赤いあざ 痛くない 消えない。 足に赤い斑点がでて心配・不安になったとき知っておくべきこととは?

顔・腕・足・手・お腹・背中などのかゆくない湿疹の原因は?

赤いあざ 痛くない 消えない

あざができてしまった…はやく治すには?! あざって、たまにマスタードのような粒粒な柄になって、自分でも「ちょっと気持ち悪いな…」と思うことはありませんか?それが人に見られてしまうとしたら、どうでしょう。 当然、気にしてしまいますよね。 冷やすことで、血液の流れが抑えられるので、炎症も防げます。 1日~3日冷やすのが目安ですよ! そして、 ぶつけた場所の腫れ感が引いてきたら、今度は患部を温めます。 体温程度のお湯で、タオルを濡らし、絞ってあざの場所に当てましょう!タオルが冷めてきたら、またお湯で濡らして、絞って、当てる。 この繰り返しなので、面倒に感じるかもしれませんが、あざの色を残さないためには、とても有効なんです。 温めるという点では、ぬるま湯に患部を浸す、というのも良いのでは。 ビタミンCは、果物や野菜に、鉄分はひじきやレバーに多く含まれます。 意識して多く摂するようにすると良いのではないでしょうか。 アトピー性皮膚炎の治療にも使われる、優しい成分なんですよ!うっ血(血がたまっていること)に働きかけ、治りを良くしてくれます。 ただし、ヒルドイドは医師の処方せんがなければ手に入りません。 市販薬でも、ヒルドイドと同じ成分が入ったものがあるので、探してみてはいかがでしょうか。 参考までに、ドラッグストアで購入できるものを紹介しますね。 ヘパソフトプラス(ロート製薬) 出典: 冬の乾燥肌のケアに効く商品ですが、ヒルドイドと同じ肌の修復成分も含まれています。 保湿と抗炎症作用で、あざをやさしく治療してくれるんです! HPクリーム(グラクソ・スミスクラインコンシューマーヘルスケア) 出典: こちらも、肌の修復成分が含まれますよ。 スポンサーリンク ローションとクリームがありますが、あざにはクリームの方が使いやすそうですね。 アットノン(小林製薬) 出典: やけどの痕などにも使えるアットノンも、ヒルドイドと同じ成分を含んでいますよ。 塗り薬にはめずらしいジェルタイプなので、少し値が張りますが、こちらもおすすめです。 レーザー治療 時間が経っても、何をしても、どうしてもあざが治らない(消えない)場合は、メラニン色素が沈着している可能性があります。 その場合は、 レーザーでなければ色素を取ることができないので、病院で相談してみましょう。 ここまで、あざをはやく治す方法についてお話ししました。 中でも、あざはすぐに冷却すれば早く治るもの、というのは意外に知られていなかったのではないでしょうか。 ぶつけてから3日経っていなければ、今からでも間に合いますよ!しっかり処置しましょうね。 参考: 急にあざが…これって病気?! 転んだり、ぶつけたりした覚えもないのに、あざができていたら…。 以前は、身に覚えのないあざや切り傷ができていたら、「かまいたちだ!」と言って、目に見えないイタチの仕業にしていました。 でも、かまいたちより怖いものが、忍び寄っている可能性がありますよ。 白血病 白血球が、体の中で異常な勢いで増える病気です。 血液のがん、と聞いたことがる人もいるでしょう。 この病気では、血液中の白血球が増える代わりに、血を固め、出血を止める役割のある血小板が少なくなってしまいます。 その影響で、ぶつけた覚えがなくてもあざができてしまうことがあるんです。 血小板減少性紫斑(しはん)病 白血病と同じように、血小板が減少することで起こる病気です。 血小板が減ったことで、血を止める機能が著しく低下している可能性がありますよ!ちょっとしたことで、すぐにあざができてしまう場合は、要注意です。 悪性黒色腫 別名メラノーマと言います。 皮膚がんの一種で、黒っぽいあざ(ほくろのように見えるかもしれません)ができ、その大きさは直径1cmと大きいことが特徴です。 ほくろのような見た目で、徐々に大きくなってきているものは要注意! 血管腫 生まれつきある良性の腫瘍です。 血管のない日細胞が異常に増えることで起き、表面の赤いあざや、イチゴのように赤く膨れ上がったものなど、形はさまざま。 治療をするとなると、レーザー療法が主流です。 扁平母斑(へんぺいぼはん) これは、 茶色っぽいあざで、カフェオレ斑と呼ばれることもあります。 生まれつきある場合と、思春期にできる場合がありますが、悪性はありません。 どうしても取りたい場合は、こちらもレーザー療法になることが多いようです。 いかがでしょうか。 白血病やメラノーマなど、ガンによってあざができるのは怖いことですよね。 また、生まれつきあざがある場合は、病気ではなくても、比較的目立つものが多いようです。 どうしてあざができてしまったのか、見当がつくかどうかに関わらず、病院を受診することをおすすめしますよ。 あとで、「このあざは病気が原因だったなんて…」と気づいたのでは、手遅れになることもあるんですから! 参考: まとめ 体にできてしまったあざを治すには、ぶつけたり転んだりしてから、3日以内に冷却することが大切です。 十分冷却したあとで、あたためたり塗り薬をぬったりするとより効果的ですよ!ビタミンCや、鉄分をしっかり摂取するのも大事ですね。 病院を受診すれば、ヒルドイドという薬を処方してもらえますが、どうしても病院に行く時間がない場合は、ヘパソフトプラスなどの、ヒルドイドと同じ成分の入った市販薬を試すのも良いでしょう。 また、身に覚えのないあざができた場合は、白血病やメラノーマなどの重大な病気であることが考えられるのも事実です。 おかしいな、と思うことがあれば、すぐに病院を受診すると良いでしょう。 あざには、ここで紹介したようにたくさんの種類がありますが、正しい処置をすればちゃんと治ることがほとんどです! まずは、ひやすところから始めましょう! 参考:.

