プルームテック使い方。 PloomS(プルーム・エス)レビュー!仕様や使い方など全力で解説するよ!

プルームテック互換電子タバコ【GeeMoジーモ】使い方、レビュー評価

プルームテック使い方

皆さんこんにちは!管理人のゆめぼくです。 既に購入済みの方で「使い方を知りたい」という方は、目次の「使い方解説」をタップすることでスクロールできます。 低温加熱型のPloomTECH(プルームテック)• 高温加熱型のPloomS(プルーム・エス) またPloomS(プルーム・エス)の特徴としては、ニオイや仕様など「IQOSやgloの良いとこどりをしたような製品」です。 それとかなり重要なことですが、PloomS(プルーム・エス)の保証期間は最長2年です。 他の加熱式たばこ製品に比べて約2倍の保証期間がありますので、安心して利用することができるのもおすすめポイントです。 他のサイト運営者さんに比べてだいぶ遅れてしまいましたが、その代わりと言ってはなんですが、どのサイトよりも詳しくご紹介していきますね。 ではレビューしていきます!• PloomS本体• クリーニングブラシ• 充電ケーブル• ACアダプター• 取扱説明書• 保証書(シリアルナンバー付き) PloomS(プルーム・エス)のスターターキットの同梱物は、上記に記載した通りです。 当然ながらたばこスティックは同梱されませんので、オンラインショップで購入する際には一緒に注文しましょう。 たばこスティックを挿入する際に、スライドカバーをズラして使う仕様です。 本体底面には、充電挿し込み口とクリーニングの際に開ける蓋が付属しています。 ザッと見た感じでは、重量感や構造などgloに似ている感じですね。 ただし、PloomS(プルーム・エス)は、基本的に年配者の方でも迷うことなく使用できる構造となっていますのでご安心ください。 使い方解説 続いて、 PloomS(プルーム・エス)の使い方を解説していきます。 まずはPloomS(プルーム・エス)本体に、専用のたばこスティックを挿入します。 たばこスティックの点線が見えるくらいが丁度良いようです。 ちなみに、PloomS(プルーム・エス)はIQOSのように加熱ブレードがあるわけではなく、glo同様にたばこスティックの周囲から加熱する仕様です。 この点故障が起きにくい形状なので、保証期間が2年という理由が分かりますね。 たばこスティックを挿入したら、右にあるアクションボタンを長押しして、加熱が完了したら吸引可能です。 強いていうなら、スライドカバーの閉め忘れは充電の消耗が早まる原因なので、吸い終わったら必ず閉めておいた方が良さそうです。 【青点灯】:正常 【橙点滅】:本体の温度上昇など一時的に使用不可の状態 【赤点灯】:本体が故障している可能性有り 充電中は白色LEDが点滅し、フル充電後点灯に変わり一定時間を経過すると消灯します。 ちなみにですが、バッテリーが空の状態からフル充電までにかかる時間は約90分です。 当然ながら付属の充電ケーブル、ACアダプターを使用した際の充電時間となりますが、間違っても高速充電器等の使用はやめましょう。 故障の原因になってしまいますので、おすすめできません。 普段のお手入れも簡単 PloomS(プルーム・エス)は、普段のお手入れも簡単です。 付属しているクリーニングブラシを使って掃除していきます。 スターターキットを開封した時に、『なんだこれ?』と思ったこれがクリーニングブラシだったんですね… まだ私も使い始めて間もないのでなんとも言えませんが、PloomS(プルーム・エス)はIQOSやgloのように「ヤニ垂れ」がないんですよね。 なので、たばこスティックを2箱〜3箱消費したタイミングで、お掃除すれば問題ないと思います。 カラーはブラック・ホワイトの2種類+限定カラー各種 PloomS(プルーム・エス)のカラーは、ブラックとホワイトの2種類以外にも、限定カラーが多数販売されています。 (2020年6月時点) 限定カラーに関しては、メタリック系やパステル系です。 1口目:ん? 2口目:電源入ってる? 3口目:あっ電源は入ってるか… 4口目:わお!水蒸気でるやん! 5口目:お〜結構キックあるな〜 6口目:JTやば!IQOS抜いたなw 7口目:こりゃ売れるよ… 完全に私の個人的な意見が主張し過ぎちゃっていますが、簡潔に言うと吸い始めは全くと言って良いほど吸い応えがないのですが、4口目以降はかなり吸い応えがあるんですよね。 他のサイトでは『glo以上IQOS未満』と記載しているのを見かけますが、私はそうは感じませんでした。 どちらかと言えば、PloomS>IQOS>gloの順に吸い応えと言いますか、キック感を感じましたね。 あとは、吸っている間も吸い終えた後も、PloomS(プルーム・エス)はとにかくニオイがないです。 上記画像は左が使用済み、右が使用前なのですが、特にコゲやヤニ垂れなどがなく、これがニオイがない理由だと思います。 こちらの画像を見て頂くと分かりやすいのですが、左がIQOS、右がPloomSの吸い殻です。 そりゃニオイがないわけですよね… 個人的に吸い応えはもちろん、ニオイのなさ、そしてたばこスティックの風味はかなり高評価です。 特にニオイは家族にも確認してもらったのですが、やはりPloomS(プルーム・エス)はニオイを感じないようです。 まとめ まとめになりますが、今回ご紹介したPloomS(プルーム・エス)は、IQOSやglo同様に高温加熱型の加熱式たばこです。 IQOSやgloの発売よりも遥かに遅れをとっての発売となりますが、その分IQOSやgloの良い部分と悪い部分を理解した上での開発だったということが伺えます。 特にニオイを気にする方には、PloomS(プルーム・エス)は是非おすすめです!.

