デリケート ゾーン 黒ずみ ニベア。 ニベアの青缶で黒ずみが治る!?使い終わったらインスタ映え?

ニベアがデリケートゾーンの黒ずみケアに良いってホント?効果と使い方|らむ|note

デリケート ゾーン 黒ずみ ニベア

ニベア青缶の基本情報|デリケートゾーンの黒ずみへの効果や成分、販売店をチェック 青色パッケージでお馴染みのニベア青缶は、ボディや顔の肌荒れや乾燥向けの商品です。 ニベアに配合されたグリセリンやスクワランの保湿成分が、すこやかな肌へ導きます。 ニベアは濃厚なテクスチャとフローラルな香りが特徴。 ニベアはチューブタイプ(50g)・中缶(56g)・大缶(169g)の3タイプから選べます。 ただし、ニベア青缶には美白成分が入っていないため、ニベア青缶でデリケートゾーンの黒ずみを改善するのはかなり難しいと思います。 どうしてもニベアでVIOや脇、お尻、乳首などデリケートゾーンの黒ずみを改善したいなら「」が良いです!ニベア以外の商品でもいいから場合は、以下のページを参考にしてください。 デリケートゾーンの黒ずみ改善効果があるニベア13選 デリケートゾーンの黒ずみ改善には「美白成分」が入っている商品を使う必要があります。 ニベア全32商品の中から、美白有効成分と美白サポート成分が入った商品だけをピックアップし、デリケートゾーンの黒ずみ改善に効果的な順にくわしく紹介します。 黒ずみ改善向けのニベア1.ニベア プレミアム ボディミルクホワイトニング|ニベア全商品で黒ずみ改善No. 1はコレ ニベア プレミアム ボディミルクホワイトニングは、美白有効成分「ビタミンC誘導体」が入った医薬部外品です。 美白サポート成分やターンオーバー促進成分が入っている点で、デリケートゾーンの黒ずみ改善に有力です。 商品タイプ:ボディの保湿剤• 値段:約900円• 内容量:190g 黒ずみ改善までの日数 約4~6ヶ月 注目の成分• ビタミンC誘導体(美白有効成分)• ビタミンCジパルミテート(美白サポート成分)• グリセリン(保湿成分)• オウゴンエキス(抗炎症成分) 安全性• デリケートゾーン専用ではない• 無添加処方の表記なし• 医薬部外品• 日本製 黒ずみ改善向けのニベア2.ニベア リフレッシュプラス ホワイトニングボディミルク|製造終了品だけど黒ずみには効果的 ニベア リフレッシュプラス ホワイトニングボディミルクもデリケートゾーンの黒ずみ改善に必要な美白や抗炎症、ターンオーバー促進成分が入っています。 ただ2019年8月に製造終了されているため入手困難です。 みずみずしいテクスチャと柑橘系の香りが特徴的。 商品タイプ:ボディの保湿剤• 値段:約800円• 内容量:150mL 黒ずみ改善までの日数 約4~6ヶ月 注目の成分• ビタミンC誘導体(美白有効成分)• ユキノシタエキス(美白サポート成分、抗炎症成分)• グリセリン(保湿成分)• デリケートゾーン専用ではない• 無添加処方の表記なし• 医薬部外品• 日本製 黒ずみ改善向けのニベア3.ニベアメン アクティブエイジ|男性のシミ改善商品だから美白できそう ニベアメン アクティブエイジは、男性の年齢肌を改善する商品です。 美白有効成分やコエンザイムQ10が入っているので、シミやシワが気になる方にぴったり。 サラっとしたテクスチャかつ無香タイプなので、デリケートゾーンにも使いやすいでしょう。 商品タイプ:顔の化粧水• 値段:約1,400円• 内容量:100mL 黒ずみ改善までの日数 約5~6ヶ月 注目の成分• ビタミンC誘導体(美白有効成分)• グリセリン(保湿成分)• デリケートゾーン専用ではない• アルコール、香料フリー• 医薬部外品• 日本製 黒ずみ改善向けのニベア5.ニベアメン アクティブエイジバーム|乳液タイプが好きな方にぴったり 美白有効成分入りのニベアメン アクティブエイジバームは、男性のシミ改善向け乳液です。 乳液タイプなので滑らかな使用感が特徴で香りもありません。 「NIVEA MEN」と書かれたグレイの容器はクールな印象があります。 商品タイプ:顔の乳液• 値段:約1,400円• 内容量:100mL 黒ずみ改善までの日数 約5~6ヶ月 注目の成分• ビタミンC誘導体(美白有効成分)• グリセリン(保湿成分)• デリケートゾーン専用ではない• アルコール、香料フリー• 医薬部外品• 日本製 黒ずみ改善向けのニベア6.ニベア プレミアムボディミルク モイスチャー|超乾燥肌向けに作られたアイテム ニベア プレミアムボディミルク モイスチャーは、保湿力にこだわったボディ用品です。 美白サポート成分が入っているため、ゆるやかな黒ずみ改善も期待できます。 さっぱりとした使用感と華やかなローズの香りが特徴的。 