マイコプラズマ 肺炎 子供。 マイコプラズマ感染症・肺炎|診察室でよくみる子どもの病気

マイコプラズマ肺炎、保育園の登園はいつから?何日休む?|医師監修

マイコプラズマ 肺炎 子供

マイコプラズマ肺炎の子供の症状って…。 かつては、 オリンピック病と言われて、 4年ごとに流行していたマイコプラズマ肺炎ですが、 最近では、毎年流行するようになりました。 その影響もあって、 マイコプラズマ肺炎って言葉を、 良く聞くようになりました。 マイコプラズマ肺炎が、流行している時に、 子供が、咳をしだしたり熱を出すと、 『まさか、うちの子もマイコプラズマ肺炎?』 と 心配になる人は、多いようです。 そこで、• マイコプラズマ肺炎の一般的な症状• 子供がなった時の症状の特徴 を、詳しくご紹介します。 『子供が、マイコプラズマ肺炎っぽいけど、本当はどうなの?』 と、気になっているあなたの為に、一般的な症状以外にも、 最近増えている症状もご紹介します。 この記事の中で、気になる症状があれば、 マイコプラズマ肺炎の可能性があるので、 すぐに病院に行ってくださいね! 一般的なマイコプラズマ肺炎の症状とは? 子供の病気として、有名なマイコプラズマ肺炎ですが、 実は、 誰にでも感染する病気です。 一般的には 5歳から30歳くらいまでが、 よくかかり、 特に5~9歳あたりの子供が、 最も多いと言われています。 全体の95%が発熱して、 100%の人が咳を出します。 人によっては、消化器などに、マイコプラズマウイルスが、 感染して、 嘔吐・のどの痛み・下痢などの症状がでますが、 全体的に見ると、わすかな数です。 マイコプラズマ肺炎の症状の特徴は、 まずは、 発熱や頭痛が2、3日続きます。 1、2日遅れて咳が出だして、最初は軽いものですが、 だんだんとひどくなっていきます。 特に、 夜中から明けがたにかけて、 ひどく咳がでるのが特徴です。 咳がひどくなるにつれて、 痰 たん が出るようになり、 ひどい時には、痰に血が混ざる事もあります。 熱や頭痛などは、7~10日前後で治まりますが、 咳だけはひどくなっていきます。 2週間目に一番ひどくなり、1ヶ月以上続くことも、 珍しくありません。 症状が似ているので、診断してもらうと、 風邪と言われる事が多いようです。 では、子供がマイコプラズマ肺炎にかかった時の、 症状は 大人とは違いがあるのでしょうか? スポンサーリンク 子供がかかった時の症状とは? マイコプラズマ肺炎は、肺炎の中でも、 もっとも症状が軽いので、 見た目は、元気な子供が多いです。 なので、子供がマイコプラズマ肺炎にかかっても、 実は、 気付かいない内に治っているケースも、 多いと言われています。 友達の子供が、元気で普段と変わらないけど、 咳が長引いていたので、病院に連れて行ったらしいです。 そこで、レントゲンを撮って診察してもらうと、 なんと、 マイコプラズマ肺炎にかかっていたそうです。 咳や熱以外に、 吐き気・嘔吐・下痢などの、 症状が出る子供がいたり、 中には、耳の異常を訴える子供もいて、 中耳炎や鼓膜炎などを起こす場合もあります。 また、マイコプラズマ肺炎にかかった子供が、 ごく稀に、 喘息になる事もあり、 喘息にならなかっても、かぜをひくと、 咳が長引くようになる子供もいるようです。 全ての子供ではないですが、 マイコプラズマ肺炎にかかると、 口が臭くなる子供もいます。 咳が長引いて、口がいつもよりも、 臭い場合は疑ってみてください。 以前は、呼吸器が中心だった症状も、 呼吸器と消化器や、 消化器だけなどに、 出方も変化しています。 症状も、発熱と咳が主体でしたが、 最近は、 熱が全くでないで、咳だけが、 しつこくでる子供も増えています。 熱は無くても、頑固でしつこく咳が続く場合は、 マイコプラズマ肺炎の可能性があります。 子供の長引く咳は、 異常のサインかも知れません! マイコプラズマ肺炎は、治療薬にも特徴があり、 マクロライド系の抗生物質が効果的です。 逆の言い方をすると、マクロライド系以外の抗生物質では、 あまり効果がありません。 しかし、最近のマイコプラズマには、 薬に耐性をもつものまで、出てきているようで、 薬の選択は難しくなっています。 まとめ マイコプラズマ肺炎は、症状が軽いのに、 レントゲンには、 はっきりと写ります。 ただの風邪だと自分で判断して、 適切な抗生物質以外を、飲んでも効かなくて、 重症化してしまう場合もあるのです。 マイコプラズマ肺炎に似てる症状があれば、 すぐに病院に行ってください。 他の肺炎の症状についてはこちらで紹介しています。 一日も早く咳が治まって、 元気になるといいですね!.

