今年の運勢 姓名判断。 姓名判断 彩~無料姓名判断~

姓名判断 彩~無料姓名判断~

今年の運勢 姓名判断

2020年の姓名判断 全ての人に一人一つずつ与えられているのが「名前」です。 親が決めたという人もいれば親族や兄弟が決めたという人もいるでしょう。 そんな「生まれてから初めてもらえる周りからのプレゼント」である名前を使い、その人の運命を占うことができるのが「姓名判断」です。 姓名判断のルーツ自体は昔の中国の有名な思想である「五行」や「陰陽」が元となっていますが、姓名判断という占いとして大成したのは日本です。 身分に関係なく一般庶民であっても苗字を含めた名前を名乗るようになった明治時代に今の姓名判断の思想が出来上がりました。 派閥により画数の数え方などが微妙に異なることもありますが、基本の考え方はどこも同じです。 姓名判断には「天格」「総格」「人格」「外格」「地格」という5つの格が存在しています。 たとえば『鈴木太郎』という名前を例にしてみます。 天格は別名「祖画」とも呼ばれ先祖から受け継いだ画数ということで苗字のことを表すので、この場合「鈴木」となります。 総格は総合画数ですので苗字と名前を合わせた「鈴木太郎」となります。 人格は苗字の最後の1文字と名前の最初の1文字であり「木太」となります。 外格は外側の格ということで苗字の最初の1文字と名前の最後の1文字を合わせたものですので「鈴郎」となります。 地格は名前のことを表し「太郎」となります。 女性は結婚して苗字が変わることが多いので地格を、男性は結婚しても苗字が変わらない場合が多いので人格を、特に重視して名付けるようにします。 姓名判断の5つの格はそれぞれお互いに作用しあい、総合的にその人の運命や性格を決める要因となりますので、どれかを重視することはあってもどれかを軽視して名前をつけてはいけません。 それほど名前には強い影響力があるということなのです。 つまり、逆に言えば、名前が持つ運勢への影響力に着目した占いをすればかなり的中率の高い占い結果を編み出すことができるということでもあるのです。 ですから姓名判断は2020年の運勢を占うのに適した占いでもあります。 姓名判断はその人の一生の運勢までも把握することができるほど正確な鑑定ができるので、2020年という1年間に限定した運勢ももちろんしっかりと見ることができます。 占い結果だけでなく開運するためのアドバイスも載っていますので、それを参考に行動するようにすれば2020年の運勢が悪かった人も好転させることができるようになりますし、逆に2020年の運勢がとてもよかったという人もさらなる高みを目指すことができるようになります。 また、2020年に結婚を考えているという方がいれば、ぜひ姓名判断で結婚前と結婚後の苗字どちらも占ってみることをオススメします。 もしあまり運勢がよくなければ今年1年間は結婚することを控え、恋人との愛を育み次の年以降の結婚がより良いものになるようにしましょう。 運勢が良ければ今が結婚に向いている時期ということですから、2020年のうちに結婚をするようにしましょう。