商品タイプ:ボディの保湿剤• 値段:約850円• 内容量:190g 黒ずみ改善までの日数 約5~6ヶ月 注目の成分• オウゴン根エキス(美白サポート成分、抗炎症成分)• グリセリン(保湿成分) 安全性• デリケートゾーン専用ではない• 無添加処方の表記なし• 日本製 黒ずみ改善向けのニベア8.ニベア リフレッシュプラス アクアモイスチャーボディジェル|夏に全身をお手入れするならコレ ニベア リフレッシュプラス アクアモイスチャーボディジェルは、200mLと大容量なのに、600円前後で買えるのでお得感があります。 惜しみなく全身に使えるため、マッサージの時に使うのもよいですが、清涼感があるため夏向きです。 肌馴染みがよく柑橘系の香り。 商品タイプ:ボディの保湿剤• 値段:約600円• 内容量:200mL 黒ずみ改善までの日数 約5~6ヶ月 注目の成分• ユキノシタエキス(美白サポート成分、抗炎症成分)• グリセリン(保湿成分) 安全性• デリケートゾーン専用ではない• 無添加処方の表記なし• 日本製 黒ずみ改善向けのニベア9.ニベア リフレッシュプラス スプラッシュボディジェル|爽快感のある泡でお手入れ ニベア リフレッシュプラス スプラッシュボディジェルは、泡タイプの保湿剤です。 肌の保湿や引きしめに効果が望め、美白サポート成分も入っています。 ひんやりとした泡はジェルにかわり、柑橘系の香りが気分をスッキリさせてくれます。 商品タイプ:ボディの保湿剤• 値段:約900円• 内容量:130g 黒ずみ改善までの日数 約5~6ヶ月 注目の成分• ユキノシタエキス(美白サポート成分)• グリセリン(保湿成分)• ハマメリス葉エキス(抗炎症成分) 安全性• デリケートゾーン専用ではない• 無添加処方の表記なし• 日本製 黒ずみ改善向けのニベア10.ニベアメン エクストラモイスチャーバーム|たった900円でしっとりスベスベ肌 ニベアメン エクストラモイスチャーバームは、乾燥や肌荒れの改善向けの乳液です。 サラっとした使用感と肌馴染みのよさが魅力的です。 植物由来の美白サポート成分も入っており、黒ずみの改善も期待できます。 万人受けするアクアフローラルの香り。 商品タイプ:顔の乳液• 値段:約900円• 内容量:100g 黒ずみ改善までの日数 約5~6ヶ月 注目の成分• グリシルヒザインフラタ根エキス(美白サポート成分)• グリセリン(保湿成分)• カミツレ花エキス(抗炎症成分) 安全性• デリケートゾーン専用ではない• 無添加処方の表記なし• タイ製 黒ずみ改善向けのニベア11.ニベア プレミアムボディミルク|香りに癒されながら乾燥をお手入れ ニベア プレミアムボディミルクは、濃密な乳液ですが肌に塗るとスッと軽くなり、潤いを実感します。 2019年8月に販売終了の商品なので取り扱い店は少ないですが、デリケートゾーンの黒ずみ改善成分も入った商品です。 ふんわり華やかなローズの香り。 商品タイプ:ボディの保湿剤• 値段:約800円• 内容量:200g 黒ずみ改善までの日数 約5~6ヶ月 注目の成分• マヨラナ葉エキス(美白サポート成分)• グリセリン(保湿成分)• カミツレ花エキス(抗炎症成分) 安全性• デリケートゾーン専用ではない• 無添加処方の表記なし• 日本製 黒ずみ改善向けのニベア12.ニベア プレミアムボディミルク アドバンス|黒ずみやシワが気になる大人の肌に ニベア プレミアムボディミルク アドバンスも、2019年8月に製造終了しているため入手困難な商品です。 特徴的な成分は黒ずみ改善に欠かせない「美白サポート成分」に、シワ改善に嬉しい「コエンザイムQ10」です。 商品タイプ:ボディの保湿剤• 値段:約1,400円• 内容量:200g 黒ずみ改善までの日数 約5~6ヶ月 注目の成分• マヨラナ葉エキス(美白サポート成分)• グリセリン(保湿成分)• オタネニンジン根エキス(抗炎症成分) 安全性• デリケートゾーン専用ではない• 無添加処方の表記なし• 日本製 黒ずみ改善向けのニベア13.ニベア クリーミー洗顔料(しっとり、とてもしっとり)|500円未満で買えるアミノ酸系商品 ニベアクリーミー洗顔料の「しっとり系」の2種類は、潤いを守りながら汚れを洗い流します。 美白サポート成分や、やさしい洗い心地のアミノ酸系洗浄成分「ココイルグルタミン酸Na」も配合されています。 嫌味のないフローラルの香り。 商品タイプ:洗顔料• 値段:約450円• 内容量:130g 黒ずみ改善までの日数 約7~10ヶ月 注目の成分• キウイエキス(美白サポート成分)• グリセリン(保湿成分) 安全性• デリケートゾーン専用ではない• アミノ酸系洗浄料を使用• 日本製 ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングをデリケートゾーンの黒ずみに使ってみた ニベア製品の中で「デリケートゾーンの黒ずみ改善No. 