次の

子供の肺炎で現れる症状は?治療法や入院期間、入院の基準は?

マイコプラズマ 肺炎 子供

マイコプラズマ肺炎とは? マイコプラズマ肺炎とは、マイコプラズマ・ニューモニエという細菌によって引き起こされる肺炎のことを指します。 気管支や喉などに感染して炎症を起こします。 特に6~12歳くらいの子供に多く見られるようです。 マイコプラズマの症状 マイコプラズマ肺炎は、「通院や薬での外来処置で対処できる肺炎」と言われています。 しかし、 風邪と見分けるのが難しいため、重症化するケースも珍しくありません。 では、どのような症状に注意して対処すればいいのでしょうか? 子供のマイコプラズマ肺炎で見られる症状をまとめてみました。 1:発熱・頭痛や倦怠感 マイコプラズマ肺炎は、初期症状として、 38度台の発熱、頭痛や 倦怠感などの症状が現れます。 しかし、マイコプラズマ肺炎の症状には個人差があり、高熱が出る子供もいれば、 ほとんど熱なしの代わりに頭痛や倦怠感を訴える子供もいます。 娘の場合の初期症状も38度くらいの熱が続いていました。 また、かなり倦怠感もあるようで、 だるい と言っていました。 2:咳や痰が出る マイコプラズマ肺炎は発熱や頭痛の後、咳の症状が現れます。 初めは乾いた 「コンコンコン」という咳が出ます。 あまりひどい咳の場合は胸の痛みを訴えることもあります。 熱が下がっても3~4週間くらい咳が続くことが多く、特に小学生以上の場合は、 後半には乾いた咳から湿った「ゴホンゴホン」という 痰が絡んだ咳に変わることが多いです。 高校生の息子は先月マイコプラズマ肺炎になってしまったのですが、 病院で風邪薬をもらって飲んでいても咳が続いていたので、 再度病院に行き、 マイコプラズマの検査をしてもらうようにお願いしたのですが、 「検査の段階ではない」と言われてしまい、 別の病院を受診、 検査をして頂き、 マイコプラズマ肺炎と診断されました。 マイコプラズマ肺炎の特効薬と言われている クラリスロマイシンを処方して頂き、 3~4日で咳はすっかり出なくなりました。 早期診断・早期治療が重要なマイコプラズマ肺炎であってもこんな診断をする 医師もいます。 もし、診断を鵜呑みにして、そのまま出された風邪薬を飲んでいたら、 悪化する一方だったと思います。 3:嘔吐や下痢、のどの痛み マイコプラズマ肺炎の症状は、子どもの場合、 マイコプラズマ肺炎の病原体「マイコプラズマニューモニエ」が 消化器官や呼吸器官に侵入することで、 嘔吐や下痢、のどの痛み、 声かれなどの症状が現れることがあります。 4:耳や胸を痛がる マイコプラズマ肺炎は咳がひどくなってくると胸を痛がるようになります。 娘も発症から二週間くらいで胸が痛いと言っていました。 また、大人の場合咳を何度もしたことで 肋骨にヒビが入ってしまった知り合いもいました。 更に、耳を痛がることがあるようです。 その場合は合併症として中耳炎になっている恐れもありますので、病院で受診してください。 マイコプラズマ肺炎に特効薬が効かない? マイコプラズマ肺炎にかかると特効薬として クラリスロマイシンを処方されました。 しかし、小児科医の話によるとここ数年でこの クラリスロマイシンが効かない マイコプラズマ肺炎が 多く見られるようになったとのことです。 この抗生物質に耐性を持つ「耐性菌」マイコプラズマに娘はかかってしまいました。 クラリスロマイシンを飲んでも変化は見られず、 オゼックス錠150を処方されます。 オゼックス錠150は細菌のDNA複製を阻害することにより殺菌的に作用するニューキノロン系抗菌剤です。 通常、呼吸器感染症、尿路感染症、耳鼻科領域感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられるようです。 それでも効かず、 塩酸ミノサイクリン錠50 を処方されます。 塩酸ミノサイクリン錠50はテトラサイクリン系の抗生物質で、細菌の蛋白質の合成を阻害することにより、静菌的な抗菌作用を示します。 通常、皮膚感染症、呼吸器感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられるようです。 それでも効かずに プレドニン錠5mg を処方されます。 プレドニン錠5mgは合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫抑制作用のほか、広範囲にわたる代謝作用を示します。 通常、内科・小児科、外科など各科のさまざまな病気の治療に用いられるようです。 