ユーチューブ 再生回数 単価。 【YouTube】再生回数30万だと広告収入はどれぐらいなのか暴露します【絶望】

YouTube再生回数ランキング世界歴代トップ10はこれだ!

ユーチューブ 再生回数 単価

YouTube(ユーチューブ)動画広告の料金 YouTubeの動画 広告は再生時間によって、料金が発生するかどうかが決まります。 ・動画 広告が30秒以上再生された場合 ・6秒以内の動画が1,000回表示された場合 料金は平均で3円から20円ほど。 後ほどご説明しますが、配信する動画 広告によっては、1回の料金が300円を超えるものもあります。 ただ、ジャンルによっても異なりますので、一概に平均料金を提示することができません。 例えば、旅行系の場合は 単価が安くても、不動産系は 単価が高いといったような事例もあるのです。 また、旅行系は1件あたりの 単価が低いですが、不動産になるとマンションや一軒家の契約になりますので、 単価が高くなります。 その分、動画 広告を配信する競合も多くなるので、1回の課金料金が異なる場合があるのです。 YouTube(ユーチューブ)動画広告の種類と料金目安 YouTubeで動画 広告を配信した場合の料金目安をご紹介します。 YouTube(ユーチューブ)インストリーム広告の料金目安 インストリーム 広告は、YouTubeの動画再生の開始時や途中に流れる「5秒後にスキップできる」動画 広告です。 料金の発生タイミングは動画 広告が30秒以上再生された場合のみ。 それ以前にスキップされた場合は料金が発生しません。 ただ、目的は 広告を出稿してコンバージョンにつなげることです。 動画がスキップされて 広告費がかからないからといって、プラスになるわけではありません。 その場合は、動画の内容を変更する必要があります。 インストリーム 広告の入札 単価は3〜20円ほど。 そこから徐々に露出を増やし、 単価をあげて調整していきましょう。 YouTube(ユーチューブ)ディスプレイ広告の料金目安 ディスプレイ 広告とは、 検索結果の最上部や関連動画の表示される 広告のことです。 インプレッション数で課金料金が発生しますが、インストリーム 広告を出稿すれば、自動的に ディスプレイ 広告も表示される仕組みになっています。 こちらも上記のインストリーム 広告と同じく、 広告の入札 単価は3円〜20円ほどです。 YouTube(ユーチューブ)バンパー広告の料金目安 バンパー 広告は、インストリーム 広告と同じく、動画本編の再生中に流れる動画 広告です。 インプレッションが1,000回を超えた場合に課金料金が発生します。 ただ、バンパー 広告は取り扱う 広告のジャンルによって、入札 単価が異なります。 ですので、まずは最低限の ユーザーにリーチをかけ、徐々に入札 単価を引き上げていきましょう。 YouTube(ユーチューブ)アウトストリーム広告の費用目安 アウトストリーム 広告とは、スマホサイズに特化した動画 広告のことです。 スマホユーザーに向けた動画 広告を配信したい人にオススメです。 アウトストリーム 広告は、他の 広告と比べて課金料金が発生するハードルが低いです。 そのために、入札 単価はできるだけ低く設定にしておきましょう。 広告 広告とは販売のための告知活動を指します。 ただし、広告を掲載するための媒体、メッセージがあること、広告を出している広告主が明示されているなどの3要素を含む場合を指すことが多いようです。

次の

YouTubeで稼げるジャンル11選と選定のコツを紹介!【2018年保存版】|元うつ病サラリーマンSYUがPC1台で脱サラして自由になるブログ

ユーチューブ 再生回数 単価

