引越し 見積もり 有料。 全国のおすすめ引越し業者一覧

引越し料金を格安(半額)にする!見積もり料金の値引き交渉術

引越し 見積もり 有料

詳しくはをご覧下さい。 ピアノ移動、買取、調律 要見積り 振動にデリケートなピアノ類の移動に専門スタッフをご用意させていただきます。 併せて到着時に配置から調律までを行いますのでお引越し当日より奏でることが可能です。 又、ご不要の場合はお引越しの際に買取りさせていただく事も可能です。 バイク、マイカー陸送 要見積り オートバイやマイカーなどを自力搬送不可能な際にご利用下さい。 専用のキャリーカーにてお引越しと併せて搬送いたします。 掃除機がけと水拭きはもちろんのこと、キッチン、洗面、浴室などの水周りは特に重点的に磨き上げます。 安全性を重視し、アルコール除菌ではなく市販の消臭剤を使用します。 小さなお子様がいらっしゃるファミリーや非喫煙者の方などにお勧めです。 お部屋をきれいにしてから引き渡す必要がある方にお勧めです。 (掃除機がけ、水拭き、キッチン周りの油汚れ除去、水周りの水アカ除去などを行いますが、完全に除去できるものではございません) 夜間18時~22時引越し 引越し料金に30%アップ 通常引越しは日中ですが、18:00以降のお引越しも可能です。 お仕事の都合や閉店後の転居などにお勧めです。 カルガモレディによる荷造りのお手伝い お引越し前日に、2~3名のカルガモレディがお宅に伺い、荷造りをお手伝い致します。 有料 有料オプションは 引越しの計画を立てる 自分で引越しする?それとも引越し業者に頼む? トラックを借りずにマイカーで運送できてしまう範囲内のお引越しでしたらご自身でお引越しされた方が安くつくかも知れません。 とは言え、荷物があまり積めないマイカーを利用して長距離を1日に何度も往復するような場合はガソリン代の方が高くつきます。 (驚)この金額があったらカルガモなら同様の内容にドライバーと助手1名付きでもお釣りがきます。 2~3社に見積りをとってみる 今時何処の引越し業者さんもお見積りは無料なはずですのでどんどん利用しましょう。 上手なお見積りの依頼方法は、 大手、中堅、格安の3社程度に絞って見積りを依頼することです。 あまりたくさんの会社に一斉に依頼すると、一斉に返信が返ってきてしまいますので逆にパニックになってしまします。 見積り依頼するときのコツ お引越しする前に一度、ザーッと「持って行く物」と「処分する物」などをわけ、実際にどれくらいの荷物があるのかを把握しておくことが見積りを大きく左右するポイントだと思います。 まだまだ荷物の量に応じて料金を決める業者が多いので、お見積りの際にネホリハホリ聞かれて答えられないと、お見積りに時間がかかってしまったり、万が一に備えて一回り大き目の配車をされてしまう恐れもあります。 最近ではお電話やネットで簡単にお見積り返答ができるよう「間取り」で配車を決めることが多くなってきましたが(弊社もコレ)、特にお荷物が多い場合などは具体的に相談された後、担当者に来てもらって正確な見積りを出してもらった方が良いとは思います。 又、早めにお見積り依頼いただけると配車の予定が組みやすく、引越し業者にも負担がかからないので、 料金やオプションなどで様々なサービスを受けれる場合が多いです。 目安としては1ヶ月以上前が理想です。 (急ぎの場合はこちら) どこの引越し業者に依頼しようか・・ それはもちろんカルガモ引越センターにお願いします! 弊社は2005年のサービス刷新で他社との差別化を図ろうということで、プレゼントなど余計なことをしない代わりに、その分を価格の安さやサービス品質の向上に徹することに決めました。 創業38周年100万件実績の経験を活かして「引越のプロ」として誠心誠意あるサービスを提供させていただきますので宜しくお願いいたします。 上手な荷造りの方法 引越しこそ荷物整理のチャンスです! 引越しは、家のものを根こそぎ整理する絶好のチャンスです。 単に、今もっているものをそのまま新居に運ぶのではなく、本当に必要なものかどうかを見定め、不要なものを思い切って捨てるのもいいでしょう(不要品処分 オプション)。 荷造りは業者の方が得意な場合も多いので、大型梱包などは任せてしまった方が良いかもしれません(標準オプション)。 しかし荷物の整理だけ は、プライバシーを保つためにも自分たちで行う方が良いと思います。 まずは荷造りリストの作成 いきなり手近にあるものを片づけるのではなく、まず家の中を歩いてみて、「現在あるもののリスト」を作りま しょう。 荷造りする段階では、ここから捨てていくものを除いた「持っていくものリスト」が必要になるわけですが、捨てるにしてもどこに捨てる、いつ捨てる という問題が発生します。 小さなものはかまいませんが、たとえ捨てるものでもまずはリストに書き加えます。 リストは、ノートに書いておくとよいでしょう。 メモ帳やルーズリーフだと、なくしてしまったりすることがあります。 引越の記録をつけるような気持ちで、ノートを一冊買って、そこに記入していきます。 