旅行ネットワークビジネス。 会社概要

ネットワークビジネス 旅行: ネットワークビジネス成功、在宅で被害なしで脅威のダウン構築法!

旅行ネットワークビジネス

代表取締役などにも同期間の連鎖販売業務の禁止も命じた。 勧誘者は「お茶しませんか。 」などと呼び出した消費者に、旅行に安く行くことができる、収入も得られるなどと書かれた書面を読ませて説明会に誘い出し、消費者が断っても複数の会員が執拗に勧誘して、連鎖販売契約を締結させていた。 契約者は登録費や入会金のほかに数万円の月会費も徴収されていた。 リゾネットのホームページによると、全国約18カ所に自社施設を有しており、一泊1,620円で利用できるとしていた。 一方で、会員のみが利用できる施設の客室数は著しく少なく、かつ会員のみが予約し利用できる国内の提携宿泊施設はなかった。 これにより会員のうちごくわずかしか、入会金や会費を上回る利益を受けることができる状況ではなかった。 一方でリゾネットは、国内の提携施設は実際に存在するとしている。 特定商取引法の勧誘目的等の明示義務違反、権利の内容の不実告知、特定利益に関する事項についての不実告知、公告の表示義務違反などにより、「連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の相手方の利益が著しく害されるおそれがある」と認められたことから、処分を決めた。 東京都によると、都内での相談件数は平成24年度には3件だったところ、平成28年度には213件に急増している。 契約者の平均年齢は約30歳で、平均契約額は171,308円だった。 「顧問」と称し、取締役と同等以上の支配力があると認められる山本義憲氏、代表取締役山本夏氏、使用人である安藤実千枝氏と坂本英士氏に対し、2020年6月29日まで、連鎖販売の取引業務を新たに開始することも禁止した。 リゾネットは2006年に設立、1982年に創業。 資本金は5,000万円。 東京都に対して第3種旅行業の登録を行っている。 会員数は2016年9月末現在で、都内に3,823人。 2017年には、東京都も3ヶ月の業務停止を命じている。 traicy. ネットワークビジネスで有名なのはなどがあります。 日本アムウェイ様は洗剤・浄水器・空気清浄機・お鍋・サプリメントなど生活用品に関わる商品を取り扱っていますね! リゾネットは国内旅行という商品を取り扱い、旅行会員権を取り扱った企業です。 「他社が真似できない」「競合他社が非常に少ない」を売りに組織を拡大していました。 ネットワークビジネスを 「ねずみ講じゃないの?」と勘違いされる方がいるのですが、 「ねずみ講」ではないですよ。 旅行会員権って何がお得なの? 友人がやっていたんですが、こんな割引サービスがあったようです! ・国内のパッケージ旅行に格安で行ける ・スポーツジムを格安で利用できる ・カラオケや引っ越し業者など、様々なサービスも割安で使える リゾネットの住所や所在地 ・本社所在地:東京都中央区八丁堀2-24-2 八丁堀第一生命ビル 2F ・代表者:山本 夏/設立:平成18年4月。 ・東京都知事登録旅行業第3-5763号。 ・他、事業所3ヵ所、サロン2ヵ所、海外法人2社を保有する主に会員制旅行業者です。 勧誘方法は丁寧だった? リゾネットの勧誘方法はお手紙を書いたり、説明会に誘ったり、人によって様々です。 全員がイケイケ系ではないと思いますが、旅行が目的なので、遊びが好きな方が基本集まってくるのは理解ができます。 直近で1万人弱と聞いています。 ただ入れ替わり、立ち変わりは結構あったようです。 しかし、業務停止命令で止めていく人、新規参入者も少なくなるので実際はもう少し少ない会員数になっているでしょう… リゾネットの説明会は各都市部で開催 リゾネットの事業説明会は基本的に大都市の 「東京」「大阪」「名古屋」「広島」「福岡」などで定期的に開催されていました。 東京が1番説明会の開催数が多く毎週土曜日、隔週で火曜水曜に事業説明会が開かれていましたが、他の地方では月に1回です。 やはり東京は人口が多く、1番集客ができて、成約率も高かったと考察ができます。 最近では東南アジア シンガポール にも展開をされている様です… 業務停止命令食らって海外進出大丈夫なのかな?? 