企業がYouTubeにお金を支払い自社の製品の宣伝を依頼• YouTuberは動画を投稿し、広告枠を設定する• 視聴者が広告と動画を見る• 動画の再生回数に応じてYouTubeはYouTuberにお金を分け与える 最近はネットが発達していますので、企業もテレビCMによる宣伝だけでなく、YouTubeでの宣伝活動も行うようになりました。 企業がYouTubeに広告宣伝料を支払い、YouTubeはその広告宣伝料をYouTuberに支払うという関係が成り立っています。 動画を見た視聴者に対し商品やサービスをPRすることで、間接的ではありますが、企業側も利益を得ています。 「はじめしゃちょー」や「ヒカキン」のようなトップユーチューバーは UUUMという事務所と契約をしており、 事務所との分け前は以下のようになっています。 (参考:) トップユーチューバーが専属契約しているアドセンス(Googleが提供しているクリック報酬型の広告)からの収益は、 80%がユーチューバー、20%がUUUMの取り分になります。 このような仕組みで、YouTuberはお金を稼いでいるのです。 広告にもいくつか種類がありますので、広告の種類を説明していきます。 インストリーム広告 引用: インストリーム広告とは、 YouTubeで動画が再生される前や再生される途中で流れるCMのことです。 長さは数秒~数十秒程度あります。 広告はいいから早く動画が見たいと言う場合は、スキップも可能なバージョンもあります。 スキップが不可能なものもあり、それに出くわしたらCMが終わるまで待たなくてはなりません。 特にスキップが不可能なものは、視聴者に強制的にCMを見せることになるので、宣伝効果は高いとされています。 オーバーレイ広告 引用: オーバーレイ広告とは、 動画の下部によく出てくる広告です。 動画にかぶさって表示されるので、邪魔だと感じている方は多いはずです。 消そうとしたら誤って広告の部分を押してしまうミスは、誰もが経験する「YouTubeあるある」です。 スマホでネット検索していてもブラウザを覆うように広告が出ることがありますが、あれもオーバーレイ広告の一種です。 オーバーレイ広告には多様なアニメーションが使われていて、画面上を上下に移動したり拡大縮小したりする広告もあります。 オーバーレイ広告も必ず目に入るものですので、宣伝効果は高いとされています。 サイドバー広告 引用: サイドバー広告とは、文字通り、 画面の右上部分のサイドバーに表示される広告のことです。 動画そのものに掲載される広告ではないので、上で紹介した2つよりはクリックする可能性は低く宣伝効果も低いといえます。 広告の種類を3つ紹介してきました。 これらの広告は表示されるか、またはクリックされると収益が発生します。 動画の再生回数が多いほど、収益も増えます。• スーパーチャットとは、 視聴者がYouTuberに直接寄付できる機能です。 主に生配信の時に、視聴者がコメントにお金を乗せて投稿できます。 俗に投げ銭といわれます YouTuberのなかには広告収入だけではやっていけない人も多いです。 動画の再生回数が多くならないと収入が増えないためです。 その点、スーパーチャットであれば、動画の再生回数は関係ありません。 魅力ある内容の生配信を行えば、そのたびに視聴者から直接お金が貰えます。 このスーパーチャットの機能を使って、月数十万程度稼いでいる強者YouTuberもいます。 例えば「かずぽこ」さんというYouTuberは、1度の配信で24万円稼いだとの情報が出ていました。 スーパーチャットの購入はこちらのサイトから行えます。 以前は月額490円の一択でしたが、現在はYouTuberが複数の会員レベル(最大5つ)を設定できるようになっています。 ユーザーは、月額料金を払うことでバッジや絵文字といった様々な特典をチャンネルから得られます。 ちなみに、YouTubeチャンネルメンバーシップは、チャンネル登録者数3万人から利用することが可能です。 スーパーチャットとメンバーシップを使えば、まだ知名度は高くないYouTuberでもある程度は安定した収益を上げることができるようになりました。• 企業案件の報酬は、1本あたりが150万円〜、トップクラスのYouTuberだと1本あたり300〜500万円くらい入ります。 企業案件が受けられるのは、 チャンネル登録者数10万人前後くらいからです。 企業は影響力のあるYouTuberに商品やサービスを体験してもらい、その対価として報酬を支払います。 例えば超人気YouTuberヒカキンさんの場合だと、文具メーカーのゼブラとコラボして、シャーペンの上に乗る企画動画を出しています。 報酬額は企業や案件、チャンネルの規模によって大きく異なります。 メーカー側はゲーム実況YouTuberには新作ゲーム、美容系YouTuberならコスメなど、ジャンルに合った案件を用意します。 インフルエンサーのような有名YouTuberなら、「オリジナルグッズを作った」と告知するだけで売れることもあるようです。 