ドメスト トイレ 掃除。 ドメストの排水溝のつまりへの使い方とトイレ詰まりの対策について

コストコで安く買える掃除用洗剤7選 どれだけお得か徹底調査!

ドメスト トイレ 掃除

主婦のお掃除の強い味方と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか? 最近はクエン酸や重曹などを使った、洗剤を使わない優しいお掃除の方法を紹介するメディアも多いですよね。 しかーし! やっぱりトイレ掃除と言えばドメスト、そしてサンポールではないでしょうか。 環境にも体にも優しいお掃除がしたいですが、しつこい汚れやどうしても落ちない汚れには、「最後の神頼み」のように登場するこの2つ。 成分や特徴を知ると今まで以上に効果的に汚れを落とすことができますよ。 というワケで、今回は「ドメストとサンポール、その違いや特徴、混ぜてOKなのかどうか」を説明していきます。 家事にお困りの主婦(もちろん主婦以外の人も)の皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。 サンポールはこのCMでも言われているように酸がきいてる「 塩酸を含む酸性の洗剤」です。 このようにドメストとサンポールは「アルカリ性の洗剤」と「酸性の洗剤」なので、一括りに洗剤と言っても全く性質が異なるのです。 ドメストとサンポールはどっちが効果的? ではどちらがより多くの汚れを落とす、優秀な洗剤なのでしょうか。 その答えは…どちらとも言えません!! なぜならば全く違うものだから!!! そう、ドメストとサンポールは性質が全く違うのです。 つまり、 それぞれが得意とする汚れが全く違うので、単純に比較するなんてことはできないのです。 ではそれぞれどんな汚れにその素晴らしい力を発揮するのでしょうか。 ドメストがより効果を発揮する汚れは? まずはじめにドメストです。 ドメストの主成分は先ほども言った通り次亜塩素酸です。 次亜塩素酸は、汚れを分解するのと同時に強力な殺菌作用があります。 また、臭いの素となる有機成分を分解するのでにおいを防ぐ効果があります。 つまり「 汚れやぬめりをしっかり落として、徹底的に除菌、防臭効果もばっちり!」という製品です。 特に黒カビに対しての効果は絶大。 便器のような傾斜ばかりのものでも、ドメストのしっかりした粘度で汚れにくっつき、さっとカビを落としてくれます。 ただし「この汚れはドメストじゃないと落とせない!」という汚れはありません。 サンポールが効果を発揮する汚れは? 対するサンポールはどうでしょうか。 サンポールは9. この酸が「 黄ばみや尿石、水垢といったアルカリ性の汚れを分解」して落とします。 サンポールに含まれているマイナスイオンとの相乗効果でその効き目は他の製品の比ではありません。 サンポールといえばその色も特徴の1つと言えます。 濃い緑色をしているので、どこにかけたか一目瞭然。 分かりやすいのもいいですよね。 ただ、気を付けないといけないのは、 サンポールをかけて長時間放置すると便器にサンポールの色が移ってしまうということです。 長時間そのままにすると、独特のにおいも強めなので辛い人もいるかもしれません。 使うときにはしっかりと換気をして下さいね。 それでもやっぱりサンポールはトイレ掃除の強い味方。 類似製品が少ないのもサンポールが重宝されている理由の1つかもしれません。 同じトイレの汚れでも、標的としている汚れの種類が違うので、一言にどちらが優秀で効果的かとは言えないんですね~。 ストーーーーープ! ダメ、絶対!! ドメストはアルカリ性、サンポールは酸性でしたよね。 アルカリと酸を混ぜる。 これはとんでもない化学変化を起こします。 洗剤のボトルにはよくでかでかと 「 混 ぜ る な 危 険 」 と表示してありますよね。 これです。 この組み合わせのことを指して注意喚起しているのです。 混ぜると有毒ガスが発生する!? アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤を混ぜることで、有害な塩素ガスが発生します。 塩素ガスとは、刺激臭のある黄緑色のガスで、強い毒性を持っています。 強い酸腐食作用があるので、軽度の場合で「目、鼻、のどの灼熱感、咳、胸部圧迫感」が現れます。 重症化すると「呼吸困難や肺水腫を起こし、高濃度の塩素ガスにさらされると死に至る」こともあります。 一般的な家庭用の洗剤が凶器になるなんてなんて恐ろしい。 注意しないといけないですね。 ドメストとサンポールを使い分ける時のコツは? 「洗剤を混ぜて使うなんてバカな事しませんよ」 と思ったあなた。 混ぜるだけが危険な行為というわけじゃないんです。 先ほどもお伝えした通り、ドメストとサンポールは効果的な汚れが違いますよね。 「じゃあそれぞれの汚れに使い分けたらいいよね」 その通りです。 でも、その使い分け方に注意が必要なんです。 どちらかを先に使って、きれいに流してからもう一つを使う。 でもそれ、最初に使った洗剤、ちゃんと流れてます? 見えてないだけで残ってるかもしれませんよ! 色のついた洗剤でも、水で薄まれば分からなくなってしまいます。 本当に成分が残ってないかという判断は難しいんですね。 なので、使い方をちゃんと守っているつもりでも、知らず知らずのうちに危険な状態に陥ってしまうということがあるのです。 安全に製品を使って、効果的に汚れを落とすために「1つ洗剤を使ったら、1日は空けて別の洗剤を使う」ことをおすすめします。 1日あければ何度もトイレを使うので、その間に流れ切ってしまいますからね。 また、水が流れないところを拭き掃除した時は念入りに、十分に拭き取ってくださいね。 ドメストとサンポールはどっちが効果的?まとめ ドメストとサンポール、どちらも汚れをしっかりと落とす、素晴らしい洗剤です。 その成分や効果的に落とすことができる汚れを知ると、怖い汚れもなくなりますね。 これでトイレは楽々ピッカピカ! しつこい汚れにイライラすることも減るんじゃないでしょうか。 でも掃除は汚れが頑固になる前に、こまめにしていくことをおすすめします。 笑 自分の肝にも銘じておきます。

