨークマートに譲渡されて、ヨークとして統一されるみたいです。 西新井のプライスも、食品だけ残して、衣料とか雑貨みたいのはやめるという、売り場の再編を始めてます。 蕨のヨーカドーも閉店だし。 という感じでゴタゴタしているので、ここにどんな店が入るのか、まだわかりませんね。 違う店名でもいいから、事実上のプライス(の食品売り場)復活になるとうれしい。 正直、ヨーカドーの値段で売られても、あまり買いたくないし。 で、そのヨークのニュース記事にプライス西川口店の写真が出ているのが、なんとなく気になります。

次の

イトーヨーカドー店舗一覧に閉店予定・閉店予想をプラス。「2020年まで毎年およそ10店舗ずつ、最大40店舗閉店予定」

蕨錦町ヨーカドー 跡地

閉店に何度か立ち会ってるので書きますが、基本は半年前に社員に閉店の時期を知らせるスタイルです。 来年の1月に〜とか、今年の9月頃って言い方ですね。 そして閉店日は店長など偉い管理職数人しか知りません。 店員は1か月前まで閉店日を知らずに働くことになりますので、転職先を探すのも一苦労です。 なお、仮にバス会社のバスターミナルの核テナントとしてイトーヨーカドーが入っていればそこの管理者から引き止めがあるのですが、大概は再開発ビルを借り受けて自社が一括して管理運営してるのがほとんどなので、強制力を持った組織から引き止められることはありません。 市役所には指定ゴミ袋の販売に係るきまりで、早めに閉店をお伝えしているのですが守秘義務が役所にはあるので漏れるはずがありません。 実際に信越ゾーンの某店舗では閉店の3年前から撤退を決めて打診していたのに、バス会社のしつこい引き止め作戦に負けて、去年ようやく出ていったのはローカルな話題になりました。 止める側からすれば後継テナントの目星が付かなかったりすること、賃料の引き下げの提示で済まそうとするケースが多いのですが錦町は最近リニューアルしたばかりなので撤退は不自然にも思います。 錦町はアイドルのイベントもケタ違いに多く、この先どうなるのか私も気になります。 追伸 お店にバイトの募集が貼られて、5月中旬までの勤務と書かれていれば閉店を確信して良いでしょう。 時給はバカ高い設定なので、勘のよい人は気付くでしょう。 正式発表しない限りはわかりません。 イトーヨーカドー成田店が1月に閉店しますが、1ヶ月以上前に告知しています。 イオン武蔵狭山店が今春に閉店しますが、昨年12月には告知しています。

次の