ファンにオリジナルグッズを着用、使用してもらうことで、宣伝効果も狙えます。• 有形:ラインスタンプ、グッズ• 例えば講演会やセミナー、オフ会などのイベント、ツアーなど様々な使い方ができます。 イベントの告知ができるサイト「」では、YouTuberのセミナーやイベントがたくさん告知されています。 講演会やセミナーなら、だいたい1人あたり3,000〜5,000円の参加費を集められます。 例えばエステなら、施術の様子をYouTubeで公開すれば、お客さんは「どんなことをするのか不安」というハードルを払拭できます。 画像や文字だけでは伝わりにくい様子も、動画ならば細部まで伝わりやすいです。 「チラシを作ってみたけれど集客効果が上がらない」というお店でも、YouTubeなら動きによって細かい様子を伝えられるので、ユーザーの興味を引きつけやすいです。 単価は1動画あたり3,000〜5,000円くらいで、初心者YouTuberから需要があるので安定して稼ぐことが可能です。 などのネット上の仕事仲介サービスでも、動画編集の仕事を募集していることがあるので、副業としても取り組みやすいです。 この ファンクラブを月額課金制にすれば、毎月ファンから収入を得ることが可能です。 例えば、人気ユーチューバーはじめしゃちょーさんの「」なら、入会金1,080円(税込)、月額324円(税込)で会員になれます。 会員になると、限定日記が読めたり、プレゼントがもらえたり、一般的なファンクラブと同じような特典を受けられます。 会員制ビジネスには、ファンクラブ以外にも月額課金のメルマガやオンラインサイト(YouTuber同士が集まる)もあります。 3.YouTuber(ユーチューバー)の収入はどれくらい? YouTuberが収入を得られる仕組みについてはもうお分かりいただけたと思います。 それでは、実際にYouTuberはどれくらいの収入が得ているのでしょうか? ここでは、YouTuberの平均年収や単価相場などを説明します。 YouTuberトップ100人の平均年収は約3,200万円 日本人YouTuberのTOP100人の中央値を確認すると、 年収は約3,200万円でした。 (参考:) ただし、これはあくまでTOP100人の方の年収で、ランキング1,000位あたりのYouTuberになると年収は15万円いくかいかないかというレベルです。 本当なら全てのYouTuberに自分の年収を申告してもらって、平均を出したいところです。 しかしYouTuberは最近でてきた職業ですので、まだきちんとした統計を取れる段階に達していません。 しかも、そもそも現段階では、YouTuberが自分の収入額を公開するのは、YouTubeの規約で禁じられています。 これらを考慮すると、YouTuberの年収の実情を正確に把握することは今のところ難しいです。 YouTuberの収入の特徴として挙げられるのは、 安定していないことです。 会社勤めなら毎月会社から決まった額の給与が支払われますが、YouTuberの場合、動画の再生回数に応じて収入が変わります。 ですから、下は月収0円近くで我慢している人から、上は数百万、数千万と稼いでいる人までいて、年収に大きな幅が出ます。 YouTuberの単価相場 よく言われているのは、 1再生あたり0. 1円という基準です。 1再生あたり0. 1円であれば、1000回再生されれば100円、10万回再生されれば10,000円です。 ちなみに、事務所のUUUMに入ってくる金額を参考にすると、以下のように0. 1円代の計算になります。 これはUUUMへの支払い額なので、この金額の80%がユーチューバーへ支払われていると考えられます。 ただ、本当に1再生あたり0. 1円であるかは確定的なことは言えません。 動画の長さや再生回数に応じた報酬額を公開することも、YouTubeの規約違反とされているのです。 5円だったり、0. 02円だったりと様々な意見があります。 さらに、この報酬額は常に一定というわけではなく、時期や季節によって変動します。 単価自体は1円に満たないとても小さな金額ですが、動画の再生回数が何万回にもなると、単価の大小が報酬の差にかなり影響を与えてきます。 4.YouTubeで再生回数を稼ぎやすいジャンルはどれ? YouTubeといっても、投稿されている動画のジャンルは様々です。 