タリオン 10。 タリオンの飲み合わせについて|鎮痛剤、頭痛薬、風邪薬、咳止め、胃薬などとの飲み合わせは|薬インフォ

タリオン錠10mgの効果・用法・副作用

タリオン 10

A ベストアンサー >タリオン錠ってステロイドなんでしょうか? ステロイドではなく、抗ヒスタミン剤です。 >アレルギーをおさえるお薬でありながらステロイドでもあるということではないのでしょうか? ステロイドはアレルギーを押さえる作用もあります。 wikipedia. ステロイド骨格を持つもの全ての総称です。 生体成分のステロイドホルモンはほぼ全て薬として有りますが、一般に「ステロイド」と言う時は、副腎皮質ホルモン作用を持つ薬を指しています。 タリオンにはステロイド骨格はなく、単なる抗ヒスタミン剤です。 A ベストアンサー 参考URLにタリオン錠の添付文書(PDF)を貼っておきますので ご一読ください。 私は医師でも薬剤師でもありませんので、情報の提供に留めます。 自己責任でご判断をお願い致します。 (医師法や薬事法に触れる為) タリオン錠の添付文書の一部を転記しますが、 【小児等への投与】 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は 確立していない(使用経験が少ない)。 という記載があります。 タリオンは抗ヒスタミン薬ですので、 一般的に危険性は少ない薬の部類ではありますし、 添付文書中に載っている「小児特定使用成績調査による副作用」にも たいしたものは書かれていませんので、 「とりあえず大丈夫」という情報にもうなずける部分はあるのですが、 「小児への安全性が確立されていない薬」だという認識のもとに 自己責任でご判断ください。 尚、一般的に薬の投与量は患者の体重を鑑みて増減されますが、 小児に関しては、たとえ大人と同等の体重があったとしても 肝機能は大人ほど成熟しているとは言えない為、 大人と同等の量を投与するのは問題がないとは言えない、とされています。 お母様とお嬢様が同量の薬を投与されているということですが、 それで安全な薬もあれば、危険な薬もあると思われます。 (かかりつけ医がその点も十分考慮して投与されていることを願います。 もしどうしてもお嬢様に飲ませたい場合、個人的な意見ですが、 割線で半分に割って5mgの方がよいような気がします。 (タリオンはもともと5mg錠と10mg錠がある薬です。 ) ご参考まで。 info. pmda. pdf 参考URLにタリオン錠の添付文書(PDF)を貼っておきますので ご一読ください。 私は医師でも薬剤師でもありませんので、情報の提供に留めます。 自己責任でご判断をお願い致します。 (医師法や薬事法に触れる為) タリオン錠の添付文書の一部を転記しますが、 【小児等への投与】 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は 確立していない(使用経験が少ない)。 という記載があります。 タリオンは抗ヒスタミン薬ですので、 一般的に危険性は少ない薬の部類ではありますし、 添付文... Q どのカテゴリか悩んだのですが・・ 血液検査などでアレルギーがないことは判明しているのですが、主に痒みの症状に耐えられず、市販の抗ヒスタミン剤「ジルテック」を服用しています。 ですが、やはりアレルギーでもないのに服用はやめようと思ってトライしてみたものの、体が依存してしまっているのかつらくてやめられません。 意図して飲むのをやめても、飲み忘れてしまったときでも、薬をとめると痒みがでてきてしまいます。 具体的には、眼の痒み&赤み、頭も含めて全身の皮膚の痒みと、顔や手足の発疹・・蚊にさされたようなぷっくりしたものがいくつかと、鳥肌のような赤いぶつぶつがたくさんで、掻くとミミズ腫れになります。 見ためは蕁麻疹と似ています。 乾燥肌なのかもしれない、と思って保湿には気を使っているつもりですが痒みがとまりません。 (健康診断は行っているので糖尿その他の疾病はありません) 薬断ちにトライしているときは痒みに耐えるために冷たいタオルで冷やす、などしてごまかしていますがなんとも。。 なにかプラセボ効果のようなものを試すといいのか、と今は考えています。 我慢すればいいのに、意志の弱さに情けない気持ちです。。 どなたか、依存してしまった薬の断ちかたのアドバイスをお願いします。 ですが、やはりアレルギーでもないのに服用はやめようと思ってトライしてみたものの、体が依存してしまっているのかつらくてやめられません。 意図して飲むのをやめても、飲み忘れてしまったときでも、薬をとめると痒みがでてきてしまいます。 具体的には、眼の痒み&赤み、頭も含めて全身の皮膚の痒みと、顔や手足の発疹・... A ベストアンサー 1カップは何ccと決まっているわけではありません。 レシピとありますが、料理本でしたら、その本で使っている計量器の目安がどこかに書いてあります。 書いてある場所は、さまざまで本のはじめの方にあったり、末尾に書いてあったりします。 1カップを200ccとしている本が多いようです。 Webサイトのレシピですと、計量器の目安が書かれていないことが多いようです。 大抵200ccでよいはずですが、アメリカでは250ccを使うので、アメリカのレシピをそのまま翻訳したものなどは注意が必要です。 売られている計量カップもさまざまです。 私が使っている計量カップは、250ccまで目盛があり、すりきりまでいれると255ccくらいになります。 ご飯を炊くということですが、 炊飯器についている計量カップは、180ccです。 200ccの計量カップで米を計って、炊飯器の水の目盛りに合わせて水を入れると、水の分量を間違うことになりますから注意してください。 カップを使って米を計ったなら、そのカップで米の1~1. 2倍の水を入れます。 A ベストアンサー 子供のころからアトピーです。 湿疹ができればすぐにステロイドを塗っていました。 顔も乾燥肌なので、カサカサすると塗っていました。 24歳の時のことです。 朝、鏡を見ると、口の周りに少しプツプツができていました。 かゆみもあったので、フルコート(軟膏)を塗りました。 顔なので気になり、何度も鏡を見てはフルコートを・・・ の繰り返しでした。 しかし普段はすぐに治るはずがプツプツが広がって、赤みもでました。 (カールおじさんのひげのよう) それでも子供の頃から使って信用しきっていたフルコートを塗りつづけていました。 数日後、私の口の周りは真っ赤&プツプツがひどくなり、 お化粧でも隠せないほどになったので病院へ行きました。 そこで処方されたのもステロイドのリンデロンです。 数週間通院しましたが良くはならず、大学病院へ。 大学病院では「接触性皮膚炎」と診断され、ここでもステロイドを処方されました。 数ヵ月経ってもやはり良くはなりませんでした。 診察日、たまたまいらっしゃった別の先生が私の顔を見て即座に 「ステロイド皮膚炎だからステロイドはダメ!」と診断なさいました。 白色ワセリンと漢方薬を処方していただき、半年くらいで 元の肌に戻る事ができました。 あれから10年経ちます。 今でも顔がカサカサになれば、少し白色ワセリンを塗っています。 顔以外にはステロイドを使いますが・・・。 普段は分かりませんが、お酒を飲むと未だに口の周りが 赤くなります・・・。 minitomatoさま、私の場合とは違うかもしれません。 が、良いお医者様に診察していただければ完治とはいかなくとも もっと良い治療法があるかもしれません。 複数の病院で診察を受けられたのでしょうか・・・。 顔は隠せませんから・・・つらいですよね。 でも、気にしすぎてストレスをためないでくださいね。 良いお医者様にめぐり合えることをお祈りしていますね。 