次の

何このあざ?脚マッサージの後に気になる内出血について

赤いあざ 痛くない 消えない

湿疹の原因はさまざまですが、かゆみを伴わない湿疹があるのをご存じの方も多いですよね。 湿疹やじんましんなどは、かゆみを伴うイメージがありますが、湿疹の原因としてウィルス性のように感染して出ている症状なのか、または精神的なストレスから出ているか、といくつかに分けることができます。 かゆくなくても、湿疹は皮膚病には違いないので、それが急性なのか、慢性的なのかも見分ていきましょう。 今回は、かゆみのない湿疹の原因として考えられるいくつかの要因を見ていきます。 かゆみがないから、と放置せず、もし湿疹が出ているのであればよく似た症状だったり、もしかしたら一度受診した方がいいような湿疹の場合原因が見つかりますよ。 何もないところに煙は立たないので、一度立ち止まって湿疹の原因となるものと向き合うと、大変な病気であっても事前に発見することにより最小限の治療で終わります。 そこで今日は、かゆみのない湿疹の原因についてお伝えします。 ジベル薔薇色粃糠疹(ばらいろひこうしん) 痛みもかゆみもない湿疹の原因として考えられるのが、ジベル薔薇色粃糠疹(ばらいろひこうしん)です。 発熱や倦怠感などの全身症状はほとんどなく、皮膚病にありがちなかゆみがないのが特徴的です。 ジベル薔薇色粃糠疹の湿疹の原因は、花粉や金属、湿気、紫外線、食べ物、動物の毛などいろいろと要因がありますが、湿疹の場合は、症状が持続しながら悪化していく傾向があります。 じんましんの場合は消えたり現れたりを繰り返すので、その違いを観察してみてください。 湿疹になりやすい体質の方はシックハウス症候群にも合わせて気を付けましょう。 1〜2か月程度で、自然治癒することがほとんどありますが、紅斑の痕が残ることもほぼないようです。 よって、特別な治療は必要としないケースが大半を占めています。 再発することも、ほとんどないと指摘されています。 しかし、ジベル薔薇色粃糠疹によく似た病気があります。 血液検査、細胞の検査、皮膚の組織を一部採取して顕微鏡で観察するなどいないといけない場合もあります。 この場合は、専門家の皮膚科の受診をお勧めします。 ジベル薔薇色粃糠疹を知らない医師もおられるようなので、よく診察してもらってください。 普段からのお肌の毛を欠かさないことも予防につながります。 水虫や薬物アレルギーとは かゆみもない湿疹の原因として、水虫があげられます。 角質増殖型の水虫です。 症状としては、足のかかとが硬くなる症状がみられることがあります。 通常の足の指の間にできる水虫は、趾間型(しかんがた)と言われるタイプで、白くふやけて、むずむずとかゆい、などと表現されます。 水虫の湿疹の原因としても2パターンあるので、どちらのタイプか見極めるため皮膚科を受診しましょう。 水虫と診断された場合、予防として塗り薬を処方されます。 処方された分は最後まで使い切ると、水虫の再発防止にもなるでしょう。 ダニによる湿疹とは かゆみのない湿疹の原因でダニによる湿疹があります。 ダニに刺されて皮膚が赤くなり、ぶつぶつができるという症状が現れルことがあります。 この場合は、全くかゆくない場合が多いとされていますが、時にかなりかゆい症状が出るときもあるので、こちらも症状の見極めが大事です。 ストレス性皮膚炎とは かゆみのない湿疹の原因で精神的な面が原因の場合があり、 ストレスによって生じる身体の湿疹のことを「ストレス性皮膚炎」といいます。 ストレスで胃や腸などの消化器官に影響が出てしまいます。 食べたものを食道から腸までで、それぞれの消化器官へ移動させる臓器が悪くなっていると、湿疹が出ることがあります。 内臓からの異変や外部からの刺激 かゆみのない湿疹の原因には、内臓からの異変を示すものもあります。 体のどの部分に出ているのかは疾患の特定に重要な意味をもたらしますので、湿疹のでかたをよく確認しましょう。 服などで守られている部位で症状が出ないのであれば、外部からの刺激が原因と捉えられます。 また、左右対称である場合は、内部の異変に気を付ける目安になります。 このように、かゆみのない湿疹の原因はさまざまです。 かゆくないから、痛くないから、と放っておくと後で取り返しのつかないことになってしまうこともあるので注意しましょう。 湿疹が出て日常生活に違和感がない場合でも、一日一回は湿疹のチェックをすることをお勧めします。 同じ症状が続いているのか、範囲は広がっていないか、湿疹が出ている場所はどこなのか、悪化していないか、かゆみは出てきていないかなどメモを残しておくと、受診する際も、先生に症状をお伝えし判断してもらう目安にもなります。 もし治療が必要な場合でも、症状の初期段階で治療ができれば、通院回数や治療費も最小限に抑えることが可能です。 適切な処置を行うことで大病の前兆を発見できるケースだってあります。 かゆみがない湿疹だから、と軽く見過ごさずに一度この記事を読んで気になった方は専門医の受診をしてくださいね。 まとめ かゆみのない湿疹の原因とは ・ジベル薔薇色粃糠疹(ばらいろひこうしん) ・水虫や薬物アレルギー ・ダニによる湿疹 ・ストレス性皮膚炎 ・内臓からの異変や外部からの刺激.

