高校受験 神奈川県。 神奈川県公立高等学校入学者選抜について

【高校受験2020】神奈川県公立高校<特色検査・共通>講評

高校受験 神奈川県

神奈川県の 中学受験で入学する私立高校 と 高校受験で入学する公立高校 の大学合格力を比較します。 結論は 私立高校>>公立高校で、県西地区ではほとんど知られていませんが平塚・茅ヶ崎・藤沢以西では常識です。 ちなみに、高校受験の公立高校と私立高校では公立>私立です。 神奈川県では 慶應高を除くほとんどは 公立に合格できなかった生徒が私立に入学するので当然の結果になります。 開成 67 、 聖光学院 65 、栄光学園 61 、 浅野 60 、慶應普通部 60 、 攻玉社 50,56 、 サレジオ学院 55 、逗子開成 54 、 桜蔭 67 、女子学院 65 、フェリス女学院 61 , 横浜双葉 54 、 湘南白百合 47 、清泉女学院 42 、 聖園女学院 39~40 、 平塚中等 51 、 公文国際 47 、山手学院 46~48 、日大藤沢 42 、 自修館 39 、東海大相模 31 、相洋は圏外で30未満です。 たとえば、駿台模試の偏差値55は、横浜国立大にほぼ全員が合格できるレベルです。 小田原高校で 駿台ハイレベル模試を受けるのは、最上位の生徒のみでほんの一握りです。 中学受験の偏差値55以上のほとんどの学校で、その半数以上が早慶に合格することも納得できると共に、中学受験の偏差値55以上の中学校の受験が如何に厳しいか容易に推察できます。 見方によっては、中学受験は大学受験より厳しいかもしれません。 (中学受験の)小学生たちの多くが最難度の模試を毎週受け、それに向けて日夜勉学に励んでいることになるわけですから。 公立高校を中学受験の偏差値に適用すると次のように推定できます。 横浜翠嵐 は、 55~56。 湘南高校は、 55~56。 厚木高校は、 46~47。 小田原高 は、 44~45。 合格力は公文国際・湘南白百合>小田原。 秦野高校 は、 37~38。 合格力は清泉女学院>自修館>>秦野。 公立高生たちも 高い意欲で学業に励めばより高い学力が身につき、私立進学校に近づくことができます。 湘白生は小学から中学に進学するとき、中学から高校に進学するとき、一定の成績を修めていないと進学できませんし、定期テストでさえ難しく、数学の成績が低いと希望しても物理を履修できなかったりするので、この学校の生徒はよく勉強 させられ します。 小学生でも電車やバスで本をずっと読んでいる姿を目にするほどです。 彼女たちは努力で高い学力を身につけている典型です。 聖光学院 東大72 現役56 ,国公立医学部35,一橋10,東工大08,慶應121 卒業生231名。 半数以上が東大・京大クラス。 浅野高校 東大42 現役36 ,国公立医学部15,一橋15,東工大25,慶應137 卒業生259名。 国公立医学部、慶應は途中集計。 横浜翠嵐 東大14 現役11 ,国公立医学部13,一橋12,東工大17,慶應091 卒業生348名。 湘南高校 東大25 現役17 ,国公立医学部13,一橋21,東工大18,慶應090 卒業生361名。 慶應は2017年度の実績。 東京都の学校。 一橋と東工大は全員現役。 サレジオ 東大09 現役06 ,国公立医学部06,一橋14,東工大07,慶應056 卒業生182名。 聖光や浅野>>湘南や翠嵐、は明白です。 次に、翠嵐、湘南、攻玉社、サレジオについて考察します。 これらすべてを考慮して合格力を算出しました。 サレジオも受験生憧れの優良校ですので、大学受験で逆転するということは中学に入ってからサレジオ以上に猛勉強したことがうかがえます。 私立医学部は慶應より難。 横浜双葉 東大3 現役3 、国公立医学部10、慶應46、私立医学部25 卒業生181名。 2017年度の実績。 逗子開成 東大7 現役3 、国公立医学部06、慶應65、私立医学部38 卒業生268名。 公文国際 東大6 現役6 、国公立医学部04、慶應51、私立医学部19 卒業生170名。 湘白百合 東大2 現役2 、国公立医学部09、慶應28、私立医学部27 卒業生164名。 湘白は慶應より医歯薬志向で計110名合格。 厚木高校 東大5 現役1 、国公立医学部02、慶應56、私立医学部少 卒業生360名。 小田原高 東大1 現役0 、国公立医学部00、慶應20、私立医学部少 卒業生311名。 湘白>小田原は明白です。 公文国際は一橋にも6名 現役5 が合格していて、偏差値47にも関わらず厚木高校より遥かに高い合格力です。 この学校は、大船駅から専用バスで8分ほどかかり 少し不便で学費も平均より大分高いですが、将来まで考えるとおつりが来てあまりある学力/教養を身につけることができます。 公文や湘白など偏差値は低くても大学受験では大活躍します。 中学受験の生徒たちが、入学後にいかに鍛えているかうかがい知ることができます。 大学合格力 は、清泉女学院>自修館>>秦野。 清泉女 国公立20,慶應10,早稲田12,上智13,東京理科15,立教22。 卒業生161名。 2016年度 慶應18,早稲田35 は小田原に迫る実績でした。 自修館 国公立11,慶應00,早稲田05,上智06,東京理科04,立教18。 卒業生120名弱。 早稲田、上智、理科大はすべて現役。 2017年度の実績。 秦野高 国公立17,慶應00,早稲田11,上智05,東京理科06,立教16。 卒業生357名。 合格力は自修館>>秦野。 自修館は秦野を圧倒しています。 清泉生の学習意欲は低い傾向にありますが、小・中学入学時からの塾や家庭教師で何とか学力を維持しています。 秦野生の学習意欲は清泉生よりもさらに低く、学業よりも部活など他に精を出す傾向があります。 秦野生の学力は 難度の低い 高校受験で燃え尽きて目標を見失った生徒の集まりとしか思えないほどひどい状況です。 一方、自修館は学校が教育熱心で生徒は大変ですが、中学受験では低学力でも大学受験で好成績をあげるのはその賜物で、生徒・教師共によくがんばった結果です。