子供のころからアトピーです。 湿疹ができればすぐにステロイドを塗っていました。 顔も乾燥肌なので、カサカサすると塗っていました。 24歳の時のことです。 朝、鏡を見ると、口の周りに少しプツプツができていました。 かゆみもあったので、フルコート(軟膏)を塗りました。 顔なので気になり、何度も鏡を見てはフルコートを・・・ の繰り返しでした。 しかし普段はすぐに治るはずがプツプツが広がって、赤みもでました。 (カールおじさんのひげのよう) それでも子供の頃から使って信用しきって... Q 蕁麻疹が発症し始めてからもう5ヶ月ぐらいになるけど全く治らない。 地元の皮膚科で貰った飲み薬【アレロック5mg】と【ニコルダ錠250mg】を飲んで、あと塗り薬【アンテベート軟膏】を塗ったりしている間は蕁麻疹は出ないけど、飲み薬と塗り薬を大体2日ぐらい止めるとまた蕁麻疹が一気に発症するのだ。 蕁麻疹の出方が半端ではなく、頭から身体全体と足にかけて凄い出方なのだ。 以前に地元の内科医院で内科的に診察をして貰ったけど全く問題が無かった。 原因は何だろう?。 凄い心配。 何が原因しているのか全く分からない?。 蕁麻疹が全く出なくなる方法ないかな?。 一度病院を変えるべきか迷っているのだ。 考えられるとしたら、私生活の方か普段の食事関係か生活状況しか考えられないけど・・・・・。 全国の皆様のご意見をお聞かせ下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになります。 いままで体に入ってもストレスとはならずなんともなかったものにまで反応してしまうのです。 体内に入ってストレスになるものは食べ物(異種蛋白)だけではありません。 人間関係のストレスもあります。 何かが体にストレスとなったとき体はそれを体内に溜め込むことを拒否して体外へ排泄しようとします。 人によってはあまりにそのストレスが強い場合、吐き気や下痢となってしまいますし、そこまで至らなくても皮膚から排泄しようとします。 これが湿疹や蕁麻疹です。 これらはリンパ球の反応ですのでリンパ球が多いほど敏感に反応して症状は強くなります。 痒みや腫れなど辛い症状が続きますが、全て体にとって毒となるものを必死に排泄してる姿です。 これを対症療法の薬で抑えることは出すべきべきものを出さないようにしてるわけですからなかなか治らずどんどん治癒は遅れていきます。 症状の引き金になるものは食べ物や精神的なもの、温度、環境など色々なストレスがありますが、根本原因はリンパ球過剰体質です。 適正なリンパ球ですと少々のストレスでも一々反応することはないでしょう。 直ぐには体質を改善することは出来ませんが、過剰なリンパ球を減らすことが治療になります。 そのためにはさきほど書きましたが、その逆をすれば良いわけです。 例えば運動不足であれば屋外で日に当たったり、運動する機会を増やしたり過食気味であれば減らしたり、心身を鍛えることが必要でしょう。 そうすることで多過ぎるリンパ球は減らせます。 急にやるとストレスになりますので、少しずつすることが必要です。 リンパ球の数は多いほど免疫力が高いわけですが、過剰になるとその免疫力が仇となってアレルギーや一過性のアレルギー反応をおこしやすくなってしまうのです。 しかし、毒を出す反応ですので、それ自体は体の防衛反応です。 それを止めるのではなく血流をよくしてどんどん出すスタンスでいてください。 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになり... Q 花粉症で毎日つらい思いをしています。 今までは「アレグラ」と「セレスタミン」を飲んでいて、症状も落ち着いていたのですが、今年は花粉の量が多いのか、その薬では症状が抑えきれなくなってきました。 仕事にも支障が出てきて困っていました。 そこで初めて病院を変えてみたら「プランルカルト」112. 5mgが処方されました。 朝アレグラ1錠とプランルカルト1錠・夜アレグラ1錠とプランルカルト1錠を飲み始めました。 すると花粉症であることを忘れるくらい、症状が改善しました。 セレスタミンは飲んでいません。 嬉しいことなのですが、あまりの効きように「それほど強い薬?」と怖くなりました。 どのようなお薬なのか、症状が改善されたら薬の量を勝手に減らしたりしていいのか、教えていただけたら嬉しいです。 A ベストアンサー 他の方もおっしゃっているように、プランルカストは特に怖いお薬ということはありません。 アレルギー薬の一種ですが、アレグラとは少し働きが違います。 アレグラを含め花粉症などでよく使われるアレルギー薬というのは、 「ヒスタミン」というアレルギー症状を起こす物質を抑えるものです。 プランルカストもアレルギー薬なのですが、 ヒスタミンではなく「ロイコトリエン」という物質を抑える働きがあります。 ロイコトリエンの拮抗薬は気管支喘息とアレルギー性鼻炎に適応があり、 鼻炎においては特に鼻閉(鼻づまり)の改善に効果があると言われています。 花粉症の症状で併用するケースも結構ありますよ。 アレグラにしろプランルカストにしろ、継続して服用することで症状をできるだけ出さないようにすることができるので、 調子が良いと思っても花粉の飛散時期が終了するまではしっかり服用を継続した方がよいです。 プランルカストは子供用のドライシロップもあり、小児でも喘息の予防で長期的に服用を継続することも多いお薬です。 ですので、安心して服用を継続して下さい。 他の方もおっしゃっているように、プランルカストは特に怖いお薬ということはありません。 アレルギー薬の一種ですが、アレグラとは少し働きが違います。 アレグラを含め花粉症などでよく使われるアレルギー薬というのは、 「ヒスタミン」というアレルギー症状を起こす物質を抑えるものです。 プランルカストもアレルギー薬なのですが、 ヒスタミンではなく「ロイコトリエン」という物質を抑える働きがあります。 ロイコトリエンの拮抗薬は気管支喘息とアレルギー性鼻炎に適応があり、 鼻炎においては特に... Q 蕁麻疹(じんましん)が出たり消えたりしています。 5日ほど前から、24時間蕁麻疹が出たり消えたりしています。 手に出たり、背中に出たり、下着で締め付けられている所にでたり 首だったり、お尻だったり、、、。 出る場所はいろんなところで、出たり消えたりしています。 かゆいですし、ピリピリ痛んだりしています。 これはストレスですか?? 一週間前までは、仕事が忙しく神経を使っていましたし、 プライベートでも、沢山頼まれごとがあったので、1ヵ月半ほど、かなり忙しくしていました。 それが、全て終わったのが1週間前で、かなりストレスは、軽減されたのですが、、、。 それとも、今年は寒暖の差が激しく気温の変化に体がついていけてないのでしょうか、、、。 もともと、軽いアレルギーもちで、季節の変わり目には、手にブツブツが水泡状に出ることはあります。 昔からの経験で、ステロイド、薬は出来るだけ飲みたくないと思っています。 こういった蕁麻疹は、そのうち放っておいたら治りますか? 問題なければ、そうしたいのです。 病院で診てもらって、薬を処方してもらわないと絶対なおらないものでしょうか? へんな病気の可能性はないでしょうか? 誰か分かる方がいましたら教えてください。 よろしくお願いします。 蕁麻疹(じんましん)が出たり消えたりしています。 5日ほど前から、24時間蕁麻疹が出たり消えたりしています。 手に出たり、背中に出たり、下着で締め付けられている所にでたり 首だったり、お尻だったり、、、。 出る場所はいろんなところで、出たり消えたりしています。 かゆいですし、ピリピリ痛んだりしています。 これはストレスですか?? 