リストを作る手順 大きな項目を立てて、しだいに細かいものを明らかにしていきます。 台所にあるもの、居間、玄関、寝室、お風呂、ベランダというように部屋ごとの項目を作るわけです。 ここから、調理器具という中項目を経て、フライパンがいくつ、鍋がいくつ、と記入します。 しかしリストは目的ではありませんから、あんまり細かくなくても かまいません。 たとえば、箸が何本、インスタントラーメンが何袋、とここまでやる必要はありませんね。 この時点で必要なのは、荷造りの単位を把握すること なのです。 取捨選択 リストがまとまってきたら新居の大きさなどを考慮し捨てるかどうかを決めます。 引っ越しすると不要品が大量に出るので捨て場所に困ったりしますが、そうしたもございますので、お見積りの時に相談してみるとよいでしょう。 そして必要な、持っていくものには、それぞれ以下の項目を書き加えます。 荷造りナンバー(段ボールごとに割り振る番号)• 荷造りは誰がやるか(家族/業者)• いつ荷造りをするか(一週間前/当日)• 荷造りに必要なもの(段ボール/新聞紙/ロープ/古い毛布など)• 新居のどこに置くか だんだんイメージがわいてきましたね。 カラーダンボールなどを使うと効率的ですよ。 達人的ワンポイントアドバイス• ピアノ、大型家具等荷造りが難しい物は業者に頼んだ方が良い。 荷造り材料の中で多く必要な物は新聞紙と段ボール。 新聞紙は1ヶ月分くらい必要。 引越先で取り出すときのことも考慮して荷物に番号をつけ、何が入っているかわかりやすくしておく。 いらない物は処分することも必要。 出発当日も使用する物はうっかり荷造りしない。 着替え・タオル・洗面用具・トイレットペーパー等• 忘れ物をしやすい場所は再チェックが必要。 床下収納・天袋・物干し・当日の郵便物等• お金等の貴重品は荷物にまぎれないように管理する。 トラブル防止のために、荷物の積み込み・積み出し時は立ち会い、確認をする。 種類別荷造り術• われもの、壊れやすいもの• 割れ物同士が直にふれないように、面倒でもひとつひとつ紙包み。 箱詰めする時は底に新聞紙等をいれクッションにする。 重い物は下、軽い物は上。 箱にわれものとわかりやすく表示する。 引越し当日の確認事項 引越前日の準備5ヶ条 1. お金を用意しておく! ガス、水道料など、当日清算する料金があるときは、その金額、また明日の昼食代、交通費など、意外にまとまったお金が必要です。 お引越しの際に大金を持ち歩いているのは何かと不安ですので、引越し料金のお支払いなどは事前振込みなどで済ませておくことをお勧めいたします。 掃除用具をまとめておく! ぞうきん、掃除機、バケツ、ほうき、ちりとり、軍手、ごみ袋などを用意し、一個所にまとめておきましょう。 荷造り用のヒモ、テープ、マジックペン、新聞紙、ぼろ布、古毛布なども一緒に用意しておきましょう。 貴重品など手持ち品をまとめる! 現金、通帳、印鑑など、貴重品が他の荷物にまぎれないようにしっかり管理。 冷蔵庫の中をカラにする! 前日にだけでなく、少し前から、冷蔵庫に食品ができるだけ残らないように献立に工夫をすることが必要です。 前日には、冷蔵庫をカラにしなければなりません。 明日の朝食用に、おにぎりやサンドイッチを作っておくとよいでしょう。 食品も減るし、当日の朝、食器を使わないで済むし、一石二鳥です。 氷を溶かしておくことも忘れないようにしましょう。 どうしても残りそうな方はクーラーボックスのオプションをご利用下さい。 最後の一箱にこれだけ詰めておこう! 大き目のダンボールを一つ用意しておきます。 中には、ポット、カップ(プラスチックなどの割れないもの)、インスタントコーヒー、お茶、お菓子、それに、引越すときに着る服(作業着ではありません)などを入れておきましょう。 最後の最後に出てきた忘れ物は、この箱に入れれば良いのです。 そのためにも大き目の箱を用意しておきましょう。 引越当日マニュアル• 早起きをしましょう。 やらなければならないことはまだまだあります。 早起きをして余裕のあるスタートを切りましょう。 服装は動きやすいもの、汚れても構わないものを着るようにしましょう。 靴は、ぬぎはきがしやすいものを履きましょう。 部屋の中と外をしょっちゅう出入りしなければならないからです。 紐の付いていない運動靴が最適です。 朝食はしっかり食べましょう。 力仕事が待っているのです。 朝食に使った食器や、洗面用具などを、前日に用意しておいた最後の一箱の中に納めましょう。 箱の封はまだしません。 引越し業者や手伝いの人が揃ったら、さあ、戦闘開始です。 荷物が運び出され、カラになった部屋から順に掃除します。 本格的なクリーニングが必要な場合はオプションのクリーニングをご利用ください。 引越の最中に、ガス会社、水道局、電力会社の係員が、それぞれ、元栓等の停止と、料金の精算に来る場合があります。 手際よく対応しましょう。 掃除が終ったら、最後の一箱に用意しておいた服に着替え、作業着を箱に入れて蓋をします。 この箱を積めば積み込み完了です。 最後まで使ったものが最初に使うものです。 引越先では、これが最初の一箱になります。