ここでは、多くの視聴者の目を惹く「再生回数の多いジャンル」を3つ紹介していきます。 それぞれ見ていきましょう。 企画・ネタ系 何か面白いことを企画して、その様子を投稿する動画ジャンルです。 YouTuberで多くの方がイメージを抱くのは、このジャンルではないでしょうか? 企画系の動画は、ヒカキンやはじめしゃちょーなどの有名YouTuberが行っているジャンルでもあります。 たとえば、ヒカキンは脱毛に使うブラジリアンワックスで鼻毛を抜くという動画を投稿して、注目を集めました。 面白いことをやる系には企画力や発想力が必要ですが、ひとたび人気の動画を作れば、口コミで一気に動画再生数を増やすことができます。 ゲーム実況 ゲーム実況とは、 ゲームをプレイする様子を実況する動画です。 ゲームが好きな人にとっては、趣味がそのまま仕事になるジャンルなので、参入するゲーマーも多いです。 ゲームは子供から大人まで人気が高く、周りのゲーマーから一目置かれる動画やおもしろい実況動画を作ることができれば、多くの再生回数を稼げます。 また、ゲーム実況は長時間の動画になりやすいため、広告をたくさんつけやすいメリットもあります。 ペット系 ペット系の動画も、子供から大人まで幅広い層に見られるので、再生回数を稼ぎやすいジャンルの一つです。 ユーチューバーの中には、編集を入れず、 ペットの様子をそのまま流している人もいます。 動画作成に大掛かりな準備をする必要がないため、気軽に動画を公開できる点が人気のジャンルです。 5.高年収YouTuber5選!TOP層はどれくらい稼いでる? トップクラスのYouTuberがどれくらい稼いでいるのか、気になる方も多いはずです。 ここでは、 日本の高年収YouTuberランキング をご 紹介します。 動画再生数から算出した予想平均年収:約1. 4億円• 動画再生回数:約128. 7億回• 登録者数:約1,632万人• 動画本数:4,492本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) 言わずと知れた日本のYouTuberの草分け的存在、「ヒカキン」です。 ヒカキンはメインの「HikakinTV」のだけでなく、ゲーム実況専門の「HikakinGames」や「HIKAKIN」「HikakinBlog」の合計4つのチャンネルを運営しています。 動画再生数から算出した予想平均年収:約1. 3億円• 動画再生回数:約111. 8億回• 登録者数:約872万人• 動画本数:3,339本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) フィッシャーズは、 中学時代の友達7人組で結成したYouTuberです。 「アスレチック動画」や「ドッキリ動画」などを投稿し、人気を集めています。 「思い出ネットパフォーマー軍団」と名乗り、その名の通り、中学時代に遊んでいた光景そのままの様子を撮影。 2020年1月26日には「【ご報告】ンダホ、結婚します!」という動画にて、ンダホが昨年夏に結婚していたことを発表しました。 【3位】はじめしゃちょー hajime• 動画再生数から算出した予想平均年収:約1. 1億円• 動画再生回数:約95. 1億回• 登録者数:約1,289万人• 動画本数:4,032本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) イケメンYouTuberとして人気の「はじめしゃちょー」です。 「やりたいことを自由にアップする」をテーマにしており、自由な発想の企画動画を投稿し続けています。 他にも「はじめしゃちょー2」や、美味しい料理の作り方などをアップする「はじめしゃちょーの畑」など、複数のチャンネルも運営しています。 【4位】東海オンエア• 動画再生数から算出した予想平均年収:約1億円• 動画再生回数:約81. 6億回• 登録者数:約791万人• 動画本数:3,106本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) 東海オンエアは、 愛知県岡崎市を拠点にしている男性6人グループのYouTuberです。 ネタ動画や体を張った企画が話題を呼び、平成28年には岡崎観光伝道師に任命、平成29年からはUUUMに所属しています。 