一週間前までは、仕事が忙しく神経を使っていましたし、 プライベートでも、沢山頼まれごとがあったので、1ヵ月半ほど、かなり忙しくしていました。 それが、... A ベストアンサー 私の職場では、蕁麻疹<慢性>の方には 出ても出なくてもお薬は飲んでもらう様に指導しています 出てないのに内服をすることに抵抗があるかもしれませんが 蕁麻疹を出にくくする事も治療だからです。 たとえば、最初出ても出なくても1日3回飲んで貰って 出る回数が減ってきたら1日2回・1日1回 隔日に内服・・・という感じで段階的に減らしていって貰います。 <1年以上に渡って内服されている方も居ります> 皮膚科ではこのような処方が一般的かと思います。 市販薬で、このまま治っていけばいいですが 一ヶ月以上続く様でしたら 皮膚科医の指示・処方の元で治療されるいいかな~と思います。 その時に、お薬の事で心配な事はお尋ねになるのが 一番いいと思います。 早く治るといいですね。 Q 顔のみにできる湿疹が治りません もう1ヶ月以上悩んでいます。 赤いブツブツブツブツという感じではなく、赤く少し腫れてる?ような点で赤くなってるというより面で赤くなっています。 それで病院ではエクラー軟膏 副腎皮質ホルモン が出たので、週に一度塗っていました。 どういうこと言いますと、一晩だけ塗るとその後、約5日間は綺麗な状態を保てるのですが、5日後にはまた湿疹ができ、またエクラー軟膏を一晩だけ塗る……というのを3回くらい続けました。 ステロイドは塗ったそのトキだけ綺麗になるため、もうステロイドは嫌だということを皮膚科に伝えると 今度はプロトピック軟膏が出ました。 「通常、アトピーの人が使うお薬なんだけどね」と先生はおっしゃってました。 あと、「あなた自身は湿疹を気にするかと思うけどそんなに酷くはないからプロトピック軟膏は週に一回、もしくは湿疹が酷いときのみ塗ってね!」 と先生に言われました。 週に一回とはいえ、良くなったからもうプロトピック軟膏は塗らなくていいや~って一切塗らなくなった時、 リバウンドしないか心配です。 ネットで調べてもプロトピック軟膏がリバウンドする、しないは意見われていてプロトピック軟膏を始めようか迷っています。。 顔のみにできる湿疹が治りません もう1ヶ月以上悩んでいます。 赤いブツブツブツブツという感じではなく、赤く少し腫れてる?ような点で赤くなってるというより面で赤くなっています。 それで病院ではエクラー軟膏 副腎皮質ホルモン が出たので、週に一度塗っていました。 どういうこと言いますと、一晩だけ塗るとその後、約5日間は綺麗な状態を保てるのですが、5日後にはまた湿疹ができ、またエクラー軟膏を一晩だけ塗る……というのを3回くらい続けました。 ステロイドは塗ったそのトキだけ綺麗になるため... A ベストアンサー 今日は。 体験談で専門家ではありませんが、参考になれば幸いです。 プロトピック軟膏のリバウンドも副作用もあると思います。 プロトピック軟膏は移植手術にも使われていて、過敏に反応しているのを押さえてくれます。 しかし免疫が下がるので、ニキビが出来やすく、私から見るとステロイド皮膚症の方や、免疫が高く、異物に過敏反応を見せるアトピーの方に効果を見せると思います。 皮膚科は否定しますが、実際にプロトピック軟膏を使用した方には副作用ないしリバウンドがあるという声が現実にあります。 またプロトピックをつけて太陽にあたると発癌率が高まります。 私の場合ですが、化粧被れで皮膚科へ行き、質問者様のようにステロイドを処方されました。 最初は一度塗ると一週間から二週間治まりますが、段々三日に一度、毎日となり、最後はストロンゲストクラスでないと効かなくなり、よく減ステロイドといいますが、ストロンゲストクラスを塗るまで行くと、ステロイドを減らしても効かない、良くならないのが現実です。 故に減ステロイド出来ず、そのような方にプロトピックなどが有効だと思います。 結論なんですが、プロトピックは質問者様には適さないとは思いますが、一週間少量で試してみては如何ですか。 それてニキビや火照りが酷いなど合わないように感じたらステロイドに戻しても良いと思います。 ちなみにニキビにプロトピックを使用するとかなり悪化します。 あと、私の個人的意見なのですが、発疹って体のサインだと思うんです。 何か栄養が不足していないか、睡眠不足や精神的ストレスを取り除いて、なるべく薬に頼らない方が良いと思います。 ステロイドはその場しのぎです。 根本を解決しないと質問者様の本当の悩みは解決しないと思います。 早く良くなりますように。 今日は。 体験談で専門家ではありませんが、参考になれば幸いです。 プロトピック軟膏のリバウンドも副作用もあると思います。 プロトピック軟膏は移植手術にも使われていて、過敏に反応しているのを押さえてくれます。 しかし免疫が下がるので、ニキビが出来やすく、私から見るとステロイド皮膚症の方や、免疫が高く、異物に過敏反応を見せるアトピーの方に効果を見せると思います。 皮膚科は否定しますが、実際にプロトピック軟膏を使用した方には副作用ないしリバウンドがあるという声が現実にあり...

次の

医療用医薬品 : タリオン

タリオン 10

タリオンの成分名はベポタスチンベシル酸塩と言います。 タリオンだけ読みたい人は前半は読み飛ばすのが吉。 この記事はアトピー患者兼重症の花粉症である僕がそういえば病院で飲み薬について一切説明されていないな・・・とふと思ったことからその疑問についてまとめた記事になってます。 タリオンだけ読みたい人は前半は読み飛ばすのが吉。 なんで人によって効き目が違うのか?薬によってどんな違いがあるのか? 眠気が半端ないんだけど?市販の薬が効かないんだけど?等誰もが一度は疑問に思ったことをできるだけわかりやすくまとめてみました。 タリオンは花粉症の薬の中では鼻づまりによく効くのが特徴。 鼻づまりによく効くのはタリオンとジルテック(ザイザル)のみ。 加えて即効性もあり鼻炎にもそこそこ効くので鼻炎が軽い人手鼻づまりの人はタリオンを使い鼻炎の重い人はジルテック(ザイザル)を使えばいいんじゃないだろうか そしてもう一つの薬の特徴は薬の効果時間が短い事。 飲んでも2時間程度しか効果が持たない。 これは薬の副作用が短くなるというメリットとして捉えることもできる。 さてタリオンの特徴にさらっと触れたところで抗ヒスタミン剤の基本であるヒスタミンとはなんぞや?というところから書いていきたいと思います。 wakasa. phpより引用 一言で言うと様々なアレルギー反応を起こす化学物質のうちのひとつ。 もっと詳しく説明するとヒスタミンというのは肥満細胞に蓄えられている細胞の一つです。 その肥満細胞は体中の至るところに散らばっていて脳をはじめとして色んな重要なところに配備されています。 このヒスタミンですが主な働きは集中力を高める、眠気を抑える、食欲を抑えるといった体にとって非常に重要な働きを担っています。 なにかと悪者扱いされがちなヒスタミンなんだけど体に必要なとても重要な働きをしています。 ヒスタミンは凄い奴なんですけど負の側面もあって体内に異物が入ってきたときに肥満細胞から大量に放出されます。 このヒスタミンが大量放出されて他の細胞とくっついたときに結果としてその部位によって様々な反応が起きる。 ヒスタミンの過剰分泌、これがアレルギー反応と呼ばれているものです。 異物が入ってきたのが鼻ならばヒスタミンの過剰分泌の結果くしゃみがでる、鼻がむずむずするといった症状を出すこれが「アレルギー性鼻炎(花粉症)」と呼ばれているものです。 異物が入ってきたのが皮膚からならヒスタミンの過剰分泌の結果、その異物をスムーズに追い出すために血管が膨張し「その異物をひっかいてとりのぞけ」という脳からの命令が出ます。 これが「痒み」であり「蕁麻疹」と呼ばれているものです。 