1」に輝いた「ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニング」を使用した私の口コミレビューを紹介します。 ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングの外観や使い心地などをチェック! 私は近所のお店で「ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニング」を購入しました。 ニベアのプレミアムボディミルクシリーズは4種類あり、デザインが似ています。 そのためニベアシリーズの商品は、買い間違いに要注意です。 必ずプレミアム ボディミルク「ホワイトニング」と書いてあるか、チェックしてくださいね。 ニベア プレミアム ボディミルクホワイトニングは容器がオシャレ! ニベア プレミアム ボディミルクホワイトニングは、青紫色のボトルが特徴的です。 見た目もごく普通のボディ向け保湿用品に見えます。 だからほかの化粧品と並べていても違和感がなく、デリケートゾーンの黒ずみに使用しているとはバレません。 ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングの容器は使いやすい ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングは、本体の中央部がくびれているので、握力の弱い方でも持ちやすくなっています。 そしてフタがワンタッチタイプなので、ササっと使えて便利! ボトルのサイズは小さくはないので、持ち運ぶには不便です。 カバンに入れてもはみ出します。 お泊りのときや旅行に持っていくなら、百均で売っている小さな入れ物に移しかえる必要があるかも。 ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングは香りが強い ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングを手に取り出すと、白みがかったジェルが出てきて、ローズの香りがふわーっと広がります。 個人的にこの香りは強すぎて、「マダム系」だと感じました。 塗り広げると、伸びがよくかなりサラっとしていました。 ニベア プレミアム ボディミルクホワイトニングの使用感は、「保湿力が弱い」「香りが微妙」な点を除くと文句なしです。 7日間デリケートゾーンの黒ずみへニベア プレミアム ボディミルクホワイトニングを使用してみた 私は7日間デリケートゾーン(VIO、脇、乳首、お尻、肘、膝など)の黒ずみに「ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニング」を使用しまし、効果や肌への刺激を確認しました。 私は1日2回デリケートゾーンを洗った後に、ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングを塗ることに。 初日 ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングは、サラサラしているので少量でデリケートゾーンに塗れ、デリケートゾーンの乾燥が治まり、潤い力も感じられました。 ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングは、ベタつかないのでサッと下着を履けました。 3日目 ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングをデリケートゾーンの黒ずみに塗って3日が経ちました。 ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングは、デリケートゾーンがヒリヒリすることもないですが、ローズの香りとデリケートゾーンのにおいと混ざって臭くなってしまいました。 7日目 ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングのおかげで、デリケートゾーンの乾燥は改善されましたが、黒ずみにはまったく変化なしでした。 正直7日間しかニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングを使っていないので、デリケートゾーンの黒ずみ改善効果は判断できません。 ニベア青缶の成分と期待できる効果 成分 期待できる効果 水 ニベアの成分表には「水」と記載されているが、化粧品には水道水からミネラルを除去した精製水が使用される。 水は製品のベースとなり、他成分を溶かすために配合される。 