テオドール。 テオドール錠100mg テオドール錠200mg

テオドールドライシロップ20%、テオドールシロップ2%が販売中止に

テオドール

人物 [ ] ファーストネーム [ ]• - ドイツの物理学者。 - ドイツの軍人• - ドイツの哲学者、社会学者、音楽評論家、作曲家• - ドイツのピアニスト、の作曲家。 テオドール・ファン・ゴッホ()【曖昧さ回避】• - ドイツのピアニスト、作曲家。 - ロマン派の作曲家。 - フランスの博物学者。 - ドイツの語学者。 - 20世紀のドイツの軍人。 - の将軍。 架空の人物 [ ]• テオドール・ザールヴィッツ - 『』の登場人物。 ミドルネーム [ ]• - ベルギーの作曲家、ファゴット奏者。 人物以外 [ ]• - 株式会社が製造・販売する気管支拡張剤。 製品名の由来は上記とは異なる。 関連項目 [ ]• このページは 人名(人物)のです。 同名の人物に関する複数の記事の水先案内のために、同じ人名を持つ人物を一覧にしてあります。 お探しの人物の記事を選んでください。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えてください。

次の

テオドール|田辺三菱製薬 医療関係者サイト Medical View Point

テオドール

>テオフィリン系薬 価格 100mg1錠:9. 1円/錠 200mg1錠:14. 1円/錠 製薬会社• 製造販売元: 効能・効果 用法・容量 効能・効果• 気管支喘息,喘息性(様)気管支炎,慢性気管支炎,肺気腫 用法・用量• テオドール錠100mg• 通常,テオフィリンとして,成人1回200mg(本剤2錠)を,小児1回100~200mg(本剤1~2錠)を,1日2回,朝及び就寝前に経口投与する.また,気管支喘息については,テオフィリンとして成人1回400mg(本剤4錠)を,1日1回就寝前に経口投与することもできる. なお,年齢,症状に応じ適宜増減する.• テオドール錠200mg• 通常,テオフィリンとして,成人1回200mg(本剤1錠)を,1日2回,朝及び就寝前に経口投与する.また,気管支喘息については,テオフィリンとして成人1回400mg(本剤2錠)を,1日1回就寝前に経口投与することもできる. なお,年齢,症状に応じ適宜増減する. 禁忌 【禁忌】 次の患者には投与しないこと• 5 tmax(h) 7. 2 10. 3 tmax(h) 3. 4 4. 5 111. 田辺三菱製薬株式会社 薬剤一覧•

次の

ルソー、ピエール=エティエンヌ・テオドール : 作者データ&資料一覧

テオドール

John's Wort,セント・ジョーンズ・ワート)含有食品 本剤の代謝が促進され血中濃度が低下するおそれがあるので,本剤投与時はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないよう注意すること. セイヨウオトギリソウにより誘導された肝薬物代謝酵素が本剤の代謝を促進し,クリアランスを上昇させるためと考えられている. 副作用 0. 1〜5%未満 0. 5 tmax(h) 7. 2 10. 3 tmax(h) 3. 4 4. 5 111. 7 代謝 テオフィリンは,気管支拡張,肺血管拡張,呼吸中枢刺激,気道の粘液線毛輸送能の促進,横隔膜の収縮力増強,肥満細胞からの化学伝達物質(気管支収縮因子)の遊離抑制等の作用により,気管支喘息,慢性気管支炎,肺気腫等の閉塞性肺疾患の諸症状を改善する. また,テオフィリンは,喘息患者の気管支生検において活性化好酸球数,総好酸球数の減少及びCD4陽性細胞数の減少等の抗炎症作用を示す. In vitroにおいては,ヒト炎症細胞からの活性酸素及びサイトカインの産生に対する抑制作用,ヒト好酸球の接着因子発現の抑制作用,IL-5のヒト好酸球寿命延長に対する抑制作用等が報告されている. その作用機序は,phosphodiesteraseの作用を阻害して細胞内cyclic 3',5'-AMP濃度を高めることによるとされている. このほかにも,アデノシン受容体に対する拮抗作用,細胞内カルシウムイオンの分布調節作用,内因性カテコールアミンの遊離促進作用及びプロスタグランジンに対する拮抗作用等が報告されており,いまだ作用機序については不明な点が多い. 有効成分に関する理化学的知見. 荒川浩一,足立雄一,海老澤元宏,藤澤隆夫監修.日本小児アレルギー学会編, 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017, 2017 協和企画. 西間三馨 他, 薬理と治療, 9 12 , 5029-5054, 1981. 正木拓朗 他, アレルギー, 30 4 , 190-196, 1981. 赤坂 徹 他, 小児科臨床, 34 7 , 1775-1782, 1981. 四家正一郎 他, 小児科診療, 44 6 , 1009-1014, 1981. 柏木秀雄 他, 薬理と治療, 9 2 , 593-608, 1981. 牧野荘平 他, 診療と新薬, 17 11 , 2935-2939, 1980. 中沢次夫 他, 新薬と臨床, 29 5 , 790-795, 1980. 中沢次夫 他, 基礎と臨床, 15 4 , 2065-2070, 1981. 高島宏哉 他, 新薬と臨床, 30 3 , 2-5, 1981. 西間三馨 他, 小児科臨床, 40 3 , 685-697, 1987. 西間三馨 他, 小児科臨床, 38 11 , 2653-2663, 1985. 馬場 実 他, 小児科臨床, 39 8 , 2051-2059, 1986. 滝島 任 他, 薬理と治療, 14 7 , 4915-4934, 1986. 宮本昭正 他, 薬理と治療, 19 4 , 1513-1544, 1991. 川合 満 他, Ther. Res. , 12 3 , 891-902, 1991. 田中一正 他, 新薬と臨床, 40 4 , 802-814, 1991. 大黒道夫 他, 医学と薬学, 25 3 , 802-814, 1991. 馬場 実 他, Prog. Med. , 11 4 , 981-992, 1991. 中島光好 他, 薬理と治療, 9 1 , 17-25, 1981. 田辺三菱製薬(株):テオドール錠の高齢者における薬物動態に関わる資料(社内資料). 島田典招 他, 薬物動態, 10 3 , 413-419, 1995. 飯田成宇 他, 基礎と臨床, 14 12 , 3767-3770, 1980. Rall,T. , Goodman and Gilman's The Pharmacological Basis of Therapeutics eds by Gilman A. et al. ,11th ed, 727-736, 2006 The McGraw-Hill Companies Inc. ,New York. 黒沢元博 他, 医学のあゆみ, 134 13 , 1121-1124, 1985. Sullivan,P. et al. , Lancet, 343 8904 , 1006-1008, 1994. Barnes,P. ,Pauwels,R. , Eur. Respir. , 7 3 , 579-591, 1994. Ohta,K. et al. , Clin. Exp. Allergy, 26 Suppl. 2 , 10-15, 1996. Sagara,H. et al. , Clin. Exp. Allergy, 26 Suppl. 2 , 16-21, 1996 作業情報.

次の