海まで行こうどんな時も。 レトロ可愛くて海で遊べるダグリ岬遊園地に行こう!

PT 横浜最後の秘境・海芝浦駅に行こう!(2019年08月11日)

海まで行こうどんな時も

10 純白のビーチと紺碧のラグーンが広がる天国に一番近い島「ニューカレドニア」 オーストラリアの東に位置する、エスプリの香りが漂う天国に一番近い島「ニューカレドニア」。 フランスパンの形をした全長400kmの本島や周りに浮かぶ島々は、精霊が宿る神秘の森など手つかずの大自然に包まれています。 11 スペインの絶景ビーチはここ!ラ・コンチャ スペインはバスク州ギプスコア県サン・セバスティアンにあるラ・コンチャ海岸。 サン・セバスチャンは、19世紀後半にスペインにおける「夏の首都」となり、スペインの王侯貴族やブルジョワジー達が夏を過ごしたとされる都市です。 12 ギリシャのエグレムニ・ビーチ 地中海海域の一つ、イオニア海に浮かぶ諸島の中にエグレムニ・ビーチをもつレフカダ島があります。 ここは温暖な地中海性気候で、世界でも有数のリゾート地!眩しいほどの白い砂浜と輝くコバルトブルーの海は、アメリカのCNNが選んだ「世界ベスト100の素晴らしいビーチ」にも選ばれています。 13 長期滞在や移住する人も多いほどの人気。 タイのパンガン島 パンガン島は治安も良く、長期滞在者やビジネスを始めたりする移住者も多く、生活環境が良い場所とされています。 気候の良さや自然の多さ、そして景色の美しさもその理由と言えるのではないでしょうか。 パンガン島には約40の大きいビーチやプライベートビーチのような小さめなビーチがあります。 あなたのお気に入りのビーチを見つけてください! 14 ニュージーランド・オークランド西部の「カレカレ・ビーチ」 カレカレ・ビーチには多くの自然が残されており、さまざまな時間によってさまざまな絶景を見ることができます。 青空と青い海を見られる昼の時間には海岸からどこまでも続くタスマン海を眺めてみましょう。 タスマン海から押し寄せる波は迫力がありますよ。 15 ハイチの絶景ビーチ「アバカ・ベイ」 ハイチはあまり馴染みのない国かもしれませんが、カリブ海に数あるリゾート地の中でもハイチが面するカリブ海の特徴はとにかく海が透明なことで、底を泳ぐ魚が当たり前のように見えるくらいです。 アバカ・ベイは、他のハイチのビーチと比べて圧倒的に静かでまさに秘境のビーチと言えるでしょう。