これが最後だと小児科医はおっしゃっていたのですが、 この薬が効いてようやく娘の熱は下がりました。 最後の数日は 39度台の熱が続いて本当に心配しました。 マイコプラズマ感染症の合併症 マイコプラズマ感染症を放置しておくと、下記のような合併症を発症する恐れがあるようです。 喘息様気管支炎• 消化器症状(下痢・嘔吐・食欲不振)• 中耳炎(熱性けいれん)• 関節炎 他にも無菌性髄膜炎や、脳炎、肝炎、膵炎などの重篤な病気を引き起こす可能性もあります。 喘息を患ってるお子さんは要注意! マイコプラズマの病原体が気管支を刺激したりすることによって、 喘息発作を起こす引き金になってしまいます。 息子も喘息なのですが、喘息を患っていると マイコプラズマ肺炎にかかりやすいような気がします。 さらに、喘息を患っている子が服薬している「テオフィリン」「テオドール」「テオロング」「アミノフィリン」などの 気管支拡張薬は、マイコプラズマ肺炎に効果のある抗生薬と 相互作用を持つようなので、医師にお薬手帳を見せて、現在服用している薬を伝えてくださいね。 その点、かかりつけの病院だとカルテに書いてあるので、安心ですね。 マイコプラズマ肺炎は出席停止扱いになる? マイコプラズマ肺炎はインフルエンザのように必ず出席停止扱いにしてもらえる病気ではありません。 しかし、娘の場合小学校に確認したところ、第三種の「条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる感染症」に当たり、校内で数名 マイコプラズマ肺炎にかかっていた生徒がいたため、 出席停止扱いにしてもらうことができました。 なので、 担任の先生に相談してみることをお勧めします。 入院について 重症化してしまった場合、入院をすることになるかもしれません。 脱水症状を起こしている場合や、咳がひどくて睡眠や食事が充分に取れない場合などは、入院が必要と判断されます。 娘が通っている小児科は総合病院だったので入院もできたのですが、そのようなお話にはなりませんでした。 しかし、 17日もかかってしまったので、入院して早く治すことができたのならその方が良かったのかな?とも思います。 しかし、もっと大きな病院は大学病院しかなく、そこで診察してもらうには紹介状が必要になります。 かかりつけ医に紹介状を書いてほしいとも言えないので、なかなか判断が難しいところでした。 入院期間は、症状の重軽度によってさまざまなようですが、最低でも3日から1週間となり、 合併症を起こしている場合は、 1ヶ月以上の入院が必要なこともあるようです。 昨年娘がマイコプラズマ肺炎を発症してしまった時はこんなに長くかかるものなのか? もしかして、他の病気にもかかっているのではないだろうか?など不安でいっぱいでした。 熱が出てすぐ病院に行ったのですが、担当医は最初の受診で マイコプラズマ肺炎を疑い、検査をし、マイコプラズマ肺炎と診断をしてくれています。 また、マイコプラズマの特効薬とも言われる クラリスロマイシンを処方し、 3日経っても回復の兆しがなければ再度受診するように説明をしてくれています。 そして、全く良くならないので、3日後に受診し、 オゼックス錠150を処方されることとなります。 優秀な医師で信頼していますので、説明の通りにしました。 それでも回復まで 17日かかってしまいました。 もしかしたら、あなたのお子さんも今、マイコプラズマ肺炎と診断されているでしょうか? マイコプラズマ肺炎は回復するまでかなり時間がかかってしまうケースもあることをお伝えし、すこしでもあなたのお役に立てたら嬉しいです。 更に注意点はようやく回復して学校に行ったら体力が落ちていたせいか、 胃腸炎 にかかってしまい、更にお休みすることになってしまったことです。 回復後は注意が必要です。 追記 この記事を書いてから二年七か月が経ちました。 あれから呼吸器内科の専門医を紹介してもらい、しばらく吸入だけで治療をしていたのですが、ある日「ゾレア」という注射治療を勧められました。 アレルギーに対して効果のある注射で、副作用はないのですが、打つ時に結構痛いようです。 また、今は丸福を使用しているので、いつもと変わらない金額ですが、通常は月9万円かかるお薬だそうです。 二年間くらい打ち続ければ止めても大丈夫とのことなので、今は月に一回2本の「ゾレア」を打ってもらっています。 2019年の9月から始めたのですが、一週間で効果が出始め、それから娘は学校を休むことがなくなりました。 全ての方にこの方法が当てはまるわけではないので、参考までにお読みください。 最後までお読み頂き、ありがとうございました!.