海外進出に関しては具体的な開催地や、現状が調べて見てもわかりませんでした。 具体的なリゾネットの勧誘方法「お手紙作戦」を暴露 リゾネット会員さんがどのように新規の人を勧誘するのか友人から聞いていますのでココで暴露しようと思います。 1対1はお手紙が効果的に印象に残るからだそうです。 」「会って話をしませんか。 」などと言って、 契約意図を隠して喫茶店等に誘い出す。 」などと興味を持たせてセールスレターを読ませる。 セールスレターには、格安で旅行を楽しむことが仕事となり収入が得られる旨が書かれており、消費者がセールスレターを読み終えると、会員が「説明会があるから一緒に行こう。 」などと誘って、後日、説明会に連れて行く。 」「高額な年収が得られる。 」「レターを見せるだけで簡単に紹介できる。 」などと、あたかも簡単に勧誘できて儲かるかのような説明をする。 さらに、 「会員サービスの上限は10万人と決めている。 おそらく年内もしくは来年に10万人を超えてしまう。 早く登録した方がいい。 」などと嘘を告げ、消費者を焦らせる。 3時間以上の長時間にわたる説明会の後、消費者に申込書面の記入を求める。 消費者が断っても、複数の会員が周りを囲み、「今日登録した方がいい。 」「いいから申請書を書いて。 」などと執拗に勧誘し、契約締結を迫る。 metro. tokyo. html 黄色のマーカーで引いた部分がマルチ販売の法律に引っかかって業務停止命令15カ月という処分を受けた原因の様です。 リゾネットの説明会動画はこんな感じ 上の説明会では、株式会社リゾネットの統括本部長さんが、リゾネットの会員権を持っている人たちに対して、会員カードのID(記名/無記名)・ポジションなどにより、本人/家族/友人といった関係性と所有権利によって、どんな便利な使い方ができるか? 国内・海外のリゾネット・リゾート施設に会員料金で宿泊できるパターン(主に保有カード枚数と人数の関係)、ビジター価格となる場合の考え方など、説明をしています。 この上の画像では実際に入会した後、会員限定「Trinity Club」のWEBサイトへログインした後の予約の取り方から詳細に説明をしています。 リゾネットの国内の自社施設(コンドミニアム)は、基本的に会員が同行しない場合でも、会員カード(金色/黒色)があれば家族や友人・知人に使わせることが出来きます。 料金は無料(会費のみ)となっているとのこと。 リゾネットの会員サイトはこんな感じ TrinityClubにログインして一番気になるのが自社リゾート施設は何件あって、予約は本当に取れるのかということ。 もちろん、宿泊プランの中身と金額は外すことができない要素。 画面キャプチャからはわかりにくいが、全国に施設があり、どの施設もリゾネット保有の自社物件。 普通、他社のリゾート会員権ともなると、物件ごとの年間契約となるので選択肢が限られるが、リゾネットなら日本全国、そしてバリ、ハワイなどの施設もあることから自由度は極めて高いようです。 リゾネットの勧誘方法の考察 結構勧誘方法は個人によってやり方が違っていたようです。 中にはかなり強引に進める方がいたようでそういう人たちによって業務停止命令まで陥ったと考察しています。 またアップラインの中には、強引な勧誘につながるような手法を教え込んでいた方々も実際にいたようです。 リゾネット専用の提携施設がある 国内旅行で、良い宿に泊まりたい、しかも毎回違う場所に行く人なら特におすすめ!北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州、沖縄まで各数件の提携リゾートがあるので自社保有と別に利用することができる。 」といって無理矢理に契約書を渡す手法。 その方法で契約書を渡してた人は実際には見たことありませんでしたが、こういった手法を教え込まれていました。 僕は誰にも相談する相手がいない環境で辛い思いをしました。 だからこそ自分が体験したことで困っている方がいればお役に立つかもしれない、悩んでいる方に不安を少しでも安心して頂けるように、相談してもらえる人になろうと思い只今、無料メール相談を受け付けています。