次の

【掃除のプロが教える】トイレ用洗剤のおすすめ人気ランキング10選

ドメスト トイレ 掃除

ドメストを排水溝のつまりを解消するときの使い方 ドメストは、洗剤というよりも漂白剤に近いものとして使います。 その強さについては、掃除に使うときは手袋をはめたほうが安全なほど。 ドメストを使って排水溝を掃除をする場合は、お風呂場やキッチン、洗面台であれば、 「たらすだけでOK」です。 つまりの予防やニオイの消臭、ヌメリの除去であれば、ドメストを2~3押し程度。 漂白剤の使い方と同じになります。 5分~10分ほど放置したあと水で流せば、少々の「ヌメリ」であれば落ちます。 粘度が高くネバネバしているので、斜度がある場所にも張りついて効果を発揮! 「ヌメリ」を溶かしていきます。 強力な汚れが溜まっている場合や、髪の毛が詰まっている場合は「ドメスト パイプロ」を使ってみてください。 つまりの解消には、「ドメスト パイプロ」を7~8押し程度。 15分~30分放置後、こすらずに水を十分に流します。 メーカーの商品案内によると、「ドメスト パイプロ」は髪の毛もしっかりと溶かしてくれるそうです。 浴槽内の排? 栓とキッチンのシンクの掃除には、「ドメスト」も「ドメスト パイプロ」も使えませんので注意してください。 その他にも、酸性洗浄剤や塩素系洗剤と混ぜないこと、いっしょに使わないことなどがあげられています。 使用上の注意書きはよく読んでください。 ドメストトイレ用は排水溝には効果はある? トイレつまりには、ドメストのメーカーとしては「効果は期待できません」としています。 トイレの場合は、便器に水が溜まっている状態なのでドメスト1本分を投入しても薄まってしまうからでしょう。 したがってトイレの排水溝が詰まっている場合は対処は専用の道具を使うことになります。 トイレつまりの原因でもっとも多いのは、水に溶けないティッシュペ-パーによる「つまり」です。 トイレットペーパーを切らしてしまった場合に、つい使ってしまうとトイレはつまってしまいます。 その次にトイレつまりの原因で多いのは、便による「つまり」と嘔吐。 気分を悪くしたときにトレイで吐くことがあるからです。 うっかりと小物を落とす場合では、「スマホ」「財布」「ハンカチ」「ライター」などを詰まらせるケースも! 便による「つまり」と嘔吐による「つまり」であれば、ラバーカップを使って詰まりを解消するのがオーソドックスな方法です。 ティッシュペ-パーのつまりの場合は、バケツのお湯(50度くらいの温度)を少し高い位置から、 便器内にゆっくり注いでみてください。 2~3回繰り返して、1時間ほど放置。 つまったティッシュペ-パーふやかしていきます。 水が流れるようになれば、トイレつまりは解消です。 つまりの原因が「スマホ」「財布」のように取り出したいものの場合は、ワイヤーブラシで引っ掛けて取り出すか、 真空パイプクリーナーで引き寄せて取り出しましょう。 生活必需品のドメストは切らさずに常にストックしておきたいですね.

