ダーク オカルティズム。 Amazon

ダーク・オカルティズム

ダーク オカルティズム

1 :手札を1枚捨てて発動できる。 自分のデッキ・墓地から「ウィジャ盤」1枚または悪魔族・レベル8モンスター1体を選んで手札に加える。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分の手札・墓地の「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードの中から、 任意の数だけ選び(同名カードは1枚まで)、好きな順番でデッキの一番下に戻す。 その後、戻した数だけ自分はデッキからドローする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 で登場した。 をことでか8・を・する、自身をにかをに戻してするを持つ。 1 はか8・をに。 こそ負うが、をできる貴重な手段である。 もう片方の選択肢である8・については、やのようなに見合ったを加えたい。 を必要としないために上記の制約を回避でき、と差別化できる。 などことでできると相性が良く、をすればそのままも可能である。 2 はとをに戻し、その枚数だけする。 これらの回収手段となり、戻す枚数によっては大量が可能。 と比べると往復1待つ点や、のにできない点があるものの、枚数が多く、へので新たにを引くが低い点が勝る。 1 のとしてをにしても次のにこので戻して1枚になる。 総じてではに続く有用なとなる。 ・8はに入るはを、に入るは参照。 「オカルティズム(occultism)」はラテン語で「隠されたもの」を意味する「occulta」に由来する語であり、日本語では「神秘学」と訳される。 一般常識では解明できてない分野(占星術・呪術など、いわゆるオカルト)の存在を認める思想、あるいはその思想に基づいた実践を意味する。 原作およびアニメでは、闇バクラが死霊系や人形系のを採用したを「オカルトデッキ」、やを利用した自らの戦術を「オカルトコンボ」と称していた。 「オカルティズム」という単語が用いられているのはこれを強く意識したものだろう。 先にが含まれている点や、のである点からもそれを窺うことができる。 は、原作バトルシティ編の「闇マリクvs闇バクラ」戦において、敗北した闇バクラが闇のゲームの罰を受けて「俺は元々、闇そのものなんだからよ…」と言い残し闇に飲み込まれて消えていくシーンと似ている。

次の

遊戯王カードWiki

ダーク オカルティズム

はじめに どうも、管理人の白金です。 「EXTRA PACK 2019」で【未界域】が登場する日が近づきつつありますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 今回の【未界域】カードは「手札を捨てる」ことを主戦術としています。 同じように「捨てる」ことが重要だったカードには【暗黒界】もありますが、暗黒界がコストで捨てることに対応していないことに対して未界域はコストで捨てることにも対応しました。 ということで、手札を捨てる効果を持つ効果を持つカードの中で有用なものをいくつかピックアップして紹介します。 「効果で捨てる」カードと「コストで捨てる」カードの二つに分けて見ていきましょう。 「効果で捨てる」カード 《暗黒界の取引》 《オールド・マインド》 【 通常魔法 】 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 その後、以下の効果から1つを選んで適用する。 その後、フィールドのこのカードを相手の手札に加え、自分はデッキから1枚ドローする。 当サイトでも取り上げたことがあったこのカードですが、しっかりこのカードでも自分のカードを捨てることが出来ます。 相手の手札を巻き込める反面、どのようなカードを捨てられるかは相手の状況に左右されるため盤面・経験から推測する力が必要となります。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 手札コスト1枚で墓地のレベル4以下のモンスターを効果を無効にして蘇生させることが出来ます。 効果を発動した後はEXデッキからシンクロモンスターしか特殊召喚できなくなりますが、発動前ならば制限はかからないため他のカードでリンク召喚等を済ませておきたいものです。 「海皇」モンスターのトリガーとなれる点もポイントです。 1 :手札を1枚捨てて発動できる。 デッキから「音響戦士ギータス」以外の「音響戦士」モンスター1体を特殊召喚する。 【モンスター効果】 1 :このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 手札1枚をコストにデッキから「音響戦士」モンスターを呼び出すことが可能となります。 この効果で呼び出せる「音響戦士」モンスターはレベルがばらけている他、チューナーモンスターも存在することからリンク・シンクロ・エクシーズ召喚をほぼ自由自在に行うことが出来ますね。 デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。 そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。 融合召喚を強力サポートしてくれるドラゴン族モンスターカードです。 手札1枚が「融合」「フュージョン」通常魔法に変わるため《ネオス・フュージョン》等の強力な融合魔法カードをすぐさま手札に加えることが出来ます。 自分のデッキ・墓地から「ウィジャ盤」1枚または悪魔族・レベル8モンスター1体を選んで手札に加える。 自分の手札・墓地の「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードの中から、任意の数だけ選び(同名カードは1枚まで)、好きな順番でデッキの一番下に戻す。 その後、戻した数だけ自分はデッキからドローする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 効果の都合上【暗黒界】との噛み合いがそこまで良くないのが残念ですが、それでも強力なサーチカードとして名を馳せています。 《ウィジャ盤》を使うデッキの強化カードとして刷られたこのカードですが、レベル8悪魔族モンスターを扱うデッキではかなり重宝しますね。 《ライトニング・ボルテックス》 《ライトニング・ボルテックス》 【 通常魔法 】 手札を1枚捨てる。 相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。 言わずもがな、名の知れた全体除去カードです。 今でこそ《サンダー・ボルト》が禁止から戻ってきてはいますが、2019年9月1日現在あちらを複数枚積むことはまだできないので採用する意義はあります。 特に【未界域】であればこちらは無理なく積むことが出来るでしょう。 おわりに 「手札を墓地へ送る」「手札をリリースする」「手札を破壊する」……様々な書き方で手札のカードは墓地へ行きますが、その中でも「手札を捨てる」はなかなか見ることのない書き方です。 そうであるが故に【暗黒界】は昔からこの問題に何度も何度も直面してきました。 今回は「未界域」モンスターカードたちが「捨てられた」場合に効果を発動するということで、カードのコスト・効果にかかわらず「捨てる」ことができるものへ注目が集まっています。 彼らの日本上陸を前に「捨てる」カードについて少しだけまとめてみましたが、おそらくこの他にももっといいカードはあるでしょう。 多くのデュエリストが普段なかなかデュエルでは意識しない「捨てる」効果に今後注意してみてはどうですか?.