異物が入ってきたのがヒスタミンの過剰分泌の結果気管ならば息苦しくなったり、セキが止まらなくなったりする。 これが「喘息」。 といった症状を引き起こします。 これらはいずれもヒスタミンが他の細胞とくっついたときに起こるということです。 ヒスタミンが他の細胞とくっついておこるんだからヒスタミンそのものを抑える薬やヒスタミンが他の細胞とくっついたりしないような薬があれば解決するんじゃね? というような目的で作られたのだが抗ヒスタミン剤だったり抗アレルギー剤だったり呼ばれるものです。 当然ですがヒスタミンの分泌を抑えたり他の細胞とくっついてアレルギー反応を抑えたりする薬でアレルギーを根本的に治す薬ではないのでそこのところ勘違いしないように。 Sponsored Link 抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤の違い 以前は抗アレルギー剤というくくりはなくて全部抗ヒスタミン剤と呼ばれていました。 さて上で書いた通りヒスタミンを抑えるのが抗ヒスタミン剤の役割です。 ヒスタミンというのは負の働きばかりが強調されているんだけど当然ながら正の働きもある。 そうでないとなんで体の中にあるんだって話だからね。 正の働きとは集中力を高める、眠気を抑える、食欲を抑えるといったものです。 当然ヒスタミンを薬で抑えるということは集中力の低下、眠気の増大、食欲増進を引き起こします。 抗ヒスタミン剤は1950年~1970年にかけて発売された薬で優れた抗ヒスタミンの効力を示した。 これを今では第一世代ヒスタミン薬と呼んでいます。 花粉症や蕁麻疹や喘息で苦しむといった患者をたくさん救ってきたわけ。 ところがその当事はまだ医療も発展していなくて効果も凄いが副作用もすごかった。 ようするに薬の効き目の調整ができなかったってことなんだよね。 そのひとつが眠気がすごいというもの。 抗ヒスタミン剤を飲むとなんとウイスキー3本分の眠気が出ることが試験の結果分かっている。 更に集中力の低下も問題となって仕事の単純ミスや試験の結果が落ちるという問題もあった。 薬の副作用のせいで日常生活に支障が出る人もいたわけ。 そして何より個人差がでかい。 劇的に効くという人もいれば飲んでも全然効かずに副作用だけが出る人もいた。 こりゃいかんという事でそれを解消したのが第2世代ヒスタミン薬と呼ばれるもの。 別名で抗アレルギー剤。 効果を多少マイルドにして日常生活に支障が出ない範囲に副作用を抑えることに成功したお薬です。 皆さんが今飲んでいる花粉症やらアトピーの薬の殆どが抗アレルギー剤です。 ちなみに抗アレルギー剤という名称があるのは日本だけです。 海外では通じません。 抗ヒスタミン剤の種類 じゃあ薬にはどんな種類があるのかというところなんですがヒスタミンを抑えるにしても効果重視のタイプだったり副作用の眠気を少なくしたものだったりそこで薬の使い分けをするポイントとなっています。 普通お薬というのは強さで区切られているイメージが強いですが抗ヒスタミン剤の強さというよりは働きで区別されています。 じゃ早速書いていきますよー。 第一世代抗ヒスタミン薬 上でかいたように効果もでかいが副作用もでかい。 一般的な特徴として薬価が安い。 飲むとすぐ効くのが特徴。 喘息、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎に主に処方される。 飲むとすぐ効くというのは自覚症状の話。 どんな抗ヒスタミン薬でも理論上は1日目には効果が出る。 ただし効果がいまひとつなので人にはさっぱりわからない。 あーこの薬ようやく効いてきたなーという自覚症状がでるのが第1世代ヒスタミン薬の場合比較的速く2~3日ぐらい。 比較として第2世代ヒスタミンは効果を自覚するまで最低1~2週間(個人差あり)はかかるといわれている。 要するに即効性があるということ。 その代わりすげぇ眠いしすげぇ頭がぼーっとする。 そして何より個人差がでかい。 飲んですごい効くという人もいるし全然効かないという人も多い。 すごく重要なことなんだけどどんな薬でも効果と副作用の大きさは比例しない。 副作用が出ているからといって薬が効いているというわけではないので注意 花粉が予想より早く来て抗アレルギー剤の予防が間に合わなかったというときに飲んだりすることもあるし急に強い鼻炎に襲われたときにとっさに服用することもある。 一般的に蕁麻疹には第2世代ヒスタミンよりこちらのほうがよく効くといわれている。 というのも第一世代の薬には抗コリン作用と呼ばれるアセチルコリンという神経物質の分泌を阻害する働きが加えられているからだ。 このアセチルコリンが蕁麻疹には密接にかかわっていてその分泌を抑えることにより蕁麻疹が改善されることが多い。 第2世代ヒスタミン薬では抗コリン作用は削られているかもしくは弱くなっている。 これは抗コリン作用の副作用が中枢系神経系(脳や消火器)に作用し眠気や倦怠感といったものにかかわってくるからだと思われる。 ようするに得られるメリットに対しデメリットがでかいから削られたということだと思う。 今では抗ヒスタミン剤は一部の限定された用途以外には殆ど使われませんが副作用を逆手にとって使われることはあります。 例えば副作用の眠気がすごいというのは日常生活を送る上ではマイナスですが不眠で苦しんでいる人やアトピーの痒みで眠れない人にとってはプラスと捉えることも出来ます。 うまく使うことが必要なんだけど僕は今までこの手の薬に関して説明されたことはないし今の皮膚科医にうまく使いこなせるスキルがあるとはとても思えない。 耳鼻科なら多少ましになるんだろうけど。 第一世代功ヒスタミン薬の主な薬 ()内は成分名です。 レスタミンコーワA(タンニン酸ジフェンヒドラミン)、ペリアクチン(塩酸シプロヘプタジン) アタラックス(塩酸ヒドロキシジン)、アタラックス-P(パモ酸ヒドロキシジン) ホモクロミン(塩酸ホモクロルシクリジン)ピレチア細粒(メチレンジサリチル酸プロメタジン) ピレチア錠(塩酸プロメタジン)、アリメジン(酒石酸アリメマジン) ベネン(塩酸トリプロリジン)、セレスタミン(d-マレイン酸クロルフェニラミン) ネオレスタミンコーワ(d-マレイン酸クロルフェニラミン)、プロダミン(マレイン酸クロルフェニラミン) ベナ(塩酸ジフェンヒドラミン)、プロコン散(テオクル酸ジフェニルピラリン)、タベジール(フマル酸クレマスチン)等がある。 一番有名なのはセレスタミンだろうか。 セレスタミンはステロイドが入っているので当然のことながらすごい効く。 副作用も半端無いから短期間しか処方されない。 ヤブは平気で出してくるけど。 第二世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー剤) 第一世代の効果をマイルドにして副作用を減らした薬。 具体的に言うと眠気が少なくなる。 抗コリン作用が少ないために消化器系への負担がやさしい。 ただし薬価は高い。 効果が出るまで時間がかかる。 最低1~2週間だけど花粉症対策に使うなら1ヶ月ぐらいはみておいたほうがいい。 喘息や蕁麻疹やアレルギー性鼻炎に幅広く用いられる。 鼻炎でも鼻づまりには効きにくいらしい。 第二世代抗ヒスタミン薬の主な薬 ()内は成分名 ザジテン(フマル酸ケトチフェン)、 アゼプチン、(アゼラスチン)、セルテクト、(オキサトミド)、 ゼスラン(メキタジン)、 ダレン(フマル酸エメダスチン)、ニポラジン(メキタジン)等 更にここから色々と見解が分かれているが第2世代の中を更に細かくわけたものに第3世代ヒスタミン薬と呼ばれているものもある。 第2世代ヒスタミン薬を更に改良したもので優れているもの。 より眠気が出にくくなるタイプや1日1回で服用が充分なものなどがこれに当たるらしい。 