ミネラルオイル 石油からとれるミネラルオイルは、ニベアのベース成分で、製品の使用感をなめらかにする。 皮膚の蒸散を防ぎ、皮膚をやわらかくする。 微量の光毒物質が入っているため、わずかに光アレルギーを起こす恐れがある。 ワセリン 石油由来のワセリンは、ミネラルオイルと同様に、製品のベース成分であり、皮膚の柔軟化が望める。 グリセリン 天然油脂からとれるグリセリンは、長時間における皮膚の水分増加が認められている代表的な保湿成分。 肌が保湿され、デリケートゾーンの黒ずみがゆるやかに改善される可能性あり。 アクネ菌を増やしやすいため脂性肌の方やニキビが出やすい方は注意。 水添ポリイソブテン 炭素と水素でできた水添ポリイソブテンは製品のベース成分や、テクスチャ改善やツヤ出しとして使用される。 他成分を溶かしやすくする作用もある。 シクロメチコン 環状シリコーン油のシクロメチコンは製品のベース成分・テクスチャ調整・溶剤として配合される。 マイクロクリスタリンワックス 石油由来のマイクロクリスタリンワックスは、ベース成分・テクスチャ調整の役割がある。 ラノリンアルコール ラノリンアルコールは、コレステロールを含有しており他のアルコールより保水性が高い。 製品をサラっとした伸びのいい使用感にする。 アレルギーや炎症をまれに起こす恐れがあり、アレルゲン物質の一つ。 パラフィン 石油由来のパラフィンは、製品のベース成分やテクスチャ調整に使用される。 スクワラン スクワランは、サメ由来と植物由来の2タイプある。 保水性があるうえに肌に浸透しやすく、サラっとした使用感が特徴。 ホホバ油 ホホバの種子からとれるホホバ油は、ベース成分やエモリエント作用を目的に使用される。 抗炎症作用による、デリケートゾーンの黒ずみ予防が期待できる。 オレイン酸デシル オリーブ油からとれるオレイン酸デシルは、テクスチャ調整や抗菌を目的に配合される。 オクチルドデカノール 石油由来のオクチルドデカノールは、ニベアのベース成分の一つで、エモリエント効果も望める。 ジステアリン酸Al 陰イオン界面活性剤のジステアリン酸Alは増粘と乳化に優れた成分。 ステアリン酸Mg ステアリン酸Mgも陰イオン界面活性剤で、テクスチャ調整や乳化を目的配合される。 キメ細かい光沢が特徴。 硫酸Mg 温泉の主成分でもある硫酸Mgは、ピーリング作用により古い角質除去が望める。 製品の増粘性を高めるために配合される。 ただ濃度にかかわらず、肌へ軽い刺激をかける恐れあり。 クエン酸 クエン酸は柑橘系の果物や、化学製法より抽出される。 化粧品や皮膚のpHを調整し、肌の引き締め効果も望める。 微量配合なので有害性は低いが、敏感肌の方は注意が必要。 安息香酸Na 安息香酸Naは酸性下で抗菌性を発揮する防腐剤。 上限濃度以下の使用なら安全性に問題なし。 香料 香料は製品に香りづけする成分の総称であり、成分表記だけでは何が配合されているか判断できない。 香料はアレルギーや肌への刺激性が懸念されているため、デリケートゾーンへの使用は要注意。 そうだなあ、私はニベアで手の乾燥がマシになったから、そけい部の乾燥には効果的かも。 ニベアの効果2.ターンオーバーの促進 残念ながらニベア青缶のには、保湿系の美肌成分しか入っていません。 しかし肌の乾燥が改善されれば、ターンオーバー機能が正常に働きやすくなります。 ターンオーバーが促進されれば、肌内部に溜まったメラニンの排泄が促されます。 そのため保湿成分が入ったニベア青缶のは、ゆるやかなデリケートゾーンの黒ずみ改善が望めるでしょう。 ニベアの効果3.バリア機能の向上 保湿成分をメイン配合したニベア青缶のは、バリア機能を高める効果も期待できます。 肌は乾燥するとバリア機能が崩れやすくなるからです。 バリア機能が高まれば、下着やトイレットペーパーの摩擦をダイレクトに受けにくくなり、メラニン生成を抑えられます。 そのためニベア青缶のは、デリケートゾーンの黒ずみ予防には使えるでしょう。 ニベア青缶でデリケートゾーンの黒ずみを改善できるか実際に使ってみた ゆるやかなデリケートゾーンの黒ずみ改善があるかもしれないニベア青缶のを、実際にデリケートゾーンへ使用してみました。 ニベア青缶はデリケートゾーンの乾燥には効果があったものの、ベタベタして使いにくかったです。 ニベア青缶はデリケートゾーンへどう使用すべき?黒ずみ改善につながる使い方 まずニベア青缶で、デリケートゾーン黒ずみ改善させる使い方を紹介します。 STEP1.デリケートゾーンを洗浄する。 STEP2.ニベアをデリケートゾーンへ薄く伸ばす。 お風呂上りは化粧品の美容成分を浸透しやすいというメリットもあります。 ニベア青缶はオイルと併用すると伸びがよくなり、塗りやすくなります。 「肌馴染みが悪い」と感じた時も、オイルと混ぜてニベアを使用してくださいね。 