次の

「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-(DP22)」のおすすめカード12選!

ダーク オカルティズム

dandeです。 先日、 《ダーク・オカルティズム》のカード紹介をしました。 その際に、冗談交じりで 【ウィジャノイド】などと言っていたのですが、言いっ放しというのもアレなので、一応組んでみました。 あくまでネタデッキとして見て下さい。。 【デッキレシピ】 イド・ネヘモス2 イド・2 イド・3 イド・ヴァエル2 イド・アスタロス3 イド・3 イド・3 イド・デカトロン3 イド・シャイターン3 トーチ・ゴーレム1 カース・ネクロフィア3 隣の芝刈り2 名推理1 モンスターゲート3 ダーク・オカルティズム3 煉獄の消華3 煉獄の虚無1 煉獄の1 煉獄の氾爛1 暗黒世界-シャドウ・-2 テラ・フォーミング1 左腕の代償3 強欲で貪欲な壺1 1 ハーピィの羽根箒1 死のメッセージ「E」1 死のメッセージ「A」1 死のメッセージ「T」1 死のメッセージ「H」1 1 煉獄の狂宴3 計60 【EX】 イド・ティエラ1 リン3 水晶機巧-ハリファイバー1 ・マジシャン1 セキュリティ・ドラゴン1 トロイメア・フェニックス1 トロイメア・1 トロイメア・1 アークロード・パラディオン1 V-LAN 1 トライゲート・ウィザード1 召命の神弓-アポロウーサ1 双穹の騎士アストラム1 【デッキ解説】 いわゆる 【芝刈りノイド】の派生デッキですね。 《ダーク・オカルティズム》で《トーチ・ゴーレム》をサーチしていつものムーブ。 《・ドラゴン》が禁止になったとはいえ、強力なリンク4モンスターが増えており、《トーチ・ゴーレム》の強さは健在です。 何より簡単にサーチできるようになったのは大きい。 そして、このデッキでさらに重要なのは、 《ダーク・オカルティズム》の隠された効果。 《隣の芝刈り》《名推理》《モンスターゲート》で、【イド】に紛れて落ちていく《》と【死のメッセージ】。 それらをデッキに戻して 5ドローすれば、潤沢な手札・墓地を使って【イド】を並べまくり勝利できるはず、というコンセプトです。 元々【イド】と相性が良い《アークロード・パラディオン》も、《トーチ・ゴーレム》からであれば容易にリンク召喚できますね。 【死のメッセージ】を素引きしてしまったときは、 《煉獄の消華》等のコストで捨てていきましょう。 永続魔法 「煉獄の消華」の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :手札を1枚捨ててこの効果を発動できる。 デッキから「煉獄の消華」以外の「煉獄」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 このターン、自分は「イド」モンスター以外のモンスターを召喚・できない。 2 :自分の「イド」モンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に、魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。 その戦闘を行ったお互いのモンスターを除外する。 今回、【推理ゲート】に対応する通常召喚可能なモンスターは《イド・デカトロン》3枚のみです。 理由としては、 《カース・ネクロフィア》で除外ゾーンからデッキに戻せるからです。 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :除外されている自分の悪魔族モンスター3体を対象として発動できる。 このカードを手札からし、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :モンスターゾーンのこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを墓地からする。 その後、自分フィールドの魔法・罠カードのカード名の種類の数まで相手フィールドのカードを選んで破壊できる。 これで安心して【推理ゲート】できますね。 事故率は低くありませんが、楽しいデッキになりました。 よかったら組んでみて下さい。 ではでは。 dandee.

次の