え くそ だす。 エクソダス

SHIROBAKO

え くそ だす

: 名前なし@たろそくさん 2014-12-26 03:55:50 ホントいつまでも中途半端で、美化するだけのアニメだわ、これ• : 名前なし@たろそくさん 2014-12-26 06:16:51 1コメ 笑• 「馬」良かったぜ杉江さん 円盤まじで悩む、、いい作品だから全く惜しくないけどさ• : 名前なし@たろそくさん 2014-12-26 13:23:32 スルーされ続けて、構って欲しくて、こういうところにいりびたってるもんね、>1• : 名前なし@たろそくさん 2015-01-01 11:03:04 社長さん、杉江さんのことはもちろん知っていただろうけど、部下が自分で答えを出すのを待ってたんじゃないかな。 特に、宮森ちゃんには目をかけているみたいだから。 : スーパーコピーシャネル 2018-08-23 17:12:18 世界一流ウブロ コピーを愛好する多くの方々にご満足いただけるブランド コピー時計品のウブロ スーパーコピー偽物。 本店が扱ウブロ スーパーコピー品は正規品と同等品質なのブランドコピーの様々を提供してい,代引き偽物販売専門店。 tentenok. html.

次の

え くそ だす

「続けること」にプロの姿を見た 1クール目の最終回でもあったSHIROBAKO12話。 まさに1クール目の集大成とも言うべき内容でした。 しっかりと伏線も回収され、1話からの構成の素晴らしさに感嘆の溜息が漏れるばかりです。 本当に良かった... 素晴らしい話でした。 今回の内容は、こちら ・老練のプロアニメーター杉江さんの本気 ・みゃーもりの成長 ・チームで一つの物を創っていくことの大変さと楽しさ 老練のプロアニメーター杉江さんの本気 まず今回最初に思ったこと。 うーん。 やっぱりチートイはドラ2が乗りやすいので怖いですね。 筋を読んだところで関係ないのでかわしようがない感じもありますし。 赤ドラまで絡んできて満貫に乗せられてしまっては...。 冗談です。 笑 こういった麻雀などを通して、ゲームだけでなく仕事交渉の駆け引きをする感じ、まさに「働く大人」って感じがして渋くていいですよね。 笑 なんてことは置いておいて。 前回の話から、最終話の雲行きがかなり怪しくなり大ピンチの武蔵野アニメーションの面々と最終話担当のみゃーもり。 みゃーもり持ち前の勢いと推進力で活気を与えん!とばかりに、超有名アニメーターである菅野さんの元へ乗り込みます。 貫禄が凄い。 しかし、大物である彼の協力を得られることはできませんでした。 「これをワシがやる意味ってなんだろう?」 「アニメーターも人間だから、この仕事はお前にしか出来ない。 っていわれたいんだよね。 」 切羽詰まってしまっているにしても、菅野さんのことをよく知らずに、ネームバリューなどで選んでまったことを反省するみゃーもり。 アニメーター、仕事人のプライドとやる気を尊重することを教わっただけでもみゃーもりにとって大きな収穫だったのではないでしょうか。 さらに、最後に、 「あれ?自分、むさアニだよね?」 と気になる言葉を残しましたね。 一体なんなのか... ? 舞台は変わってむさアニへ。 制作陣総出の会議では、残り時間を考えると100匹の馬のカットを再現するのはさすがに厳しい、とのことで渡辺Pから妥協案が提示されることに。 ここまでやってきて妥協はしたくない!!!と本田さんが反対します。 制作としてのプライド。 そして、最後の作品への熱い気持ちが演技と作画に乗っていて凄く良かったです。 本田さんのこんな姿初めてみましたね。 どうにかしなければ、と悩む面々にみゃーもりからとある提案が。 それは、馬のシーンを杉江さんに書いてもらうということ。 なぜ杉江さんなのか?それは菅野さんが教えてくれました。 「いるじゃん。 むさアニならあの人。 」 「おたくの杉江茂さん。 」 え、杉江さん? 「・チャッキーのOP、一人で全部書いたのが杉江さん。 」 「全てをたった三日。 杉江三日伝説。 」 「... 