次の

海が叶えてくれるもの――青の光と命の輝き 新刊キャンペーン

海まで行こうどんな時も

この記事の目次• 美ら海水族館ってどんなところ? 「沖縄美ら海水族館」は、本島北部の本部町にある海洋公園内の大人気スポットです。 1979年の開館から新館建設などを経て、2018年10月には 入園者累計数が1億人を突破しました! 名前にある「美ら(ちゅら)」は沖縄の言葉で「美しい」「キレイ」という意味を持っています。 巨大な水槽を悠々と泳ぐジンベイザメやマンタ、魚の大群などにきっとあなた自身も目を奪われるでしょう。 大水槽以外にも 沖縄の深海を再現した「深層の海」や太陽光に照らされた様子が幻想的な「サンゴの海」など他の水族館ではなかなか見られない見どころが目白押しです。 解説プログラムや年数回の企画展示など、魅力的なコンテンツも多く、 リピーターの方が多いことにも頷けます。 20名以上の団体2割引、16時以降3割引。 HP 注意点 季節によって営業時間が異なります。 オフシーズン(10月~2月)は、閉館時間が早くなるので気を付けてくださいね! 美ら海水族館の見どころ 美ら海水族館の広い館内では「 沖縄の海との出会い」をテーマに、沖縄周辺の海の水面から水深700m付近までを再現しています。 順路に沿って海岸から沖合、黒潮、深海へと海の中を探検するように見学を楽しみましょう。 ここでは見どころをいくつかご紹介します。 順路に沿って進んで行くと、まるで本当の海の中を深く潜っていくように、順を追って魚を見ることができます。 深さによって変化していく海の様子や生き物たちをじっくりと観察しましょう。 水槽内には約140種もの熱帯魚が展示されています。 大水槽の正面には専用のシートも用意されており、ジンベイザメやナンヨウマンタたちの群泳を思う存分眺めることができますよ。 時間が合えば、ダイバーによる水中カメラを使った解説やジンベイザメの食事シーンが見られることも! 穴場スポットである「美ら海シアター」では、3種類の解説プログラムがハイビジョンの映像で楽しめます。 水槽内では、ナガタチカマスやハマダイなど 約20種の深海生物が過ごしており、訪れる人々を静かで神秘的な深海の世界へと誘ってくれるでしょう。 深海にはユニークな生き物がたくさんいます。 チカチカと光る魚や紫外線を反射して光るサンゴなど、まるで 海の中のプラネタリウムのよう。 イノーは沖縄の言葉で サンゴ礁に囲まれた浅い海のことを意味しており、ここではイノーに生息する ヒトデやナマコなど約10種の生き物に触れることができます。 見た目通りの触り心地であったり、意外にザラザラとしていたりと新しい発見をお楽しみください!ほとんど動いていない生き物もいますが、生きていますので驚かさないよう 優しく触るようにしましょう。 展示されているサンゴの多くは 10年以上もの歳月をかけて大切に育てられてきたものです。 様々な色や形のサンゴとサンゴの周辺を泳ぐカラフルな魚たちを見ているとその美しさに魅了され、癒されることでしょう。 美ら海水族館を更に楽しむポイント せっかく美ら海水族館を訪れるなら、目一杯楽しみたいですよね!ここでは美ら海水族館をより効率よくお得に楽しむポイントをご紹介します。 お役立ち情報をチェックして観光計画の参考にしてください。 朝一でまだ混雑していないときやチケットもお得になる夕方から訪れると、比較的人が少ないのでおすすめです。 再入館も可能なので人が多い時間帯は海洋博公園内の周辺スポットに立ち寄ったり休憩したりして、空いている時間帯に水族館に戻るという方法もあります。 混雑状況は美ら海水族館ので確認することができるので、予定に余裕がある場合は事前に調べてから水族館へ向かうのも良いですね。 チケット購入方法を紹介するので、参考にしてご自身の旅行計画に合った方法をお選びください! チケット購入方法1:道の駅で購入 沖縄のいくつかの道の駅では美ら海水族館の割引チケットが販売されています。 滞在しているホテルの近くや美ら海水族館への道のりで該当の道の駅があればチェックしてみてください。 販売価格は場所によって少し変わりますが、沖縄県内で最安値で購入できるのが「 なかゆくい市場 おんなの駅」です。 ここから美ら海水族館までは高速道路で約55分、一般道路で約1時間でアクセス可能です。 販売場所 なかゆくい市場 おんなの駅 住所 沖縄県国頭郡恩名村字仲泊 1656-9 電話番号 098-964-1188 営業時間 10:00〜19:00 アクセス 那覇空港から国道58号線を通り 約60分で到着します。 ここから美ら海水族館までは 国道449号線で約40分。 「なかゆくい市場 おんなの駅」に比べて 朝早くから営業しているので朝なるべく早くチケットを購入したい場合は許田やんばる物産センターに立ち寄るか、水族館を訪れる前日にチケットを入手しておきましょう。 販売場所 道の駅 許田やんばる物産センター 住所 沖縄県名護市許田17-1 電話番号 0980-54-0880 営業時間 8:30〜19:00 アクセス 那覇空港から国道58号線を通り 約80分で到着します。 コンビニのレジで希望枚数を伝えて買うことができるので機械の操作なども必要ありません。 コンビニで購入する場合の割引料金は以下の通りです。 それぞれ別で予約するよりもお得で、チケット購入の手間も省けるので行きたい観光スポットが決まっている方はご活用ください! チケット購入方法4:入場券付ツアー 旅行会社の観光バスツアーなど現地オプショナルツアーに美ら海水族館見学が含まれている場合は、 ツアー代金にチケット料金が含まれている場合がほとんどです。 