メンバーはてつや、しばゆー、りょう、としみつ、ゆめまる、虫眼鏡。 【5位】ボンボンTV• 動画再生数から算出した予想平均年収:約7,300万円• 動画再生回数:約36. 2億回• 登録者数:約208万人• 動画本数:5,886本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) ボンボンTVは、 UUUMと講談社が共同で運営するYouTubeチャンネルです。 「まずは見てみる、やってみる!」を合言葉に、人気YouTuberたちが「やってみた動画」を毎日発信しています。 当初は、ヒカキンやはじめしゃちょーなどUUUMに所属するYouTuberも出演していましたが、現在はレギュラーメンバーの動画が投稿されています。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今のキャリアに少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ YouTuberの収入源は、広告収入です。 また日本のTOPYouTuber100人の平均年収は、約3,200万円です。 自分の投稿する動画に、広告を掲載し、宣伝料をYouTubeから得ています。 報酬は動画の再生回数に応じて金額が変わるので、再生回数の多い動画を投稿すれば、それだけの金額が稼げます。 また、スーパーチャットやYouTubeチャンネルメンバーシップによって、安定した収入を得ることも可能となっています。

次の

YouTubeの再生回数を増やす10の方法

ユーチューブ 再生回数 単価

こんにちは。 会社が嫌過ぎて自殺寸前のうつ病患者だったSYUです。 突然ですがYouTubeで収益化するときに1番大事なものを知っていますか? YouTubeで収益化を成功させるために1番重要なのはジャンルです。 ジャンルによってはいくら頑張っても稼げないことがあります。 しかし同時にジャンルによっては以外と簡単に収益化できることも。 それくらいどのジャンルの動画を投稿するかは重要です。 とはいえジャンルに絶対的な良し悪しがあるわけでもありません。 例えばYouTuberのHIKAKIN氏は顔出し有でエンタメ系の動画を出しています。 そして年収は億超えです。 一方、HIKAKIN氏とは大きくことなる電撃ランキングというチャンネルがあります。 電撃ランキングは顔を出さず、内容も海外の動画の2番煎じです。 それでもHIKAKIN氏ほどとはいかないまでも、月に100万は優に稼いでいます。 どんなジャンルでも稼げないわけではないのです。 ただし、YouTubeで月に数百万稼ぎたい場合は別でしょう しかし ジャンルによって合う、合わないがあるのは事実です。 そこで今回はまずジャンル選定のコツを紹介します。 それからYouTubeの代表的なジャンルについて紹介です。 どのジャンルが自分に合いそうか考えながら読み進めてください。 Contents• ジャンル選定のコツ ここではまずジャンル選定のコツを紹介します。 この後でジャンルを紹介しますが、その記事だけでジャンルが決まることはないでしょう。 この後ジャンルで悩むはずです。 そんな時にこのコツを参考にしてください。 考えなしに人気ジャンルを選ばない よく理解している人も多いでしょう。 しかし考えなしに人気ジャンルを選んでしまうのは危険です。 人気ジャンルに入ることで得られるメリットも当然あります。 もし成功すれば大きく稼ぐことができることです。 しかしその 成功する確率が非常に低いわけです。 人気ジャンルで動画を出している人は既に大きなソースを割いて動画を作成してます。 それに後から入って成功するのは難しいです。 ビジネスを考えれば分かるはずです。 ビジネスを始めようという人がTOYOTAが稼いでいるからといって自動車会社を始めますか? もちろん始めません。 ビジネスでは通常ブルーオーシャンを狙います。 ブルーオーシャンとはまだ人 参入企業 が少なく成功させやすい事業のことです。 YouTubeのジャンルでも同じことが言えます。 再生回数が多い動画のある人気ジャンルに安易に参入してはいけません。 まだ人が少なく今から参入しても勝てるジャンルに参入するべきです。 