杉江さんは天才。 」 なんとあの杉江さん。 手も早く超クオリティで作画をこなすスーパーアニメーターだったんです!!! 私、こういう超熱い展開大好きなんですよね! 「この仕事は杉江さんしか出来ないと思います!」 みゃーもりの言葉にも熱がこもります。 ここからは、杉江さん無双です。 スーパー杉江さんタイムです。 コンテを見ただけで、作業にかかる時間や自分の仕事スピードを一瞬で把握する凄さ。 これこそまさに経験が成せる業。 「続けてきた」からこそ分かる、出来ること。 諦めずに続けていくことの大切さを教えてもらいました。 ここからは杉江さんをリーダーとした作画班達の腕の見せ所です。 全員が一致団結してプロジェクトのために力を尽くします。 ベテランの様に 杉江さんと様の背中を見て歩いてきた井口さん 進化することを止めない遠藤さんに そして。 新人アニメーターの絵麻。 この流れには感動しましたね。 気になるシーンがあるから描きなおしたい。 杉江さんのプロ魂が燃えます。 こだわって、自分の仕事を情熱的にこなす。 期日などを遅らせることはなく、手腕で見事に作品を完成させる。 プロの姿がありました。 無事に完成した最終話。 その中心にいたのは、一人の老練のプロフェッショナルでした。 何よりもよかったシーンは。 みゃーもりが、杉江さんに・チャッキーが本当に大好きであることを告げたシーンでのやりとりです。 「宮森さんが・チャッキーを観て笑顔になってくれたのなら、こんなにうれしいことはないよ。 」 これに尽きるんでしょうね。 自分の創った作品で誰かが笑顔になってくれる。 どれだけ辛くても、この喜びがあれば乗り越えられるんでしょうね。 ・チャッキーを歌うみゃーもりの笑顔。 アニメっていいですねぇ。 みゃーもりの「白箱」 1話から12話に至るまで。 みゃーもりは本当に成長しましたね。 最終話という最も大事な山場を任され、様々な困難がありましたが... 見事に乗り越えてみせました。 本当にお疲れ様です。 最後に手渡された「白箱」。 みゃーもりが自分自身の全てを注いで創り上げた作品。 今回の最終話の制作を通して、彼女の進む道が見つかっていればいいですね。 チームで一つのものを創っていくことの大変さと楽しさ この作品が最後に教えてくれたことです。 失敗ばかりでもクヨクヨせずに前向きで、陽気な明るさで活気を与えてくれる人や、そんな後輩のことを呆れながらも面倒を見てくれる先輩。 時代の奔流に飲みこまれそうでも、自分のこだわりを持ちながら新しい流れを受け入れて進化した人や、先輩からの教えと努力で技術を磨き、自分の仕事に誇りをもって最高のクオリティを最速で提供する人。 新しいものと昔からある伝統を組み合わせ、ものつくりに新たな風を巻き起こして従来とは違った形で会社支える新鋭。 会社を、仕事を、経験と敏腕で切り盛りし、全体を俯瞰的に眺めて要所要所で手助けをする、をたやすく行ってしまうようなプロフェッショナル。 監督を助けつつも自分なりの世界を描いていくためにこだわりと誇りを持って作品に情熱を注ぐディレクター達。 自分が先輩から受け継いだ伝統やアドバイスを後輩に伝え、また自分なりにやってきた努力の形を悩んでいる後輩へと伝えてくれる頼れる先輩。 そんな先輩達から支えられ、次々と迫りくる困難に立ち向かいながら一歩一歩確実に成長していく新人達。 なによりも、一緒に切磋琢磨できる同僚、友人がいるというのは本当にすばらしいことなんでしょう。 みんなそれぞれの良さがあって、それぞれ苦手なこともあって、お互いがお互いを助けあい、高め合える。 それもチームだからこそ。 そんなチームが産みだした物語が最高でないわけが有りません。 たくさんの大切なことを教えてくれたSHIROBAKOに感謝を! 1クール本当に毎週楽しく観させていただきました。 このアニメを創るにあたって尽力してくださったクリエイターの皆様、本当にお疲れ様でした。 ありがとうございました。 2クール目も楽しみにしています! また来週から新しい物語をよろしくお願いします! akiliver.