「らしい」というのはサイトによって呼ばれていたり呼ばれていなかったりして僕にもよく分からない。 とはいえ第2世代より優れているものが多いので一応区分けしてみた。 こちらを使っている人が多いのではなかろうか。 第三世代抗ヒスタミン薬の主な薬 アレグラ(フェキソフェナジン)、 アレジオン(エピナスチン)、アレロック(オロパタジン ) クラリチン(ロラタジン)、 エバステル(エバスチン)、 タリオン(ベシル酸ベポタスチン) ジルテック(セチリジン)、 ザイザル(レボセチリジン塩酸塩) ケミカルメディエター遊離阻止薬 抗ヒスタミン作用の無い飲み薬です。 主に花粉、喘息等に主に処方される。 アトピー、蕁麻疹には効果ほぼなし。 ヒスタミンは他の細胞とくっついてアレルギー反応を起こすんですが抗ヒスタミン剤はヒスタミンそのものを減らしアレルギー反応を和らげるといった働きをするのに対してこちらは他の細胞とくっつくのを防ぐという点でアレルギー反応を抑えるといった点に特化しています。 その為体内のヒスタミンを減らさずにアレルギー反応を抑えることが出来るため眠気をはじめとした副作用が少なくなるのが特徴かつメリット。 抗ヒスタミン薬はヒスタミンそのものを抑えるため眠気をはじめとする様々な副作用が出ることが多い。 デメリットは当然のことながら 抗ヒスタミン作用がないということは体内で増えすぎたヒスタミンを抑える力は無い。 つまりアレルギー反応が始まってから飲むのは無意味。 使い方としては花粉のシーズンくるしそろそろ飲んでおくかなぁといった使い方や普段から喘息を起こす子供が飲む予防薬的な意味合いが強いです。 アトピーにも効く薬(リザベン)もありますがアトピーの人は慢性的にアレルギー反応が起きているので効果は薄くあまりお勧めは出来ない。 アトピーに使うなら効ヒスタミン薬をお勧めします。 ケミカルメディエター遊離阻止薬の主な薬 インタール(クロモグリク酸ナトリウム)、リザベン(トラニラスト) アレギサール(ぺミロラストカリウム)、ソルファ(アンレキサノクス) ロメット(レピリナスト)、タザノール・タザレスト(タザノラスト) ケタス(イブジラスト) 他にも色々と喘息用の薬とかもあるんだけどここはアトピーブログなのでアトピー、蕁麻疹、花粉症に絞って書いていきたいと思います。 飲み薬の特徴をまとめると花粉症、蕁麻疹、喘息には大抵有効でうまく使えばQOLをあげれる。 一方アトピーの場合は効果は有効だけれども効果は薄いといった感じです。 各薬剤にも特徴がありそれによって使い分けをすると吉。 jaanet. pdfより引用し改変 まずはこの図を見てもらおう。 これはアトピーの痒みが体内でどうやって起きているのかを示した図だ。 痒みというのは複雑なメカニズムでドミノ倒しのように連鎖してどんどん広がっていく。 別にわけがわかんなくてもいい。 僕もわからん。 この図を見て痒みが起きるルートが一杯あるんだなぁというのを感じてもらえばOKだ。 この中でMCと書いてあるのがヒスタミンが関与するアレルギー反応でそこを赤丸で囲んでみた。 MCが関与するアレルギー反応を抑えても別ルートから来る痒みもあるのでどう頑張っても全部ブロックするのは不可能というわけだ。 もっとも最近の薬はヒスタミンだけじゃなく好酸球(上の図で言うとEo)が遊走(アレルギー反応)するのを防いだりとかでいろいろ出来るようになってるけどそれでもアトピーの痒みは完全に抑えたりすることは出来ない。 だから過度な期待は禁物でせいぜいかゆみ止め程度と思って服用するのが吉。 2週間ぐらい試しても効果が出ない人はまったく無いのでそういう場合は別の薬に変えるかいっそのこと飲まないという選択肢もあり。 場合によっては副作用だけが出て効果がまったくでないということもありえるので副作用が出ているからといって効くというわけではないのでそこだけ勘違いしないように。 一杯種類があるんだけど何を基準で選べばいいの? めんどくさい人は薬に関するあれこれを勉強するよりは2週間ぐらい服用して効かないとも思ったらさっさと薬を変えるのが吉。 どれを飲んでもそれなりに効くので薬によって大きく違う点を抑えつつ選べばいいと思う。 薬によって違いが大きい点は薬を服用後血中濃度最高値にどれぐらい早くあがるか(血中濃度最高値にあがるのが早いほど薬の効き目が早い=即効性が望める)。 服用後血中濃度が2分の1になる時間(薬の効き目の持続時間、 ただし薬の効き目が持続するということは副作用も持続するということ) 特に眠気や集中力の低下の副作用の違いは大きい。 ここらへんを考慮に入れて選べばまずはずれは引かないと思います。 睡眠や集中力の低下等の副作用が少ない順に選ぶ Yanai K et al:Pharmacol Ther 113 1 :1-15,2007より改変 ヒスタミンH1受容体占拠率の高さ=睡眠の副作用が強いということです。 ザイザルとクラリチンとタリオンは表に載っていないけど非沈静性です。 いずれにせよ抗ヒスタミン剤は個人差が大きいのでこの表は参考程度にして色々試すのが良さそうです。 沈静性の高い薬を使っていると試験結果が落ちるという海外の論文報告があります。 学生さんとかは非沈静性の薬を選ぶのが言いかなぁと思います。 眠気に関して一番少ないのはアレグラとクラリチンが2TOP。 この二つは眠気、集中力の試験をしていて副作用なしのお墨付き。 次に眠気が中程度アレジオン、エバステル、ザイザル、ジルテックと続きます。 眠気が中程度の中で一番効果が強いのがザイザル。 眠気大がアレロックです。 僕はザイザル使ってるのでお勧めしておきます。 効果時間の長さで選ぶ 次に薬剤の効果時間についてこれもまぁ薬剤によって違いがでかい。 飲んで1時間で効くという奴もあれば4時間かかるというものもある。 持続時間も短いものから長いものまで様々。 ここらへんはライフスタイルに合わせて選べばいいんじゃないかと。 花粉が飛んでいない時期から抗アレルギー剤を飲んで予防に使うならエバステルが超お勧め。 エバステルは花粉症の予防薬に一番適している。 花粉が飛んできたなと思ったら自分のライフスタイルに合わせて切り替えるべし 非沈静性の効ヒスタミン剤(上から順に睡眠作用が少ない。 個人差あり) アレグラ(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで2. 2時間かかる。 薬の効き目が続く目安は飲んでから9. 6時間。 眠気は治験で2. 3%市販後は0. 眠気、集中力に関する試験で影響なしと判断) アレジオン(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1. 9時間かかる。 薬の効き目が続く目安は飲んでから9. 2時間。 眠気は治験、市販後あわせて1. 21%) エバステル(薬を飲んで薬の最大のピークに達するまで5. 5時間かかる。 薬の効き目が続く目安は飲んでから15. 1時間。 眠気は治験、市販後あわせて1. 7%) ザイザル(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1時間かかる。 薬の効き目が続く目安は飲んでから7. 3時間。 ザイザルは治験で5. 2時間かかる。 薬の効き目が続く目安は飲んでから2. 4時間。 眠気は治験で5. 市販後は1. 3%) ジルテック 薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1. 4時間かかる。 薬の効き目が続く目安は飲んでから6. 7時間。 眠気は治験で6%、市販後は2. ) クラリチン(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで2. 