アレグラ 風邪薬。 子供の花粉症に「アレグラ」がおすすめ!効果や副作用と市販薬「アレグラFX」との違い

子供の花粉症に「アレグラ」がおすすめ!効果や副作用と市販薬「アレグラFX」との違い

アレグラ 風邪薬

アレグラってどんな薬? アレグラは、塩酸フェキソフェナジンという一般名を持つ、 アレルギー症状を抑える薬です。 今では、特に花粉症を緩和するための薬として用いられることが多いようです。 もちろん、花粉によるアレルギーだけではなく、その他のアレルギーにも効きますよ。 この薬の特徴としては他の抗アレルギー薬にありがちだった、 「眠気」という副作用がほとんど無いということが挙げられます。 普段から車の運転や精密作業をする人にとっては、薬による眠気は大敵です。 そんな人々によく処方されるお薬です。 このアレグラは、眠気だけではなく、 目立った副作用が少ないということも重宝されるポイントの一つ。 稀に、めまいや吐き気、頭痛などが出ることがありますが、発生率はほんの数%です。 この市販薬は、「アレグラFX」という名前が付けられ、 第一類医薬品(薬剤師が常駐している薬局でないと買えない薬)として久光製薬から発売されています。 このアレグラFXは、お医者さんに処方されるアレグラとはどう違うのでしょうか? これらは実は、全く同じものなのです。 特に、アレグラ60mg錠とは、成分などが同一のものとして販売されています。 つまり、以前に病院でアレグラを出されて効いた覚えがあるのなら、 アレグラFXを自分で買って飲んでも、効果があるということですね。 アレグラと他の薬を飲み合わせる場合の注意点 さて、このアレグラですが、 アレルギー以外に風邪や胃炎を患っている場合は、 他の薬と併用しても良いのでしょうか。 まず、胃の薬の場合です。 これは、アレグラの説明書きによると、 胃薬の中でも、特に胃酸を抑える制酸剤を含むものとの飲み合わせを避けるべきとのことです。 制酸剤とアレグラを一緒に服用することによって、アレグラの効果が薄まるためです。 また、風邪薬ですが、特に併用が望ましくないと言われているものとして、 抗生物質の「エリスロマイシン」というものが挙げられています。 これは、市販薬にはありませんが、 風邪で病院に行ったときに処方される可能性があるので、 その場合は、お医者さんにアレグラを飲んでいることを伝えましょう。 アレグラは調剤薬局で処方されますし、 アレグラFXも薬剤師がいる薬局でしか販売されていませんので、 購入時に、その時自分が飲んでいる薬を告げて、相談するのが一番ですね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 副作用の少ないお薬アレグラとその他の薬の飲み合わせについてご説明しました。 ここでは、アレグラの説明書きにある内容を基にお話ししましたが、 それ以外のお薬なら、どれと一緒に飲んでも大丈夫とは言い切れません。 薬の飲み合わせは、専門的な知識が無い人間が勝手に判断してはいけないものです。 やはり、アレルギー以外にも病気を患っていて、 何かしらの薬を飲んでいるのだとしたら、 お医者さんや薬剤師さんに一度相談するのが確実でしょう。 また、自分で説明するのが難しいという人なら、 お薬手帳にこれまで飲んだ薬を記しておくようにすれば便利です。 やはり餅は餅屋という言葉がある通り、 病気に関しては専門家の指示に従うのが安全だと言えるでしょう。