ニベアをデリケートゾーンに塗るコツ2.バスタイムに化粧水とあわせてマッサージ ニベア青缶のは化粧水と併用する方法もネットで話題になっています。 ニベアと化粧水を混ぜ、それをコットンにつけて毛穴の黒ずみが気になる部分へマッサージします。 美白成分が入った化粧水を使うと、色素沈着による黒ずみにより効果が望めるでしょう。 ニベア青缶のと化粧水によるマッサージ法は、毛穴が開いているバスタイムで行うと効果的です。 ベタベタするし美白成分も入っていないから、あまり使わない方がいいわ。 実際デリケートゾーンに使ってわかった!ニベア3つのNGな使い方 私はニベアの商品を調べ、実際デリケートゾーンの黒ずみに使用しました。 検証した結果、ニベアの商品をデリケートゾーンに塗る場合は、3つの塗り方に注意点があるとわかりました。 ニベアのデリケートゾーンにNGな使い方1.粘膜部分の黒ずみに塗る ニベアの商品は無添加処方ではないので、デリケートゾーンに刺激をかける恐れがあります。 とくにニベアはデリケートゾーンの中でも、一番敏感な粘膜部分に使用できません。 ニベアはニキビや炎症を改善する商品ではないため、肌荒れしている所に塗るのもやめましょう そんなことないよ。 ただ陰部や粘膜に使用できるニベアの商品はないの……。 ニベアのデリケートゾーンにNGな使い方3.いきなりデリケートゾーンに塗る ニベアはパッチテストをしてからデリケートゾーンに塗ってください。 ニベアの全商品は顔やボディ向けの商品ばかりだからです。 顔やボディ用の化粧品をデリケートゾーンに塗ると、刺激をかけムレやにおいの元となります。 ニベア青缶に関してはアルコールフリーではないので、アルコールアレルギーの方はパッチテストが必須です。 ニベアのデリケートゾーンにNGな使い方3.黒ずみへたっぷり塗る 私が使用したニベア プレミアムボディミルク ホワイトニングは、サラっとしていてデリケートゾーンがベタつきにくかったです。 しかし定番のニベア青缶はたくさんつけすぎると白くなりベタつくため、薄く塗り伸ばしてください。 乾燥がひどい場合は、朝・晩などに使用した方がいいですが、ベタつきが気になる場合やは1日1回の使用でもよいでしょう。 ニベアはデリケートゾーンの黒ずみに効果がないしベタつく!3つのデメリット ニベアについて調査した結果、どの商品もデリケートゾーンの黒ずみ改善に向かないとわかりました。 とくにニベア青缶は、肌荒れの恐れがあり、ベタつくため使いづらかったです。 ニベアのデメリット1.デリケートゾーンが肌荒れしやすくなる ニベアによる肌トラブルは、ニキビ・吹き出物・日焼けです。 ニベアを使い、まれに肌荒れやかゆみを起こす方もいます。 肌の状態が不安定な時や敏感肌の方は、ニベアをデリケートゾーンに塗り、刺激を感じやすいです。 ニベア青缶は添加物成分が多すぎる点が要注意です。 ニベアの青缶は香料、鉱物油(ミネラルオイル・パラフィン・ワセリン・マイクロクリスタリンワックス)、シリコンが入っています。 そしてニベア青缶の「ラノリンアルコール」は乾燥肌やアトピー肌の方、肌が弱っている時に使用すると、かぶれを起こす恐れもあります。 ニベアの美白系商品もデリケートゾーン向けじゃないから、塗らない方がいいわよ。 ニベアのデメリット3.ベタついてデリケートゾーンに使いづらい ニベア青缶は石油由来の成分が多いため油分が多く、ベタつきが気になりました。 高温多湿の時期にニベアを使うと、デリケートゾーンのムレを起こす恐れがあります。 デリケートゾーンのムレは、炎症やかゆみを併発し、黒ずみを悪化させます。 ニベア青缶は使用感の面でも、蒸れやすいデリケートゾーンに不向きです。 脂性肌の方にも、油分の多いニベアは向いていません。 ニベア青缶はテクスチャが濃厚なので、クレンジングオイルや洗顔料でないと落とせませんし、紫外線の影響も受けやすくなります。 ニベア商品は基本的に保湿がメイン• 商品によってはまったく黒ずみに効果がない• 値段的に購入しやすい• デリケートゾーンに刺激をかける• 敏感肌や脂性肌の方には向かない ニベア青缶に関していうと、保湿成分が入っているので乾燥肌には効果が高いですが、逆に脂性肌だと油分過多になり肌荒れを起こします。 全ニベア製品は顔やボディ向けなので、肌の様子を見てデリケートゾーンへ使用してください。 また美白成分のないニベア製品は、デリケートゾーンの黒ずみに使っても効果が期待できません。 デリケートゾーンの黒ずみは、美白効果がある専用商品や方法で正しく改善しましょう。 ニベアの販売店を調査!お得に買えるのはどこ? 下記の販売店でニベア青缶(中缶56g)の値段を調査しました。

次の

デリケートゾーン(陰部)の黒ずみを薄くする薬とは?薬局の市販クリームで黒ずみは治る?

