ファミリーマート 退職。 ファミリーマート希望退職で1000人以上が退職。リストラの成果はどうなるか|キャリアフルコース【公式】|note

ファミリーマート/希望退職に1111人応募、1025人が退職

ファミリーマート 退職

応募は定員オーバー 今回の希望退職の応募定員は800人の予定でした。 先日の記事にも記載しましたが、応募は殺到。 結果的に1111人が応募ということのようです。 制度の適用が否認され、慰留されたのが86人。 結果として、1025人が希望退職制度による退職となり、3月末までで退職するとのことです。 内訳は正社員924人、非正規社員101人。 店舗指導など現場の従業員が約7割を占めるという状況となりました。 記事中にもありますが、ファミリーマートは人件費の圧縮を目指しての実施だったようで、今回の希望退職の実施により年間80億円の削減が見込めるとのこと。 今期は退職金などの積み増しが発生するので、効果が検証できるようになるのは来期以降ということでしょう。 ここで注目したいのが、なぜ 定員オーバーを起こしたのかという点です。 退職者の内訳の7割が現場の従業員ということから、現場の疲弊感が伝わってくるような気がします。 通常、どれだけいい条件を提示したとしても希望退職の応募定員を充足させるのはなかなか至難の業です。 なにせ、対象となっているのはベテランたち。 会社での経験も積んでおり、愛着もある。 自分自身のキャリアビジョンもある程度見通しがある人たちです。 そのような人たちを対象としている場合、ここまであっさりと応募定員が充足してしまい、まして定員以上の応募が殺到するような状況というのはどうにも外から見ている以上に問題があったにではないかと考えてしまいます。 今回の希望退職で得られる80億円という経済効果以上にファミリーマートが失ったものは大きいのではないかという気がします。 リストラ=首切りではない! かくいう筆者もリストラを経験しました。 (切った側としてですが・・・) 会社の経営環境の急激な悪化に伴ってやむを得ずというリストラでしたが、退職勧奨に始まり、希望退職の実施、そして整理解雇とフェーズが進んでいきました。 非常に残念なことですが、人事としてはやっていて面白い仕事ではありません。 なぜなら、単なる「首切り」に終始したからです。 「人件費」を削減するという名目で推し進められたリストラでしたので、そこには当然 大義はなく 再建策すらない状態でした。 本来、リストラの意味は 「リストラクチャリング=建て直し」です。 一時的な経営悪化というのは長く企業を経営していれば直面することはあるでしょう。 そこに対して、どのように会社を建て直すかというのを短期・中期・長期的に考えていき再建策を練らなくてはいけません。 その再建策の一環として「人件費の圧縮」というのが出てくることは理解できます。 しかし、人件費の圧縮は「手段」であって決して「目的」ではありません。 筆者が経験したリストラは、人件費の圧縮が「目的」となってしまっただけのリストラでした。 それから数年経過しましたが、まだ迷走しているようです。 あの当時退職してもらった従業員に対して示せる何かを早く提示して欲しいものですが・・・ ファミリーマートの前途はどこへ・・・? 前の記事でも似たようなことを書いていますが、結果的にファミリーマートの再建策は不透明なままです。 人件費の圧縮を「目的」としたリストラだったのではないかと勘繰りたくなるような状況です。 何より、1000人を超える人材を流出させてしまったというのがどう影響してくるか。 引き留められたのは86人とのことですが、本当にそれでよかったのでしょうか? 組織の歯車というのは、案外簡単に狂ってしまうものです。 一人増えれば一人増えただけの苦労がありますし、一人減ればそれはそれで苦労します。 まして1000人規模です。 本気で再建しようという時に、「あの人がいてくれたらよかったのに・・・!」なんてことにならなければよいのですが。 一方で、HR業界、転職市場としてはチャンス到来といっていいでしょう。 店舗管理や物流、製造などの専門的な知見を有している人材ですから、転職活動次第ではこれまで以上の環境が待っている可能性が高い。 再就職で輝ける場所が見つかることを祈るばかりです。 とにもかくにも、このリストラが成功だったと言えるのは数年後の結果を見てからとなるでしょう。 それまでにセブンイレブンやローソンといったライバル企業たちにはない独自の競争優位性を持たなければ、ずるずるとリストラを繰り返していくだけでしょう。 単に商品やサービス面ではなくどういう業界と提携してシナジー(相乗効果)を得るのかといったような全社戦略が求められる局面です。 今回の希望退職で退職した方々に対してしっかりと顔向けできるようにしていただきたいところですね。

