中国 コロナ いつから。 【新型コロナウイルス】中国で発生している新型肺炎 9つの質問に答えます

中国に全世界が激怒。新型コロナ情報隠蔽に5500兆円の賠償要求

中国 コロナ いつから

フランスの生理学・医学の権威でノーベル賞受賞者のリュック・モンタニエ博士は「武漢コロナは生物化学兵器関連の人工のもの」と断定し、欧米は同博士の見解に賛意を示した。 豪政府は「WHO抜きの調査団を派遣せよ」と発言した。 今や中国は四面楚歌、「中国之夢」は悪夢となった。 元凶説を中国は真っ向から否定するが、もはや欧米は聞く耳を持たない。 そして、中国への賠償訴訟が次々と提示され、民間の弁護士や団体ばかりか、ついに米ミズーリ州の司法長官が正式に提訴した。 米国では、上院のトム・コットン議員やジョシュ・ホーリー議員、下院のランス・グッデン議員やジム・バンクス議員らも、感染拡大を隠蔽した中国当局の高官を処罰し、損害賠償を求める決議案や、最初に告発して犠牲となった医師の名前を冠して「李文亮法案」「ストップCOVID19法案」などを提出した。 英国、エジプト、インド、オーストラリア、ブラジル、トルコ、ポーランドなどでも提訴の動きが表面化している。 中国の死者数を超え、被害が最悪となった米国のドナルド・トランプ大統領は「中国の発表数字はおかしい」と疑問を投げつけた。 これまで親中路線を歩んだアンゲラ・メルケル独首相も「情報の透明性が必要」と中国を諭した。 メルケルは、側近が感染したため自主的に2週間の隔離状態にあった。 ボリス・ジョンソン英首相は一時危篤状態だった。 志村けんの死亡は日本と台湾に衝撃を運んだが、中国は「志村けんの死因は『台湾肺炎』による」とフェイク情報を流した。 また「中国に責任はない。 米軍が持ち込んだのだ」と中東、アフリカで嘘放送のキャンペーンを張っている。 賠償請求の動きに関しては「エイズは米国から発生したが、米国の責任を問うたか。 米国は賠償したか。 中国も今回は被害者である」と嘯いた(中国外交部、4月20日)。 中国経済、マイナス成長で失業者2億人に ともかく「武漢コロナ」の世界的流行、感染拡大によって、2020年第1四半期の中国GDP(国内総生産)は公式にマイナス6. 8%となった。 本当はマイナス30%以下だろう。 毎年高度成長を遂げて弾丸列車のように驀進してきた 中国経済に急ブレーキがかかった。 中国の至るところで失業者があふれ出し、暴動予備軍となっている。 中国の雑誌「財新」でさえ、失業は2億人と見積もっている。 3月に開かれる予定だった全人代(全国人民代表大会)は開催の目処も立たず、4月の国賓としての訪日は流れ、習近平国家主席は窮地に追い込まれた。 もし5中全会(中央委員会第5回全体会議)を開催すると、責任問題が噴出し、習近平は詰め腹を切らされるというシナリオが急浮上した。 しかし、中国の死者より米国、イタリア、スペイン、フランス、英国、イランの犠牲者数が多くなり、とりわけ欧米先進国は病院崩壊の危機対策に追われて、中国バッシングどころではなくなった。