デリケート ゾーン 黒ずみ ニベア

デリケートゾーンの黒ずみは、正しいケアを行うことで解消・予防することが大切です。 でも、それだけではなかなか「黒ずみ」を卒業するのは難しいこともあります。 そこで! 黒ずみを除去し、できるだけ透明感のある肌に近づける効果のある「成分」が含まれた美白クリームがおススメです。 今回はその中でも、効果的だと言われている成分の含まれる7つの美白クリームをご紹介します。 デリケートゾーンの黒ずみ専用、美白クリームは成分で選ぶ! デリケートゾーンの黒ずみは、きちんとスキンケアを行うことで予防・改善することができます。 黒ずみの原因を理解し、その原因を予防することで、これからできる黒ずみを予防できます。 また、できてしまった黒ずみは正しいケアを行うことで改善をすることができます。 そして、その改善の手助けをしてくれるのが「デリケートゾーン専用の美白クリーム」なんです。 美白クリームには色素沈着を予防し、できてしまった色素沈着で黒ずんだ部分のターンオーバーを促す働きがあります。 ただし! デリケートゾーンは他の身体の部位に比べて皮膚が薄く、刺激を受けやすい特徴があります。 そのため、「美白成分が入っていたらなんでもOK」というわけにはいきません。 もし刺激になる成分が入っているものを使うと、逆に「黒ずみの悪化」を招いてしまうからです。 デリケートゾーンに使用できる優しい成分でありながら、きちんとターンオーバーを促す効果が期待できるものを選ばないければ意味がありません。 デリケートゾーン専用で、美白と保湿効果が期待できるクリームを選ぶポイントをご紹介します。 その中でも、アナタの肌質や希望に合ったタイプのものを選ぶことが大切です。 デリケートゾーン専用クリームを選ぶ5つのポイント 1 肌に優しく、低刺激のもの デリケートゾーンの皮膚は薄く、ちょっとした刺激でも体が肌を守ろうとして「メラニン色素」を発生させます。 そのため、 肌に刺激のある成分が含まれるクリームだと、逆にデリケートゾーンの黒ずみを悪化させてしまう可能性があるんです。 無添加(アルコールや香料などが含まれないもの)• GMP認定製品 *GMP認定製品とは、原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、第三者の判断で「適正な製造管理と品質管理」を求めている製品のことです。 デリケートゾーンの黒ずみをケアするためには、肌のターンオーバーを促して「黒ずんだ部分」を体の垢として体外に排出することが大切です。 ターンオーバーは一定の周期で行われるので「今日塗ったから明日にはキレイになる」とはいきません。 毎日クリームを使ってケアをすることで、その効果を発揮します。 そして、毎日使うものだからこそ、安心して使用できる成分のものを選びましょう。 2 黒ずみ改善の有効成分が入っているかどうか デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、「黒ずみ改善」のための成分が入っていなければ意味がありません。 そのため、黒ずみの原因となる「メラニン色素」の発生を抑制したり、排出を促す成分が入っているものを選ぶ必要があります。 トラネキサム酸 メラニン色素を発生させる「メラノサイト」の活性を抑制し、新陳代謝を活発にすることで、メラニン色素の排出を促進させる。 ビタミンC誘導体 肌老化の原因となる活性酸素の除去を促し、メラニン色素の発生を抑制する。 グリチルリチン酸二カリウム (グリチルリチン酸2K) 肌荒れやニキビ予防のほか、メラニン色素の沈着を抑制する。 天然由来のため漢方などでは「カンゾウエキス」と表記されることもある。 グリチルレチン酸ステアリル 肌荒れやニキビ予防のほか、メラニン色素の沈着を抑制する。 トラネキサム酸 メラニン生成を促す伝達物質「プロスタグランジン」を抑制し、シミ・そばかすを防ぐ。 ビタミンCをイオン導入によって行うことで、黒ずみを改善する結果を公表している。 プラセンタ メラニン色素の合成に関わる「チロシナーゼ」を抑制(活性阻害)し、メラニン色素の生成を抑える役割。 ハイドロキノン メラニン色素を生成するチロシナーゼ酵素の働きを抑え、メラニン色素の発生を抑制。 この中でも、黒ずみへの効果だけでなく「美白効果」が期待できるものを選ぶことで、よりデリケートゾーンへの良い効果が期待できます。 黒ずみへの予防・改善には「メラニン色素」の抑制と排出が必要です。 そこに 「美白」を働きかける成分が加わることで、より短期間で黒ずみとサヨナラできる可能性が高くなります。 黒ずみ改善+美白に働きかける成分 ビタミンC誘導体 ビタミンCにも種類があり、その中でも「水溶性ビタミンC誘導体」には、メラニン生成抑制・排泄・ターンオーバーの活発化といった美白作用があることが知られています。 トラネキサム酸 美白効果のある成分として厚生労働省から正式に承認。 肌への刺激も低く、デリケートゾーンに安心して使える成分。 プラセンタ メラニン色素の生成を抑え、皮膚細胞の新陳代謝を促す効果が期待できます。 そのため、肌のターンオーバーを活性化させ、メラニン色素を体外への排出を促します。 トレチノイン酸 細胞分裂をかっせかさせ、皮膚の再生を早める働きがあります。 そういった美白効果以外にも、ヒアルロン酸の分泌やコラーゲン生成を促す働きがあり「保湿効果」も期待できます。 