もしツアーを利用する場合は内容をよく確認して必要のないチケットを自分で購入することがないようにしましょう。 道の駅やコンビニなどで割引チケットを購入するより安く美ら海水族館を楽しむことができるのが 夕方16時〜閉館までの時間限定チケットです。 通常料金より3割引になるのでとてもお得。 この時間からでも大人気のプログラムである給餌解説や黒潮探検を楽しむことができますよ。 水族館内が混雑する日中は海洋博公園の散策を楽しんで、16時から閉館までゆっくりと水族館を満喫してはいかがでしょうか。 美ら海水族館きってのビュースポット 「海人門」から望む美しいサンセットもお見逃しなく。 水族館内にはレストランとカフェがあります。 水族館4階にあるレストラン「イノー」では、 東シナ海を一望するオーシャンビューを眺めながら楽しむビュッフェが人気です。 営業時間は以下の通り。 メニュー 期間 時間 モーニング 通年 09:00~10:30 ランチ 10~2月 11:00~15:30 3~9月 11:00~16:00 アラカルト 10~2月 15:30~17:30 3~9月 16:00~19:00 次に、 ジンベイザメやマンタが泳ぐ大水槽を眺めながら食事が楽しめるのがカフェ「オーシャンブルー」です。 ドリンクやスイーツ他、タコライスやナポリタンなどの軽食あるので、ガッツリ食べたい時にもどうぞ! お昼時は非常に混雑しているので、少し時間をずらして訪れるのがゆっくり過ごせる秘訣!営業時間は以下の通りです。。 可愛らしい海の生き物に関するグッズが目白押しです。 なかでも人気が高いのがジンベイザメのぬいぐるみ。 全国一律1200円でお土産を配送するサービスもあるので、たくさんのお土産をまとめ買いして手ぶらで帰ることもできますよ。 美ら海水族館へのアクセス方法 本島北部の本部町にある美ら海水族館へは、那覇市内から高速道路を利用した場合、 車で2時間程度でアクセスできます。 カーナビの中には「美ら海水族館」で検索できない機種もあるので、「 海洋博記念公園」や「海洋博公園」で検索してください。 もし、自家用車やレンタカーを利用しない場合も那覇から 1日約30便もの直行バスが出ているのでアクセスには困りません。 いくつかの ホテルに立ち寄りつつ水族館へ向かうバスもあるので宿泊先に合ったバスを選びましょう。 バスの種類と料金、乗車時間などは以下の例を参考にしてください。 詳しい停留所や時刻表はそれぞれの公式サイトでチェックしましょう。 那覇空港〜海洋博記念公園間バスの片道料金・乗車時間例をチェック! やんばる急行バス 費用:2000円 時間:2時間25分 エアポートシャトル 費用:2000円 時間:3時間 空港リムジン 費用:2500円 時間:2時間20分 高速バス 費用:2500円 時間:2時間15分 注意点 所要時間はあくまで目安の時間となっています。 道路交通状況により多少前後する可能性もあるので、時間にはゆとりを持って出発してくださいね。 時刻表などの詳細は各社の公式HPをご参照ください。 予約も各社HPから可能なので、特に 観光ハイシーズンは事前予約をしておくと安心です。 美ら海水族館周辺観光情報 美ら海水族館の周辺には観光客にも人気のスポットが点在しているため、1日を通してこのエリアでの観光を楽しめます。 登場するのはオキゴンドウのオキちゃんやミナミバンドウイルカたち。 イルカたちの驚くべき運動能力や知能に感心したり、お茶目な技に笑ったりとショーの内容も大充実!お子様と一緒になって楽しめるため、家族旅行にもおすすめです。 海洋博公園内には水族館以外にも「 熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」やシンボルの遠見台が目印の「 熱帯ドリームセンター」などもあり、南国ならではの花や果物など様々な植物を見学することが可能です。 他にも、「 おきなわ郷土村」で伝統家屋を見たり、三味線や伝統的な踊りを体験するイベントに参加するのもおすすめ! 暑さに疲れたときは「 海洋文化館」のプラネタリウムで休憩がてらに沖縄の星空観察を楽しむのも良いですね!園内はとても広いので休憩しつつ散策しましょう。 ビーチはY字型になっており、「遊びの浜」、「憩いの浜」「眺めの浜」の3区に分けられています。 ビーチにある売店ではパラソルや浮き輪、ライフジャケットなどのレンタルもあるので海遊びの際にご活用ください。 海に入れない時期には、海を眺めながら 遊歩道を散歩するのもおすすめです。 水族館とビーチで沖縄の海を満喫しましょう! エメラルドビーチ遊泳期間 夏期 4月1日~9月30日 8:30~19:00 通常期 10月1日~10月31日 8:30~17:30 沖縄では10月下旬まで海水浴が楽しめます。 しかし、日によっては肌寒く感じることもあるので、1枚羽織を持って行くと安心です。 美ら海水族館に行こう! 沖縄美ら海水族館についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?美ら海水族館はジンベイザメが泳ぐ大水槽をはじめ、太陽光が差し込むサンゴの水槽、深海を再現した水槽など見どころがたくさんです。 チケット購入方法やアクセス方法もいくつかあるので事前にチェックしておき、現地での時間を満喫してきてください。