次の

これから急増するかもしれない早期退職募集について確認しておく

ファミリーマート 退職

ファミリーマートが社員向けに応募した800人の早期退職に応募が殺到• 会社の想定より応募者が多く、募集の時期を短縮した事実もあるようです。 しかしこれから紹介する内容を理由に、一筋縄ではいかない部分も。 業界特有の事情と会社特有の事情に迫っていきましょう。 スポンサーリンク ファミリーマートの早期退職・背景と伊藤忠商事との関係 ファミリーマートの早期退職に関しては、背景について様々な指摘があります。 その中でも代表的な指摘について挙げていきましょう。 コンビニ業界の縮小に合わせた人員体制の見直し これからの日本は人口が減っていく社会です。 さらに人手不足は多くの業界にとって存続に関わるほど大きな問題になりました。 「多くのアルバイトやパートの存在を前提としたコンビニ業界の24時間営業」 そんなビジネスモデルが限界を迎えようとしています。 官民挙げて営業時間の見直しを検討し、今後その流れは広がっていくでしょう。 そうなると今度は本部の人員が余剰になってきます。 まだ会社の体力があるうちにリストラを進めようとしているのがうかがえます。 ファミリーマート特有の拡大戦略とコンビニ市場飽和 ファミリーマートは同業他社を買収しながら拡大してきた歴史があります。 そのような過程の中で、同一地域内でのファミリーマート同士の競合化、他社の攻勢もあり市場は飽和していきました。 伊藤忠商事主導のリストラ推進 ファミリーマートは総合商社である伊藤忠商事の傘下にあります。 早期退職の募集を行う過程では、親会社社員の顔色を見ながらの動きがファミマ社員にあったようです。 事実、この時点における直近の「有価証券報告書」において• 「役員の状況」から判明するだけでも5名の伊藤忠出身者がいる• なぜか経歴には記されていないものの、澤田貴司社長も伊藤忠出身者である ように、人的面からも伊藤忠の支配下にあるようです。 スポンサーリンク ファミリーマートの早期退職解説記事・コメント欄から読み取る問題点 ファミリーマートの早期退職について、同社に特有の内容と一般的な内容を紹介します。 リストラ関連の内部情報流出 ファミリーマートの早期退職関連記事には、対象者のランク付けをして対応を変えている旨、すでに触れています。 どこまで実際の資料なのか、はたまた完全に内部資料そのものなのか。 いずれにせよ内部情報として重要度が高いにも拘らず流出している事実があります。 管理体制としては不十分と言わざるを得ないでしょう。 必要な人材は流出し、必要ではない人材がしがみつく ファミリーマートに限らず早期退職・希望退職を募った時に起こりがちな事象です。 「必要な人材は流出し、必要ではない人材がしがみつく」ことは、たとえ会社が手を尽くしても避けられないでしょう。 伊藤忠商事の関連商品取り扱い(ファミチキ・コーヒー豆) 関連ニュースやコメント欄、加えてSNSで見られる指摘を紹介します。 伊藤忠商事が主導してコンビニを運営する一環から、関連商品である「ファミチキ」「コーヒー豆」を仕入れるのをやめられないとのこと。 コーヒーにいたっては、「200億円のマシンを投資した」とCMでアピールしている内容に対し.