次の

赤あざ(血管腫)(あかあざけっかんしゅ)とは

赤いあざ 痛くない 消えない

あざは消えるのか?消えないのか? 生まれつきのあざについて一番気になるのは、 消えるのか 消えないのか ですよね。 タイトルの通り、お母さんが産んだ病院でも、あざについては賛否両論あります。 はっきりいえば、専門機関ではないから、詳しいことがわからないのかもしれません。 今までに、あざの治療に通われた様々な患者さんと接する機会があったのですが、 ・病院で3歳くらいまでには 消えるでしょうと言われた ・産婆さんが 消えると言っていた ・赤ちゃん訪問事業の保健師さんが 消えると言った などと言われ、安心しきって数年経ち、小学生くらいになってから、消えないあざだと気がついたお母さんがいました。 いづれも、50代~の方から言われているそうです。 もしかしたら、数十年前はそういう風に言う風習でもあったのかもしれません。 消えるあざ、消えないあざの特徴 医者や専門職の言うことはほとんど正しいかもしれませんが、間違うことだってあります! まず、消えるあざの特徴、消えないあざの特徴を書きます。 色で判断し、消えるあざだと断定しない方がいいです。 スポンサーリンク ポートワイン母斑について 顔に生まれつきあるあざのうち比較的判断しやすいのは ポートワイン母斑という単純性血管腫のことです。 消えるあざである正中母斑(サーモンパッチ)とは見分ける必要があります。 ポートワイン母斑は簡単に言うと、赤くなっている部分に血管が集まってしまったんです。 決して、 お母さんが産むときに何かしたから出来たわけではありません! これは声を大にして伝えたいことです。 ポートワイン母斑は、産まれてすぐにわかります。 顔以外にも出来るあざです。 ・境目のはっきりした赤いあざがある ・落ち着いている時(寝ている時)よりも興奮(泣いているとき)しているときに、はっきりと浮き出る(赤みが強まる) これは、ポートワイン母斑の特徴です。 消えないあざですので、消すためには、医療機関にて、 レーザー治療する必要があります。 そして、このレーザーの時期は早ければ早い方がいいです。 理由は、まだ血管が細く、成長していない内の方が血管を焼きやすい。 さらに、まだ治療を受ける本人に、嫌な思いをなるべく残さないようにという意味もあります。 また、保険適用のあざですので、安心して治療を受けることができます。 ポートワイン母斑の合併症 ポートワイン母斑で、かつ目の周りに出来ている場合、注意が必要です。 血管腫というのは、目の中にも出来ている可能性があるからです。 目の白目の部分も多少赤みがある場合、眼圧を測る必要があります。 両目で眼圧に差異がある場合、視力に影響があり、また緑内障になる可能性があります。 また、この眼圧測定は赤ちゃんだと大変です。。。。 泣いたら眼圧が変わってしまうので、基本、麻酔シロップで眠らせて測定します。 1歳過ぎると、シロップを飲まない時なんかは、座薬を入れる場合もあります。 眼圧測定は医療機関にもよりますが、3ヶ月おきくらいで通院することになるでしょう。 レーザー治療の覚悟 さらに、まぶたの上、眉毛のところに母斑がある場合は、レーザーによって、例えば眉毛が生えてこなくなる(レーザー脱毛)、視力に影響が出る、などのことが考えられますので、親の判断が必要になってきます。 レーザー後は、治療部を紫外線から守るための保護シール、治療部を触らせないための拘束ミトンなど、赤ちゃんだと大変なことが多いですが、確実に治療前よりは良くなりますので、一緒にがんばっていく覚悟が必要です。 ただし、レーザーでも完璧に消し去れるかは具合によります。 母斑は様々な種類、色がありますので、wikiなどで見て、実際の画像を検索して見る事が大事です。 また、少しでも心配があるようなら、早い時期にこどもの最新の医療センターにかかることをお勧めします。 この記事が、母斑を持って生まれてきた赤ちゃんのお母さんやお父さんの不安を、少しでも取り除けることが出来れば幸いですm _ _ m スポンサーリンク.

次の