ジャッカル エッグ キャスト タフィー。 【楽天市場】【お1人様1色につき1個限り】ジャッカル エッグキャストタフィー110:米源釣具店 楽天市場店

ジャッカル「エッグキャストタフィー」で釣りしたら超楽しかった!|TSURI HACK[釣りハック]

ジャッカル エッグ キャスト タフィー

概要 まずはジャッカル公式情報から、特徴を斜め読みしていきましょう。 インプットしてほしいところを 赤字にしていますので、サッと読んでいただければOKです。 投げるエッグ。 全長110cmのショートレングスながらも使いやすい設計で、様々な釣種のルアーフィッシングを楽しめる性能を持つ スピニングロッドです。 POPなデザインやカラーリングがエッグキャストを使った釣りの愉しさと所有する喜びを感じていただけることでしょう。 カサゴやメバルなどの ロックフィッシュ類 を狙うソルトウォーターでのショアゲームはもちろん、 遊び心満載のバスフィッシングやエリアトラウト などにもマッチします。 また、 お子様のファーストロッドとしてもおすすめです。 出典: 赤字をピックアップすると以下の通りです。 キャスティング対応 全長110cm スピニングロッド POPなデザインやカラーリング ロックフィッシュ類 (遊び心満載の)バスフィッシングやエリアトラウト お子様のファーストロッド 全長は110cmということでオリジナルと同様ショートロッドな訳ですが、キャスティング(投げる)対応ということになっています。 エッグアームで話題になったポップなカラーリング傾向も継続です。 ターゲットはロックフィッシュはもちろんのこと、キャスト可能になったことでちょっとしたバスフィッシングやトラウトも視野に入ってきます。 もちろん、この長さですから、本格的にキャスティングゲームを楽しむためのロッドというよりは、そういった釣りをもっと身近に、気軽に遊べる、楽しめる!というロッドだと思います。 その特性から考えると、小学生くらいのお子さんの釣りデビュー用ロッドとしても秀逸な雰囲気ですね。 次項では各項目をエッグアームと対比しながら、もう少し詳しく掘り下げて紹介していきます。 エッグアームと比較しながらの特徴解説 キャスティング対応の全長110cm キャスティング、すなわち投げることに対応しているということです。 エッグアームは投げれなくて、エッグキャストタフィーは投げれる…ということではなくて、エッグキャストタフィーの方がはるかに投げやすい。 というのが正しいイメージだと思います。 その違いはどこにあるのか?というと、大きくは以下の2点に集約されます。 長さ テーパー(竿の曲がり) それぞれを簡単に説明します。 長さ エッグキャストタフィーは110cmの1モデルのみになっています。 対してエッグアームは2モデル存在します。 55cmのショーティと、120cmのロンガーですね。 さすがに55cmのショーティでキャストしても飛距離にはほとんど期待できませんが、120cmのロンガーならそれなりのキャストも可能です。 むしろ、エッグキャストタフィーの110cmより長い訳ですね。 単純な長さだけで比較すると、120cmのロッドの方がキャスティングでは優位なのでは?と思えます。 でも、エッグキャストタフィーの方が投げやすいのは何故か?それは、テーパー(竿の曲がり)が大きく関係してくるからです。 テーパー(竿の曲がり) ジャッカル公式のこの動画をご覧ください。 6分38秒あたりから、ロッドの曲がりを比較説明してくれています。 エッグアームはいわゆるファストテーパーと呼ばれる調子になっていて、ロッドのティップセクション(穂先側)がよく曲がるようになっています。 ベリー(竿の胴)はしっかり張りがあるので、ルアーや仕掛けを持ち上げやすく(言い換えるなら操作性が高い)、アタリも取りやすい、掛けた魚を一気に浮かせやすい…といった特徴があり、足元に落とし込む穴釣りには非常に適した調子と言えます。 対してエッグキャストタフィーはミディアムテーパーと呼ばれる調子になっていて、ロッドのベリーセクション(胴。 真ん中あたり)から曲がるようになっています。 これにより、ルアーをキャストする際に、ルアーの重みをロッドに乗せやすくなり、キャストしやすく感じるのです。 キャストは、ロッドのしなりを利用して投げるものです。 テイクバックで後ろにしなったロッドが、反動で前に戻ってくる力を活かす訳です。 