海外YouTubeチャンネルも参考にする 副業でYouTubeをやろうという人はしっかりジャンル調査をしている人が多いです。 しかし ジャンル調査の対象を日本だけに絞ってしまわないでください。 もったいないです。 基本的に世界的な流行りの発信地はいつだってアメリカ。 YouTubeの動画でも一緒です。 アメリカで流行ったような動画ネタが1周遅れて日本にくることは珍しくありません。 海外チャンネル 英語チャンネル を参考にしましょう。 そうすることで将来的なジャンルの流行り廃りが少し予測できます。 そうすることで今は人気がないジャンルだけで伸びる可能性があるジャンルが発見できます。 そしてそのようなジャンルを発見できれば、そのジャンルはまさにブルーオーシャン。 一人勝ちできるチャンスもあります。 広告単価も考える 収益化を狙うなら広告単価も考えてください。 YouTubeは収益の詳細を公表するのを禁止しています。 そのため正確なことはわかりません。 しかしぼかした表現で収益報告をしているチャンネルはあります。 それらの収益報告からわかることがあります。 それが同じくらいのチャンネル登録者数と再生回数でも収益は全然違うということ。 よく言われる1再生あたりの収益は0. しかし 1再生あたりの単価がもっと高いという人もいます。 それらの違いは広告の付きやすさと広告の内容によるのでしょう。 YouTubeの広告収益=Googleのアドセンス収益です。 動画の中にある広告を全部見るか、クリックすることで収益が発生します。 飛ばせない5秒広告は5秒見れば収益になりますが、2018年中に廃止されます そしてその合計によって収益が決まるのです。 であれば当然視聴者が広告を全部見るか、クリックすることで収益があがります。 ここで質問です。 面白動画で流れるジュースの広告と旅系動画に流れるホテルの広告があるとします。 どちらの広告の方が全部見てもらったり、クリックしてもらったりしやすいでしょうか? 当然旅系動画に流れるホテルの広告。 動画内容と広告内容に関連があるからです。 YouTubeの広告の内容はアドセンスが勝手に最適なものを選んでくれます。 しかしアドセンスでネット広告を出している企業ばかりではありません。 内容と関連する広告がない動画のジャンルもあります。 そのため内容と関連のあるネット広告が存在するジャンル選ぶと良いでしょう。 例えば• 旅行の広告が付く旅チャンネル• 英会話教室の広告が付く英語学習チャンネル• Netflix映像配信サイト広告が付く映画紹介チャンネル などがあります。 他にも広告を見てもらいやすいジャンルがあるはずです。 調べてみてください。 YouTubeのジャンル一覧 ここからはYouTubeのジャンル一覧を紹介してきます。 やってみた系・ネタ系 日本で一番の登録者数をほこるはじめしゃちょーやHIKAKIN氏なども含みます。 特に何かに特化した内容ではありません。 その時々に流行っているネタなどを動画にしています。 ただしはじめしゃちょーやHIKAKIN氏などのようにメインとは別にゲーム実況などいくつかの特化チャンネルも同時に運営している人も多いです。 ザ・YouTuberという感じのジャンルです。 YouTubeで稼ぐと聞くと個のジャンルの動画を思い浮かべる人が多いです。 動画のネタがバラバラのため動画につく広告もバラバラになります。 そのため動画の再生回数あたりの収益にもバラつきが生じるでしょう。 また 広告単価は少なくなりがちです。 もちろんトップ投稿者は例外です。 しかし投稿者自体が一種のブランドのようになります。 そのため収益性は悪くありません。 しかし顔出しなしでは難しいジャンルです。 サラリーマンの副業でやるようなジャンルとは言えません。 美容系 美容系もYouTuber色がかなり強いジャンルの1つです。 美容といっても色々あります。 しかし視聴者が興味を持っているのは顔に関する美容です。 それなのに 顔出しなしでチャンネル運営していくのは簡単ではありません。 ただし美容系だと美容関連のネット広告が動画に付くことが多いです。 クリックや広告の視聴をしてもらいやすいでしょう。 また動画の説明文に特定の商品のリンクを貼ることでも収益化できます。 そのリンクから当該商品を視聴者が購入するとマージンが入るわけです。 女性の美容系YouTuberでマスクとサングラスで顔を隠して美容ジャンルをやっている投稿者もいます。 