次の

JIFUの仕組みって?ネットワークビジネスで会員数を増やしている人気旅行サイトの正体|じょぶにあ!

旅行ネットワークビジネス

この記事の目次• そもそもリゾネットってどんなMLMなのか?? リゾネットと他マルチ商法の企業の違い ネットワークビジネスと言えば アムウェイ、ニュースキン、ナチュラリープラスなどといったところが皆さんもご存知かと思います。 これらはサプリメントや日用品を扱っている企業で、マルチ商法で販売している企業は大体こういったものを扱っています。 そのため、似たような商品を販売していることもあり競合が非常に多いです。 それと一線を画してリゾネットは 旅行会員権を取り扱った企業で、「他社が真似できない」「競合他社が非常に少ない」を売りに組織を拡大していました。 リゾネットの旅行会員権 どんな旅行会員権なのか リゾネットは、旅行会員権と言うサービスを取り扱っています。 実物があるわけではないので「マルチどころかねずみ講では??」という疑問を当初は持っていましたが、この旅行会員権が他マルチでいうサプリメントや日用品といった商品に相当するので、ねずみ講には該当しません。 その旅行会員権がどんなものかと言うと、• パッケージ旅行に格安で行けるようになる• スポーツジムを格安で利用できる• カラオケや引っ越し業者など、様々なサービスも割安で使える と、旅行を中心としていろいろなところで使えるサービスでした。 気になるお値段 2014年時点 2014年3月時点での価格になります。 現在のことについては把握しておりませんのであくまで参考までに。 入会金:約15万円• 入会金:17万円• 月会費:13,500円 入会金、月会費とも結構値上がりしてますね。 どんな人がやってるの? 印象としては他MLMよりもチャラい ぼくの印象ではリゾネットをやってる人は他のネットワークビジネスに取り組んでる人とまた違った雰囲気であるような感じでした。 過去記事の通りぼくは以前にニューウエイズ 現モデーア のワンダーランドでも活動していたことがあります。 そこの方々はいわゆる意識高い系と呼ばれる人たちばかりでした。 これはおそらく他のネットワークビジネスの会社も同じであり、他にもニュースキン、アムウェイと見てきましたがもれなくそうでした。 ぼく自身がどちらかと言えば正反対の人間なので正直雰囲気でいえばワンダーランドの方が馴染みやすかったです。 あとは、ワンダーランドも含め、アムウェイ、ニュースキンで上手くいかなかったからリゾネットに来た、というネットワークビジネス経験者も多かったです。 2014年当時の会員数 ぼくが所属していた当時は、12,000人くらいでした。 アムウェイとかニュースキンとかに比べると、かなり少ないです。 2014年当時のアムウェイ会員数は68万人 あまり人数を公表するグループではなかったので推移は分かりませんが、新規入会者数は事業説明会ごとに確実に増えていたので、ぼくが辞める直前はもう少し多いのではないかと思います。 最近いただいた情報ですと、リゾネットの会員数はまだ1万人ちょいだそうです。 自分が所属していた4年前とほとんど変わってないんですね。 営業停止はかなり打撃かもしれませんが、やはり新しい人が入れ代わり立ち代わりになっているのが実際のところでしょうね。 ぼくは今でもFacebook上で当時のアップライン・サイドラインと繋がっているのですが、当時のメンバーは誰もがリゾネットに取り組んでる感じではありません。 お互いにやり取りはしていないので詳しい事情までは分からないのですが、離脱したくなるような何かがあったのではないですかね。 リゾネットの活動場所 ぼくが所属していた当時は東京を中心に、地方にも展開していました。 覚えている限りだと東京、大阪、名古屋、広島、福岡など。 しかし東京と地方では力の入れようが全然違いました。 東京では毎週土曜日・隔週で火曜水曜に事業説明会が開かれていましたが、 他の地方では月に1回程度事業説明会があった程度です。 だから地方にはあまり力を入れていなかったかな、という感じです。 実際にぼくが名古屋にいたとき リゾネットを辞めた後 は、アムウェイの人には会ったことありましたけど、リゾネットの人には会ったこと無いですし。 最近の話を聞いたところ、 シンガポールにも展開し、海外進出を図っているそうです。 詳しい人数屋状況などは流石に把握できてませんが。 リゾネットの勧誘手法について リゾネットは勧誘手法も他とは異なり、セールスレターと言うアイテムを使っていました。 加えて、「ご飯行こうよ!」と誘いだしてからセールスレターを見せて、「だからやろう!」と説明会へと誘導する流れ、つまりブラインド勧誘でした。 ぼくがリゾネットに取り組む前にやっていたニューウエイズの時の手法と比較してみます。 リゾネットの勧誘手法 リゾネットの手法については新規会員登録までこのような流れで進んでいきます。 ただ、これ相手の解釈によってブラインド勧誘に当たります。 受ける側が「まあ勧誘とは違うしな、、、」と解釈すれば勧誘行為には当たらないかもしれませんが、たとえこちらが「勧誘でない」と言い張っても相手が「勧誘された」と言われれば勧誘行為に当たりますから。 営業停止処分を食らったのはこれが大きいんじゃないかな、と。 あとは初回の事業説明会が終わった後にいきなり契約書へのサインを促す点ですね。 ワンダーランドでは事業説明会が終わった後に契約書を見せることは無いので、かなりスピーディなんです。 まあやられる側からしたら、かなり圧迫感あるんですけどね。 ニューウエイズ ワンダーランド の勧誘手法 それに対してワンダーランドにいたときは、初めて会うところから勧誘に至るまで、以下の流れで進めていました。 