次の

アレグラとの飲み合わせで注意するもの

アレグラ 風邪薬

コップいっぱいの水を数回に分けて飲むのが理想的です Q:外出先でお薬を飲もうとしましたが、手元にお茶しかありませんでした。 そのときは仕方なくお茶で飲んでしまいましたが、お茶で飲むのはよくないと聞きます……。 お茶ではダメなのでしょうか? また、水がない場合、水なしで飲んでもいいのでしょうか? A :普通の緑茶やウーロン茶なら問題ありません。 以前は、一部の薬の成分(鉄剤)がお茶のタンニンと反応してしまい、吸収されづらくなると言われてましたが、今は特に影響がないと考えられています。 しかし、水なしで薬をそのまま飲むことは絶対にやめてください! もちろん、トローチ、舌下錠、チュアブル錠など、水なしで飲める薬は別ですが、それ以外の薬は水と飲むことが大切です。 なぜ水と薬を一緒に飲む必要があるかというと、「薬を水で溶かして吸収を促す」必要があるからです。 そのため、薬によっては、水なしで飲むと上手く溶けずに、そのまま排泄されてしまうことがあります。 他には、薬がのど(食道)に引っかかったまま溶け出し、食道の炎症を起こして潰瘍になってしまうリスクもあります。 粉薬を水なしで飲んで気管に入ってしまい、肺炎を引き起こしてしまった例もあるようです。 薬を飲むときは、必ずコップ一杯の水、または白湯と一緒に飲みましょう。 飲み方としては、水を一気に飲むよりも、数回に分けて飲むようにしましょう。 薬を飲むとき避けたい飲み合わせ……ジュース・牛乳・お酒 胃にやさしいイメージがありますが… 薬は水で飲むことが原則ですが、仕方なく身近にあるもので飲んでしまうことがあります。 そこで、いざという場合に問題がないように、避けたい飲み合わせをご紹介します。 しかし、高血圧の薬や一部の薬(抗生物質)はジュースで分解されたり、吸収されにくくなったりします。 胃腸薬も果汁の酸で効果が弱くなることがあるので避けたほうがよいでしょう。 最近では、グレープフルーツジュースとアレルギー薬のフェキソフェナジン(商品名アレグラFX)との相互作用が報告されています。 一緒に飲むと、アレグラの効果が低下する可能性があるのです。 アレルギーで辛いのに、効きが弱くなったら困りますよね。 アレグラを飲むようでしたら、気を付けてくださいね。 牛乳にはカルシウムなど薬と反応しやすい成分が多く、薬の成分が胃酸で中和され、影響を受けることもあります。 食事ができない場合はいつ飲めばよいのか、食後は何分以内が目安なのか等、その他の薬の飲み方について詳しく知りたい方は、「」もあわせてご覧下さい。 この記事は実際の薬局での会話をもとに構成したものです。 相談が必要な方は、医師や薬剤師に実際にお聞きください。 【参考リンク先】•

次の

【絶対にダメ!】花粉症の治療薬と風邪薬の危険な飲み合わせ!