次の

SHIROBAKO

え くそ だす

7 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 3. 5 音楽 : 3. 0 キャラ : 4. 4 物語 : 3. 5 作画 : 4. 5 声優 : 3. 0 音楽 : 3. 0 キャラ : 3. 売れないアイドル:トレイシー。 トイレで着替え、トイレで食事って SHIROBAKOでこんなの作っていましたかw そして突然の殺人事件?w あかねのナイフで事件がおき、 ナイフに触り、目撃され、疑われたた3人。 (偶然が偶然を呼ぶみたいな展開) 冤罪になる前に、とにかく逃げる・・・ ってか事務所なにもしてくれないんかw この事件がきっかけに有名になったトレイシー。 これって一種の売名行為ですよね? 暴走行為 業務執行妨害 発砲 殺人は起こしていなかったところで、別件で逮捕間違いなしだな。 むしろ続きが見たい! エンドロールが武蔵野アニメーションスタッフで、しっかりSHIROBAKOと繋げていますね。 瀬川作画はやっぱいいな。 ふぁれのぷしす さんの感想・評価 3. 6 物語 : 3. 0 作画 : 3. 5 声優 : 4. 0 音楽 : 4. 5 キャラ : 3. 0 状態:観終わった SHIROBAKO本作に登場する架空のアニメ その架空アニメは1クール作品ですが、1話だけをOVAとしてアニメ化 SHIROBAKO12話の武蔵野ドームで歌う意味を伏線に入れています。 話しは売れないアイドルが殺人事件に巻き込まれ冤罪であるが 警察などに追いかけられる、それから逃げる エクソダス って感じです。 謎な協力者、真犯人は誰かなんて設定は面白そうですが まあ1話だけなので続きはありません。 2話以降も続きを観てみたいってぐらいには面白かったです。 作画はあえて古めのタッチでした。 にゃん^^ さんの感想・評価 3. 0 物語 : 3. 0 作画 : 3. 0 声優 : 3. 0 音楽 : 3. 0 キャラ : 3. 0 状態:観終わった あらすじは 売れないアイドルグループのトレーシーが マネージャー殺しの犯人だって思われて 警察に追いかけられることになっちゃった。。 絵は 朝とか夕方に女の子むけにやってるアニメっぽいかも でも 胸とかオシリとかのシーンが多くって やっぱり男子向けだって思う ダンスはCGみたいで ちょっと動きがかたいみたい。。 トイレの個室が控え室って悲しい。。 ぜったいないって思うけど ごはんは食べられないよね。。 だって ほかの人たちも使いに来るよね>< 非常ベル鳴らすときの 掃除のおばさんあやしかった。。 それから お姉さんって事務所の人なのかな? かんたんにバイクとか用意できるって ちょっとあやしい人かも。。 出てきたときのBGMもあやしかったよね。。 あるぴんが 10年前にスタントのお仕事してたって 芸能界長いんだ。。 ほんとは何歳なの?w でも バイク運転してるところはかっこよかった^^ さいごに出てきた黒メガネの男の人って もしかして お掃除のおばさんに変装してたのかな? 「予定とは少々ちがったが。。 」って。。 真犯人か仲間の人かな? つづきはどうなるのかな? 気になるなぁ。。 って思ったけど ムリだよねきっと。。 4 物語 : 3. 5 作画 : 4. 5 声優 : 3. 0 音楽 : 3. 0 キャラ : 3. 0 状態:観終わった SHIROBAKOの作中で制作していたアニメ作品。 作中の雰囲気では魔法少女的なアイドルものかと思いました。 売れないアイドルが事件に巻き込まれる、チラリズム満載のバイオレンスアクションでした。 サスペンスアクション、かな?この作品自体が一話でチラッとチラリズムですね。 動きが細かくて可愛いです。 拳銃じゃなくて「テッポウ」を貰えるシーンが、ピタゴラスイッチみたいな意外な転がり方で面白かったです。 本編で「えくそだすっ!」の女の子は宮森ちゃん達に比べて顔濃いなーと思ってたら、メイクが落ちるエピソードもあり。 続きをみてみたいですねぇ。 ラストの説明で「3ヶ月と11日」に渡る世界を股にかけた逃走劇って言ってたかな? 1クールにちょうどなんですね。 