外字 エディター。 Windows7:外字を他のパソコンで表示するには(外字の移行・コピー) −教えて!HELPDESK

Windows10 外字エディタの起動方法、使い方

外字 エディター

Windows7:外字を他のパソコンで表示するには (外字の移行・コピー) 「作成した外字を他のPCで表示したい」場合の方法です。 状況によって2通りの方法があります。 tte)を上書きしてもいい 外字ファイルをFONTSフォルダにEUDC. tteというファイル名で保存する(既にEudc. 外字エディタを起動し「コードの選択」ダイアログは「キャンセル」で閉じる• tte、及びeudc. eufです。 これをコピーする方法は下記の通りです。 フォルダが開いたらEudc. tte、Eudc. 受領した外字ファイルの名前をEUDC. tte、EUDC. eufにする• euf)を任意の場所に保存• 外字エディタを起動し「コードの選択」ダイアログは「キャンセル」で閉じる• Wordなどのアプリケーションを起動し、「 がいじ」と入力し 【確定せずに】 「F5キー」を押します• IMEパッド(文字一覧)から目的の外字をクリックして挿入します。 (文字カテゴリは シフトJIS-「外字」).

次の

外字エディタ

外字 エディター

「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。 「名前」ボックスに「eudcedit」と入力し、「OK」をクリックします。 「外字エディター」の「コードの選択」が表示されます。 空白の箇所をクリックし、「OK」をクリックします。 メニューバーの「ウィンドウ」をクリックし、表示された一覧から「参照」をクリックします。 「参照」が表示されます。 「フォント名」をクリックします。 「フォント」が表示されます。 「フォント名」「スタイル」ボックスから目的のデザインをクリックし、「OK」をクリックします。 ここでは例として、「MS UI Gothic」「標準」をクリックします。 「参照」画面に戻るので、スクロールバーを動かして使用したい記号や文字をクリックし、「OK」をクリックします。 ここでは例として、左側の部首(さんずいの部分)のみ使用します。 画面右側の「参照」欄に漢字が表示されます。 「編集」欄に使用したい記号や文字の箇所がコピーされます。 画面左側の「ツールパレット」を使用し、記号や文字を作成します。 ここでは例として、「 」アイコンを使用して、文字を記入します。 作成した外字を入力するアプリを表示します。 ここでは例として、メモ帳を使用します。 タスクバーのIMEアイコン(「A」または「あ」)を右クリックし、表示された一覧から「IMEパッド」をクリックします。 「IMEパッド」が表示されます。 画面左側の「 」(文字一覧)をクリックします。 「文字カテゴリ」ボックスから「シフトJIS」をクリックします。 「シフトJIS」の「外字」をクリックし、作成した文字をクリックして「Enter」をクリックします。 以上で操作完了です。 メモ帳に作成した外字が入力されたことを確認してください。

次の

外字エディタで外字を作ろう [Windowsの使い方] All About

外字 エディター

「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。 「名前」ボックスに「eudcedit」と入力し、「OK」をクリックします。 「外字エディター」の「コードの選択」が表示されます。 空白の箇所をクリックし、「OK」をクリックします。 メニューバーの「ウィンドウ」をクリックし、表示された一覧から「参照」をクリックします。 「参照」が表示されます。 「フォント名」をクリックします。 「フォント」が表示されます。 「フォント名」「スタイル」ボックスから目的のデザインをクリックし、「OK」をクリックします。 ここでは例として、「MS UI Gothic」「標準」をクリックします。 「参照」画面に戻るので、スクロールバーを動かして使用したい記号や文字をクリックし、「OK」をクリックします。 ここでは例として、左側の部首(さんずいの部分)のみ使用します。 画面右側の「参照」欄に漢字が表示されます。 「編集」欄に使用したい記号や文字の箇所がコピーされます。 画面左側の「ツールパレット」を使用し、記号や文字を作成します。 ここでは例として、「 」アイコンを使用して、文字を記入します。 作成した外字を入力するアプリを表示します。 ここでは例として、メモ帳を使用します。 タスクバーのIMEアイコン(「A」または「あ」)を右クリックし、表示された一覧から「IMEパッド」をクリックします。 「IMEパッド」が表示されます。 画面左側の「 」(文字一覧)をクリックします。 「文字カテゴリ」ボックスから「シフトJIS」をクリックします。 「シフトJIS」の「外字」をクリックし、作成した文字をクリックして「Enter」をクリックします。 以上で操作完了です。 メモ帳に作成した外字が入力されたことを確認してください。

次の