そのためサラリーマンの副業などでも不可能ではないかもしれません。 フィットネス 以前は日本ではフィットネスをしている人はかなり少なかったです。 しかし現在では 確実にフィットネス人口が増えていっています。 そしてフィットネスジャンルはトレーニング種目などに関する動画などネタが作りやすいです。 加えてパーソナルトレーナーなどをつけられない人がこれからフィットネスを始める。 そんな時は YouTubeで動画を見て学ぶのが一般的です。 そのため需要はかなり大きいです。 しかしフィットネスには非常に大きな難点があります。 それが化け物のようなマッチョたちが既に動画をたくさんあげている点です。 フィットネス好きの人は体の大きさで信憑性を判断します。 そのためもし あなたの体が非常に大きくないと動画は再生されません。 女性のフィットネスの場合、競争は男性のフィットネスジャンルよりは少ないです。 しかし女性のフィットネスは男性のそれよりも人気がないので、再生回数が伸びにくいかもしれません。 ペット系 ペット系の動画はサラリーマンの副業でやるとしても 顔は出さないで済むので良いです。 声は出す人が多いですが、声程度であれば問題ないという人も多いでしょう そのうえ人気のあるチャンネルだとチャンネル登録者50万程度ということもあります。 またそのペットに固定ファンがつきやすいので コンスタントに再生回数を伸ばしやすいです。 ただし人気ジャンルだけあって競争もそれなりにあります。 ただペットを取っただけのホームビデオのような質の動画では当然再生回数を稼げません。 しっかりと企画をつくったり、動画編集をしたりして差別化しないとダメです。 もし今後参入するのであれば 爬虫類やゴキブリなど、珍しい生物だと良いでしょう。 それだけで犬や猫、ウサギ、インコなどよくあるペットのチャンネルとは差別化できます。 ゲーム実況 ゲーム実況はまさしく当たればでかいものの、当たらないジャンルです。 ゲーム実況チャンネルには チャンネル登録者200万人超えの大型チャンネルがあります。 そして 世界で一番稼いでいるYouTuberであるPewdiepie氏はゲーム実況者です。 間違いなくゲーム実況は当たれば稼げます。 しかしゲーム実況は レッドオーシャンです。 これだけ稼げる上に動画作成までの障壁がほとんど0。 そのため非常に多くの人が参入しているジャンルです。 当然一筋縄ではありません。 料理系 料理系の動画もかなり人気ジャンルの1つです。 人気になれば コンスタントに再生回数を稼ぐことができます。 また料理をつくって動画にしつつ、自分で食べられるのはお得です。 しかし人気ジャンルなので競争が激しいです。 また企業が運営しているDelish Kitchenという非常に人気のチャンネルもあります。 そのため料理系のジャンルで稼いでいる人の多くは顔を出して、YouTuberの要素も兼ねています。 料理系のジャンルとは言っても手先だけではいけないということです。 そのため顔出しできないサラリーマンの副業には向きません。 もしサラリーマンの副業で料理系をやるなら初期投資をしっかりしましょう。 そして珍しい食品を扱う動画にすると顔出しなしでも差別化できるかもしれません。 英語系 英語を学習したいという人はいつの時代も絶えません。 そのうえスラングのような英語以外の内容であれば、数年で動画の内容が時代遅れになることもないです。 そのため YouTubeチャンネルをストック型資産のようにしたい人には良いでしょう。 また 「YouTubeの動画で練習した後は実際に英語で対話をしましょう。 」 というようにYouTubeの外部に誘導すると良いです。 DMM英会話のようなオンライン英会話やGABAのような英会話教室に誘導すればアフィリエイトができます。 英会話系のアフィリエイトは単価も高いです。 上手くやれば非常に稼げます。 ただし英語は音声メインとはいえ、顔出し一切なしだと難しいかもしれません。 顔出しできないサラリーマンは他のジャンルにするか、顔出しなしにする方法を探ってみましょう。 バーチャルユーチューバー系 バーチャルユーチューバーは非常に新しいYouTubeのジャンルの1つです。 3Dモデリングで生まれたキャラクターを操作して雑談などを行います。 