ショート メール 荷物 不在。 【迷惑メール】日本郵便を装ったSMSによる不在通知からウイルスに感染する被害が発生!|iLaboo

ショートメールで宅配便の不在通知が来た?!

ショート メール 荷物 不在

被害までの流れ• SMS(ショートメール)で不在通知が届く• メールに記載されているURLにアクセスさせる• 偽サイトに誘導される• 不正アプリのインストールやApple IDの入力を促す• 端末にウイルスを感染させる(または乗っ取る)• 不正課金や情報を抜き取る 当社ではショートメールによるご不在連絡のお知らせは行っておらず、また、Webサイト等に掲載するURLにおいて「. com」を使用しておりません。 参考: 最近増えている詐欺の手口でも、とくにSMS(ショートメール)が悪用されていますが、本物の日本郵便では「SMS(ショートメール)」での不在通知は来ません。 また、偽サイトでは不在のための再配達用のアプリのインストールを促してきますが、不正アプリとなっており、マルウェア(ウイルス)に感染してしまいます。 偽モノの日本郵便はアプリのインストールを促す 今回の被害では、「SMS(ショートメール)」での不在通知が届き、記載されているURLにアクセスすることで、本物そっくりの偽サイトに誘導されます。 そして、それらを被害者が実行することで、被害が発生します。 不正アプリのインストール、Apple IDの入力をしてしまった場合 すでに、偽サイトでアプリをインストールしてしまった、またはApple IDを入力してしまったという場合、すぐにアプリの削除(アンインストール)やApple IDとパスワードの変更を実施してください。 ちなみに、通常のアプリと違って、スマホのホーム画面上にもアプリが表示されない、「Google Play」からアプリの削除(アンインストール)ができないことがあります。 その場合、キャリアで推奨している無料のウイルスソフトで、ウイルススキャンを実施し、対象のアプリを削除してください。 また、iOSの場合、不正アプリをインストールすることはできませんが、Apple IDとパスワードを入力してしまった場合、すぐにIDやパスワード変更を実施してください。 参考: 被害状況 今回、ウイルス感染によって、以下のような被害が報告されています。 今後も記事を更新する予定です。 勝手に自分のケータイからSMSが送信されている• iTunesやGoogle Playで不正課金されている• キャリア決済がされている• 個人情報が抜き取られている キャリア決済の場合は、お客様サポートから決済履歴を確認することができます。 Google Playでは「」、Appleでは「」から確認できます。 上記以外にも、想定できない被害に合ってしまうことがありますので、もし何か心配な点があればすぐにショップ等で相談しましょう。

次の

宅配便業者の不在『スミッシング(SMS)詐欺』に要注意(神田敏晶)