だいたい2か月以上使用をする、ということを前提に購入する必要があります。 2か月以上継続して使用することのできる価格設定のものを選ぶことも、デリケートゾーンのケアを行う上でとても大切なことです。 途中でやめてしまっては効果を実感できないこともあります。 「効果を実感できなかった」という方の多くは、ターンオーバーの周期より短い期間使用された方に多く見られます。 「結局意味がなかった・・・」ということを避けるためにも、予算に合ったもので、アナタの希望する成分が配合されたクリームを選びましょう。 ターンオーバーは年齢が若ければ1ヵ月ほど、だんだんと年齢を重ねるごとに期間は長くなっていきます。 続けやすい値段のクリームを選び、クリームの効果を実感できるようにトライしてみましょう! 5 できれば医薬部外品を選ぶ 私たちが使用している化粧品やスキンケア用品には、医薬品医療機器等法(薬機法)によって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」というように細かな分類がされています。 肌への優しさ 無添加(パラベン・アルコール・合成香料・合成着色料・鉱物油・紫外線吸収剤不使用) 黒ずみへの有効成分 ・トラネキサム酸 ・アルピニアホワイト ・党参エキス 美白・美容成分 ・スクワラン ・メドウフォームオイル ・セラミド ・カンゾウ ・ウメ果実エキス 医薬部外品 or 化粧品 医薬部外品 価格・解約 定期コース:1本で4380円 1度にまとめて購入コース:4本セットで4600円のキャンペーン (1本あたり1000円弱で試せる) 60日間の返金保証あり。 ビアネージュには、黒ずみを改善するための美白成分3種類の他にも、保湿や美容効果が期待できる成分もたっぷり含まれています。 また、ウメ果実エキスは「黄色くくすむ」ということも防いでくれる作用が期待されているので、黒ずみ以外にも肌の色が変わることを予防してくれます。 しっかりと保湿をしながら美白ケアが行えるので、肌のバリア機能を高め、新しい黒ずみができることも抑制してくれます。 もちろん美白効果も高め。 きちんとケアをしていけば黒ずみ解消効果に期待ができます。 ただし! 肌への優しさ 無添加(香料、着色料、鉱物油、パラペン、アルコール、紫外線吸収剤など) 黒ずみへの有効成分 ・ビタミンC誘導体 ・米ぬかエキス ・プラセンタエキス ・ビサボロール ・カモミラエキス ・グリチルリチン酸 美白・美容成分 ・イメフウロエキス ・カモミラエキス ・スターフルーツ葉エキス ・生コラーゲン ・アーティチョークエキス ・トリプルヒアルロン酸 ・ヒト型ナノサラミド 医薬部外品 or 化粧品 医薬部外品 価格・解約 4960円(送料無料)、初回限定120日間返金保証 *いつでもお休み、解約OK! 医薬部外品のジェルタイプクリームです。 肌の表面が荒れて、美容効果や保湿効果が得られにくい「敏感肌」や「乾燥肌」にも効果を実感しやすいように設計されたクリーム。 しかし、お肌にとても優しい成分でできおり、黒ずみができるメカニズムも似ているため「デリケートゾーン」にも使用することが可能なんです。 肌への優しさ 刺激の強い成分は不使用 黒ずみへの有効成分 ・ビサボロール ・米ぬかエキス ・グリチルリチン酸 美白・美容成分 ・トリプルヒアルロン酸 ・セラミド ・水溶性コラーゲン 医薬部外品 or 化粧品 医薬部外品 価格・解約 初回限定 0円(定期コース)、送料の650円を負担 *3回以上の受け取りが条件 こちらもバストケアに開発された美白クリームですが、デリケートゾーンにも使用することができます。 7 肌への優しさ 無添加(香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラペン) 黒ずみへの有効成分 ・トラネキサム酸 ・グリチルリチン酸 美白・美容成分 ・カモミラエキス ・アルピニアカツマダイ種子エキス ・党参抽出物加水分解液 ・サクラ葉抽出液 ・ウメ果実エキス ・大豆エキス ・グリセリン ・ビタミンE 医薬部外品 or 化粧品 医薬部外品 価格・解約 4470円(クレジットカード払いの場合)、28日間返金保証 *定期コースの縛りナシ イビサクリームは、口コミNo. 店舗のスタッフさんたちが、女性の生の声を聞いて、その悩みを解決するために作られた商品なんです。 だからこそ、 リアルな悩みに寄り添って、それを解決してくれる美白クリームが完成しました。 他の美白クリームと比べると、 定期コースの縛りがないことから使用を開始する一歩が踏み出しやすい美白クリームです。 デリケートゾーンの黒ずみケアは、美白クリームとスキンケア デリケートゾーンの黒ずみは、ちょっとした刺激でも発生しやすくなっています。 そのため、できるだけデリケートゾーンの黒ずみを予防・改善するためには「保湿」と「ターンオーバーの促進」が最も必要です。 保湿・美容成分の含まれた美白クリームを使用することは、黒ずみケアにとって最も理想的なスキンケアなのです。 特に、医薬部外品の美白クリームを使うことで、化粧品に比べて効果を実感しやすい傾向があります。 アナタの肌に合った美白クリームを継続して使ってみてください。 また、デリケートゾーンに黒ずみがある場合、「臭い」「かゆみ」などトラブルを一緒に起こしている可能性もあります。

次の

ニベアの青缶で黒ずみが治る!?使い終わったらインスタ映え?