次の

ファミマ、早期退職制度で1025人退職 割増金150億円を費用計上へ

ファミリーマート 退職

2月19日、ファミリーマートは早期退職優遇制度を利用する退職者が1,025人だと発表しました。 早期退職優遇制度は2019年11月14日に発表されていたもので、退職者数は募集人数の800人を超えています。 ファミリーマートが早期退職優遇制度を実施した理由は、現在の店舗数に合わせて、人員の適正化を図るためです。 ファミリーマートはサークルKサンクスを吸収合併したことで、生産性が低下していた部分があります。 コンビニ業界では加盟店の収益性が低下しており、本部は加盟店へ金銭的な支援をしなければならない状況です。 ファミリーマートの早期退職優遇制度の実施も、人員の適正化だけではなく、加盟店支援のための資金確保の目的もあると考えられます。 早期退職優遇制度の利用者は1,025人 2月19日、ファミリーマートは早期退職優遇制度の実施結果を発表しました。 早期退職優遇制度を利用する退職者数は1,025人で、内訳は、正社員が924人、非正規社員が101人です。 ファミリーマートは2019年11月14日に加盟店支援と本部の構造改革を発表しており、早期退職優遇制度は本部の構造改革の施策です。 ファミリーマートが希望退職者を募集した理由は、現在の店舗数に合わせて、人員の適正化を図るためです。 早期退職優遇制度の対象となるのは、原則40歳以上の社員で、退職日は2020年3月31日、募集人数は全社員の約1割にあたる約800名でした。 早期退職優遇制度では、通常の退職金に加え、割増退職金が加増され、希望者には再就職支援が実施されるというものでした。 当初の予定では、募集期間は2020年2月10日から2020年2月21日まででしたが、2020年2月3日から2020年2月7日までに変更されています。 募集期間の変更は退職希望者への影響を考慮した措置です。 早期退職優遇制度には1,111人の応募があったものの、日常オペレーションの継続に重大な影響を及ぼす可能性のある一部社員については、制度適用外になったとのことです。 ファミリーマートは早期退職優遇制度の実施により、約150億円の割増退職金の支払いが発生します。 一方、人員の減少により、2021年2月期以降の連結決算における税引前利益段階において、年間約80億円の経費削減が見込めます。 ファミリーマートは本部の構造改革のため、早期退職優遇制度を実施しましたが、退職者の人数は当初の予定を上回る結果となりました。 なぜファミリーマートは早期退職優遇制度を実施したのか ファミリーマートが実施した早期退職優遇制度では、募集人数の800人を超える1,111人が応募し、1,025人の退職が決定しました。 ファミリーマートが早期退職優遇制度を実施した目的は、現在の店舗数に合わせて、人員の適正化を図るためです。 ファミリーマートは2016年9月にユニーグループ・ホールディングスと経営統合し、サークルKサンクスを吸収合併しています。 ファミリーマートはサークルKサンクスを吸収合併したことで、人員が増加しました。 一方、サークルKサンクスの吸収合併に合わせて、不採算店舗の閉店が実施されており、店舗数は減少しています。 ファミリーマートがサークルKサンクスを吸収合併したことで発生した、人員の増加と店舗数の減少を考えると、人員が過剰になっている部分があります。 ファミリーマートが実施した早期退職優遇制度は、サークルKサンクスを吸収合併したときから、ある程度予想されていたものです。 2019年は24時間営業、廃棄ロス、人手不足、オーナーの長時間労働など、コンビニ業界の様々な問題が噴出した一年でした。 コンビニ業界のネガティブなニュースが増え、社会から厳しい目で見られるようになりました。 ただ、ファミリーマートの業績は堅調で、2020年2月期3Qまでの事業利益は637億円 前期比155億円増 となっています。 今回実施した早期退職優遇制度も、業績が悪化したからではなく、人員の適正化のためです。 人員の適正化は、サークルKサンクスを吸収合併したときから予測されたもので、それほどネガティブなものではありません。 なぜ早期退職優遇制度の利用者は募集人数を超えたのか ファミリーマートの早期退職優遇制度を利用して退職する人数は、募集人数の800人を超える1,025人です。 希望退職者の応募人数が募集人数を超えることは、他の業界でもよくあることで、特にファミリーマートが問題というわけではありません。 ファミリーマートの早期退職優遇制度の利用者が募集人数を超えたことについては、人生の転機だと考えた人が多かったのではないでしょうか。 