ロッドの胴が硬いと、全体的なしなりが少なくなって穂先側しかしならないので、いわゆるリリースポイント(指をラインから離してライン放出するタイミング)がシビアになってしまうのです。 もちろん、エッグキャストタフィーはキャストはしやすくなる半面、穴釣りのような釣りをするにはエッグアームに使用感で劣ることになります。 要は一長一短なので、自分の好むスタイルに合わせてチョイスしたいですね。 スピニングロッド エッグアームはスピニングもベイトも両方対応ということでしたが、エッグキャストタフィーはスピニング専用ということになっています。 投げること前提のショートロッドですから、ベイトリールでは少し経験が必要になりますし、トラブルも増えるということでしょう。 POPなデザインやカラーリング エッグアームの大きな特徴の1つに、ビビッドなカラーリングが挙げられますが、エッグキャストタフィーもその方向性は変わりません。 ご参考までに、エッグアームは以下のようなカラーリングです。 出典: 対してエッグキャストタフィーは以下の通りです。 出典: 基本デザインは同じで、カラーリングが違う雰囲気ですね。 遊び心を刺激するカラーリングですよね。 もちろん好き嫌いはあろうかと思いますが、釣り初心者の女性、お子様にはいい意味でのインパクトがあるのではないでしょうか? ターゲットは? メインターゲットとなるのは、ソルトの漁港における小型ロックフィッシュです。 カサゴ、ソイ、ハタ、メバルなどなど…釣って楽しい、食べて美味しい魚たちですね。 夜なら、小型のシーバス(セイゴ)なんかも遊んでくれそうです。 ハゼクラなんかも巻いて絡め獲る釣りなので、相性良さそうな気がします! なお、ジャッカル公式の紹介には、バスフィッシングやエリアトラウトもマッチとありますが、「遊び心満載の」という注文がついているように、小場所、近距離の小物狙いに限定されると思います。 小バスやギルと遊ぶイメージですね。 足元からそれなりの深さがありそうな漁港でボトム(底)を中心に狙ってロックフィッシュと遊ぶのが一番ワクワクできてオススメですね! お子様のファーストロッド 長さが110cmですから、小学校低学年くらいのお子さんの身長と同じか少し短いくらいです。 釣り経験のない小学生があまり長いロッドを振り回すのは大変ですしトラブルの元なので、110cmという長さは非常に魅力的です。 釣りデビュー用に用意してあげれば、お子さんが釣りを学ぶにはピッタリですし、お子さんが使わないときには大人が遊ぶ用のロッドとしても気軽に使えますね。 次項で触れますが、エッグシリーズは価格的にかなりお手頃な点も魅力です。 発売時期・ラインナップ・価格 気になる発売予定日ですが、個人的にジャッカルに直接確認したところ、2019年の7月中旬~下旬に出荷予定との事です。 秋の釣りには間に合いそうですが、エッグアームの時のように品切れ続出で手に入れれない…となる可能性もあります。 ラインナップと価格は以下の通りです。 エッグアームでも26gでフルキャスト(そもそもかなり投げにくいと思いますが)してるとそのうちアッサリ破損しかねません。 逆に、エッグキャストタフィーも、堤防の際メインで落とし込むだけの釣りならもう少しウェイトのある仕掛けでも大丈夫と思います…が、ここらは経験則がモノをいう部分でもありますから、不安な方はメーカーの推奨する用途・使い方で素直に遊ぶことを強くおススメします(笑) このように、スペック表記載の対応ウェイトの意味を混同しないように気を付けたいですね。 自由に手軽に遊ぶなら、ゆくゆくはこういった考え方も柔軟に持ちたいところではあります。 ちなみに、エッグキャストタフィーの300g荷重でのしなりは以下の写真の通りです。 出典: すでに一部店舗では予約が開始されています。 毎度のことながら、Yahoo! ショッピングが一番早いですね。 当初はお一人様一本限りという店舗が多くなりそうです。 すでに現段階で私が調べた範囲では、ネット予約はどこも売り切れている雰囲気です。 通販で手に入れたいなら、今後、予約受付開始する店舗をマメにチェックするしかないですね。 そこまでして追いかけるロッドなのかという見方もできますが(笑) 実売価格は、人気ロッドということもあり定価そのまま(税込み4,968円)という店舗が多いかもしれません。 気になっている方はご参考にしてみてください。