次の

新型コロナウイルスはいつから流行し始めた?いつ発生・発見したか

中国 コロナ いつから

2062年から来た未来人とは? 2062年の未来人は2ちゃんねるのスレに予言を書き込んだ人物。 2062年から調査にやってきていると発言し、「2062氏」と呼ばれていました。 2062年の未来人が現れたのは2010年のこと。 という内容の書き込みから始まりました。 ちなみにその後、2010年11月~12月と2011年7月、2012年1月にオカルト版にも降臨。 調査の仕事のために過去にやってきたと自称していました。 2ちゃんねるを選んだ理由は、その時代に人気のあるサイトだと知っていたからで、思わず書き込んだと発言。 オカルト版住人達が数々の質問をすると、その質問に対して回答をしてくれていました。 その内容は• 2030年より前にアジアのある2か国が原因で争いが起きる• その争いの後はアジアの大半がインドになり、中国と韓国、北朝鮮は無くなり日本は残る• 11が起きる などといった物で、特に東日本大震災(3. 11)が的中してしまった事から一躍有名になりました。 スポンサーリンク 2062年から来た未来人が東日本大震災を的中させる 3. 11については、2062年からも未来人は「地震が起きる」という発言をしていたわけではありません。 人口の変化に関する質問には答える事が出来ないと発言し続けていた2062年の未来人。 ところが2010年11月14日にこんな発言をします。 アジアの大半がインドになっている。 自然災害に関しては、言う事が許されない。 人口動態変化に繋がる事は言えないのだ。 ただし、忠告しておく。 yあ 間 N意 埜 b於 ㋹ ただし、忠告しておく。 yあ 間 N意 埜 b於 ㋹ この文章が「山に登れ」だと言われています。 などと予想していました。 日付を見て下さい、2010年11月14日ですよね。 東日本大震災が起こったのは2011年3月11日。 つまり4ヶ月ほど前に予測をしていたのではないかということです。 その際、少しばかり協力して欲しいのだが大丈夫だろうか。 地震に関しては、本当に申し訳なかった。 あれが私が出来る範囲の最大限の警告だったのだ。 大きな地震に関しては許される範囲内ならば答える。 と発言。 そして、次は2016年の4月15日に移動するという発言を残して去ってしまいました。 オカルト板では、2016年4月15日、16日に何かあるのではないかと話題に…。 スポンサーリンク 2062年から来た未来人が熊本地震も予言? もう勘の良い方はお気づきになったかと思います。 そう、2016年の4月16日は熊本地震の日だったのです! 「申し訳ない。 ここであっているだろうか?」 という文章で突然2016年4月16日、オカルト板に再び現れた2062年氏。 「俺が2016年4月15日に来たのは昨日の地震から偶然ではないことがわかるだろう。 もちろん今回の地震は南海トラフとは関係がない。 」 と発言。 オカルト板の住人の予想通りに、2062年の熊本地震に合わせて調査にやってきた様子。 11と熊本地震を予知したということで、更に信ぴょう性が上がり 2062年氏を新しく信じる住人も増えました (成りすましという声もありましたが) スポンサーリンク 2062年から来た未来人は新型コロナウイルスについて言及している? 2062年から来た未来人は新型コロナウイルスについて言及していません。 現在の中国は中華人民共和国ですが、あなたの時代では中国の政治体制 分裂したか否か、できれば人口や政治指導者を教えてください。 中国はもう存在していない。 アジアの大半がインドになっている。 そこで、新型コロナウイルスが中国で発生する事を予想していたのではないかという意見がある様子。 また、• 2030年より前にアジアのある2か国が原因で争いが起きる• その争いの後はアジアの大半がインドになり、中国と韓国、北朝鮮は無くなり日本は残る もそろそろではないかと言われています。 新型コロナウイルスについては、イルミナティカードでも予言されていたという説も…。 2062氏については2010年~2011年、そして東日本大震災や熊本地震の時が話題のピークだったので、今は忘れてしまっている方も多いかもしれませんが、2062氏の予言も気になりますね。 ちなみにその後、京都に自称2138年からの未来人もやってきました。 この2138年の未来人もスレでやり取りと行っていましたが、2062年氏と違ってデマだと考えている人も多いようです。 2138年の未来人によると、日本の首都は京都に戻るとのことですが、新型コロナウイルスについての言及はありませんでした。 新型コロナウイルスについて、一番当たっていそうで怖いのはイルミナティカードかなと思います! スポンサーリンク 2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた? まとめ 2062年から来た未来人のことは3. 11の時に知って、よくスレを見ていた記憶があります。 新型コロナウイルスが発生して2062年から来た未来人が的中させていたか気になって過去のスレを見直してみましたが、コロナウイルスについての言及については「中国が無くなる」という部分のみかなと思います。 そして東京オリンピックについての予言は無いようですが…まだまだ新型コロナウイルスが終息しないので、中止もあり得るかもしれませんね。 まほろば こんなことは言葉に発すると本当に実現してしまうから怖いので言いたくないけど、 東京が壊滅的な被害を受けると言っている人がいますよね。 それがテロなのか直下型の地震なのかプレート型の地震なのか分からないですけど。 その後に連動して東南海地震が火山の爆発を合図として起き、沿岸の大都市のほとんどが津波それも40 M 級 のものが襲ってくると。 そういう ことを どこか オカルト雑誌 で読んだということにしときます。 日本が終わるんじゃないかというような壊滅的なことが東京で起こらないことを願っています。 こういうのは起きると日本国民全員が思うとそのねん力が作用して起こってしまいすから。 なるべく起こらないということを願っていましょう。

次の

新型コロナウイルスの影響が残るなか、中国は徐々に日常を取り戻そうとしている

中国 コロナ いつから

新型コロナウイルスの発生起源を突き止めようと科学者たちが研究を続けている。 中国の独立系メディア「財新」の取材班は、最新の研究論文やその著者を独自に取材。 同ウイルスの新事実に迫っている。 科学研究者たちは新型コロナウイルスの起源に関する研究をいまも続けている。 最近、南方医科大学公共衛生学院三級生物安全実験室のある研究論文では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が発生した期間は2019年9月23日から2019年12月15日の間である可能性が高いと発表された。 また新型コロナウイルスと遺伝子配列が最も似ているコウモリが持つコロナウイルス「RaTG13」には時間的な進化関係が存在せず、新型コロナウイルスはRaTG13が進化したものではない可能性が高いことがわかった。 この論文のタイトルは「コロナウイルスSARS-CoV-2の変異と進化の分析」であり、『南方医科大学ジャーナル』に発表された後、2月22日に中国知網に初めて掲載され、査読を通過した。 研究員はデータベース・GISAIDから45の新型コロナウイルスの全長遺伝子配列をダウンロードし、その中の39の遺伝子配列のウイルスの「最近共通祖先時間」(tMRCA、訳注:あるウイルス集団のすべてを子孫として、最も近い共通の祖先に遡るまでの時間)を計算した。 また、その他のコロナウイルスの遺伝子配列はNCBI(アメリカ国立生物工学情報センター)のデータベースからダウンロードした。 GISAIDは多くのノーベル賞受賞者や世界有数の科学者が署名し成立しているオープンプラットフォームで、インフルエンザウイルスデータ情報の共有状況を改善するために設立され、現在はさまざまな感染症に対応している。 ウイルスの進化に関する時間情報を分析 研究者はソフトウェアを利用し新型コロナウイルスとその他のコロナウイルスの間にある進化に関する時間情報を分析した。 2020年1月23日を0時間と設定し、1日を1単位としてウイルスの最近共通祖先時間を推算した。

次の