次の

プルームテックプラスの使い方を解説!クリーニング・充電方法まとめ

プルームテック使い方

この記事を2行でまとめると• LEDランプの色や、 点灯パターンに応じて、必要な対処が異なる• 色々な裏技を駆使することで、吸い心地や、ランニングコストを自由に選べる プルームテック(Ploom TECH)とは? プルームテックとは、JTが発売する、加熱式タバコデバイスです。 現在発売されているプルームシリーズデバイスとしては。。。 プルームテック(Ploom TECH)• プルームS(Ploom S) の3種類です。 プルームテックの特徴としては、国内の大手加熱式タバコデバイスの中では唯一(最近glo sensが仲間入りしましたが)低温加熱式タバコと呼ばれる仕組みを採用しているデバイスであると言うことです。 低温加熱式タバコとはなんぞや?と言う方は以下の記事をご覧ください。 プルームテックは カートリッジの交換時期を通知してくれる機能が ありません! 残念ながら、このようになっているため、 自分でカートリッジの交換タイミングをカウントしておいてあげる必要があります。 具体的には。。 5カプセル分吸いきった時 が公式の想定通り、プルームテックを利用した際の理想のカートリッジ交換時期になります。 なので、カートリッジごとに「今何カプセル目か」を自分でカウントしておく必要があります。 (プルームテックプラスならリキッド残量を直接目視で確認できるので、話は別です。 ) 吸い方によっては、カートリッジの交換時期がずれることも そもそもプルームテックって、パフ回数を基準にカプセルの交換時期を決めているのですが、実はこれ、パフ回数以外にも、 吸引している秒数も重要なんですよね。 今回の記事では趣旨とそれてしまうので、触れません。 詳しく知りたい方は、以下の記事にて詳細に解説していますので、参考にしてみてください。 吸い方によっては、カートリッジを交換すべきタイミングがずれることがあるよ! と言うことです。 1パフあたりの吸引時間が長い人は、5カプセル分吸う前にカートリッジ内のリキッドを消費しきってしまうし、逆に吸引時間が短い人は5カプセル使い切った時にもまだ、カートリッジ内のリキッドが残っているという現象が発生します。 特に後者の人はリキッドが少しもったいないですが、困るの前者の人ですよね。 なぜなら• まだタバコカプセルが残っているのに、リキッドを吸いきってしまってタバコカプセルを利用できない! なんて現象がおこってしまうからです。 そんな方は、以下の方法で 自分でリキッドを追加する!という方法にチャレンジしてみるのも一つの選択肢です。 (もしくはタバコカプセルを捨てる) 切り込みが入れれたら、そのキャップを最後にプルームテック本体に装着してあげましょう! と言うことで先ほど切り込みを入れたシリコンケースをついにプルームテック本体に装着していくわけなのですが、ここが少し難しくて、 装着する位置で、ドロー感を調節してあげる必要があります。 というのも、プルームテックって本体に3箇所、「 通気孔」と呼ばれる吸引時に空気を取り込む穴があるんですよね。 この3個の穴の内、 任意の数の穴をシリコンケースで塞ぐことで、ドロー感を調整しようということです。 自分好みのリキッドを入れる 自分が利用したいリキッドを自由に追加できる。 プルームテックのリキッドを自分で追加するメリット 自分でリキッドを追加できるようになるメリットは複数あって• 以下に紹介するタバコカプセルの再生技と組み合わせることで、 より低いコストでプルームテックが利用できる• 自分の好みのリキッドを使ってプルームテックを楽しむことができる と言うことができるようになるんですよね。 ですので私もプルームテックのカートリッジのリキッドは自分で補充しています。 詳しいリキッドの補充方法に関しては以下の記事or上の動画で詳細に解説していますので、参考にしてみてください。