次の

エッグキャストタフィーがジャッカルから新登場。堤防周りで手軽にライトゲーム!子供の釣りデビューにもピッタリなショートロッド│RiB_ERTAS

ジャッカル エッグ キャスト タフィー

エッグシリーズ概要 2018年10月、エッグシリーズが登場した段階ではエッグアーム(ロッド)とエッグショット(ブラクリ仕掛け)の2つで構成されています。 今まで穴釣りと言えば、少し極端な言い方になりますが、ちょっと古臭いデザインの専用ロッドを使うか、別の釣り用のロッドを流用して使うかの2択を迫られていたように思います。 今回、そんな穴釣りというジャンルに、人気ルアーメーカーのジャッカルが一石を投じるような形で投入するのがエッグシリーズです! 見るからにカラフルで近未来なデザインは賛否両論ありそうですが、今までの穴釣り専用ロッドのイメージとは大きく異なることは確かです。 さぁ、さっそく次項からはエッグアームとエッグショットを詳しくご紹介していきます。 (2019年6月6日追記) エッグシリーズに追加モデルが発表されました。 エッグアーム まずはジャッカルホームページの商品説明をご紹介します。 根に潜むターゲットを狙い撃つ 初心者の方でも簡単にルアー感覚で楽しめる穴釣りアイテムが、この「エッグアーム」です。 カラフルでスポーティーなデザインが目を引きます。 これまでの釣り竿に無いデザイン感が手にする人の所有感を満たしてくれることでしょう。 また スピニング・ベイトキャスティングリールどちらでもセット可能。 お好みのリールをセットし、お使い下さい。 足元の石の隙間に落とすだけで思わぬ大物が飛び出すこともある、まるで宝探しのような穴釣りゲーム。 是非EGGシリーズでご体感下さい。 出典:ジャッカル パッと見で眩しい!と目がくらみそうな、ビビッドでカラフルなカラーリングが目を引きます。 カラーは 赤、 青、 オレンジの3タイプとなっています。 スピニングリール、ベイトリール両方に対応し、手持ちのリールですぐ楽しめるようになっています。 出典:ジャッカル 長さは、 オーソドックスな120cmと、 超ショートモデルの55cmがスタンバイ。 出典:ジャッカル ラインナップ 表は横スクロールしてご覧ください。 まさに 足元だけを撃つなら、ショーティの55cmは取り回し抜群でしょう。 ロッドが非常に短いゆえに魚のダイレクトな引きを楽しめますね。 ほんの少しキャストしたり、少しリーチを広げたところも撃ちたい場合はロンガーの出番です。 エッグアームの魅力 出典:ジャッカル 穴釣りは釣りよかの影響もあり注目するアングラーが増えていますよね! 釣りの楽しさを世に発信する素晴らしいチャンネルだと思います。 ほんとに釣りを楽しんでますよね~。 みなさんも穴釣りにもカッコよくて、所有感を満たしてくれるロッドがあったらいいと思いませんか?? こういったニーズを感じてかどうかは分かりませんが、ここで、いち早く市場に新作を投入してきたのがジャッカルというワケです。 ジャッカルは釣りよかとコラボしてますから、この流れは必然と言えるのかもしれませんが、さすが動きが早いですね。 さて、エッグアームの魅力についてですが、 特筆すべきはやはりそのデザイン性だと感じます。 特に、釣り入門者や女性アングラーがウキウキした気持ちになれそうなデザインですよね。 なかなか思い切ったデザインですから、もちろん賛否両論あるでしょう。 しかし、今までの穴釣り専用ロッドのデザインのイマイチさからすれば、これは革命的なデザインではないかと感じます。 そして、続いての魅力は、 ジャッカルのロッドながらも非常に良心的な価格になってる点です。 実売で3,000円台。 手軽に楽しみたい穴釣りだからこそ、いくらジャッカルブランドのロッドでも価格が高すぎたら購買意欲は湧きませんよね。 この価格は、他の穴釣りロッドと比較しても十分競争力のある設定だと感じます。 非常に短いロッドなので、カーボンよりも、むしろグラスのしなやかさがあるほうがメリットが多いかもしれません。 スタイリッシュに!でも手軽に楽しく!そんな穴釣りの楽しみ方を提供してくれるロッドなのではないでしょうか。 かなりの大人気商品になっていて2019年3月19日現在、Amazon、楽天、Yahoo! ショッピングの大手通販サイトで在庫切れになっています。 楽天とAmazonはみなさんよくチェックされていますが、 Yahoo! ショッピングは見落とされて穴場的に商品が見つかるケースもあるので、要チェックですよ! エッグショット 続いて、エッグアームと合わせて使いたいエッグショットについて。 こちらもまずは、ジャッカルホームページの商品説明からご紹介します。 根に潜むターゲットを狙い撃つ 初心者の方でも落とすだけで簡単にルアー感覚で楽しめる穴釣りアイテムが、この「エッグショット」です。 また 半固定ビーズによりオモリの位置を容易に変更する事が出来、多彩な攻め方が可能です。 セットするのは、 活き餌や生餌だけでなく、2~3インチ程度のワームとでもご使用いただけます。 足元の石の隙間に落とすだけで思わぬ大物が飛び出すこともある、まるで宝探しのような穴釣りゲーム。 是非EGGシリーズでご体感下さい。 出典:ジャッカル 穴釣りと言えば、仕掛けはブラクリですね。 ジャッカルが独自に開発したブラクリ仕掛けが、エッグショットです。 根がかり回避性能を求めた結果である独特の形状や、オモリ位置の変更が可能な点は、さすがジャッカルと言ったところです。 ラインナップ 表は横スクロールしてご覧ください。 カラーは3タイプがラインナップされています。 オモリが低重心であることがブラクリ仕掛けにおいて有効なことは常識的ですが、 すり抜けバンパーは効果的なのではないかと思います。 根がかり回避が非常に重要な穴釣りにおいて、こういった一工夫はスムーズな釣りにつながります。 無用なストレスを軽減し、テンポが向上することで釣果にも好影響を与えるでしょう。 また、半固定ビーズでオモリの位置を思いたったときにすぐに変更できる点も見逃せません。 出典:ジャッカル 根がかり回避重視にするか、喰わせ重視にするか…、こういった微細な対応ができることは、釣果向上につながることはもちろん、 『アングラーが工夫ができる』という点で楽しみにつながるんです。 あーだこーだと釣り仲間と話しながら、考えながら、釣りをするってとっても楽しいことですよね。 ジャッカルがルアー造りで培っている感性はもとより、成型技術の高さもこういった機能の実現を可能にしているのでしょうね。 続いて、おすすめなのはオキアミ! ただし、オキアミはブロックを買っても多すぎますし、やや針保ちの悪さも気になります。 そこで、特殊な加工で針保ちが良くなっている、刺しエサ用のオキアミを使うのがおすすめ! 虫エサよりも刺すのが簡単なのも魅力で、理想は使い分けて、その日のアタリエサを見つけたいですね。 虫エサのように見た目が気持ち悪くないですし、暴れまわらないので、釣りに慣れていない女性やお子様用のエサとしても適しています。 虫エサに比べると針保ちでは劣りますが、喰わせ力は素晴らしいエサですよ。 以下のGクリルは超定番の刺しエサ用オキアミです。 中でも遠投タイプがおすすめ!(遠投出来るように強化されていてエサ保ちがいいです) こちらも、楽天かyahoo! ショッピングで購入できます。 さいごに 出典:ジャッカル スタイリッシュに穴釣りを楽しむことをコンセプトにしたエッグシリーズ。 そのカラーもデザインも非常にポップでビビッドな印象で、今までの穴釣りロッドとは雰囲気が異なります。 当ブログでもこの記事へのアクセス数は非常に多く、その反響の大きさを感じます。 他のロッドメーカーも追随するところがでてきそうな気がしますし、今後は穴釣りタックルも充実してくるかもしれませんから、穴釣りファンは要チェックですね。 穴釣りというやや地味なジャンルに一石を投じたジャッカルのエッグシリーズが今後どのような展開を見せるか楽しみですね。 穴釣りを真剣に楽しむも良し。 メインの釣りの合間に息抜き的に楽しむも良し。 カップル・夫婦で一緒に楽しむも良し。 お子様と一緒に楽しむも良し。 いろんな楽しみ方ができますね! あなたも手軽に!スタイリッシュに!エッグシリーズで穴釣りを楽しんでみませんか?•