リゾネットに比べると、かなり巧妙にかつじっくり囲い込んでいる感じです。 新しい人と出会う• サシでお茶・ご飯に行く。 この時に師匠の話を出して「今度会いに行こう」とアポを取る• 日を改めて師匠へ会いに行く。 この時点ではビジネスの話を一切しない• 飲み会に誘ったりフットサルやったりして他のワンダーのメンバーと接点を増やし、仲良くなる• 定期的にサシでご飯に行ったりする。 この時、将来の話をするなどしてビジネス勧誘の接点を探る• 向こうが「ビジネスについて教えてほしい」という話が出たら自分がビジネスをやってることを話し、「じゃあ今度ビジネスの話を紹介するね」とアポを取る• 日を改め、二人もしくはリーダーと一緒にビジネスについて話をする。 この時点で初めて自分がネットワークビジネスをやっている、そしてビジネスに勧誘する意思があることを明確に告げる• 肯定的な返事であれば事業説明会に参加させる。 事業説明会後も契約の話はまだせず、次のセミナーへ参加を促す• 何度か色んなセミナーに参加した後に契約の話へ。 それなりに省略したつもりなのですがそれでもこれだけの手順を踏んでいます。 いきなり ビジネスの話をしたらブラインド勧誘になってしまうので相手が興味を持つまで話はせず、興味を持ったら日を改めて話す場を設ける、というのがポイント。 実はMLMの勧誘って相当な時間を割いて準備してるんですよね。 まあニューウエイズ自体過去に営業停止を食らったことがあるのである意味これくらい慎重になるのは当たり前のことです。 MLMの勧誘については色々と話を聞きますが、相対的にみるとこの上ないネットワークビジネスの健全な勧誘のやり方だと思います。 まあワンダーランドは会員に引き込んだ後に毎月14万円分の買い込みをしたりと、あくどい話は多々ありますが、それはまた別の機会に。 リゾネット業務停止について 業務停止の理由についてHPより抜粋しますと• 当該事業者の連鎖販売組織の会員が知人に連絡し、「今度よかったらお茶しませんか。 」「会って話をしませんか。 」などと言って、 契約意図を隠して喫茶店等に誘い出す。 喫茶店等で、会員が「旅行関係の資料だけど、よかったら見てみるか。 」などと興味を持たせてセールスレターを読ませる。 セールスレターには、格安で旅行を楽しむことが仕事となり収入が得られる旨が書かれており、消費者がセールスレターを読み終えると、会員が「説明会があるから一緒に行こう。 」などと誘って、後日、説明会に連れて行く。 説明会で、詳しい説明をする講師が「旅行をするだけでお金がもらえてとても楽しい。 」「高額な年収が得られる。 」「レターを見せるだけで簡単に紹介できる。 」などと、あたかも簡単に勧誘できて儲かるかのような説明をする。 さらに、 「会員サービスの上限は10万人と決めている。 おそらく年内もしくは来年に10万人を超えてしまう。 早く登録した方がいい。 」などと嘘を告げ、消費者を焦らせる。 3時間以上の長時間にわたる説明会の後、消費者に申込書面の記入を求める。 消費者が断っても、複数の会員が周りを囲み、「今日登録した方がいい。 」「いいから申請書を書いて。 」などと執拗に勧誘し、契約締結を迫る。 文面を読んでみるとこれはダメだな、と思う点しかない。 というか、今振り返ってみると自分がセールスレターを見せた人たちに対して本当に申し訳なく思いますね。 元会員が見た内部事情 ぼくは2014年3月から約半年間リゾネットで活動していました。 当時と今では事情がだいぶ違うかとは思いますが当時の状況について話していきます。 まず、ぼくが見た限り事業説明会での執拗な勧誘は正直あまり目にしませんでした。 目にしなかった、というよりは異常に思わなかった、という表現が正しいかもしれません。 しかし、 強引な勧誘につながるような手法は教え込まれていました。 一例としては、事業説明会終了後の契約書を書く時間になったら、「やるでしょ、はい、ペン! 」といって無理矢理に契約書を渡す手法。 その方法で契約書を渡してた人は実際には見たことありませんでしたが、こういった手法を教え込まれていました。 やられた側からしたらたまったもんじゃないやり方ですね。 この人リゾネット? と思う人の特徴 過去にこちらの記事にてネットワークビジネスに取り組んでいる人の特徴について書いたことがあるのですが、彼らについてはほとんどの項目が該当しなかったりします。 そのため、ぼくが考える範囲では関わりを避けるための有効な防衛策が見いだせないです。 関連記事 強いて上げるのであればその人のFacebookのタイムラインを見ることでそれとなくわかるんじゃないかな、と。 リゾネットの人はSNSを積極的に活用しており、「旅行楽しかったー! 」みたいなリア充感たっぷりの投稿が多いです。 ちなみに投稿にはリゾネットの名前は一切出てきません これも彼らの戦術の一つで、SNSに投稿することで友人に興味関心を持たせる、というものです。 Facebookで旅行に関する内容が多かったら疑ってかかった方がいいですね。 もちろんリゾネットとは全く関係なく趣味で旅行によく行く、と言う人もいるので参考程度にしかならないんですけど。 おわりに 振り返ってみるとネットワークビジネスをやって上手くいかなくてよかったと今では思っています。 もしうまくいっていたら自分が加害者になっているわけですからね。 リゾネット勧誘の謳い文句としては、「ただで旅行に行ける」というものですが、勧誘できなければ無料どころか、余計な出費を垂れ流しているだけですし、それだったら節約して工夫して旅行に行った方が間違いなくコスパがいいです。