次の

トイレ掃除で困らない!洗剤の選び方&使い方のコツを大公開!

ドメスト トイレ 掃除

トイレ清掃でサンポールを使用する時とは、尿の成分や洗浄水に含まれる鉄分などを分解するときに使います。 尿の成分や水の成分にはカルシウム、金属系のものが含まれているので、それを分解する時に使用します。 一方ドメストはアルカリ性の塩素系であります。 漂白効果、除菌効果、防臭効果に優れており、即効性があります。 ですので、尿石、水の成分などに含まれる鉄分他を落としたいときにはサンポール 臭い、除菌、が目的ならドメスト。 といったところでしょうか。 家の便器をやるようでしたら、ドメストだけでも、サンポールだけでもどちらでも良いような気がします。 というのは家庭の便器汚れはたいしたことがないので、正直、水だけでも良い気がするからです。 ただし、明らかに尿石が固まっているようでしたら、サンポールで落とします。 トイレの黄ばみや、汚れは、 カビキラー・ドメスト・キッチンハイター・強力トイレハイターなど 「塩素系漂白剤」で落ちると思います。 壁等の壁面は浸け置きしにくいので下記のようにします、 水面部は、自然に吹き付けた薬剤が溜まります。 1、汚れ部分に、上の薬剤を吹き付ける。 2、トイレットペーパーを便器に垂らして、その上から「塩素系漂白剤」を吹きつけます。 3、汚れ部分に全てに貼り付ける、重なっても良いです。 4、30分程度そのままに置いておきます、途中で乾かないように 何度か、薬剤の吹き付けを追加してください。 何度も吹き付け、湿布時間を伸ばすと、より効果があがります。 5、暫らくすると汚れが溶解し始め、トイレブラシなどで擦れば落ちやすく なっています。 ・・・・ 泡タイプの方が少しでも壁際に残り 「付着し」 使い良いですが。 泡が無くても他の漂白剤系を何度か掛けていれば、水面にも溜まるし効果は十分にあります。 【注意 1】 頑固な汚れの塊が水面の中にあるのでしたら、 キッチンハイターをタップリと流し込んで30分~60分ほど置いてから トイレブラシなどで擦り取ってください。 または、『便器の底、水溜まり部分はタップリと薬剤を投入するか? ラバーカップでポコポコして水を抜いてから、薬剤の漬け置き をするかですね。 この場合は、サンポールなどの酸性品を使用します。 サンポールをタップリと流し込んで30分~60分ほど置いてから トイレブラシなどで擦り取ってください。 追記、 普段の清掃では、アルカリ洗剤を使い表面の汚れを落とします。 しかし、水道水に含まれるカルキや使用時に付着した尿石が蓄積され、 放置していると固まるなど、ガリガリの汚れになります。 これを除去するには、酸性の洗剤が必要になります。 【どうしても取れない黄ばみや汚れは、 プロの行う研磨を 1200~1500番程の耐水ペーパーで汚れ部分を磨きます、 この番号のペーパーなら、傷は付き付き難いです】 どうぞ、気を付けて、お使いください。

次の