今回、ファミリーマートが実施した早期退職優遇制度は、正社員の立場では、ある程度予想されたものでした。 早期退職優遇制度が実施されるタイミングを待って、退職を計画していた人もいたはずです。 早期退職優遇制度には割増退職金の加増があり、割増退職金総額 約150億円 を制度利用退職者数 1,025人 で割ると、退職者一人あたりの割増退職金は約1,463万円です。 2019年に入ってから、コンビニ業界で様々な問題が噴出したことも、早期退職優遇制度への応募が増えたことと関係がありそうです。 ファミリーマートは2019年11月14日に加盟店支援と本部の構造改革を発表しました。 加盟店支援では年間約100億円 1店あたり平均年間約70万円 の支援が行われる一方、本部の構造改革では早期退職優遇制度が実施されるというものでした。 ファミリーマートが加盟店支援に注力すれば、本部で働く正社員の待遇改善は難しくなります。 将来的な待遇の改善が期待しにくくなったことが、早期退職優遇制度へ応募するきっかけとなった可能性はあります。 コンビニ業界は安定的な市場拡大が続いており、小売業の中では待遇が良い方です。 しかし、加盟店への支援が不可欠になったことで、コンビニ本部で働く正社員の将来も安泰とは言えなくなりました。 人員の減少はファミリーマートの事業にどう影響するか ファミリーマートは早期退職優遇制度の実施で約1割ほど人員が減るため、事業にどのような影響があるのかは心配な点です。 ファミリーマートが早期退職優遇制度を実施する目的が人員の最適化であることを考えると、事業への影響はあまりなさそうです。 早期退職優遇制度を利用する人の職種は発表されていませんが、加盟店を指導する店舗指導員が多いのではないかと推測されます。 ファミリーマートはサークルKサンクスを吸収合併したことで、人員の増加と店舗数の減少が発生しました。 一店舗あたりの店舗指導員の数が増加ししたため、早期退職優遇制度の実施で人員を削減します。 ファミリーマートは店舗指導員の数を減らしても、加盟店の売上への影響は小さいと判断したことになります。 もともと店舗指導員の数が多かったのであれば、店舗指導員の数を減らしても、加盟店の売上への影響は小さいです。 早期退職優遇制度の実施は、店舗指導員の価値を見直す転機になります。 対面で加盟店を指導する店舗指導員は、コンビニに不可欠なものだとされてきました。 しかし、現在はインターネットが普及し、AIも登場しました。 加盟店の指導においても、遠隔化、省人化が実現できます。 店舗指導員はいなくても問題ないと評価されれば、店舗指導員を減らしていく流れも生まれるかもしれません。 ファミリーマートの早期退職優遇制度の実施は、他チェーンで働いている店舗指導員にとっても気になるところです。 ファミリーマートは早期退職優遇制度で約1割ほど人員が減りますが、人員を最適化するためのもので、事業への影響は小さいです。 コンビニ業界では加盟店支援のための経費削減が進む ファミリーマートは早期退職優遇制度の実施により、2021年2月期以降の連結決算における税引前利益段階において、年間約80億円の経費削減を見込みます。 コンビニ業界では加盟店への金銭的な支援が不可欠になっており、加盟店支援の資金を確保するため、経費削減を進めて行くことになります。 コンビニ加盟店は収益性の低下が続く、厳しい状況にあります。 コンビニ加盟店の収益性が低下する理由は、店舗数の増加に因る日販の停滞、他業種との競争激化、時給の上昇などです。 このような状況が固定化されているため、コンビニ加盟店の収益性の低下も固定化しています。 コンビニ本部が加盟店の収益性を改善するためには、ロイヤリティの減額、各種支援金の支給など、金銭的な支援が必要です。 ファミリーマートは2019年11月14日に、24時間営業分担金の増額、廃棄ロス対策の強化、複数店及び再契約奨励金の増額を発表しており、年間約100億円 1店あたり平均年間約70万円 を想定しています。 人件費の削減は、コンビニ本部が経費を削減する方法の一つです。 ファミリーマートは早期退職優遇制度の実施により、本部の人件費削減を見込みます。 また、コンビニ加盟店側においても、各種省人化の施策を実施することにより、人件費を削減する余地があります。 コンビニ本部の立場では、加盟店の日販が増えることが望ましいですが、実現は難しいです。 加盟店を支援するための資金を確保するためには、コンビニ本部は経費の削減を進めて行かなければなりません。

次の