3時間かかる。 薬の効き目が続く目安は飲んでから14. 5時間. 眠気は治験で6. 眠気、集中力に関する試験で影響なしと判断) アレロック(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1時間かかる。 薬の効き目が続く目安は飲んでから8時間。 眠気は治験、市販後あわせて7%。 ) ここらへんを自分のライフスタイルに合わせて選ぶのが吉。 眠気が少なくなればなるほど一般的に効果も落ちる。 ザイザルのデータが無いのは市販されてからまだ日が浅いから。 眠気は中程度だと言われている 一応眠気の副作用順に並べてみたんだけど薬剤の副作用報告(眠気)と医療関係者の意見を比較するとしばしば食い違いがある。 例えばこの表ではクラリチンの眠気がアレロックやジルテックに並びぱっとみは眠気の副作用が強そうだなぁと思ってしまうが医療関係者の意見だとクラリチンの眠気はかなり少ないという見解になっている。 それを反映するかのように実際に眠気の試験をしてパイロットでも眠くならないという結果を出している。 ちなみに眠気の比較試験としてきちんとしたデータがあるのはアレグラとクラリチンのみ。 他の薬剤は比較試験をやっていない。 副作用報告の眠気を信じるか比較試験や医療関係者の意見を信じるか悩むどころ(僕は後者を信じる)だけ ど眠気には個人差があるのでデータはあくまでも参考にして自分に適した薬を選ぶのが一番いいと思われる。 抗ヒスタミン剤のアレルギー性鼻炎に関する効果で選ぶ 鼻炎にどれぐらい効くか?というのは鼻炎に関する試験で決められます。 鼻炎の比較試験の成績には総合鼻症状スコアが使われます。 0点~3点の4段階評価で患者さんがこの基準を元に点数をつけます。 例えば僕の鼻炎が酷い時はくしゃみは0点、鼻汁は3点、鼻閉は3点、鼻内そう痒感は0点で合計6点になります。 この表では4項目だけど3項目で評価試験をすることもあるし5項目のときもある。 普通は大体4項目での評価が多い。 これがザイザルを飲んだことによりくしゃみは0点、鼻汁は2点、鼻閉は1点、鼻内そう痒感は0点で合計3点になったら-3点というスコアになります。 このスコアを基準に薬が飲む前と飲んだ後でプラセボ(偽薬)もしくは他の薬と比較することで薬の有効性を計ります。 msd. pdfより引用 %の後の()内は人数。 薬の添付文書からひっぱってきた。 アレグラ(鼻炎に関しての有効率は記載されず。 鼻炎に関しての改善スコアは-0. ぶっちゃけ効かない) アレジオン(鼻炎に関しての有効率は47. 85) クラリチン(鼻炎に関しての有効率は52. 鼻炎の改善スコアは-2. 5項目での評価なので改善スコアが高くなっている。 ) アレロック(鼻炎に関しては有効率は62. 99 です。 ) 鼻炎に関しては薬剤の違いがはっきり出ます。 眠気で仕事に支障が出て困る仕事(ドライバーやパイロット等)ならアレグラとクラリチンが処方される。 アレグラとクラリチンどちらも眠気が少ないけどクラリチンのほうが効果が強いので眠気で選ぶならまずはクラリチンを試してみるのがいいと思う。 一番強いとされているのはアレロック。 時点でジルテック、タリオンと続く。 薬の強さと眠気のバランスがいいとされているのはザイザル。 鼻閉(鼻づまり)が強い人はタリオン、ジルテック、ザイザルにのみ鼻づまりに効く成分が配合されているのでそっちをお勧めする。 上の表と全然あってないじゃないかと思うかもしれませんがそもそも比較の仕方が会社ごとにばらばら。 鼻炎スコアに関しても3項目でやってるところとか4項目で比較してるところとかね。 他にはやっていない試験(眠気に関する試験等)があったりでちぐはぐになるのは否めない。 なのであくまでも参考程度。 鼻炎の改善スコアについては以下を参照のこと。 アトピーに対する抗ヒスタミン剤の効果 アトピーに関してどれぐらい効くか?というのは数字で表すんだけどそれにはそう痒重症度スコアが使われるのでそれの説明から。 薬剤の比較のときにアトピーや蕁麻疹の痒みの比較にはそう痒重症度スコア(痒みの数値)が使われます。 患者さんに日中の症状と夜間の症状の痒みの症状を目安に0~4点の間でスコアをつけてもらいます。 点数が高くなればなるほど痒みが強くスコアも高くなります。 下がその表です。 点数の下の折れ線グラフのほうは関係なし。 rohto. htmlより引用 これを説明したところで薬の数値を書いていく。 %の後の()内は人数。 薬の添付文書からひっぱってきた。 アレグラ( 湿疹・皮膚炎に対する有効率は記載されず。 アトピーの痒みスコアの軽減は-0. 07 ) アレジオン(蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、痒疹、そう痒を伴う尋常性乾癬に対する有効率は74. 43) クラリチン(湿疹・皮膚炎に対する有効率は60. アトピーの痒みスコアの軽減は-0. 51) アレロック(湿疹・皮膚炎に対する有効率は74. 84) さてじゃあどれを使えばいいのかというとどれを選んでも正直そんなに変わらないと思うが僕のお勧めとか論文で効果があると言われているものを紹介する。 ぶっちゃけアトピーだけ悩んでいる人だったらその薬剤を2週間使って効かなかったら別の薬剤に変えるといういきあたりばったり手法が一番効果的。 あくまで痒みを抑える補助的な役割でメインはアトピー治療のメインはステロイド外用薬です。 あまり期待しないようにするのが吉。 以下適当な薬剤の批評です。 エビデンスの高い順番に並べます。 二重盲検試験=ざっくりいうと一番信頼性のある比較方法という事です。 この試験で結果を残せばエビデンスがある( 科学 的根拠)があるといっても問題ないといえます。 エビデンスが高い=薬がそれだけ効くというわけではない。 効く可能性が高いというだけ。 jaanet. pdfより引用し改変 抗ヒスタミン作用に加えて炎症性サイトカイン産制抑制作用(IL-8及びGM-CSF)。 上の痒みの図でちょっと説明したけど痒みというのはドミノ倒しのように広がっていく。 炎症性サイトカインというのはそのドミノ倒しのスタート地点にあるのでそこを抑制することでアトピーの痒みを抑えれるってわけ。 上の図の青丸ね。 大規模な二重盲検試験で効果ありとの判断。 またアレグラとザジテンとの比較で同等の結果を残したとの報告。 ただし鼻炎にはほぼ効果なしなので鼻炎もちの人は別の薬を選ぶべし。 アレロック 蕁麻疹や花粉症によく効きアトピーにも効果がある。 アトピーに合併する特殊な湿疹(痒疹や貨幣上湿疹)にもよく効く。 論文では1094例の大規模な臨床試験があり間欠投与、連贈投与を比較。 共に重症度が下がり連続投与のほうが有意に効果が高かった。 また患者のQOLも改善された。 クラリチン 抗ヒスタミン作用に、LTC4遊離抑制作用(ロイコトリエン)、好酸球浸潤抑制作用がある。 論文では成人及び小児にでエビデンスの高い報告があった。 ステロイド外用薬を用いた比較では使った郡ののほうが有意に痒みが減った。 クラリチンとザジテンの比較では効果は同等であり安全性も同等だった。 atopinavi. NGFというのはすごく簡単に言うと痒みを感じる神経。 詳しくは上の図を参考に。 普通の人は皮膚の下(真皮)までしかないんだけどアトピーの人はこれが表皮つまり皮膚の表面まで伸びていることで知られている。 それの成長を抑制することで痒みを減らす。 論文では 小児アトピーで高いエビデンスの高い報告があり有効性を示した。 アレジオンとザジテンの比較では両者ともによく効きアレジオンは医者の間でもよく効くとの評判。 安全性でも同等。 ジルテック 選択的H1受容体拮抗作用、好酸球遊走阻止、活性化抑制。 