次の

姓名判断

今年の運勢 姓名判断

姓名判断は名前だけで様々な可能性を推し測ることができる実用的な手法にもなります。 名前の持つ性格や将来の方向性を把握することで人生がより充実したものになるでしょう。 恋愛や結婚において、相手との釣り合いや家系同士の相性などを確認することができます。 どのような人生の傾向にあり、どのような運勢になるのかを総合的に確認することができます。 自分が秘めている潜在能力や将来性などを確認し、進むべき道を明確にすることができます。 自分がどのような能力を持ち、どのような道で力を発揮できるのかを確認することができます。 日々の運勢を的確に把握することで、幸せや成功への近道を知ることができます。 会社の持つ潜在的な可能性や社会的な認知度、成功の具合や職場環境の良さなどを確認することができます。 名称が持つ運勢を確認することで、そのものと名前との相性の良し悪しや可能性を明確にすることができます。 姓と名の画数の配分や、七運の構成などを明確にしていくことで、画数を基本とした命名の方向性が分かります。 命名時に大事な画数を基本として、どのような漢字で赤ちゃんの名前を構成するのかを決めることができます。 05画の運勢名:福寿運 吉凶:大吉 この画数を持つ人は、温和で包容力があり、義理堅くて人に好かれる傾向にあります。 人間関係は広がり、色々な人と出会う機会に恵まれます。 誠実で義理堅いため、相手からの反応も良く、協力してより大きな事を成し遂げる機会にも恵まれるでしょう。 基本は順風満帆な人生になり、数多くの成功をその手に納めることができます。 他人から見ると、羨ましがられるような幸せと成功に満ちた人生になるでしょう。 しかし、その成功は人間関係に起因していることを忘れ、自分の力だと思い込むと思わぬ問題を生じることも。 人に対して、常に感謝の意と誠実さを持つことで、成功も分かち合え、より大きな力へと変わります。 結婚への意識を強く持つことで、良い縁談にも恵まれ、子孫が繁栄する傾向にあります。 絵に描いたような、幸せな結婚生活を手にすることもでき、仕事と家庭との両立も実現させることでしょう。 非の付け所の無い運勢でもありますが、義理人情に負け、金銭の貸し借りが始まると、 思わぬ問題と破局を招く恐れがあるため注意が必要になります。 身内だとしても、金銭関係の問題には十分注意しておきましょう。 その他の画数の意味は下記を参照してください。 姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。 ここでの姓名判断の基本的な考え方は「名は体を表す」になります。 普段使用する漢字での姓名が、その体の本質や性格、可能性や運勢を表していると考えます。 良い画数の名前は、性格や運勢の良さを表し、悪い画数の名前は、性格や運勢の悪さを表します。 また、姓名判断での占い結果が良い名前は、努力が報われやすくなることや、環境に恵まれて巡り合わせが良くなります。 姓名判断は、あくまで姓名の持つ可能性や本質的な方向性を表すもので、その後の環境や育て方、本人の努力などで人生は大きく変わります。 占い結果が良いからという理由だけで幸せになれる訳でもなく、占い結果が悪いからという理由だけで不幸になるわけでもありません。 占い結果が良くても、考え方を誤れば転落人生になることもあり、占い結果が悪くても努力で成功することもできます。 今後の人生において改名や赤ちゃんの命名や芸名などを考える際、良い画数の名前にするに越したことはありません。 しかし、その後の努力を重ねることや、正しき道を進む事をしなければ、幸せや成功もまた期待できないものになります。 姓名判断を正しい手順と共に最大限に活用し、成功と繁栄とを目指して行きましょう。 姓名判断を活用することで、名前の持つ本質的な運勢や性格、特定の相手との相性などを占うことができます。 その名前がどのような運勢や可能性を持つのか、どのような性格や能力になるのかを確認することができます。 自分自身のことを知るだけではなく、周囲の人の性格や運勢を知ることで、人間関係や恋愛関係、家庭環境などを構築しやすくなるでしょう。 また、姓名判断を応用することにより、特定の相手との相性を占うこともできます。 相性は人間関係だけではなく、恋愛や結婚などにも活用することができ、良い関係を築く目安を確認することができます。 姓名判断では、恋愛運や結婚運を占うこともでき、自分がどのような人生を送る傾向にあるのか把握し、対策を講じることなどもできます。 名前同士の相性は非常に大事な要素になり、相性が良いと関係が進展しやすく、相性が多いと障害が多くなります。 特に相手との結婚などを考える際には名前の相性を重視し、家系同士の相性やその後の関係性なども確認しておきましょう。 姓名判断を用いて占いをする際には、姓 苗字 と名 名前 を構成する各漢字 ひらがな の画数を算出します。 漢字1文字ずつの画数が何画になるのかが非常に大事な要素になります。 その画数を元に様々な視点で、その名前がどのような運勢を持つのかを掘り下げていくのが姓名判断になります。 ここでの姓名判断の基本は「天運」「人運」「地運」「総運」の四運になり、そこに「外運」「社会運」「家庭運」の三運を加えて掘り下げていきます。 漢字の画数の算出法においては、「新字」「旧字」「字源」「戸籍」「筆勢」などがあり流派により異なるのが特徴です。 ここでの姓名判断は、普段使用する漢字を用いて占うのが基本となり相術の一つとして考えていきます。 