次の

電話地獄。「一括引越し見積もり」サービスは使ってはいけない。|イケハヤ大学【ブログ版】

引越し 見積もり 有料

引越し業者に見積もりを依頼する場合、電話、インターネット、訪問といった方法があります。 訪問見積もりは引越し業者の担当者に自宅に来てもらい、荷物の量を直接その目で確認してもらえるので、もっとも正確な見積金額が出せるメリットがあります。 ですが、引越しをする機会はそう多くはないので、訪問見積もりに来てもらうことになっても、何を確認しておいたほうがいいのかが分からず戸惑ってしまう人は意外に多いもの。 そこで、アーク引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、ヤマトホームコンビニエンスの各社へのインタビューを参考に、「訪問見積もり時に確認しておくべきポイント」をいくつか紹介します。 引越し日時を決めるときは、引越し業者とスケジュール調整をする必要があるため、訪問見積もり依頼が早ければそれだけ自分の要望に近い日時にあわせることも可能です。 だいたい引越しの3カ月前くらいから訪問見積もりの受け付けをしているところが多いです。 引越しの日が一日違うだけでも混雑具合や見積もり料金が変わることもあるため、日時の融通がきくのであれば一番安い引越し料金の日にするという決め方もできます。 一般的に引越し料金が高くなるのは、3月、4月で、月の下旬や土日、朝からの場合です。 逆に 安くなるのは、1月、6月、7月、月の中旬や火曜、水曜で、時間帯は引越し業者におまかせという場合が多いです。 荷造り梱包用のダンボールはもらえるのか確認する 引越しを依頼することになった場合、多くの引越し業者が自社のダンボールを用意しており、それをもらうことができます。 一般に、「引越しに必要なダンボールの数は1人につき約20個」といわれています。 もちろん個人差があるのでこの数字から10個ほど前後することも珍しくありませんが、仮に20個のダンボールが必要だとすると、そのすべてを自分の手で用意するのは大変です。 どこかからもらって調達してくるのは手間ですし、買うにしてもそれなりの出費になります。 引越し業者からサービスでもらえるならそれに越したことはありませんよね。 そこで訪問見積もりの際に確認しておきたいのが以下の4つのこと。 <引越しの訪問見積もりチェックポイント ダンボール> ・ダンボールを無料でもらえるか? ・何個まで無料でもらえるか? ・もしその個数以上に必要になった場合はどうすればいいか? ・追加分のダンボールを購入できるのであれば1個当たりいくらか? ちなみに、ハート引越センターを例に取ると 「お引越しに必要なダンボールは基本的に差し上げていますが、追加になると有料になるケースもあります。 また、ほかの方が使った後の比較的きれいな状態のものを『リサイクルダンボール』としてお届けすることができます」 とのこと。 近所のお店でもらってくるという方法もありますが、届けてもらえるなら助かりますね。 荷造り梱包用のダンボールを確保することは引越しのファーストステップ。 まずはこの点をすっきりさせて、気持ちよく引越し準備を始めましょう。 空になったダンボールは引き取ってもらえるのか確認する 荷物を新居に運び入れたら、最後に待っているのが荷ほどき作業です。 この過程で出るのが空っぽになった大量のダンボール。 これを処分すれば新居もスッキリし、ようやく引越しがひと段落した実感がもてることと思います。 不要になったダンボールを処分するには「ゴミ捨て場に捨てる」「回収業者に引き取ってもらう」などの方法がありますが、ほかに「引越し業者の引き取りサービスを利用する」という方法もあります。 引越し業者に引き取ってもらうのが、手間と費用が一番かからないのでおススメです。 まず、「荷ほどき後、ダンボールを引き取ってくれるか」を引越し業者に確認する必要がありますので、この点を訪問見積もり時に聞いておきましょう。 そして、もし「引き取りをやっている」と分かったら、その引き取りの詳細も聞いておきましょう。 例えば「有料か、無料か」「無料で引き取ってもらえるのは最初の1回だけか? 2回目以降お願いするといくらかかるか?」