次の

PloomTECH(プルームテック)の使い方と使用した感想

プルームテック使い方

USBチャージャー プルームテックを買ったら、まずは充電する必要があります。 充電に使うのがUSBチャージャー。 プルームテック用に作られた、珍しい形をしている部品です。 購入時はバッテリーが0なので、吸うためにはまず充電が必要です。 以下で、正しい充電方法を見ていきましょう! プルームテックの充電のやり方 充電方法• USBチャージャーにバッテリーを装着する バッテリーにはねじ山が、USBチャージャーにはねじ溝がついています。 ロゴマークを先にして、くるくると回して取り付けます。 うまくハマってくれないこともありますが、慣れてくるので問題ありません。 ACアダプタに差し込んでコンセントへ バッテリーの装着が完了したら、ACアダプタに差し込みます。 最後まで差し込まないと、充電してくれないので要注意です。 パソコンなどに差し込んでもOK プルームテックは、パソコンにつなげて充電することも可能。 お仕事中にも充電できるのは、うれしいポイントですよね。 充電する時の注意点 バッテリーは回らなくなるまで取り付ける 回らなくなるまで取り付けないと、うまく充電されません。 中途半端に装着すると、感電してしまう可能性もあります。 安全を確保するためにも、最後までしっかりと回し切ってくださいね。 充電が終わったらすぐ取り外す バッテリーは消耗品です。 充電が終わっているのに コンセントに差しっぱなしにすると、故障する原因に。 バッテリーをできるだけ長く使うためにも、充電が終わったらすぐに取り外しましょう。 ちなみに 充電は1時間ほどで完了しますよ。 続いてプルームテックの使い方を見ていきましょう! プルームテックの使い方 カプセルの差し方• カートリッジの根元まで差す たばこカプセルはカートリッジの根元まで差しましょう。 少し浮いていると、風味を十分に味わいきれないので、注意。 ちゃんと差さっていないと、うまく吸うことができません。 50パフまで吸える• ですが、「50回も吸えないじゃん!」と嘆きの声をあげている人もいるんです。 実はプルームテックって、• 100秒で交換の合図 がされるんです。 公式で推奨されている吸い込み時間は2秒。 だから 50パフもしてないのに交換の合図がするのは、2秒以上吸い込んでいるのかもしれませんね。 交換する合図• 青く点滅したらカプセル交換 プルームテックの先が青く光ったら、たばこカプセル交換の合図です。 40秒間点滅する仕組みになっています。 野外などの明るい場所だと、見逃しやすいので要注意です! 吸う時の注意点 空気穴をふさがない プルームテックの真ん中にある空気穴。 ふさいでしまうと、空気が入ってこなくて吸いづらいです。 ちょうど 持ちやすい部分にあるので、気付かぬうちにふさいでしまうことも。 初めて吸うときは、ちょっぴり気にしてくださいね。 簡単に吸い始められるプルームテックですが、説明書には少し分かりづらい部分があります。 分かりづらい点について説明するので、参考にしてくださいね。 プルームテックの説明書で分かりづらい点 「たばこカプセル側から吸い込んでください」 としか書いていない、プルームテックの説明書。 初めて吸う人には分かりづらいですよね。 プルームテックを 吸うコツは、深呼吸をする感じです。 たばこカプセル側を口につけて、2秒ほどかけて吸い込みます。 吸い込んだらまた2秒ほどかけて、吐き出しましょう。 下の記事で具体的にイメージできます。 青く点滅しても吸えるのかわからない たばこカプセル交換の合図である、青い点滅。 40秒間、青点滅でチカチカしている間は吸えません。 でも 点滅が終われば、たばこカプセルを交換しなくても吸うことができるんですね。 ただし、付属のカートリッジはたばこカプセル5個分の容量。 だから点滅を無視して交換しないと、カートリッジが空っぽになってしまうんですね。 空焚きは危険なので、最終的にたばこカプセルが余ってしまいます。 青い点滅が始まったらちゃんと交換した方が、プルームテックを美味しく吸えますよ。 まとめ• まずはバッテリーを充電する• たばこカプセルを装着して空気穴をふさがないように吸う• 50パフ 約100秒 吸ったらカプセル交換するのが美味しく吸うコツ 公式サイトでも、説明書や使い方の動画がアップされてますね。 >>> >>> 最新のプルーム商品が発売スタート.

次の