次の

【高校受験2020】神奈川県公立高、志願倍率(確定)横浜翠嵐1.97倍など

高校受験 神奈川県

スポンサーリンク 神奈川県の公立高校受験の特徴と塾の相関図について考えてみる 長男はサピックス中学部に通いましたが、長男の入学当初は高校受験のシステムや他の塾の様子が全く分かっていませんでした。 しかし、中学校の3年間で、長男がお友だちから聞いた話や、ママ同士の情報交換から、それぞれの塾の特徴がだんだんと分かってきました。 そして今、次男のために塾を研究中です。 私が住んでいる横浜、川崎周辺の高校受験向けの大手進学塾の特徴について、私の認識しているイメージをまとめてみます。 神奈川県の公立高校受験は内申点を取ることが第一 まずは神奈川県の公立高校の受験のシステムの特徴というか、ルールみたいなものを簡単に説明します。 内申点が合格ラインに達していないと受験ができない それぞれの都道府県によっても違いがあるかと思いますが、神奈川県の公立高校受験のシステムは内申点重視。 最近では、横浜翆嵐高校、柏陽高校など入試の点数の方を重視する傾向も出てきましたが、まだまだ限定。 ほとんどの高校が合格ラインの内申点が設定されていて、学力が十分にあっても、内申点が達していないと受験することさえ許されない感じです。 当日の入試さえ受ければ合格が保証されるというシステム。 合格が保証される代わりに、他の私立は受験できません。 その学校にとって特待生レベルの子じゃない限り、そんなすごい権利を与えてはくれません。 従って、特別難関校でなくても、中堅校でも、「何となく名前聞いたことある」レベルの学校は、軒並みオール5レベルでないと受け入れてくれません。 なので、公立が第一志望の場合、「まあ満足」と思える私立を併願校にしようとなると、限りなくオール5を目指さなくてはならない、という構図になるのです。 「その内申取れてたら、公立だってもっと上狙うよ! 」なはずなのに、です。 進学塾は公立狙いか、私立狙いかで大別 このシステムを受けて、神奈川県の、特に私の住んでいる横浜、川崎周辺には様々な塾がありますが、大雑把に区別すると、公立狙いか、私立狙いかに分かれます。 公立狙いの塾は内申対策が充実 公立高校を照準に合わせた進学塾では、内申点アップのために定期テスト対策も熱心に指導してくれます。 代表格としては、、です。 国立大附属・難関私立志向の塾は学力重視 「内申点よりも実力勝負! 」と、考える場合、当日の試験のみで合否判定する、いわゆるオープン入試を狙う方法もあります。 ただし、オープン入試校は、いわゆる難関と言われる私立や国立大附属校。 ここに照準を合わせるには、公立狙いの塾よりもカリキュラムの難易度が増します。 その代わりに内申対策はしていません。 代表格は、です ただし、早稲アカは公立志望者向けにも対応しているようです。 少数派のようですが。 また公立志向のSTEP、湘南ゼミナールも国立・難関私立向けの塾も開設されています。 STEPでは、湘南ゼミナールではがそれにあたります。 塾公立、私立どちらでも対応可能な塾 入塾する時点では、「公立か私立かなんて分らない! 」という人に対応可能なのが、、。 臨海セミナーは公立がメインのイメージではありますが、私立向けにも対応しています。 また、個別指導もあるので、志望校に合わせてコースを変えたりできそうです。 栄光ゼミナールは、クラスが少人数のイメージ。 きめ細かく対応してくれそうです。 高校受験の塾選びをするときは、まずは公立 or 私立か、どのレベルの学校を狙うか、ゴールをイメージしてそれに合ったジャンルの塾を選ぶのがいいと思います。 次回より、それぞれの塾の特徴と私がリサーチした感想をお話ししたいと思います。