次の

沖縄旅行にて質問です。3泊4日で沖縄の離島に行こうと思っています。...

海まで行こうどんな時も

この記事の目次• 美ら海水族館ってどんなところ? 「沖縄美ら海水族館」は、本島北部の本部町にある海洋公園内の大人気スポットです。 1979年の開館から新館建設などを経て、2018年10月には 入園者累計数が1億人を突破しました! 名前にある「美ら(ちゅら)」は沖縄の言葉で「美しい」「キレイ」という意味を持っています。 巨大な水槽を悠々と泳ぐジンベイザメやマンタ、魚の大群などにきっとあなた自身も目を奪われるでしょう。 大水槽以外にも 沖縄の深海を再現した「深層の海」や太陽光に照らされた様子が幻想的な「サンゴの海」など他の水族館ではなかなか見られない見どころが目白押しです。 解説プログラムや年数回の企画展示など、魅力的なコンテンツも多く、 リピーターの方が多いことにも頷けます。 20名以上の団体2割引、16時以降3割引。 HP 注意点 季節によって営業時間が異なります。 オフシーズン(10月~2月)は、閉館時間が早くなるので気を付けてくださいね! 美ら海水族館の見どころ 美ら海水族館の広い館内では「 沖縄の海との出会い」をテーマに、沖縄周辺の海の水面から水深700m付近までを再現しています。 順路に沿って海岸から沖合、黒潮、深海へと海の中を探検するように見学を楽しみましょう。 ここでは見どころをいくつかご紹介します。 順路に沿って進んで行くと、まるで本当の海の中を深く潜っていくように、順を追って魚を見ることができます。 深さによって変化していく海の様子や生き物たちをじっくりと観察しましょう。 水槽内には約140種もの熱帯魚が展示されています。 大水槽の正面には専用のシートも用意されており、ジンベイザメやナンヨウマンタたちの群泳を思う存分眺めることができますよ。 時間が合えば、ダイバーによる水中カメラを使った解説やジンベイザメの食事シーンが見られることも! 穴場スポットである「美ら海シアター」では、3種類の解説プログラムがハイビジョンの映像で楽しめます。 水槽内では、ナガタチカマスやハマダイなど 約20種の深海生物が過ごしており、訪れる人々を静かで神秘的な深海の世界へと誘ってくれるでしょう。 深海にはユニークな生き物がたくさんいます。 チカチカと光る魚や紫外線を反射して光るサンゴなど、まるで 海の中のプラネタリウムのよう。 イノーは沖縄の言葉で サンゴ礁に囲まれた浅い海のことを意味しており、ここではイノーに生息する ヒトデやナマコなど約10種の生き物に触れることができます。 見た目通りの触り心地であったり、意外にザラザラとしていたりと新しい発見をお楽しみください!ほとんど動いていない生き物もいますが、生きていますので驚かさないよう 優しく触るようにしましょう。 展示されているサンゴの多くは 10年以上もの歳月をかけて大切に育てられてきたものです。 様々な色や形のサンゴとサンゴの周辺を泳ぐカラフルな魚たちを見ているとその美しさに魅了され、癒されることでしょう。 美ら海水族館を更に楽しむポイント せっかく美ら海水族館を訪れるなら、目一杯楽しみたいですよね!ここでは美ら海水族館をより効率よくお得に楽しむポイントをご紹介します。 お役立ち情報をチェックして観光計画の参考にしてください。 朝一でまだ混雑していないときやチケットもお得になる夕方から訪れると、比較的人が少ないのでおすすめです。 再入館も可能なので人が多い時間帯は海洋博公園内の周辺スポットに立ち寄ったり休憩したりして、空いている時間帯に水族館に戻るという方法もあります。 