次の

【エッグキャスト タフィー】ジャッカルから発売の110cmのお手軽ロッド

ジャッカル エッグ キャスト タフィー

ざっくりエッグアームとの違い! キュートな見た目はエッグアーム譲りです。 なアイテム『EGG CAST TOUGHY (エッグキャストタフィー)』。 つまり アームに比べて、より広範囲に狙えるというコトです。 なので、海に限らず、小川や池等、小規模なフィールドと。 様々なフィールドで遊べるようになったって所ですかね。 アームは穴釣り(エサ釣り)を想定してか、26gまでの仕掛けに対応していますが、タフィーは〜7gまでと従来のライトゲームロッドに近い仕様となっています。 ということは、ライトゲーム向けなルアーやワームは使えても エサ釣りをするとなると使用可能な仕掛けの範囲が狭いということですね。 もれなく結構に曲がるっぽいので穴釣りとかにはあまり向いていないという印象です。 あとセット出来るリールがスピニングリールのみ。 というのも違いの一つですね。 広範囲かつ様々フィールドに対応しつつ、エサ釣りをするとなると適合ウエイトに縛りがあるって感じかしら。 全体的に短めですが、ちょい釣りラーな人やちびっ子に良さげな気がする。 ぷちまとめ 上記した違いやメリット・デメリットを踏まえて、穴釣り(エサ)にはエッグアームを、ワームのちょい投げにはエッグキャストタフィーを・・・・と使い分ければ間違いないでしょう。 発売は多分、もう間もなくなのかな?エッグアーム使いの人も、エッグアームを買い損ねた人も、次は絶対にゲットしたいって人は要チェックですぜ。

次の