「引越し後、何日以内に連絡すれば引き取りに来てもらえるのか?」といったことです。 ダンボール引き取りサービスのルールは各引越し業者によって違いますので、その詳細を把握しておくことが肝心です。 荷造りは自分たちでどこまでするべきか確認する 「荷造りをどこまでやっておくべきか?」も訪問見積もり時に確認しておいたほうがいい事柄です。 引越しの荷造りといえば基本的に「荷物をダンボールに詰めてフタをする作業」のことを指しますが、これを引越し業者が代わりにやってくれることがあります。 その場合には自分たちが荷造りをどれくらい進めておけばいいのかを知っておきたいですよね。 荷造りの一部を引越し業者にやってもらう場合には、その作業は「荷造りパック」などのオプション内の作業として料金が発生している可能性があります。 ここを確認しておくことで、「本当は自分たちで荷造りしても良かったのに、荷造りしてくれるって言うから任せたら料金が高くなっちゃった……」といった間違いやトラブルをなくすことができます。 荷造りを全部自分たちの手で済ませる場合でも、「タンスや引き出しの中身は全部出したほうがいいか?」や「大型の家具・家電はどうすれば? 当日作業スタッフに梱包してもらえるのか?」などは引越し業者によって対応が異なるため、事前に確認をしておくのが無難です。 例えば「炊飯器などの小型の家電はそのままでOK。 こちらで梱包して運びます」(アリさんマークの引越社)といった回答があると、安心して梱包作業ができますよね。 ピアノなどの大型家具の運搬方法を確認する 引越しで運ぶ荷物のなかにピアノなどのとりわけ大きい家具がある場合は、訪問見積もり時にその旨伝えましょう。 訪問見積もり時、担当者は「大きな家具・家電があるかないか」を真っ先にチェックしているので、特に何も言わなくても向こうから「このピアノは新居に持っていかれますか?」と質問されますが、自分から相談する意識をもっていたほうが間違いを減らせます。 ピアノのような大型で重量のある家財は階段、エレベーター、玄関、廊下、ドアを通らない可能性があります。 もし「ピアノの幅が広くて玄関を通らない」となったら、クレーンでピアノをつり上げて窓から運び入れるといった方法を採ります。 クレーンを当日手配するとなると追加料金がかかりますし、空き状況によっては手配できずその日のうちに引越しが終わらないおそれも出てきます。 そうならないためにもクレーンを手配するのであれば前もって決めておき、その料金を含めた見積もりを出してもらうのがベスト。 ピアノなどの大型家具を持っている人は、担当者にどうするべきかを相談しましょう。 担当者からアドバイスや「新居の玄関の幅を測っておいてください」といった指示があるかもしれません。 引越し料金の支払い方法とタイミングを確認する 引越し料金を支払う方法や、支払いのタイミングについても聞いておきましょう。 現金での支払いならまずどこの引越し業者も対応しています。 このほかにクレジットカードや銀行振り込みといった支払いが可能な引越し業者もあります。 自分の好みや都合にあった支払い方法を選ぶといいでしょう。 ちなみに今回の4社はすべてクレジットカード利用OK! 対応しているカード会社や支払いルールに違いはあるものの、カードを利用できる引越し業者は多いようです。 クレジットカードの支払いを希望する場合は、作業スタッフに準備が必要ですので、前もって「カードで支払いたい」ということを伝えておかなければなりません。 訪問見積もりの段階ではまだどこの引越し業者に依頼するか決めていなかったとしても、クレジットカードで支払うことを決めているのであればその旨を伝えるようにしましょう。 冷蔵庫と洗濯機の運搬準備を確認する 家電のなかには引越しの際に特に注意して準備するものがあり、それが冷蔵庫と洗濯機です。 引越し前にきちんとした処置を施しておかないと運搬中にほかの荷物を濡らし、最悪の場合は故障してしまう可能性もあります。 冷蔵庫は中のものを引越し当日までに空っぽにしておくことはもちろんのこと、ほかに「水抜き」や「霜取り」という処置も必要です。 