混雑状況は美ら海水族館ので確認することができるので、予定に余裕がある場合は事前に調べてから水族館へ向かうのも良いですね。 チケット購入方法を紹介するので、参考にしてご自身の旅行計画に合った方法をお選びください! チケット購入方法1:道の駅で購入 沖縄のいくつかの道の駅では美ら海水族館の割引チケットが販売されています。 滞在しているホテルの近くや美ら海水族館への道のりで該当の道の駅があればチェックしてみてください。 販売価格は場所によって少し変わりますが、沖縄県内で最安値で購入できるのが「 なかゆくい市場 おんなの駅」です。 ここから美ら海水族館までは高速道路で約55分、一般道路で約1時間でアクセス可能です。 販売場所 なかゆくい市場 おんなの駅 住所 沖縄県国頭郡恩名村字仲泊 1656-9 電話番号 098-964-1188 営業時間 10:00〜19:00 アクセス 那覇空港から国道58号線を通り 約60分で到着します。 ここから美ら海水族館までは 国道449号線で約40分。 「なかゆくい市場 おんなの駅」に比べて 朝早くから営業しているので朝なるべく早くチケットを購入したい場合は許田やんばる物産センターに立ち寄るか、水族館を訪れる前日にチケットを入手しておきましょう。 販売場所 道の駅 許田やんばる物産センター 住所 沖縄県名護市許田17-1 電話番号 0980-54-0880 営業時間 8:30〜19:00 アクセス 那覇空港から国道58号線を通り 約80分で到着します。 コンビニのレジで希望枚数を伝えて買うことができるので機械の操作なども必要ありません。 コンビニで購入する場合の割引料金は以下の通りです。 それぞれ別で予約するよりもお得で、チケット購入の手間も省けるので行きたい観光スポットが決まっている方はご活用ください! チケット購入方法4:入場券付ツアー 旅行会社の観光バスツアーなど現地オプショナルツアーに美ら海水族館見学が含まれている場合は、 ツアー代金にチケット料金が含まれている場合がほとんどです。 もしツアーを利用する場合は内容をよく確認して必要のないチケットを自分で購入することがないようにしましょう。 道の駅やコンビニなどで割引チケットを購入するより安く美ら海水族館を楽しむことができるのが 夕方16時〜閉館までの時間限定チケットです。 通常料金より3割引になるのでとてもお得。 この時間からでも大人気のプログラムである給餌解説や黒潮探検を楽しむことができますよ。 水族館内が混雑する日中は海洋博公園の散策を楽しんで、16時から閉館までゆっくりと水族館を満喫してはいかがでしょうか。 美ら海水族館きってのビュースポット 「海人門」から望む美しいサンセットもお見逃しなく。 水族館内にはレストランとカフェがあります。 水族館4階にあるレストラン「イノー」では、 東シナ海を一望するオーシャンビューを眺めながら楽しむビュッフェが人気です。 営業時間は以下の通り。 メニュー 期間 時間 モーニング 通年 09:00~10:30 ランチ 10~2月 11:00~15:30 3~9月 11:00~16:00 アラカルト 10~2月 15:30~17:30 3~9月 16:00~19:00 次に、 ジンベイザメやマンタが泳ぐ大水槽を眺めながら食事が楽しめるのがカフェ「オーシャンブルー」です。 ドリンクやスイーツ他、タコライスやナポリタンなどの軽食あるので、ガッツリ食べたい時にもどうぞ! お昼時は非常に混雑しているので、少し時間をずらして訪れるのがゆっくり過ごせる秘訣!営業時間は以下の通りです。。 可愛らしい海の生き物に関するグッズが目白押しです。 なかでも人気が高いのがジンベイザメのぬいぐるみ。 