アレグラ 風邪薬

風邪薬と鼻炎薬で何か違いはあるのでしょうか。 まず、風邪と鼻炎の違いを見ていきましょう。 それぞれの病気の原因として、 風邪はウイルスが、鼻炎はアレルゲンが挙げられており、症状も全く違います。 風邪は発熱・鼻水・喉の炎症・咳などで、鼻炎は鼻水・鼻づまりが中心となって見られます。 鼻水、鼻づまりについては両病気とも共通している点なので、実は、薬の成分が違っても、風邪薬でも鼻炎薬でも効果的であると言われています。 ただ、鼻に関しての症状がない風邪に鼻炎薬を使用してもあまり効果が得られないでしょう・・・。 鼻への症状が顕著なときに鼻炎薬を使っても問題はないでしょう。 しかし、 風邪薬と鼻炎薬を合わせて服用するのはやめてください。 飲み合わせの関係もあるため、勝手な自己判断で両方服用するのは控えてください。 では、具体的にそれぞれの薬の成分を見ていきましょう。 例として、【風邪薬】コンタック600ST、【鼻炎薬】コンタック600PLUSをご紹介したいと思います。 まず、コンタック600STに含まれている成分として、副交感神経を抑制してくれ、鼻水・涙の過剰分泌を防ぐとされているヨウ化イソプロパミド、抗ヒスタミン剤で鼻水・くしゃみ・涙目などのアレルギー症状を抑制するとされているマレイン酸クロルフェニラミン、鼻粘膜や喉の炎症を元から抑えてくれる消化酸素剤としてブロメラインがあります。 次に、コンタック600PLUSに含まれている成分として、交感神経を興奮させ末梢血管の収縮を手助けし、鼻粘膜の充血や腫れを抑制することで鼻水・鼻づまりの症状を緩和させるとされている塩酸プソイドエフェドリン、抗ヒスタミン剤で鼻水・くしゃみ・涙目などのアレルギー症状を抑制するとされているマレイン酸クロルフェニラミン、副交感神経を抑制してくれ、鼻水・涙の過剰分泌を防ぐとされているベラドンナ総アルカロイド、鼻水・鼻づまりからくる頭痛やだるい状態を緩和させたり眠気を抑制したりするとされている無水カフェイン、鼻粘膜の炎症を元から抑えてくれ鼻づまりを抑制するとされている塩化リゾチームがあります。 一点注意したいのは、抗ヒスタミン剤。 先程紹介した2つの薬の両方に、抗ヒスタミン剤の同じ成分が含まれていますが、こちらの副作用として、眠気やだるさがあると言われています。 服用したあとの運転や危険な作業は控えたいところですね。 では、風邪薬と鼻炎薬は市販で買えるのでしょうか。 もちろん、購入することができます! ご自身の症状や体質に合ったものを選択してくださいね。 市販の風邪薬では、総合的な症状に対して有効なもの、特定の症状に対して有効なものがあります。 基本的には、どの風邪薬を選択しても、全体的に広く風邪の症状に効果があると言われていますが、風邪を引いてる方は、いま一番しんどい症状に焦点を当てて、その症状に対して有効な成分が配合されているお薬を選択すると、さらに薬の効果が得られるでしょう。 鼻炎薬ももちろん市販薬でたくさんの種類があります。 鼻炎薬で注意したいのは、先ほども少しお伝えしましたが、副作用として眠気やだるさに襲われることがあるということ。 抗ヒスタミンの含まれる薬はそれが顕著に報告されています。 特に、第1世代と言われる、先に販売されていたものに副作用が出やすいとされています。 即効性がある分、そういった副作用があるため、我慢できなくなるくらいの症状が出たときや安静に過ごすとき、運転や危険な作業のしないときに服用するのをおすすめします。 逆に、後から販売された第2世代の抗ヒスタミン剤に関しては、副作用も少ないと言われています。 体質によって変化はあるかと思いますが、ご参考程度に、ご自身に合う風邪薬・鼻炎薬を選びましょう! たくさん種類があって、どれを選べばいいのかわからない・・・。 これらの成分によって、発熱、頭痛、喉の炎症・痛み、咳、鼻水・鼻づまり、体の痛みなど風邪の諸症状に効果があると言われているんです。 顆粒タイプだけでなく、錠剤も購入することができますよ。 こちらも細粒タイプと錠剤タイプ、両方売られていますので、飲みやすい方を選択してくださいね。 さらに、イブプロフェンの吸収を助け、胃粘膜を守ってくれる酸化マグネシウムも含まれているので、高い効果が得られると言われています。 こちらも風邪の症状全般に有効だとされています。 次に、鼻炎薬のおすすめを紹介します。 前項でも説明したように、第1世代は眠気という副作用があるため、比較的副作用の出にくい第2世代のお薬の中から紹介したいと思います。 1日2回服用するとのことです。 1日1回就寝前に服用するとのことです。 1日1回就寝前に服用するとのことです。 以上の鼻炎薬で、紹介した順におすすめなんですが、これは比較的副作用が低いと言われている薬の順番で紹介させていただきました。 アレグラとアレジオンを比べると、副作用が出にくく費用も比較的安価なのがアレグラ、副作用はもちろん出にくいですがアレグラに比べると割高ですが、1日1回の服用でいいという点で楽チンなのがアレジオンかな、というところです。 また、三つ目のエバステルについては、鼻炎に対する効果が高いと言われていますが、その分、出にくくなっているとは言え副作用の眠気がある可能性も。 おすすめはさせていただきますが、副作用が出る・出ない、薬が効く・効かないは、個人差としか言いようがありません。 最終的には、ご自身の体質や症状に合わせた処方が必要となりますので、医師や薬剤師とも相談しながら選択してくださいね。

次の