アレロックより1ランク落ちるが副作用の眠気は抑えられている。 軽度のアトピーの人だとこれぐらいの薬のほうがいいかもしれない。 論文報告では顔及び東部に中等度以上の皮疹をもつ成人アトピー性皮膚炎で、プロトピック軟膏との併用で掻痒に有効かつプロトピック軟膏の灼熱感を有意に軽減し、その併用効果が示された。 1999年ではあるが、カナダでの大規模な安全性の報告 4)がある。 プロトピックを使っている人で火照りに悩んでいる人はジルテックを使うのがお勧めです。 アイピーディー これは抗ヒスタミン作用のない薬で純粋な抗アレルギー剤です。 作用はIgE抗体・IL4・IL5産生抑制作用です。 鼻水よりは鼻づまりやアトピーに効果があります。 成人アトピー性皮膚炎でプロトピック軟膏にアイピーディーを併用し症状の改善が早い傾向を示した報告がみられた。 また、難治性顔面紅斑をもつ成人アトピー性皮膚炎で、タクロリムス軟膏併用にて軟膏量が減少した報告があった。 プロトピックを使っている人で中々よくならないと言う人はアイピーディーを併用すると更に効果が上がる 以上がエビデンスのある薬剤です。 この中から自分に会ったものを選ぶといいと思います。 蕁麻疹に関する効果 %の後の()内は人数。 薬の添付文書からひっぱってきた。 アレグラ(慢性蕁麻疹に対する有効率は記載されず。 蕁麻疹の症状の痒みの改善と症状の改善、2項目の合計の数値は10mgが-2. 60mgが-3. 33 ) アレジオン(蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、痒疹、そう痒を伴う尋常性乾癬に対する有効率は74. 62蕁麻疹の症状の改善は-1. 24) ジルテック 慢性蕁麻疹に対する有効率は77. ) クラリチン(慢性蕁麻疹に対する有効率は77. 蕁麻疹の症状の改善は-1. 41) アレロック(慢性蕁麻疹に対する有効率は80. 重い蕁麻疹の場合はアレロックが適切だろうか。 蕁麻疹の場合は継続して飲むことになるので眠気や集中力の低下を最優先にして選ぶべし。 鼻炎がある場合はある程度強い物をチョイス(アレグラ、クラリチン以外) アトピーの場合は眠気の弱いものから(アレグラ、クラリチン)から試すのが良い。 抗ヒスタミン剤における使用上の注意とか まず腎障害or腎障害の疑いがある人は一人で勝手に使わないこと。 血中濃度があがりすぎて薬の効き目がでたりでなかったりする。 高齢者も慎重に投与。 次にてんかん等の痙攣性疾患がある人は薬剤によって痙攣を起こす可能性あり。 妊娠している場合も基本使ってはいけない。 特に妊娠初期(15週頃)までには使わないほうがいい。 なぜ使ってはいけないのかというと動物実験で奇形が生まれたとの報告があるからです。 ポララミン、クラリチン、ジルテック当たりがよく使われていて逆にアタラックス、セルテクトは禁忌になってます。 仮に抗ヒスタミン剤を服用していなくても遺伝子に異常がある可能性はゼロではないので医者とよく相談した上でよく使うのが一番いいと思います。 抗ヒスタミン剤と相互作用のある薬は使ってはいけない テオフィリン。 喘息の薬。 併用すると薬が弱くなったり強くなったりする。 リトナピル。 エイズの薬。 併用すると薬が強くなる。 中枢神経抑制剤、アルコール。 眠気が強くなったり副作用が強くなったりする。 これはまぁ医者に言われたことがあるから誰でも知ってるかと思います。 サンリズムカプセル(ピルシカイニド塩酸塩水和物)。 不正脈を治すお薬。 効果が強くなり副作用が出たりする。 抗ヒスタミン剤を使うならこれらの薬を使っている人は併用しないでくださいねーって事です。 併用できる薬剤もあるが基本は禁止ということは頭に入れておこう。 重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、腎障害、痙攣等があげられる。 これについては薬剤の注意書きにも書いてあるので起こしやすい人は医者の指導の下きちんと使うこと。 もしくは使わない。 タリオンの特徴 さて以上を踏まえた上でようやくタリオンについて説明していきたいと思います。 タリオンの薬の効目やらはこれ(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1. 2時間かかる。 薬の効き目が続く目安は飲んでから2. 4時間) 効果時間の持続が短いのがちとデメリットですがこの薬剤の最大の特徴は鼻閉(鼻づまり)によく効くというのがポイント。 実は花粉症には即時反応と遅発反応の2種類があって即時反応は目が痒くなる鼻水が出る、くしゃみがでると鼻が詰まるといった症状が出ます。 それらの症状が体の中で花粉と合わさって連鎖的にアレルギー反応の連鎖をひきおこし酷い鼻づまりをひきおこします。 これが遅発反応と呼ばれるものです。 これが厄介なことにヒスタミンとは別のアレルギー反応なので普通の抗ヒスタミン剤では中々効かない。 タリオンにはそういうのにも対応できるように別の成分が配合してあるので鼻閉によく効きます。 ちなみにこの成分はIL-5というもので詳しい説明は省きますがアトピーの炎症にもかかわっています。 IL-5抑制が入っているのはこれとジルテックだけ。 IL-5は慢性のアトピーにおいて痒みのメインルートの一つなので湿疹メインかつある程度重いアトピーの人は普通の抗ヒスタミン剤よりこちらが効くと思われる。 僕は花粉症の時期はアレグラ。 それ以外の季節はジルテックで使い分けしてます。 個人差が少ないのがタリオンの特徴なんだけどタリオンはなんか効かなかった。 mt-pharma. なお、年齢、症状により適宜増減する タリオンOD錠 用法及び用量 ベポタスチンベシル酸塩=タリオンの主成分。 通常、成人はベポタスチンベシル酸塩として1回10mgを1日2回服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ODってなんやねん 一言で言うと水なしでも飲めるようにしたタイプです。 僕は試しに何種類か試したことがあるんですがラムネorフリスクに味食感共に似ています。 味は薬剤によって決まっているはずですがジェネリックになると微妙にまずいものから舌でしゅわしゅわはじけたり薬剤によって差があってちょっと面白いです。 ラムネとかフリスクとかああいう類が苦手な人は素直に普通のほうを飲みましょう。 まずいのをひいたら精神的にきついです。 タリオンのアレルギーに対する効果 アレルギー性鼻炎 アレルギー性鼻炎を対象とした二重盲検比較試験を含む臨床試験の最終全般改善度(中等度改善以上)は、63. 蕁麻疹 慢性蕁麻疹を対象とした臨床試験(プラセボを対照薬とした二重盲検比較試験は除く)の最終全般改善度(中等度改善以上)は、76. また、プラセボを対照薬とした慢性蕁麻疹の二重盲検比較試験において、本剤はプラセボと比較しそう痒及び発斑の症状スコアを有意に減少させた。 info. pmda. ここでいう症状の平均値とはそう痒重症度スコアによって決定されています。 そう痒重症度スコアとは患者さんに日中の症状と夜間の症状の痒みの症状を目安に0~4点の間でスコアをつけてもらいます。 点数が高くなればなるほど痒みが強くスコアも高くなります。 下がその表です。 点数の下の折れ線グラフのほうは関係なし。 rohto. htmlより引用 皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症) 湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症を対象とした一般臨床試験の最終全般改善度(中等度改善以上)は、全体で64. 湿疹、皮膚炎郡=アトピーと捉えてもらえばいいと思います。 