デリケート ゾーン 黒ずみ ニベア

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料 成分一覧をみてもイマイチよくわからないと思いますけど、わかりやすく分類するとニベアクリームの保湿成分はこのようになっています。 【保湿の役割がある成分】• グリセリン• ホホバ油 【乾燥を防ぎ潤いを保つ成分】• ミネラルオイル• シクロメチコン• ラノリンアルコール• スクワラン• オレイン酸デシル• オクチルドデカノール 安いのに保湿できる成分がたくさん含まれているのでコスパは良さそうです! ニベアはデリケートゾーンの黒ずみ・かゆみにはNG ニベアクリームをデリケートゾーンの黒ずみ・かゆみに使いたい。 と考えている方も多くいますが、おすすめできません!! 一部のネット上の噂だと、 ・ 黒ずみが減った ・ かゆみが軽減した このような情報があるんですけど、あなたの今現在の症状がなぜ発症しているのかの原因を突き止めなければニベアクリームをむやみに使わない方がいいです。 デリケートゾーンや乳首、足の付け根付近などの黒ずみに関しては「 」を使うと早く美しい肌色に改善することが可能です! この症状にはニベアが活躍します! やたらめったらにニベアを使用しないほうがいいとお伝えしましたが、次のような場合にはニベアクリームを使うことで症状を和らげることができる可能性があります。 乾燥による「かゆみ」• 肌の乾燥• 冬は肌がとても乾燥するので、乾燥からくる痒みが発生する時があるんですけどその場合にはニベアクリームを手に取りかゆみや乾燥の気になる部分に優しく塗りこんであげることで肌を保湿して痒みを軽減することができます。 また、乾燥肌からくるニキビなどもニベアクリームでしっかりと保湿すればニキビ予防をすることもできちゃいます! 10代・20代の方は皮脂が豊富にでるのでニベアクリームを塗ると逆効果になってニキビが増えてしまうことも。 基本的にニベアクリームは30代以降の肌保湿を目的に使うようにするのがおすすめです。 お肌の乾燥を繰り返していると肌のターンオーバーが乱れてしまって古い角質が溜まってしまい黒ずみの原因になってしまうんです。 今現在の黒ずみを美白することはできません。 陰部 粘膜 ではなく、足の付け根、お尻、股などには使用しても問題ありませんが、デリケートゾーン付近にはあまり使用しないことをおすすめします。 特に粘膜である尿が出る場所や膣付近には絶対に塗らないようにしてください。 肌トラブルの原因になります! デリケートゾーンの黒ずみが気になる方は、デリケートゾーン専用の美白クリームを使用することをおすすめします。 私がデリケートゾーンの黒ずみを薄く消すことに成功して、今でも黒ずみ予防として使っているのは「 」と言うケア商品です。 医薬部外品で厚生労働省に効能を認められている商品なので信頼性も高くてとってもおすすめです! ニベアの定番は青缶!持ち運びに便利なチューブタイプも ニベアクリーム定番は「青缶」と呼ばれる丸くて青い缶に入っているタイプの商品となります。 上の画像が「青缶」と呼ばれている商品です。 缶タイプの保湿クリームは今となってはかなり珍しいのですが、逆に缶だからこそニベア!と感じる方も多いようです。 個人的にはチューブタイプのニベアクリームのほうが、コンパクトでカバンにも入りますし持ち運びが便利だと感じます! 配合成分には変わりないので、仕事先や学校などで保湿したいかはチューブタイプの商品をおすすめします。

次の