天運は家系運や自分自身が背負うべき宿命を表す他、晩年運 55歳前後以降 を表します。 地運は家庭環境や親子の関係、結婚への向き不向きや健康面を表す他、初年運 27歳前後まで を表します。 人運は性格や才能、決断力の有無やや意思の強さを表す他、中年運 54歳前後まで を表します。 総運は全体運や生命力、努力の報われやすさや人との出会い運などを表す非常に大事な要素になります。 初年運~晩年運のすべての運勢に強く影響してきます。 外運は対人関係や外部からの評価、健康状態や人との出会い運などの運勢を表します。 社会運は仕事への満足度合いや発展性、職場環境からの評価や社会への貢献度合いを表します。 家庭運は家庭に対しての満足度合いや誠実さ、結婚や夫婦関係の満足度を表します。 姓名判断では、画数の考え方が非常に重要になります。 それぞれの画数には意味があり、その意味の良し悪しで運勢を判断するのが基本的な考え方になります。 漢字1文字の画数を判断するというよりは、上記の七運の画数を判断する際に、この画数の意味が重要になります。 例として挙げると、13画の意味は「人気運」と称され、周囲の人からの人気を集めて成功できることや、人望と指導力を持ち大成できるという画数になります。 13画の姓 苗字 の人は、晩年に周囲の人からの信頼と注目を集められるほか、家系的にも人が集まりやすい家系と考えるのが画数の考え方になります。 また、男性が主導権を握る家系になるほか、人との関わりを背負い、人間関係から逃れられない人生になると姓名判断では考えます。 外運が13画になる場合、この人気運はより強くなり良くも悪くも、より多くの人と関わることを避けては通れない人生になります。 姓名判断における23画の意味は「大成運」と呼ばれ、大きく発展して成功と繁栄を手に収める実力を持つ画数になります。 総運が23画の人は人生を通し大きな発展を遂げ、多くの成功と繁栄を収める強運の持ち主になります。 またそれだけの努力ができ、適切に報われるという良運の持ち主と見ることもできます。 総運が23画の女性の場合、仕事や社会で活躍できますが、そちらが優先されてしまい結婚が遅れてしまうという判断もできます。 現代社会においては、このような強運を持つ女性が社会で活躍され、結婚が遅くなっても幸せを手にするという事は少なくありません。 このように、七運のそれぞれがどのような画数であり、その画数がどのような運勢を持つのかを掘り下げて解釈して行くのが姓名判断の基本の流れになります。 画数の意味だけではなく、七運自体の基本的な意味や、初年~晩年にかけての運勢などを複合的に関連させ、解釈していくことが姓名判断では重要になります。 ここでの姓名判断では、「普段使用する漢字」にて判断をするのが基本になります。 「名は体を表す」と言う考え方が基本となり、普段から使用する自分を表す漢字を重視します。 普段使用する漢字が新字であれば新字を基準とし、普段使用する漢字が旧字であれば旧字を基準として判断をします。 また、普段使用する漢字が、新字と旧字が混在する場合には、混在したままで姓名判断をするのが基本となります。 姓名判断の流派では、旧字体や字源、戸籍所の漢字などで判断することもあります。 ここでは、旧字体、新字体、戸籍上の漢字の有無を問わず、普段使用する漢字で判断をすることを前提に構成されています。 姓名判断を相術として使用していくのが、ここでの基本事項となります。 姓名判断の活用法は、自分や周囲の人の名前からその人の運勢を占うのが一般的な活用法になります。 気になる相手との相性や将来性、姓が変わる結婚後の生活や運勢などを占うこともできます。 また、これから生まれてくる赤ちゃんの命名をする際に、姓名判断を元に良い運勢を持つ名前に決めることもできます。 これら人の名前を元に姓名判断を活用することで、色々な面から運勢や相性、将来性や潜在能力などを占うことができます。 姓名判断をより有効的に活用する際には、自分自身が普段使う名前を変えるという手法があります。 芸能人や著名人の芸名や筆名などが良い例であり、自分を表す名前を普段と違う視点で決めて行きます。 この際、自分の本名を元に漢字を変えることや、ひらがなで表記することなどで調整し運勢を変えて行きます。 様々な面で使用する仕事などの名刺などは、このような別名を活用して運勢を向上させることができます。 ここでの姓名判断は相術の扱いになり、使えば使う程運勢が向上する点が大事になります。 上記のように姓名判断を活用する基本は、人の名前に活用していくことになりますが、会社名や商品名などにも活用することができます。 会社を起業する際の名称の画数の良し悪しや、発売する商品の名称の画数の良し悪しなどを、人名と同じ手法で吉凶の判断をすることができます。 このような際には、その名称の総画数を考慮して画数の吉凶から名称の良し悪しを判断します。 建物の名前や本や論文の題目などを決める際にも、この姓名判断を活用することができます。 このように、姓名判断は人の運勢の良し悪しを判断するだけではなく、名前のある物すべてを対象にして吉凶の判断をすることができます。 また、名称を決定する際に駆使することで、その物自体が持つ運勢を向上させ、高い潜在能力を持たせることができます。 芸能人が姓名判断を活用して芸名を付けることや、改名することなどは開運法として良く使われる手段でもあります。 実際に人の戸籍上の本名を改名するのは手続き上非常に難しいため、普段使う名称を調整することで運勢を向上させ開運するというのが姓名判断の活用法になります。