バーチャルユーチューバーの中ではキズナアイと呼ばれるバーチャルユーチューバーが人気です。 200万人以上のチャンネル登録者で総再生は約2億。 2016年から活動しているので 2年程度で数千万円は稼いでいる計算です。 またバーチャルユーチューバーは雑談ライブ配信を行って投げ銭を集めることもできます。 1回のライブ配信で百万円以上稼いだ事例もありました。 またバーチャルユーチューバーはバーチャルというだけあって顔出しなしでもできるのはメリットでしょう。 しかし 3Dモデルを用意したり、男性の場合は女性ナレーターを雇ったりと初期投資が少し必要になります。 また新しいジャンルとはいえどんどん投稿者が増えているので競争は熾烈です。 3Dモデルが可愛いだけでなく他に差別化出来る要素がないと難しいでしょう。 ニュース系 巷で話題になったニュースなどを取り上げて、そのニュースを自分の意見を交えて紹介する。 それがニュース系のジャンルです。 KAZUYAチャンネルが非常に有名で代表的な存在になっています。 ニュース系のジャンルの最大のメリットの1つは、 ニュースは尽きることがないことでしょう。 その重要性に差こそあれニュースがないということはありえません。 動画を作製しようとして探してみればネタになるニュースは何かしら見つかるはずです。 そのため 高頻度の投稿が楽になります。 そして高頻度で投稿していればチャンネル登録者数も再生回数も稼ぐことが可能です。 しかしニュース系にもデメリットがあります。 もず ニュースはすぐに廃れるものです。 ニュースに基づいて作製された動画も同様にすぐ再生されなくなります。 そのためYouTubeで稼ぎ続けるとしたら ずっと投稿し続けないといけません。 これがデメリットの1つ目です。 デメリットの2つ目は 顔出ししないと再生回数を稼げないであろうことです。 ニュースサイトはコメント欄を解放しているところもあります。 匿名の人間のニュースへの意見はコメント欄で見飽きているでしょう。 趣味系 趣味といっても様々ありますが、ここでは手先だけでできる趣味に限定します。 例えばカードゲームはもちろん工作系も良いでしょう。 趣味系の中には顔出しなしでも問題なく動画作成できるものもあるのが趣味系の良い点です。 また 趣味系はものによっては動画や説明文を通じてアフィリエイトができます。 そのため再生回数自体はそれほど多くなくても大きく収益化することも可能です。 例えばベイプという電子タバコのチャンネルを作製したとします。 その動画にベイプの広告を貼ったとしましょう。 このように 再生回数対報酬をあげやすいのが趣味系のメリットです。 また趣味系は比較的他のジャンルの動画よりも廃れにくいというメリットもあります。 雑学系・小ネタ系 雑学系と小ネタ系はフェルミ研究所やアシタノワダイ、電撃ランキングなどのチャンネルに代表されるジャンルです。 暇つぶしに特化した内容のものといえます。 雑学系・小ネタ系でトップを走っているのは電撃ランキングで総再生数は約3億です。 動画だけで数千万円は確実に稼いでいます。 雑学系や小ネタ系は顔出しする必要はありませんし、面倒な撮影の必要もありません。 ナレーターをクラウドワークスなどで見つけてナレーションをお願いして編集するだけです。 一通り動画作成のノウハウを磨いたら動画作成も外注できます。 そのため手間も会社に見つかるリスクもほとんどなくできるのが雑学系・小ネタ系です。 また雑学系・小ネタ系は広告が付きやすいので再生回数あたりの 広告単価が高いと言われています。 著作権には細心の注意を払う必要がありますが、サラリーマンの副業に非常におすすめです。 僕が実際にYouTubeで稼いでいるのはこの雑学系・小ネタ系です。 ただし雑学系・小ネタ系はその手軽さから何の下調べもせずに行う人もいます。 雑学系・小ネタ系は動画の内容は被りやすいので、編集やナレーションなどの面で差別化するのをおすすめします。 まとめ このページではジャンル選定のコツとYouTubeのジャンル一覧を紹介してきました。 繰り返しになりますが、特定のジャンルが優れていて特定のジャンルがダメということはありません。 まずは自分の好みや能力、その他の条件 どれくらい作業できるか・顔出しできるかなど を考えてください。 そして自分の合いそうなものを考えて、同ジャンルの動画をさらに詳しく研究してみましょう。

次の