自分でやる必要があるので、やり方をネットで調べたり引越し業者に教わったりしておくといいでしょう。 新しい冷蔵庫や洗濯機にはこれらの処置が必要のない場合もあり、「この型なら必要ないですね」といったアドバイスをしてくれることもあります。 また、洗濯機の給水・排水ホースは自分で外して水抜きします。 電源コードもまとめて冷蔵庫に養生テープで貼り付けておくと運びやすいです。 引越し当日に作業員が作業してくれる引越し業者もあるため、「外す作業はできるだけ自分ではやりたくない……」という人はスタッフに質問してみるのも良いでしょう。 新居の周りの道路幅を確認する 新居の周辺の道路を見てみましょう。 「もし道幅が狭くて、大きいトラックでは家の前まで行けなかったり、時間帯によって通行止めがあったりする場合は事前に教えていただけるのがベストです。 もしも当日にそのことが判明すると、見積もり時に算出していた作業量を超えてしまうこともあり、お客さまにとっても不利益になってしまいます」(アーク引越センター)とのこと。 作業が増えると、予定していた時間に終わらなかったり、応援のスタッフを手配したりする必要が出て、追加料金が発生してしまうこともあります。 訪問見積もり時にそのことが相談できていたら、前もって「少し小ぶりのトラックを用意する」「時間をずらす」といった対策を立てることも可能です。 道が入り組んだ住宅街や、周辺の道幅が狭い新居に引越す人は、「大丈夫でしょうか?」と相談を持ちかけてみましょう。 マンションのエレベーターを使って搬入するか確認する 新居がマンションでエレベーターがあり、エレベーターを使って搬入作業を進めていく場合、その点について担当者と相談しておきましょう。 エレベーターが使えるか使えないかによって作業量が変わり、作業量によっては料金が変わる可能性があります。 マンションによっては引越し時にエレベーターの使用許可が必要なところもあります。 新居のエレベーターの使用許可などに関しては、訪問見積もり時に詳しく調べておく必要はありません。 しかし担当者に相談しておくことで「新居は2階なのでエレベーターは使わなくても大丈夫です」や、「当日のエレベーターの使用許可を管理事務所からもらってください」といったアドバイスや指示をもらうことができます。 持っていくか迷っている家具・家電があるか確認する 新居に持っていくか、それとも引越し時に処分するか迷っている家具・家電がある場合はそのことを担当者に伝えておいたほうがいいでしょう。 持っていく家具・家電を含めたパターンと含めないパターンで2種類の見積もりをつくってもらうこともできます。 また、これに関連して、その引越し業者が家具の引き取りサービスを行っているか、もし行っているのであればそれは無料なのか、いくらかかるのかといったことも確認しておきましょう。 引越し当日に「やっぱり捨てよう!」と決めると、引越し業者のプランによっては処分費がかかってくる可能性があります。 追加料金の発生を避けるなら、見積もり時にしっかりと確認しておいたほうが安心です。 持っていく自転車、車・バイクがあるか確認する よくあるちょっとしたミスに、「家の中にある、運んでもらう予定の荷物はちゃんと全部伝えたけど、家の外にある自転車も運んでほしいというのを伝え忘れてしまった」といったケースがあります。 家の外に置いてあるものなので、ついつい忘れてしまいがちですよね。 引越し当日に「そういえば自転車があったので、あれも積んでください」と言っても、空きスペースに積めれば解決できるかもしれませんが、自転車は意外とスペースをとることも多く、ほかの荷物を傷付ける危険もあるのだとか。 別トラックの手配などで追加料金が発生してしまうこともあります。 また、車やバイクを持っている人は、それらについてどうすればいいかを聞いておくようにしましょう。 「自動車やバイクをお持ちで、当日の移動に使用されない場合はこちらであわせて輸送するオプションがありますよ」(ヤマトホームコンビニエンス) といったように、引越し業者によっては車両陸送に対応してくれるところがあります。 料金はいくらか、運搬には何日かかるかといったこともあわせて尋ねておきましょう。