次の

旧きつねの姓名判断

今年の運勢 姓名判断

【鑑定内容】 ・今年の運勢 ・ラッキーカラー ・気をつける病 ・生年月日から出す持って生まれた宿命星 ・姓名鑑定 吉凶判断 オプション ・相性 恋愛 大聖房の姓名判断は、正統な運命学の姓名判断です。 姓名と生年月日から、あなたの運勢を鑑定いたします。 複雑な社会に生活する人々は、 誰でも「運命」について関心があると思います。 自分の生まれつきの運命は、 良いのか?悪いのか? 誰でも気になりますよね。 では、運命とは何か? これは運命学から言えばすごく簡単なことです。 運命とは「自然」と言うことなのです。 これを運勢に置きかえると、 人生を歩むとき「自然」に逆らって生きつづける事はできません。 例えば大地震や大きな台風などの天災があった場合 人間は なすすべがないのです。 この事を姓名判断の立場から言うと、 悪い姓名を持った方は、 運勢がいつまでたっても開かないのです。 それはなぜか? 姓名判断は字の画数から、鑑定いたします。 画数はすなわち数字ですが、 数字は「自然」なのです。 なぜ数字は自然なのか? 数字のことを考えてみますと 「世の中は数字がないと絶対になりたちません」 ですから数字は 宇宙の原則 つまり無くてはならないもの 「自然」と解釈するのです。 これを運命に当てはめると 悪い画数=数字を持った姓名は、 自然に逆らうことになるので、 いくら努力しても運勢が開きません。 場合によっては、 事故など危険な目にあうことにもなります。 従って、悪い姓名の方は、良い画数を持った吉名に改名するしかないのです。 開運の秘訣は、改名しかありません。 正統な運命学【大聖房】式の姓名判断では 姓名と生年月日から、あなたの運勢を鑑定をいたします。 『如何なる科学も智力も運命の前には無力である 運命に乗ずるものは栄え運命に逆らうものは亡ぶ』 購入にあたってのお願い.

次の