スーパーで売れないアイドルとして寂しい仕事ばかりを受け頑張ってきたユニット「トレイシー」はある日、マネージャーが殺害されているところに出くわし、運悪く犯人扱いをされてしまい.... この作品は「SHIROBAKO」というアニメの中で作られていた作品を実際に1話分つくって特典として付けられたアニメです。 絵だけ見ると若干、魔法少女っぽいけどアイドル ? アニメです!! 最初のOP、何気に不安を感じたけれど後半からのハチャメチャっぷりがとても面白かった!!! 3人共、化粧しないほうが可愛いのではないか!? 「SHIROBAKO」で映ってたあるぴんが泣いてるシーンとか馬のシーンも観たい!! これはもう続きは作られていないのでしょうか... 凄く続きが観たい..!! 他にも「第三飛行少女隊」とか「ぷるんぷるん天国」も見てみたいですww TKsss さんの感想・評価 4. 0 物語 : 4. 0 作画 : 3. 5 声優 : 5. 0 音楽 : 3. 5 キャラ : 4. ・銃かっぱらって、発砲。 それなのに 自分がこんなにおもしろいと思ったのは、 いろんなスパイスがあったからだと思います。 ・SHIROBAKOに出てる声優を登場させる。 (変な話、ゴスロリ様、本田さん、監督w、瀬川さん、ets. 」 さんの感想・評価 5. 0 物語 : 5. 0 作画 : 5. 0 声優 : 5. 0 音楽 : 5. 0 キャラ : 5. 最後まで見終えてから再度つけなおす予定です >1話まで視聴して 面白い!!。 めちゃくちゃ出来がいいですね。 SHIROBAKO本編中では「なんか薄っぺらい作品っぽいな~」 ・・って感じの印象でしたが、実際1話見たらグイグイ惹きこまれます!。 まず冒頭の特殊OP?でしょうか。 先のBD特典でついてたCD音源の整った完成品の楽曲に耳が慣れてしまってたので、 初々しいライブっぽさだったり、未熟さがとても新鮮で心地よく感じました!。 調子っぱずれだったり若干音程が安定しない歌声とかも 自分はむしろそちらの方が好きになってしまうことが多々あります。 「意外に」といっては失礼ですが、主役の3人それぞれがしっかりとキャラ立ってますね。 最初あるぴんの見た目がSHIROBAKO本編2話と髪型が違ってて、 「あれ?どれが誰だったっけ?」ってなってたけど、 声でちゃんとわかったし、1話最後でちゃんと見慣れたあるぴんになっていました。 全編とおして細かい演出や小ネタがやはりとてもうまいです。 水島監督・・というか木下監督!、流石です^^。 トイレのシチュエーションや、随所でのセリフまわり、 アイドルと逃走劇なんていう自分が今までみたことのないような設定、 ・・等々、数えきれないくらい見どころがあり心が躍ってしまいました! たまらずSHIROBAKO本編2話と3話を再視聴!!。 あー、きれいにつながってきた気がします。 ジンジャーってキーワードもいろいろ想像できて楽しいですね。 とにかく木下監督ほかムサニのスタッフ全員に感謝感謝です!。 みなさんのキャラへの愛、作品への愛が詰まってることがひしひし伝わってきました。 なんか、普通に今期の新作アニメの1つのように感じてしまいます。 ・・というか続きが見たくてたまらなくなってしまったのですが><。 どうしてくれるんですかw。 どうやったら続き観れるんでしょうか?。 ・・なんて無理も言えないですよね。 ほんとP. ?のスタッフさまは尋常じゃないほどの努力と作業量をこなしてるのでしょうね?。 実質4作品を新規で一から設定、キャラデザイン、キャスト決めそのたモロモロこなされてるんですよね。 SHIROBAKO本編だけでもあのキャラ人数なのに、もう想像の範囲を完全に超えてますね。 でもでも、そうであるがゆえに、 それらの4作品すべてが素晴らしい作品であるがゆえに、 「えくそだすっ」も「三女」も「アンデスチャッキー」も全部現実にフルでアニメ制作してほしいなー。 ・・って思ってしまいます!。 本気で切望します!!。 出たらBD買いますわ。 あと、SHIROBAKO4クール案なんて話もあったらしいですね。 ・・でもその時はしっかり下準備して煮詰めてからがいいかもしれませんが。

次の