次の

引越し業者の選び方と見積もりのコツ|引越しのウラオモテ

引越し 見積もり 有料

契約後でも引越し3日前まではキャンセル料0円 まずはキャンセル料について詳しく掘り下げますわね。 キャンセル料の額はキャンセル時期によって結構変わってきますの。 引越し2日前になるとキャンセル料がかかる ほとんどの引越し業者は国土交通省が定めた引越しの基本ルール「標準引越運送約款」に従いますの。 これによると、申込者が引越しをキャンセルした場合に請求できるキャンセル料は以下のように定められていますわ。 キャンセル時期 キャンセル料 当日 料金の50%以内 前日 料金の30%以内 2日前 料金の20%以内 3日前まで 無料 料金とは見積もり時に提示された引越し料金のことですの。 このように、引越し3日前までであればキャンセル料は無料ですわ。 引越し当日キャンセルでもキャンセル料が発生しない場合がある しかし引越し当日でもキャンセル料が発生しない場合もありますわ。 それは 引越し予定日の3日前までに、引越し業者から確認の電話がなかった場合ですの。 というのも「標準引越運送約款」には 「 引越し会社は引越し予定日の3日前までに申込者に見積書の記載内容について確認の連絡をしなければいけない」と定められていますの。 この確認を怠ると、引越し前日や当日にキャンセルをしても料金の請求はできないことになっていますわ。 例外的にキャンセル料を請求できる引越し業者も有る ただし、一部の引越し業者は 会社独自のルールでキャンセル料を請求してくる場合がありますの。 これは、会社独自の約款を届け出て、認可されている場合ですわ。 でもあくまで一部。 ほとんどの業者は上記のルールに則っていますの。 もしキャンセル料でグダグダゴネてきたら、約款を提示してもらって確認してくださいまし。 引越し見積もり時に貰ったダンボールは自費返却 さて、引っ越し直前でない限りキャンセル料は発生しないことは分かってもらえたと思いますの。 ですが、 キャンセル料以外の料金が発生する場合がありますの。 というのも 「 キャンセルの原因が客側(私達)にある場合は、キャンセル料とは別に、すでに引越し業者が着手した附帯サービスの費用は、客側が負担する」 と「 標準引越運送約款」で定められていますの。 引越し業者が着手した附帯サービス 「 附帯サービスって何?」 と思うかもしれませんが、これは梱包・搬出・輸送・搬入といった基本サービス以外のサービスのことですの。 具体的には• ダンボール提供• 荷造り• 電気工事• インターネット回線の開通• 荷物一時預かり• 不用品処分 などが挙げられますわ。 一番多いのは「 見積もり時にダンボールを受け取ってしまった」場合だと思いますの。 その場合はダンボールを 自費返却、もしくは買取の義務がありますわ。 引越し業者に貰ったダンボールの取扱い 引越し業者に貰ってしまったダンボールは• ダンボールの返却は新しい引越し業者に頼むのもあり 未使用のダンボールを返却する場合は 着払いNGですわ。 送料はこちらが持つことになっていますの。 稀に業者が回収しに来てくれることもありますが、あまり期待しないように! 「 もっと良い業者があったから、そっちに変更する」という場合は、 新しい業者がダンボールを届けてくれることもあるので、お願いしてみましょう。 ダンボールの買取価格 使用後のダンボールは買い取らされる場合がほとんどですの。 買取価格は 段ボール1枚300~500円ですわ。 10枚あったら3000~5000円。 結構高いですわよね。 訪問見積り時に 営業マンがダンボールを置いていきますが、あれは 断った方が良いと思いますの。 洗濯機購入などのオプションはキャンセルできない? 最後に補足ですの。 引越し見積もり時に、洗濯機購入などのオプションをつけた場合、引越しはキャンセルできてもそのオプションはキャンセルできない場合がありますの。 注意してくださいまし。 まだ引越し業者が決まってない人へ 今回は引越し契約後のキャンセルについて詳しく解説いたしました。

次の