次の

神奈川県公立高校受験情報|受験情報|湘南ゼミナール

高校受験 神奈川県

神奈川県の私立高校の入試は、大きく分けると推薦入試と一般入試の2種類があり、公立高校を第一志望とする人の多くが、一般入試の「書類選考」や「併願」制度を利用します。 「書類選考」とはその名の通り、中学校の調査書などの書類のみで合否を決める選抜方法です。 学力試験がないため、最近はこの選考方式を選ぶ人が増えています。 書類選考には他校の受験ができない「単願」と、他校の受験も可能な「併願」があります。 一般入試の「併願」では学力試験が実施されますが、内申点などが基準に達し、中学校の先生と私立高校の先生との事前相談が行われれば、不合格になる可能性はほぼありません。 【神奈川県 私立高校の入試制度一覧】 選抜方法 内申点等の 基準 学力検査 他校との併願受験 2020年度実施校例 推薦入試 あり 原則なし 他校を受験できない 一部の難関校を除くすべての私立高校 一般入試 書類選考 単願(専願) あり なし 他校を受験できない 法政大学第二、法政大学国際 併願 あり なし 公立高校を受験できる 鎌倉学園、桐蔭学園、横須賀学院など ほかの私立高校を受験できる場合もある 一般入試 (書類選考以外) 単願(専願) あり あり 一般的には他校を受験できない 鵠沼、日本大学藤沢、横浜など 併願 あり あり 公立高校を受験できる ほとんどの私立高校 ほかの私立高校を受験できる場合もある オープンなど なし あり 何校でも受験できる ほとんどの私立高校 多くの学校で、推薦入試、書類選考、一般入試(併願)ともに出願資格を設けています。 出願資格の内容は高校によってさまざまですが、大きく3つのポイントがあります。 1 出席状況 「3年間の欠席合計日数が20日以内」など、出席状況に条件がある場合があります。 2 内申点の基準 「5教科の評定合計が20以上」「9教科の評定合計が40以上」など、内申点に基準が設けられている場合があります。 基準は5教科や9教科、中2と中3の合計のみなどさまざま。 「9教科の中に1がないこと」などといった条件があることもあります。 3 検定などの取得状況 英語検定や数学検定などで一定級以上の検定を取得している場合や、生徒会活動、部活動の成績等により加点されることがあります。 詳しくは各学校の要項をご確認ください。 私立高校を志望する場合は、自分の内申点などが出願資格を満たしているかどうかを確認することが必要です。 神奈川県では、中3の秋に三者面談で中学校の先生と確認を行い、その後12月15日以降に中学校の先生と私立高校の先生とで「事前相談」が行われます。 この事前相談をすることで合格がほぼ決まります。 一方、一般入試のオープンでは内申などの出願資格はなく、当日の試験結果のみで選抜されるので、だれでも受験することができます。 「より進学実績のよい私立高校にチャレンジしたい」という受験生はオープン入試に挑戦することが多いようです 合格のめやすなどについてのご相談は<個別相談ダイヤル>へ!• 入会窓口の電話は、午前中に混み合うことがあります。 ご入会は、24時間お申し込み可能なWebが便利です。 また、入会前の疑問は、Webの「よくある質問」からも確認いただけますので、ぜひ、ご利用ください。 番号はよくお確かめのうえ、おかけください。 一部のIP電話からは042-679-6610へおかけください(ただし通話料金がかかります)。 中高一貫校生の方のお電話でのお問い合わせについて 中高一貫校生専用講座に関する入会お申し込み、お問い合わせは、中高一貫校生講座専用窓口までお電話でお願いいたします(0120-933-599 [受付時間:年末年始を除く9時~21時])。 個人情報の取り扱いについて ご提供いただく個人情報は、お申し込みの商品・サービスの提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。 お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。 また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。 個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口 (0120-924721 通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。 (株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者).

次の