全国一律1200円でお土産を配送するサービスもあるので、たくさんのお土産をまとめ買いして手ぶらで帰ることもできますよ。 美ら海水族館へのアクセス方法 本島北部の本部町にある美ら海水族館へは、那覇市内から高速道路を利用した場合、 車で2時間程度でアクセスできます。 カーナビの中には「美ら海水族館」で検索できない機種もあるので、「 海洋博記念公園」や「海洋博公園」で検索してください。 もし、自家用車やレンタカーを利用しない場合も那覇から 1日約30便もの直行バスが出ているのでアクセスには困りません。 いくつかの ホテルに立ち寄りつつ水族館へ向かうバスもあるので宿泊先に合ったバスを選びましょう。 バスの種類と料金、乗車時間などは以下の例を参考にしてください。 詳しい停留所や時刻表はそれぞれの公式サイトでチェックしましょう。 那覇空港〜海洋博記念公園間バスの片道料金・乗車時間例をチェック! やんばる急行バス 費用:2000円 時間:2時間25分 エアポートシャトル 費用:2000円 時間:3時間 空港リムジン 費用:2500円 時間:2時間20分 高速バス 費用:2500円 時間:2時間15分 注意点 所要時間はあくまで目安の時間となっています。 道路交通状況により多少前後する可能性もあるので、時間にはゆとりを持って出発してくださいね。 時刻表などの詳細は各社の公式HPをご参照ください。 予約も各社HPから可能なので、特に 観光ハイシーズンは事前予約をしておくと安心です。 美ら海水族館周辺観光情報 美ら海水族館の周辺には観光客にも人気のスポットが点在しているため、1日を通してこのエリアでの観光を楽しめます。 登場するのはオキゴンドウのオキちゃんやミナミバンドウイルカたち。 イルカたちの驚くべき運動能力や知能に感心したり、お茶目な技に笑ったりとショーの内容も大充実!お子様と一緒になって楽しめるため、家族旅行にもおすすめです。 海洋博公園内には水族館以外にも「 熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」やシンボルの遠見台が目印の「 熱帯ドリームセンター」などもあり、南国ならではの花や果物など様々な植物を見学することが可能です。 他にも、「 おきなわ郷土村」で伝統家屋を見たり、三味線や伝統的な踊りを体験するイベントに参加するのもおすすめ! 暑さに疲れたときは「 海洋文化館」のプラネタリウムで休憩がてらに沖縄の星空観察を楽しむのも良いですね!園内はとても広いので休憩しつつ散策しましょう。 ビーチはY字型になっており、「遊びの浜」、「憩いの浜」「眺めの浜」の3区に分けられています。 ビーチにある売店ではパラソルや浮き輪、ライフジャケットなどのレンタルもあるので海遊びの際にご活用ください。 海に入れない時期には、海を眺めながら 遊歩道を散歩するのもおすすめです。 水族館とビーチで沖縄の海を満喫しましょう! エメラルドビーチ遊泳期間 夏期 4月1日~9月30日 8:30~19:00 通常期 10月1日~10月31日 8:30~17:30 沖縄では10月下旬まで海水浴が楽しめます。 しかし、日によっては肌寒く感じることもあるので、1枚羽織を持って行くと安心です。 美ら海水族館に行こう! 沖縄美ら海水族館についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?美ら海水族館はジンベイザメが泳ぐ大水槽をはじめ、太陽光が差し込むサンゴの水槽、深海を再現した水槽など見どころがたくさんです。 チケット購入方法やアクセス方法もいくつかあるので事前にチェックしておき、現地での時間を満喫してきてください。

次の