次の

マイコプラズマ肺炎(小児)患者の看護(症状・看護計画・注意点)について

マイコプラズマ 肺炎 子供

補足説明! 湿性咳嗽に変化してくると、痰や鼻水の量も増加してさらに呼吸苦なども見られるようになります。 上記症状に対し、早期対応をしていかないと様々な合併症を引き起こす可能性があります。 2.看護師が注意しなければならない症状 マイコプラズマでは、肺炎だけでなくさまざまな合併症が起こります。 これらを早期に発見し対応することが重篤化を予防する近道となります。 以下の症状には特に注意が必要です。 (1)意識障害の有無 熱があってぼーっとすることはありますが、いつもより反応が鈍かったり、意識が遠のいてしまったりと明らかにいつもと違う状態の場合、「脳炎や脳症」を起こしている可能性があります。 ひどくなると、けいれんを起こしたりすることもあるので、 注意して観察し対応していかなければなりません。 補足説明! マイコプラズマは無菌性髄膜炎を引き起こす病原体の1つと言われており、発熱だけでなく、頭痛や嘔吐も見られる場合この症状を疑う必要があります。 (2)黄疸 「なんか、いつもより体が黄色い感じがする。 」と患者や家族からの訴えがあったりした場合は肝機能異常がみられることがあります。 採血データなどを確認し、速やかに医師に報告しましょう。 (3)発赤疹、蕁麻疹 マイコプラズマのアレルギー反応として、皮膚の症状として発赤疹や蕁麻疹が出現することがあります。 中でも、 多型滲出性紅斑といい丸く盛り上がった発赤疹が手足に見られることが特徴です。 このような症状が出現した場合は、まずは主治医に相談し、皮膚科にコンタクトを取るなどの対応が取られます。 治療として、適切な軟膏や重症の場合、ステロイドの投与を行うことがあります。 看護として、掻痒感や疼痛の看護もしっかり行うようにしていきましょう。 耳の痛み、耳垂れがあったら中耳炎の可能性もある マイコプラズマが気道を通り、中耳に侵入することで中耳炎を発症します。 耳の痛みや耳垂れの出現があった場合、中耳炎の可能性が高いため、すぐ主治医に相談し、耳鼻科へのコンタクトを依頼します。 中耳炎では、耳垂れによる清潔保持の不良や聞こえにくさなどの症状も出現します。 必要に応じて清拭や更衣、シーツ交換などの環境整備や聞こえの状況の確認をしていきます。 3.マイコプラズマ肺炎(小児)の看護計画 それでは、マイコプラズマ肺炎に罹患し、入院になってしまった患者(患児)の看護計画について考えていきましょう。 1呼吸困難 看護目標 ・肺でのガス交換が良好に保てる ・効果的な呼吸法ができる OP (観察項目) ・バイタルサイン ・呼吸状況(咳嗽、痰の有無・量、呼吸苦の有無) ・検査データ ・活動状況、意欲の状態 ・睡眠状況(時間・途中覚醒の有無・深さ) ・患者(患児)の表情、訴え ・家族の表情、訴え TP (ケア項目) ・病室の環境整備を行う (適切な温度・湿度を保つ) ・安楽な体位の工夫 (体位変換やベッドギャッジアップなど) ・状態の変化があった際はすみやかに医師に報告をする ・必要に応じて吸入・吸引の実施 ・医師の指示の元酸素投与の実施 ・医師の指示の元、薬剤の確実な投与を行う (去痰剤、気管支拡張剤、抗生剤、ステロイドなど) EP (教育・指導項目) ・呼吸法や咳嗽時の対応について一緒に行いながら指導する ・喀痰の必要性や方法について説明する ・呼吸苦が出現した場合は我慢しないように説明する ・各処置実施については、必要性を説明する ・(成人の場合)禁煙について指導する ・家族も不安なことや心配なことがあれば相談するように説明する 2不安 看護目標 ・不安なことを表出することができる ・心身ともに穏やかに過ごすことができる OP (観察項目) ・バイタルサイン ・呼吸状況 (咳嗽、痰の有無・量、呼吸苦の有無) ・活動状況、意欲の状態 ・睡眠状況 ・患者の表情、訴え、行動 ・家族の表情、訴え ・病状に対する知識の程度 TP (ケア項目) ・呼吸症状に対する対応を行う( 1参照) ・患者(患児)や家族の不安に思っている気持ちや訴えに傾聴する ・気分転換をはかる ・環境整備を行なう ・検査や処置は良く説明をし、手際よく行うよう努める ・今後の見通しについて、必要に応じ医師より説明を行う ・(小児の場合)面会時間の工夫 EP (教育・指導項目) ・不安に思ってることがあればすぐに伝えるよう説明する ・医師の説明や検査などわからないところがあればすぐに聞くよう説明する ・(小児の場合)できるだけ家族につきそってもらう 3治療・管理 看護目標 ・適切に治療を受けることができる ・感染に対する予防に取り組むことができる ・管理行動を継続していくことができる OP (観察項目) ・疾患や病状、治療に対する知識の程度 ・患者(患児)の生活状況、環境 ・日常生活の状況(1日の行動パターン) ・患者(患児)の身体状況(年齢、ADL、栄養状況など) ・治療に対する協力度 ・適切な内服投与の有無 ・家族の理解度の程度 TP (ケア項目) ・正確な与薬を行う (服薬方法の工夫:スポイトの使用、ペースト状にするなど) ・食事、水分摂取などできるだけ多く取り入れる (患児の場合、家族の介助にて) ・環境整備を行う (特に換気など) ・清潔を保つ (保清、更衣、手洗い、口腔ケアなど) ・感染経路の遮断に努める (スタンダードプリコーションの実践、面会の制限など) ・必要に応じて家族の協力を依頼する EP (教育・指導項目) ・服薬投与の必要性を説明する ・患者(患児)のペースに合わせる ・感染防御力を高めるために必要な、食事や睡眠をしっかりとるよう説明する ・保清や環境整備の必要性を説明する ・疾患や治療に対する知識を深めるためにパンフレットなどを用いて説明する ・感染予防の必要性を説明する (隔離対応や面会時のマスクやガウンなどの着用、手洗い・手指消毒の徹底) 4.マイコプラズマ肺炎(小児)の看護の注意点 小児のマイコプラズマ肺炎を看護する場合の注意点を3つご紹介します。 (1)元々喘息持ちの場合は重篤化しやすいことを理解する マイコプラズマ肺炎の特徴で咳嗽が長期に渡り続くことが多く、元々喘息持ちの患者は特に注意が必要です。 マイコプラズマ肺炎による 咳嗽のひどさから喘息を誘発することもあり、重篤化しやすい傾向にあるからです。 そうなると、マイコプラズマ肺炎の治療だけでなく、喘息の治療も合わせて行うことになるため入院が長期化する可能性があります。 免疫機能の弱い小児は、対応が遅れることで容易に重篤化することがありますので注意が必要です。 (3)患児にストレスの与えないような工夫を家族とも一緒に考える 小児の場合、普段家族といることが多い環境にいますが、入院という状況になることで、家族と離れなくてはならなくなります。 この状況になると、子供は不安になり、泣き出したり、効果的な治療ができなくなることがあります。 このような状態になった場合は、 年齢に合わせた対応をすることが大切です。 0~3歳位の子供には、抱っこやおんぶ、そばにいるなどの対応をしたりします。 3歳以上の子供の場合は、傾聴や気分転換(音楽、絵本、おもちゃなどの提供など)を行うとよいでしょう。 面会時間の工夫や必要性の説明も大事 その他、家族(親)との協力も必須で、できるだけ面会に来てもらったり、面会時間の工夫、治療の必要性を一緒に患児に説明するなど行っていきます。 できるだけ、患児にストレスの与えないような工夫を家族とも一緒に考えていきましょう。 まとめ 関連記事• 小児の看護において、家族への対応は必ず付いて回るものであり、最も重要なことの一つと言えます。 現在、小児科の入院患者の半数は喘息による呼吸症状の急性悪化によるものになっているのが実情です。 「症候群」とは、いくつかの症状が重なって起こるけれど、はっきりとした原因がわからないものを言いま... 子どもは危険予測をすることが難しく、また、視野が狭い(大人=水平方向150度・垂直方向120度、... 川崎病の代表的な症状は、急性期では、5日以上続く発熱、全身の不定形発疹、眼充血、口唇紅潮、苺舌、... 小児1型糖尿病とは、インスリン分泌の機能低下により体外からインスリンを投与されなければ生命を維持...

次の