ショート メール 荷物 不在

KNNポール神田です。 ウェブサイトに誘導する「フィッシング詐欺」から、スマートフォンのSMS詐欺 SMS phishing の「スミッシング詐欺 Smishing 」が増えている。 2018年 1月11日ごろから、携帯電話、スマートフォンなどで使用されるテキストメッセージ ショートメッセージサービス、SMS による不審な「通知」の拡散が確認されています。 同内容の SMS の拡散は昨年のクリスマスを控えた12月24日前後にも確認されており、繰り返しの攻撃であると言えます。 受信者の注意を引くために「配送物」の不在通知を偽装しているようです。 SMS で配送物の不在通知を送ることは一般的ではないかもしれません、しかし、配送物のお届け先の電話番号を記入することは一般的であるため、そこで携帯電話番号を確認した配送業者が SMS を送ってきたのかも、という受信者の誤解を狙った手口と言えます。 出典: ますます巧妙化する『スマッシング SMS 詐欺』 出典:トレンドマイクロ ウェブサイト 宅配ドライバーさんは、こちらの電話番号がわかっているから不在時に、荷物の到着をSMSで知らせてくれるんだ…と関心してURLをクリックした人は完全にアウト! もう、何を信じていいのやらの時代へ突入している。 文面の日本語が多少おかしくても、SMSでのタイプミスなんてよくあるハナシだ。 さらに、知らない電話番号からのSMSであったとしても宅配業者さんからは、電話がかかってくることがよくある…。 とにかく、SMSで届くURLは、押す前に考えるという 「SMS時代の新・習慣」が必要だ。 フィッシング詐欺やスミッシング詐欺という言葉よりも、 「URLはできるだけクリックしない」。 企業名の入っていない、 「短縮URLを見たら、騙されると思え」…くらいの新習慣が必要だ。 特に、ITに詳しくない、スマートフォンに不慣れな人ほど、特に用心深くいただきたい。 URLをクリックするとどうなるのか? 偽装アプリをダウンロードさせようとする 出典:トレンドマイクロウェブサイト 実際にはクリックをすると即アウトではなく、偽装アプリをダウンロードさせようとする。 そこで賢いスマートフォンは、いくつか警告を出してくれる。 しかしだ…、その警告の意味が、よくわからないというケースがよくある。 そう、言葉がホントむずかしいのだ。 こっちは、いち早く不在時の荷物を受取りたい気持ちで一杯だからついつい押してしまう…。 冗長なスマホの警告文 出典:トレンドマイクロ 押してしまうと…なんだか長い文章が登場した…。 「 提供元不明のアプリ」とあるが…、それが何を意味しているのか? シニアの人にはわかりにくい。 「正体不明のアプリ」ということだ。 くどくど書かれていても、視線は、 「今回のみインストールを許可」と 「OK」しか目に入らない…。 そう、長ったらしい文章は、まさか「警告」とは思えないのだ。 ウェブサービスによくある「利用規約」と同じで、押さないと次へ進めないので次へ押すという経験だけを頼りにしてしまう。 もっと、『大きな黒いドクロのマーク』を出すとか、『赤い大きなXマーク』を大げさに出すとかできないものか? 気づかれない警告文なんてちっとも意味がないのだ。 アプリをインストールすると…これだけ情報が盗まれる そして、宅配の偽装アプリをダウンロードしてしまうと、これだけの情報が盗まれ、最終的にはスマートフォンごと、乗っ取られるのだ…。 宅配便屋さんはまったく関係ないからよけいに腹立たしい。 携帯電話番号 端末 ID 使用 SDK バージョン 製造者情報 ブルートゥース上の表示名 自身の感染日時 自身の端末管理者権限の有無 画面ロックの有無 国内の主要キャリア ソフトバンク、ドコモ、AU 製アプリのインストール有無 画面をロックし、パスワードを「778877」にリセットする 端末の管理者権限を得る 「連絡先」の情報を収集し、外部にアップロードする SMS や MMS の内容を取得し、外部にアップロードする 他の不正アプリをダウンロードする 既にインストールされている正規アプリをアンインストールし、他の不正アプリと置き換える 音量とミュートの操作 ファイルの削除 出典: これだけ便利になったスマートフォンだけど、新たなアクションを起こす時は、必ず「急がばまわれ」でないと、余計なトラブルでもっともっと時間を消耗してしまう。 そして、自分のアカウントが乗っ取られると、知人にまで「SMS詐欺」であなたの連絡先を利用して、あなたのふりをして悪行三昧となる。 そうなった時の後始末は本当に大変だ。 とにかく、「SMSのURLはクリックしない」を「新・習慣」にしておいてほしい。 わからないシニアの人ほど特にだ。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

【それってネット詐欺ですよ!】宅配便の不在通知がメールやSMSで来たからURLを開いた【被害事例に学ぶ、高齢者のためのデジタルリテラシー】

ショート メール 荷物 不在

依ってこのSMSは悪意のあるメール、そう「詐欺」なんです! 事務所に戻って内容を確認 即座に家族に連絡し不在票がポストインされていないのを確認し、はい、確定! 以前にもあったので家族も「またなの?」と冷静に。 事務所に戻り再度SMSを開き内容を精査してみる。 japannetbank. これはスマホじゃラチあかんわって事でここからPCに切替え。 PCのブラウザにスマホで導かれたURL「jnb-md. com」を打ち込んでみる。 はい、ジャパンネット銀行の偽サイトに引きずり込まれました。 完コピページですね、まず、著作権の侵害でこれも立派な犯罪! 店番と口座番号、パスワードを適当に入れて…ん? メニュー? まぁ何でもいいや、どーせジャパンネット銀行のサイトの口座なんて持ってないし 笑 んなもん知らんわ。 ワンタイムパスワード? ああ、1度しか使えないって言うトークンとかってヤツで 出てくるのね。 と言うことは、奴らの目的は達成されたって事だな… 店番と口座番号とパスワード、それにワンタイムパスワード。 これだけ揃えば不正送金とかできちゃうんですね。 因みに本当のジャパンネット銀行のサイトへ行ってみると。 これじゃ騙されたくても騙されませんよ 笑 迷惑メール相談センターへ通報します では最後に、受信者の責任として受け取った「迷惑メール」を通報。 「」にある メールアドレス meiwaku dekyo. jp 宛に「ヘッダーをすべて表示させた」状態で転送します。

次の