健康成人男子を対象に連続加算テストによる精神運動機能に及ぼす影響を検討した結果、本剤投与群の正答数の変化率はプラセボ投与群と有意差がなく、精神運動機能に対する影響は認められなかった。 タリオンの副作用 臨床試験(治験)において総症例1,446例中、副作用が報告されたの137例(9. また、臨床検査値異常として本剤との因果関係が疑われたものは、総症例1,225例中64例(5. 成人を対象とした市販後の使用成績調査5759例(小児163例を含む)中207例(3. 6%)に臨床検査値異常を含む副作用が認められた。 主な副作用は眠気149件(2. 6%)、倦怠感 9 件(0. 2%)、口渇 9 件(0. 2%)、浮動性めまい 8 件(0. 1%)、頭痛 6 件(0. 1%)等であった。 小児患者(5歳以上~15歳未満)1,316例中、副作用が報告されたのは14例(1. 1%)であり、その主なものは眠気5件(0. 4%)、口渇2件(0. 2%)、蕁麻疹2件(0. 2%)等であった。 info. pmda. 花粉で皮膚が痒くなる人はセラミドサプリのほうが効果が高くなる 2016年2月ごろ資生堂から衝撃的なニュースが発表されました。 以下引用 資生堂は、肌のバリア機能への影響を明らかにするために、セロハンテープで組織培養皮膚表皮の角層を剥離して人為的にバリアを破壊したうえで、スギ花粉の抗原タンパク質「Cry j1」溶液を塗布したときの水分量および細胞間脂質量を測定しました。 その結果、水を塗布したときに比べて、「Cry j1」溶液を塗布した皮膚では水分蒸散量が顕著に高くなり(図1)、肌のうるおいが失われることがわかりました。 また、 肌本来の油分としてバリア機能の維持・回復を担う細胞間脂質については分泌されにくくなり(図2)、細胞間脂質の供給が滞ることが明らかになりました。 これらのことから、「Cry j1」によりバリア機能が損なわれることを見出しました。 shiseidogroup. html? 僕的にはノーベル賞を上げたいレベル。 今まではアレルギー反応で皮膚に痒みが出ると思われていてその対処法として抗ヒスタミン剤(アレルギー反応を抑える薬)が出ていました。 今後は杉花粉が付着する事により痒みが出るという事がわかったのでくしゃみが出る人は抗ヒスタミン剤。 くしゃみは鼻の粘膜に花粉が入ることで起きるのでこれはアレルギーです。 病院で出される保湿クリームなんてうんこなんで全然効かないんですが。 そこで僕がとっておきの方法を紹介しましょう。 僕はこの方法を実践してから杉花粉が飛ぶ中痒みがほぼなくなりました ニュースとして公表されたのはつい最近ですが花粉がひっつくと肌が乾燥するなというのは体感で分かっていたので3~4年前から既に対策してました。 上の文章を見ると 肌本来の油分としてバリア機能の維持・回復を担う細胞間脂質については分泌されにくくなり(図2)、細胞間脂質の供給が滞ることが明らかになりました。 と書いてあるわけです。 ようするにバリア機能を担う細胞間脂質を供給すれば花粉のときのどうしようもない痒みがなくなるって事です。 ともかいてありますが花粉がびゅんびゅん飛んでる絶えず肌に付着する中回復する見込みはまずないです。 tvert. このセラミドなんですけど高価すぎて保険適用になっておらず病院の保湿剤ではもらえません。 市販のセラミドクリームは品質がまともなもので30g4000円ぐらいです。 糞高いでしょ?しかも1ヶ月持たないです。 これより安いセラドクリームも売ってますがそれはセラミドもどきなので皮膚にセラミドの補給はできないわけです。 そこでお勧めするのがセラミドサプリです。 元々これアトピーの為に飲み始めたんですがこれ飲み始めてから花粉のシーズン中の痒みがぐっと減りました。 お値段も1ヶ月2000円~3000円ぐらいで飲むだけで全身に効くという優れものです。 花粉のシーズン中に肌が痒い!って人は抗ヒスタミン剤よりこちらのほうが効果あるんで是非試してみてくださいな。

次の

タリオン錠10mg

タリオン 10

気になる所から確認してみよう• タリオン10mgの薬効 タリオン10mgとは タリオン錠とは抗アレルギー薬であり、主成分はベポタスチンベシル酸塩です。 種類は錠剤と水がなくても飲めるOD錠があります。 じんましんや皮膚のかゆみ、花粉症によるアレルギー性鼻炎などの症状を改善する第2世代抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1拮抗薬)です。 特徴はアレルギー反応を起こす体内の化学物質(ヒスタミン)の受容体を阻害して働きを抑制する作用が優れています。 ヒスタミンについてはこちらを参考にして下さい。 【関連記事】 また、第1世代の抗ヒスタミン薬に比べ、口の渇きや眠気、排尿障害などの副作用が軽減されています。 優れた薬効がありますが、あくまで薬は対処療法ですのでアレルギーの原因の改善にはならないことを覚えておきましょう。 タリオンとアレグラの違い 花粉症やアレルギー性鼻炎の薬といえばアレグラも有名ですね。 どちらの薬も第2世代抗ヒスタミン約でとてもよく似ています。 アレグラもヒスタミンH1受容体拮抗作用を持っていますが、他に 炎症性サイトカイン産生抑制作用、好酸球遊走抑制作用、ケミカルメディエーター遊離抑制作用などの作用があります。 また、タリオンは腎臓が悪い人は注意が必要でアレグラは肝臓障害が出る可能性があります。 【関連記事】 用法・用量 通常、成人だと1回10gを2回に分けて服用しますが、治療を受ける疾患や年齢、症状により適宜増減されます。 小児は通常7歳以上で1回10gを2回に分けて服用します。 いずれの場合も必ず指示された服用方法を守ってください。 飲み忘れた場合、気付いた時に出来るだけ早く飲んでください。 次に飲む時間が近い時は1回分飲むのを飛ばしましょう。 絶対に2回分飲まないでください。 万が一、誤って多く服用してしまった場合はすぐに医師・薬剤師に相談して下さい。 また、医師の指示なく自己判断で飲むのをやめないでください。 スポンサーリンク タリオン10mgの効果効能 効果・効能 主に アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患によるかゆみなどの改善に使用されます。 また、花粉症のくしゃみ、鼻づまり、鼻水などのアレルギー症状の緩和にも使われます。 【関連記事】 タリオン10mgの副作用 副作用 主な副作用としては眠気、悪心、下痢、胃痛、口渇、胃部不快感、倦怠感、嘔吐などがあげられます。 子供の場合、眠気、蕁麻疹、口渇などがでる可能性があります。 タリオンを長期服薬、高用量服薬している方は定期的に血液検査・尿検査を行うことをおすすめします。 また、授乳中も同様にやむを得ず使用する場合は薬が効いているとされる間の授乳は止めて下さい。 飲み合わせ タリオンとの飲み合わせに注意が必要な薬は基本的にはありません。 よく一緒に使用される薬として、風邪などで処方される痰を改善するムコダイン(カルボシステイン・クインスロン・C-チステン・シスダインなど)や解熱鎮痛剤のロキソニンなどがありますが。 これらの薬との飲み合わせも問題ありません。 ムコダインの効能についてはこちらを参考にして下さい。 【関連記事】 また、製薬会社の公式情報ではお酒・アルコールとの併用について注意喚起はありませんので基本的には問題はないでしょう。 ですが一般的に 薬とお酒・アルコール類を併用すると相互作用の可能性で薬の効果がですぎてしまう、もしくは効果が弱まってしまう可能性があるといわれています。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の