次の

【旅行ネットワークビジネス】リゾネット業務停止を受けて元会員が語る実態

旅行ネットワークビジネス

ネットワークビジネス で 成功 していつでも海外 旅行 にいける幸せを体験!! 日本で海外 旅行する場合、普通は1週間から2週間ぐらいでしょうか? 旅行も行きたいのに仕事が忙しいとなかなか休みが取れませんね。 ゆっくり休みたい、海外 旅行も行きたいと思いますよね。 一生懸命仕事をしてお金を貯めてもそれを使う時間が無かったら 旅行も無理。 その反対に時間はあるけれどお金が無いので 旅行 が出来ないというケースもありますね。 海外、特に欧州では一ヶ月の長期休暇は普通で多くの人が海外 旅行に出かけています。 日本では多くの人たちが 旅行には行きたいけれで時間、お金の問題で断念しています。 しかし ネットワークビジネスで 成功するとお金だけではなく時間というかけがえのないものを 得ることができます。 権利収入と労働収入の違いから出てくるものです。 歌手や小説家は歌や小説を書くと印税と呼ばれる権利収入、一度の労働収入で不労所得を得ることができます。 ネットワークビジネスも組織をしっかり構築すればそこから発生する製品の流通で 不労所得が発生してお金だけではなく時間的自由も獲得することが可能です。 そうすれば1ヶ月でも2ヶ月でも海外 旅行に行くことも出来るのです。 夢のような話ですが、 ネットワークビジネスでは実際にそれが実現できます。 しかし、現実はそんなに簡単ではありませんね。 その為には ネットワークビジネスで 成功する必要があります。 つまりダウンラインを構築して安定させることです。 でも、どうやって? 今までのやり方では口コミ、友人、知人へ勧誘で多く人たちが権利収入を夢見て 成功したいと思いながらも途中で挫折してしまいます。 私たちは一人も口コミで勧誘せずにインターネットで興味のある人だけを集客して ダウンラインを構築するノウハウを持っています。 ここが解決されればもう ネットワークビジネスで 成功したようなものですね。 インターネットでダウンラインを構築して夢の海外 旅行を手に入れましょう!!• 友達に 100 人に電話をしないといけない?• セミナーに毎週行かないといけない?• 交通費や食事代を使わないといけない?• 強引に勧誘しないといけない?• 高額なローンを組まないといけない? ネットワークビジネス在宅成功塾アドバイザー 自己紹介 過去に口コミのネットワークビジネスを展開して多量の買い込み、疲れるセミナーに参加し、知人、友人を勧誘できなくて何度も挫折。 絶望感と共にネットワークビジネス拒否反応まで起し、一時期は希望や夢がもてない時期を悶々と過ごす。 脱サラリーマンの後は有機自然食品の店舗を起業する。 その傍ら権利収入、不労所得の道を探求し続ける。 そしてインターネットで口コミ、勧誘一切無しでダウンラインが構築できるプロジェクトに参画。 インターネットを使ったことで今では以前の悩みは嘘のように解決。 現在は通訳として、国際ネットワーカーとして映画監督として、幅広く活躍中。 ネットワークビジネスで口コミや勧誘で挫折してきた人たち、夢を諦めずに挑戦し続けている人たちを成功に導く無料セミナーを配信してアドバイス、サポートしています。

次の