なり 意味。 「なんなりと」の意味は?正しい使い方と仕事で使える例文

「なりし」の意味

なり 意味

平安時代以後は、ラ変形活用語には連体形に付く。 1 音や声が聞こえるという意を表す。 ㋐…の音や声が聞こえる。 「みとらしの梓 あづさ の弓の中弭 なかはず の音す なり」〈・三〉• ㋑他から伝え聞いたことを表す。 …そうだ。 …ということだ。 …と聞いている。 「また聞けば、侍従の大納言の御女 むすめ なくなり給ひぬ なり」〈〉• ㋒音・声やうわさなどに基づく推定を表す。 …するようだ。 …しているらしい。 「呼びわづらひて笛をいとをかしく吹きすまして過ぎぬ なり」〈〉• 2 詠嘆の気持ちを表す。 …であることよ。 …ているよ。 「手 た 枕に身を愛す なりおぼろ月/」.

次の

「時は金なり」の本当の意味は?由来と正しい使い方!類語と例文も

なり 意味

「継続は力なり」を使った例文を2つご紹介します。 「入試まで1年ある。 1日10個の英単語を覚えていけば、3650個の英単語を覚えることができる。 継続は力なりだ。 」 教員や家庭教師が入試を控えた生徒を指導する際に、「毎日、少しでも暗記を積み上げればいずれは大きな力になる」ということを教えるために「継続は力なり」という言葉を使っています。 「フルマラソンを走りきるために、毎日ジョギングしよう。 継続は力なりと言うし、毎日走り続ければ必ず体力もつくだろう。 」 フルマラソンという目標に向かって、毎日のジョギングを継続しようと決意しています。 このように、「毎日コツコツ」ということを言い表すのに「継続は力なり」という格言が使えます。 「千里の道も一歩から」ということわざがあります。 どんなことでも、着実に少しづつでも努力を継続していけば成功するという意味です。 「雨だれ石を穿(うが)つ」ということわざは、小さな水滴の雨だれでも、長い間同じところに落ちていれば、硬い石でも穴があくことから、小さな努力でも継続していけば成功するという意味を持っています。 「塵(ちり)も積もれば山となる」ということわざは、塵のような小さなものでも、積もれば山のように大きくなることから、小さなことでも軽視することなく続けていけば成果になるという意味です。 「蟻(あり)の思いも天に届く」は、小さな生き物の蟻でも努力し続ければ、その思いは天に達するということから、力や才能が無くても努力し願い続ければ、希望を叶えることができるという意味を持つことわざです。

次の

形/態(なり)の意味

なり 意味

「なりかねる」とは? 「なりかねない」とは? 「なりかねる」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「なりかねない」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「なりかねる」の類語や言い換え• 「なりかねない」の類語や言い換え• 意味 「なりかねる」の意味は 「そうなるのが難しい」 「そうなりません」という意味です。 「なる」は 「ものごとの決着が付く」 「出来上がる」 「今までとは違った状態に変わる」という意味で、言葉は短いのですが、さまざまな形態を表します。 「かねる」は、 「何らかの事情によりそうしようと思っても難しいこと」という意味です。 この2つの言葉が組み合わさり 「そうなるのが難しい」という意味になったのです。 「かねる」について詳しく 「かねる」は特別な表現で、否定文 「ない」が付かない状態で 「できない」と意味を持ちます。 ビジネス用語で本来 「出来ない」と言いたいところをはっきり言うと角が立つので、より遠まわしに言う時に使います。 そして 「かねる」という言葉には、 「可能」と 「予測」という意味において否定の意味をもたらします。 「可能」の否定となるのが 「かねる」という使い方で、 「なりかねる」は 「そうなりえない」という意味になります。

次の